ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

アニタ・ムイ追悼コンサートで歌う 

 

12月30日(月)の夜、香港でアニタ・ムイの追悼コンサート「梅艷芳‧10‧思念‧音樂‧會」が開催されました。

トニーさんは「朦朧夜雨裡」を歌ったそうです。

トニー・レオン@アニタ・ムイ追悼コンサート3

トニーさん@アニタ・ムイ追悼コンサート1

私は当初、クリスマスに追悼コンサートが開催されると勘違いしていました、以前のブログの記事にも「クリスマス」と書いてしまいました、ごめんなさい。実際はアニタ・ムイの命日12月30日に開催でした。

トニーさん@アニタ・ムイ追悼コンサート2

10年前の12月30日にこの世を去ったアニタ・ムイの追悼コンサート「梅艷芳‧10‧思念‧音樂‧會」に出席したのはジャッキー・チョン、トニー・レオン、カリ-ナ・ラウ、アンディ・ラウ、レオン・カーファイ、イーソン・チャン、アンディ・ホイ、サミー・チェン、ミリアム・ヨン、デニス・ホー、マギー・チャンら。
彼らはクリスマス休暇中にもかかわらず、国外に遊びに行くこともなくこのコンサートの為のリハーサルなどで忙しく過ごしたようです。

香港明星たちの優しさと団結力に改めて感動します。

http://hk.on.cc/hk/bkn/cnt/entertainment/20131230/bkn-20131230215748320-1230_00862_001.html


<今日の情報>
・「温故希林」の再放送が決定しました!
 1月1日(水)NHKBSプレミアム 午後10:30~11:00 「温故希林」第1回 とことん!台湾茶芸
 1月2日(木)NHKBSプレミアム 午後10:30~11:00 「温故希林」第2回 台湾生まれの日本工芸
 1月3日(金)NHKBSプレミアム 午後10:30~11:00 「温故希林」第3回 山の民の美しき手仕事

 http://www4.nhk.or.jp/onkokirin/

・1月4日(土)NHK総合 午後7:30~8:45 「大航海ごはん」 マカオ料理が出てくるそうです。

・「1月の予定」に 連続講義「怪奇映画天国アジア」第3回「クメールの影」1月19日(日)@映画美学校試写室、特集 アジア映画で〈世界〉を見る1月26日(日)・2月2日(日)@映画美学校試写室

 が抜けていましたので追加しておきます。

スポンサーサイト

category: トニー・レオン

tb: 0   cm: 0

△top

<春のプチ香港・中国エンターテイメント映画まつり>開催決定! 

 

本日(もう昨日になってしまいましたが)のシネマート新宿&六本木さんのツイッター情報より。

2014年<春のプチ香港・中国エンターテイメント映画まつり>開催決定!とのことです。
上映作品はトニー・レオン、ジョウ・シュン主演の「サイレント・ウォー/聴風者」とジャッキー・チェン主演の「ツイン・ドラゴン」だそうです。

<春のプチ香港・中国エンターテイメント映画まつり>

シネマート六本木にて4月5日(土)から、とのこと。早く春にならないかな~。
(シネマート六本木さん、前売り特典も宜しくおねがいします♪)


今年は「大魔術師」「グランド・マスター」を日本の映画館で観られて、来年は「サイレント・ウォー」が観られる予定。
次の(来年の)トニーさんの新作が何になるのかはまだ情報が入ってきませんが、引き続き日本で新作が公開されるといいですね。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 2

△top

シュー・チャオ主演韓国映画「Mr.Go」(原題)2014年公開 

 

シュー・チャオちゃん主演の韓国映画「Mr.Go」(原題)が2014年5月公開とのこと。

「Mr.Go」の予告編。




中国の雑技団のスターのゴリラが韓国のプロ野球にスカウトされるというお話らしい。
シュー・チャオちゃんと言えば「ミラクル7号」、台湾映画「星空」。
「未来警察 Future X-cops」ではアンディ・ラウとも共演していました。
韓国映画にも出演していたんですね、元気一杯で可愛い~~!

