FC2ブログ

ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

中・仏合作映画「鵞鳥湖の夜」、5月29日公開 

 

中・仏合作映画「南方车站的聚会」が「鵞鳥湖(がちょうこ)の夜」の邦題で5月29日より、新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国で公開されることが発表になりました。

「鵞鳥湖(がちょうこ)の夜/南方车站的聚会」

「鵞鳥湖(がちょうこ)の夜」

監督:ディアオ・イーナン
出演:グイ・ルンメイ、フー・ゴー、リャオ・ファン、万茜 、 奇道 、黄觉 、 曾美慧孜 、 张奕聪

「三人の夫/三夫」のクロエ・マーヤン曾美慧孜も出演しているんですね。久々に映画公開の明るいニュースです。

「薄氷の殺人」監督の最新作「鵞鳥湖の夜」公開、フー・ゴーとグイ・ルンメイ共演(映画ナタリー)
https://natalie.mu/eiga/news/369093

「鵞鳥湖の夜」 公式サイト
http://wildgoose-movie.com/

<その他の情報>
・東京都写真美術館 展示・上映休止 3月16日(月)まで
 東京都写真美術館 NEWSのページより 
 https://topmuseum.jp/contents/new_info/index-3822.html

・キネマ旬報シアター 臨時休館 3月2日(月)~3月13日(金)
 キネマ旬報 NEWSのページより
 http://www.kinenote.com/main/kinejun_theater/home/


<テレビ番組情報>
3月6日(金) NHKBS1 午後2:00~2:28 「Asia Insight」 台湾 フェイクニュースとの戦い
 飛び交うフェイクニュースの拡散を食い止めようと、台湾の市民団体がファクトチェックに乗り出している。総統選挙を舞台にフェイクニュースとの戦いの最前線を追う。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

ル・シネマ、3月10日(火)まで上映中止 

 

Bunkamuraル・シネマが、新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、明日2月28日(金)~3月10日(火)まで全作品の上映を中止するとのことです。

【重要】新型コロナウイルス感染拡大防止のための映画上映中止のお知らせ(2/27 14:30現在) ル・シネマ ニュースのページより
https://www.bunkamura.co.jp/topics/cinema/

早稲田松竹 2月28日(金)~3月13日(金)まで上映中止
早稲田松竹 公式サイトより
http://wasedashochiku.co.jp/ 

国立映画アーカイブ 2月29日(土)~3月8日(日) 臨時休館
国立映画アーカイブ 【緊急】
https://www.nfaj.go.jp/ge/topics/20200227/

鎌倉市川喜多映画記念館 2月28日(金)~3月15日(日) 臨時休館
鎌倉市川喜多映画記念館 公式サイト お知らせ
http://www.kamakura-kawakita.org/


他には、4月16日から開催予定だった、島ぜんぶでおーきな祭・沖縄国際映画祭が今年の映画上映を中止しています(パネル展、首里城PRのみ)。
島ぜんぶでおーきな祭・沖縄国際映画祭 【重要なお知らせ】
https://oimf.jp/news/detail/6/

映画公開では
「映画ドラえもん のび太の新恐竜」 「映画しまじろう しまじろうとそらとぶふね」 の公開が延期となっています。

「映画ドラえもん のび太の新恐竜」 公式サイト
https://doraeiga.com/2020/index_pc.html

「映画しまじろう しまじろうとそらとぶふね」 公式サイト
https://kodomo.benesse.ne.jp/open/movie/2020/

通常どおり上映する映画館でも、チケットの払い戻しなどに応じるところもあります(オンラインで購入していたものの、体調不良になった場合など)。各劇場の公式サイトでご確認ください。
一日でも早くこの新型ウィルスの感染拡大が収まりますよう・・・。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

3月の予定 

 

3月20日(金)~4月5日(日)に開催される高崎映画祭のラインナップが発表になりました。 追記 全プログラムが上映中止になりました。
中国映画、香港映画、台湾映画の上映はありませんが、シンガポール映画「The Last Entry」「Senses」が上映予定です。

第34回高崎映画祭 公式サイト
http://takasakifilmfes.jp/

以下、3月の予定、自分用覚書。

<映画上映>
3月6日(金)~3月15日(日)第15回大阪アジアン映画祭
http://www.oaff.jp/2020/ja/index.html

3月7日(土)「さらばわが愛、覇王別姫」上映 現代中国映画上映会@文京シビックホール
http://www.gentyuei.com/

3月13日(金)「無敵のドラゴン」公開@新宿武蔵野館【3週間限定上映】
https://www.twin2.co.jp/distribution/

3月13日(金)~3月20日(金)東京フィルメックス 京都出張編2020@出町座、京都シネマ
https://demachiza.com/movies/5967

3月13日(金)~16日(月)東京アニメアワードフェスティバル2020 中止
https://animefestival.jp/ja/

3月20日(金・祝)~3月28日(土)(8日間/日曜休館)「死霊魂」公開記念 ワン・ビン特集上映@アテネ・フランセ文化センター
http://www.athenee.net/culturalcenter/program/wa/wangbing.html

3月20日(金)~4月5日(日)第34回高崎映画祭 全プログラム上映中止
http://takasakifilmfes.jp/

3月21日(土)「馬三家からの手紙」公開@新宿K’s cinema
https://www.masanjia.com/

3月21日(土)~4月3日(金)@「パラサイト 半地下の家族」公開記念特集上映「鬼才ポン・ジュノの世界!」@ユーロスペース
http://www.eurospace.co.jp/

3月27日(金)インド映画「サーホー」公開@新宿ピカデリーほか
https://saaho.jp/

3月28日(土)「花の生涯 梅蘭芳」上映 現代中国映画上映会@文京シビックホール
http://www.gentyuei.com/


<テレビ放送>
3月1日(日)TBS 午前7:30~8:00 「がっちりマンデー!!」 儲かる!台湾ビジネス!!
★「台湾発ビジネス」の勢いが半端ない!★タピオカの次に流行るのは○○スイーツ!?★日本にも進出している売上げ650億円の本屋さんは何がスゴい?

