ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

インスタにて 

 

インスタにUPされたトニーさんの画像。

トニーさん@インスタ

ここのところ、よく外で飲んだり外食したりしているところを目撃されているトニーさん。
このお店、後ろの額に入った絵が着物の人物に見えるのだけど・・・和食のお店かしらん。
そろそろ「欧州攻略」の撮影始まらないの??


9月15日(木)~25日(日)に開催されるアジアフォーカス・福岡国際映画祭ラインナップ第一弾が発表になりました。

アジアの新作・話題作の中で、中華圏作品では、先日のショートショートフィルムフェスティバル&アジア2016でも上映された「セブンレターズ」(シンガポール、マレーシア)、「凱里ブルース」(中国)、「あの時に思いを」(香港)、「この街に心揺れて」(台湾)が上映される予定です。

「セブンレターズ」(2015 シンガポール、マレーシア)

「セブンレターズ」

監督:Eric Khoo, Boo Junfeng, Jack Neo, Kelvin Tong, K. Rajagopal, Tan Pin Pin, Royston Tan

「凱里ブルース/路邊野餐」(2015 中国)

「路邊野餐」

監督:畢贛Bi Ganu
出演: 陈永忠 、 谢理循 、余世学 、郭月 、 赵达清

「あの時に思いを/此情此刻」(2016 香港)

「あの時に思いを」

監督:黄国輝Wong Kwok Faiu
出演:ラム・ガートン、ダダ・チャン、关楚耀、潘灿良、孙耀威


「この街に心揺れて/愛情算不算」(2015 台湾)

「この街に心揺れて」

監督:林君陽Lin Chun Yang
出演:周幼婷 、 张翰 、陆弈静 、布鲁斯 、 谢琼暖

他に「ベトナム大特集 ベトナム進化系 〜ベトナム映画に何が起こっているのか?」「ドキュメンタリー映画特集 アジア・リミックス」等が開催されます。
その他の作品は8月12日(金)の「作品情報発表第二弾」で公開します、とのことです。

「セブンレターズ」はショートショートフィルムフェスティバル&アジア2016で上映されたけど、日程が合わず観られなくて、中国インディペンデント映画祭で上映された「凱里ブルース」もその時期体調がすぐれず、観に行けなかったのです・・・。
ラム・ガートン主演の「あの時に思いを」に至っては、なんと香港での公開は9月15日と、と香港とほぼ同じ時期に日本で観られることになります。
まだ発表されていない上映作品も気になりますが、既に発表されている作品だけでも十分観に行きたいです~。


アジアフォーカス・福岡国際映画祭 上映作品のページ
http://www.focus-on-asia.com/lineup/

スポンサーサイト

category: トニー・レオン

tb: 0   cm: 2

△top

フェリックス・チョン監督、イー・トンシン監督と 

 

7月27日(木)の深夜、微博にUPされた画像。
一番右の方はどなたか存じ上げませんが、トニーさんの左はフェリックス・チョン監督、右はイー・トンシン監督の模様。

トニーさん&フェリックス・チョン&イー・トンシン

トニーさんもだけど、監督らもお元気そうで嬉しいです。


ところで、今日チャン・イーモウ監督の「長城」の予告編が発表になりましたね。
「長城」」にクリーチャーが現れ、人間との戦いになるという映画らしいです。(なんだかちょっと「レッドクリフ」入っていますね)




出演はマット・デイモン、ウィレム・デフォー、ペドロ・パスカル、ジン・ティエン、アンディ・ラウ、「追捕」のチャン・ハンユー、ルハン、エディ・ポン、林更新、郑恺、黄轩、陈学冬、王俊凯、余心恬、刘冰、李亨など。

マット・デイモン@「長城」


アンディ・ラウ@「長城」



《長城》預告 麥迪文化身好漢抗怪獸 予告はこちらのページでも観られます。
http://hk.on.cc/hk/bkn/cnt/entertainment/20160729/bkn-20160729111409670-0729_00862_001.html

"长城"定档12.16 中文预告发布鲜肉大咖杀巨兽
http://ent.163.com/16/0728/23/BT3L8MHO000300B1.html


万里の長城はモンスター対策?マット・デイモン新作のトンデモ感が半端ない(シネマトゥディ)
http://www.cinematoday.jp/page/N0084910


<その他の情報>
【映画】台湾特選ドキュメンタリー上映会-カリスマに聞く独立運動、タイヤル族の家族の生活、苦悩の酒造り。台湾を深く知る貴重な3本。
8月26日(金) 18:30開場/19:00開映
『史明・革命進行式』(2015年/127分)

8月27日(土) 13:30開場/14:00開映
『テラキスの帰郷』(2013年/72分)

8月27日(土)16:00開場/16:30開映
『戦酒』(2013年/80分)

