ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

「未体験ゾーンの映画たち2016」にて「神なるオオカミ」上映 

 

2016年1月にヒューマントラストシネマ渋谷にて開催される「未体験ゾーンの映画たち2016」のラインナップが発表になりました。
ウィリアム・フォン主演の「神なるオオカミ/狼图腾」が上映されます。

「神なるオオカミ/狼图腾」

「狼图腾」

第30回中国金鶏奨 最優秀作品賞
監督・脚本:ジャン=ジャック・アノー 出演:ウィリアム・フォン、ショーン・ドウ、昂哈妮玛、巴森、尹铸胜
2015年/中国・フランス/121min

ケイン・コスギ主演の「鉄拳 Kazuya’s Revenge」の上映もあります。

未体験ゾーンの映画たち2016 公式サイト 2015年1月2日(土)~
http://aoyama-theater.jp/feature/mitaiken2016


<その他の情報>
・スカッド監督の「ユートピアUTOPIA」 ヒューマントラストシネマ渋谷にて
 1月16日(土)~2週間限定上映
 字幕版 レイトショー上映
 出演者:アドニス、ジャッキー・チャオ、モウ・チン
 ※18歳未満の方はご鑑賞いただけません

 ヒューマントラストシネマ渋谷 上映予定作品のページ
 http://www.ttcg.jp/human_shibuya/comingsoon

・アピチャッポン幻の傑作「世紀の光」1月9日(土)公開決定
 
「世紀の光」

 http://eiga.com/news/20151125/3/

・フィルメックスでクロージング上映されるジャ・ジャンクー監督作品「山河故人」が邦題「山河ノスタルジア」として2016年4月公開とのことです。

 「山河ノスタルジア」


 http://eiga.com/news/20151126/4/

スポンサーサイト

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 2

△top

ホウ・シャオシェン監督、緊急来日決定! 

 

ホウ・シャオシェン監督、緊急来日決定とのことです!

ホウ・シャオシェン監督の緊急来日が決定しました。
11/21に行なわれた台北金馬奨では監督作『黒衣の刺客』が作品賞を始め、最多となる5部門を受賞したばかり。多忙なスケジュールの合間を縫っての来日となります。

今回の東京フィルメックスでは『風櫃(フンクイ)の少年』、『悲情城市』、『戯夢人生』と、スクリーンでの貴重な特集上映が実現しました。この3作品の上映後にホウ監督が登壇されます。
ぜひ、ご来場ください。

・ホウ・シャオシェン監督の登壇予定。
11/27(金)14:00『悲情城市』上映後Q&A
11/29(日)10:00『風櫃の少年』上映後リチャード・サチェンスキ氏のトークに引き続き、登壇。
11/29(日)13:20『戯夢人生』上映後Q&A

フィルメックスの公式サイトより
http://filmex.net/2015/news/information/%e3%83%9b%e3%82%a6%e3%83%bb%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%82%aa%e3%82%b7%e3%82%a7%e3%83%b3%e7%9b%a3%e7%9d%a3%e3%80%81%e7%b7%8a%e6%80%a5%e6%9d%a5%e6%97%a5%e6%b1%ba%e5%ae%9a%ef%bc%81

「風櫃(フンクイ)の少年」、「悲情城市」、「戯夢人生」とも11月25日(水)夜現在チケットは「まだ余裕あり」のようです。
皆さま奮ってご参加ください。

ホウちゃん来日記念に文清さん&寛美さん@「悲情城市」を貼っておきます♪
(震えるほど美男美女カップルですね)

文清さん&寛美さん


眠気に勝てずなかなか感想を書けないですが、23日(月)にはTAMA CINEMA FORUMの「コードネームは孫中山」、フィルメックスの「最愛の子」を観てきました。

大阪アジアンでもとっても面白かった「コードネームは孫中山」、二回目もやはり面白かったです。

「コードネームは孫中山」

お客さんにとっても受けていました!


「最愛の子」のピーター・チャン監督、通訳はサミュエル周さん。

ピーター・チャン監督@「最愛の子」

広東語も中国語もOKなサミュエル周さんなのに、ずっと英語でしゃべり続けるピーター・チャン監督でした・・・。
「最愛の子」は2016年1月16日(土)公開、と会場で告知がありました。

ピーター・チャン監督、「最愛の子」を通じ児童誘拐事件の現状を訴える 映画com.
http://eiga.com/news/20151124/10/

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

カリーナ・ラムちゃん、おめでとう! 