3月1日(日)TBS 午後6:00~6:30 「世界遺産」 特集・奇岩の」世界遺産

3月4日(水)NHKBSプレミアム 午後9:00~10:00 「中国王朝・英雄たちの伝説」 権力者たちの素顔・過労で死んだ〝名君”雍正帝

3月6日(金) NHKBS1 午後2:00~2:28 「Asia Insight」 台湾 フェイクニュースとの戦い
 飛び交うフェイクニュースの拡散を食い止めようと、台湾の市民団体がファクトチェックに乗り出している。総統選挙を舞台にフェイクニュースとの戦いの最前線を追う。

3月7日(土)テレビ朝日 午前8:00~9:30 「朝だ!生です 旅サラダ」 ベトナム ホーチミン

3月7日(土)TBS 午後9:00~9:54 「世界ふしぎ発見!」 ミステリーハンターが明日会いに行ける台湾遺産

3月8日(日)フジテレビ 午後2:00~2:55  「ザ・ノンフィクション 映画館に暮らす一家の物語 ~廃墟に移住した切替家の6年~」
 家族の引っ越し先である家賃5万円の格安物件は廃墟の映画館…雪国なのに風呂もなくロビーがリビングに…映画好きな父親は一家の自宅を映画館にすることを決意する

3月10日(火) NHKBS1 午前8:00~8:49 「キャッチ!世界のトップニュース」
 特集:新型コロナウイルス感染拡大・香港で中国本土との境界めぐり混乱も ほか

3月10日(火)NHKBS1 午後10:00~10:40  「国際報道2020」 徹底する台湾の新型コロナウイルス対策
 台湾では厳しい感染症対策を実施しているほか、当局がマスクを買い取り実名制で販売するなどして成果を上げている。感染症対策を指示しているのは、保健当局が主導する「感染症指揮センター」。医師免許を持った閣僚も多く、保健当局を支えている。結果的に、蔡政権の支持率は上がっている。台湾の感染症対策とその取り組みの背景を伝える。

3月12日(木)NHKBSプレミアム 午後1:00~3:53 「さらば、わが愛 覇王別姫」

3月14日(土)テレビ朝日 午前8:00~9:30 「 朝だ!生です旅サラダ」 ベトナム・ホイアン フエ

3月14日(土)フジテレビ 午前8:30~9:55 「にじいろジーン」 世界のオシャレさん マレーシア・クアラルンプール

3月14日(土)NHKBSプレミアム 午後7:30~9:00 「空旅中国」 雲南の茶の道を飛ぶ

3月17日(火)NHKBS1 午後8:00~8:50 BS1スペシャル「香港‟時代革命”~市民が捉えた抗議デモのすべて」

3月17日(火)NHKBSプレミアム 午後8:00~9:00 「世界ふれあい街歩き」 愛と花の楽園・ダラット~ベトナム

3月17日(火)BS朝日 午後10:00~11:45 「迷宮グルメ 異郷の駅前食堂スペシャル」 ベトナム&ラトビア&香港

3月19日(木)NHk総合 午後7:30~8:42 「所さん!大変ですよ」 パンダの秘密を再び探る! あの人はいま?
 みんな大好き、パンダ!そのパンダにある秘密があることを突き止めた。実はパンダには利き手があって、どっちが利き手かで、和歌山の動物園で暮らすパンダの○○がわかっちゃうのだ!タピオカの次に日本ではやるスイーツが台湾から上陸。その意外な正体とは!? ほか


3月20日(金)NHKBSプレミアム 午後1:00~2:30 「初恋のきた道」

3月21日(土)テレビ朝日 午前8:00~9:30 「朝だ!生です旅サラダ」 ベトナム・ハノイ

3月21日(土)BS朝日 午後9:00~10:59 「ドランクモンキー 酔拳」

3月21日(土)NHKBS1 午後10:00~10:50 「ザ・ヒューマン」 それでも声を上げる・香港デモ・若者たちの素顔

3月23日(月) 日本テレビ 午後8:00~9:00  「世界まる見え!」テレビ特捜部世界で見つけた日本SP!
 台湾で有名な日本人アイドル三原JAPAN ほか

3月24日(火)BS朝日 午後10:00~10:54 「迷宮グルメ 異郷の駅前食堂」 インドネシア&ポーランド

3月25日(水)BS-TBS 午後10:00~10:54 「新・地球絶景紀行」 ミャンマー・秘境バアンの洞窟寺院
(※4月15日放送に変更)

3月26日(木) NHKBS1 午後10:00~10:40 「 国際報道2020」 香港・新型ウイルスで学校長期休校の余波

3月28日(土) BSフジ 午前6:00~6:55 「わがまま!気まま!旅気分」 ティーナとリョーナの台湾女子旅

3月28日(土)テレビ朝日 午前8:00~9:30 「生だ!朝です旅サラダ」 ベトナム・ダナン フーコック島

3月28日(土)日本テレビ 午後7:00~8:54 「世界一受けたい授業 明日から変われるSP」
 特別授業“パラサイト”の映画監督が教える楽しい映画の見方 ほか

