FC2ブログ

ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

「中国語 プロへの挑戦」 

 

「中国語 プロへの挑戦 翻訳家・通訳になるために」(中国語友の会編)大修館書店
「中国語 プロへの挑戦」
水野衛子氏が「中国映画字幕翻訳者」の章を書かれてるとのことで、さっそく買ってきました。

いろんな中国映画の字幕の翻訳間違いや、水野さん自身が映画字幕を担当したときのお話などを具体的にタイトルや内容を挙げて説明されているので、文章に引き込まれ、水野さんの章は一気に読みました。
「抽象概念を訳せなくてはプロの通訳や翻訳者にはなれない」
「字幕翻訳に限らず各翻訳家たちは常日頃から日本の小説を読むことで表現を勉強し、いい表現を見つけるといつか盗んでやろうと心がけているという」
などは、なるほどなと思いました。
もちろんプロの翻訳家になるなんて大それたことを考えてなくても、読み物として十分楽しめます。

追記
「HERO」「ラスト、コーション」の字幕についても触れていますので本屋さんで見かけたら手にとってみてください♪

category: 本・雑誌

tb: 0   cm: 4

△top

コメント

 

これは必読!

帰省したらぜひ買いたいです…。
しかし、短期バイトを頑張って探さねば…交通費がかかる山奥は不利だなあ(泣)。

nancix #q2FNM5.6 | URL | 2009/12/08 11:41 | edit

是非ご覧ください!

nancixさん、そろそろ帰省の時期でしょうか。短期バイト見つかるといいですね。

「中国語 プロへの挑戦」、水野さんの歯に衣きせぬズバズバした物言いと厳しい現実にもポジティブな姿勢で臨む姿に感心いたしました。
「中国語」を、他の言語に置き換えても為になる本だと思います。

この本、私が見つけた本屋さんでは雑誌コーナーではなくて、中国語辞書などが置いてある専門書のコーナーにありました。

ぐう #ex3yOCrA | URL | 2009/12/09 08:09 | edit

なるほど!

お久しぶりです。

>常日頃から日本の小説を読むことで表現を勉強し…

とっても興味深いです。
私は別の言語を勉強していますが、講読などイミはなんとなく掴めたとしても実際日本語で
表現するのは難しいと日頃感じてました。
直訳ではなくどう表現するかに挑戦中ですが、適切なコトバがなかなか浮かばなくて…。
なるほどその言語だけじゃなくて日本語力も磨かないとだめなんですね。

外国語を勉強すればするほど、自国日本のことも大事にしなければいけないんだと思い知ら
されますね。

ヤス #xDyhQIek | URL | 2009/12/11 23:58 | edit

ヤスさん、お久しぶりです。

>なるほどその言語だけじゃなくて日本語力も磨かないとだめなんですね。


そうなんですね。例えば中国語学習だったら中国語の小説を読むのが一番かと思っていたので、日本語の小説を沢山読むのがいい、というのは考え付きませんでした。大変勉強になりました。

尚、水野さんは、映画の台詞が北京語でも、香港映画や台湾映画は文化などの背景がわからないので、字幕を依頼されてもよほどの事がない限り丁重にお断りする、とのことだそうです。

文化をわからない人が、それも英文から日本語に字幕を翻訳しているのが中国映画の現状みたいなので、映画会社の方も考えてほしいです。

ぐう #ex3yOCrA | URL | 2009/12/12 08:43 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://guunonichijyou.blog22.fc2.com/tb.php/1204-bfee7b77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top