ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

5月の予定 

 

今日4月29日(金)から、5月5日(木)まで台北に行ってきます。
その間、ブログの更新はないと思います。(トニーさん関連の新情報があったらメモ書き程度に更新するかもしれません)
皆さまの連休が穏やかなものでありますように。


5月の予定、自分用覚書。

<映画上映>
5月14日(土)「すれ違いのダイアリーズ」公開@シネスイッチ銀座、新宿シネマカリテほか全国順次公開
http://moviola.jp/diaries2016/

5月14日(土)~5月20日(金)@キネカ大森
「ブンミおじさんの森」「世紀の光」二本立て上映
http://www.ttcg.jp/cineka_omori/

5月15日(日)「台湾映画の新しい潮流を感じよう!」上映会&トークショー第3回作品:『あの頃、君を追いかけた』@台湾文化センター 満員のため〆切
http://jp.taiwan.culture.tw/information_34_46319.html

5月21日(土)~6月3日(金)2週間限定上映「恋恋風塵」「トントンの夏休み」@ユーロスペース
http://www.eurospace.co.jp/

5月21日(土)「花の生涯~梅蘭芳~」上映@現代中国映画上映会
http://www.gentyuei.com/

5月28日(土)「若葉のころ」公開@シネマート新宿ほか全国順次公開
http://www.wakabanokoro.com/


<テレビ放送>
4月放送の「2度目の台湾」を見逃したので、5/11の再放送を見逃さないように注意する>自分メモ


5月1日(日) BS-TBS 午後0:00~0:54 「世界一周魅惑の鉄道紀行」
 世界のオリエント急行特集 アジア最高の豪華列車の旅
 世界のオリエント急行特集・第2弾!今夜はアジアのオリエンタル急行に乗車して、シンガポール、マレーシア、タイと3か国をまたぐ一生の思い出に残る2泊3日の旅へ出発!

5月1日(日)テレビ朝日 午後8:58~11:10 「最近の若いもんは・・・イン・ザ・ワールド」
 最近の中国武術の弟子たちはたるんでいる!?香港の学習塾は生存競争激化大変なことに ほか

5月1日(日) 日本テレビ 深夜1:55~2:10 「Good Night フールー」
 笹崎里菜アナが見たい「夜、寝る前のとっておき」Huluの2万以上の作品の中から大注目の作品を紹介。香港2大スター、アンディ・ラウとトニー・レオンが共演!アジアの名作「インファナル・アフェア」ほか

5月3日(火) NHKBSプレミアム 午前11:45~11:55  「This is HV」 小籠包に誘われて~台湾・台北

5月4日(水) BSジャパン 午前4:00~5::55 「台北に降る雪」

5月4日(水)NHK総合 午後7:30~8:15 「歴史探偵紀行・GOSISON(ご子孫)~三国志・英雄たちの末えい~

5月4日(水) NHKBSプレミアム 深夜3:30~4:00 「さわやかウインドー」台湾 蘇花公路を行く

5月5日(木)NHKBSプレミアム 午後1:00~3:15 高倉健「駅 STATION」

5月6日(金)テレビ東京 午後1:50~4:00 「サイン」

5月7日(土) NHKBSプレミアム 午後3:00~4:00 「テレサ・テン 歌声は永遠に~没後20年・アジアをつないだ魂をたずねて~」

5月8日(日) NHKBSプレミアム 午前6:00~6:27 「桃源紀行 7つのしあわせ 第6シリーズ」 周荘

5月8日(日)日本テレビ 午後1:15~2:15  サンバリュ 「その時チャンスは舞い降りた!」
 チャンスが街の人々に舞い降りる!インタビューしたその現場からチャンス実現まで完全密着する新型ドキュメントバラエティー
 「今すぐ台湾旅行しませんか?」ほか

5月11日(水)NHKBSプレミアム 午前8:00~9:00 「2度目の台湾」(再放送)

5月11日(水)テレビ東京 午後1:50~4:00 「グリーン・ホーネット」

5月12日(木)BS-TBS 午後9:00~9:54 「地球バス紀行」 麗江発理想郷シャングリラへ 中国

5月13日(金)NHKBSプレミアム 午前9:00~10:55 プレミアムカフェ選 ハイビジョン特集 「 高倉健 千里を走る」
 ハイビジョン特集 高倉健 千里を走る (初回放送:2005年) 稀(き)代の名優が中国のチャン・イーモウ監督「単騎、千里を走る」の中国ロケに参加した際の密着ドキュメンタリー

5月15日(日) NHKBSプレミアム 午前 6:00~6:30 「桃源紀行 君住む街で」 上海・旧フランス租界

5月15日(日) BS朝日 午前8:00~8:55 「熱中世代 大人のランキング」 
 世界的衣装デザイナー・ワダエミ 黒澤監督との秘話

5月15日(日) BSフジ 午後0:00~2:25 「LOVERS」

5月15日(日)NHKBS1 午後10:00~10:50 「ドキュメンタリーWAVE」
 攻防・市民VS汚染企業~中国・新たな環境裁判制度の現実~

5月18日(水)NHKBSプレミアム 午後9:00~10:00 「アナザーストーリー・運命の分岐点」
 映画”仁義なき戦い”伝説はこうして生まれた

5月18日(水)NHKBSプレミアム 午後10:00~11:00 「2度目の香港」
 おこづかい3万円で充実旅 街角グルメを格安で食べ比べ 巨大観覧車から夜景を堪能
 離島へプチトリップ