3月28日(土) TOKYO MX1 午後10:00~10:30 「AKIRA SOUND MAKING 2019」
 今から32年前、原作者大友克洋自身が監督をつとめ、アニメーション映画の常識を超えた大作「AKIRA」。 作品の舞台となった2019年に4Kリマスターとなって蘇ることが発表され、今年ついに発売を迎える本作を記念して、新たに制作された音源や32年前の収録について金田役の岩田光央や鉄雄役佐々木望など、豪華出演キャストが当時を振り返る、AKIRAの「音」について迫った特別映像。

3月28日(土)テレビ朝日 午後11:10~0:10 「激レアさんを連れてきた。」
 俳優だったのに、あまりにジャッキー過ぎる顔のせいで人生を翻弄されちゃった人 ほか

3月29日(日) NHK総合 深夜2:35~2:45 「土曜ドラマ「路(ルウ)」の魅力に迫る!」
 台湾新幹線プロジェクトの軌跡を縦糸に、日本人と台湾人のあたたかな心の絆を描いた吉田修一の傑作小説「路(ルウ)」を台湾のテレビ局・PTSとの共同制作でドラマ化。台湾ロケのメイキング映像や主演・波瑠さんのインタビューとともにドラマの見どころや魅力をあますことなくお伝えします。

3月30日(月) テレビ東京 深夜0:12~1:00 「デカ盛りハンター 予習復習スペシャル」
 大食い双子姉妹が、台湾の人気夜市で100店舗以上ある屋台グルメを6時間で全部食べ尽くし、No.1屋台グルメを検証! ほか

3月31日(火)NHK・Eテレ 午後11:30~11:55 「テレビで中国語」(新)


※WOWOWシネマにて、3月1日「王朝の陰謀 闇の四天王と黄金のドラゴン」、3日「西遊記 女人国の戦い」、6日「キングダム」、7日「ザ・フォーリナー/復讐者」、11日「男たちの挽歌」、14日「アイスマン」「アイスマン 宇宙最強の戦士」、16日「ザ・フォーリナー/復讐者」、17日「K-20 怪人二十面相・伝」、18日「ブロークバック・マウンテン」、20日「キングダム」

※3月28日情報を更新しました。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

カンヌ映画祭にて「花様年華」4Kリマスター版プレミア上映 

 

今年のカンヌ映画祭にて、「花様年華」4Kリマスター版のプレミア上映されることが発表になりました。

「花様年華」

「花様年華」は2000年のカンヌ映画祭で上映され、トニーさんは最優秀主演男優賞を受賞しました。
今年20周年記念とのことで4Kリマスター版上映の運びとなったようです。プレミア上映は5月20日だそうです。
このため、ウォン・カーウァイ監督はカンヌ映画祭に招待されることと思いますが、トニーさんも一緒に出席してほしいですね。

王家衛《花樣年華》4K修復版5.20康城首映
https://hk.on.cc/hk/bkn/cnt/entertainment/20200220/bkn-20200220044032668-0220_00862_001.html

Cannes to Celebrate Wong Kar-wai’s ‘In The Mood For Love’
https://variety.com/2020/film/asia/cannes-celebrate-wong-kar-wai-in-the-mood-for-love-1203507390/


<その他の情報>
・特集上映「ブルース・リー 4Kリマスター復活祭2020」が、5月8日より東京・UPLINK渋谷、UPLINK吉祥寺、大阪・なんばパークスシネマほかで開催

「ブルース・リー 4Kリマスター復活祭2020」

 <上映作品>
 「ドラゴン危機一発」
 「ドラゴン怒りの鉄拳」
 「ドラゴンへの道」
 「死亡遊戯」

 ブルース・リーが4Kでよみがえる!「ドラゴン危機一発」「死亡遊戯」など4本上映(映画ナタリー)
 https://natalie.mu/eiga/news/367869

 5月8日といえば、「イップ・マン 完結」の公開日ですね。その時期に合わせたのかしらー、なんて考えてしまいます。

・3月6日(金)より、「スーパー・ティーチャー 熱血格闘」上映@シネマート新宿
 のむコレ3で上映された「スーパー・ティーチャー 熱血格闘」が、また上映になるようです。
 
 シネマート新宿のページより
 http://www.cinemart.co.jp/theater/shinjuku/lineup/20200220_16141.html

 『スーパーティーチャー 熱血格闘』シネマート限定入場者特典プレゼント決定!
 http://www.cinemart.co.jp/theater/shinjuku/topics/20200220_16143.html

・『パラサイト 半地下の家族』公開記念 鬼才ポン・ジュノの世界@シネマート新宿
 2月27日(木)まで延長になりました。
 
 2月21日(金)「母なる証明」
 2月22日(土)「殺人の追憶」
 2月23日(日)「ほえる犬は噛まない」
 2月24日(月)「殺人の追憶」
 2月25日(火)「ほえる犬は噛まない」
 2月26日(水)「母なる証明」
 2月27日(木)「殺人の追憶」

 http://www.cinemart.co.jp/theater/shinjuku/lineup/20191221_16054.html

category: 中華NEWS

tb: 0   cm: 0

△top

ジェット・トーン、エンニオ・モリコーネのドキュメンタリー映画の版権を購入 

 

