ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

8月の予定 

 

8月の予定、自分用覚書。
NHKBS1にて、「コウケンテツが行くアジア旅ごはん」という5分番組が始まっていました。
もう放送が終わった分もありますが、同じものを再放送してたりするみたいなので、今からでもいろいろ観られそうです。
「コウケンテツが行くアジア旅ごはん」(放送予定の内容)
http://www4.nhk.or.jp/P2614/
(このページと、インターネットのNHK番組表とで内容が若干違うのですが・・・とりあえずNHK番組表を参考に書き出しています)

ちなみに、
7月31日(水)午後3:00~3:10 「香港・市場食堂で乾杯」「ラオス・ハーブたっぷりタケノコのスープ」
       午後11:45~11:50 「スリランカ・鰹節の極意」
が放送される予定です。
それ以降の8月の放送分は、下記のテレビ放送のところに書き出しました。今のところ5日(月)までなので、随時内容を追加していく予定です。

したコメの特別招待作品に「ロスト・イン・タイランド」が入ったことなど書きたいのですが、また明日の記事にでも・・・。
「ロスト・イン・タイランド」作品紹介のページ
http://www.shitacome.jp/2013/program/program_lostinthailand.shtml

<映画上映>
8月3日(土)「結婚って幸せですか THE MOVIE」公開@東京都写真美術館
http://fwife.tv/movie/

8月3日(土)「アイアン・フィスト」公開
 クエンティン・タランテイーノ監督のカンフー映画。カン・リー、ダニエル・ウー出演
http://ironfists.jp/

8月3日(土)~9日(金)「セデック・バレ」1週間アンコール上映@ユーロスペース
http://www.eurospace.co.jp/index.html

8月17日(土)「モーターウェイ」2週間限定公開@シネマート六本木
http://www.cinemart.co.jp/theater/roppongi/index.html

8月24日(土)~9月6日(金)「パン・ホーチョン、お前は誰だ!?第2弾!!」
http://www.phc-movie.com/

8月24日(土)現代中国映画上映会「孫文の義士団」上映@文京シビックホール
http://www1.parkcity.ne.jp/gentyuei/

8月24日(土)~9月1日(日)よこはま若葉町多文化映画祭2013@シネマ ジャック&ベティ
http://www.jackandbetty.net/cinema/detail/177/


<テレビ放送>
8月1日(木)NHKBS1 午後3:00~3:10「アジア旅ごはん」香港・元気が出るおふくろのスープ/ラオス・結婚式に飛び入り参加

8月1日(木)NHKBS1 午後11:45~11:50「アジア旅ごはん」スリランカ・ジャックフルーツを食べよう!

8月2日(金)NHKBS1 午後3:00~3:10「アジア旅ごはん」マカオ・アフリカン・チキン/マカオ・青いパパイヤのサラダ

8月2日(金)NHKBS1 午後11:45~11:50「アジア旅ごはん」スリランカ・旅立ちの日の朝ごはん

8月3日(土)NHKBS1 午後3:00~3:25 「マヤザキマリのアジアで花咲け!なでしこたち」香港 広告の街に生きる
8月3日(土)BSフジ 午後7:00~8:55 「坂口憲二私旅行アジア万感」インドネシア編

8月3(土)BS朝日 深1:30~2:00 「悠久の中国世界遺産」~武陵源 湖南省~

8月4日(日)Twellv 午後9:00~9:54 「高田純次のアジアぷらぷら」台湾3

8月5日(月)NHKBS1 午後3:00~3:10「アジア旅ごはん」マカオ・マカニーズの伝統かに料理/ラオス・旅立ちの日のごちそう鶏料理

8月6日(火)NHKBS1 午後3:00~3:10「アジア旅ごはん」インドネシア・パダン料理を味わおう!/インドネシア・ミナンカバウ族の夕食

8月7日(水)NHKBSプレミアム 午前9:00~10:45 名作選ハイビジョン特集
 「世界里山紀行 中国・雲南 竹とともに生きる」

8月7日(水)NHKBS1 午後3:00~3:10「アジア旅ごはん」インドネシア・伝統の味ルンダン/インドネシア・絶品!鶏のから揚げ

8月8日(木)NHKBS1 午後3:00~3:10「アジア旅ごはん」インドネシア・家庭の味キャッサバ/スリランカ・セイロンティーの故郷へ

8月8日(木)NHKBSプレミアム 午後7:30~9:00 「ぐるっとインドシナ半島3000キロ 豊かさと悲しみの大地をゆく」(前編) ベトナム東海岸

8月9日(金)NHKBS1 午後3:00~3:10「アジア旅ごはん」スリランカ・おいしい紅茶ができるまで/スリランカ・かつお節の極意

8月9日(金)日本テレビ 午後11:35~0:05 「アナザースカイ」 台湾

8月10(土)BS朝日 深1:30~2:00 「悠久の中国世界遺産」~万里の長城~

8月11日(日)NHKBS1 午後3:30~3:50「アジア旅ごはん」インドネシア・パダン料理を味わおう!/インドネシア・ミナンカバウ族の夕食/インドネシア・伝統の味ルンダン/インドネシア・絶品!鶏のから揚げ

8月11日(日)Twellv 午後9:00~9:54 「高田純次のアジアぷらぷら」台湾3

8月12日(月)テレビ東京 午後11:58~0:45「海外行くならこーでね~と!」 香港

8月13日(火)BS日テレ 午後9:00~9:54 「ホテルの窓から」タイ・チェンマイ

8月15日(木)NHKBSプレミアム 午後7:30~9:00 「ぐるっとインドシナ半島3000キロ 豊かさと悲しみの大地をゆく」(後編)