会場: 台北駐日経済文化代表処 台湾文化センター
参加はメールによる申し込みによる予約制 各回定員100名
宛先のメールアドレスなど詳細はこちらのページにて
http://jp.taiwan.culture.tw/information_34_51505.html


張嘉佳の心臓手術はどうだったのでしょうか・・・中華サイトには何もニュースが出てないということは、深刻な状況ではないと思いたいのですが・・・ご本人の微博も更新は今のところありません。

category: トニー・レオン

tb: 0   cm: 2

△top

8月の予定 

 

レスリーファンの方より情報を頂きました。 山口県での上映です。お近くの方はどうぞお出かけください。

《Project L主催 自主上映会 第10弾》
【作品】『楽園の瑕 終極版』    (出演:レスリー・チャン/トニー・レオン/ マギー・チャン、他 豪華香港明星)
【日時】2016年8月7日(日) 10:30~/14:00~
【場所】シネマ・ヌーヴェル(山口県周南市)
【料金】前売券1,100円/当日券1,500円
http://projectleslie.web.fc2.com/


尚、下記の8月の予定にも書いていますが、8月27日(土)より、下北沢トリウッドにて「あの頃、君を追いかけた」が上映されます。


あと、心配なニュースが一件。
「摆渡人」の監督を務めた張嘉佳が本日再度心臓発作を起こして病院に搬送され、明日心臓の手術を受けるのだそうです・・・。容態を含め心配です。記事によりますと、張嘉佳は2014年にも突発的な心臓病で入院していたようです。
病院に担架で運ばれた様子を自ら微博にUPしているところをみると、多少は落ち着いている状況なのでしょうか・・・。
「心臓の手術はとても怖い」と言いつつ、「もし明日の手術が成功したら、自分の書籍にサインしたセットを3名様抽選でプレゼント」などと書いて不安な気持ちを紛らわせているようです。
それに対して微博を見た読者は心穏やかにはいられず、「サインなんか重要じゃない。命の方が重要。生きて戻ってきて。」「早く回復してまた沢山本を執筆して。私は貴方の本は自分で買います」とのメッセージを寄せています。

まだ「摆渡人」の編集はこれからだと思うのですが、この作品はそもそも撮影開始が遅れたり、追加撮影があったりと、本当に完成まで一筋縄では行かないですね。

張嘉佳@担架

http://ent.sina.com.cn/s/m/2016-07-27/doc-ifxuhukv7671245.shtml

以下、8月の予定、自分用覚書。

<映画上映>
8月6日(土)「秘密 THE TOP SECRET」公開
http://himitsu-movie.jp/

8月6日(土)「モンスター・ハント」「西遊記 孫悟空VS白骨夫人」「ドラゴン・クロニクル 妖魔塔の伝説」@シネマート新宿
http://www.cinemart.co.jp/theater/shinjuku/lineup/20160605_13544.html
http://www.cinemart.co.jp/theater/shinjuku/lineup/20160605_13545.html
http://www.cinemart.co.jp/theater/shinjuku/lineup/20160605_13543.html

8月6日(土)台湾映画の新しい潮流を感じよう!〜上映会&トークショー〜第5回は8月6日に『KANO 1931海の向こうの甲子園』
会場:台北駐日経済文化代表処台湾文化センター 申し込み終了

8月6日土)~8月12日(金)「冬冬の夏休み」「恋恋風塵」上映@キネカ大森
http://www.ttcg.jp/cineka_omori/

8 月17日(水)~19 日(金)追悼上映「ありがとう、キアロスタミ!」@ユーロスペース
http://www.cinematopics.com/cinema/news/output.php?news_seq=32192

8月20日(土)「健さん」公開@新宿K’s cinema
http://respect-film.co.jp/kensan/
ジョン・ウー監督インタビューシーンあり

8月20日(土)「芙蓉鎮」上映@現代中国映画上映会 文京シビックホール
http://www.gentyuei.com/

8月20日(土)~8月26日(金)よこはま若葉町多文化映画祭2016@シネマ ジャック&ベティ
http://www.jackandbetty.net/cinema/detail/1069/

8月27日(土)「あの頃、君を追いかけた」@下北沢トリウッドにて上映
http://homepage1.nifty.com/tollywood/index.html

8月27日(土)「あの場所で君を待ってる」@シネマート新宿
http://anobasyo.com/

8月26日(金)・8月27日(土)【映画】台湾特選ドキュメンタリー上映会-カリスマに聞く独立運動、タイヤル族の家族の生活、苦悩の酒造り。台湾を深く知る貴重な3本。 @台湾文化センター
事前申し込みによる予約制
http://jp.taiwan.culture.tw/information_34_51505.html