ジェット・トーンは、イタリアの作曲家エンニオ・モリコーネのドキュメンタリー映画「Ennio: The Maestro」の国際版版権を購入したそうです。

ウォン・カーウァイ&モリコーネ

「Ennio: The Maestro」

日本でもいずれ公開されるでしょうか?モリコーネといえば、真っ先に思い浮かぶのは「ニュー・シネマ・パラダイス」ですね・・・。

新型ウィルス感染拡大の影響で、中国映画界は新作映画の公開も撮影もストップしている大変な時期ですね。
ウォン・カーウァイの「繁花」も撮影が今年夏まで延期になったそうです(テレビ版を先に撮るという話だったから、テレビ版のほうかな?)。
新型ウィルスに関係なく、オーストラリアで「シャン・チー」の撮影ができているトニーさんは今、稀な存在でしょうね。


<その他の情報>
・「淪落の人」トークイベントが決定しました。

日時 :2月26日(水)18:30の回上映前
劇場:新宿武蔵野館
登壇者 :江戸木純さん(映画評論家)
発売日 :オンライン予約販売:2月24日(月・祝)0:00[=2月23日(日)24:00]より

新宿武蔵野館 ニュースのページより
http://shinjuku.musashino-k.jp/news/13379/

・3月13日(金)~16日(月)、東京アニメアワードフェスティバル2020が開催されます。
 中華圏作品では、 コンペティション部門短編作にて
 「種子物語」(アメリカ・中国) 監督:ヤウェン・ゼン
 「彼女の舟」(カナダ・中国) 監督:インジョン・フー
 「なにがロバートを救ったか」(台湾) 監督:ポーエン・ワン、リンーチュン・ファン
 が上映予定です。

東京アニメアワードフェスティバル2020 公式サイト
https://animefestival.jp/ja/

category: 中華NEWS

tb: 0   cm: 0

△top

ビー・ガン監督作品「凱里ブルース」公開日4/18に決定 

 

ビー・ガン監督作品「凱里ブルース」の公開日が4月18日(土)に決定しました。

「凱里ブルース/路边野餐」

「凱里ブルース」

監督:ビー・ガン
出演:陈永忠 、谢理循 、余世学 、 郭月 、 赵达清 、 罗飞扬 、 曾帅 、 秦光黔

「凱里ブルース」は東京のシアター・イメージフォーラムほか全国で順次公開。

凱里は、ビー・ガン監督の故郷だそうで、2月28日(土)公開の「ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ/地球最后的夜晚」も凱里が舞台となっています。

ポン・ジュノが絶賛、ビー・ガンの長編デビュー作「凱里ブルース」予告公開(映画ナタリー)
https://natalie.mu/eiga/news/367415

「凱里ブルース」 公式サイト
https://www.reallylikefilms.com/kailiblues


<その他の情報>
・台湾巨匠傑作選2020が、4月18日(土)~6月12日(金)に新宿K's cinemaにて開催されます。
 上映作品は「青春神話」「愛情寓話」「河」「郊遊 ピクニック」「バナナパラダイス」「スーパーシチズン超級大国民」「熱帯魚」「ラブ ゴーゴー」「藍色夏恋」「台北暮色」「あなたを、想う。」「父の初七日」「百日告別」「共犯」「怪怪怪怪物!「」「幸福路のチー」「祝宴!シェフ」「GF*BF」「天空からの招待状「山中傳奇」「星空」「台北ストーリー」「光陰的故事」「恐怖分子」「牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件」「ヤンヤン 夏の想い出」
 【傑作台湾映画の伝道師 江口洋子セレクトによる未公開作品特集】として、「血観音」「停車」「盗命師」「河豚」「天龍一座がゆく」「古代ロボットの秘密」
 です。

 台湾巨匠傑作選2020 4 月 18 日(土)~6 月 12 日(金) に新宿 K's cinemaで開催決定!(アジアンパラダイス)
 http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2020/02/post-67ae9e.html
 
・「パラサイト 半地下の家族」 凱旋舞台挨拶決定
 ■日程:2月24日(月・祝) 《東京》
 ▼会場:TOHOシネマズ六本木ヒルズ
 時間:①8:45の回 上映後舞台挨拶
     ②12:15の回 上映後舞台挨拶
 登壇者:ポン・ジュノ監督、ソン・ガンホ
 ※登壇者は予告なく変更になる場合がございますので予めご了承ください。

 ≪発売情報≫
 【一般発売(先着)】
 ・受付期間:2/18(火)18:00~2/20(木) 23:59
 ※一般発売は先着順での受付となりますので、予定枚数に達し次第、受付終了となります

 詳細は下記のページにてご確認ください。
 https://parasite-movie.tumblr.com/
 

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

ワン・ビン監督作「死霊魂」、4月4日公開 

 

ワン・ビン監督作「死霊魂」が、4月4日(土)よりシアター・イメージフォーラムにて公開されます。

「死霊魂」

506分!(8時間越え)の大作の為、上映は途中休憩2回をはさむようです。
公開一ヶ月前の3月2日(月)12:00~座席指定開始。
(上映期間は4月4日~4月17日 2週間限定公開)

ホラー映画のようなタイトルですが、ある意味ホラーよりも怖いかも・・・。

「死霊魂」 公式サイト
http://moviola.jp/deadsouls/

<テレビ番組情報>
2月22日(土) BS朝日 午後7:00~8:54 「スネーキーモンキー 蛇拳」<吹替版>

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

「フェアウェル」監督ルル・ワン来日決定 

 

4月10日(金)公開予定「フェアウェル」監督ルル・ワンの初来日が決定しました。
「フェアウェル/别告诉她」

「フェアウェル」

3月18日(水)に行われるジャパンプレミア試写会に登壇する予定だそうです(詳細は未発表)。
主演のオークワフィナにも来日してほしいですが、多分「シャン・チー」の撮影中でしょうね。

