ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

「黒四角」5/17公開 

 

2012年、第25回東京国際映画祭 コンペティション部門にて上映された奥原浩志監督作品「黒四角」(TIFF上映タイトル「黒い四角」)が、2014年5月より新宿・K’s cinemaほかにて全国順次ロードショーが決定したそうです。

「黒四角」

「黒四角」

出演:中泉英雄/丹紅/陳璽旭/鈴木美妃/狗子/張次禹/王宏偉


陸川監督の「南京!南京!」に主演していた中泉英雄さん、「東京に来たばかり」に続き、また出演映画が日本で上映されることになりました。

「黒四角」公式サイト
http://www.u-picc.com/black_square/


ブログ記事「ホメられないかも」「黒い四角」観ました(←映画祭時の自分の感想です)
http://guunonichijyou.blog22.fc2.com/blog-entry-1946.html

 そうそう、当時中泉さんは監督に「トニー・レオンのイメージで演じてほしい」と言われたのだそうです(笑)。
 不思議な映画でした。もう一度観てみようかな。



ところで2月27日(木)、「光にふれる」をシネマート新宿にて観た後(以前香港で観ているので感想は割愛。エエ映画や・・)、秋葉原に行ってきました。
輸入ブルーレイやDVDを扱っているSale東京店に、「グランド・マスター」のアメリカ版ブルーレイを求めて。


残念ながら、「グランド・マスター」の輸入ブルーレイは品切れ中で、取り寄せをお願いしてきました。ついでにアメリカ版CDも取り寄せてもらうことにして入り次第郵送してもらうことにしました。
(ブルーレイの方は比較的早く入荷できるでしょう、CDの方は一か月くらいかかるかも、とのことでした)

Sale大阪店、東京店 お店のHPはこちら。
http://www.dvd-sale.jp/
(※お問い合わせ先の電話番号やメールアドレスもHPに載っていますので、遠くの方はまずお問い合わせしてみては)

ちなみに東京店は秋葉原駅より、中央通りに出てドンキ・ホーテの通りを挟んだ向かい側のビルの7階にあります。
場所がよくわからなくてお店に電話してしまいました。

元祖寿司の隣の、携帯ショップの隣に7階に上がるエレベータがあります。
(画像の白い矢印のところがエレベータ)

Sale東京店

※Sale東京店に「グランド・マスター」の輸入版があるのでは、と情報を下さった方、ありがとうございます!近々観られそうです!


も一つ情報。アジアンパラダイスさんによると、3月7日(金)16時から、JR大阪駅・大 阪ステーションシティ5F「時空(とき)の広場」にて開催されるレッドカーペットイベントに「KANO」出演の永瀬正敏、坂井真紀、プロデューサーのウェイ・ダーシェン、マー・ジーシアン監督が出演するそうです。

詳しくはアジアンパラダイスさんのNEWS記事をご覧ください。エエなー、大阪・・・。

大阪とアジアが触れ合う「アジアン スター フェスティバル」に 王貞治氏、『KANO』スタッフ・キャストが出演!
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2014/02/kano-018a.html

スポンサーサイト

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 2

△top

3月の予定 

 

3月の予定、自分用覚書。

<映画上映>
3月1日(土)「最後の晩餐」公開 シネスイッチ銀座、横浜ブルク13ほか全国順次ロードショー
http://bansan-movie.com/

3月5日(水)「花様年華」レイトショー@オーディトリウム渋谷
http://a-shibuya.jp/archives/9210

3月7日(金)~3月16日(日)大阪アジアン映画祭
http://www.oaff.jp/2014/ja/index.html

3月21日(金)「ドラゴン・コップス -微笑(ほほえみ)捜査線ー」公開 シネマート六本木、シネマート新宿ほか
http://dragon-cops.com/

3月22日(土)「曹操暗殺 三国志外伝」公開
http://sousouansatsu.com/

3月30日(日)東京国際映画祭 アジア傑作選@シネマート六本木
『ある理髪師の物語』11:00-(10:30開場)
『オルドス警察日記』14:00-(13:30開場)
『今日から明日へ』17:00-(16:30開場

http://2013.tiff-jp.net/news/ja/?p=24109


<テレビ放送>
3月1日(土)NHKBSプレミアム 午後7:00~8:50 「トランスポーター」

3月1日(土)TBS 午後9:00~9:54 「世界ふしぎ発見!」湯けむりワンダーランド・タイ 話題沸騰!未来の温泉王国

3月2日(日)Twellv 午後9:00~9:54 「高田純次のアジアぷらぷら」ミャンマー3

3月4日(火)BSジャパン 午後8:00~9:54 「昭和は輝いていたスペシャル」(仮題)テレサ・テン

3月8日(土)フジテレビ 午前8:00~9:55 「にじいろジーン」 「地球まるごと見聞録」 香港

3月9日(日)Twellv 午後9:00~9:54 「高田純次のアジアぷらぷら」ミャンマー3(再)