8月27日(土)~9月2日(金)「風櫃の少年」「冬冬の夏休み」上映@早稲田松竹
http://www.wasedashochiku.co.jp/



<テレビ放送>
8月2日(火) BS朝日 午後7:00~8:54 「没後20年 不滅の歌声 テレサ・テンのすべて」

8月3日(水)NHKBS1 午後10:00~10:50 「国際報道2016」
 香港出版業界に迫る中国の影… ほか

8月7日(日) NHKBSプレミアム 午前6:00~6:28 「桃源紀行7つのしあわせ 第7シリーズ」 中国・成都

8月7日(日)日本テレビ 午後3:00~4:30 「世界の年収400マン 癒しのベトナム&世界遺産の宝庫ハンガリー」

8月10日(水)NHKBSプレミアム 午後10:00~11:00 「2度目のシンガポール」

8月13日(土)テレビ朝日 午前8:00~9:30 「朝だ!生です旅サラダ」 タイ アユタヤ

8月13日(土) TBS 午後9:00~9:54 「世界ふしぎ発見!」 小さな箱の小さな宇宙 駅弁の世界

8月13日(土)BS朝日 午後9:00~10:59 「ラッシュアワー3」

8月14日(日) 日本テレビ 午前7:30~9:55 「シューイチ」 激安台湾日帰り女子旅 一人5000円で大満喫のグルメ&買い物
 ほか

8月15日(月) BSフジ 午後0:00~1:57 戦後71年特別番組『魂のハーモニー 岩代太郎&矢井田瞳』

8月16日(火)日本テレビ 午後9:00~11:00 「幸せ!ボンビーガール 劇団ひとりinベトナム2時間SP」

8月16日(火) BS11 午後11:00~0:00 「世界遺産~巨大建造物ガイド~」 #4 万里の長城 マチュ・ピチュ

8月18日(木)NHKBSプレミアム 午後9:00~10:00 「中井精也のてつたびスペシャル」
 ゆる鉄、台湾をゆく

8月21日(日) NHKBSプレミアム 午前6:00~午前6:27 「桃源紀行7つのしあわせ」 第7シリーズ 中国・旅順

8月21日(日) BS-TBS  午前11:00~11:54 「世界一周魅惑の鉄道紀行」 素顔のベトナム!おいしい料理と素敵な笑顔

8月24日(水)NHK総合 午後7:30~8:15 「ガッテン!」 かき氷!魅惑のふわふわ大作戦

8月27日(土) フジテレビ 午前 8:30~9:55 「にじいろジーン」
 ジーンちゃんがキキコミ!世界ピカイチ☆ツアー  タイ バンコク

8月27日(土) TOKYO MX1  午後2:30~3:00 「熱烈!ホットサンド!」  台北開運ツアー(1)

8月27日(土)BS日テレ 午後6:00~6:54 「世界水紀行 セレクション」 懐かしの島 台湾 美食の都 台北から坂の町 九フンへ

8月29日(月) テレビ朝日 午後0:00~0:30 「徹子の部屋」 ディーン・フジオカ


※WOWOWシネマにて、8月4日「ドラゴン・キングダム」、6日「黒衣の刺客」「ラッシュアワー」「ラッシュアワー2」、9日「妻への家路」、23日「リベンジ・オブ・ザ・グリーン・ドラゴン」


※8月27日情報を更新しました。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

雲吞麺世家にて 

 

雲吞麺世家にて、偶然会った女性がトニーさんとのツーショットを微博にUP。(7月24日にUPされたもののようです)

トニーさん@雲吞麺世家


雲吞麺世家って「麥奀雲吞麵世家」(香港中環威靈頓街77號)かな?
追記(※銅鑼灣渣甸街44號地下 の可能性もあり)
今度香港に行ったら食べにいってみよう。

category: トニー・レオン

tb: 0   cm: 6

△top

「長江図」観ました 

 

7月23日(土)SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2016にて「長江図」を観ました。

「長江図」

ベルリン映画祭にて芸術貢献賞を受賞しただけあって、リー・ピンビン撮影監督ならではの美しい映像にまずため息が出ました。
茶色い水が広がる長江と、霧に姿を霞ませながら、身体のあちこちに錆をつけたままゆったりと進む船、船、船の影。
そして主人公はというと、急死した父親に代わり船の船長を継いだものの、詩人になる夢を捨てきれず、船の中の寝床には沢山の本を抱え込んでいるというダメ人間(笑)。

こういう屈託を抱えた人物を演じるにはチン・ハオはうってつけの俳優ね、と思い観ていると、映画は思いもかけず、難解な世界に観る人を突き落すのでした。

最初私が違和感を覚えたのは、主人公のチン・ハオが分厚いセーターを着ているのに、彼が双眼鏡で見た他の船に乗っている女性が何故か薄着なところ。
そう、映画で登場する女性たちはチン・ハオの過去に付き合った女性の幻、もしくは空想の実在しない女性のようなのである。他にも手首を切って血を流していた男性が、後のシーンではちゃんと生きていたりと、果たしてこれはどういうことだろうと思うシーンがいくつもあるのです。