「フェアウェル」監督ルル・ワンの初来日が決定(映画ナタリー)
https://natalie.mu/eiga/news/367027


「フェアウェル」 公式サイト
http://farewell-movie.com/


あと、第39回香港電影金像奨のノミネート作品が発表になりました。
詳細は下記のアジアンパラダイスさんの記事をご覧ください。

第三十九屆香港電影金像獎ノミネート発表!(アジアンパラダイス)
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2020/02/post-40f2d6.html

3月開催の大阪アジアン映画祭で上映予定の「少年的你(少年の君)」、「花椒之味(花椒の味)」、「金都(私のプリンス・エドワード)」がノミネートされています。

なんだかワクワク感が例年よりも少ないのは、新型コロナウィルスのニュースのせいですね。
これから、日本国内でどうなっていくのか・・・先行きが見えないのが不安です。

夫はアメリカが本社の外資系会社の社員なのですが、本日社員に日本への渡航禁止令が出たようです。当然、日本人社員が海外の支社に行くのも禁止です。
今後の状況によっても変わる可能性もありますが、上記の「フェアウェル」の監督来日も、場合によっては中止になるかもしれませんね。杞憂に終わればいいのですが・・・。

とりあえず、個人でできることは、うがい、手洗い、十分な睡眠と栄養をとること、ですね。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

「ソン・ランの響き」初日舞台挨拶決定 

 

ベトナム映画「ソン・ランの響き」の初日舞台挨拶が決定しました。
 <舞台挨拶>
 【劇場】
 新宿K’s cinema
 【日時】
 2/22(土) ①10:30回 上映後 ②12:30回 上映後
 【ゲスト】
 リエン・ビン・ファットさん レオン・レ監督
< トークショー>
 【劇場】
 新宿K’s cinema
 【日時】
 2/23(日)12:30の上映後
 【ゲスト】
 石川大我さん(参議院議員)

 新宿K’s cinema インフォメーションのページより
 http://www.ks-cinema.com/information/10537/

「ソン・ランの響き」 公式サイト
http://www.pan-dora.co.jp/songlang/


あと、お知らせが遅れましたが、ピーター・チャン監督プロデュース、岩井俊二監督作品「你好,之华」が今年秋、日本公開とのことです。邦題は「チィファの手紙」となるそうです。

「チィファの手紙/你好,之华」

「チィファの手紙」

監督:岩井俊二
出演:ジョウ・シュン、チン・ハオ秦昊、杜江、张子枫、邓恩熙、吴彦姝、谭卓、胡歌

岩井俊二監督の初中国映画『チィファの手紙』秋に日本公開 コメント到着(CINRA.NET)
https://www.cinra.net/news/20200127-tifa

2018年に中国で公開された「你好,之华」が、やっと日本で観られますー!

<その他の情報>
・「パラサイト」アカデミー賞受賞記念、ポン・ジュノとソン・ガンホの凱旋来日が決定(映画ナタリー)
 https://natalie.mu/eiga/news/366662

 ポン・ジュノ監督、アカデミー賞受賞おめでとうございます!来日は2月下旬を予定しているそうです。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

大阪アジアン映画祭、上映スケジュール発表! 

 

大阪アジアン映画祭の上映スケジュールが発表になりました!

大阪アジアン映画祭 上映スケジュール
http://www.oaff.jp/2020/ja/schedule/index.html

前売り券の発売日は2月23日(日)です。
梅田ブルク7上映分・・・KINEZOオンライン 2月23日(日)午前0時から (予めKINEZOの会員登録が必要です)
シネ・リーブル梅田&ABCホール上映分・・・チケットぴあ 2月23日(日)午前10時から

詳細は大阪アジアン映画祭のチケットのページでご確認ください。
http://www.oaff.jp/2020/ja/ticket/index.html


<テレビ番組情報>
・2月15日(土)テレビ朝日 午後10:10~11:10 「 激レアさんを連れてきた。」
 本当は嫌々中に入っていた初代ウルトラマンのスーツアクターでウルトラマンの動作から必殺技までその場のアドリブで作り出した人  ほか

・2月16日(日)テレビ東京 午後6:30~7:54 「モヤモヤさまぁ~ず2」 13年前ブラブラ!!激レア初期衝動・シンガポール旅
 2007年…番組スタート半年で行った深夜時代のシンガポール旅を完全プレイバック!▼大竹・三村そして大江の若かりし頃の立ち振る舞い▼田中アナが副音声&当日、何かやる。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

大阪アジアン映画祭、オールラインナップ発表! 

 

3月6日(金)~15日(日)開催の大阪アジアン映画祭のオールラインナップが発表になりました!
先日お知らせしたオープニング上映「夕霧花園」の他の中華圏作品を下記にピックアップしています。
(※後でポスター、キャストを追加します・・・只今、作業途中) 追加しました。ポスターやキャストが不明の作品もあります。

<コンペティション部門>
「散った後/散後」(2020 香港)

「散後」

監督:チャン・チッマン陳哲民
キャスト: 柯炜林 、冯海锐 、蔡颂思 、富华 、何启华 、文慧 、张满源

「少年の君/少年的你」(2019 中国・香港)

「少年の君」

監督:デレク・ツァン曾國祥
キャスト:チョウ・ドンユイ、易烊千玺 、尹昉、周也、吴越、 黄觉、张艺凡、张耀

「大いなる餓え/大餓」(2019 台湾)

「大いなる餓え」

監督:シエ・ペイルー謝沛如
キャスト: 蔡嘉茵 、柯淑勤 、谢祖武 、张耀仁

「私のプリンス・エドワード/金都」(2019 香港)