5月19日(木) NHKBSプレミアム 午後0:00~1:00 「岩合光昭の世界ネコ歩き」 台湾 (再放送)

5月20日(金)BS-TBS  午後9:00~9:54 「地球絶景紀行」 ぼさつが姿を現す瞬間・峨眉山・中国

5月21日(土)フジテレビ 午前8:30~9:55 「にじいろジーン」
ジーンちゃんがキキコミ!世界ピカイチ☆ツアー マレーシア ペナン

5月23日(月)BS-TBS 午後8:00~8:54 「世界一周魅惑の鉄道紀行」 タイ・アユタヤ

5月23日(月)テレビ東京 午後10:00~10:54 「未来世紀ジパング」人気の台湾!“懐日ブーム”のワケ

5月26日(木)BS-TBS 午後9:00~79:54 「地球バス紀行」 ブータン

5月28日(土) NHKBS1 午前 7:00~7:50  「キャッチ!世界のトップニュース」
 台湾のおいしい朝食 ほか

5月28日(土)TBS 午後9:00~9:54 「世界ふしぎ発見!」
 13億人のパワースポット!中国奇岩地帯・武陵原

5月29日(日) NHKBS1 午後10:00~10:50 「ドキュメンタリーWAVE」“傘兵”はどこへゆくのか~新党ブームに揺れる香港~

5月30日(月)NHKBSプレミアム 午後1:00~3:10 高倉健「居酒屋兆治」

5月30日(月)NHKBSプレミアム 午後9:00~10:50 「アクシデンタル・スパイ」

5月31日(火)NHKBS1 午後10:00~10:50 「国際報道2016」
 天安門事件から27年、民主化運動の拠点・香港で異変が…事件を扱う舞台が相次いで中止に  ほか


※WOWOWシネマにて、5月5日「ラッシュアワー」「ラッシュアワー2」、7日「タキシード」、18日「イロイロ ぬくもりの記憶」、19日「ライズ・オブ・シードラゴン 謎の鉄の爪」「モンキー・マジック 孫悟空誕生」「アイスマン」、22日「帝戦 BAD BLOOD」「拳陣 FATAL CONTACT」「キング・オブ・ヴァジュラ 金剛王」、26日「ザ・タイガー 救世主伝説」

※5月29日情報を更新しました。

スポンサーサイト

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 2

△top

上海で「摆渡人」追加撮影 

 

4月26日(火)の深夜、トニーさんとAngelababyは上海にて「摆渡人」の追加撮影を行っていたようです。

トニーさん@上海「摆渡人」撮影

トニーさん&アンジェラベイビー@上海「摆渡人」撮影

王家衛監督@上海「摆渡人」撮影


カリーナが撮影現場を訪れ、撮影の合間にトニーさん、カリーナ、ウォン・カーウァイ監督の三人で談笑していたそうです。
まだ追加撮影していたのねぇ・・・いつクランクアップするのかしらん。

http://www.mychinanews.com/news/n/2/1466426


<その他の情報>
カリコレ2016のラインナップ第一弾が発表になりました!
ジョニー・トー監督の「香港、華麗なるオフィスライフ/華麗上班族」、大阪アジアン映画祭で上映されたべトナム映画「ベトナムの怪しい彼女」が入っています。

カリテ・ファンタスティック!コレクション2016
開催期間:7月16日(土)~8月19日(金) 5週間!
開催場所:新宿シネマカリテ
公式サイト
http://qualite.musashino-k.jp/quali-colle2016/

category: トニー・レオン

tb: 0   cm: 0

△top

テレビ番組情報 

 

テレビ番組情報。
今夜放送分もあるので間に合わなかったらごめんなさい。

・4月26日(火)日本テレビ 午後9:00~10:54 「幸せ!ボンビーガール」
 水トアナ所持金9999円美食と美容のベトナム 2泊3日激安ツアー ほか

・5月1日(日) 日本テレビ 深夜1:55~2:10 「Good Night フールー」
 笹崎里菜アナが見たい「夜、寝る前のとっておき」Huluの2万以上の作品の中から大注目の作品を紹介。香港2大スター、アンディ・ラウとトニー・レオンが共演!アジアの名作「インファナル・アフェア」ほか


<その他の情報>
開館10周年記念特集Ⅱシネマヴェーラ渋谷と愉快な仲間たち 5月21日(土)~6月17日(金)
 「冷たい雨に撃て、約束の銃弾を」上映
 (6月11日(土)、6月14日(火))
 http://www.cinemavera.com/schedule.php?id=172

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

「大自然在説話」トニーさんナレーション「氷」 

 