8月18日(日)Twellv 午後9:00~9:54 「高田純次のアジアぷらぷら」

8月21日(水)BS朝日 午前9:00~10:00 「アジア神秘紀行」進化する都会の楽園 シンガポール

8月22日(木)BS朝日 午前9:00~10:00 「アジア神秘紀行」悠久の世界遺産を行く 中国

8月22日(木)BS日テレ 午後8:00~8:54 「世界温泉遺産」~神秘の力を訪ねて~ 台湾

8月23日(金)BS朝日 午前9:00~10:00 「アジア神秘紀行」フランス建築と水上人形劇 ベトナム ハノイ

8月24日(土)BS日テレ 午後4:00~5:00 「AKB48の悠遊台北」

8月25日(日)BS日テレ 午後7:00~7:54 「トラベリクスⅢ~世界体感旅行~」タイ バンコク

8月25日(日)BS朝日 午後9:00~10:54「大和田獏のぐるり台湾! 鉄道絶景旅 知られざる鉄道遺産を求めて」

8月25日(日)Twellv 午後9:00~9:54 「高田純次のアジアぷらぷら」

8月26日(月)NHK総合 午後10:00~11:15 「プロフェッショナル・仕事の流儀」映画監督・宮崎駿スペシャル2013
 2010年7月から3年にわたる長期取材・創造にかける思いの全て


※WOWOWにて、8月1日「カンフーパンダ2」「捜査官X」、3日「レイトオータム」、5日「吼えろ!ドラゴン 起て!ジャガー」、6日「片腕必殺剣」、7日「続・片腕必殺剣」、15日「モーターウェイ」、18日「51「ウーイー)世界で一番小さく生まれたパンダ」「アイアム ブルース・リー」、19日「ドラゴン危機一発」、20日「ドラゴン 怒りの鉄拳」、21日「ブルース・リー 死亡の塔」、22日「最後のブルース・リー ドラゴンへの道」、23日「ブルース・リー 死亡遊戯」、25日「ペンギン夫婦の作り方」、26日「白蛇伝説~ホワイト・スネーク~」、27日「捜査官X」「大魔術師“X”のダブル・トリック」「宇宙人王さんとの遭遇」、28日「王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件」

※8月21日に情報を追加しました

スポンサーサイト

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

王家衛Specialに初参戦 

 

7月28日(日)、やっと王家衛Special@シネマート六本木に参戦してきました。

王家衛Special1

王家衛Special2 王家衛Special3

王家衛Special4 王家衛Special5


今日観たのは「花様年華」と「恋する惑星」。
「恋する惑星」は、版権切れ前に三百人劇場で上映されたのを観て以来。「花様年華」は吉祥寺バウスシアターで爆音映画祭で上映されたのを観て以来。
三百人劇場の「恋する惑星」では最終上映にも拘らず、上映中に音が一時途切れた(1分間くらい?)というアクシデントがあったのも今は思い出となっています。その時に同じ劇場にいた人で、今日観にいらしてた方もいるかもしれませんね。

スクリーンで観るのはしばらくぶりの作品だからか、結構お客さんが入っていました。スクリーン1は座席数165とのことなので、半分近くか半分以上か埋まっていた感じなので70~80人は入っていたのかなあ。

今日観ていて「恋する惑星」では、金城君とブリジット・リンは普通語を話していたということに気づきました。以前観たときは中国語をまだ習っていなくて、普通語と広東語の違いもわかっていなかったので。

それにしてもトニーさん、金城君、若い・・・!

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー3」ブルーレイ9/13発売 

 

「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー3」のブルーレイが9月13日発売となります。

 「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー3」

ついでに言うと、「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」、「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー2」もブルーレイが9月13日に発売となります。

「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」 「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー2」

(クリックでもう少し大きくなります)


あれ?チャイゴって前に再発売になってなかったっけ?ブログにも書いたよね?と思ったのですが、以前のは「デジタルリマスターのDVD」だったのですねぇ。(遠い目)

はっ!という事は私が買ってしまった「ワイルド・ブリット」のデジタル・リマスター版は・・・。(さらに遠い目。 きっと出るねそのうちブルーレイ版が・・・)
たぶん、今後再発売になる作品はデジタルリマスター版はすっとばしてブルーレイ版になりそうな勢いではありますが・・・。

※チャイゴBOXブルーレイ版は既に発売中ですが、単品売りは今回が初のようです。

<その他の情報>
10月19日公開予定の「101回目のプロポーズ」中国リメイク版。公式サイトに予告編がUPされていました。

「101回目のプロポーズ ~SAY YES~」公式サイト
http://www.101propose.jp/

浅野温子役がリン・チーリン、武田鉄矢役が「ハーバー・クライシス<湾岸危機>Black & White Episode 1」のホアン・ポー。
武田鉄矢が特別出演しています。日本のドラマとまるっきり一緒(ダンプの前に飛び出して、僕は死にません!とか)でちょっと笑った・・・。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

「花様~たゆたう想い~」10月26日公開決定! 