 

カリーナ・ラムちゃんが台湾金馬奨最優秀主演女優賞を受賞しました!おめでとう!

カリーナ@金馬奨

東京国際映画祭で上映された「百日草/百日告別」のカリーナ・ラムは素晴らしかったですね。
でも個人的には「黒衣の刺客/刺客聶隱娘」のスー・チーに獲ってほしかったなあ・・・抑えた演技がとても良かったです。

最優秀主演男優賞は「老炮儿」のフォン・シャオガン監督でした。

「黒衣の刺客/刺客聶隱娘」は5冠に輝きました!
(最優秀作品賞・最優秀監督賞・最優秀撮影賞・最優秀デザイン賞・最優秀音響効果賞)
また、ホウ・シャオシェン監督は年度台灣優秀映画人も受賞しています。

「黒衣の刺客」チーム@金像奨


http://hk.apple.nextmedia.com/enews/realtime/20151121/54455145 (「黒衣の刺客」受賞の記事 動画あり 音出ます)

http://hk.apple.nextmedia.com/enews/realtime/20151121/54455048
(侯孝賢三奪金馬導演  動画あり 音出ます)

http://hk.apple.nextmedia.com/enews/realtime/20151121/54454771
(林嘉欣爆冷 首奪金馬影后 動画あり 音出ます)

第五十二回金馬獎は台湾映画が圧勝!作品賞は「刺客聶隱娘(黒衣の刺客)」 アジアンパラダイスさん記事
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2015/11/post-3e7d.html

東京フィルメックスで上映される
「華麗上班族」(最優秀美術賞)
「山河故人」(最優秀オリジナル脚本賞)
「醉生夢死」(最優秀新人賞 リー・ホアンチー/最優秀助演女優 ルォ・シュエフォン/最優秀オリジナル音楽賞/最優秀編集賞)
「タルロ/塔洛」(最優秀脚色賞)
も賞を受賞しています。

尚、最優秀新人監督賞を受賞した畢贛(ビー・ガン)の「路邊野餐」は中国インディペンデント映画祭で「凱里ブルース」のタイトルで上映予定です。

「凱里ブルース」 畢贛(ビー・ガン)監督
http://cifft.net/kaili.htm

中国インディペンデント映画祭 公式サイト
http://cifft.net/

あと、また買ってしまった台湾本。

「台湾で日本を見っけ旅 ガイド本には載らない歴史さんぽ」(著 おがた ちえ)

「台湾で日本を見っけ旅 ガイド本には載らない歴史さんぽ」(

「なつかしい日本をさがし台湾」に続くおがたちえさんの旅漫画。
今回は台湾映画好きの方にお勧めです!
「KANO」のロケ地めぐりや、「湾生」についてのお話もあり濃い内容となっています。

category: 中華NEWS

tb: 0   cm: 0

△top

「摆渡人」撮影中 

 

「摆渡人」撮影現場のトニーさん。近隣の方の微博の画像。

トニーさん@撮影中1

トニーさん@撮影中2

撮影現場

何だか病院みたいな建物です。
7月ごろから始まってまだ撮影中とは・・・結構長くかかってますね。


11月21日(土)、本日はTCC試写室にて台湾映画「ナイトマーケット・ヒーロー」を観てきました。

「ナイト・マーケット・ヒーロー」

試写室は満員で、私は補助椅子(パイプ椅子)で鑑賞しました。
「風の中の家族」「百日草」にも出演していたアリス・クーが主演でした。

888(バーバーバー)夜市という夜市が舞台のお話で、その夜市で起こるトラブルを解決している町内会長的な青年と、芸能ニュースの記者をしているアリス・クーとのお話。
なんだか山田洋次監督の映画を観ているような気分になる温かくて面白い映画でした。
日本語字幕付きで観られて幸せです。
「台湾上映会①」とのことなので、次は何が上映されるのか楽しみです!
会場のTCC試写室は、地下鉄新橋駅のすぐ近くでした。今回は初めてだったので道に迷ってしまいましたが、次回からは大丈夫と思います。
鑑賞後のアンケート用紙に「何か上映作品の希望はありますか?」とあったので「我的少女時代」と書いてきましたが、欲張りすぎかしらん。


<今日の情報>
イスラーム映画祭2015@ユーロスペース
日程:12月12日(土)~12月18日(金)
ヤスミン・アフマド監督の「ムアラフ 改心」が上映されます。