ギャガさんのページ 「Mr.Go」の紹介記事
http://www.gaga.co.jp/cinemas/detai l/741
監督:キム・ヨンファ
キャスト:シュー・チャオ、オダギリ・ジョー(オダギリ・ジョーはカメオ出演らしいです)

2014年5月シネマライズほか全国順次ロードショー

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

1月の予定 

 

映画「項羽と劉邦 鴻門の会」が皆様の熱い応援のお陰でドリパスの「上映候補」となりました!
ありがとうございます!
上映会などの告知がありましたらまた拙ブログでもお知らせします。チケットが予定枚数売れないと上映会が成立しないからまだまだ安心できません。

ドリパスのページ(一番下の方に「上映候補」として載っています)
https://www.dreampass.jp/

以下、ちょっと早いけど、1月の予定、自分用覚書。

<映画上映>
1月10日(金)「危険な関係」公開
http://www.kikennakankei.jp/

1月11日(土)「ドラッグ・ウォー 毒戦」公開@新宿シネマカリテ
http://www.alcine-terran.com/drugwar/

1月11日(土)「グォさんの仮装大賞」公開@シネマート新宿
http://guosan.jp/

1月11日(土)「大捜査の女」「ジ・エレクション 仁義なき黒社会」公開@シネマート六本木
http://www.cinemart.co.jp/theater/roppongi/index.html

1月17日(金)・18日(土)・19日(日)ちば映画祭@千葉市民会館小ホール
「ポーとミーのチャチャ」上映(1月19日(日))
http://www.chibaeigasai.com/

1月19日(日)連続講義「怪奇映画天国アジア」第3回「クメールの影」@映画美学校試写室
http://www.athenee.net/culturalcenter/program/kaiki/asia.html

1月25日(土)~1月31日(金)「憂鬱な楽園」上映@神保町シアター
http://www.shogakukan.co.jp/jinbocho-theater/program/futari.html

1月26日(日)・2月2日(日)特集 アジア映画で〈世界〉を見る@映画美学校試写室
http://www.athenee.net/culturalcenter/program/as/sekai.html


<テレビ放送>
1月1日(水)NHKBSプレミアム 午後10:30~11:00 「温故希林」第1回 とことん!台湾茶芸

1月2日(木)NHKBSプレミアム 午後9:30~10:30 「水川あさみ ベトナム一号線をゆく」(前編)

1月2日(木)NHKBSプレミアム 午後10:30~11:00 「温故希林」第2回 台湾生まれの日本工芸

1月3日(金)NHKBSプレミアム 午後9:30~10:30 「水川あさみ ベトナム一号線をゆく」(後編)

1月3日(金)NHKBSプレミアム 午後10:30~11:00 「温故希林」第3回 山の民の美しき手仕事

1月4日(土)NHK総合 午後7:30~8:45 「大航海ごはん」 マカオほか

1月4日(土)NHKBSプレミアム 午後8:30~10:00 「体感!グレートネイチャーSP」大空から絶景に大接近!決死の空中作戦スペシャル 映画“アバター”のモデルになった中国・石の森に上空から迫る

1月4日(土)日本テレビ 午後9:00~11:18「金田一少年の事件簿 獄門島殺人事件」ウー・ズン出演

1月5日(日)Tweiiv 午後9:00~9:54 「高田純次のアジアぷらぷら」

1月6日(月)テレビ東京 午後1:25~3:25 「燃えよドラゴン」

1月6日(月)BS朝日 午後7:00~8:54 「大和田兄弟ぐるり鉄道旅!~タイ王族知られざる絶景と世界遺産~」

1月7日(火)テレビ東京 午後1:25~3:25 「少林サッカー」

1月8日(水)テレビ東京 午後1:25~3:25 「酔拳2」

1月11日(土)テレビ朝日 午前8:00~9:30 「朝だ!生です旅サラダ」 マレーシアの旅

1月11日(土)フジテレビ 午後0:00~1:00 「ぶらぶらサタデー 有吉君の正直さんぽ初海外だよ!香港SP」

1月11日(土)フジテレビ 午後7:00~8:54 「超潜入!リアルスコープハイパー新幹線と豪華列車の裏側全部見せます2時間SP」

1月11日(土)TBS 午後9:00~9:54 「世界ふしぎ発見!」ブータン

1月12日(日)BSジャパン 午後7:00~8:55 「ヨーロッパ水風景」名取裕子 
 ベトナム ホーチミン~ハノイ~ハロン湾(前編)

1月12日(日)Tweiiv 午後9:00~9:54 「高田純次のアジアぷらぷら」

1月15日(水)フジテレビ 午後7:00~7:54 「おじゃマップ」 台湾でおジャーマップ 田村亮らと絶品料理を食べまくりほか

1月15日(水)フジテレビ 午後7:54~8:54 「世界行ってみたらホントはこんなトコだった!?」 マレーシア

1月15日(水)TBS 午後9:00~10:54 「カンフーハッスル」

1月18日(土)テレビ朝日 午前8:00~9:30 「朝だ!生です旅サラダ」マレーシアの旅

1月19日(日)BSジャパン 午後7:00~8:54 「ヨーロッパ水風景」名取裕子 
 ベトナム ホーチミン~ハノイ~ハロン湾(後編)

