FC2ブログ

ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

男に言葉は要らない「SPL/狼よ静かに死ね」 

 

観てきました。今日初日。「SPL/狼よ静かに死ね」http://www.spl-movie.com/
「SPL/狼よ静かに死ね」


ドニーファン、サイモン・ヤムファン、サモ・ハンファンは必見です。
私個人的には、「ザ・ミッション非情の掟」に並ぶ香港ノワール作品として歴史に名を残す名作だと思います。ただ、痛そうなシーン数ヶ所あり、です。それを我慢すれば素敵なドニーさんが楽しめます。

「花様年華」「2046」のトニー・レオンがスーツをまるで肌のようにぴったりと纏いエロチックに見えるとするなら、同様にドニー・イェンは黒い皮ジャケットをまるで肌の一部のようにエロチックに纏っています。そのシルエットの美しいこと!

以下、ネタばれありです。
映画の冒頭、美しい青い海を前に黒い服の男が少女を連れて歩いているシーンから始まる。
マフィアのボス・ポー(サモ・ハン)を逮捕したいという想いはチャン(サイモン・ヤム)ら刑事チームの予てからの願いであった。一度は逮捕するための証言者を用意できたが、証言者は裁判の前にポーの手下に殺害されてしまう。チャンはその時の遺児を引き取り養女として育てながら、脳腫瘍を患い、自分の命のあるうちにポーを逮捕できるのか、と懊悩する。
そんな中、自分の部下をポーの手下として潜入させていたのがポーにばれて無惨に殺害されていたのを知り、証拠を捏造してでもポーを殺人罪として逮捕・起訴しようとする。
「あと2日後」に上司になるという男・マー(ドニー・イェン)が現れたのはその日だった。マーは、殺人の容疑者を逮捕の時殴って相手を脳障害者にさせたという噂のある男だった。
マーは「勉強のため今から捜査に参加したい」と言うが、ポー逮捕を邪魔されたくないチャンらは、マーに内密に強引に計画を進めようとする。しかし、証拠捏造の件がポー側にばれ、刑事たちへの報復が開始されようとするのだった。


映画を観ながら途中で思った。あの冒頭の少女を連れた黒い服の男は誰なのか・・。サイモン・ヤムなのか、ドニーなのか・・。
この映画でドニーはアクションを演出し自らも演じている訳ですが、そういう作品て「監督兼主演映画」となると主演の人ばっか格好よくて、後の出演者はぱっとせずオール脇役・・なんて映画も結構あったりするのですが(笑)ドニーとチャウ・シンチーについてはその心配なし、です。

サイモン・ヤムの格好いいこと!サモ・ハンの凄みときたら!って感じです。(記者によると実物のサモ・ハンの方が映画の役のサモ・ハンより怖かったそうですが・・)
そして脇役の刑事役で金城武似のケン・チャン、殺し屋のめっちゃ眼がイってるウー・ジン。
ウー・ジンは後でパンフの顔を見て最初刑事役の一人かと勘違いしました。それくらい映画では顔が変わってます。100%危ない男です。ただ、目・鼻・口が顔の中心に集まりすぎてないか?と思ってしまいましたが。(←ウー・ジンファンの方、ゴメンなさい)

友人曰く「なんでドニーは黒い服なのに白いベルトなの?」
「それはドニーだから」(多分・・)
ドニー、目にも止まらぬ速さのアクションです。

そして最後は涙・・かもしれません。

category: 香港映画

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://guunonichijyou.blog22.fc2.com/tb.php/105-60f1ec14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top