イスラーム映画祭2015 公式サイト
http://cineville.jp/iff/


<テレビ番組情報>
11月27日(金) NHKBS1 午後10:00~10:50 「国際報道2015」
▽香港で注目集める若手政治家集団「傘兵」・雨傘抗議運動から生まれた「傘兵」に密着!▽ソウルで村上春樹作品の舞台劇が大盛況!韓国で圧倒的人気の村上作品の秘密に迫る

category: トニー・レオン

tb: 0   cm: 0

△top

「台湾行ったらこれ食べよう! 駅弁・鉄道旅編」 

 

「台湾行ったらこれ食べよう! 駅弁・鉄道旅編」(誠文堂新光社)

「台湾行ったらこれ食べよう! 駅弁・鉄道旅編」

今日買ってしまいました。写真を見ているだけでニコニコ、ジュルジュル、笑顔とよだれがこぼれます(こぼれるなよ)。
弁当の写真って、なんでドカーンと目に飛び込んでくるんでしょうね?
台湾は郊外にもまだまだ行きたいところがいっぱいあります。
猫村のホウトンも載っています。
本の最後の方には駅の自販機での切符の買い方(写真付き)や時刻表の見方まで載っていて、親切さに感動。


「台湾のきほん」(著 青木由香)

「台湾のきほん」

こちらは今のところ立ち読み。「奇怪ねー台湾」の青木由香さんの本なので、面白くない訳がない。
たまたま目に入ったページには「社交辞令は言わない台湾人だが、引っ越しの手伝いだけは頼んではいけない」ということが筆者の悲惨な体験談(でも他人から見ると面白い)を元に書いてありました。


<その他の情報>
・浅野忠信主演/クリストファー・ドイル撮影の最新作「壊れた心」をクラウドファンディングにて全国公開 

 http://www.cinematopics.com/cinema/news/output.php?news_seq=28301

 https://a-port.asahi.com/projects/ruinedheart

・異才アピチャッポン・ウィーラセタクンの新作が来春公開決定
 「光りの墓」 2016年3月シアター・イメージフォーラムほか全国順次
 本作の公開に先がけて、来年1月には長らく一般公開されていなかった「世紀の光」が劇場で初公開され、監督の過去の長編映画とアートプログラムをあわせた特集上映も開催される。

 http://cinema.pia.co.jp/news/168934/64852/

category: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

△top

フィルメックス、ゲスト発表 

 

フィルメックスのゲスト・イベントのページが更新されて各上映作品のゲストが発表になりました。
11月23日(月・祝)「最愛の子」 ピーター・チャン監督 と掲載されています!

11月26日(木)「華麗上班族」 シルビア・チャン監督
11月29日(日)「念念」 シルビア・チャン監督

11月26日(木)12:00 「酔生夢死」ではチャン・ツォーチ監督、俳優のリー・ホンチー、ワン・チンティン、プロデューサーのカオ・ウェンホンが出席となっています。「酔生夢死」は平日の昼間の上映のせいかチケットにまだ余裕がありますので、関心のある方はお早めにどうぞ。
私は木曜午前中は用事があって残念ながら参加できません。

詳細はフィルメックスのゲスト・イベントのページにて。
http://filmex.net/2015/guest

取り急ぎ、お知らせ。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

「インファナル・アフェア」三部作オールナイト@新文芸坐 

 

「インファナル・アフェア」三部作が12月12日(土)池袋新文芸坐にてオールナイト上映されます。

「インファナル・アフェア」1

「インファナル・アフェア」2

「インファナル・アフェア」3

12/12(土)色褪せぬ、孤独な男たち インファナル・アフェア三部作一挙上映

インファナル・アフェア 無間序曲(2003・香/119分/35mm)23:00〜
インファナル・アフェア(2002・香/102分/35mm)
インファナル・アフェアIII 終極無間(2003・香/118分/35mm)〜5:00(予定)
監督:アンドリュー・ラウ、アラン・マック
出演:アンディ・ラウ、トニー・レオン、アンソニー・ウォン
追記 2→1→3 の時系列の上映となります)

前売券:近日発売
新文芸坐 オールナイトのページより
http://www.shin-bungeiza.com/allnight.html

新文芸坐で「インファナル・アフェア」上映というと、今でも思い出す一つの情景があります。

「インファナル・アフェア」公開時、この映画でトニーファンになりトニーさんの映画が上映される映画館の情報を追っかけ、池袋新文芸坐にて「HERO」「インファナル・アフェア」の二本立て上映を観に行った時のこと。
もう幾度も「インファナル・アフェア」を観ていた私が上映後お手洗いに行った時、目を真赤にしてお手洗いに駆け込んできた女性が涙で濡れた顔を洗っているのを目撃したのでした。初めて「インファナル・アフェア」を観たのだろうその女性の涙を見た時、私は強く胸を打たれました。いつまでも、この映画を初めて観て感動したときの気持ちを忘れたくないと思った瞬間でした。