「大自然在説話」トニーさんがナレーションした広東語版「氷」がよううべにUPされていましたので貼っておきます。



※この動画は期間限定の公開だそうなので、そのうち観られなくなるかもしれません。


先日ですが「見えない目撃者」と「光りの墓」観てきました。
「光りの墓」は、やはり私、この監督の映画好きだなーと思いました。
眠ったままで目覚めない兵士、その兵士の身の回りを世話する女性も足が悪く杖をついているなど、アピチャッポン監督の映画に出て来る人々は、皆大きな「欠落」を抱えている人が多いのですが、なぜかいつも暗い感じは全然なく、むしろゆったりとした雰囲気さえ感じさせます。
目覚めない兵士は、戦場に行って傷ついたり死んでしまうということはない訳で、眠り続けることによって自らの命を守っているのではと思いました。アピチャッポン監督の父親は医者だそうで、もしかしたら彼自身が病院の入院患者を見て、病気であることが日常である世界があることを、幼いころから知っていたのかもしれないですね。

完璧、迅速を求める世界に息苦しさを感じる人々は、彼の映画に癒されるのかもしれないと思いました。
実は映画を観ていて、ちょっと私も兵士の「眠り病」がうつってしまったのですが(笑)、監督なら怒らずに許してくれそうな気がします。

category: トニー・レオン

tb: 0   cm: 0

△top

「大自然在説話」録音中 

 

「大自然在説話」のトニーさん担当「氷」パート録音中。

トニーさん@「大自然在説話」録音中

ようつべにトニーさんの「氷」がないはずだわ・・・今から録音だったとは。


ところで、「擺渡人」の次の作品「欧州攻略」ですが、5月クランクイン、2017年の賀歳片(お正月映画)として公開、という記事が出ています。「グランド・マスター」でイップ・マンの妻を演じたソン・ヘギョが出演とのこと。
(「擺渡人」はクランクアップしたの?そこからまずはっきりさせよう)

宋慧喬曾為宋仲基心動 駁銀幕再搭偉仔
http://www.appledaily.com.tw/realtimenews/article/new/20160420/843241/

ところが、今日の記事では、ソン・ヘギョ本人が「欧州攻略」の出演を否定しています。
ああ、どうなってるのか・・・せめて5月クランクインは本当であってほしいです。
宋慧喬否認接拍《歐洲攻略》
http://hk.on.cc/hk/bkn/cnt/entertainment/20160421/bkn-20160421182638653-0421_00862_001.html


<その他の情報>
・「春のアクションまつり」@新宿ロフトプラスワン
 4月28日(木)OPEN 18:00 / START 19:00
 前売¥2900 / 当日¥3400(共にドリンク、飲食代別)
 ※前売券はe+にて4/9(土)午前10時~発売開始!
 〔出演〕谷垣健治、辻井啓司、横山誠、高瀬将嗣、他アクション監督多数

 日本トップのアクション監督とスタントマンが集う一夜限りの”アクション祭り“開催!!
 ここでしか聞けない裏話満載!秘蔵映像多数!!アクション業界の現在・過去・未来が分かる、アクションファン必見のイベント!

 詳しくはこちらのページをご覧ください。
 http://www.loft-prj.co.jp/schedule/plusone/44373
 谷崎さん、「春のアクションまつり」と銘打ったらお客さんが「ヤマザキ春のパンまつり」と間違えて来てくれるんじゃないか、って面白すぎ(笑)(「映画秘宝」6月号「アクションバカ街道」より)

・ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2016 ラインナップが発表になりました。
 開催期間:6月2日(木)~6月26日(日)
 公式サイト:http://shortshorts.org/2016/
 
 下記に中華圏作品をピックアップしました。
 <アジアインターナショナル&ジャパンプログラム>
 「サンダル」(中国)監督:Haolu Wang
 「ダウンリバー」(中国)監督:Cathy Yan
 「アナエル」(中国)監督:KunRu Song
 「超能力少年」(台湾)監督:Kaiyu Chang
 「ワンダフル・フライト」(モンゴル)監督:Bat-Amgalan Lkhagvajav & Ian Allardyce
 「訪問者」(中国)監督:Jianjie Lin
 「それぞれの視点」(シンガポール)アニメーション 監督:Jerrold Chong
 「衝突試験」(台湾)アニメーション 監督:Yuting Hsueh
 「クイン」(シンガポール)監督:Rave Phuah Hong Ming
 <ミュージックプログラム>
 「Eternal Summer 」(台湾)監督:Po-Wei Su
 <CGアニメーションプログラム> 
 「エルシティへ」(中国) 監督:Wenyu Li
 「金のたまご」(シンガポール) 監督:Srinivas Bhakta
 <台湾・高雄映画祭プログラム>
 「ニアの扉」(台湾)監督:Kek-Huat Lau
 「春の目覚め」(台湾)監督:Ya-Chih Cheng
 「丘の上のジャック」(台湾)監督:Hsin-Tien Lee
 「ミッドナイト・ダンス」(台湾)監督:Hui-Mian Lu
 <セブンレターズ~シンガポールの巨匠たち~>
 監督:Eric Khoo, Boo Junfeng, Jack Neo, Kelvin Tong, K. Rajagopal, Tan Pin Pin and Royston Tan
 <チルドレンプログラム>
 「おどる瞳 」(香港)アニメーション 監督:Lee Ka Yin
 <東南アジアプログラム>
 「僕の彼女、ロジータ」(マレーシア)監督:TAUFIQ KAMAL