そして映画のナレーションは最初から最後まで「彼は」「彼女は」と、常に三人称で語られるのも、観客を陥れる何かの罠(笑)と思えるのでした。

いやー、観て良かったです!映像だけでも美しいので、これがドキュメンタリータッチに、時系列に主人公の行動を追っていく映画だったとしても充分楽しめたと思うのに、こういう心理の迷宮に突き落とされるとは。
観る人の解釈やその時々の視点によっても印象が変わってくると思えますので、何度も楽しめる不思議なお話でした。
これ、一回きりの上映ではもったいないので、是非とも他の映画祭などでも上映してほしいです。


ところで、映画祭のQ&Aでは「I PHONE YOU」のタン・ダン監督と、「長江図」のワン・ユー・プロデューサーが登場したのですが、ワン・ユー・プロデューサーが普通話を話し、それをタン・ダン監督が英語に訳し通訳の人に伝え、通訳が日本語に訳するという、気の遠くなるようなじれったい進行した。(普通話→英語→日本語)
「I PHONE YOU」のタン・ダン監督は、「長江図」のヤン・チャオ監督ともお話したことがあるそうで、彼のお話を直接彼女が代弁する場面もあったのですが、それにしても、初めから普通話の通訳の人を呼んでいれば、監督やプロデューサーにも不便をかけないで済んだのに・・・。
ワン・ユー・プロデューサーが「すみません、私が中国語しか話せないのでご迷惑おかけします」と仰っていましたが、いやいや、そういう問題じゃないですから!

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭の実行委員の方々、来年からは普通話の通訳の人を呼んでください、よろしくお願いします。


<その他の情報>
台湾嘉義にある「KANO故事館」、今月末で閉館とのこと。家賃高騰のため。
http://japan.cna.com.tw/news/asoc/201607230005.aspx

わーん、「KANO故事館」、まだ行けていないのに閉館とは・・・。


<テレビ番組情報>
7月30日(土) BS11 午後8:00~10:00 「あのスターにもう一度逢いたい  テレサ・テンが生きた証」

category: 映画

tb: 0   cm: 0

△top

和食のお店?にて 

 

日本の障子のような・・・これは和食のお店?かな?床も畳っぽいです。

トニーさん&ご友人ら@和食のお店?

トニーさんのご友人の微博に昨夜UPされた画像です。お友達とワイワイ楽しそう。エリックとっつあんの姿もあります。
和食のお店は多い香港だけど、靴を脱いで畳の部屋で・・・って本格的ですね。

<今日の情報>
第9回したまちコメディ映画祭in台東にてジョン・ウー監督の娘、アンジェルス・ウー監督作品「Nut's」(2016 アメリカ)が招待作品として上映されます。

第9回したまちコメディ映画祭in台東 短編コンペティション したまちコメディ大賞2016のページ
http://www.shitacome.jp/2016/program/program_compe.html


<テレビ番組情報>
7月24日(日)7月31日 フジテレビ 午前7:00~7:30 「ボクらの時代」 (7月31日放送でした、失礼しました!)
 生田斗真×岡田将生×松坂桃李

 ボクらの時代 フジテレビ
http://www.fujitv.co.jp/jidai/

タイミング的に「秘密 THE TOP SECRET」の話題が出るかな?

category: トニー・レオン

tb: 0   cm: 4

△top

チャン・チェン ハイネケンCM 

 

チャン・チェンがハイネケンのCMに登場です!




チャン・チェン@ハイネケン

以前の「手」のストイックな雰囲気のCMも良かったですが、こういう軽妙なタッチも良いですね。


ところで、7月21日本日はトニーさんとカリーナの結婚8周年記念日だったのですね。
イベントでのカリーナのコメント
刘嘉玲送梁朝伟古董贺结婚周年 称享受拍真人秀
http://ent.163.com/16/0721/17/BSH1FQN700031H2L.html
結婚記念日の今日は仕事なので、前もってトニーとお祝いをした、食事をしながら贈り物を交換した。カリーナはトニーへは骨董を贈ったそうです。(カリーナとトニーとのようなロマンチックなお話がある骨董だそうです)
トニーからカリーナへの贈り物については「秘密」とのこと。


【恐襲陰霾下...】偉仔將去歐洲拍戲 劉嘉玲:冇得驚要發生就發生
http://hk.apple.nextmedia.com/enews/realtime/20160721/55389357
こちらは同じイベントでのコメントですが、トニーさんがもうすぐ「欧州攻略」の撮影に行くことについて、記者にあちこちでテロが起こっているので、危険ではないかと尋ねられています。
カリーナはどこにいても事故や事件は発生する時は発生する、台湾でもバスが炎上したし、と言いつつも、「割りと心配している」とな不安な気持ちも覗かせました。しかし、今回は自分の仕事があるので欧州の撮影現場を訪ねることはないそうです。