寄る年波のせいで、トニーさんの映画でも流石にオールナイトはもう無理と思っています。
しかし、実は12月12日は私の誕生日なのです。
神さまからの誕生日プレゼントとしてこの上映に参加すべきか?と迷っているのも事実です。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 5

△top

ツァイ・ミンリャン特集 特別イベント@フィルメックス 

 

<ツァイ・ミンリャン特集 特別イベントのご案内>がフィルメックスのゲスト・イベントのページに出ていました。

<ツァイ・ミンリャン特集 特別イベントのご案内>
概要日時:11/27(金):19:00~20:30 *18:45開場
会場:台湾文化センター(ホール)/東京都港区 虎ノ門1-1-12 虎ノ門ビル2F
定員:50名(入場無料、自由席・抽選制)
登壇:蔡明亮(ツァイ・ミンリャン)、李康生(リー・カンション)
ゲスト:野上照代特別上映:「秋日」(2015、24分、BDでの上映)

申し込み、詳細はこちらのページをご覧ください。
http://filmex.net/2015/guest
締切:11/19木曜、正午まで。


フィルメックスで上映される「最愛の子」、一般公開は2016年1月 シネスイッチ銀座ほか全国順次ロードショーとのこと。
オリジナルノート(B6 数量限定)付き前売り券発売中とのことです。

「最愛の子」オリジナルノート

「最愛の子」facebookより
https://www.facebook.com/saiainoko?fref=ts



<テレビ番組情報>
・11月20日(金) BS11 午後8:00~9:00 至福の癒し旅「マレーシア 首都クアラルンプールを楽しむ3日間の旅」

・ 11月21日(土)BS-TBS 午後2:00~2:54 極上のクルーズ紀行
  プリンセスの休日クルーズ~日本生まれの船で巡る沖縄・台湾~

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

富士施楽Fuji zerox CM 動画2015年版 

 

トニーさんの富士施楽の新CM動画がようつべにUPされましたので、こちらにも貼っておきます。




CMの中でトニーさんが上を見上げて言っている台詞は「ここはどこ?」です。


ついでに、富士施楽のCM動画を紹介した拙ブログの過去の記事のURLも貼っておきますね。
富士施楽  新しいCM 2014年版 ←2014年版ありました! 失礼しました。
http://guunonichijyou.blog22.fc2.com/blog-entry-2466.html

トニーさん@富士ゼロックス新CM 2013年版
http://guunonichijyou.blog22.fc2.com/blog-entry-2250.html

トニー・レオン@富士ゼロックス新CM  2012年版と2011年版
http://guunonichijyou.blog22.fc2.com/blog-entry-1767.html

category: トニー・レオン

tb: 0   cm: 0

△top

完売枠の追加発売について(フィルメックス) 

 

フィルメックスのHPより。

【完売枠の追加発売について】
・日時11月15日(日)午前10時より
・対象作品:
 11/23『華麗上班族』
 11/23『最愛の子』
 11/26『華麗上班族』
 11/29『山河故人』(原題)
以上、すべて有楽町朝日ホール

・販売座席:
前方席(A列~E列)の左端と右端の計35席のため、画面や字幕の一部が欠けるなど、見えづらいお座席になります。
あらかじめご了承ください。

※追加販売は今回が最後の予定です。

今後、上記の4枠が完売した場合には、当日キャンセル待ち整理券のご案内となります。

フィルメックス 公式サイト 事務局からのお知らせより
http://filmex.net/2015/news/information/soldout

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

大阪中之島ごはん映画祭にて「恋する惑星」上映 

 

今頃の告知ですみません。関西の皆さんは既にご存知かと思いますが、大阪中之島ごはん映画祭にて「恋する惑星」が上映されます。

大阪中之島ごはん映画祭


【開催概要】
大阪都市魅力創造プロジェクト 「第3回大阪中之島ごはん映画祭」

<ごはんつき上映会>
「おいしい」映画を楽しみながら、その映画にインスパイヤされた「食」を楽しみ、五感で楽しんでいただけるスペシャルな上映会です。中央公会堂「レストラン」も手掛ける「バルニバービ」がプロデュースする大阪を代表する「食」文化を堪能できる軽食を提供する予定です。