 日本の映画で、又吉直樹主演「梅酒」の上映もあります。(<アジアインターナショナル&ジャパンプログラム2>)

・映画『台湾新電影(ニューシネマ)時代』「台湾巨匠傑作選2016」トークイベント開催決定!
 「台湾巨匠傑作選2016」トークショー
 日時:5月5日(木・祝)「映画が時代を写す時」18:45の回上映終了後
 登壇者:佐藤忠男(映画評論家)
 会場:新宿K’s cinema(なな℡03-3352-2471)
 対象:「映画が時代を写す時」ご鑑賞のお客様。
 チケット料金:無料。本特集上映作品の半券をお持ちの方のみ入場できます。

 http://www.cinematopics.com/cinema/news/output.php?news_seq=30160

<テレビ番組情報>
4月27日(水) NHK総合 深 0:10~1:00 「ファミリーヒストリー」 余貴美子~350年前に遡るルーツ不屈の家族~
 台湾人の父と日本人の母を持つ余貴美子。自分の外国人登録証に謎の地名が記されていた。一体それはどこなのか。また、祖父母がなぜ日本に来たのか。驚きの真実が明らかに。

category: トニー・レオン

tb: 0   cm: 0

△top

保護国際基金会「大自然在説話」 

 

「大自然在説話」という自然保護の国際基金会があるようで、詳しいことはよくわからないのですが、トニーさんも参加しているようです。

トニーさん@「大自然在説話」1

トニーさん@「大自然在説話」2

トニーさんは「氷」 チアン・ウェンは「海洋」 ジョウ・シュンは「水」 タン・ウェイは「花」など
 「大自然在説話」のサイトではいろんな映画人が参加しています。
http://www.natureisspeaking.org.cn/home.html

トニーさんは参加したばかりだからか、ようつべには動画がまだ見当たらないので、タン・ウェイの広東語の「花」を貼っておきます。





<それ以外の情報>
・「フィガロジャポン」 2016年6月号

「フィガロジャポン」 2016年6月号

台湾、タイ、韓国へ、器探しの旅。

・第26回にいがた国際映画祭にて台湾映画「共犯」が上映されます。
 6月3日(金)~10日(金)
 にいがた国際映画祭 公式サイト
 http://niffec.com/


<テレビ番組情報>
・4月21日(木) NHKBS1 午前7:00~7:50 「キャッチ!世界のトップニュース」 香港雨傘革命ほか

category: トニー・レオン

tb: 0   cm: 0

△top

2016年4月香港 「特工爺爺」「暗色天堂」 

 

金像奨レッドカーペット明けの4月4日(月)、「特工爺爺」と「暗色天堂」を香港の劇場で観てきました。

「特工爺爺」

「特工爺爺」

認知症を患っている元軍人のサモ・ハン・キンポーと近所に住む小学生の女の子、お互い家族に見放されている二人が心を通わせる日々。
しかし女の子のどうしようもないチンピラの父親(アンディ・ラウ)が起こしたトラブルによって、女の子とその父親アンディに危機が迫るー。
「激戦」は、格闘技よりも実はヒューマンドラマがメイン、「特工爺爺」もカンフーよりも実はヒューマンドラマがメイン。
認知症でも、体で覚えたことは忘れていないサモ・ハン・キンポー、朝起きると黙々と布団をきっちりたたむ様は、軍隊で覚えた習慣。昔は偉大な軍人だったことを思うと切なくなる。
カメオ出演にユン・ピョウ、フー・ジュン、エディ・ポン、ツイ・ハーク監督という豪華さはサモ・ハンの映画ならでは。
チンピラのアンディがめちゃセクシー。最後は切なくて泣ける。日本で公開して日本の観客も泣かせてほしい。

「暗色天堂」

「暗色天堂」 「暗色天堂」2

あるお屋敷での夜のパーティで5年ぶりに再会した二人。一人は真珠のネックレスに白いワンピースをまとい自信に包まれたような美しい夫人・カリーナ・ラムと、もう一人は直前まで猥談?らしきものに花を咲かせていたやさぐれた雰囲気の牧師、ジャッキー・チュン。
部屋で二人きりになった途端、二人の確執があらわとなる。
「5年前のあの日の事を貴方は覚えてないの?」
5年前のあの日、一体二人に何があったのか?

観終わるまで知らなかったが、映画の元になったお話は舞台劇「法吻」を映画版に編集したものらしい。
映画はカリーナ・ラムとジャッキー・チュン二人の登場シーンがほとんどを占める心理劇である。
映画には「水」、「ワイン」、「泉」というキリスト教を連想するようなアイテムが登場し、キリスト教が二人を結び付けている根幹であることを示しているが、実はこれは宗教の話ではなく男と女の話であるし、純粋さということが時には凶器となるという例のお話であるし、あるいは悲劇で、あるいは喜劇かもしれない。

ラストでは、最初登場した二人の人格が全く変わってしまったかのようになってしまうが、映画ではどちらが正義とも悪とも判定していない。
観る立場によって、あるいは性別によって、あるいは一回目に観た時、二回目に観た時にまた印象が変わる映画と思う。
ジャッキー・チュンの弁護士役にアンソニー・ウォンが出演している。

category: 香港映画

tb: 0   cm: 0

△top

2016年4月香港 川龍村 

 

