FC2ブログ

ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

「オーケストラ!」観ました 

 

本日ル・シネマにて「オーケストラ!」観てきました。
「オーケストラ!」ポスター
12時20分くらいに劇場に到着したものの、12時45分からの回は満席で、3時20分の回を観ることにしました。
それでも既に3時20分の回ももう結構な数の整理券が配布済みでした。かなりの人気のようです。

観てみたら本当に良かったです!
かつてのロシア・ボリショイ交響楽団の天才指揮者だった主人公が(現在は交響楽団の建物の清掃員をしている)、交響楽団宛にきたパリからの依頼メールをこっそり拝借し、かつての仲間とオーケストラの楽団を結成し、パリで公演しようとするという予告編を以前観ていたくらいで、予備知識はほとんどありませんでした。

なんだか「カンフー・サッカー」のオーケストラ版のような感じですが。
今は救急車の運転手や引越し屋をしているかつての仲間に連絡を取り、急ごしらえの楽団を作る様子はまさにそんな雰囲気です。

ただ、主人公含め彼らが何故楽団を追われたかというと、30年前のブレジネフ政権の時に、「ユダヤ系演奏家は使わない」とされた圧制の歴史の背景があるのです。主人公の指揮者は(たぶん)ユダヤ系ではないものの、仲間をかばって一緒にクビになったという過去がありました。

それにしても国(政府)が迷走し、それに翻弄された国民というのは何故こんなに似るのだろう、と思えるくらいロシア人の様子は中国人と重なってみえました。
空港のはじっこで堂々と偽造ビザを作ったり、パリの一流ホテルに着くなりフロントでは部屋の鍵を我先にと奪い合い、日当?100ユーロを手にするなり勢い良く街に繰り出して行き、戻ってこない・・。リハはなし、練習もなし。

果たしてこんな輩どもがコンサートをできるのか?と思うのですが、そこは映画(笑)。その点はあまり突っ込まない方が楽しめるでしょう。

美しい音楽に乗って感動が最高潮に達し、コンサート・シーン中に後日談シーンが挿入され、蛇足なしの清清しさで幕を閉じます。

指揮者の主人公は、パリに行ったのはコンサートの他に実は目的があり、その目的が映画の肝となっていたのですが、それは映画を観てのお楽しみということで。
お薦めです!


<今日の情報>
シネマ・アンジリカでのアジア映画祭りの上映スケジュールが発表になっていましたので、こちらにも載せておきます。
(5/15〜5/21)
11:00 安陽の赤ちゃん
12:50 母と娘
15:20 ソフィーの復讐
17:40 幸せの絆
19:40 深海 Blue cha-cha

(5/22〜5/28)
11:00 幸せの絆
13:00 ソフィーの復讐
15:20 深海 Blue cha-cha
17:40 安陽の赤ちゃん
19:30 母と娘

(5/29〜6/4)
11:00 ナヴァラサ
13:10 九月に降る風
15:30 少年の誘惑
17:10 趙先生
19:10 鬼が来た!

(6/5〜6/11)
11:00 九月に降る風
13:20 趙先生
15:20 ナヴァラサ
17:30 鬼が来た!
20:20 少年の誘惑

※6/12(土)~25(金)は、「海角七号 君想う、国境の南」「台北に舞う雪」「狙った恋の落とし方。」の上映が予定されています。

尚、観にいかれる場合は公式サイトで上映時間をご確認ください。
シネマ・アンジェリカ
http://www.gojyu.com/#

category: 映画

tb: 1   cm: 2

△top

コメント

 

私も見ました♪

気になってたんです。この映画。
昨日が初日+映画の日千円。しかもここでホメホメなのでるんるん(←死語?)で見にいってきました。
本当に良かったです。もっと多くの方に見ていただくよう宣伝したい!
じぶんのBLOGにも書かねば(汗)

私はミュウ=ミュウ(ギレーヌ役の人)大好きなんで、ひさびさに見てめちゃ嬉しかったです。
もっと多くの映画館で上映してほしいですね~。

grace #5zcN.rTA | URL | 2010/05/02 11:07 | edit

グレちゃんもご覧になったのですね♪

そうなんです!本当に良い映画なので沢山の人に観てほしいです。毎回満席になってるので、たぶん口コミで広がってるのではないかと思うのですが、ロングラン上映してほしいです。

なにげなく観にいったのですが、この映画を上映してるル・シネマもシネスイッチ銀座も、いつも良い映画を上映しているのでそれも観にいくきっかけになりました。

ミュウ・ミュウさんて有名な方なんですね。とても雰囲気がある女性だなと思いました。(某ブランドと同じ名前と思ってしまった)
指揮者の主人公もマリ・ジャケも、登場している俳優さんみんな味わいがあって良かったです。

ぐう #ex3yOCrA | URL | 2010/05/02 20:36 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://guunonichijyou.blog22.fc2.com/tb.php/1287-7502caa6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『オーケストラ!』お薦め映画

「究極のハーモニーは技術ではない。魂だ!」コメディから一転、ラストでは感動作品へ。笑って泣いて元気をもらえるお薦め作品。

心をこめて作曲します♪ | 2010/05/01 10:09

△top