3月16日(日)TBS 午後6:00~6:30 「THE 世界遺産」敦煌の莫高窟Ⅰ・中国

3月16日(日)Twellv 午後9:00~9:54 「高田純次のアジアぷらぷら」日本のアジア7

3月17日(月)NHKBSプレミアム 午後9:00~11:00 「スラムドッグ$ミリオネラ」

3月18日(月)NHKBSプレミアム 午後1:00~3:05 「グリーン・デスティニー」 

3月21日(金)BS-TBS 午後9:00~9:54 「地球絶景紀行」 ブータン

3月22日(土)NHKBSプレミアム 午後9:00~10:00 「古代中国 よみがえる英雄伝説」第1集 
 曹操と諸葛孔明~国家経営の秘策(仮題)

3月23日(日)TBS 午後6:00~6:30 「THE 世界遺産」敦煌の莫高窟Ⅱ・中国

3月23日(日)Twellv 午後9:00~9:54 「高田純次のアジアぷらぷら」日本のアジア7(再)

3月27日(木)BS-TBS 午後9:00~9:54 「地球バス紀行」 マカオ

3月28日(金)NHK教育 午前6:00~6:25 「テレビで中国語」北乃きい 台湾でラストミッション(25日の分の再放送)

3月29日(土)BS朝日 午後9:00~10:59 「ダブル・ミッション」

3月30日(日)TBS 午後6:00~6:30 「THE 世界遺産」敦煌の莫高窟Ⅱ・中国

3月30日(日)Twellv 午後9:00~9:54 「高田純次のアジアぷらぷら」カンボジアSP

3月31日(月)日本テレビ 深夜1:59~4:00 「K-20 怪人二十面相・伝」(関東のみ)


※WOWOWにて、3月2日「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」、3日「7日間の恋人」「ブロークバック・マウンテン」、5日「ライジング・ドラゴン」「狼たちのノクターン<夜想曲>」、11日「クラウド アトラス」、12日「やがて哀しき復讐者」「メダリオン」、19日「盗聴犯~死のインサイダー取引」、21日「セデック・バレ 第一部:太陽旗」「セデック・バレ 第二部:虹の橋」、22日「ラッシュアワー3」、26日「ドラゴンゲート 空飛ぶ剣と幻の秘宝」、27日「コンシェンス/裏切りの炎」、31日「強奪のトライアングル」「セデック・バレ 第一部:太陽旗」

※3月27日情報を追加しました。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

「SPUR」4月号 

 

「SPUR」4月号

「SPUR」4月号

「モード&グルメの都 最高の香港」の記事があります。本屋さんでは紐がかかっていて中身が見られないのですが・・・。

「SPUR」4月号
http://hpplus.jp/spur/magazine/new


本日「小さいおうち」観てきました。やはり観ていて、原作のカットされてる部分が気になり映画に集中できなかったなかったのですが、それでも黒木華ちゃん、可愛かったです・・・化粧気なしに着物の袖をからげて一心に家事をこなしている彼女はホントに可愛いです。

意外にも松たか子の旦那役の片岡孝太郎がはまっていたのと、これは絶対ないだろうと思った板倉役の吉岡秀隆が上手かった。
女性からの目線だと板倉役はイケメンの男優さんが演じるものと思ったのですが、そこは男性の山田洋次監督だからそうはならなかった。
原作を読んでいる時、この板倉という人物が良い人間なのか、悪い人間なのか判別がつきづらかった。自分の上司の奥様と不倫関係になっているにもかかわらず、駆け落ちするという一途さもなく、火遊びと割り切っている風でもない、一体何を考えているのだろうと。

こういう黒か白かわからない人物を演じるには、ふつうのイケメン俳優では、純愛のような固定観念を観客に植え付けてしまうーーと山田監督が思ったのかどうかは定かではありません。
が、松たか子演じる奥様が独身の彼に薦めるお見合い話に「貴方が何故見合いを薦めるのですか」と答えた話し方は、怒ってるでもなく拗ねているでもなく、やはりとらえどころのないような話し方で、あー、これは吉岡秀隆でないとできないかもと思ったのでした。