4月3日(日)朝、友人と一緒に香港の川龍村に朝飲茶に行ってきました。
本当は朝6時に起きて7時にはホテルを出る予定だったのに、目覚まし時計が鳴らず、7時15分ごろ起床!
(後で目覚まし時計が故障していたことが判明・・・モーニングコールも設定しておくべきでした)

MTR荃灣線で終点の荃灣駅へ。そこで待ち合わせていた香港映画の大先輩と合流しました。(待ち合わせより45分近くの遅刻です・・・申し訳ございません)
荃灣駅のB1出口より歩道橋を渡り、80番のバス停へ。川龍村行きのミニバスに乗りました。ミニバスは私は乗るのは初めてでしたが、オクトパスカードが使えると知り安心しました。

バスに20分くらい山道を揺られ、川龍村へ。バスの終点のところにある小さな石段を下ると飲茶レストランの端記茶楼が見えてきます。既に店内の座席は埋まっていましたが、大きなテーブルでご夫婦二人で飲茶されているところになんとか相席させてもらいました。

端記茶楼

お茶、点心などはセルフサービスです。腸粉は蒸している厨房に声をかけてもらってきます。「ビーフ?チャーシュー?」と中身の希望を聞かれました。クレソンの炒めたのは初めて食べました。凄く美味しかったです!

端記茶楼の飲茶

お店の中には摘みたてのクレソンが山のように籠に盛られていました。

端記茶楼のクレソン

揚げ物のコーナーはこんな感じです。他にも蒸し物が入った蒸籠が山のように積まれています。ついついお皿を取ってしまいますがお腹一杯食べても値段はリーズナブルでした。

端記茶楼の揚げ物

お勘定は店員さんに声をかけて計算してもらいます。お皿の種類や枚数で金額を計算しているようです。

食事を終えてお店を出ると、日曜ということもあって午前10時でもうお店の前の駐車場は車で一杯になっていました。
朝早く行った方がいいというのもうなずけます。

端記茶楼の駐車場

駐車場の前にはクレソン畑が広がっていました!郊外なので空気が美味しく爽やかな気分になります。
連れて行ってくれた友人に感謝!

端記茶楼のクレソン畑

帰りは同じようにミニバスに乗って荃灣駅に戻り帰ってきました。

端記茶楼は香港映画「八仙飯店之人肉饅頭 」のロケ地だそうですが、映画のようなおどろおどろしさは全くなくて(当たり前ですが)、香港の皆さんがのんびり飲茶していて穏やかな雰囲気でした。


<その他の情報>
TOHOシネマズ六本木ヒルズにて「追憶の森」ジャパンプレミア 実施決定!!
実施日 4月26日(火)
実施時間 18:30~(上映開始前に舞台挨拶)
ゲスト 渡辺 謙【予定】※登壇者の予定は変更になることもございますので、あらかじめご了承ください。

:http://www.tohotheater.jp/event/tsuiokunomori-premiere-rh.html


<テレビ番組情報>
・4月23日(土)テレビ朝日 午前8:00~9:30  「朝だ!生です旅サラダ」 タイ サムイ 

・4月24日(日) BS朝日 午後6:00~6:54 「ザ・インタビュー~トップランナーの肖像~」 谷垣健治×松岡修造
 
単身香港に移住し、スタントマンの職を得て様々な香港映画の現場を渡り歩いていた谷垣に、24歳の時、転機が訪れる。後に香港のアカデミー賞「香港電影金像奨」の最優秀アクション監督賞を4度受賞したドニー・イェンの目に留まり、彼のアシスタントを任されたのだ。そこでキャリアを積み、やがてアクション監督として独り立ちすると、日本からも声が掛かり、帰国。香港仕込みのアクション監督として、その名が知れ渡っていく。谷垣が考える“香港アクション"の魅力とは?谷垣の血となり肉となったものとは?ジャッキー・チェンやドニー・イェンとのエピソードから、谷垣の思いを掘り下げていく。 2012年には、映画「るろうに剣心」に参加。圧倒的なスピード感と迫力、リアリズムを追求したアクションが話題となり大ヒットした。その舞台裏を本編やメイキング映像を交えて語る。また、主演・佐藤健の撮影秘話や、アクションシーンの秘密も明らかに!

category: 香港旅行

tb: 0   cm: 0

△top

4月15日(金)朝日夕刊 

 

4月15日(金)朝日夕刊にジャ・ジャンクー監督の「山河ノスタルジア」が紹介されていました。

「山河ノスタルジア」@朝日夕刊

ジャ・ジャンクー監督作品が苦手だというような人でも、この映画はすんなりと心に入って来るのではと思います。
構えたところがなく、素直に描かれているお話だから。
シルビア・チャンが好きな人には特にお薦めです!出演シーンは短いですが、とても重要な役を演じています。


