ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

「花様年華」が英国「EMPIRE」により最偉大電影の一つに 

 

下記の記事によりますと、「花様年華」が英国の権威ある映画雑誌「EMPIRE」の最も偉大な映画301作品の283位に選ばれたそうです。
http://hk.on.cc/hk/bkn/cnt/entertainment/20140530/bkn-20140530125920964-0530_00862_001.html

「花様年華」

香港映画で選ばれたのは「花様年華」だけだそうです。

香港では9月に「一代宗師」の3D上映があるのだそうです。どうせならカットされた未発表の部分を上映してくれたらいいのになあ。


久々にドリパスを覗いたら、なんと「スリ/文雀」が4位に上がっていました!
ドリパスのページ
https://www.dreampass.jp/
3位以内になると上映候補になりますので是非投票ください。

ジョニー・トーらしいスタイリッシュな作品、大好きです。スリのおっちゃん軍団が女性を助ける、という面白いお話でした。
この作品、映画祭の上映だけで、一般公開されずにDVDになってしまったのでスクリーンで、もう一度観たいです!

「スリ」1

「スリ」2

「スリ」3

こういうスチールを見ていると、俄然観たくなります。

原題の「文雀」は隠語で「スリ」という意味があるらしいのですが、私は、お金持ちの男性に囲われている女性のことも指しているのではないかと思うのです。
何故なら、中国などで文鳥などを鳥かごに飼って愛でるのは男性の趣味だそうなので(女性がやると変なのだそうです)、お金持ちに軟禁されている女性はまさしく「かごの鳥」ですよね。
だから、邦題を「スリ」にしちゃうと、そういう二重の意味が消えちゃうので残念です。

スポンサーサイト

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

「VOLT」7月号 

 

「VOLT(ヴォルト)」7月号(徳間書店)

「VOLT」7月号

温泉天国、台湾
利稲、朝日、四重渓の秘湯をめぐる旅
昭和ロマン漂う台北近郊のお湯へ
台湾式入浴方法&温泉グッズ
台湾夜市でフルコース
こんなにあるぞ!台湾全国温泉地ガイド

「VOLT」公式サイト
http://www.tokuma.jp/volt/


今日はイオンシネマで「Mr GO!」を観てきました。今度の土曜からは劇場一日一回の上映になるみたいです。(大体夕方)
吹き替えなのでシュー・チャオちゃんの声が聞こえないのが残念。
でも「月亮代表我心」を歌っているところは中国語だったので、シュー・チャオちゃんが歌っていたのかな?
オダギリ・ジョーは本人の声でした。

お話は今一つ。最近のCGはリアルで、ゴリラも本当にいるみたいだったのは凄いけど、ゴリラが2頭いたので、たぶんこうなるだろうな~と予想どおりの展開。
ゴリラが代打って、ただ力任せに打ってるだけで、じゃ守備のときはどうするの?って思う。野球ってそんな単純なスポーツじゃないんじゃないかな、知らないけど(笑)。
ゴリラが活躍したら日本の球団がスカウトに来たり、シュー・チャオちゃんがいたサーカス団は砂漠の中で貧しい暮らしをしていて、昔の中国そのもの。全てが型にはまったような感じで、なんだかな~という感じ。

シュー・チャオちゃんが活躍する姿が見られただけで良しとするかな。

category: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

△top

6月の予定 

 

テレビ番組情報。
5月30日(金)日本テレビ 午後11:00~11:30 「アナザースカイ」 タイ

5月31日(土)フジテレビ 午前8:30~9:55 「にじいろジーン」地球まるごと見聞録 カンボジア シェムリアップ

5月31日(土)TBS 深0:00~0:30 「世界さまぁ~リゾート」 シンガポール(後編) (前編見逃した・・・)

以下、6月の予定、自分用覚え書き。

<映画上映>
6月6日(金)「ポリス・ストーリー レジェンド」公開
http://www.policestory-legend.com/

6月7日(土)「GF*BF」公開@シネマート六本木
http://pm-movie.com/gfbf/index.html

6月7日(土)「メモリー First Time」公開@シネマート六本木
http://pm-movie.com/memory/

6月9日(月)~13日(金)「インファナル・アフェア」上映@イオンシネマ・グループ2(上映館は下記のサイトでご確認ください)
http://www.aeoncinema.com/event/cine-pass/schedule.html

6月19日(木)「ファイナル・カット」上映@UAフィルムデーズ2014
http://www.eufilmdays.jp/

6月21日(土)「インフェルノ 大火災救出」公開@シネマート六本木

6月21日(土)「浮城」公開@シネマート六本木
http://pm-movie.com/ukishiro/

6月21日(土)「中国・日本 わたしの国」公開@ユーロスペース
http://china-japan-mycountry.com/

6月22日(日)「ファイナル・カット」上映@UAフィルムデーズ2014
http://www.eufilmdays.jp/

6月28日(土)公開「マダム・イン・ニューヨーク」公開@シネスイッチ銀座
http://madame.ayapro.ne.jp/

6月28日(土)「収容病棟」公開@シアター・イメージフォーラム
http://moviola.jp/shuuyou/

<イベント>
6月24日(火)~9月15日(月)東京国立博物館 特別展「台北 國立故宮博物院-神品至宝-」
(※「白菜」の展示は7月7日(月)まで)
http://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=1647