映画の最後の方、やはり板倉という人間も心を痛めていたのだということが察せられるのですが、これは映画を観たり原作を読んでからわかるということで。

category: 本・雑誌

tb: 0   cm: 2

△top

3/5(水)「花様年華」レイトショー@オーディトリウム渋谷 

 

3月にオーディトリウム渋谷で開催される「濱口竜介プロスペクティヴ in Tokyo」のセレクション上映にて、「花様年華」が上映されます。

「花様年華」

上映されるのは3月5日(水)21:00~ レイトショーです。

「濱口竜介プロスペクティヴ」と「花様年華」とどんな関係が?と思ったのですが、『セレクション上映作品とは、『不気味なものの肌に触れる』出演の主演俳優による“いま最も映画館で観たい1本”として選ばれた3作品である。濱口竜介監督作品群と共に、オーディトリウム渋谷のスクリーンを飾る。 』
とのことで、石田法嗣さんがセレクトしたのが「花様年華」だとのことです。

いま最も映画館で観たい1本として「花様年華」を選んでくれてありがとうございます! 夜21:00から上映というのが個人的にはキビシいですが・・・。
(ちなみに染谷将太さんは「ハロルドとモード / 少年は虹を渡る」、渋川清彦さんは「一条さゆり 濡れた欲情」をセレクトしています)

濱口竜介プロスペクティヴ in Tokyo @オーディトリウム渋谷 のページより
http://a-shibuya.jp/archives/9210


2月21日(金)の朝日新聞夕刊にはベルリン映画祭の記事が載っていました。ベルリン映画祭はカンヌ、ベネチアと並ぶ3大映画祭の中で「社会派作品主体で真面目」と位置づけられてきたが、今回は刑事物が金熊賞を受賞した、との内容です。

ベルリン映画祭記事
(クリックでもう少し大きくなります。 トニーさんが審査員を務めたことも書いてあります)


ついでに金熊賞を受賞した「白日焰火」の監督、最優秀男優賞(銀熊賞)を受賞した廖凡(リャオ・ファン)の受賞のシーンの動画がようつべにあったので貼っておきます。
(トニーさんも映っています)





あともう一つ情報。
ジャ・ジャンクー監督の「罪の手ざわり」が5月31日(土)よりル・シネマにて公開とのこと。

「罪の手ざわり」

ル・シネマ ランナップのページより
http://www.bunkamura.co.jp/cinema/lineup/14_sin.html

もしかしたら「長江哀歌(エレジー)」もル・シネマだったのかもしれないけど、それとはかなり作風が違うけど大丈夫かな~。ル・シネマのお客さんて、ふだんヨーロッパ映画を観ているような上品なお客さんが多いんだけど・・・。

「中国で次々と起きている暴力事件の原因の一つは「武侠映画」の影響ではないか」というジャ・ジャンクー監督の、東京フィルメックスでの同作品上映前のビデオメッセージを観たときは「過激な内容に対する、当局向けの目くらましか?」と思ったのだが、映画を観る限り、若干本気なのか・・・監督の本心は不明のまま。

私は「現状に対する不満の爆発」「軽んじられた自己の復権」かと思うのだけど(日本なら裁判に訴えられるけれども、中国国内では、その解消方法がない)、映画の中ではこれという結論は出ないまま。

個人的にはチアン・ウエンの弟さん、チアン・ウーをもう一度観たいので行ってくるかな。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

沖縄映画祭で「ミスターGO!」上映 

 

3月20日(木)~24日(月)開催される沖縄映画祭のラインナップが発表されました。
シュー・チャオちゃん主演の「ミスターGO!/Mr.GO」が上映されます。

沖縄映画祭 公式サイト
http://www.oimf.jp/

「ミスターGO!」
http://eiga.com/movie/79740/

「ミスターGO!/Mr.GO」が上映されるのはLaugh部門・Peace部門です。
「ミスターGO!」(韓国映画)の一般公開は5月24日(土)からです。

「ミラクル7号」のシュー・チャオちゃん、すっかり大きくなって毛深くなって・・・ってそれは主演のゴリラですから!シュー・チャオちゃんはゴリラの調教師役のようです。

沖縄映画祭では残念ながら今回香港映画、台湾映画、中国映画は入っていません。



<その他の情報>
・国際シンポジウム+映画上映
 「映画とバリアフリーをめぐって」
  開催日時:2014年3/15(土)13:00- (受付開始12:30-)
 会場:日本映画大学・新百合ヶ丘校舎 4階 大教室(小田急線新百合ヶ丘駅北口徒歩1分)
 入場無料・自由席・定員100名