「山河ノスタルジア」が公開されるBunkamuraル・シネマのお知らせより
<上映時間決定!&トークイベント開催決定!!>
いよいよ23日(土)公開!Bunkamuraル・シネマでの上映時間が決定しました!
連日:10:30 / 13:05 / 15:40 / 19:00〜(終)21:20
.さらに!映画公開を記念して、トークイベントの開催が決定いたしました!
<第一弾!>
4/24(日)13:05の回終了後ゲスト:海老名香葉子さん(エッセイスト)

<第二弾!>5/3(火)15:40の回終了後ゲスト:藤井省三さん(現代中国文学者/東京大学文学部教授)

<第三弾!>5/5(木)13:05の回終了後ゲスト:コウケンテツさん (料理研究家)

いずれも会場は、Bunkamuraル・シネマになります。3日前から座席指定券のご購入が可能です。みなさまのご来場を、お待ちしております! 詳細は映画の公式HPへ!
http://bitters.co.jp/sanga/event.html

「山河ノスタルジア」は4月23日(土)公開です。


<その他の情報>
・現代中国映画上映会@文京シビックホール
5月21日(土)「花の生涯~梅蘭芳」
http://www.gentyuei.com/

・キネカ大森にて
4月30日(土)~5月6日(金)
「激戦 ハート・オブ・ファイト」「クリード チャンプを継ぐ男」二本立て上映

5月14日(土)~5月20日(金)
「ブンミおじさんの森」「世紀の光」二本立て上映

キネカ大森 公式サイト
http://www.ttcg.jp/cineka_omori/

<テレビ番組情報>
・4月19日 (火)NHK総合  午後4:05~4:20 「世界ふれあい街歩き ちょっとお散歩」 紹興~中国~

・4月22日(金) NHKBSプレミアム 午後3:00~4:00 「世界ふれあい街歩き」 台北 台湾 (再放送)
 躍動する台北。その中でも市南部の永康街は不思議な空間。文鳥占いや家の回り中をらんなどで飾る人、猫カフェで仕事をする塾の講師、紙を日焼けさせるデザイナーなど

・4月22日(金) NHKBSプレミアム 午後8:45~9:00 「世界ふれあい街歩き ちょっとお散歩」 ハルビン~中国~

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

梁朝偉遇上ソフィー・マルソー 

 

先日の香港國際電影節、3月22日のパーティにはトニーさんも出席したのですが、その時、ソフィー・マルソーと握手していた画像が出てきました。

トニーさん&ソフィーマルソー

ソフィー・マルソーの脇腹の筋肉が縦に割れてる!

トニーさん、今どこで何をしてるのかにゃー。


category: トニー・レオン

tb: 0   cm: 0

△top

2016年4月香港 星光花園・星光影廊 

 

香港の星光大道が改修中のため、そこにあった手形やブルース・リーの銅像などが移転しているよ、と友人に聞き、今回の香港滞在中に行ってみました。
場所は尖東駅方面、いろいろ行き方はあると思いますが、私は重慶マンションの左横の麼地道Mody Rd(地下道)を通ってP2出口へ向かいました。
(画像はクリックで少し拡大します)

尖東駅/尖沙咀駅 P2出口

尖沙咀駅P2出口

ここの出口からヴィクトリア・ハーバー方面に目をやると、茶色い壁、星光花園(2階)の側面が見えます。

星光花園1

エスカレータで2階に上がると広場になっているところにオブジェや手形が展示されています。
先日の4月1日がレスリーの命日だったのでレスリー写真の展示もありました。

星光花園2 星光花園3

スターの手形がリニューアルされて、雨除けの屋根付きで展示されていました。以前の星光大道では手形は地面にあったので、これまで風雨にさらされ踏まれまくってトニーさんの手形も擦り減っていましたが、今は綺麗になっています。

星光花園4 星光花園5

映画を元にしたこんなイラストもありました。ジャッキー・チェンとサモハンの「ファースト・ミッション」、ジョン・ウー監督の隣にトニーさんらしき姿があります。
イラストは他にもあるので、皆で映画のタイトル当て、名前当てをするのも楽しいと思います。

星光花園6 星光花園7

星光花園からヴィクトリア・ハーバーに向かう陸橋にも憂い顔のトニーさんが・・。

星光花園の陸橋

陸橋を渡って、ペニンシュラホテル方面へ向かう地下隊道には星光影廊(スターギャラリー)ができていました。
「インファナル・アフェア」のヤンの「三年、また三年・・・」の台詞も。

星光影廊1 星光影廊2

左の画像の顔下半分。これ、トニーさんじゃないかな??

星光影廊3 星光影廊4

映画のタイトル字もアート。

星光影廊5

ここにも映画のイラストが。

星光影廊6

星光大道の工事は3年間かかるそうなので、その間は星光花園、合わせて星光影廊もご覧ください。

※香港ナビさんにも星光花園の情報が載っています。
あれ?星光大道が・・・ない!!?? (香港ナビ記事)
http://www.hongkongnavi.com/special/5058133


<その他の情報>
映画『健さん』長編ドキュメンタリー映画、日本が生んだ稀代の映画俳優、高倉健の人生風儀
シネマトピックスオンライン
http://www.cinematopics.com/cinema/news/output.php?news_seq=29933 

「健さん」 公式サイト 2016年公開
http://respect-film.co.jp/kensan/

ジョン・ウー監督も登場するので観なくては!

category: 香港旅行

tb: 0   cm: 0

△top

テレビ番組情報 

 

取り急ぎ、テレビ番組情報。

・4月12日(火)日本テレビ 「 ZIP!」 午前5:50~8:00 もこみち香港一の店 ほか
 (もこみちさんのコーナー、今週は香港みたいです。金曜まで放送あるかな?)