1月19日(日)Tweiiv 午後9:00~9:54 「高田純次のアジアぷらぷら」

1月22日(水)フジテレビ 午後7:57~8:54 「世界行ってみたらホントはこんなトコだった!?」
 マレーシア(後編)

1月22日(水)BS日テレ 午後8:00~8:54 「世界水紀行」ベトナム ホーチミン

1月24日(金)NHKBS1 午後7:00~ 「ASIA MUSIC NETWORK #02」

1月24日(金)NHKBS1 午後7:25~ 「ASIA MUSIC NETWORK #03」 maydayインタビュー

1月25日(土)テレビ朝日 午前8:00~9:30 「朝だ!生です旅サラダ」マレーシアの旅

1月25日(土)NHKBS1 深夜2:00~ 「ASIA MUSIC NETWORK #03」maydayインタビュー(再放送)

1月26日(日)Tweiiv 午後9:00~9:54 「高田純次のアジアぷらぷら」

1月31日(金)テレビ東京 午後9:00~10:48 「所でナンじゃこりや!?」(仮題)
 世界各地の不思議な映像を解説する  バイクで埋め尽くされている台湾の坂道ほか

1月31日(金)日本テレビ 午後11:00~11:30 「アナザースカイ」 シンガポール

※WOWOWにて1月1日「クラウド アトラス」、2日「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」、7日「宇宙人王さんとの遭遇」、13日「ドラゴンゲート 空飛ぶ剣と幻の秘宝」、18日「ライク・サムワン・イン・ラブ」


※1月27日情報を更新しました。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

台湾映画「KANO」、大阪アジアン映画祭のオープニング上映作品に 

 

台湾映画「KANO」が2014年第9回アジアン映画祭のオープニング上映作品に選ばれました!

「KANO」

プロデューサー・脚本:魏徳聖(ウェイ・ダーシェン)
監督:馬志翔(マー・ジーシャン)
キャスト:永瀬正敏、大沢たかお、坂井真紀、伊川東吾

第9回大阪アジアン映画祭 公式サイト
http://www.oaff.jp/2014/ja/index.html
開催期間:2014年3月7日(金)~16日(日)

大阪アジアン映画祭が楽しみですね。来年も大阪まで観に行きたいです!


<その他の情報>
・神保町シアターで上映されるホウ・シャオシェン監督作品「憂鬱な楽園」の上映時間が発表になりました。
 「憂鬱な楽園」上映開始時間
 1月25日(土)午前11:00~ 
 1月26日(日)午後1:15~
 1月27日(月)午後4:40~
 1月28日(火)午後7:15~
 1月29日(水)午後4:30~
 1月30日(木)午後0:00~
 1月31日(金)午後7:15~

 ふたりぼっちの物語~「ふたり」が紡ぐ「ひとつ」の映画@神保町シアター
 http://www.shogakukan.co.jp/jinbocho-theater/program/futari.html

 お出かけになる際は神保町シアターのサイトにて上映スケジュールを予めご確認ください。

・インド映画「エージェント・ヴィノッド 最強のスパイ」2014年2月8日より特別限定上映@シネマート六本木

「エージェント・ヴィノッド 最強のスパイ」
 
 「エージェント・ヴィノッド 最強のスパイ」公式サイト
http://www.cinemart.co.jp/theater/special/agent-vinod/

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

「グランド・マスター」がアカデミー賞外国語映画賞候補に 

 

「グランド・マスター/一代宗師」がアカデミー賞外国語映画賞の候補になったそうです。

トニーさん

第86回アカデミー賞外国語映画賞の候補作品9本が発表され、「グランド・マスター」が候補作品入りしました。
候補作品は下記のとおり。
『オーバー・ザ・ブルースカイ』フェリックス・ヴァン・フルーニンゲン監督(ベルギー)
『鉄くず拾いの物語』ダニス・タノヴィッチ監督(ボスニア・ヘルツェゴビナ)
『ザ・ミッシング・ピクチャー(英題)/ The Missing Picture』リティー・パニュ監督(カンボジア)
『偽りなき者』トマス・ヴィンターベア監督(デンマーク)
『トゥー・ライヴス(英題) / Two Lives』ゲオルク・マース監督(ドイツ)
『グランド・マスター』ウォン・カーウァイ監督(香港)
『ザ・ノートブック(英題)/ The Notebook』ヤーノシュ・サース監督(ハンガリー)
『ザ・グレイト・ビューティー(英題)/ The Great Beauty』パオロ・ソレンティーノ監督(イタリア)
『オマール(原題)/ Omar』ハニ・アブ・アサド監督(パレスチナ)

