FC2ブログ

ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

「恋の紫煙」観ました 

 

「恋の紫煙」
「恋の紫煙」ポスター
東京国際映画祭にて10月28日(木)鑑賞。
いつもキワもの映画でおなじみのパン・ホーチョン監督の、胸キュン映画。
香港で禁煙令が施行され、オフィスや店舗内では喫煙できなくなり、近くのオフィスやお店から出てきた喫煙者が喫煙所に集い、そこで恋が生まれるというお話。

ある程度年齢を重ねて、恋も初めてじゃない。ショーン君は恋人と別れたばかり、ミリアムは同棲中の恋人がいる。お互いに気になりつつも距離を測りつつ、近づいてく過程が面白い。
「携帯会社を同じにしようか?」とメールを送り、あとで「重かったかな・・・」と後悔したりするところなんか上手いなあ、と。

パン・ホーチョン監督は映画で何を伝えるか、というレベルは超えていて、映画で遊んでいるなと思う。
「恋の紫煙」は卑猥な言葉がバンバン飛び出してくる映画で(でも嫌味はない)、香港では3級指定になってるが、「こんなベッドシーンも暴力シーンもない映画が3級指定なんて!」と憤慨するのは的はずれだろう。たぶん、監督にしてみれば3級指定は「狙い通り」とほくそ笑んでいるのだろうと思う。

以前東京国際映画祭で、「中国ではエロ、暴力、オカルトは審査が通らない。どうせ通らないなら、一つの作品に全部入れてやろうと思った」と、監督はティーチ・インで答えていた。確かオムニバス映画の時だったと思うのだけど、タイトルは忘れました(汗)。
中国人観客からの「中国では監督のDVDが観られない。どうすればいいですか?」との質問に「海賊版を買ってください」(←オイオイ)と答えるくらい。


おまけの画像、「建党偉業」撮影進行中。
なんとチェン・ダオミン陳道明さん、ニック・チョンも出演のようです。チェン・ダオミンは国民党高官、阎锦文の役とか。
(ニック・チョンは?)
この二人が並んでいるだけで、何か事件が起きそう(笑)です。

「建党偉業」


こちらは心配なニュース。「十月圍城」出演のワン・ポーチエが自殺を図ったという疑いとのこと・・・。
写真を見る限りでは命に別状はないようですが、早く元気になってほしいです。
http://yule.sohu.com/20101111/n277540810.shtml

category: 香港映画

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://guunonichijyou.blog22.fc2.com/tb.php/1422-9b29a61b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top