 

台湾映画「花様~たゆたう想い~」が10月26日(土)公開決定です。
監督:ゼロ・チョウ
出演:アイビー・チェン、ジェリー・イェン、ミシェル・チェン、ジョセフ・チェン、サイモン・ヤム

公式サイト:http://kayou-movie.com/

公開日:10月26日(土)より シネマート六本木にて
    11月16日(土)より シネマート心斎橋にて ロードショー

「花様~たゆたう想い~(花漾)」10月26日から日本公開決定!(アジアンパラダイスより)
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2013/07/1026-1825.html


あと、アジアフォーカス・福岡国際映画祭2013の公式招待作品ラインナップの続きが発表になりました。
前回お知らせした公式招待作品
「血の抗争」(インド)
「死者の村からこんにちは」(タイ)
「スター誕生」(シンガポール)

のほかに、
「シャンハイ」(インド)
「聖者の谷」(インド/アメリカ)
「少し恋して、ちょっと愛して/甜・秘密」(台湾)
「夢にかける女」(イギリス・中国)
「ウィル・ユー・スティル・ラブ・ミー・トゥモロー?/明天記得愛上我」(台湾)

ほか
が上映されるとのことです!

先日の東京国際レズビアン&ゲイ映画祭で上映された「「ウィル・ユー・スティル・ラブ・ミー・トゥモロー?/明天記得愛上我」がアジアフォーカス・福岡国際映画祭でも上映されます。羨ましい・・・。「甜・秘密」も観たい・・・。


アジアフォーカス・福岡国際映画祭2013 公式サイト
http://www.focus-on-asia.com/

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

友人夫妻の銀婚式を祝う2 

 

今日の中華NEWSにもトニーさんの画像が出ていました。

トニーさん@酔っ払い中2

トニーさん@酔っ払い中

銀婚式祝賀会から帰宅中のトニーさん、酔っ払い中。
ちょっと眠そう?

銀婚式祝賀会にはエリック・ツアン、ピーター・チャン監督、サンドラ・ンも出席したようです。
http://orientaldaily.on.cc/cnt/entertainment/20130725/00282_006.html

http://the-sun.on.cc/cnt/entertainment/20130725/00470_020.html

こちらは来月に発表になるらしい大陸のブランド才子男装・秋冬物のトニーさん。

トニーさん@才子男装1
トニーさん@才子男装2
トニーさん@才子男装3

あのツルッパと同一人物とは(笑)。


<その他の情報>
・「DVD&ブルーレイでーた」8月号
 
 「DVD&ブルーレイでーた」

 ウォン・カーウァイ監督のDVD、ブルーレイ発売の記事が1ページ載っています。

・チョウ・ユンファ&ホァン・シャオミンW主演! 『ラスト・シャンハイ』公開決定!
 「大上海」、邦題「ラスト・シャンハイ」で9月下旬日本公開とのこと。
 
 http://www.crank-in.net/movie/news/25712

・今度は真夏の“屋上マサラ”!映画『恋する輪廻オーム・シャンティ・オーム』8/9(金)、池袋パルコ屋上にて開催決定!
 (雨天中止)
 詳しくはこちら。
 http://www.cinematopics.com/cinema/news/output.php?news_seq=18215

 ソラパルコ 池袋パルコ上映スケジュール
 http://ikebukuro.parco.jp/web/soraparco/
 


category: トニー・レオン

tb: 0   cm: 2

△top

友人夫妻の銀婚式を祝う 

 

昨日7月23日、トニーさんは友人夫妻の結婚25周年祝賀会に出席したそうです。
下の画像、トニーさんはどーこだ!

友人夫妻銀婚式祝賀会

http://big5.xinhuanet.com/gate/big5/news.xinhuanet.com/ent/2013-07/24/c_125054800.htm

答え:ジャッキー・チュンの隣でVサインをしています。

この画像、昨夜別のところで見ていたのですが、もう少し小さい画像だったのでトニーさんがいるのに気がつかなかったのです(汗)。
中華NEWSに大きい画像がUPしされていて、やっと気がつきました。

結婚25周年を迎えたのは葉童・陳國熹夫妻。
トニーさんの他に参加したのはジャッキー・チュン、アンドリュー・ラウ監督、呂方ら。

category: トニー・レオン

tb: 0   cm: 0

△top

アジアフォーカス・福岡国際映画祭2013ラインナップ一部発表 

 

アジアフォーカス・福岡国際映画祭2013の公式サイトがリニューアルされて、ラインナップが一部発表になりました。

日程:9月13日(金)~23日(祝)

公式招待作品
「血の抗争」(インド)
「死者の村からこんにちは」(タイ)
「スター誕生」(シンガポール)
ほか
今後も上映作品を追加していきます、とのことです。
いつも充実している協賛企画の発表も楽しみです。と言っても福岡は遠くて行けませんが・・・。


アジアフォーカス・福岡国際映画祭2013 公式サイト
http://www.focus-on-asia.com/


<その他の情報>
・7月27日(土)BS朝日 午後1:00~2:55 「辣の道を往く 中国唐辛子回廊 2500キロの旅」

・7月29日(月)テレビ東京 午後11:58~0:45「海外行くならこーでね~と!」 マカオ

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

結婚記念日に花束を贈る 

 

昨日7月21日は、トニーさんとカリーナの結婚5周年記念の日でした。
カリーナは映画の撮影で現在ギリシャに滞在中。
結婚5周年を祝う番組で、記者から、トニーが結婚記念日にギリシャまで訪ねてくるのではないですか?との質問に、彼はアメリカで「一代宗師」のプロモーションをすることになっているので、その暇はない、と答え、5周年の木婚式は二人は遠く離れて過ごすことになりました。

しかし、今までずっとロマンチックなトニーですから、昨日の結婚記念日のまさにその日に、スタッフに頼んでカリーナの宿泊するホテルに大きなバラの花束を届けさせたのでした。

「人唔到,心思準時到」(身体は到着できないけれども、心は時間通りに到着します、という意味かしら)
カリーナは夫の遠路はるばるの心を受け取って喜びに目を輝かせるのでした。