「私のプリンス・エドワード」

監督:ノリス・ウォン黃綺琳
キャスト:邓丽欣 、朱柏康 、岑珈其 、陈俞希 、麦子乐 、陈健朗 、许素莹 、卢镇业

「春潮/春潮」(2019 中国)

「春潮」

監督:ヤン・リーナー楊荔鈉
キャスト:郝蕾 、金燕玲 、曲隽希 、李文波 、黄尚禾

「日光之下/日光之下」(2019 中国)

「日光の下」

監督:リャン・ミン梁鸣
キャスト:星辰 、 吴晓亮 、 王佳佳 、 陈永忠

「君の心に刻んだ名前/刻在你心底的名字」(2020 台湾)

「君の心に刻んだ名前」

監督:リウ・クァンフイ柳广辉
キャスト:陈昊森 、 曾敬骅 、 邵奕玫 、 王识贤 、 法比欧

<特別注視部門>
「アレクス/埃里克斯」(2019 中国)

「アレクス」

監督:エメットジャン・メメットEmetjan Memet
キャスト:麦尔哈巴·伊斯拉音

特集企画 《ニューアクション! サウスイースト》
「ビー、マイ・フレンド/蜂港天的魔法校」(2020 マレーシア)
監督:チェン・ティムギン程添建

「ミス・アンディ/迷失安狄」(2020 マレーシア・台湾)

「ミス・アンディ」

監督:テディ・チン陳立謙

<インディ・フォーラム部門>
「ある殺人、落葉のころに/落叶杀人事件」(2019 日本・香港・韓国)

「ある殺人、落ち葉のころに」

監督:三澤拓哉
キャスト:守屋光治、中崎敏、森優作、永嶋柊吾、堀夏子、小篠恵奈、ロー・ジャンイップ、成嶋瞳子

特集企画《台湾:電影ルネッサンス2020》
「雄鶏ものがたり/雄雞卡克」(2019 台湾)

「雄鶏ものがたり」

監督:シエ・ペイルー謝沛如

「ギャングとオスカー、そして生ける屍/江湖無難事」(2019 台湾)

「ギャングとオスカー、そして生ける屍」

監督:ガオ・ピンチュアン高炳权
キャスト:ロイ・チウ邱泽 、 黄迪扬 、 姚以缇 、 林育品 、 龙劭华 、 颜正国

「ノーボディ/有鬼」(2020 台湾)
監督:リン・チュンホア林純華

「RPG/RPG」(2019 台湾)

「RPG」

監督:シー・チュンハン施君涵

「伏魔殿/伏魔殿」(2020 台湾)
監督:ワン・イーファン王逸帆
キャスト:林道禹 、 林幻梦露 、 柯恩

特集企画《Special Focus on Hong Kong 2020》
「花椒の味/花椒之味」(2019 香港)

「花椒の味」

監督:ヘイワード・マック麥曦茵
キャスト:サミー・チェン郑秀文 、 赖雅妍 、 李晓峰 、 钟镇涛 、 リッチー・レン任贤齐 、 刘瑞琪 、 吴彦姝 、アンディ・ラウ 刘德华

「堕落花/堕落花」(2019 香港)

「堕落花」

監督:リー・チョクバン李卓斌
キャスト:温碧霞 、 关智斌 、 郭奕芯 、 陈汉娜 、 陈炜 、 沈卓盈 、 陈颖欣 、 李任燊

「4×4/四段四分鐘」(2019 香港)
監督:アモス・ウィー黃浩然、ノラ・ラム林子穎


大阪アジアン映画祭 公式サイト
http://www.oaff.jp/2020/ja/index.html

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

「マカオ行ったらこれ食べよう!」 

 

「マカオ行ったらこれ食べよう!」 著・伊能すみ子

「マカオ行ったらこれ食べよう」

香港、台湾の他にマカオ編も出たのですねー。
「ベトナム行ったらこれ食べよう!」「韓国行ったらこれ食べよう!」「タイ行ったらこれ食べよう!」「ハワイ行ったらこれ食べよう!」もあるようです。

category: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

△top

大阪アジアン映画祭、オープニング上映はトム・リン監督作品「夕霧花園」 

 

3月6日(金)~15日(日)開催の大阪アジアン映画祭、オープニング上映はトム・リン監督作品「夕霧花園」に決定しました!

「夕霧花園」

「夕霧花園」

監督:トム・リン
出演:李心潔(リー・シンジエ)、阿部寛、張艾嘉(シルヴィア・チャン)、デヴィッド・オークス、ジュリアン・サンズ、ジョン・ハナー、林宣妤

大阪アジアン映画祭 公式サイト
http://www.oaff.jp/2020/ja/index.html

2020大阪アジアン映画祭 3月6日より開催、オープニングは林書宇(トム・リン)監督の『夕霧花園(原題)』、クロージングは日本の『蒲田前奏曲』!(アジアンパラダイス)
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2020/02/post-bd79cb.html

今年も大阪アジアンの季節になりましたね。
早くオール・ラインナップと上映スケジュールを発表してほしいです!