 プログラム
 13:00・上映(1)『愛について語るときに、語らないこと』(モーリー・スルヤ監督)
 15:00・討議(1)「映画から考えるユニヴァーサル・デザインの設計」
 16:30・上映(2)『AIKI』(天願大介監督)
 18:45・討議(2)「作り手にとってのユニヴァーサル・デザインの在りかた」
 パネリスト:モーリー・スルヤ監督、天願大介監督、石坂健治PD
  20:00・終了予定

 詳細はこちらのページから
 http://www.eiga.ac.jp/exchange/art_management/symposium.html

・吉祥寺バウスシアター
 第7回爆音映画祭リクエスト受付中です。(募集期間2月28日(金)まで)
 残念ながら、バウスシアターは2014年5月末をもって閉館となるそうです。今回が最後の爆音映画祭となります。

 バウスを巡る映画たち
 4月26日(土)~5月16日(金)

 第7回爆音映画祭
 4月26日(土)~5月31日(土)

 第7回爆音映画祭 公式サイト
 http://www.bakuon-bb.net/

 爆音映画祭リクエストのページ
 http://www.bakuon-bb.net/request_do.html

・「おとなの週末」3月号

 「おとなの週末」3月号

 「香港・ソウル・台北」の紹介が載っています。どちらかというと初心者向けの内容かな・・・。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

ベルリン映画祭に出席8 

 

ベルリン映画祭は現地時間2月16日(日)に閉幕しましたが、夜には映画組織委員会主催の祝賀パーティが開催されました。
審査員のトニーさんと、最優秀男優賞を受賞した「白日焰火」の廖凡。

トニーさん&廖凡@ベルリン映画祭

トニーさんとベルリン映画祭の皆さん


わーい、トニーさんの隣にグイ・ルンメイちゃんが♪

トニーさん&グイ・ルイメン&廖凡@ベルリン映画祭

トニーさん、カリーナ、廖凡の3ショット。

トニーさん&カリーナ&廖凡@ベルリン映画祭


男の火花を散らしあう、映画のワンシーンのような、なんだか怪しげなツーショット・・・。

トニーさん&廖凡


http://ent.163.com/14/0217/11/9L9HR4ES000300B1.html#p=9L9HTEUL00B50003

category: トニー・レオン

tb: 0   cm: 2

△top

ベルリン映画祭に出席7 

 

ベルリン現地時間2月15日(土)夜、授賞式が行われました。

香港で忙しくお仕事中だったカリーナも受賞式に出席し、華を添えました。

トニー&カリーナ@ベルリン映画祭

トニー&カリーナ@ベルリン映画祭2

http://hk.on.cc/hk/bkn/cnt/entertainment/20140216/bkn-20140216015330608-0216_00862_001.html

トニー&カリーナ@ベルリン映画祭3

トニーさん@ベルリン映画祭

http://big5.xinhuanet.com/gate/big5/news.xinhuanet.com/ent/2014-02/16/c_126141451.htm


なんと最優秀男優賞は「白日焰火」の廖凡でした!トニーさんからトロフィーを受賞する廖凡。

トニーさん&廖凡

「白日焰火」は最佳電影賞も受賞しました。グイ・ルンメイちゃんも出演しているし、日本公開してくれないかな。


最優秀主演女優賞は山田洋次監督「小さいおうち」の黒木華さんでした!こちらもビックリ!!

黒木華@ベルリン映画祭


「小さいおうち」、原作は読んでるんですが、小説の繊細な心のひだの部分を映画化するの難しいんじゃないかなあ~なんて(←上から目線)勝手に思って観に行く気はなかったのですがやっぱり観た方がいいかな。黒木華さん好きだし。


ロウ・イエ監督の「推拿」は、芸術貢献賞(撮影)を受賞しました。

ロウ・イエ監督@ベルリン映画祭


「推拿」というタイトルの通り、マッサージのことなのですが、盲人のマッサージ師の生活や感情を描いた作品のようです。

http://hk.on.cc/hk/bkn/cnt/entertainment/20140216/bkn-20140216023134806-0216_00862_001.html

その他、すべての受賞結果は下記のヤフーNEWSのページに載っています。

http://movies.yahoo.co.jp/m2?ty=nd&id=20140216-00029357-hollywood

category: トニー・レオン

tb: 0   cm: 0

△top

ベルリン映画祭に出席6 

 

ベルリン映画祭に出席中のトニーさん。ベルリン映画祭は16日には閉幕、あと少しです。

トニーさん@ベルリン映画祭

http://hk.on.cc/hk/bkn/cnt/entertainment/20140213/bkn-20140213235440835-0213_00862_001.html

トニーさん@ベルリン映画祭2


こちらはベルリン映画祭に出席のグイ・ルンメイちゃん。


グイ・ルンメイちゃん@ベルリン映画祭

スレンダーですわん!