<テレビ放送>
6月1日(日)BS日テレ 午後7:00~7:54 「トラべリックスⅢ~世界体感紀行~」魅惑の台湾特集

6月1日(日)BS朝日 午後9:00~10:54 「大和田兄弟 ぐるり鉄道旅!~タイ王国の知られざる絶景と世界遺産~」

6月1日(日)Twellv 午後9:00~9:55 「高田純次のアジアぷらぷら」

6月8日(日)BS朝日 午後9:00~10:54 「大和田兄弟 ぐるり鉄道旅!ベトナム縦断2000キロ」

6月8日(日)Twellv 午後9:00~9:55 「高田純次のアジアぷらぷら」

6月13日(金)日本テレビ 午後11:00~11:30 「アナザースカイ」 インドネシア・ジャカルタ

6月15日(日)Twellv 午後9:00~9:55 「高田純次のアジアぷらぷら」

6月17日(火)BS日テレ 午後9:00~9:54 「世界温泉遺産~神秘の力を訪ねて~」インド・マ二カラン

6月19日(木)BS-TBS 午後9:00~9:54 「地球バス紀行」 ラオス

6月20日(金)NHKBSプレミアム 午後1:00~2:55 「花嫁と角砂糖」(2011 イラン)

6月20日(金)BS-TBS 午後9:00~9:54 「地球絶景紀行」 森と海の宝石箱 トレンガヌ マレーシア

6月22日(日)Twellv 午後9:00~9:55 「高田純次のアジアぷらぷら」

6月28日(土)NHK総合 午後7:30~8:45 NHKスペシャル 「故宮~美に隠された秘密~①流転の至宝」

6月28日(土)日本テレビ 午後11:00~11:30 「先輩 ROCK YOU」 役所広司・ 國村 準
 國村さんが香港映画界の裏事情を語る ほか

6月29日(土)NHK総合 午後9:00~9:50 NHKスペシャル 「故宮~美に隠された秘密~②皇帝たちの野望」

6月29日(日)Twellv 午後9:00~9:55 「高田純次のアジアぷらぷら」

6月30日(月)日本テレビ 午後7:00~8:54「有吉ゼミ・梅雨明け間近!? 2時間SP」
 芸能人が行ってみた最安値ツアー!紫吹淳 加藤晴彦の台湾激安旅 ほか


6/20の「花嫁と角砂糖」はNHKアジアフィルムフェスティバルで上映されたイラン映画。超・おすすめです!!

WOWOWは6月はウォン・カーウァイ特集です!「グランド・マスター」WOWOW初放映!!
※WOWOWにて、6月4日「7日間の恋人」、7日「始皇帝暗殺」、15日「恋する惑星」「天使の涙」「グランド・マスター」、16日「孔子の教え」「欲望の翼」、17日「HERO」「花様年華」、18日「始皇帝暗殺」「楽園の瑕 終極版」、19日「項羽と劉邦 White Vengeance」「ブエノスアイレス」、20日「香港国際警察/NEW POLICE STORY」、23日「クラウド アトラス」「10人の泥棒たち」、26日「グランド・マスター」、27日「イラン式料理本」、30日「奪命金」「終戦のエンペラー」

※6月19日情報を更新しました。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

2014・5月台湾・台南 

 

高雄に宿泊して2日目は台南に行きました。台南は高雄から台鐡(在来線)で30分くらいのところです。

台南行き切符 台南駅ホーム

台南駅、白亜の駅舎で素敵です。台湾の地方の駅舎って、こじんまりした中にも、しっかり頑丈に作ってる感じが好ましいです。

台南駅

駅舎の中の切符売場の横に観光案内所があり、そこでもらった観光案内の地図がとても役立ちました。
日本語がわかるスタッフの方がいらっしゃいました。

↓その時にもらった地図です。
台南の地図


駅前からタクシーでまず孔子廟に。
まだ4月末だからか、台南のタクシーの車内はほとんど冷房が効いてなくて暑かったです。外気は最高気温35度くらいあった中、タクシー内もさほど温度が変わらないくらいでした。「車内が暑いから、窓を開けてもいいですか?」と運転手さんに聞こうかと思ったのですが、「窓」の中国語の発音が思い出せずぐずぐずしているうちに到着しました。

台南の孔子廟は台湾最古なのだそうです。タクシーの運転手さんは「孔子廟」ではなく、「孔廟(ごんみゃお)」と言ってました。

孔子廟 孔子廟2

少しかすれたような歴史を感じる赤い色に植物の緑の色が映えて、廟内の庭も綺麗に整えられていました。廟内は街中よりも涼しさを感じました。
孔子廟3 孔子廟6

孔子廟4 孔子廟5

廟内の庭園にはタイワンリスがいるので、こんな看板もありました。

孔子廟7

「りすにえさをあげないでください」 (りすは「松鼠」なのですね)
時々、木の枝をちょろちょろと走っている姿が見えて可愛かったですが、シャッターチャンスを逃し写真は撮れませんでした。

孔子廟の向かい側のお店でトマト入り牛肉麺の昼食。高雄を出たのが10時過ぎ、遅い出発だったのでもうお昼です。

トマト入り牛肉麺
(写真がピンぼけになってしまいました)

