FC2ブログ

ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

フォト・エキシビジョン行って来ました 

 

6月5日(土)シネマート六本木にて「殺人犯」公開初日に観てきました。
「殺人犯」ポスター
初回プレゼントのクリアファイルもいただいてきました。
「殺人犯」クリアファイル

久々の香港映画らしい香港映画ということもあってか、まあまあの入りだったように思います。
映画音楽が梅林茂さん、という他に撮影監督はリー・ビンビンだったのですね、どうりで雰囲気のある絵だと思いました。
台湾で観ていた時、内容は大体理解していたつもりだったのですが、実は○○が○○の○○だった、という関係性まではわかってませんでしたねえ。
それにしても○○を演じた○○は○○で○○○られないのか?という心配をしてしまいます。
伏字だらけですみません・・。なにせちょっと書いただけでもネタばれになってしまうので・・。

映画上映前、私の前の座席の方々が「父子」が良かったよねえ、とアーロンの演技の話をしていたのですがそれを聞きながら私は内心(フフフ・・観て驚くな!「殺人犯」のアーロンはそれ以上に只者じゃないよ!)などとほくそえんでいたのでした。
(←ちょっと先に観てると思ってえらそうに:笑)

二回目観ても「やっぱアーロン、貴方が2010年の金像奨主演男優賞だよ!!」と再認識してしまいました。
(実際はヤムヤムなのですが)

その後、前回のリベンジに、と「ウィン・シャ・エキシビジョン」@+81 Gallery+Labに行ってまいりました。
(行き方は6月1日の記事をご覧ください)

今度はちゃんと開いてました~!(喜)

入場は無料です。
写真は大きく分けて映画関係「ブエノスアイレス」「花様年華」「エロス」、と「TAKEO KIKUCHI」のCM関係のもの、後はたぶんオリジナルの花や樹、香港の人々を撮った写真が展示されていました。
あとはストーリーのようなビデオ映像が流れていました。(「誰是莉莎」というタイトルだったような)

「ブエノスアイレス」の写真はトニーとレスリーが車を直しているようなシーンを遠景で撮ったもの、レスリーの顔のアップ(でもぼんやりした雰囲気の)それに向き合ってるたぶんトニーの後ろ頭の写真、ベッドにうつぶせになって横たわるたぶんレスリーの写真、白黒写真のレスリーの後ろ姿の写真。
「花様年華」は真っ赤な壁紙の前にいるマギーの写真、煙草をくゆらすトニーの写真(唯一トニーの顔が写っている一枚です、かなり素敵です)、タクシーのような車の中で煙草を吸っている人物のシルエット写真。(マギーかなあ・・?)
「エロス」は壁にもたれかかるコン・リーに向かっているスーツ姿の男性の後ろ姿の写真。(チャン・チェンかなと思うのですが・・)

写真は販売もしているようで、一枚なんと188,000円!でした。「10分の1」と書き込みがあったので世界に10枚しかないうちの1枚ということだと思います。そう思うと貴重ですが全然手が出ない値段ですね・・。それでもレスリーの写真数枚は「売約済み」となってました。

一枚でもトニーの写真が観られただけでも眼の保養となりました。
画集もあったのですが、そちらですら手が出ませんでした(笑)。

開催は6月20日(日)までです(水・木休み)。ギャラリー自体は、ふらっと気軽に入れる雰囲気なのでお近くの方は足を運んでみてください。

ギャラリー内は写真撮影禁止なので、帰りに近くで買い食いした「羽根突き・たい焼き」の写真を。
たい焼き
「神田達磨」のたい焼き 140円。
あんこが上品な味で和菓子を食べてるような感じでした。

実はその後渋谷に移動して「鬼が来た!」@シネマ・アンジェリカを観てきたのですが、時間が遅くなったので感想は、また明日改めます。

category: イベント

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://guunonichijyou.blog22.fc2.com/tb.php/1306-e56caa94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top