・4月16日(土) テレビ朝日 午前8:00~9:30 「旅サラダ」 タイ アユタヤ

ついでに「五個小孩的校長」の女の子とミリアム・ヨンの画像を貼っておきます。
金像奨レッドカーペットで撮った私の画像はブレブレだったので。

「五個小孩的校長」の女の子とミリアム・ヨン

金像奨では賞を逃しましたが、授賞式の後、尖沙咀酒店でアフターパーティを行ったそうです。
「五個小孩的校長」は、日本では今年10月、Musashino Entertainment Ltd(新宿武蔵野館)で公開されると記事にあります。
發行商老闆は映画の題材に感動し、この作品を日本のスクリーンで上映するのにかかる費用を惜しまなかったとのこと。

http://sina.com.hk/news/article/20160405/3/29/49/%E4%BA%94%E5%80%8B%E5%B0%8F%E5%AD%A9%E5%A4%A2%E6%9C%AA%E5%AE%8C-%E9%9B%BB%E5%BD%B1%E5%B0%87%E7%99%BB%E9%99%B8%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%A4%A7%E9%8A%80%E5%B9%95-%E6%A0%A1%E9%95%B7-%E5%8D%83%E5%AC%85%E7%B1%B2%E5%88%A5%E6%B0%A3%E9%A4%92%E5%8F%AA%E8%A6%81%E4%BB%8D%E5%9C%A8%E9%9B%BB%E5%BD%B1%E5%9C%88%E4%BE%BF%E6%9C%89%E6%88%90%E5%8A%9F%E7%9A%84%E4%B8%80%E5%A4%A9-5642648.html

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

2016年4月香港・金像奨 

 

4月3日(日)、今年も香港金像奨のレッドカーペットを観てきました。
今年はアンディ・ラウ、アーロン・クオックが最優秀主演男優賞にノミネートされているのでファンが早めに会場入りするだろうと予想し、午後1時半には香港文化センターに着きました。

香港文化センターの外にはもうパネルなどがセッティングされていました。(画像は全てクリックで少し拡大されます)
(※ちなみに、途中から画像がスクエアサイズになっていますが、単なる操作ミスです)

香港金像奨会場外1 香港金像奨会場外2

文化センター内の展示物。

香港金像奨会場内1 香港金像奨会場内2 

香港金像奨会場内3 香港金像奨会場内4

待ち時間が長丁場になるので、今年は折り畳み椅子を持参しました。

折り畳み椅子@レッドカーペット

午後6時過ぎ、金像奨レッドカーペットがスタートしました。周りのカメラフラッシュで画面が白く飛んでしまったり、隣の香港小姐の白い腕が映ってしまったりと、なかなか上手く撮れませんでした。比較的ちゃんと撮れた写真のみUPします。

周汶錡 Kathy Chow 

周汶錡@金像奨レッドカーペット

タイのスター、Poyd(ポーイ=タリーチャダー ペッチャラット)美しすぎ!
この人がニューハーフだなんて・・・。

Poyd@金像奨レッドカーペット1 Poyd@金像奨レッドカーペット2

サイモン・ヤム

サイモン・ヤム@金像奨レッドカーペット

ラム・シュー

ラム・シュー@金像奨レッドカーペット

「五個小孩的校長」の5人の女の子。写真はブレブレになってしまいましたが、一年経って大きくなった姿です。

5人の女の子@金像奨レッドカーペット

-- 続きを読む --

category: 香港旅行

tb: 0   cm: 4

△top

沖縄国際映画祭で「ルーキーシェフ/神厨」上映 

 

4月21日(木)~24日(日)まで開催される島ぜんぶでおーきな祭(沖縄国際映画祭)にて台湾映画「ルーキーシェフ/神厨」が上映されます。

「ルーキーシェフ/神厨」

「神厨」

監督:フォン・カイ
出演:ワン・ボージエ、キミ・レン、ブルース、チェン・ボー ジョン、ユエン・アイ フェイ
上映日:4月22日(金) 13:40~
登壇:キミ・レン、フオン・カイ監督

他には香港国際映画祭で上映された桃井かおり監督の「火 Hee」、タイ映画の「メイ・フー?(May Nai Fai Rang Frer)」インド映画の「ボンベイtoナゴヤ」ほかが上映されます。
チケットはチケットよしもと(ファミリーマート/Famiポート)にて4月10日(日)午前10:00~発売開始です。

島ぜんぶでおーきな祭(沖縄国際映画祭) 公式サイト
http://oimf.jp/


先日の香港旅行で買った本。

香港で買った本

左から金像奨特刊、写真集「木星。心照」、澤東25特刊、Moleskine澤東特別版筆記本。
Moleskine澤東特別版筆記本は本当にノートでした。中身は真っ白のノートに258香港ドルも払ってしまいましたよ(泣)。
しかもノートと言っても勿体なくて使えないですし。

