FC2ブログ

ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

「プロテージ/門徒」観ました 

 

5月2日(土)シネマート六本木にて「プロテージ/門徒」観ました。

今回のイー・トンシン映画祭では「つきせぬ想い」「色情男女」「真心話」を観て、水田さんの講座を聞き、〆は「プロテージ」です。(GW後半は帰省するので映画祭にはもう行けません・・)
感想文、レポート、サボっててごめんなさい。

「プロテージ」、いや~怖かったです。絶対麻薬には手を出しませんっ!!って、映画を観なくてもソレは当たり前なのだけど、麻薬中毒になった人間の闇の世界の恐ろしさ、麻薬の売人の身勝手な言い分(自分は麻薬を売ってるのに、自分の未成年の子供が煙草を吸ったら「煙草なんて吸いやがって・・・」と言う)、様々な麻薬に関わる裏側の世界が覗ける映画です。
こういう映画はどちらかというと苦手なのですが、世の中には絶対必要なテーマを扱った映画だと思います。
アンディ・ラウも凄いし、ダニエル・ウーも凄い!!
ルイス・クーが麻薬でボロボロになった男性を演じていると聞いていたのですが、観てみたら思ったほどボロボロでもなかったような、ゴメン(笑)。チャン・チンチューのボロボロ度の方が凄かったです。彼女は「孔雀~我が家の風景」でも「幸薄顔」をしていたけど、この映画ではそれどころじゃないですね。

水田さんの講座では「イー・トンシン監督は映画を撮る前にすごくリサーチをしている」と仰ってましたが、その通り、麻薬についての隠語、麻薬の製造の仕方、売人でないと知らないような場面などが、きめ細かく出てきます。数字もいくつか出てきてその辺もよく調査しているなぁと思いました。

そうそう、映画を観終わってから、講座のメモを見たら「『プロテージ』にはイー・トンシン監督も出ている、結構アンディと絡んでいる」とありましたが、出演者の誰が監督だったのでしょう。確認せねば。
「インファナル・アフェア」に出演していた刑事さんも出てましたねぇ。「インファ2」でジャンユーさんの右腕だったマフィアの人もいたような。

イー・トンシン監督の映画によく出演しているダニエル・ウーの言葉によると「監督は、俳優をしていたことがあるので、俳優の気持ちになって考えてくれる。社会の暗部を取上げてくれるので尊敬している」とのこと、それに対して監督は「ダニエル・ウーは努力家で真面目で、ちゃんと話し合いができる俳優」と、とても評価しているのだそうです。

最初から最後まで緊張感が途切れることがない、これだけパワーのある映画が一般公開されないなんてもったいないです。シネマート六本木での上映は5月8日(金)までなので皆様お見逃しなく!
(でも、一箇所「ひぃぃぃー」と痛そうで直視できないシーンがあるのでご注意ください・・・)

5月1日から公開になった「新宿インシデント」は、1994年に新宿で起きた「青龍刀事件」を映画にしたものだそうです。
94年に起きた事件をずっとリサーチして、映画にしたい、と監督が暖めていた話だそうで、そういうところにもイー・トンシン監督らしさが表れているなと思います。
(その構想期間の長さからいっても、ジャッキー・チェンのキャスティングを考えて脚本を書いたものではなく、脚本を読んで、ジャッキーが「やりたい」と言ったのだそうです)


今日の情報
・カンヌ映画祭スペシャル2009 ムービープラスで放送
 http://www.cinematopics.com/cinema/news/output.php?news_seq=8372

・映画「ノルウェイの森」エキストラを募集(トラン・アン・ユン監督)、2009年2月より撮影開始予定とのこと。
 http://www.cinematopics.com/cinema/news/output.php?news_seq=8373

・「Mac Fan」6月号にリン・チーリン・インタビューが載ってます。

category: 香港映画

tb: 0   cm: 2

△top

コメント

 

監督は・・・

こんばんは ダニエル迷のうさぎです(笑)

イー・トンシン監督は 「無間道」でトニーさんがダニエルなら 秋生さんの役です

冒頭の警官と麻薬取引者たちの追いかけっこで 警官側のボスとして登場します
また屋上で鳩に餌をやっているダニエルのところに来た上司が監督です
当時の記事によると お金を使いきって無いから 自分でやるんだ・・・なんて言ってました

つい参考まで書き込みました・・・

usako #dN1wHbUA | URL | 2009/05/03 19:39 | edit

usakoさん、いらっしゃいませ

藍*aiさんやスモーカーさんのところで、お名前を拝見しております。
教えてくださってありがとうございます。

>イー・トンシン監督は 「無間道」でトニーさんがダニエルなら 秋生さんの役です

なるほど!わかりました!今日昼間「キネ旬」にて監督のお顔を拝見してきたのですが、やはりどの役かわからずにいましたので(汗)、嬉しいです。
重要な役をされていたのですね。

この映画でダニエルが可哀相で・・。アンディも可哀相なのですが・・・悲しかったです。つい語りたくなる映画ですね。

ぐう #ex3yOCrA | URL | 2009/05/03 23:57 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://guunonichijyou.blog22.fc2.com/tb.php/1037-1ba8cd2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top