<その他の情報>
インド映画「チャーリー」10月1日(土)キネカ大森にて公開
「チャーリー」 公式サイト
http://charlie-japan.com/


<テレビ番組情報>
7月26日 (火)NHKBSプレミアム 午後3:10~3:25 「世界ふれあい街歩き ちょっとお散歩」 ハルビン~中国~


今日大きな病院にて心臓のエコーや血液検査などしていきましたが、一週間前の、近所のかかりつけ病院での血液検査よりも数値は下がっていて、心筋梗塞を示すような数値も出ていないのでしばらく様子を見ましょう、ということになり、胸の圧迫感も以降は起きていないので、とりあえず心臓関係は一安心です。
あとは夏風邪のみ、こちらはまだ引きずっていますが、徐々に回復することでしょう。

毎年子宮癌検診、乳癌検診は受診しているのですが、通常の健康診断(血液検査等)も年に一回はしないといけないですね。

category: 中華NEWS

tb: 0   cm: 0

△top

生日快樂!王家衛監督! 

 

7月17日はウォン・カーウァイ王家衛監督のお誕生日です。おめでとうございます!

生日快樂!王家衛監督1

生日快樂!王家衛監督2

この中にトニーさんはいないよね・・・・?トニーさん、どこで何をしているのかな?

58歳のお誕生日おめでとうございます!ますます精力的にお仕事をされている監督、くれぐれもお体に気をつけてください。


<今日の情報>
「秘密 THE TOP SECRET」初日舞台挨拶 のチケット情報
上映前舞台挨拶 登壇(予定):生田斗真/岡田将生/松坂桃李/栗山千明/織田梨沙/大森南朋/大友啓史監督

公演日:8月6日(土) 13:20 開演
会場:丸の内ピカデリー
特別抽選受付中:7月19日(火)23:59まで
一般発売:7月23日(土)午前10:00より

チケットぴあ  「秘密 THE TOP SECRET」初日舞台挨拶 のチケット情報のページ
http://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventBundleCd=b1628343


私事ですが、三連休は夏風邪をひいてダウンしています。
他には、胸に圧迫感があり、近所のかかりつけ医で血液検査をしたところ、ナンタラという数値が上がっているのと、5年前にたこつぼ型心筋症を患っていることもあるので、大きな病院で心臓のエコーを撮ったりの検査した方がいいでしょうとのこと。
今の時期仕事は休めないし、エアコンが故障して新しいのが届く日もあるしで、いつ検査にいくか思案中です。

皆さまもお体にお気をつけください。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 2

△top

あいち国際女性映画祭2016ラインナップ、上映スケジュール発表 

 

9月7日(水)~11日(日)に開催される「あいち国際女性映画祭2016」のラインナップ、上映スケジュールが発表になりました。
台湾映画「念念」が上映されます。

「念念」

「念念」

監督:シルビア・チャン
出演:イザベラ・リョン、ジョセフ・チャン、クー・ユールン、アンジェリカ・リー
上映日:9月7日(水)18:00~
東京では昨年フィルメックスで上映された作品です。

他には大阪アジアン映画祭で上映された
「わたし、ニューヨーク育ち」(マレーシア)
「香港はもう明日」(香港・アメリカ)
「ベトナムの怪しい彼女」(ベトナム)
「アニタのラスト・チャチャ」(フィリピン 第9回大阪アジアン映画祭にてスペシャル・メンション受賞)ほかが上映予定です。

あいち国際女性映画祭2016 公式サイト
http://www.aiwff.com/2016/


<その他の情報>
ドリパスにて「2046」がお陰様で先日上映候補になりました!
上映企画が発表になりましたら、改めて拙ブログにてお知らせします。
(とは言え、上映候補になっても上映がなかなかできない場合もあるらしく、香港映画「スリ」はかなり前に上映候補になったものの、まだ上映ができていません・・・気長に待ちましょう)

できましたら、30位台をうろうろしている「SPL」も応援してください。

ドリパス
https://www.dreampass.jp/


<テレビ番組情報>
・7月17日(日) NHKBSプレミアム 午前6:00~6:30 「桃源紀行」 “美しい村”の物語「ダーチャン村」(中国・山西省)(再放送)

・7月18日(月) テレビ東京 午後10:00~10:54  「未来世紀ジパング」 【中国 本物vsニセモノ】
 上海ディズニーランドがオープンした中国。17年越しの悲願達成で沸騰する一方、従来からある、あの問題との攻防も激しさを増している。“ニセモノ”だ。番組では、新たにニセモノデパートがオープンするとの情報をキャッチし、その現場に向かった。 さらにひどい状況になっているのが、ネット通販の世界。しかしそこにあえて日本の“本物”で挑み、急速に支持を広げる企業があった。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

ドキュメンタリー・ドリーム・ショー ―山形in東京2016、9月に開催 

 