これから香港に行かれる方は、澤東25特刊は油麻地のブロードウェイシネマに併設されている本屋さんで買えると思います。
あと、澤東25特刊、写真集「木星。心照」とも台湾では誠品書店で販売されるのではと思います(写真集「木星。心照」は198香港ドル、香港の商務印書館で取り扱いがあるようです)。

「木星。心照」は香港のスチールカメラマン木星による写真集です。主にイー・トンシン作品、アン・ホイ作品、ツイ・ハーク作品が載っています。「黄金時代」、「大魔術師」、「聴風者」、「七剣」、「道士下山」など。トニーさんの写真も数点載っています。
俳優では主にタン・ウェイ、ジョウ・シュン、ルイス・クー、ダニエル・ウー、チャン・ジンチュー、チャン・チェンなどなど。

「大魔術師」@「木星。心照」

私が買った時、表紙は三種類ありました。
下記のページにてジョウ・シュン編「木星。心照」の写真が見られます。ご参考までに。
【Our Part】剧照师木星:《木星。心照》摄影集(周迅篇)
http://tieba.baidu.com/p/4432524845

あと、香港のHMVで「ブエノスアイレス」「花様年華」「楽園の瑕」「天使の涙」のサントラが発売になってましたよ~(ポストカード付きです)。

王家衛作品サントラ


ケースが横長で、手に取ると凄く買いたくなります。
どんだけファンにお金遣わすんじゃ!
スーツケースが本で重量オーバーになりそうだったのでこちらは買えませんでした。


<テレビ番組情報>
・4月9日(土) フジテレビ 午前 8:30~9:55 「にじいろジーン」世界ピカイチ☆ツアーのコーナー ベトナム ホーチミン

・4月12日(火)フジテレビ 午後9:00~10:48 「世界ウソでしょ旅行社やっぱり世界はブッ飛んでいる!?」
 フットボールアワー後藤輝基が“弾丸!世界1周朝ごはんの旅"に挑戦!香港、ニューヨーク、ロンドン、ドバイと世界4都市を1泊4日で飛び回り、世界の朝ごはんを堪能する ほか

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

無事帰国しました 

 

4月5日(火)午後11時前帰宅しました。

香港電影金像奨のレッドカーペットの最後はカリーナでした。
ため息がでるほど綺麗でした。

カリーナ@金像奨レッドカーペット

トニーが出席してなかったのが悲しくて、もう月曜には帰国したくなったのですが、友人に「何言ってるの、映画観るんでしょ!」喝を入れられました。
現地で生で金像奨のレッドカーペットを観られて、これ以上贅沢を言ったらバチが当たりますね。やっぱりスターたちは華やかでテンションが上がります。
同行してくれた友人に感謝です。

日本人の馬三(マックス・チャン)ファンから声を掛けられたり、同じく日本人のアンディファンから声を掛けられたりと、意外と日本から観に来ている人いるんだ、とびっくりでした。

滞在中の香港では汗ばむほどではないものの、日中Tシャツ一枚でも過ごせるくらいの暑さでした。
両替のレートは重慶マンションの1階の奥の方の両替屋で1万円が693ドルでした。
現地では映画「特工爺爺」と「暗色天堂」を観てきました。

金像奨の撮った画像のUPなどはおいおいしていきます。
今夜は猛烈に眠いのでこの辺で。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 2

△top

【講座】台湾新電影と“プレ”新電影、“ポスト”新電影 

 

【講座】台湾新電影と“プレ”新電影、“ポスト”新電影

【開催日時】4月9日(土) 14:00~

【会場】台湾文化センター

【主催】台湾駐日経済文化代表処台湾文化センター/台湾影視研究所

【協力】オリオフィルムズ

第一部:「台湾新電影と“プレ”新電影」  講師:稲見公仁子(台湾影視研究所)

第二部:トークショー「“ポスト”台湾新電影の時代」
ゲスト・小坂史子(映画プロデューサー・中国語通訳士・字幕翻訳家)
聞き手・稲見公仁子

入場:無料。予約制。

予約など詳細はこちらのページをご覧ください。
http://jp.taiwan.culture.tw/information_34_46056.html



私事ですが、明日4月2日(土)より4月5日(火)まで香港に行ってきます。今年も金像奨のレッドカーペットを観てこようと思います。
トニーさんは新作公開がないため、ノミネートされておらず、プレゼンターとして金像奨に出席するのかどうかは不明で、先日のジェット・トーン25周年記念パーティ出席以来中華NEWSでも音沙汰ない状態です。
上海に戻って映画の追加撮影中かもしれません。
現時点では「欧州攻略」でパリに行ったとは思えないのですが・・・。

今年の金像奨の日程が発表になってからすぐ航空券を確保していたので、トニーさんの姿が見えても見えなくても、金像奨のレッドカーペットの熱気を楽しんでこようと思います。
尚、今年は金像奨大好きの友人が同行してくれることになったので、場所を取ったまま5時間ずっとトイレに行けないということはなさそうです(笑)。

香港滞在中はブログの更新はできませんのでご了承ください。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 2

△top