新型ウィルスの影響か、1月下旬に日本語字幕付きで上映されると言っていた「我和我的祖国」のその後の情報が発表になりません・・・。3月上旬に開催している中国映画祭・電影2020も、本来ならそろそろ詳細が発表になる時期ですが、今年は開催延期かもしれないですね(あくまでも個人的な推測です)。

香港電影金像奨の開催にも影響が及びそうだし、警察ものということで公開時期が2020年にずれ込んでいるトニーさん主演「風再起時」の公開時期もどうなるのか・・・・先行きが不安です。
大阪アジアンは平穏に開催されることを期待しています。


<その他の情報>
・2月9日(日)「ゴールデン・ジョブズ」チン・ガーロウ監督来日舞台挨拶、時間は「20:30の回上映後」と発表になりました。
チケット争奪戦になると思いますが、詳細は下記の新宿武蔵野館のページにてご確認ください。
http://shinjuku.musashino-k.jp/news/13132/

・東京フィルメックス -京都出張編2020- を開催します!
 <上映作品>
 近日発表となります。
 <開催期間・上映劇場>
 @出町座 3/13(金)-3/19(木)
 @京都シネマ 3/14(土)-3/20(土)
 <料金>
 当日一般:1,500円
 ほか通常料金設定。
 <主催>
 認定NPO法人東京フィルメックス、シマフィルム株式会社
 東京フィルメックス ニュースのページより
 https://filmex.jp/2019/news/information/filmexinkyoto

・「大海原のソングライン」 4月より東京のシアター・イメージフォーラムほか全国にて順次公開

 「大海原のソングライン」

 2019年島ぜんぶでお~きな祭・沖縄国際映画祭で、「スモールアイランド・ビッグソング 小島大歌」というタイトルで上映されています。

 数千年かけて大海原を渡った音楽たどるドキュメンタリー公開(映画ナタリー)
 https://natalie.mu/eiga/news/365443

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

旧正月に「肥龍過江」を観てきました 

 

旧正月に台北の映画館で「肥龍過江」を観てきました。

「肥龍過江」1

「肥龍過江」2

「肥龍過江」3

「肥龍過江」4

詳しい方には今更ですが、タイトルの「肥龍過江」はブルース・リーの「ドラゴンへの道」の原題「猛龍過江」をもじったものだったのですね。映画を観るまで気がつきませんでした。

映画はとても面白かったです!谷垣健治さんが監督なので、アクションシーンは文句なく楽しめ、お話も笑えるシーンが多く、おふざけ具合が「男の子の映画」という印象でした。台北の映画館でも、隣の席の台湾人の青年によく受けていました。会話の字幕部分が拾いきれなかったり意味がよくわからなかったところでも、隣の青年が笑っていて、「あー、今面白いところだったんだ!気になる!」ということもありました。

そして面白いだけでなく、しんみりするシーンもあり、アクション映画というだけでなく、仕事への向き合い方のお話でもあり、恋愛映画でもあり、なにしろ普段のドニーさん映画では観られない「コミカルなドニーさん」が観られます。

ドニーさんと谷垣さんの関係性があってこそ撮れた作品だと思います。「太っているドニーさん」はとてもチャーミングでした。太っているので、通常の時の「ちょっとナルシスト」な部分(そこはそこでドニーさんらしいのですが)が消えて、ただただ可愛いのです。これは新たなドニーさんの魅力の扉が開いた瞬間だと思いますので、是非是非谷垣さんに「肥龍過江」の続編を撮ってほしいです。

もちろん、「肥龍過江」が日本公開されますよう!
日本人キャストでは竹中直人、渡辺哲、葉山豪らが出演しています。


さて、今回は旧正月前の大晦日の1月24日(金)~28日(火)までの台北滞在だったのですが、普通のお店は旧正月前から(23日ごろから)ガチでお休みでした。

<旧正月の大晦日>
お昼ごろ台北に着いたのですが、街中は既にシャッターが降りているお店が多かったです。お昼ご飯はかろうじて開いていた點水楼で食事ができました。お店の入り口付近には年菜(日本でいうところのお節料理のようなもの)の箱が積み上げられていて、時々、予約していたお客さんが受け取りに来ていました。
モスバーガーは午後3時で終了、デパートも午後5時で終了などでした。コンビニは開いていましたが、通りのコンビニの数軒は閉まっていたようです。

夜は閉まっているお店が多く、通りが暗い感じでした。ホテル近くの開いているお店は予約客で満席で、結局日式ラーメン店でラーメンを食べました。お客さんは私たちだけだろうと思ったら、一人でくるお客さんや若いカップルもちらほらといました。仕事が忙しくて帰省できない人達かなあ、などと思いつつ食事をしました。

<旧正月元旦(初一)>
ホテルの近くのモスバーガーが朝10時から開いていたので食事、西門に行ってみたのですが、若者がいっぱいで普段通りの賑やかさでした。やはり地元の人に人気の小さな料理店は閉まってるところが多かったです。
デパートや誠品書店、映画館は営業していました。
西門紅楼は旧正月の元旦と二日(初一、初二)は午後2時から営業、と貼り紙が出ていました。
阿宗麺線は営業していました。
試しに永康街に行ってみたら、雑貨店は軒並みお休みでしたが、有名なかき氷店、一部食事をするお店は開いていました。鼎泰豊も営業していました。
この日の夜は、開いている店は少し増えましたが、やはり人気店は予約で一杯。無老鍋では、午後7時時点で「4時間待ち」と言われました(午前2時まで営業です)。この日もなんとか開いているお店で牛肉麺を食べましたが、さほど美味しくなかったです。

<旧正月2日目(初二)>
開いているお店が増えてきました。しかし、ガチで休んでいる店は旧正月前から、合計7日間~10日間お休みです。
夜は海鮮料理店が開いていたので、そこで魚や貝を選んで調理してもらいました。