孔子廟の近くでタクシーを拾い(台南はそれほどタクシーが走ってないので、5分~10分くらい待ちます)、次は赤崁楼に行きました。
この年になると反射神経も悪くなってるし、周りをきょろきょろしながら走るレンタサイクルは、車やバイクと接触しないかと心配だし、暑い中歩くのは堪えるので。


赤崁楼は1653年に台湾南部を占領したオランダ軍に建てられ、1661年に、鄭成功がオランダを駆逐し、この街を承天府と改名、政治の中心としました。(その後1862年の地震で楼閣は全壊)
台南は古くから開かれた街なのです。

赤崁楼(要入場料)

赤崁楼 赤崁楼2 赤崁楼3

赤崁楼の隣の文昌廟があり、ぎょろりとした目で不思議なポーズを取った学問の神様「魁星爺」が祀ってあります。

魁星爺 合格祈願

その為か、合格祈願にと、受験生が自分の受験票のコピーを所狭しと貼っていっていました。個人情報漏えいなんのその、合格には変えられないという感じでしょうか。受験票を見てみると、試験日はほぼ5月となっていました。台湾の大学は5月に試験があるので、大学入試合格の祈願と思われます。

-- 続きを読む --

category: 旅行

tb: 0   cm: 0

△top

マカオにて 

 

5月24日(土)、トニーさんとカリーナはマカオのホテルにて、香港「李熊記」董事長の金婚式のパーティに出席していたそうです。

トニーさん&カリーナ@マカオ

招待客に見つけられ、写真撮影を求められた模様です。

http://ent.sina.com.hk/news/-2-1113165/1.html

category: トニー・レオン

tb: 0   cm: 2

△top

2014・5月台湾・高雄・後編・追記 

 

5月台湾・高雄後編の続き、夜の食事の画像をUPします。
高雄の夜、この日は「海王子餐庁」というレストランで食事しました。

「海王子餐庁」 高雄市中華三路161号

「海王子餐庁」

高雄での食事は印象は、やはり海鮮が台北よりも値段が安いということ。
つい調子に乗って、アワビと蟹が入ったのコースを注文してしまいました。値段を忘れてしまい、参考にならなくてすみません。

海王子餐庁2 海王子餐庁3 海王子餐庁4

海王子餐庁5 海王子餐庁6 海王子餐庁7

海王子餐庁8

アワビ、美味しかったです♪

2014・5月台湾・台南に続きます。


<今日の情報>
・香港映画「インフェルノ 大火災救出/逃出生天」 6月21日(土)よりシネマート六本木にて公開とのことです。
 ラウ・チンワン、ルイス・クー主演。
 高層ビル火災のお話で、消防隊員のラウチンが、以前消防隊員でラウチン兄と仲たがいして退職し会社を立ち上げた弟ルイス・クーと火災現場で再会します。ラウチンの妊娠した妻が通う産婦人科が同じビルに入っていて、同じく妻も火災に巻き込まれます。

ラウチンとルイス・クーが兄弟って、無理ありすぎ! シリアスなパニック映画です。

http://www.cinematopics.com/cinema/news/output.php?news_seq=20265

・「黒四角」イベント
 5月17日(土)に公開された「黒四角」、初日舞台挨拶に中泉英雄さんが登壇したのですね。知りませんでした!
 見逃した!という方に朗報です。またイベント(トークショー)があるそうです。

 「黒四角」トークショー@K's cinema
 【日時】5/25(日) 13:00の回上映後 【ゲスト】大森立嗣監督 奥原浩志監督
 【日時】5/31(土) 13:00の回上映後 【ゲスト】柳町光男監督 中泉英雄さん 奥原浩志監督
 【日時】6/1(日) 13:00の回上映後 【ゲスト】石坂健治さん(東京国際映画祭「アジアの未来」部門プログラミング・ディレクター)  奥原浩志監督
 【日時】6/7(土) 13:00の回上映後 【ゲスト】佐々木俊尚さん(作家・ジャーナリスト) 奥原浩志監督
 
 K's cinema 「黒四角」イベント!!のページ
 http://www.ks-cinema.com/information/1478/

category: 旅行

tb: 0   cm: 0

△top

「収容病棟」6/28公開決定 

 

ワン・ビン監督の「収容病棟」6月28日(土)公開決定です!

「収容病棟」公式サイト
http://moviola.jp/shuuyou/
シアター・イメージフォーラム他 全国順次公開

「雲南の三姉妹」は観たものの、「無言歌」の方は怖そうで観に行けなかったヘタレな私・・・。「収容病棟」は観られるかしらん。
上映時間 4時間!の作品のため、映画は前編・後編と分かれ、間に休憩時間が入るようです。(ワン・ビン監督の場合、これでも短い方だったりするから、それもまた凄い)
作品を撮る方も闘いなら、観る方も闘いを挑まれてる。


<その他の情報>
・本日発売の「週刊文春」の最初の方のグラビア記事に金城君、ソン・ヘギョの写真が載っていました。「太平輪」@カンヌの記事です。「太平輪」の映画の内容が中国船の沈没事故の話なので、セウォル号の事故を連想させる為、韓国では上映できないのではないか・・・という記事でした。

・5月28日(水)BS-TBS 午後9:00~9:54 「極上のクルーズ紀行」 台湾の3都市を巡る 花蓮・高雄・台北

・「罪の手ざわり」公開トークショー@ル・シネマ
<その①>
5/31(土)13:40の回上映後
ゲスト:藤井省三さん(現代中国文学者/東京大学文学部教授)
※予告編なし。