日程:2015年11月21日(土)〜23日(月・祝) 場所:大阪市中央公会堂 中集会室

<「おいしい」映画館上映会>
「おいしい」映画を一同に集めて、映画館のスクリーンでじっくりと名作を味わう上映会です。

日程:2015 年11 月21 日(土)〜2015 年12 月4 日(金)
場所:シネ・リーブル梅田 (梅田スカイビル タワーイースト3・4F)

https://www.yumebanchi.jp/news/4530

大阪中之島ごはん映画祭 facebook
https://www.facebook.com/osaka.nakanoshimagohan

シネリーブル梅田 上映作品&上映スケジュールのページ 11月21日(土)~12月4日(金)
http://www.ttcg.jp/cinelibre_umeda/topics/detail/42189
(こちらは「恋する惑星」の上映はありません)


「恋する惑星」の「ごはんつき上映会」は11月22日(日)19:00開演です。
チケットぴあのページをチェックしてみたら、「恋する惑星」のごはんつき上映会は「残席わずか」となっていましたので、観たい方はお早めに!
チケットぴあのごはん映画祭のページ
http://ticket-search.pia.jp/pia/search_all.do?kw=%E3%81%94%E3%81%AF%E3%82%93%E6%98%A0%E7%94%BB%E7%A5%AD

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

テレビ番組「一路上有你」に出演? 

 

トニーさん近影。

トニーさん

中国の浙江衛視という放送局で「一路上有你」という番組があるそうで、その第二期放送にトニーさん&カリーナが出演するのではと言われているそうです。トニーさんは「契約してから(お話)にしましょう」、カリーナは「出演はないです」と否定しているとのこと。

番組に出演する他のペアは、ホアン・シャオミンとAngelababy、マーク・チャオとカオ・ユアンユアン、張智霖とアニタ・ユンなどの名前が挙がっています。
二人で旅行するところをドキュメンタリー風に撮影する番組なのでしょうか。
トニーさんがこういうテレビ番組に出演するのは珍しいことなので、もし出演することになったら番組の目玉になるでしょう。
日本では観られないですが・・・。

この番組に出演するか否かの問い合わせが殺到しているのか、ジェット・トーンのAgnesLeung女史は「問い合わせは私宛てに電話かメールをしてください。彼(トニー)は出演するかどうかはしばらく答えられません」と微博で発表しています。


http://hk.on.cc/hk/bkn/cnt/entertainment/20151109/bkn-20151109222056832-1109_00862_001.html

http://hk.on.cc/hk/bkn/cnt/entertainment/20151108/bkn-20151108171807610-1108_00862_001.html?eventsection=hk_entertainment&eventid=402883474d7616cc014d8bb9814f714b
(音出ます)

category: トニー・レオン

tb: 0   cm: 0

△top

「ぼくの桃色の夢」観ました 

 

※この下に「富士施楽Fuji zerox新CM」の記事をUPしています。

10月27日(火)、東京国際映画祭にて「ぼくの桃色の夢」を観ました。

「ぼくの桃色の夢」

85%はハオ・ジエ監督自身の体験という、自伝的作品。

田舎の為、中学から寄宿舎生活になった主人公の少年。寄宿舎の寝室の寝床(たぶん下はオンドルになっていると思われる)には人一人の肩幅くらいの狭い境界線が引かれ、「名前の書いてあるところに布団を敷け!」と言い渡される。夜にはその為に用意したかのような幅の狭い敷布団を敷き、寝返りもうてないような狭い場所にぎちぎちになって眠る少年ら。食事の際に出てくる煮物には鍋に落ち込んでしまったのだろう鼠の「丸煮」が出てくるという壮絶さ。
世界中でマナー違反と顰蹙をかっている中国人はこういうサバイバル生活を経て生み出されるのだろうかと実感した。

そしてその中学生活で一目ぼれした可愛い女の子に、一途に一途に想いを寄せる主人公。
ハオ・ジエの映画に出てくる主人公はいつも一途に一人の女性を愛する男性ばかり。

ハオ・ジエ監督の高校時代は中国が大学進学を推進していた時期らしく、当時は大学受験で不合格になってしまったら意味がないというので専門学校に進む生徒が多かったところを、「今後は専門学校を卒業しても就職の斡旋をしません(だから大学進学を目指しなさい)」と言われる。
初恋の彼女に「大学合格したら私をお嫁さんにして」と言われていたのに、不合格となってしまい彼女は他の不良青年と一緒になってしまう・・・。後に補欠で大学に合格した主人公は将来映画監督になろうと決心するのであった。

