FC2ブログ

ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

「独身男」観ました 

 

11月25日(木)東京フィルメックスにて「独身男」観ました。
「独身男」ポスター

いやいや面白かった!中国の河北省の農村が舞台なのだけど、いろいろ事情があって独身のまま年老いた数人の村の男どもを中心に繰り広げられる、ここまであけすけで開放的でいいのかなというくらいな奔放な村人の生活を描いた作品です。
監督は、今回初監督というハオ・ジェ監督。

(写真右から映画プロデューサー、ハオ・ジェ監督、通訳、映画唯一のプロの女優さん。後は素人の出演者だそうです)
「独身男」Q&A

自分の村のお話を描いたとのことで、出演している人本人のお話だったり他人のエピソードを交えているそうなのですが、ほぼ実際にあったこと、とのことです。

とにかく出演している老人たちの元気なこと。村では西瓜が主な農作物らしいのですが、老人がリヤカーに西瓜を積んで市場に行くと、数人に囲まれて買い叩かれ殴られて被害に遭ったと思えば、ある時は村にトラックで西瓜を買いに来た人に、今度は村人の方が多勢とばかりに、どんどん西瓜をトラックに載せてしまい、有無を言わせず買い取らせてしまう。とにかく数と勢いのある者の勝ち、とばかり、負けてはいないのでした。
(今の日本政府も、自分たちは、こういう人たちと交渉しているのだと知る為に観ておいた方がいいかも)

そしてお話のメインは、老人たちの村の女性との駆け引き。昔結婚を反対されて、女性は他の村の男性と結婚してしまったのですが、それでめげることもなく、ダンナがいない時を見計らって逢引をすることすること。女性の方も、ちゃっかり子どもの進学費用を老人に援助してもらったりと抜け目がない。
四川から人身売買で売られてお嫁さんが来たりするのですが、それもお話の展開からして悲惨さは感じられないのです。(何故四川?と思うのですが、たぶん遠くて逃げて帰れないと踏んで業者が連れてくるのでしょうね)

食べ物を作っている農家の人というのは、私の実家の地方もそうですが、お金はなくても食べ物には不自由していないので基本的にたくましくて楽天家です。

なんだか中国じゃなくて、イタリアの片田舎が舞台、と言っても通用しそう。
これ、日本で公開してほしいなあ。こんな楽しい映画だとは思わなかったです。

category: 映画

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://guunonichijyou.blog22.fc2.com/tb.php/1432-686070af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top