<その②>
6/7(土)16:20の回上映後
ゲスト:宮沢章夫さん(劇作家・演出家・作家)
※予告編なし。
詳しくはこちら。
http://www.bunkamura.co.jp/topics/cinema/


5月22日(木)はシネマート六本木にて「冷血のレクイエム 極限探偵B+」、新宿シネマカリテにて「狼が羊に恋をするとき」を観てきました。
「冷血のレクイエム 極限探偵B+」

「冷血のレクイエム」

前回の「影なきリベンジャー 極限探偵C+」と同様、連続殺人事件を追いつつ、またアーロン演じる探偵の両親が殺害された真相に、また一歩近づく展開となっています。これは次の「コンスピレーター 謀略 極限探偵A+」(5月24日(土))まで観るしかないね!って劇場の回し者ではありませんが。
今回はアーロンの朋友がっ・・・・。(これ以上は言えません)

「狼が羊に恋をするとき」@シネマカリテコレクション

シネマカリテコレクション

「あの頃、君を追いかけた」のクー・チェンドン主演の恋愛映画。
原題は「南方小羊牧場」。台湾の南陽(ナンヤン)街にある「南方小羊牧場」という名の予備校で働いているイラストレーター志望の女の子と、自分の前から姿を消した彼女を探している青年(予備校の多い街のコピー屋さんで働いている)の恋のお話。「南方小羊牧場」という予備校の名は「南」(ナン)「羊」(ヤン)と、街の名前の音をかけたものらしい。

予備校が舞台なものの、主人公は予備校生ではないというのも面白い。
予備校のテスト問題のコピーを請け負っているコピー屋さんのアナログな感じと、狼と羊の絵が予備校生の間でFaceBookを通じて広がっていくデジタルな感じの組み合わせが面白い。
ロッカーに忘れられたポケベルの「1314」(発音から「一生一世」、転じて「永遠に愛する」という意味になるらしい)も、アナログとデジタルの組み合わせという印象を受ける。

クー・チェンドンと知り合う女の子(小羊と呼ばれている)のキュートなこと!顔の大きさはクー・チェンドンの半分くらい。
麺屋の屋台を趣味で営業する謎の神父さんは「セデック・バレ」のモナ・ルダオを演じた男性。彼の本来の職業は神父さんだそうですから、「セデック・バレ」の時殺気立った雰囲気とは打って変わって穏やかな表情を見せているのがこれまた素敵でした。

「あの頃、君を追いかけた」とはまた違ったテイストですが、恋のほろ苦さを感じる台湾青春映画として、「あの頃、君を追いかけた」に負けず劣らずの傑作です。是非一般公開してほしいです。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

2014・5月台湾・高雄(後編) 

 

高雄には三泊しました。二日目は台南へ行きましたので、また別記事にて。

以下は高雄三日目、高雄のあちこちに行きました。

朝食はホテルの近くのドトールにて、モーニングセット。

高雄の朝食

タクシーにて高雄の駁二藝術特区へ。

かつての鉄道や倉庫の跡地を利用してできたアート・スポットです。台湾のアーティストはこういうオープンスペースで作品の発表をして気軽に人々に観てもらったり、アーティスト同士お互いに交流したりできてとても恵まれているなあと思います。

駁二藝術特区1 駁二藝術特区2 駁二藝術特区3

駁二藝術特区4 駁二藝術特区5 駁二藝術特区6

駁二藝術特区7

この関羽様?は、前がモップになっている青龍刀を持っています。

駁二藝術特区8 駁二藝術特区9 駁二藝術特区10

写真に撮り切れないくらい沢山の作品がありました。芸術に対するエネルギーを感じる場所でした。

駁二藝術特区内の雑貨店。店頭に可愛い看板。「世界の終わりの日まで手を離さないで」

駁二藝術特区11 駁二藝術特区12

いろいろな文具や雑貨を扱っていて、お土産にもなりそうな物もありました。可愛いイラストのノートなど見ていて飽きません。

その後、徒歩で近くの牛肉麺屋さん「港園牛肉麺」へお昼を食べに。(高雄市大成街55号)

高雄牛肉麺1 高雄牛肉麺2

お店の中は地元の人で一杯でした。
私が食べたのは牛肉麺ではなく「猪足」(豚足)麺だったのですが、お肉がトロリとしてコラーゲンたっぷり、スープは牛肉麺には珍しく、豚骨と昆布だしを合わせたようなコクのあるスープで(今まで食べたことのある牛肉麺は、あっさりしたスープが多かったのです)、麺もコシがあって、とても美味でした。
メニューで選ぶ時、汁なしと汁ありがあるのでご注意ください。

お昼を食べた後、私はサンダル屋さんに行きたかったので夫と別行動。
以前台湾の話を大学時代の友人としていた時、一度も台湾に行ったことのない友人が「台湾にサンダルをオーダーメイドしてくれるところがあるんだって!」と話していて、興味があって調べてみたら高雄にあるお店だったのです。