ノミネート5作品は来年1月16日(現地時間)に発表され、授賞式は同3月2日にハリウッド&ハイランド・センターにあるドルビーシアターで開催されるそうです。
5作品に絞られた時点で「グランド・マスター」が入っていれば、授賞式にトニーさんが出席するかもしれないですね。

NEWS記事
http://news.livedoor.com/article/detail/8369286/

あともう一つ、トニー・ファンとしては嬉しいNEWSが。
来年春、トニーさん主演の「聴風者」が日本で上映されるそうです。詳しくはシネマート心斎橋さんのツイッターをご覧ください。
(お知らせありがとうございます!)
また詳しい情報が判明しましたらその都度拙ブログでもお知らせします。



12月21日(土)には前々から観たいと思っていた「鑑定士と顔のない依頼人」と「アイ・ウェイウェイは謝らない」を観てきました。

「鑑定士と顔のない依頼人」@新宿武蔵野館
(エレベータ扉も「鑑定士と顔のない依頼人」仕様)

「鑑定士と顔のない依頼人」1 「鑑定士と顔のない依頼人」2



新宿武蔵野館、12:50からの回は上映40分前で既に「残席わずか」となっていて上映時は立ち見の人もいらっしゃり盛況でした。
トルナトーレ監督ということでかなり期待して観に行ったのですが、なかなか面白かったです。ネタばれするといけないので余計なことは書けないのがもどかしいのですが、たぶん男性でも女性でも楽しめる映画だと思います。

私はこの主人公の鑑定士がとても好きになりました。接触恐怖症というのか普段から手袋をはめたままでしか生活できず、女性と眼を合わせることもできないけれども、オークションの仕事は完璧で、性格は尊大でかんしゃく持ち。
そういう彼が、顔の見えない依頼人に最初は好奇心から、途中からは恋心を抱いていく。

トニーさんがあと20年くらいしたらこういう役を演じたらどうだろうか、などと考えながら観てしまいました。



「アイ・ウェイウェイは謝らない」@シアター・イメージフォーラム
(シアター・イメージフォーラムの側面巨大ポスターが圧巻!)

「アイ・ウェイウェイは謝らない」

新宿に出たついでに渋谷にて鑑賞。観る前は記録映画というくらいの認識で、以前森美術館での展覧会を観ていたのでアイ・ウェイウェイの主張なりは捉えていたものの、さほど期待せずに観たのですが、かなり刺激的な映画でした。

彼の中国政府に対する姿勢は一貫していて、一流の芸術家であるだけでなく、闘う芸術家でもあるというのが本当に素晴らしい。ある意味、弾圧したことによって更に彼を一流に押し上げ世界的に存在を認知させてしまったことを中国政府はどう思っているのかな。苦々しく思っているのか、はたまた屁とも思っていないのか。

中国国内で、事なかれ主義の人が大多数だとは思うのですが彼の活動に共感してボランティアで参加している中国人の人たちを見ていると、決して十把ひとからげで見てはいけないなと思いました。

秘密保護法が通った日本からも、個人の尊厳の大切さを訴えることは決して他人ごとだとは言い切れないのです。


余談ですが、彼のアトリエにわらわらといる猫ちゃんやワンちゃんが可愛かったです。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

トニーさん@才子男装2013CM 

 

ここ数日、映画情報もトニーさんの情報も最新情報がなく、ブログの更新が滞っていました。

以前才子男装の2013年版CM動画のURLを貼っていましたが、動画そのものがようつべにUPされていましたのでブログに貼っておきます。




<その他の情報>
来年の正月番組にてまた「金田一少年の事件簿」が放送されます!今度はマレーシアが舞台、今年出演したウーズンがまたリー刑事として出演します。

1月4日(土)日本テレビ 午後9:00~「金田一少年の事件簿 獄門塾殺人事件」
番組URL
http://www.ntv.co.jp/kindaichi-gokumon/

category: トニー・レオン

tb: 0   cm: 6

△top

友人と中環 

 

12月11日(水)(亞洲電影博覽會2013の前日ですね)、トニーさんは友人と車で中環に出かけました。トニーさんがドライバーとなって、男女の友人二人を途中で車に乗せて中環に着いたようです。

トニーさん@中環1

トニーさん@中環2

三人でおしゃべりしながらショッピングモールに入っていったとのこと。

http://hk.on.cc/hk/bkn/cnt/entertainment/20131213/bkn-20131213003055172-1213_00862_001.html


