FC2ブログ

ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

「感動 中国!」 

 

「感動 中国! 女ひとり、千里をいく」谷崎光 著(文藝春秋)
「感動 中国!」
大好きな谷崎さんの本、今日発売と聞き早速買ってきました。
だだだーっと三分の一くらい読み、晩御飯の用意にかかったのでまだ読み終わってません。

とにかく面白いです。谷崎さんの文章は中国と中国人を辛らつに罵りつつも、底には温かいまなざしを感じずにはいられません。
猪仔貿易のくだりでは、貿易船の船底で息絶えた中国人の猪仔(奴隷)の魂が乗り移ったかのような、同情を超えた、同じ人間として同じアジア人としての怒りすら表しています。

中国、私は今まで6回行きました(3回はガイド付きツアー、3回は飛行機とホテルだけとって個人旅行)が、まだまだ中国の表面しか知りません。とにかくこれを読んでいると既に観光で訪れた地のことも「知らなかった!」という驚きで「また行きたい!」となり、まだ訪れていないところはわくわくして「今度行きたい!」となります。

中国の服務員は、お客が買った品物のレシートをこちらに放り投げるし、できるだけさぼろうとするし、道を聞いても5人に聞けば5人とも違う答えをするし、それでも中国に行きたくなるのって、どこかマゾヒストなところがあるのかなと思います。修羅場を乗り越えてきた人々のパワーはひしひしと感じるし、あくまでも自己責任の国(アメリカも自己責任の国だけど、まだ教会というセーフティネットがある。中国はそれすらない)という分かりやすさが却って気持ち良かったりします。(その分、一族で団結している)

香港には香港の魅力があり、台湾には台湾の魅力があり、中国には中国の魅力があります。どこか一箇所に特化すれば、もっと情報なりを極められるのだと思うのですがそれぞれに好きだからしょうがないです。

話は違いますが青海省の地震、一人でも多くの人が助かるといいなと思います・・。


<今日の情報>
・4月25日(日)NHK総合 深1:00~4:00 「世界ふれあい街歩きセレクション」
 クライストチャーチ・ウィーン~ドナウ川をゆく・台北・ブリュッセル

・上海万博特集 上海万博、上海の街をもっと楽しむ!(アルク)
 『DVD・書籍から上海を知ろう!』のコーナーでは「ラスト、コーション」が取り上げられています。
http://www.alc.co.jp/china/banpaku/index.html

category: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://guunonichijyou.blog22.fc2.com/tb.php/1278-b1e5ef7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top