グイ・ルンメイちゃんら@ベルリン映画祭

「白日焰火」という作品で廖凡、王學兵と共演。王學兵は「サイレント・ウォー/聴風者」でトニーさんとも共演しています。(ブルーバックの画像、左端の帽子・眼鏡の男優)
「白日焰火」は「犯罪愛情電影」だそうです。


こちらはロウ・イエ監督の「推拿」で主演のチン・ハオ君と伊能静。

チンハオ@ベルリン映画祭

チン・ハオ君、ロウ・イエ監督の作品ではすっかりお馴染みとなりましたね。同監督の「二重生活」(チン・ハオ君主演)は今年日本公開予定です。


あと、こちらは「無人区」(ニン・ハオ監督)のポスター。

「無人区」


この中からどれくらい日本で公開されるのでしょう。ニン・ハオ監督は「クレイジー・ストーン」で定評がありますし、是非とも観てみたいです。



ところで2月15日(土)は大阪アジアン映画祭の前売り券の発売日でした。皆様ご希望のチケットはゲットできましたでしょうか。
私は最近仕事でもプライベートでも忙しく、土日とはいえ必ず行けるという確定が取れないのと体力的なことで、今回は参加を見送りました。

大阪アジアン映画祭で上映される作品が、一つでも多く日本で公開されることを祈ります。

category: トニー・レオン

tb: 0   cm: 0

△top

ベルリン映画祭に出席5 

 

ベルリン映画祭に出席中のトニーさん。閉幕式まであと少しです。加油!

トニーさん@ベルリン映画祭1

↓「ILO ILO」のアンソニー・チェン監督と。

トニーさん@ベルリン映画祭2

↓台湾映画「白米炸彈客」の黃健瑋、謝欣穎と。

トニーさん@ベルリン映画祭3



ところで、先日のNEWSによりますと、亜州電影大奨に「一代宗師」が11部門でノミネートされたそうです。亜州電影大奨の日程はわかりませんが、香港電影金像奨より前、3月ごろの開催ではないかと思います。
http://hk.on.cc/hk/bkn/cnt/entertainment/20140211/bkn-20140211151134214-0211_00862_001.html



<今日の情報>
・2月13日(木)朝日新聞日刊 「ひと」 「光にふれる」のホアン・ユイシアンが載っています。

ホアン・ユイシアン

・【特別上映会開催決定】3/30(日)「東京国際映画祭 アジア傑作選」開催!
 東京国際映画祭 アジア傑作選
 開催日:2014年3/30(日)
 会場:シネマート六本木
 料金:1作品1,000円(税込) / 通し券2,500円(税込) 全席自由
 上映作品/上映時間(予定):
『ある理髪師の物語』11:00-(10:30開場)
『オルドス警察日記』14:00-(13:30開場)
『今日から明日へ』17:00-(16:30開場

 東京国際映画祭公式サイト NEWSのページより
 http://2013.tiff-jp.net/news/ja/?p=24109
 
・「HERS」3月号

「HERS」3月号

「賀来千香子さんの 香港最新コンフィデンシャル」 香港のレストランが特集されています。

category: トニー・レオン

tb: 0   cm: 0

△top

大阪アジアン映画祭ラインナップ発表! 

 

2月11日(祝)、シネマート六本木にて16:00からの「項羽と劉邦 鴻門の会」の上映最終日になんとか滑り込み、TOHOシネマズ六本木ヒルズ19:00からのMaydayのノアの方舟上映を観て帰ってきたら大阪アジアン映画祭のラインナップが発表になってましたよ。(前置き長っ!)