結婚記念日の花

http://orientaldaily.on.cc/cnt/entertainment/20130722/00282_045.html

http://news.on.cc/cnt/entertainment/20130721/bkn-20130721212901962-0721_00862_001.html

こちらもカリーナの微博にUPされた写真。お二人、良い表情ですね。

トニー&カリーナ


<その他の情報>

・「アイアム ブルース・リー」DVD 10月25日発売予定

「アイアム ブルース・リー」

・第19回群馬アジア映画祭
 日時:8月4日(日)午前10時開演
 会場:藤岡市みかぼみらい館 大ホール
 上映作品:「ブンミおじさんの森」、「別離」ほか

 http://www15.wind.ne.jp/~mikabomirai/pdf/ajia19.pdf

category: トニー・レオン

tb: 0   cm: 0

△top

「李小龍 マイブラザー」観ました 

 

先日7月18日(木)に「李小龍 マイブラザー」観てきました。

「李小龍 マイブラザー」ポスター

主演の、ブルース・リー役を演じたアーリフ・リーは、香港の映画館で「歳月神偸」を観た時に「ブルース・リーに似ている!」と思ったので、今回の役は適役だと思っていたのですが、やはりブルース・リーを演じるということの難しさを今回観ていて感じました。

あごを突き出して自信満々の表情を見せる、スクリーンでのブルース・リーの有名な表情は、格好良くも見え、格好悪くも見えるブルース・リーの愛嬌のある顔だからこそ成り立つのであって、端正に整った顔のアーリフ・リーがその表情をすると、傲慢なように見えてしまうのです。

私は、今回の映画ではアーリフ・リーよりも、広東オペラの役者であり、ブルース・リーの父親であるレオン・カーファイの姿が何よりも印象に残りました。短いシーンでしたが、京劇の衣装姿は、どこか可笑しさもあり、親しみもあり、貫禄も感じさせられました。
無言の表情に時には悲しみを、時には喜びを、後姿のままで父親の威厳を、観る者に見出させるレオン・カーファイの演技は、紛れもなく成熟の域に達していると思います。

次回はアーリフ・リーのコメディ映画を観てみたいですが、次回日本で観られる映画では、「コールド・ウォー 香港警察 二つの正義」で、シリアスなアーリフ・リーを観られることになります。レオン・カーファイとも再度の共演です。


7月19日(金)9時からのNHKのニュースを観ていたら、新宿武蔵野館にて「李小龍 マイブラザー」を観に来ていたお客さんへのインタビューが出て、20日(土)ではTBSの情報番組で、やはりブルース・リー没後40周年とのことで映画のシーンが出ていました。

category: 香港映画

tb: 0   cm: 2

△top

王家衛special来場者プレゼント@シネマート六本木 

 

王家衛special、シネマート六本木での来場者プレゼントの詳細が発表になりましたので、こちらにも貼っておきます。

王家衛special来場者プレゼント

ちょっと字が小さくて見づらいですが・・・。
「楽園の瑕 終極版」「恋する惑星」はトニーさんの写真が配布される時に観にいきます!

各上映回先着30名様とのことなので、写真をGETするには上映時間にかかわらず早めに窓口受付した方が良さそうですね。
王家衛special、いよいよ明日7月20日(土)から開始です。





category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

「楽園の瑕 終極版」予告編 

 

「楽園の瑕 終極版」の予告編がUPされました!




といってもあさって土曜日からもうシネマート六本木・シネマート心斎橋で上映開始ですけど。

王家衛(ウォン・カーウァイ)Specialの来場者プレゼントが決定いたしました!

王家衛Special来場者プレゼント

先着で、場面写真をプレゼント、だそうです。
※六本木、心斎橋で配布方法が異なります。詳細は近日中にお知らせいたします。

※2種類あるものは配布日が異なります、とのことで、シネマートさん、お主も悪よのぅ。

王家衛(ウォン・カーウァイ)Special特設サイトより
http://www.cinemart.co.jp/theater/special/wong-kar-wai/

シネマート心斎橋さんのサイトではどの日にどの写真を配布するかが既にUPされています。
シネマート心斎橋トピックスのページ
http://www.cinemart.co.jp/theater/shinsaibashi/topics/#010772

シネマート六本木さんもそのうち出るでしょう。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

パン・ホーチョン特集上映第二弾決定8月24日(土)から! 

 

「パン・ホーチョン、お前はやっぱり誰だ!?」第二弾

上映予定作品:「恋の紫煙」「恋の紫煙2」「低俗喜劇」「AV」「ビヨンド・アワ・ケン」「些細なこと」
「ドリームホーム」「夏休みの宿題」

8月24日(土)よりシネマート六本木にて二週間限定上映!

パン・ホーチョン監督ベスト・セレクション第二弾 公式サイト
http://www.phc-movie.com/

東京国際映画祭と大阪アジアン映画祭でしか上映されていない「恋の紫煙」「恋の紫煙2」がまとめてスクリーンで観られるのは貴重です!
もう観た人はまた観たくなると思いますし、未見の方は必見です。
「低俗喜劇」は、かなり低俗ですが(笑)、私は結構好きです(笑)。

ホラーが苦手な私は、「ドリーム・ホーム」じゃなくて代わりに「出エジプト記」を上映して欲しかったな・・・そしたら完走できるのに、て、かなり贅沢なお願いかしらん。

夏の中華傑作映画祭り 王家衛special 「モーターウェイ」 パン・ホーチョン特集上映 と、私の夏はシネマート六本木で始まり、シネマート六本木で終わりそうですよ、ママン。