<今日の情報>
・2014年1月18日(土)~2月7日(金)
 ふたりぼっちの物語~「ふたり」が紡ぐ「ひとつ」の映画@神保町シアター
 「憂鬱な楽園」上映 監督:ホウ・シャオシェン 出演:ガオ・ジェ、リン・チャン、伊能静、シュウ・グイイン、キン・ジェウェン
 ほか 全13品上映
 神保町シアターのページ
 http://www.shogakukan.co.jp/jinbocho-theater/program/futari.html


・12/22(日)《香港映画“日本生誕”40周年記念メモリアルデー》@お台場シネマメディアージュ

「燃えよドラゴン ディレクターズカット版」 ブルース・リー 監督:ロバート・クローズ
 11:00より1回上映。1300円均一。

「ドランクモンキー 酔拳 全長版」【Blu-ray】 ジャッキー・チェン 監督:ユエン・ウーピン
 13:30より1回上映。1300円均一。
 ※ドリパスでの販売:1000円。

 お台場シネマメディアージュ 上映スケジュールのページ
 http://hlo.tohotheater.jp/net/schedule/044/TNPI2000J01.do

 《香港映画“日本生誕”40周年記念メモリアルデー》「燃えよドラゴン」&「ドランクモンキー 酔拳 」一日限りの特別上映
 http://www.tohotheater.jp/event/moeyodoragon.html


・「項羽と劉邦 鴻門の会」上映リクエスト@ドリパス
 拙ブログでもご紹介をさせていただきます。
 現在8位となっています。
 スクリーン上映実現の為、皆様の投票をお願いします。
 投票数は累積で増えていきますので、多くの方が毎日投票してくださると上位に上がっていき、上映候補となります。

 「項羽と劉邦 鴻門の会」上映リクエストのページ
 https://www.dreampass.jp/m347418

category: トニー・レオン

tb: 0   cm: 3

△top

傑出演員奨を受賞 

 

トニーさんは本日12月12日(木)、亞洲電影博覽會2013にて傑出演員奨を受賞しました。

トニーさん@亞洲電影博覽會1

トニーさん@亞洲電影博覽會2

おめでとうございます!
トニーさんは奨の受賞について「30年間(演じてきて)幸運だった、資金、良いスタッフ、監督に恵まれて、それに香港電影黄金時代に成長することができた。これは私個人の成績ではなくて共演者、メディア、友人、観衆のおかげだと思う」と謙虚な感想を述べました。
トニーさんは今後の目標は特になくて、ただ映画の撮影を続けていくことを希望しているとのことです。
「50歳を過ぎて、一つの段階を昇って、新しいことに挑戦し、成熟した演技をしたい」と述べたようです。(おおまかな訳ですが・・・)

ところで、クリスマス(クリスマスではなく、命日の12月30日でした)にアニタ・ムイ没後十周年コンサートの際に、トニーさんは歌を歌うことになってるのだそうですが、「何の歌を歌うんですか?」の問いに、トニーさんは笑いながら「ジャッキー・チュンが準備していてくれてるので、(曲目を)待っている。そんなに僕にプレッシャーをかけないで。心を込めることが一番重要で、それにこれは歌の試合ではないから」と答えました。


http://hk.on.cc/hk/bkn/cnt/entertainment/20131212/bkn-20131212161418766-1212_00862_001.html

今夜、やっとトニーさん宛てのXmasカードを描きあげました・・・今から投函しても、もうXmasに間に合わないかと思いますが、トニーさん同様「個心最緊要」(心を込めることが一番大事)、ということで。

Xmasカード


<今日の情報>
・なんと「12月の予定」に、リム・カーワイ監督の「恋するミナミ」公開が抜けていました。
 この後追加しておきます。

 「恋するミナミ」東京 12月21日(土)公開@オーディトリウム渋谷
         関西 12月14日(土)公開
 http://flyme2minami.com/

・「曹操暗殺 三国志外伝/銅雀台」 2014年3月22日公開決定

 http://eiga.com/movie/79653/

category: トニー・レオン

tb: 0   cm: 1

△top

「香港トラムでぶらり女子旅」 

 

「香港トラムでぶらり女子旅」(ダイヤモンド社)
「香港トラムでぶらり女子旅」
池上千恵、永田幸子、小野寺光子 著

今日本屋さんで見つけてさっそく買ってしまいました!
「花様年華」「2046」のロケ地「金雀餐廳」をはじめ、映画ロケ地を巡るトラムさんぽのページもあります。


「台湾エンタメパラダイス Vol.6」(キネマ旬報社)

「台湾エンタメパラダイス Vol.6」

「台湾エンタメパラダイス Vol.6」紹介のページ
http://www.kinejun.com/book/detail/tabid/89/pdid/978-4-87376-788-8/Default.aspx