<旧正月3日目(初三)>
さすがに3日目となると、通常モードに戻ってきた感があり、開いているお店が増えてきました。この日は帰国の日だったので、松山空港近くの開いていたお店で小籠包などを食べました。メニューには載っているのですが、「炒飯、麺類はできない」と言われました。調理担当の人がまだ休んでいるのでしょうか。


と、こんな感じでした。まとめると、
・地元に人気のお店は10日間くらい休業する。
・コンビニ、ファーストフード店、デパート、誠品書店、映画館は開いている。
・西門など、若者が集まる街は賑やか。
・ミセス向けの高そうな服飾店は大晦日も元旦も開いている(謎)。

ということで、やはり台湾には旧正月にはできるだけ観光に行かない方がいい、というのが結論でした。

あと、そんな中でも良かったことは、獅子舞を何度か見ることができたことでした。

旧正月の元旦、泊っているホテルのロビーで。

台湾の獅子舞1

新光三越の前で朝10時半ごろ。高い棒の上でジャンプして移動したりのパフォーマンスでした。

台湾の獅子舞2

台湾の獅子舞4


台湾の獅子舞3

こちらは最後、帰国前の台北松山空港で。

台湾の獅子舞5

台湾の獅子舞6

台湾の紅包

ここでは紅包とチョコをいただきました。後で中を開けてみてビックリ!ピカピカの1台湾ドルが入っていました!中は空か、シールか何かが入っていると思っていたので・・・。

他には、今回は中山駅近く新光三越の隣に新しい誠品生活のお店ができて、そこの中の神農生活に行くことができました。
台湾の食品や調味料に関心がある方にお勧めです。

神農生活

他には、印花楽などの迪化街にある雑貨のお店もいくつか入っていたので、迪化街まで行く時間がないときは駅近くで買い物ができて助かります。フードコートには夏樹甜品(豆花のお店)も入っていました。

西門では、初めて幸福堂のタピオカミルクティーを飲むことができました。冷たいミルクに、タピオカは熱々で入っていたので、これまでのタピオカミルクティーとは違う初めての感覚でした。

幸福堂のタピオカミルクティー

駆け足ですが、台北旅行のご報告まで。

category: 香港映画

tb: 0   cm: 0

△top

中国映画「薬の神じゃない!/我不是药神」が5月1日公開決定 

 

中国映画「薬の神じゃない!/我不是药神」が5月1日公開決定とのことです。

「薬の神じゃない!/我不是薬神」

「薬の神様じゃない!」

「薬の神様じゃない!」

登場人物は、それぞれに個性があって印象的なのですが、特に印象的だったのは、上記ポスターの彼、チャン・ユー章宇です。「象は静かに座っている」にも出演している1982年生まれの俳優さんですが、「薬の神じゃない!」ではなんと19歳の若者を演じています。

監督:ウェン・ムーイエ文牧野
出演:シュー・ジェン、タン・ジュオ、ワン・チュエンジュン、ジョウ・イーウェイ、チャン・ユー

2018年の東京中国映画週間で観てからずっと公開を心待ちにしていました!(映画週間時は「ニセ薬じゃない!」というタイトルでしたが、今回のタイトルは原題そのものですね)
東京・新宿武蔵野館ほか全国で順次公開です。

興行収入約500億円、実際の医療事件をもとにした中国映画「薬の神じゃない!」公開(映画ナタリー)
https://natalie.mu/eiga/news/365035

もう一つ、こちらはドキュメンタリー映画の公開情報、「馬三家からの手紙」です。

「馬三家からの手紙」
監督:レオン・リー
3月21日(土)より新宿K's cinemaにて公開

”映画上映付きシンポジウムのお知らせ”
【日程】2月15日(土)14:30~17:00 (14:00開場)
【会場】東京大学駒場キャンパス KOMCEE KO11(目黒区駒場3-8-1)
【登壇】レオン・リー/若林秀樹(国際協力NGOセンター事務局長)/水谷尚子(明治大学准教授)
【司会】阿古智子(東京大学准教授)
【通訳】鶴田ゆかり(ETAC国際ネットワーク)

入場無料、要申込(先着順、定員200名)

詳細はこちらのページより
https://www.masanjia.com/blank-1

「馬三家からの手紙」 公式サイト
https://www.masanjia.com/

<その他の情報>
・大阪アジアン映画祭 協賛企画「天使の涙」上映
 日時:2月18日(火)①午後1時30分②午後6時 
 会場:阪急うめだホール

 詳細は下記のページにて
 https://hankyu-cinema2002.peatix.com/

 ・「恋恋豆花」 舞台挨拶
 【日時】2/22(土) ①14:40回 上映後 ②16:50回 上映前
 【劇場】 新宿K's cinema
 【ゲスト】モトーラ世理奈さん 大島葉子さん 利重剛さん 
  椎名鯛造さん 真宮葉月さん 洸美-hiromi-さん(挿入歌)
  今関あきよし監督

 新宿K's cinema インフォメーションのページより
 http://www.ks-cinema.com/information/10486/

・1月30日(木)朝日朝刊「ひと」にアンソニー・ウォン

アンソニー・ウォン@朝日「ひと」

・1月31日(金)朝日夕刊にチベット映画「巡礼の約束」主演・プロデューサーのヨンジョンジャ

「巡礼の約束」@朝日夕刊

(クリックで拡大します)

<テレビ番組情報>
・2月18日(火)BS朝日 午後10:00~10:54 「迷宮グルメ 魅惑の駅前食堂」 フィリピン ほか

・2月25日(火)BS朝日 午後10:00~10:54 「迷宮グルメ 魅惑の駅前食堂」 タイ イタリア

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top