主人公チャオ・シャンシャンを演じるバオ・ベイアルのお宅っぽく情けない感じと、可愛い女の子リー・チュンシアを演じるスン・イーがたまらなく良い。特にスン・イーは、学生時代の守ってあげたくなるはかなげな感じから、大学卒業後の再会で、「生活の為二人で一緒に暮らしましょう」とチャオ・シャンシャンに迫る妊婦まで演じているが、同一人物として違和感なく見えるというのが凄い。

主人公ら以外は素人が演じているらしいのだが、キャスティングの妙というか個性的な人物が隅々まで出てきていて映画の面白さを増している。
田舎のおじさんがいたずらっ子を叱る罵声など、たぶん監督自身が子供の頃聞いた罵声と同じなんだろうなあと思われる。
(二回ほど出てきた「办你娘」は「このいたずら坊主め」というような字幕になっていたと思うのだが、直訳すると「お前のかあちゃんに言うぞ」とか「お前のかあちゃんをしばくぞ」というような意味になるのだろうか)

ただ、前作の「独身男」「ティダンのラブソング」に比べると、ハオ・ジエ監督らしい「突き抜け感」が足りない気がしたのが残念。



先日みゆき座にシャマラン監督の「ヴィジット」を観たついでに、スバル座にてツアイ・ミンリャン特集上映の前売り券を買ってきました。(写真付きで嬉しい)

ツアイ・ミンリャン特集上映チケット

スバル座の受付の方のお話によりますと、上映当日午前11時より、その日の上映作品の整理番号を配布するそうです(座席は自由席)。
前売り券を持っていても満席だと入れませんので、早めに受付を済ませていた方が安心のようです。270席あるのでそうそう満席にはならないと思いますが、「ここら辺の席で観たい」という好みの座席もあると思いますので。

「ヴィジット」は、シャマラン監督にしてはオチは現実的でしたが、真相がわかった時には背筋が凍りました。
やっぱり生きている人間が一番怖いですね。そして祖父母の家を訪ねるお姉ちゃんと弟がとても良い子たちで、映画を観終わってからじんじんと心に響いてきて、目の前にいたらギューッとハグしたくなるような母親思いのいじらしい子たちでした。


<テレビ番組情報>
・11月13日(金) BS11 午後8:00~9:00 至福の癒し旅「マレーシア 文化の坩堝に癒されるペナン・マラッカ3日間の旅」

・11月15日(日) NHKBSプレミアム 午前6:00~6:30 「桃源紀行 7つのしあわせ」 中国第三シリーズ「黄山」

・11月15日(日) BS朝日 午後1:00~3:00 「 大和田兄弟 ぐるり鉄道旅!魅惑の台湾」 美味と感動、絶景百景
 (こちらは以前放送あったような・・・再放送かな?と思います)

category: 映画

tb: 0   cm: 0

△top

富士施楽Fuji zerox新CM 

 

富士施楽のホームページにトニーさんの新CMがUPされました!

色鮮やかな平面広告。

トニーさん@富士施楽1

トニーさん@富士施楽2



トニーさん@富士施楽3

トニーさん@富士施楽4

新CMの動画はこちらのページで観られます。

http://www.fujixerox.com.cn/printcolor/adds#

category: トニー・レオン

tb: 0   cm: 0

△top

中環にて 

 

先日また中環IFCで買い物をするトニーさんが目撃されたようです。

トニーさん@中環1

トニーさん@中環2

香港に帰ってきてるのね、トニーさん。映画の進捗状況はどうなってるのかなーー?
辞書を引いても載ってない「脆片」、「サクサクした片」て「コーンフレーク」のことかな?