金髪?銀髪?の表紙のショウ・ルオ、大胆なイメチェンですね。
今日立ち読みしてきたのですが、金馬奨レポート記事があり、小さいですがトニーさんとカリーナのツーショット写真もあります。
最後のページの方に台湾映画「KANO」の紹介が載ってました。

「KANO」、台湾では2014年2月27日公開なんですね。日本では公開いつかな。

「KANO」日本版facebookが出来ていました。
https://www.facebook.com/Kano.japan


12月10日(火)、シネマート六本木にて「ゴールデン・スパイ」「名探偵 ゴッド・アイ」を観てきました。

「ゴールデン・スパイ」 「名探偵 ゴッド・アイ」

「ゴールデン・スパイ」はアレでしたが(笑)、「名探偵 ゴッド・アイ/盲探」は同じ人が主演とは思えないくらい面白かったです!

盲人の探偵アンディが癖がある役どころで、粘着質に犯人を探し出すかと思えば、凄く食いしん坊だったり自己中だったり、自分はハンサムだと思っている自信家だったり、自分の昔の同級生を探し出して欲しいサミーの弱みに付け込んで、報奨金かせぎのためにいろいろ無理難題をやらせるのですが、何故か憎めなくて応援したくなるから不思議です。

ジョニー・トー監督らしく、複数のストーリーを同時進行で畳み掛けて行く展開、被害者の痛みのリアルさと犯罪者が妙に人間的でぞっとするなど、ジョニー・トー色が強く出ています。

監督はこれまでアンディらを起用する時は、アイドルエンターティメント映画に徹していた気がするのですが、アンディも中年期を迎えたせいか、ただ単にイケメン探偵というのではなく、かなり役作りがされているのが見受けられました。

あのスリムな体のどこに入っていくのかわからないくらい美味しそうにペロリと料理をたいらげるアンディは、何故かセクシーでした。

category: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

△top

「アジア映画で<世界>を見る 越境する映画、グローバルな文化」 

 

「アジア映画で<世界>を見る 越境する映画、グローバルな文化」(作品社)

「アジア映画で<世界>を見る」

【執筆者一覧】
石坂健治/市山尚三/宇田川幸洋/金子遊/空族(相澤虎之助・富田克也)/ショーレ・ゴルパリアン/諏訪敦彦/中沢けい/夏目深雪/野崎歓/野中恵子/萩野亮/福間健二/松岡環/森山直人/四方田犬彦/渡邉大輔

作品社「アジア映画で<世界>を見る」(内容紹介のページ)
http://www.sakuhinsha.com/art/24616.html

※12月下旬発売予定とのこと。

「アジア映画で〈世界〉を見る 越境する映画、グローバルな文化」(作品社)刊行記念。重要作品の上映とトーク、講義、シンポジウム
2014年1月26日(日)・2月2日(日)
会場:映画美学校試写室

1月26日(日)
13:00-上映「メコンホテル」(60分)
 +トーク「アピチャッポンの亡霊(ファントム)」:福間健二、渡邉大輔
15:30-参考上映(抜粋)「さまよえるオデッド」「月に空いた穴」
 +講義「徹底・即解 イスラエル映画史」:四方田犬彦
18:30-シンポジウム「エドワード・ヤン以前/以後」:筒井武文、森山直人、舩橋淳

2月2日(日)
13:00-上映「メコン・ホテル」(60分)
14:30-上映「石の讃美歌」(105分)
 +トーク「パレスチナの映画と現在」:土井敏邦、金子遊
17:45-上映「THE DEPTHS」(121分)
 +シンポジウム「アジア映画の境界線」:石坂健治、野崎歓、夏目深雪


詳しくはこちらのページにて
http://www.athenee.net/culturalcenter/program/as/sekai.html



「CREA」1月・2月合併号

 「CREA」1月・2月合併号

 「運命の映画 最愛のドラマ」
 西島秀俊さんのインタビューで、「ジョニー・トーの映画に出たい」との発言が・・・。西島さん、香港映画が似合いそうです。
 東出昌大君の好きな映画三本のチョイスに「ブエノスアイレス」と「トゥヤーの結婚」が入っていました。うむ、なかなか良い青年じゃないか、などとほくそえみつつ。


あと、2014年4月から開催の「第二回 新・午前十時の映画祭」のラインナップに「さらばわが愛、覇王別姫」が入っています。早く書きたかったのに書きそびれてました。(ぐれちゃんのブログより、情報ありがとう)