「ドキュメンタリー・ドリーム・ショー ―山形in東京2016」が9月17日(土)~10月7日(金)まで新宿K's cinemaにて開催されます。

ドキュメンタリー・ドリーム・ショー ―山形in東京2016

公式サイト
http://cinematrix.jp/dds2016/

隔年で開催される山形国際ドキュメンタリー映画祭、その翌年に東京でドキュメンタリー・ドリーム・ショー ―山形in東京が開催されています。
ドキュメンタリー・ドリーム・ショー ―山形in東京2016で上映される中華圏映画は、以下のとおりです。

<インターナショナル・コンペティション>
「河北台北」(台湾)
「青年★趙」(中国、フランス、アメリカ)

<アジア・千波万波>
「見つめる」(中国)
「テラキスの帰郷」(台湾)
「革命まで」(香港)
「太陽花占拠」(台湾)

<審査員作品>
「天津の一日」(予定)(中国)

<台湾プログラム>
「あの頃、この時」(台湾)
「これぞ人生、これぞパンツァーの民」(台湾)
「酒祭の男たち」(台湾)


今年の大阪アジアン映画祭で上映された、金馬奨50周年を記念して製作された「あの頃、この時」の上映があります。金馬奨の50年の歴史を振り返りつつ、これまで観てきた作品の時代背景などを知ることができます。まだそれほど台湾映画をご覧になってない方は、これからの作品鑑賞の一助になると思います。
私はこの映画を観てから改めて「恋恋風塵」を観た時、「恋恋風塵」の中で野外上映されていた映画が「あひるを飼う家」だということに気づきました。

香港映画の「革命まで」は2014年の香港の雨傘革命のドキュメンタリー、台湾映画の「太陽花占拠」は2014年の学生の台湾立法院議場占拠のドキュメンタリーです。昨年この二本を観たくて山形まで行こうかと思いましたが、翌年東京で上映されることを期待して、山形まで行くのは断念しました。待っていて良かったです!


7月7日(木)、18:30から上映された「少年バビロン」@中国現代映画特集2016を観てきました。

中国現代映画特集2016

「山河ノスタルジア」でチャオ・タオの成長した青年息子役を演じたドン・ズージェンが主演の青春映画。昨年の東京国際映画祭で上映された作品です。
1990年代の中国のとある地方の工場で働く青年、毎日の単調な仕事も、一癖も二癖もある先輩のアドバイスによりさぼり方や仕事の中での楽しみを覚え、工場に常駐する色気のある女医に恋をしてからは、毎日がキラキラとした日々になります。

その一癖も二癖もある仕事の先輩である中年のおじさん(あだ名は「牛魔王」)を演じていたのは中国俳優の尚鉄龍は、「グランドマスター」で宮家に忠実に仕える、肩に猿を乗せたおじさんでした。この俳優さん、東京中国映画週間2014で上映された「黄河に唄うアリア」にも出演しているのを観ています。

「いつかはなんとかなるだろう」という若者ならでは明るさを持つ主人公、コメディタッチで描かれつつも、上にこびへつらいゴマをする上司や、それに反発してしまい、きつい三交代の仕事に異動させられるなど、工場で働く人たちの悲哀を感じさせずにはいられない作品です。
卑劣な人間の工作により大けがをして何の保障もなく工場を辞めさせられた同僚を目にして、楽天的だった主人公もついには工場を辞めてしまいます。
恋、友情、挫折。社会に出た若者の、これは一種の通過儀礼を描いた作品なのかもしれません。

「少年バビロン」の上映前に飯田橋の神楽座の向かい側すぐのところに台湾の春水堂があったので、そこで夕食を取りました。

鶏肉飯とタピオカミルクティ-@春水堂 飯田橋サクラテラス店

鶏肉飯とタピオカミルクティー

麺を注文するお客さんが多いのか、「ご飯でいいですか?」と確認されてしまいました。GWに台湾に行った時、今回は鶏肉飯を食べなかったので食べたくなったのです。
春水堂、飯田橋サクラテラス店以外にはルミネ新宿1、代官山、六本木、表参道にもあるそうなので次回行けるのは新宿かなー。
豆花も食べたいです!

春水堂 サイト
http://www.chunshuitang.jp/

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 2

△top

「台北お手軽バス旅ガイド」 

 

「お得&ディープに楽しむ2度目の台湾 台北お手軽バス旅ガイド」(メディアパル)

「台北お手軽バス旅ガイド」

旅先で一番難易度が高い乗り物ってバスだと思います。
そもそも日本国内ですら、その土地土地で、先払いか後払いかとか、前から乗るのか後ろから乗るのか、で混乱するのに海外ともなれば尚更としり込みしがちだけど、本の中の行先を眺めてみていると、頑張って乗ってみようと思うから不思議なものです。
支払いは悠游カードが使えるみたいなので、とりあえず小銭の心配はしなくて良いというのが嬉しい。