大阪アジアン映画祭公式サイト
http://www.oaff.jp/2014/ja/index.html

香港・台湾・中国の作品をピックアップしますと、
<オープニング上映>
KANO」 2014年|台湾
監督:マー・ジーシアン(馬志翔)
出演:永瀬正敏、坂井真紀、大沢たかお、伊川東吾、ツァオ・ユーニン、チャン・ホンイ、ツォン・ヤンチェン、シエ・チュンシェン、シエ・ジュンジエ

<コンペティション部門>
「越境/過界」 2013年|香港|95分
監督:フローラ・ラウ(劉韻文 Flora LAU)
出演:カリーナ・ラウ、チェン・クン、ステファニー・チェー

「ある複雑なお話/一個複雑故事」 2013年|香港|108分
監督:キウィ・チョウ(周冠威 Kiwi CHOW)
出演:ジャッキー・チュン、チュウ・チーイン、ステファニー・チェ

「甘い殺意/甜蜜殺機」 2014年|台湾|114分
監督:リエン・イーチー(連奕琦 LIEN Yi-chi)
出演:アリエル・リン、アレック・スー、マット・ウー


<特別招待作品>
「アイス/冰毒」 2014年|台湾・ミャンマー|95分
監督:ミディ・ジー(趙德胤 Midi Z)
出演:ウー・クーシー、ワン・シンホン

「春夢/春夢」 2012年|中国・香港|98分
監督:ヤン・リーナー(楊荔鈉 YANG Lina)
出演:チャオ・スーユエン、フー・ジャー、タン・ジーピン

「一分間だけ/ 只要一分鐘」 2014年|台湾・日本|110分
監督:チェン・フイリン(陳慧翎 CHEN Weiling)
出演:チャン・チュンニン、ピーター・ホー、池端レイナ

「So Young/致我們終將逝去的青春」 2013年|中国|131分
監督:ヴィッキー・チャオ(趙薇  Vicky ZHAO)
出演:マーク・チャオ、ハン・ゴン、ヤン・ズーシャン

「失魂/失魂」 2013年|台湾|112分
監督:チョン・モンホン(鍾孟宏 CHUNG Mong-hong)
出演:ジミー・ウォング、ジョセフ・チャン、チェン・シアンチー


<台湾:電影ルネッサンス2014>
「KANO」
「一分間だけ」
「甘い殺意」
「アイス」


「戦酒/戰酒」 2013年|台湾|80分|長編ドキュメンタリー
監督:ピーター・タン(唐振瑜 Peter TANG)

「上から見る台湾/看見台灣」 2013年|台湾|93分|長編ドキュメンタリー
監督:チー・ポーリン(齊柏林 CHI Po-lin)


<小特集:台湾語映画、そして日本>
「おばあちゃんの夢中恋人/阿嬤的夢中情人」 2013年|台湾|124分
監督:北村豊晴(KITAMURA Toyoharu)、シャオ・リーショウ(蕭力修 SHIAO Li-shiou)
出演:ラン・ジェンロン、アン・シンヤ、ワン・ボージエ

「温泉郷のギター/温泉郷的吉他」 1966年|台湾|95分
監督:チョウ・シンイー(周信一 ZHOU Xin-yi)
出演:リー・フォン、ホァン・チウティエン、チェン・ユンチン

「台中州高砂族の内地観光/台中州高砂族内地観光」 1936年|台湾(日本)|14分|サイレント短編ドキュメンタリー
監督:何基明(HO Kee-ming)

「台北の女学生」 1940年頃|台湾(日本)|18分|サイレント短編ドキュメンタリー
監督:撮影者不詳


特集企画《Special Focus on Hong Kong 2014》
「ある複雑なお話」
「越境」


「狂舞派/狂舞派」 2013年|香港|110分
監督:アダム・ウォン(黄修平 Adam WONG)
出演:チェリー・ガン、ベビージョン・チョイ、ロックマン・ヨン


<追悼 ランラン・ショウ>
「大酔侠/大酔侠」 1966年|香港|91分
監督:キン・フー(胡金銓 King HU)
出演:チェン・ペイペイ、エリオット・ゴク、チャン・ホンリッ

「片腕必殺剣/獨臂刀」 1967年|香港|110分
監督:チャン・チェ(張徹 CHANG Cheh)
出演:ジミー・ウォング、リサ・チャオ、バイオレット・パン

「空とぶギロチン/ 血滴子」 1975年|香港|101分
監督:ホー・メンホア(何夢華 Ho Meng-Hua)
出演:チェン・カンタイ、クー・フェン、ワイ・ワン


上映スケジュールはこちらのページ
http://www.oaff.jp/2014/ja/schedule/index.html

前売り券は2月15日(土)より発売開始です。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

ベルリン映画祭に出席4 

 

ベルリン映画祭に出席中のトニーさん、ワインを飲んでちょっと休息。

トニーさん@ベルリン映画祭

審査員なので少なくとも映画を一日三本は観なければならないのだそうですが、もともと映画好きなトニーさんなのでそれほど苦ではないのでは・・・と思います。

http://hk.on.cc/hk/bkn/cnt/entertainment/20140209/bkn-20140209132555786-0209_00862_001.html