「法蘭斯手工鞋」

法蘭斯手工鞋1 法蘭斯手工鞋2

お店の中はこじんまりしていて、沢山のサンダルとともに可愛い猫ちゃん(2匹)が迎えてくれました。
二人の爽やかな男性店員さん(一人が職人さん、もう一人は実務担当?)と猫ちゃんのゆったりした雰囲気に(実は来る前は様子を見るだけのつもりだったのですが)、ついサンダルを注文しようという気になりました。

どういうデザインにしようかと相談している間も猫ちゃんは構わずテーブルの上に飛び乗り、注文書の上を歩いていきます。「猫は苦手じゃないですか?」と気を遣って聞いてくださいましたが、全然!可愛かったです!!
聞けば、この若い職人さんは「台南に靴の先生がいるんですよ~」とまだまだ勉強中という感じで話してくださり、それもなんだか親しみが湧きました。「私、昨日台南に行きました!」と中国語と日本語の片言で会話したり。

いろいろ悩んで、結局サンダルは下の画像のお花付のサンダルを注文。ただ、花はこのままではなく茶系3色と淡いグレー色1色を組み合わせた花にしてもらうことに。どのようにミックスして配置するかはお任せしました。

法蘭斯手工鞋3

私は外反母趾で、デパートに売ってるオシャレな靴はほとんど履けないので、履きやすい靴に憧れるのです。普段は幅の広めのクラークスを愛用しています。
ちなみにこのデザインのサンダルは4,980台湾ドル、台湾から日本への送料は690台湾ドルとのことでした。
日本に届くのは3週間後くらいとのこと、楽しみです。

その後、東京国際映画祭で上映された台湾映画「27℃ ― 世界一のパン/世界第一麥方」のモデルになったパン屋さんへ。
「呉寶春麥方店」

呉寶春麥方店 呉寶春麥方店のパン

アンパンとラスクを買いました。美味しかったです。

この後、夕方の夫との待ち合わせ時間まで時間があったのでリッチー・レン監督の映画を観ました。

「媽祖〔しんにょうに西〕台湾」

「媽祖□台湾」

台湾では媽祖様が、北から出発して8泊9日をかけて南まで行き、また北に戻ってくるという儀式?お祭りがあり、信者が媽祖様をお神輿に担ぎ、徒歩で、途中台湾百ヶ所の媽祖廟を廻るという。
大きな行事のようで、出発式には馬英九の姿もちらりと映った。
徒歩で最初から最後まで着いて廻る信者、道中マラソンの給水所のようにラップに包んだご飯やペットボトルなど様々に差し入れする人、炊き出しをする人、宿を提供する人。

一見熱狂的でもあり、信者が通った後は、地元の信者が箒で道を綺麗にしていくという冷静さ、慎ましさも見せる。
リッチー・レンも同行し、出しゃばりすぎずない程度にスクリーンに顔を出し、気さくに信者に声をかける様子も映し出される。
子供たちは楽しそうに媽祖様を迎え、お祭りのようでもあり、当たり前の生活でもあるよう。台湾の媽祖信仰って理屈じゃなく本当に生活の一部なんだなあと感じました。
日本人の私としては一つの記録映画ーというほど堅苦しいものでもないですがー、へー、と興味深く観られました。今年の東京国際映画祭で上映されないかなあ。もちろん監督来日で!


長くなりましたので、2014・5月台湾・高雄(後編)は、一旦ここで切ります。この夜食べたものは改めて追記で書きます。

category: 旅行

tb: 0   cm: 0

△top

「郊游」公開記念 ツアイ・ミンリャン、リー・カーション来日ファン交流イベント開催決定 

 

アジパラさんのNEWSによりますと、「郊游」公開を記念して、ツアイ・ミンリャン監督と主演のリー・カーションが来日しファン交流イベントを行うそうです!

ツァイ・ミンリャン監督引退作『郊遊』公開記念
今回限りの『河』特別上映+蔡明亮&李康生来日記念イベント

日時:6月16日(月)19:00開演(終演22:30予定)
会場:シアター・イメージフォーラム
内容:19:00-20:55 『河』(1997)35mmプリント上映
   21:00-22:30 ツァイ・ミンリャン&リー・カンシェンQ&Aとサイン会
        スペシャルゲストも参加するトークも予定
整理番号付き前売チケット:2,500円(税込)
※当日券は3,000円。但し前売り券が完売した場合は当日券の販売は無し。

イベント当日は、開場時間18:45より、整理番号順に入場。 
シアター・イメージフォーラム窓口にて5月23日(金)より発売開始!
とのこと。

詳しくはアジパラさんの記事をご覧ください!
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2014/05/post-5bf3.html

「郊游」公式サイト 出来ました!
http://www.moviola.jp/jiaoyou/
8月下旬、シアターイメージフォーラム他全国順次公開。


話変わって、「太平輪」の宣伝の為、カンヌ映画祭を訪れているジョン・ウー監督と出演者一行の画像をついでに貼っておきます。

「太平輪」ご一行1

左から「鋼のピアノ」主演の王千源、ジョン・ウーのお嬢さん吳飛霞(「レイン・オブ・アサシン」に出演していましたね)、長澤まさみ、チャン・ツィイー、ジョン・ウー、トン・ダーウェイ、ソン・ヘギョ、ホアン・シャオミン。