 ■開催概要
 〇開催期間:2014年4月5日(土)~2015年3月20日(金) 全50週間
 〇開映時間:毎朝10時 ※劇場、作品によっては複数回上映もあり
 ○上映期間:1作品2週間上映

 詳しくはこちらのページにて。
http://asa10.eiga.com/2013/jimu.html#topic20131203

category: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

△top

トニーさん@富士ゼロックス新CM 2013年版 

 

トニーさんの富士ゼロックス新CMがようつべに上がっておりました。感謝。
画質は悪いですが(たぶん会場スクリーンに映し出されたものをビデオカメラで録画したものかと思います)、雰囲気はわかっていただけると思います。




前回CM同様、とあるオフィスにて、プリントの美しさに魅せられてその世界に迷い込んでしまうトニーさん。少女と出会い自分も少年に戻り・・・白昼夢から覚めたところ、オフィスの女性に「トニー、それ何?」と問われる。
トニーさんが手にしていたものは・・・。


<その他の情報>
「アイ・ウェイウェイは謝らない」監督舞台挨拶@シアターイメージフォーラム
 12月13日(金)17:15の回上映後
登壇:アリソン・クレイマン(監督)、コリン・ジョーンズ(プロデューサー)

 シアターイメージフォーラム サイトより
http://www.imageforum.co.jp/theatre/index.html

category: トニー・レオン

tb: 0   cm: 0

△top

届きました~ 

 

「グランド・マスター」ブルーレイ スチールケース仕様限定4,000個初回限定生産 が届きました。

「グランド・マスター」ブルーレイ

中に入ってるブックレット8ページ付き、というのは単に折りたたんで8ページになってる一枚。えっこれだけ?てシロモノ。
でもいいんだ!スチールケースだから!限定だから!

今夜は遅いので明日ゆっくり鑑賞します。インタビュー映像が楽しみ。

劇場版は字幕版だけでしたが、吹替え版も選択できます。
声の出演
トニー・レオン 小杉十郎太
チャン・ツィイー 魏涼子
チャン・チェン 前田一世

とあります。


<今日の情報>

・youkuにて、先日の中国富士ゼロックスのトニーさんの新作CM動画と、トニーさんの登場部分が観られます。

http://v.youku.com/v_show/id_XNjQ0MTM4NzQ0.html

過去2回の富士ゼロックスのトニーさんCM動画は拙ブログの下記の記事からご覧いただけます。
「トニー・レオン@富士ゼロックス新CM」
http://guunonichijyou.blog22.fc2.com/blog-entry-1767.html

・こちらの中華NEWS(ニューヨーク発)によりますと、「一代宗師/グランド・マスター」が全国電影評論学会の五大外国語映画の一つに選ばれたとのことです。

http://hk.on.cc/hk/bkn/cnt/entertainment/20131205/bkn-20131205182834767-1205_00862_001.html

・「メンズプレシャス」2013年冬号
 
「メンズプレシャス」冬号
 
 「伊達男の服装(心意気)は名画(シネマ)から学べ!」特集で「花様年華」のトニー・レオンが取り上げられています。残念ながら映画のシーンの写真はなくて、トニーさん、マギーはイラストとなっています。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

富士ゼロックス新作発布会に出席 

 

12月4日(水)、トニーさんは広告を担当している中国富士ゼロックスの上海での新作発布会に出席しました。

トニーさん@富士ゼロックス発布会1

トニーさん@富士ゼロックス発布会2

トニーさん@富士ゼロックス発布会3

トニーさん@富士ゼロックス発布会4

トニーさん@富士ゼロックス発布会5

ホテルの部屋では、スマフォを真剣に見ているトニーさん・・・。

トニーさん情報が意外に多いのでフィルメックスや東京国際映画祭の映画の感想のまとめなどが全然できないです。
今持っている何かを捨てないと、新しい何かは手に入れられない、と思う今日この頃。

若い頃なら、全部手に入れる!と思ったのだろうか。その実、若い頃は自分は何を手に入れられるのか、何を手に入れるべきかも分かってなかったような気がする。
それが分かった頃には、人生は既に残り少ないというのはなんという巡りあわせ・・・。


<今日の情報>
・「anan」12/11号

 「anan」12/11号

【Asian Power】アジアの純真 ・アジアの各都市でガールズパワーが炸裂中! 
 表紙はジョディ・チュウ(台北)
 フォトグラファーでモデルのチェン・マン(北京)も載っています。
 台北の最新ガイドもあります。