ところで、今夜ネットで「摆渡人」の文字を見つけたので、あれ?と思ったら「摆渡人」の舞台劇が11月11日に始まるのだそうです。
映画と同じ张嘉佳の小説を改編したもので、南京を皮切りに上海、北京と中国全国の大都市を巡回をするのだそう。

舞台劇「摆渡人」1

舞台劇「摆渡人」2

この三人の一番右の「馬力」(庞瀚辰)というのがトニーさんの役、真ん中「小玉」(柳文伊)というのがAngelababyの役でしょうか?左の「陳末」(王虹博)は映画では誰が演じているのか不明ですが、記事によるとこの馬力、小玉、陳末がストーリーの主要人物だそうです。

http://ent.163.com/15/1106/11/B7O323N200034RB3.html

http://ent.163.com/15/1104/11/B7IUEIJ400034RB3.html#from=relevant#xwwzy_35_bottomnewskwd

舞台劇に人気が出れば映画も相乗効果でお客さんが沢山入るのかな。早く映画の方の情報が知りたいです。

category: トニー・レオン

tb: 0   cm: 0

△top

ツーショットの夜 

 

ネットにUPされていたトニーさんとカリーナのツーショット。
いつのだろう?(カリーナの帽子には「HAPPY NEW YEAR」と書いてあるような・・・)

トニーさん&カリーナ


<テレビ番組情報>
・11月6日(金)BS朝日 深0:00~0:54 「ハラホリ」 台湾大好き!女子会
 渡辺直美が、原宿AmebaFRESH!Studioから、カルチャー・音楽・ファッション・グルメなど最新の話題について、ゲストとともにディープなトークを繰り広げる!
 テーマは、台湾。台湾にゆかりのあるゲストが語りつくす。さらに直美とゲストが「知る人ぞ知る台湾旅行1日プラン」を発表!海外旅行の超人気スポット台湾のディープな魅力をフカボリ!

・11月8日(日)日本テレビ 午後7:58~8:54 「世界の果てまでイッテQ!」
 イモトが中国へ。パンダの素朴な疑問が解決できるクイズや、中国ならではの混合調味料「怪味」を味見。
 また絶景「九寨溝」を訪れる。

category: トニー・レオン

tb: 0   cm: 0

△top

「風の中の家族」「百日草」観ました 

 

東京国際映画祭で観た作品の感想をメモ代わりに記しておきます。

「風の中の家族」

「風の中の家族」

中国の国共内戦で国民党が敗れ台湾に渡った元兵士たち、外省人らのお話。台湾側の本省人から描かれたお話はこれまで数多くありましたが、外省人の立場から描かれたお話は珍しいように思います。

内戦中たまたま出会った男の子の孤児を保護した三人の兵士。上官に「呂布も三人の父親がいたというから、名前は奉先(呂布の字(あざな))とすればいい」と言われ、孤児の名前は奉先となるというところなどは、おおらかな中国らしい感じがしました。
その後、その孤児も連れて三人は台湾に渡ることになります。

三人のうちの兄貴分はトニー・ヤン。「ブラッド・ブラザーズ天堂口」では弟分だったトニー・ヤンが、喧嘩の仲裁に入ったり、三人と孤児との共同生活で何くれとなく面倒を見て兄貴らしく頼もしくなった姿を見ていると、月日の流れを感じずにいられませんでした。

外省人とは言え権力を持った役人と違って、一般庶民は風土も言葉も違う何の人脈もない土地で、一から住む家を探し職を探し食べていくのは想像を絶するほど大変だったことだと思います。尚且つ大陸に残してきた家族とは手紙のやり取りもできない状況だったので精神的にもかなり辛かったことでしょう。

台湾にも伊藤淳史に似ている人がいるのだなあと思って観ていた奉先を演じた青年は李淳(偶然ですがなんと「淳」という字も同じ)と言い、アン・リーの息子だということを上映後に聞いて吃驚しました。
最後にはこの奉先がトニー・ヤンの家族の消息を探すため、中国に渡るのですが(渡航の許可が下りたので)、年老いた奉先を演じた人があまりにも李淳と似ていなくてちょっと違和感を感じました。


「百日草」

「百日草」

「九月に降る風」「星空」のトム・リン監督、maydayの石頭、カリーナ・ラムが主演ということで一も二もなく一番観たいと思っていた作品です。

ある交通事故でカリーナ・ラムは婚約者を、石頭はもうすぐ赤ちゃんが生まれる予定だった奥さんを突然亡くしてしまうというお話。
最愛の人を失ったら自分はどうなるのか?を映画を通じて追体験する形となります。

そう書くとさぞかし重苦しい暗い映画かと想像するかと思いますが、もちろん悲しいシーンは多々ありますが、映画全編を通じて穏やかな音楽に包まれており、奥様を亡くされるという体験を経てどん底から這い上がって映画を作られたトム・リン監督の優しいまなざしを感じるような映画でした。

図らずも「九月に降る風」でも「星空」でも身近な人の死が映画に出てきますが、「百日草」からガラリとタッチが変わるということはなく、やはりそこにはトム・リン監督らしさという一本の道の先にあるような映画でした。