<その他の情報>
・したまちコメディ映画祭でインド映画「きっと、うまくいく」凱旋上映!
 日時:9月13日(金) 18:00開場 18:30開演(予定)

 会場:浅草公会堂

(マサラシステムによる上映です)
http://www.shitacome.jp/2013/info/2013/07/pnbspppbrp3ppbbpppbrpppnbsppp915-1030-1100ppppnbspppnbspppspan-classapple-style-span-stylecolor-rgb2.html

・7月18日(木)NHK教育 午後0:25~0:50 「グレーテルのかまど」 台湾のかき氷
 (ぐれちゃん、お知らせありがとうございます♪ 情報間に合わなかったらごめんなさい・・・)

・7月21日(日)BS日テレ 午後2:00~3:00 「最高の休日!インドシナ浪漫紀行」魅惑のホーチミン

・7月21日(日)BS日テレ 午後3:00~4:00 「最高の休日!インドシナ浪漫紀行」アンコール遺跡

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

「李小龍 マイ・ブラザー」 ブルース・リー命日ファン感謝祭開催決定! 

 

「李小龍 マイ・ブラザー」 ブルース・リー命日ファン感謝祭、新宿武蔵野館にて開催決定!

1973年7月20日、32歳の若さで亡くなったブルース・リー。

命日である7月20日(土)に、『李小龍マイ・ブラザー』 の公開記念イベント第3弾として、ブルース・リーに縁のある関係者や、崇拝するゲストの皆さんをお招きして、命日を皆さんと一緒に偲びたいと思います。さらにご来場の方に抽選で、本作の製作総指揮を務めたブルース・リーの実弟ロバート・リーさんの直筆サイン入りグッズなどが当たるプレゼント抽選会も実施致します。

伝説の英雄の勇姿を今一度思い起こすひと時です。

チケットの販売は下記の通り。

皆様のご来場をお待ちしております。

〔開催日時〕 7月20日(土) 12:40の回 上映開始前

〔登壇ゲスト〕 前田憲作さん (チームドラゴン代表)
        尾崎圭司さん (2007 K-1World MAX 日本第3位)
        卜部功也さん(初代Krush-60㎏級王者/全日本新空手K-2軽中量級王者)
        卜部弘嵩さん (Krush YOUTH GP 2012-63㎏級王者/ISKA世界ライト級王者)
        ヒロ渡辺さん (ジークンドージャパン日本代表)
        知野二郎さん (香港映画評論家)
         堀田真三さん (俳優・悪代官役で多数の映画・ドラマに出演)
        染野行雄さん (本作の映画提供者)
        (8名予定)
                                               
 ※登壇者は予定につき、当日に予告なく急遽変更する場合がありますので、予めご了承下さい。

 〔チケット〕  通常料金。全席自由席。

        お手持ちの前売鑑賞券でもご覧いただけます。
        受付は当日朝の劇場開場時間 9時15分より行います。
         ※開場時間は当日の混雑状況により早まる場合があります。


   ※特別興行につき、株主優待券(証)・ご招待券はご利用できません。
   ※場内でのカメラ(カメラ付き携帯含む)、ビデオによる撮影・録音・録画は固くお断りします。

 新宿武蔵野館トップページより
 http://shinjuku.musashino-k.jp/index.php
 (※登壇ゲストに同じ名前の方が2名載っているのですが、どちらかが記載間違いかもしれません。とりあえずそのまま転載しています。追記:元記事の名前が訂正されましたので、こちらも訂正しました)
 


<その他の情報>
7月22日(月)テレビ東京 午後11:58~0:45  「海外行くならこーでね~と!」ホーチミン ベトナム


category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

「ウィル・ユー・スティル・ラブ・ミー・トゥモロー?」観ました 

 

7月15日、東京国際レズビアン&ゲイ映画祭にて「ウィル・ユー・スティル・ラブ・ミー・トゥモロー?/明天記得愛上我」を観てきました。

東京国際レズビアン&ゲイ映画祭ポスター

「明天記得愛上我」

優しくて温かくて良い映画でした。退職した眼鏡屋さんの店長が傘を差してそのまま飛んでいったり、韓流ドラマのハンサムな主人公がTVから飛び出してきて、ドラマを観ている女性に話しかけたりとか、心理描写が夢があって楽しかったです。

主人公のリッチー・レンはもちろん、この映画のクーユールンは最高でした!名脇役で、クーユールンの出演している映画にはずれはないと私は密かに思っています。
「ラスト、コーション」の時に比べてすっかり大人の雰囲気を身につけていて、今回はゲイの役なのですが(いかにも似合う!)、毒舌で、でも仕事の出来るスタイリストをしっとりとした色気を醸し出して演じていました。彼が出てくるシーンでは、彼に目が釘付けになります。

リッチーの奥さん役のメイビス・ファン。「聴風者」ではトニー・レオンの奥さんを演じてます。メイビス・ファンは何故か心ここにあらずな夫を持つ宿命があるらしい。
「聴風者」ではどちらかというと大人しくて、なんだか何を考えているかわからない女性役だったので、この「ウィル・ユー・スティル・ラブ・ミー・トゥモロー?」の方がずっと良い。じたばたしながらも、しっかりリッチー夫と向き合おうとしている姿が健気でした。

健気と言えば、五月天のシートウ石頭。この人、映画で観るたびに役にはまっていく感じがします。ミュージシャンなんだか役者なんだか。この顔でかなり得をしていると思うけど、演技もかなり上手くなっています。
最初に観たのはチェン・ボーリンの「五月の恋」で、チェン・ボーリンのお兄さん役、その次に観たのは「星空」の学校の先生、今回はリッチーの妹の婚約者、と、スクリーンの中の存在感は増す一方です。


なんだか映画の余韻が冷めやらないので、↓予告編を探してしまいました。



こちらはメイキング。リッチー、中年太りを出すため、お腹に巻物をしていたようです。
リッチーが気になる、イケメンの眼鏡のお客さんも出ています。



<今日の情報>
「寒戦」は、「コールド・ウォー 香港警察 二つの正義」という邦題で10月下旬公開予定とのことです。
http://eiga.com/movie/78600/

category: 映画

tb: 0   cm: 0

△top

「モーターウェイ/車手」二週間限定上映決定! 