王千源、特徴あるお顔ですね。こういう顔の人好き。

「太平輪」ご一行2

長澤まさみの衣装って脇はどうなってるの?フィギアスケートの衣装みたいにベージュの生地があるのかしら?
それにしても女同士の火花の散らし合いみたいでキョワイ・・・。

こちらは金城君も出席している画像。

「太平輪」ご一行3

金城君@カンヌ


http://big5.xinhuanet.com/gate/big5/news.xinhuanet.com/ent/2014-05/19/c_126518196.htm

http://big5.xinhuanet.com/gate/big5/news.xinhuanet.com/ent/2014-05/19/c_126519864.htm

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

火鍋屋開店祝いに出席 

 

5月18日(日)、トニーさんは友人である上山詩鈉が開店した火鍋屋のお祝いに出席しました。

トニーさん@火鍋屋開店祝い3

トニーさん@火鍋屋開店祝い1

トニーさんに感謝のキスをする上山詩鈉。

トニーさん@火鍋屋開店祝い2

トニーさん@火鍋屋開店祝い5

トニーさん@火鍋屋開店祝い6

トニーさん@火鍋屋開店祝い7

トニーさん@火鍋屋開店祝い4

記事によりますと開店祝いに出席したのはトニーさんの他にジャッキー・チュン、ニック・チョン、レオン・カーファイ、アレックス・トー、邱淑貞、阮兆祥、李亞男、豆斗、ウォン・チョーラム王祖藍。

http://hk.on.cc/hk/bkn/cnt/entertainment/20140518/bkn-20140518180612813-0518_00862_001.html (動画あり)

トニーさんのお話によりますと、「カリーナは夏に行う舞台の準備中。自分は今まだお休み中。少し前にスノーボードに行って、今は新しい映画の準備中。希望としては9月までクランクインを延期して、そうすると天気がそんなに暑くないから。3ヶ月くらいで撮り終わると一番いい。その頃ならそんなに寒くないから」とのことです。

ええっ!トニーさん新作準備中!?どんな映画かしら。今話題に上がっている二人の監督の作品どちらか?それともまったく別の監督の作品?
後半の9月にクランクインを延期して云々・・・辺りからはトニーさん流のジョークと思われますが、新作準備中は本当であってほしいな。

「打者愛也」火鍋専門店は 香港 西環皇后大道西399-401號利時大厦地舖  にあるようです。
お店のURL
http://www.openrice.com/restaurant/sr2.htm?shopid=161751

category: トニー・レオン

tb: 0   cm: 0

△top

福岡アジア映画祭ラインナップ発表 

 

第28回福岡アジア映画祭のラインナップが発表になりました。

期間:2014年7月4日(金)~13日(日)
会場:アンスティチュ・フランセ九州
公式サイト:http://asianfilm.tank.jp/

中華圏作品としては
「敗北者」(台湾 2014) 監督:樓一安(ロウ・イーアン)
「呉さんの包丁」(日本・台湾 2013) 監督:林雅行
「敗者と毛沢東」(中国 2013)監督:ジュー・アンチ

が上映予定です。


5月16日(金)朝日夕刊に「黒四角」の紹介記事が載っていました。

「日中をつなぐ不思議な魅力」

「黒四角」@朝日夕刊

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

クロムハーツのオープニングパーティに出席 

 

トニーさんは5月14日(水)、北京のクロムハーツのお店のオープニングパーティに友人と共に出席しました。

トニーさん@北京3

トニーさん@北京1

トニーさん@北京2

トニーさん@北京6

トニーさんのNEWSは久々ですね。お元気そうで何よりです。髪の毛だいぶ伸びましたね!

トニーさん@北京4

トニーさん@北京7

トニーさん@北京5

http://hk.on.cc/hk/bkn/cnt/entertainment/20140514/bkn-20140514223128522-0514_00862_001.html


<その他の情報>
・インド映画「マダム・イン・ニューヨーク」6月28日(土)公開日決定です!
 公式サイト
http://madame.ayapro.ne.jp/

・インド映画「めぐり逢わせのお弁当」 夏公開予定
 公式サイト
 http://lunchbox-movie.jp/

category: トニー・レオン

tb: 0   cm: 0

△top

「Casa BRUTUS」2014年 6月号 

 

「Casa BRUTUS」2014年 6月号

「Casa BRUTUS」2014年 6月号

美しい列車の旅図鑑2014 世界の名作鉄道

台湾鉄道一周 駅弁の旅 特集記事が載っています。駅弁食べたーーい!


「台湾本 最新2015」

「台湾本 最新2015」

台湾の新しい観光スポット「寶蔵巖國際藝術村」や「松山文創園區」などが紹介されています。何これ行きたい!!
台湾では古い工場跡地などが、クリエイティブな空間に生まれ変わることが多いですね。そしてそれがちゃんと人々の憩いや交流の場となっていってます。

文化や芸術を大事にするところが凄いなと思う。

日本だと何かの跡地ってアウトレットモールやらショッピングモールになるよね・・・もしくは大規模マンションか。
金金金・・・金を生み出さない土地は意味がないとばかりに。日本も台湾を見習ってほしいなあ。


5月13日(火)、シネマート六本木にて「影なきリベンジャー 極限探偵C+」を観てきました。

「影なきリベンジャー 極限探偵C+」

主人公の探偵アーロン・クオックが、友人から依頼された女性探しをしていくうちに、その女性の知り合いらしき男性の自殺現場を発見し、次々と起こる事件を追っていくうちに30年前に失踪した自らの両親の行方を知ることになる・・・というサスペンス映画。