カリーナ・ラムの婚約者をマー・ジーシアン監督が、石頭の奥さんをアリス・クーが演じていました。アリス・クーはこの映画の前に観た「風の中の家族」で二番目の兄貴と結婚して麺屋を営む奥さん役で出ており、この日はアリス・クー祭りになりました。
カリーナ・ラムが婚約者の弟に、婚約者の着ていた服を持っていくのですが、弟は私が密かに応援しているチャン・シューハオ張書豪が演じていたのを観終わってからエンドロールで知り驚きました。
応援しているわりに、「映画を観ているときはチャン・シューハオ張書豪に気づかない」という体験を何度もしており(「コードネームは孫中山」にもチャン・シューハオ張書豪が出演していたのですが観ている間は全然本人と気がつきませんでした)、本当に応援しているのか>自分?とか、どれだけカメレオン俳優なんだ、チャン・シューハオ張書豪!と思っています。

余談ですが、映画の中に出てきた「ウンコをしたらウサギが出てきた」というシュールな漫画は、日本の古谷実氏の作品で「僕といっしょ」という単行本に入っているらしいので読んでみたいです。


<今日の情報>
京都国際学生映画祭が 11月21日(土)~27日(金)の間、京都シネマにて開催されます。
今年の東京国際レズビアン&ゲイ映画祭で上映された台湾映画「林檎と少年」(焦点台湾)が、「100 Apples」というタイトルで上映予定。

京都国際学生映画祭 公式サイト
http://www.kisfvf.com/

<テレビ番組情報>
11月10日(火)NHKBSプレミアム 午前8:44~ 9:00 「世界ふれあい街歩き ちょっとお散歩」 ハノイ~ベトナム~

category: 映画

tb: 0   cm: 0

△top

富士施楽Fuji zerox20周年記念活動に出席2 

 

富士施楽の微博より。

トニーさん@富士施楽1

トニーさん@富士施楽2

トニーさん@富士施楽3

最後の画像はトニーさんの新作CM動画?早く観たいですー!!


中国インディペンデント映画祭2015のラインナップが発表になりました。
日程:12月12日(土)~12月27日(日)
劇場:ポレポレ東中野
上映作品:「K」(2015) 監督:Emyr ap Richard、額德尼宝力格(ダルハド・エルデニブラグ)
       「詩人、出張スル」(2014) 監督:雎安奇(ジュー・アンチ)
       「トラップストリート」(2013) 監督:文晏(ウェン・イェン)
       「癡(ち)」(2015) 監督:邱炯炯(チュウ・ジョンジョン)
       「シャドウデイズ」(2014) 監督:趙大勇(チャオ・ダーヨン)
       「凱里ブルース」(2015) 監督:畢贛(ビー・ガン)
       「冬」(2014) 監督:邢健(シン・ジェン)
      <王超(ワン・チャオ)監督特集>
       「安陽の赤ちゃん」(2001)
       「寝ても覚めても」(2004)
       「江城の夏」(2006)
       「幻想曲」(2014)
      <北方の三銃士>
       「最後の木こりたち(2014年版)」 監督:于広義(ユー・グアンイー)
       「えぐられた目玉」(2014) 監督:徐童(シュー・トン)
       「最後のハンダハン」(2013) 監督:顧桃(グー・タオ)

中国インディペンデント映画祭2015 公式サイト
http://cifft.net/index.htm

  「シャドウデイズ」は昨年のフィルメックスで観ました。幽霊よりも生きてる人間の方が怖かったです、私は・・・。


<テレビ番組情報>
・11月8日(日) NHKBSプレミアム 午前6:00~午前6:30 「桃源紀行 7つのしあわせ 中国第三シリーズ」 青島(チンタオ)

・11月22日(日)NHK BS1 午後10:00~10:49 「中国 株暴落に揺れる人々 上海 広東路の秋~(仮)」

・大みそかは33時間「映画マラソン」で年越しを! NHKBSプレミアム
 12月31日(木)午前10:33~午後0:26 「少林サッカー」
 1月1日(金)午前7:55~午前9:34 「ラッシュアワー」
 1月1日(金)午前9:35~午前11:06 「ラッシュアワー2」
 1月1日(金)午後5:20~午後7:28 「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」 ほか

 NHK BSオンラインのページ
 http://www.nhk.or.jp/bs-blog/200/230745.html

category: トニー・レオン

tb: 0   cm: 0

△top