 

ジョニー・トー製作、ショーン・ユー、アンソニー・ウォンの「モーターウェイ/車手」が二週間限定で上映されることが決定しました。

「モ-ターウェイ」

8月17日よりシネマート六本木にて二週間限定公開とのことです!
ヤフーNEWSより
http://movies.yahoo.co.jp/m2?ty=nd&id=20130714-00000005-flix

最初は、DVDストレートの予定だったので、スクリーンで観られるのはかなり貴重です。
(「導火線」と同じパターンですね)

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

「グランド・マスター」北米は8月23日公開 

 

「グランド・マスター」、北米では8月23日公開予定だそうです。
こちらは北米での「グランド・マスター」予告編第2弾です。



ということで、そのうち北米プロモーションでのトニーさんの様子がスタッフの微博で見られるかもしれませんね。

「グランド・マスター」北米公式サイト
http://thegrandmasterfilm.com/


7月13日(土)は「モンスターズ・ユニバーシティ」を夫と観にいってきました。
それほど強烈なサブキャラもなく、前回の「モンスターズ・インク」ほどはお話が盛り上がりませんでしたが、そこはやはりピクサーアニメ、サリーとマイクの友情に焦点を当てていて、結構面白かったです。

名門生まれだけど、そのプレッシャーに悩む努力嫌いのサリーと、誰よりも努力をしているけれども可愛いという外見の欠点(!)により怖がらせ屋向きではないマイク。
はからずも、「モンスターズ・ユニバーシティ」も、「グランド・マスター」と同じく「念念不忘、必有回响」(日々努力すれば必ず報われる)というテーマでした。

ちなみに「念念不忘」は成語で「片時も忘れない、始終心にかけている」という意味。「念」は日本語の「念じる」とは違って、中国語では「心にかける、(本などを)声に出して読む」こと。「回响」とは「こだま、反響」という意味です。

語学学習などにも通じるなあ・・・と思います。
トニーさん情報をこつこつとUPしている拙ブログでも、今回の「グランド・マスター」日本公開時、沢山の「回响」を頂いた気がします。


<その他の情報>
・「李小龍 ブルース・リー マイ・ブラザー」 7月17日(水)トークイベント第2弾開催決定!

 〔開催日時〕 7月17日(水)18:45の回 上映開始前

〔登壇ゲスト〕 千葉真一さん(俳優)、宇田川幸洋さん(2名予定)

            ※登壇者は予定につき、当日に予告なく急遽変更する場合が
              ありますので、予めご了承下さい。

 〔チケット〕  通常料金。お手持ちの前売鑑賞券でもご覧いただけます。
        当日はレディースデーにつき、女性の方は1000円でご覧になれます。

        受付は当日朝の劇場開場時間9時15分より行います。
※ 開場時間は当日の混雑状況により早まる場合があります。

 新宿武蔵野館TOPページより
 http://shinjuku.musashino-k.jp/index.php

・王家衛(ウォン・カーウァイ) Special  リピータープレゼント決定!
 いよいよ7月20日(土)より開催する〈王家衛(ウォン・カーウァイ) Special〉のリピータープレゼントが決定いたしました!

 プレゼント:〈王家衛(ウォン・カーウァイ) Special〉上映作品のBlu-ray&DVDセット
 抽選で1名様にプレゼント!

 応募条件:〈王家衛(ウォン・カーウァイ) Special〉上映作品を6作品以上ご鑑賞の方

 応募方法:劇場で配布する専用シートに半券を添付してご応募ください

 ※内容は変更になる可能性がございます。予めご了承ください。

 シネマート六本木トピックスのページより
 http://www.cinemart.co.jp/theater/roppongi/topics/#010771

category: 映画

tb: 0   cm: 0

△top

あいち国際女性映画祭ランナップ発表 

 

ぐれちゃんのブログにて、今年のあいち国際女性映画祭のランナップがもう発表になってることを知りました。
多謝!(そういえば毎年9月初めに開催してたよね~)


あいち国際女性映画祭
開催期間:8月31日(土)~9月8日(日)
会場:ウィルあいち

上映作品:
「親愛」(中国)監督:李欣蔓(リ・シンマン) 出演:ユー・ナン、ウーチームー
  今年の大阪アジアン映画祭にてグランプリを獲った作品です。
「English Vinglish」(インド)監督:ガウリ・シンディ 出演:スリデヴィ、アディル・ハッサン
「二重露光」(中国)監督:李玉(リー・ユー) 出演:ファン・ビンビン、フォン・シャオフォン
「愛の身替り」(中国)監督:唐暁白(エミリー・タン) 出演:チェン・タイシェン、ヤン・シューティン
「台湾アイディンティティー」 (日本)監督:酒井充子 出演:高菊花、黄茂己、呉正男
 ほか

 ※チケット 7月18日(木)より発売開始

あいち国際女性映画祭公式サイト
http://www.aiwff.com/2013/

したコメの発表もそろそろかな・・・季節は猛暑の夏なれど、映画の世界では秋の映画祭の準備がもう始まってるのね~。

<その他の情報>
7月15日(月)テレビ東京午後11:58~0:45 「海外行くならこーでね~と!」台湾
台湾で超人気の日本人タレントがコーディネート!絶品屋台グルメからナゾの道具を使うエステ、驚きのアトラクションまで衝撃の台湾情報を徹底紹介します!