まず、ローカルな夜市とか陽明山に行ってみたい。



7月7日(木)本日は「中国現代映画特集 2016」の「少年バビロン」を観てきました。
 (「3Dシネマ 京劇~覇王別姫~」と「心迷宮」も申し込んだのですが、これしか当選メールが来なかったので、他は外れたようです)
感想をちょこっと書きたいけど、眠いのでまた改めて。
今日は街中が香港みたいに暑かったです・・・。

category: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

△top

友人らと・2 

 

7月4日(火)夜、トニーさんのご友人の微博にUPされた画像です。

トニーさん&ご友人

まだ次回作の撮影が始まらないのか、ご友人と楽しく過ごされている模様です。
いっそ、暑い夏が過ぎてからの撮影になればいいのに・・・なんて内心思っていたりして。


本日7月5日(火)岩波ホールにてカンボジア映画「シアター・プノンペン」を観てきました。

「シアター・プノンペン」

映画のお話は、とある女子大生が夜ナンパのバイクから逃れるために入った廃墟のような映画館で、美しい映画が上映されているのを観ることから始まります。映画で主演している女優が若い頃の母の姿だと気づき、映画の最後の部分がない為、最後のリール(映画の原題は「最後のリール」です)を製作し、心を病んでいる母に観せて元気づけようというのが彼女の映画製作の動機となるのでした。

過去のクメール・ルージュ(ポル・ポト派)の虐殺を下敷きにしているものの、映画には悲惨なシーンは一切登場しません。
しかし人々の口から語られる話が伏線となり、映画のラストで、粛清された当時の俳優らのブロマイドがいくつも映し出された時は、胸にこみ上げてくるものを抑えることができませんでした。

映画の中では被害者であった者が実は加害者であった、という事実が判明し、現在の複雑なカンボジアの社会を垣間見たような気がしました。
映画の中で「判明した真実が自分の意に沿わないものでも、自分で新しい結末を作り出せばいい。これはあなたの映画なのだから」という台詞は、監督の、カンボジアの若者への、虐殺の歴史は消せなくても未来は新しく作り出せるというメッセージだと感じられました。

「シアター・プノンペン」は2014年の東京国際映画祭で「遺されたフィルム」という邦題で上映されました。


本日イランのアッバス・キアロスタミ監督が亡くなられたとのニュースが入ってきました。
初めて観た監督の「友だちのうちはどこ?」は衝撃的でした。文化や習慣や話す言葉が違っても、人間の心に生まれる感情の美しさは同じということを感じた映画でした。
「風が吹くまま」は映画の最初から最後まで、主人公の顔が一回も映らないという演出に驚きました。
最近の、「トスカーナの贋作」も良かったし、日本で撮影した「ライク・サムワン・イン・ラブ」では、監督は日本人ではないのに、何故日本人の孤独がわかるのだろうと不思議でした。
76歳とのことで、まだまだ映画製作の予定もあったのではないかと思われ、残念です。惜しい方をなくしました。
心からご冥福をお祈りします。

イランの名匠アッバス・キアロスタミ監督、死去 日本でも撮影(シネマトゥディ)
http://www.cinematoday.jp/page/N0084306

category: トニー・レオン

tb: 0   cm: 4

△top

「台湾の魅力発見!台湾フェスタ_2016」7/30、7/31開催 

 

7月30、31日に代々木公園野外音楽堂広場にて 「台湾の魅力発見!台湾フェスタ_2016」が開催されます。

台湾フェスタ2016

■ 開催概要
 名称 :「台湾の魅力発見!台湾フェスタ_2016」NEXT_TAIWAN
 日程 :2016 年7 月30 日(土)・31 日(日) 開場10:00 終演20:00 予定
※雨天決行
 会場 :代々木公園野外音楽堂広場 (東京都渋谷区神南2 代々木公園B 地区)
 公式サイト
 http://twfes.com/

<その他の情報>
・8月12、13日の両日、大阪市中央公会堂で「私と私の台南 — ようこそ、本当の台湾へ」が開催されます。
 ゲスト:一青妙さん、渡邊義孝さん、ヤマサキタツヤ・ハナコ兄妹、柳沢小実さん

 http://www.taipeinavi.com/special/5060456

・クリス・フジワラの「映画表現論」 現代映画とはなにか?シネマ/イリュージョン/信仰 東南アジア南アジアからの三本の映画
 7月30日(土)・8月20日(土)・9月10日(土)
 会場:アテネ・フランセ文化センター

 8月20日(土)は「アイス・ポイズン/冰毒」(台湾・ミャンマー)が上映されます。

 http://www.athenee.net/culturalcenter/program/cf/cf2016070809.html


<テレビ番組情報>
・7月9日(土) TBS 午前8:00~9:25 「サタデープラス」
 渡辺直美が故郷台湾に里帰り密着 ほか

・7月10日(日)NHKBSプレミアム 午前6:00~6:30  「桃源紀行 君住む街で」 済南(中国・山東省) (再放送)

