FC2ブログ

ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

成語@赤壁その7 

 

蔡瑁と張允が降伏状を持って曹操を訪ねるシーン。
成語@赤壁その7-1
両辺倒

曹操の側近が蔡瑁と張允・二人のことを評して「風向き次第でどちらにもなびく奴ら」と言っています。
この文章を直訳すると「この二人は垣根の上に生えている草、風が吹くとどちらにも倒れる」となるのでこういう意味だとは思うのですが、

「風吹草動」 feng(1)chui(1)cao(3)dong(4)
(「風」「動」は変換できないのですが、簡体字があります)
風が吹き草が動く;わずかな動きをいう。ちょっとした変事。(現代中国語成語辞典より)という成語があります。

一般的には「風が吹く」とは普通語では「刮風」と言い、「吹風」と言えば「ドライヤーをかける;風に当たる:ほのめかす」という意味になることが多い(日中辞典より)のだそうです。

ということは少しの風で倒れる→少しの変事でも大騒ぎする→霧の中の敵の船に十万本の矢を射るような人物、ということに繋がっていく気がするのですが、いかがでしょう。


引き続き、孔明が孫権の前で劉備のことを褒めるシーン。
成語@赤壁その7-2
「英才盖世」

この「英才盖世」は「英傑」と日本語字幕ではなっています。

「盖世无双」 gai(4) shi(4) wu(2) shuang(1)
当代無双;唯一無二、万国無比。「盖世」は(才能や武芸が)当代一である。(現代中国語成語辞典より)

となり、この言葉で、孔明が孫権の前で劉備のことをかなり褒めちぎっていることがわかります。


<今日の情報>
・今週末2月20日(土)は映画「台北に舞う雪」の公開初日です。
 公式サイトによりますと、『初日(20日)シネスイッチ銀座にご来場の方、先着100名様にハートの中国茶をプレゼントいたします』とのことです。

・チェン・ボーリン・インタビュー(アジクロ)
 http://www.asiancrossing.jp/intv/2010/0211/index.html

・フォ・ジェンチイ監督インタビュー(アジクロ)
 http://www.asiancrossing.jp/intv/2010/0216/index.html

category: 成語@赤壁

tb: 0   cm: 2

△top

コメント

 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2010/02/19 16:31 | edit

No title

お知らせありがとうございます!
K'sシネマにて5月1日より上海アニメが上映されるとのこと、劇場サイトにて情報がUPされたら拙ブログでもお知らせします!
楽しみです!

ぐう #ex3yOCrA | URL | 2010/02/19 22:47 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://guunonichijyou.blog22.fc2.com/tb.php/1244-14ef3c2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top