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

「李小龍 ブルース・リー・マイ・ブラザー」初日トークショー 

 

「李小龍 ブルース・リー・マイ・ブラザー」初日トークショーが新宿武蔵野館にて開催されます。

〔開催日時〕 7月13日(土) 12:40の回 上映開始前

〔登壇ゲスト〕 倉田保明さん(アクション俳優)、宇田川幸洋さん(映画評論家)2名予定

        ※登壇者は予定につき、当日に予告なく急遽変更する場合がありますので、予めご了承下さい。

〔チケット〕   通常料金。全席自由席。
         お手持ちの前売鑑賞券でもご覧いただけます。

          受付は当日朝の劇場開場時間 9時15分より行います。
         ※ 開場時間は当日の混雑状況により早まる場合があります。

※初日・特別興行につき、株主優待券(証)・ご招待券はご利用できません。

 ※場内でのカメラ(カメラ付き携帯含む)、ビデオによる撮影・録音・録画は固くお断りします。


 『李小龍 マイ・ブラザー』 公開初日来場者プレゼント!
 初日7月13日(土)の初回(10:00)にご来場の方に、ブルース・リー主演映画の出演シーン35mmフィルムの1カットと、特製ブルース・リー語録カードをセットにして、先着100名の方にプレゼント致します。


 新宿武蔵野館TOPのページより
 http://shinjuku.musashino-k.jp/index.php

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

「太極 ゼロ」「太極 ヒーロー」観ました 

 

昨日、7月6日(土)「太極 ゼロ」「太極 ヒーロー」をシネマート六本木にて観てきました。

「夏の中華大傑作映画まつり」

全然予備知識なしに観にいったのですが、なかなか面白かったです。スティーブン・フォン監督の若さを感じさせる映画でした。
こういう昔の時代のカンフーものでは、大体お話の中での「敵」というのは日本人なのですが、これはそうじゃないというのは新鮮でした。
ただ、時々出てきた、ワイドショーみたいなテロップは、うるさかったかな。お話の最初の方だけならいいのだけど、ストーリーに入り込んでからは、多少イラッとしました。

主演のユエン・シャオチャオは、後で知ったのですが2008年北京武術トーナメンの金メダリストなんですね。ということは演技は素人で、いきなり主演を演じさせられたと思うのですが、そういうことを感じさせない自然なたたずまいでした。「ジェット・リー2世」と言われているそうですが、私はどちらかというと、アンディ・ラウの若い頃、ちょっとぽっちゃりしていた頃を彷彿とさせました。そういうとアンデイ・ファンに怒られそうですが、天然ぽい素直な感じ、悪いことは絶対しなさそうな正義感の強い雰囲気は、主役には適役だと思います。

かたやエディ・ポンは美形の宿命か、ゆがんだ性格の役で、「寒戦」でもそうだったけど今後もこういうひとくせありそうな役が続くのかなー、と思います。

アンジェラ・ベイビーはひたすら可愛かったです。こんなに可愛くてアクションもできたら無敵すぎでしょ!

レオン・カーファイはどこかとぼけていて、でも格好良い役でしびれました。普通語を話していたけど、本人の声だったのかしらん。

友情出演?では「ゼロ」編の方にスー・チー(主人公のお母さん)、「ヒーロー」編の方にダニエル・ウー(謎の僧侶)が出演しています。そうそう、「ヒーロー」編でユン・ピョウが出ていたのが嬉しかったです!

「ヒーロー」は「ゼロ」の続きのお話となっているので、「太極 ゼロ」→「太極 ヒーロー」の順番で観ると良いと思います。



シネマート六本木では7月20日(土)から始まるウォン・カーウァイSpecialの「大英雄」と「楽園の瑕 終極版」の前売り券を買ってきました。
前売り特典の生写真ももらってきました。

特典生写真

ウォン・カーウァイSpecialのタイムスケジュールが発表になりました。
ウォン・カーウァイSpecialタイム・スケジュール
http://www.cinemart.co.jp/theater/special/wong-kar-wai/schedule.html

何をいつ観にいこうか検討中です。


<その他の情報>
7月12日(金)~21日(日)まで開催されるSKIPシティ国際Dシネマ映画祭にて、7月13日(日)にはロッテルダムDAYとして特集上映が行われます。
「ソルダーテ・シティ」「ザ・リザレクション・オブ・ア・バスタード」「春夢」の上映のうち、「春夢」は2012年の香港映画。
監督はジャ・ジャンクー監督の「プラット・ホーム」に女優の一人として出演していたヤン・リーナー監督です。

ロッテルダムDAY 「ロッテルダム国際映画祭」特集上映
http://www.skipcity-dcf.jp/films/film_o02.html#o3

category: 香港映画

tb: 0   cm: 0

△top

「日経おとなのOFF」8月号 

 

「日経おとなのOFF」8月号

「日経おとなのOFF」8月号

「台湾 ローカル線の旅」が載っています。今すぐ台湾に行きたくなります。
駅弁が美味しそうでよだれが出る・・・。
しかし、一冊の雑誌で数ページの特集記事って立ち読みして買おうかどうか凄く迷うから、どうせならもっとたくさんページを割いてほしいなあ。