・7月10日(日)  NHKBS1 午後10:00~10:50 「ドキュメンタリーWAVE選」
 攻防 市民vs汚染企業~中国・新たに始まった環境裁判

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

朝日夕刊に「シアター・プノンペン」記事 

 

7月1日(金)朝日夕刊にカンボジア映画「シアター・プノンペン」の紹介記事が載っていました。

「シアター・プノンペン」@朝日夕刊


<その他の情報>
7月28日(木)~31日(日)五日市会館にて開催される第32回あきる野映画祭で「妻への家路」が上映されます。

「妻への家路」は7月28日(木)19:20~上映

あきる野映画祭 公式サイト 
http://www43.tok2.com/home/akirunofilmfestival/index.html

<テレビ番組情報>
・7月2日(土)TBS 午後5:30~6:50 「報道特集」 危機にさらされる香港の自由・医師が問う医療ミスの現実
 去年10月以降、中国共産党に批判的な本を販売した香港の書店関係者5人が失踪し、中国当局に拘束されていた事件に迫る。香港の言論の自由、一国二制度は守られるのか? ほか

・7月7日(木) NHKBS1 午後5:00~5:50  「発掘アジアドキュメンタリー」 赤い箱~台湾 人形師の魂~
 台湾を代表する伝統芸能の一つ、人形芝居「布袋劇」。その名手として知られ、台湾の「人間国宝」ともなった陳錫煌氏の活動を克明に追うヒューマンドキュメンタリー。

・7月8日(金) 日本テレビ 午後11:00~11:30  「アナザースカイ」 野村周平 台湾
 若手人気俳優の野村周平が台湾へ。堪能な中国語で台湾を駆ける!夜市で屋台料理を堪能。BMXで華麗なテクニック披露!台湾ドラマ撮影現場を見学。海外進出への想いを語る。

・7月8日(金) BS11 午後11:30~0:00 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』(新番組) 第一話「雨傘の義理」
 “虚淵玄(ニトロプラス)"原案・脚本・総監修、台湾布袋劇の老舗“霹靂社"制作による完全新作の日台合同映像企画、武侠ファンタジー人形劇が今ここに開演!
 
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』 公式サイト
 http://www.thunderboltfantasy.com/

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

「三城記」7/19 DVDストレートで発売 

 

昨日、ツイッター情報より。
ラウ・チンワン、タン・ウェイ主演の「三城記」が一般公開なくDVDストレートで7月19日(火)発売です。

「三城記」

監督:メイベル・チェン
出演:ラウ・チンワン、タン・ウェイ、秦海璐、井柏然

金像奨で多部門ノミネートされていたので気になっていたのですが、ストーリーは全然知りませんでした。ジャッキー・チェンの両親を描いた映画だったのですね。

http://deagostini.jp/jcd/backnumber.php?issue=63&server=01


同じくDVDストレートされるのはこちら、「弾丸と共に去りぬー暗黒街の逃亡者ー/一步之遥」 7月6日発売

「「弾丸と共に去りぬ」

監督:チアン・ウェン
出演:チアン・ウェン、スーチー、グォ・ヨウ、周韵、文章

スクリーンで観られないのが残念です。
パッケージはこっちの方がロマンチックで尚且つゴージャスな感じで良かったのになぁ。

「一步之遥」


<その他の情報>
・《新宿ピカデリー8周年記念 ブルース・リー特集上映》
 7/04(月) 「ドラゴン危機一発 日本初公開復元版英語音声版」
 7/05(火) 「ドラゴンへの道 オリジナル英語音声版」
 7/06(水) 「燃えよドラゴン ディレクターズ・カット版 日本語字幕版」
 7/07(木) 「死亡遊戯 日本初公開版(英語音声)」
 19:00より1回上映。
 
 新宿ピカデリー サイト
 http://www.smt-cinema.com/site/shinjuku/

・『世界から猫が消えたなら』に続く川村元気の小説第2作『億男』がアジア最高峰のスタッフにより中国で映画化決定!
 
 「黒衣の刺客」「薄氷の殺人」の中国プロデューサー・ワン・ジャンが担当、2017年撮影開始、2017年10月後半に公開予定とのこと。
 「億男」、読んでみなくちゃ。

 http://www.cinematopics.com/cinema/news/output.php?news_seq=31487

<テレビ番組情報>
・7月10日(日)BSフジ 午後0:00~2:30 「墨攻」

・7月10日(日)NHKBSプレミアム 深夜0:20~4:20 「プレミアムシアター」
 中国大陸に文化大革命が起きてから半世紀、苦難を乗り越えて世界中で話題を集める中国・上海生まれのピアニスト、シュ・シャオメイ。内モンゴルの労働キャンプでの生活を強いられた苦難の時代を支えた音楽こそ、バッハだった。彼女の珠玉のバッハ作品を送る。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top