FC2ブログ

ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

2010・9月上海 七宝・ショッピング 

 

今回上海観光では七宝に行きました。七宝は市内から地下鉄で行ける小さな水郷の街です。

地下鉄9号線にて松江新城方面行き電車に乗り、七宝站で降ります。
5分くらい歩くと、七宝老街です。
七宝街1 七宝街2
七宝街3 七宝街4

なんだか印象としては、やはり「小さい」という感じです。ちょっと歩くと、終わっちゃう街です。
水郷の街では西塘に行ったことがあるので、物足りない印象でした。

でも名物の食べ物屋さんは賑わっておりました。
手前は竹にご飯を入れて蒸したもの、奥は豚のもも肉(醤帝膀)。
七宝街5

小豆餡やモクセイの花をもち米で包んだ方糕。ちょっと食べてみたかったなあ。腹持ちはかなり良さそう。
七宝街6
勉強しながらもち米団子を食べて科挙の試験に合格をした人がいるそうで、七宝方糕は立身出世を祈願する縁起がいい食べ物となったそうです。

七宝に行ってみたかったのは近いという理由の他にもう一つ、張充仁記念館があるから。
張充仁は「タンタンの冒険旅行」のタンタンの親友チャンのモデルとなった方です。
タンタンの絵はこちら。どこかで見たことがある方も多いと思います。
http://www.tintin.co.jp/
行くまで知らなかった、張充仁さんて芸術家(彫刻家)だったのですね(汗)。

張充仁記念館の入り口、ご本人の彫像が立ってます。
張充仁記念館
張充仁彫像
館内には彼の作品(小平の胸像もありました)や、欧米での留学時代の写真、タンタンの絵もありました。
いかにもな革命風の群像もあり、やはり中国の芸術家で、たぶん国費留学ともなれば帰国後は中国共産党の素晴らしさを伝えるような作品しか制作は認められないのだろうなと思いました。
ついつい映画「小さな村の小さなダンサー」を思い出してしまいます。

現代では、当局に監視されながらも、政府に批判的な作品を発信し続ける中国人芸術家もおりますが、かなり勇気のいることです。


その他、いろいろウインドー・ショピングも含めて廻ったお店のご紹介。
陜西南路站近く、チャイナドレスのお店「金枝玉葉」
「金枝玉葉」
長楽路、同じくチャイナドレスのお店「竹均」
「竹均」

この二つのお店の近くにはチャイナドレスのお店が他にもたくさん並んでいました。
近く茂名南路には「上海灘」もあります。今回の旅は「チャイナドレスを買おうか?」と思っていたのですが、いざチャイナドレスのお店に行ってみるとおじけづいてしまいました。私の欲しいのはちゃんとしたチャイナドレスじゃなくて、なんちゃってチャイナ服なんだあ、と気づきました。
勤務している会社で毎年コンベンションがあって、一応出席を求められるのですがホテルで行われるので、いつも着ていく服に悩むのです。この際シンプルなチャイナドレスを作ろうか・・・と思ってるのです。
いつかは、なんちゃって、でいいからチャイナ服が作れるかな。お店は中国でも香港でも台湾でもいいのですが。

外灘にある雑貨屋さん「上海Suzhou Cobblers」
「上海Suzhou Cobblers」
キッチュなチャイナ風手作りバッグや服。
同じく外灘の雑貨屋さん「ANNABEL LEE SHANGHAI」
「ANNABEL LEE SHANGHAI」
インテリア用品からポーチなどの小物まで幅広い雑貨。

南京東路站そば、「上海市第一食品商店」
「上海市第一食品商店」
お土産用のお菓子や食品が揃っているお店、上海に行った時は「まとめてお土産買い」に重宝しています。
今回、中秋節の月餅を求める中国人でごったがえしていました。

南京東路站そば「353広場」ビルの中の「上海書城」。本屋さんです。
「上海書城」

来年撮影の映画「魔術師」(トニーさんが主演するのでは?と噂されています)の原作小説「魔術師」を買おうと店員さんに声をかけました。お店のPCの在庫情報には一冊あることになってるのに、本棚には見当たらない、という状況。中国人の店員さんとは思えないくらい(ごめんなさい)、熱心にしばらく探してくれましたが見つからない様子なので、「謝謝。I'm OK。我走。」とお礼を言って去りました。
ここのお店はブースはそんなに広くないですが、店員さんが親切なのでお薦めです。私が来ている間も、他に欧米人夫婦が何か本を探しに来て、店員さんに尋ねていました。

その後、福州路の「上海書城」本店にも行ったのですが「魔術師」は見つかりませんでした。本店の店員さんはちょっと探しただけで、「没有了!」(なかった!)と言ってきました。
ま、買えても読めるかどうかわからないのですが。

南京東路站そば、「韵泓筷子店 上海店」
上海筷子店

なんと南京東路を歩いていて、偶然見つけました。トニーさんがこのお店の香港店で結婚式の引き出物のお箸を特注した、と言われるお箸屋さんです。
お店の奥には高価なお箸のセットを売ってますが、入り口近くにはリーズナブルなお箸も沢山ありました。
思わず、自分と家族用にお箸を買いました。店員さんは感じが良くて、安いものしか買ってなかったのに、翌日また寄ったら私の事を覚えてくれていました。

こうしてみると今回の旅はあんまりショッピングができなかったです・・・。何せ一日は上海万博観光につぶれましたし。

「2010・9月上海 上海万博」に続きます。

category: 旅行

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://guunonichijyou.blog22.fc2.com/tb.php/1384-82dd3915
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top