「日経おとなのOFF」内容紹介のページ
http://trendy.nikkeibp.co.jp/off/


「すばる」8月号
「すばる」8月号

映画コーナーは台湾映画「あの頃、君を追いかけた」 野崎歓先生です。

「すばる」目次
http://subaru.shueisha.co.jp/

野崎先生の映画評を読むと、早く映画が観たい!と焦れてしまいます。9月の公開まで待てないー!
9月14日の公開まで、期待で股間を膨らませて、いや、膨らませるべきものがナイので、期待で胸を膨らませて待つことにします。

「あの頃、君を追いかけた」公式サイト
http://www.u-picc.com/anokoro/

category: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

△top

「文学と映画のあいだ」刊行記念野崎歓先生ミニトーク&サイン会 

 

ぐれちゃん、お知らせありがとうございます!

「文学と映画のあいだ」刊行記念野崎歓先生ミニトーク&サイン会「フランス文学夜話」VOL.1 ゲスト:塚本昌則先生
2013年7月18日(木) / 蔦屋書店1号館 1階 総合インフォメーション

「文学と映画のあいだ」

<イベント内容紹介>
読んだら観たくなる、観たら読みたくなる!
文学作品の映画化を切り口に、世界の名作をめぐりながら、
文学と映画の相互関係について気鋭の文学者たちが縦横に語ります。

本書『文学と映画のあいだ』の刊行を記念し、東京大学教授の野崎歓先生をお迎えし、
代官山 蔦屋書店 不定期連続イベント「フランス文学夜話」VOL.1を開催いたします。
ミニトークとサイン会でおおくりする素敵な小一時間。
お相手は東京大学教授の塚本昌則先生です。

店内でのイベントです。50分ほどのミニトークのあと、サイン会となります。
トークの部は無料ですが参加のご予約を承ります。サイン会は要整理券です。
下記ご参加方法をお読みください。
<ご参加方法>
2013年6月26日(水)朝7時より、代官山 蔦屋書店 一号館一階レジカウンターもしくは
お電話にて、参加のご予約を承ります。トーク終了後にサイン会がございます。
同じく6月26日(水)朝7時より、当店にて『文学と映画のあいだ』(東京大学出版会 2940円)を
お買い上げの方にサイン会参加券を差し上げます。この本に、野崎先生と塚本先生のWサインが入ります。
お電話でも本と整理券のご予約を承ります。

参加券は御一人一枚です。御一人で何回もサイン会列に並ぶことはできません。
今回のサイン会ではすべて、ご本にお客様のお名前入れ(為書き)をいたします。
お名前入れのないサイン本はNGとさせていただきます。
古書の持ち込みはご遠慮ください。また色紙など、本以外の物へのサインはいたしかねます。
以上すべてご了承の上ご参加くださいますよう、よろしくお願いいたします。

詳しくはこちらのページ
http://tsite.jp/daikanyama/event/002016.html

「素敵な小一時間」って・・・「小一時間」はヒトを問い詰めるためにある時間かと思っていました(爆)。


シンポジウムもあるそうです。(こちらは場所が東大とのこと、ちょっと敷居が高いかな・・・)
シンポジウム【「観てから読むか,読んでから観るか―文学と映画のあいだ」】
●会場:東京大学法文2号館2階2番大教室(本郷キャンパス)
●日時:7月13日(土) 15:00~17:00
●講師:辻原登先生(小説家,東海大学文学部特任教授)
     沼野充義先生(東京大学文学部教授)
     野崎歓先生(東京大学文学部教授)
     諏訪部浩一先生(東京大学文学部准教授)
●聴講自由,予約不要

http://www.utp.or.jp/topics/2013/07/01/event_83059/

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 2

△top

アメリカ宣伝準備中 

 

アメリカでのプロモーションの準備中のトニーさん。

トニーさん@アメリカ宣伝準備中

インタビュー映像を撮影したり、サインをしたり・・・。

この髪型でのインタビューだと、もともとカンフーをやってた人に見えたりしないかな。
アメリカでの公開は9月だそうですが、もう準備は始まっているのですね。
いつプロモーションで渡米するのかな。


<その他の情報>
ユナイテッド・ピープル映画祭(福岡)
7月5日(金)~7日(日)
福岡市博多区中洲3-7-24
「台北カフェ・ストーリー」が上映予定です。

ユナイテッド・ピープル映画祭公式サイト
http://unitedpeople.jp/upff/

category: トニー・レオン

tb: 0   cm: 0

△top

「STORY」8月号 

 

「STORY」8月号

「STORY」8月号

大人の弾丸ツアー。ハワイ、ソウルに合わせて台湾が特集されています。


<その他の情報>
連続講義「怪奇映画天国アジア」
第2回「誰も知らないインドネシアの強烈な怪奇」
2013年9月29日(日)
会場:映画美学校試写室

映画研究者の四方田犬彦氏が、レアものの抜粋上映を交えつつ、バンコクとジャカルタに長期滞在した成果を披露していく連続講義です。2回目は、インドネシアの現代ホラー映画に注目。2005年以降、矢継ぎ早に作品を発表しているコヤ・パガヨ監督の「女子高生ホラー」を参考上映します。

■上映スケジュール
9月29日(日)
16:00-参考上映
「真夜中を過ぎて」(82分)
17:30-講義
第2回「誰も知らないインドネシアの強烈な怪奇」
講師:四方田犬彦(映画研究者)

詳しくはこちらのページをご覧ください。
http://www.athenee.net/culturalcenter/

category: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

△top