おどろおどろしいい雰囲気の画面から、怖~い映画かと思ったのですが、思ったよりも怖くなかったです。人によっては十分怖いわ!!と思われるかもしれませんが。
そして想像していたよりも面白かったです。

ロケ地はタイなのかな?タイ語を話している登場人物が何人かいました。香港とはまた違ったどこか色褪せたような独特の雰囲気の街の風景(ゾウも出てくる!)に味わいがありました。
香港は都会すぎて、こういう風には撮れないのでしょうね。

アーロンの友人の警察官役の男性が「インファナル・アフェア 無間序曲」でハウの元で働いていた人で、なんだかとっても気になりました。

category: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

△top

2014・5月台湾・高雄(前篇) 

 

4月28日(月)、羽田から出発、台北松山空港に昼頃到着。
そのまま台北車站に移動して、台湾高鐵(台湾新幹線)にて左榮站へ向かいました。

高鐵車内でお昼ご飯に、と駅弁を食べました。(駅弁は台北車站にて購入)
駅弁と一緒に「蕃諸」というお芋の焼き芋も買いました。さつまいもよりも甘くて、ねっとりとしていてスイートポテトのようです。台北のホテルのビュッフェなどのデザートコーナーで見かけることもあるお芋です。

(画像はクリックで拡大します 画素数の少ないカメラで撮ってるので見づらい点、申し訳ないです)

台湾・駅弁2 台湾・駅弁1

1時間半くらいの乗車で、左榮站到着。ここから高雄站までは地下鉄で移動します。(隣接して地下鉄乗り場があります)

左榮駅

このまま高雄に行ってもいいのですが、左榮の有名な観光地、左榮蓮池譚に行くことにしました。

スーツケースは、高鐡左榮站から地下鉄に移動する際のエスカレータの下側にコインロッカーがあるので預けられるのですが、夫のスーツケースはロッカーに入ったものの、私のスーツケースは少し大き目のため、高さは大丈夫なものの、奥行きが足りずロッカーに入りませんでした。
私のスーツケースは持ったまま、タクシーにて左榮蓮池譚へ。

左榮蓮池譚1 左榮蓮池譚2 左榮蓮池譚3

有名な龍の塔と虎の塔。龍の口から入って、虎の口から出ると善人になれると言われています。これで私も善人になれました。

建物の中は仏教の教えを絵で表したような壁画が陶器で飾られています。一度行ってみたかったのですが、一回行ったらもういい(笑)という感じです。
他にも関羽像などもあります。

その後、また左榮站に戻って地下鉄にて高雄へ向かいました。
高雄の地下鉄では台北地下鉄の悠遊カードが使えないので、自販機でトークンを購入。(※高雄のスーパーやコンビニでは悠遊カードは使えます)

高雄のトークン


高雄で今回宿泊したのはSky Tower 85 君鴻國際酒店(三多商圏站より徒歩5分)。

君鴻国際酒店

台北のホテルよりも部屋が広くて快適でした。台北のホテルも、香港のホテルに比べれば十分広いんですけどね。
浴衣、スリッパあり。バスタブの他にシャワー室もありました。


夜は六合國際観光夜市に行くため、地下鉄にて美麗島站へ。
美麗島站はマーク・チャオ主演の映画「ハーバー・クライシス 湾岸危機Black & White Episode 1」のロケ地になった場所です。
綺麗な場所なので構内では皆写真を撮っていました。

美麗島站1 美麗島站2 美麗島站3

広い空間なので一枚に収めて撮るのがなかなか難しかったです。


六合國歳観光夜市。海に近いので海産物のお店が多かったです。

六合國際観光夜市1 六合國際観光夜市2

高雄名物の坦仔麺。

六合國際観光夜市・坦仔麺

大きなエビを串に刺して焼いている屋台を多く見かけました。塩が効いてて美味しかったです!

六合國際観光夜市・海老

ちまき、マンゴージュース、蒸しトウモロコシ。

六合國際観光夜市・ちまき 六合國際観光夜市・マンゴージュース・トウモロコシ


2014・5月台湾・高雄(後篇)に続きます。

category: 旅行

tb: 0   cm: 0

△top

「ファイナル・カット」上映@EUフィルムデ-ズ2014 

 

ぐれちゃんからの情報感謝!です。

東京国立近代美術館で開催されるEUフィルムデ-ズ2014にて、ハンガリー映画「ファイナル・カット」が上映されます。

「ファイナル・カット」(東京初上映)

「ファイナル・カット」

男と女が出会い、恋に落ち、幸せな結婚をし、やがてすれ違い、別れの時を迎える。いつの時代にも表現されてきた普遍的な物語を、有名な450作品のカットを編集して製作。一世紀に及ぶ映画史を旅するような喜びと映画への愛にあふれた珠玉の作品。(公式サイトより)

上映日:2014年06月19日 (木) 19:00
    2014年06月22日 (日) 17:00

私は未見なのですが、ご覧になられた方のお話ですと、「花様年華」「恋する惑星」「HERO」などのトニーさんの映画のシーンが出てくるそうです。
450の映画をカットして編集した作品だとのことなので、権利関係から映画祭での上映のみで、一般公開やDVD化されることはないそうです。このEUフィルムデーズ2014 の機会に行かれる方は是非どうぞ。