・12月7日(土)フジテレビ 午前8:30~9:55 「にじいろジーン」
 地球まるごと見聞録 タイ プーケット

・映画「危険な関係」前売り特典はパールパウダー配合スキンケアソープ
 全国の上映劇場(一部劇場を除く)にて特典付きムビチケ(前売り鑑賞券)を発売中とのこと。

 http://www.cinematopics.com/cinema/news/output.php?news_seq=19739

category: トニー・レオン

tb: 0   cm: 1

△top

チャリティイベントに参加 

 

12月3日(火)本日、トニーさんは上海で行われたチャリティイベントの特別ゲストとして参加しました。

トニーさん@チャリティイベント1

トニーさん@チャリティイベント2

この画像↓は、中国の地下鉄に貼られていた新しい富士ゼロックスの広告だそうです。髪を短くしてからの広告ですね。

富士ゼロックス広告

中国の富士ゼロックスのサイトをチェックしたいのですが、なかなか繋がりません・・・。


<その他の情報>
12月10日(火)NHKBSプレミアム 午後7:30~8:00 「温故希林」 台湾特集。第1回と第2回は終わってしまいましたが、第3回 山の民の美しい手仕事 があります。

 「温故希林」番組サイト 
 http://www4.nhk.or.jp/onkokirin/

category: トニー・レオン

tb: 0   cm: 1

△top

ニック・チョンの誕生日を祝う2 

 

ニック・チョンのお誕生会の画像が新たに見つかりましたので、追加で貼っておきます。

トニーさん@ニック・チョンお誕生会1

皆さん、楽しそう。

トニーさん@ニック・チョンお誕生会2

こうして見ているとトニーさんとニック・チョン、共演してほしいなと思ってきます。

http://hk.on.cc/hk/bkn/cnt/entertainment/20131201/bkn-20131201163336777-1201_00862_001.html


<今日の情報>
セシリア・チャン、チャン・ドンゴン共演の「危険な関係」公開日が決定しました。
2014年1月10日(金)公開です。

「危険な関係」公式サイト
http://www.kikennakankei.jp/

category: トニー・レオン

tb: 0   cm: 0

△top

ニック・チョンの誕生日を祝う 

 

昨夜11月30日(土)、ニック・チョンのお誕生会があり、友人達、トニーさんも出席しました。

トニーさん@ニック・チョンお誕生会1

トニーさん@ニック・チョンお誕生会2


なんだか変った形のケーキですね。

ニック・チョン

ニック・チョンとトニーさん。

トニーさんとニック・チョン


参加者はニック・チョン、トニーさん、ジャッキー・チュン、葉童夫婦、杜德偉夫婦、邱淑貞夫婦、鐘鎮濤、エリック・ツァン、ン・ティンイップら。
ニック・チョンの誕生日は12月2日。今年で46歳になるそうです。あれー、もっと若いかと思ってました。トニーさんとあまり年齢差ないですね。

http://big5.xinhuanet.com/gate/big5/news.xinhuanet.com/ent/2013-12/01/c_125788560.htm

category: トニー・レオン

tb: 0   cm: 1

△top

友人と日本料理 

 

トニーさんは11月28日の夜、友人のン・ティンイップさんと香港大坑の日本料理店で食事をしました。

トニーさん@大坑1

トニーさん@大坑2

午後8時半にはお腹一杯になってお店を出てきて、台湾金馬奨で最優秀主演男優賞の受賞を逃したことについて記者に感想を求められても、笑顔を絶やさず何も答えなかったそうです。

昨日アジア太平洋映画祭の発表によると、「グランド・マスター/一代宗師」でトニーさんは最優秀主演男優賞をノミネートされたそうです。他には「ピクニック/郊遊」のリー・カンション、「激戦」のニック・チョンなどがノミネートされています。
「そして父になる」の福山雅治もノミネートされているようです。

アジア太平洋映画祭授賞式は12月15日にマカオで開催されるとのこと。トニーさんは出席するのかな。


http://ent.sina.com.hk/news/-2811-1052698/1.html

http://orientaldaily.on.cc/cnt/entertainment/20131130/00282_001.html


<今日の情報>
・「STORY」1月号

「STORY」1月号

見て食べて占って!
「開運台湾」に行きたいわん♪

台湾の旅行情報が載ってます。立ち読みしましたが、内容的には少なかったので買ってません。

・11月30日(土)フィルメックスにてツァイ・ミンリャン監督の「ピクニック/郊遊」を観てきました。
 この作品、配給がついて、来年日本公開されるそうです。上映後のQ&Aでは「ツァイ・ミンリャンの作品は全て観てます」というファンの方々が口々に「今までで一番好き」と仰ってました。
 怖いシーンもグロいシーンもなく、でも登場人物の存在感は凄かったです。公開になったらもう一度観たいです。

category: トニー・レオン

tb: 0   cm: 1

△top