ベルリン映画祭には「魔警」のダンテ・ラム監督、ニック・チョン、ダニエル・ウーも出席。

「魔警」チーム

http://hk.on.cc/hk/bkn/cnt/entertainment/20140208/bkn-20140208235908685-0208_00862_001.html

こちらは「那夜凌晨,我坐上了旺角開往大埔的紅Van」(タイトル長っ!訳すと「あの夜の明け方、僕は旺角から大埔行きの赤いVanに乗っていた」というところでしょうか)のサイモン・ヤム、クララ・ウェイら。

「那夜」チーム

http://hk.on.cc/hk/bkn/cnt/entertainment/20140208/bkn-20140208105107699-0208_00862_001.html

二本とも、日本で公開あるのでしょうか。「魔警」はかなり期待しています。

昨年、東京国際映画祭で、新作でニック・チョンの共演相手にトニーさんを起用したいと言っていたダンテ・ラム監督、奇しくもその話題の三名が、ベルリン映画祭に出席しているというのにはなんだか縁を感じます。
実現してほしいなあ・・・。

category: トニー・レオン

tb: 0   cm: 0

△top

ベルリン映画祭に出席3 

 

引き続き、ベルリン映画祭でのトニーさんの画像。

トニーさん@ベルリン映画祭1

トニーさん@ベルリン映画祭2

http://hk.on.cc/hk/bkn/cnt/entertainment/20140208/bkn-20140208131448437-0208_00862_001.html


今日(といってももう昨日になってしまいましたが)2月8日(土)は用事が入らなかったので、六本木19時からのMaydayの映画を観に行こうと思っていたのですが、関東は大雪のため、断念しました。
ネットでチケットも買ってあったのに・・・(泣)。

category: トニー・レオン

tb: 0   cm: 0

△top

ベルリン映画祭に出席2 

 

引き続き、ベルリン映画祭に出席しているトニーさんの画像を貼っていきます。

トニーさん@ベルリン映画祭1

2月6日の夜でしょうか。審査員の一員としてレッドカーペットも歩いたようです。昨年のベルリン映画祭ではチャン・ツィイーと一緒に「グランド・マスター」の主演として歩いたのが思い出されます。あっという間の一年・・・。

トニーさん@ベルリン映画祭2

トニーさん@ベルリン映画祭3

トニーさん@ベルリン映画祭5

トニーさん@ベルリン映画祭4

「カンヌとベルリンとの違いは?」という記者の質問に、トニーさんは「砂浜。」(カンヌには砂浜があります)と冗談で答えたそうです。そしてその後「カンヌよりもベルリンの方が食べ物が美味しい」とも。

こちらはベルリン映画祭の記者会見でのトニーさんの動画です。



ベルリン映画祭でのトニーさんの記事
http://hk.on.cc/hk/bkn/cnt/entertainment/20140207/bkn-20140207001211940-0207_00862_001.html (動画あり)

http://hk.on.cc/hk/bkn/cnt/entertainment/20140207/bkn-20140207044654216-0207_00862_001.html (動画あり)

http://ent.sina.com.hk/news/-2812-1077704/1.html

http://yule.sohu.com/20140207/n394540643.shtml

http://big5.xinhuanet.com/gate/big5/news.xinhuanet.com/ent/2014-02/07/c_126093152.htm

http://big5.xinhuanet.com/gate/big5/news.xinhuanet.com/ent/2014-02/07/c_126094105.htm


<その他の情報>
・〈春のプチ香港・中国エンターテイメント映画まつり〉の特設ページが出来ました!

 http://www.cinemart.co.jp/theater/special/hongkong-spring2014/

・「CREA(クレア)」3月号
 
 「CREA」3月号

 <食在香港>・・・香港のレストランやホテルの紹介記事が載っています。

category: トニー・レオン

tb: 0   cm: 0

△top

ベルリン映画祭に出席 

 

トニーさんは2月6日(木)より開幕したベルリン映画祭にコンペティション部門の審査員として出席しました。

トニーさん@ベルリン映画祭2

トニーさん@ベルリン映画祭3

なにげに袖の生地の色が違うというスーツを着てますよ。おっしゃれ~。

トニーさん@ベルリン映画祭4


トニーさん@ベルリン映画祭1


作品の審査という重責はありますが、様々な国の俳優さんや映画監督との有意義な交流ができることは得難い体験であるかと思います。
トニーさん、頑張ってください!