EUフィルムデーズ2014
会期:2014年5月30日(金)~6月22日(日)
会場:東京国立近代美術館フィルムセンター 東京会場
公式サイト:http://www.eufilmdays.jp/


以下、業務?報告ですが「5月の予定」にて
5月10日(土)BS1 午後10:00~10:50 「ドキュメンタリーWAVE」国会占拠24日間の記録~中台急接近に揺れる台湾

とお伝えしていましたが、放送は5月17日(土)の同じ時間に変更されました。
よろしくお願いします。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

「恋する惑星」上映@アミューあつぎ 映画.comシネマ 

 

アミューあつぎ 映画.comシネマにて、「恋する惑星」の上映があります。

上映日程:5月10日(土)~5月16日(金) 

お近くの方は是非。

上映時間などは下記サイトにてご確認ください。
アミューあつぎ 映画.comシネマのサイト
http://atsugi.eiga.com/


あと、インド映画「スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え! No.1!!」が5月3日(土)よりシネマライズ渋谷にて公開になっています。

「スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え! No.1!!」

5月3日(土)~5月23日(金)、3週間限定公開とのことです。このところインド映画の公開が多くて、うっかり、気が付かないうちに公開、なんてことになっております(嬉しい悲鳴)。
後追い情報ですみません~。

「スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え! No.1!!」@シネマライズの紹介のページ
http://www.cinemarise.com/theater/archives/films/-no.html


尚、五月天maydayが 今年の「SUMMER SONIC」に参加という情報が発表になりました。
大阪会場:8月16日(土)
東京会場:8月17日(日)

チケットの発売は5月31日(土)10:00AMからです。

アジアンパラダイスさんのNEWSより
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2014/05/maydaympmagic-p.html

SUMMER SONIC 2014 公式サイト
http://www.summersonic.com/2014/

私としてはmaydayだけ聴きたい・・・いちまんごひゃくえん・・・。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

無事帰国しました 

 

5月5日(月)午後、無事台湾より帰国しました。

台北は4月28日(月)着いた日は日中30度くらいあり、高雄は35度くらいありました。
暑い!と思ったのですが、帰国前数日間 台北は22度くらいで涼しく、この一週間でも温度差が10度くらいありました。
ただ、涼しいといっても上は一枚羽織るものの、足元は素足にサンダルで過ごせるくらいでした。

東京では5日早朝、震度5弱の地震があったのですね。飛行機の運航には支障がなくて幸いでした。


昨年8月に台湾に行ってから一年も経ってないですが、永康街のマンゴーかき氷屋さん(思慕昔)の支店が近くにOPENしていました!これまでのお店の目と鼻の先です。

(写真はクリックで大きくなります)

永康街・思慕昔

で、今回は私は思慕昔さんの隣にある芋頭大王さんでかき氷を食べてみました。

永康街・芋頭大王 マンゴー・タロイモかき氷

マンゴーとタロイモのシンプルなかき氷、120台湾ドルです。思慕昔さんのは豪華だけど一杯190台湾ドルするし、なかなか座る場所がないし、なのでマンゴーが食べられればいいという方はこちらもお薦めかも。私はマンゴーと同じくらいタロイモが好きなのでこの組み合わせは嬉しいです。ただやはりお芋なので食べ過ぎるとお腹に来るかもしれません。


もう一つ前と変わっていたのは西門站近くの「西門紅楼」。数年前、中に入ったときはそれほど見るものはなかったのですが、今回中に入ってみたら、台湾の若い人たちがデザインした雑貨のショップが16軒入っていました。

(夜に行ったので暗い画像ですみません)

西門紅楼 西門紅楼内1 西門紅楼内2

それぞれのお店の面積は小さいですが、いろんな思いがいっぱい詰まった個性的な雑貨お店ばかりです。店長さんたちと直接お話しできるのも楽しいです。(中国語ができなくても、ニーハオーと挨拶して店内に入るだけでもなんとなく和やかな雰囲気になります)

画像にはないですが、綺麗なお花をモチーフにしたペンダントにもブローチにもなるアクセサリーのお店があって、店長さんのお話によると、「日本からのお客さんで、母の日のプレゼントに、と買っていかれた方もいますよ」とのことでした。

夕飯休憩中で閉まっているお店の扉にはこのようなメッセージの布が貼ってありました。以前からこの布は若者向けのカフェなどでも見かけます。

西門紅楼内3

「反核 不要再有下一個福島」 「反核 もう一つの福島は要らない」

台湾では新北に原発を建設中の為、何度も大規模な反対運動が起きていています。
台湾は日本と同じく地震が多いですから、安全性が心配です。

私も日本にも台湾にも原発は要らないと思います。ましてや日本の原発を売り込むなど、大好きな台湾にも、他のどの国に対してもしてほしくないです。
私たちが子孫に遺せるのは一時的な富ではなく、綺麗な海や空や山川などの自然だと思うのです。
無論、電気があるから今の便利な生活があるのですが、これからは停電などの不便さをお互いに受け入れるような社会に変わっていくべきだと思います。


今回の台湾旅行ではいろんなところに行けて、台湾の良さを再認識した旅でした。改めて記事にしていきたいと思います。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 4

△top