ベルリン映画祭は2月16日(日)に閉幕となります。

http://ent.sina.com.hk/news/-2-1077612/1.html

category: トニー・レオン

tb: 0   cm: 2

△top

「一代宗師」金像奨14部門でノミネート 

 

今年春開催される第33回香港金像奨にて「グランド・マスター/一代宗師」が14部門でノミネートされました!

「一代宗師」

ノミネートされたのは最優秀作品賞、最優秀主演男優賞(トニー・レオン)、最優秀主演女優賞(チャン・ツィイー)、最優秀監督賞ほか14部門。
2月6日夜追記:そのほか脚本賞、助演男優賞(マックス・チョン)、撮影賞、編集賞、美術賞、衣装デザイン賞、アクション賞、音楽賞、音響効果賞、視覚効果賞でノミネート。

あとで他のノミネートされた部門を追記しますが、アジアンパラダイスさんのNEWSに詳細が載っていますのでURLを貼っておきます。

「第三十三回香港電影金像奨ノミネート発表!」(アジアンパラダイス)
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2014/02/post-2077.html


http://hk.on.cc/hk/bkn/cnt/entertainment/20140205/bkn-20140205145752781-0205_00862_001.html

ところで今年の香港金像奨って何月何日なんでしょう?
2月6日夜追記:4月13日(日)のようです。↓下記の中華NEWSより。
http://big5.xinhuanet.com/gate/big5/news.xinhuanet.com/ent/2014-02/06/c_126091030.htm


そして今週末2月8日(土)から〈春のプチ香港・中国エンターテイメント映画まつり〉の前売り券がシネマート六本木にて発売になります!
上映作品は
「サイレント・ウォー/聴風者」主演:トニー・レオン、ジョウ・シュン
「ツイン・ドラゴン」 主演:ジャッキー・チェン
の2作品です。

料金:1,300円
※本券1枚につき、いずれか1作品をご鑑賞になれます。
特典:場面写真
※4種類からお好きなものを1点お選びいただけます
※特典は数量限定です。なくなり次第終了とさせていただきます、とのこと。

「サイレント・ウォー」の場面写真は2種類あります。

「サイレント・ウォー」場面写真

シネマート六本木 トピックスのページより
http://www.cinemart.co.jp/theater/roppongi/topics/#011262


<その他の情報>
「キネマ旬報」2月下旬決算特別号

「キネマ旬報」

各配給会社の今年公開予定の作品名一覧が載っています。
チャウ・シンチーの「西遊・降魔篇」、ジャ・ジャンクー監督の「罪の手ざわり」、ツアイ・ミンリャン監督の「郊游(原題)」、「狄仁傑之神都龍王」などの作品名がありました。
2月6日夜追記:ジャッキー・チェン主演の「ポリス・ストーリー2013」、ワン・ビン監督の「収容病棟」も載っていました。


category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

イオンシネマにて「インファナル・アフェア」上映 

 

全国のイオンシネマにて「インファナル・アフェア」が上映されます!
イオンシネマ「名作の旅に出よう シネパス」
開催期間 4月7日(月)~2015年3月20日(金)まで

上映作品一覧、シネパスが行われる全国の劇場一覧はこちらのページ
http://www.aeoncinema.com/event/cine-pass/cinema.html

上映スケジュールはこちらのページ
http://www.aeoncinema.com/event/cine-pass/schedule.html

劇場によって上映スケジュールが変わりますが、関東地域のイオンシネマですと
「インファナル・アフェア」の上映日は
6月9日~13日(グループ2)
2015年1月13日~16日(グループ3) のようです。表の見方、合ってるかしらん?

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

Happy Smile! 

 

トニーさんのFaceBookより。

トニーさん

スノーボードを手に満面の笑顔のトニーさん。あまりに素敵な笑顔なので拙ブログにも貼らせていただきました、スミマセン。
しっかり休暇を楽しまれたでしょうか?



ここのところ、私は仕事が多忙で残業(加班)続きです。本来お休みの曜日にも休日出勤(加班)しないと仕事が終わりません。(中国語では、残業も休日出勤も「加班」と言います)

その上、週末は所用で遠くまで出かけていますので、最近なかなか映画が観られません・・・。

「項羽と劉邦  鴻門の会」、Maydayの「NOWHERE ノアの方舟」はそんな中でもなんとか時間をとって観たいと思っているのですが・・・。
映画好きにとっては映画が観られない日々というのは、それなりのストレスです。


かろうじて夜の情報検索はできてますので、大阪アジアン映画祭のラインナップが発表になりましたら、拙ブログからもお知らせします。

category: トニー・レオン

tb: 0   cm: 0

△top