ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

香港大学で座談会&映画館で謝票 

 

1月31日(木)本日のトニーさんは忙しい日でした。
まずは午後3時半から「梁朝偉-誰是一代宗師?」座談会が香港大学で開催されました。

トニーさん@香港大学1

テレビ局やなんかのマイクは本人が持たされるのね・・・。

トニーさん@香港大学2

トニーさん@香港大学3

トニーさん@香港大学4

トニーさん@香港大学5

座談会のお客さん!凄い人数。

そして夜7時からは香港の映画館、UA朗坊豪で謝票。「謝票」とは、公開後、映画館にて「沢山観に来てくださってありがとう」のお礼の舞台挨拶みたいなもの・・・。新しい言葉なので流石に中日辞典には載ってませんでした。

日本では「傷だらけの男たち」公開中に映画館でトニーさんの舞台挨拶がありました。あれも謝票みたいなものかな。

トニーさん@謝票1

獅子舞も来てにぎにぎしく。

トニーさん@謝票2

皆で胡椒餅?葱餅?みたいなのを指差しています。たぶん映画「一代宗師」に出てくるものなんでしょうね。
ここではトニーさん、サングラスをはずしてますね。

今日は時間がないのでこの辺で。


<その他の情報>
銀座テアトルシネマ《さよなら興行第一弾》
ぜーんぶ映画祭受賞 全13タイトル一挙上映!!

銀座テアトルシネマは5月31日(金)に閉館となります。そこで《さよなら興行第一弾》として上映される作品の中に「悲情城市」が入っていましたのでお知らせします。

2月24日(日)悲情城市 20:20~

■連日20:20より、日替り上映
■特別料金1000円均一
■2/9(土)より窓口にて全日程分販売開始
■インターネット予約は各上映日の3日前より販売

上映スケジュール
2/23(土)イン・ディス・ワールド*日本最終上映 PG-12
2/24(日)悲情城市
2/25(月)秘密と嘘
2/26(火)永遠と一日
2/27(水)勝手にしやがれ
2/28(木)休映
3/1 (金)ブロークン・フラワーズ PG-12
3/2 (土)ゴーストライター
3/3 (日)ドライヴ R15+
3/4 (月)シェルブールの雨傘
3/5 (火)ある子供 PG-12
3/6 (水)やさしくキスをして
3/7 (木)潜水服は蝶の夢を見る
3/8 (金)アダプテーション

銀座テアトルシネマさん、ありがとう。

銀座テアトルシネマ
http://www.ttcg.jp/theatre_ginza/


尚、明日2月1日(金)~2月3日(日)まで、台北に行ってきます。「一代宗師」を観てくる予定です。マイレージのポイントで航空券が取れたので、時期が遅くなったものの、行ってくることにしました。
香港ではこの週末まだ「一代宗師」が上映されているようなので、結果的には行き先は香港でも良かったのですが、航空券を取った時点ではどうなるかわからなかったので確実に上映されているだろう台北行きにしたのです。

台湾はトニーさんの声は吹き替え版となってると思いますが、映像をしっかり目に焼き付けてこようと思います。

旅行中はネットに接続できないと思いますので、この間ブログの更新やコメントへの返信はできませんのでご了承ください。
よろしくお願いします。

スポンサーサイト

category: トニー・レオン

tb: 0   cm: 3

△top

友人と中環で買い物 

 

トニーさんはおととい(1月28日?)午後5時ごろ、友人のン・テインイップさんと中環に買い物に行きました。

友人と中環で買い物

頭には帽子、口にはマスク、ダウンジャケットを肌身離さず、二人は先に置地廣場に行き、そこでは収穫はなく、その後付近の店の2階でシャツを選び15分間留まり、手ぶらで戻ってきます。
6時前後、太子ビルの上の階のカフェで一時間くらい過ごしました。

また、カリーナは太子ビルの地下でヘアスタイルを整えました、とのことだそうでこの日に待ち合わせしていたのか、それともまた別の日の話なのかは、文章からは読み取れませんでした。

トニーさんとティンイップさんは最近では「大魔術師」で共演していましたね♪ 張賢魔術団の一員で、スクリーンにティンイップさんが出てくるとついつい彼ばかり目で追ってしまいました(笑)。

<その他の情報>
今年の大阪アジアン映画祭の概要が発表になりました。
第8回大阪アジアン映画祭公式サイト
http://www.oaff.jp/2013/index.html
日時:2013年3月8日(金)~17日(日)
チケット発売日:2月9日(土)10:00~ チケットぴあ

プレイベントとして、3月4日(月)に「セデック バレ 太陽旗」が特別上映されます!
★ウェイ・ダーション監督舞台あいさつ(予定)

コンペティション部門の上映作品はまだUPされていません。
今年は何が来るのか楽しみです!

category: トニー・レオン

tb: 0   cm: 4

△top

「AERA」2月4日増大号 

 

「AERA」2月4日増大号

「AERA」2月4日増大号

「アン・リー監督の最新作 ハリウッドを台湾に」とのことで「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」の紹介記事が載っています。映画の9割は台湾で撮影されたとの話に、ビックリ。
えっ!映画を観ている時はインドにしか見えなかったんだけど!!

あのインドの動物園のシーンは台北の動物園で撮影されたそうだし、メキシコの海岸も台湾の海岸だと言う・・・。
台中の飛行場跡に大きなプールを作って(監督曰く「ハリウッドにあるよりも大きなプール)船のシーンを撮影したとのこと。


<その他の情報>
・「优1周 U Weekly」

 「优1周 U Weekly」

 大陸の雑誌かな~。追記シンガポールの週刊誌だそうです。ありがとうございます。
着ている服からするとシンガポールのプロモーションの時のものですね。

 http://blog.omy.sg/uweekly/archives/755

 (お知らせありがとうございます)

・ジャッキー・チェン主演「ライジング・ドラゴン」 4月13日(土)公開決定とのこと。
 「ライジング・ドラゴン」公式サイト
 http://rd12.jp/


※2月の予定に、「ウィンター・ソング」の上映会を記入するのを忘れていたので追加しました。

category: 本・雑誌

tb: 0   cm: 2

△top

2月の予定 

 

本日27日「ライフ・オブ・パイ」観てきました・・・。とにかく映像が美しかった。
そして自分の命を滅ぼすかもしれない者と共存しようとする豊かな精神世界。(ハリウッド映画だったら宇宙船が爆発寸前という状況でも、どちらかが勝つまで闘うよね)
そして最後は「あれ?○○された?」と思わせるようなちょっとした肩透かしもなんだか小粋だ。
中国、台湾、アメリカ、と幾つもの国で生活して様々な価値観に触れてきたアン・リー監督ならではの映像化かもしれないと思う。

2月の予定、自分用覚書。

<映画上映>
2月9日(土)「奪命金」公開
http://datsumeikin.net/

2月12日(火)~15日(金)
「歓楽春節」中国映画週間@東京文化センター(申し込み不要)
http://tokyo.cccweb.org/jp/sy/zxyg/18204.shtml

2月16日(土)「映画監督ジョニー・トー 香港ノワールに生きて」公開
http://www.curiouscope.jp/JOHNNIETO/

2月23日(土)「ウィンター・ソング」上映会@文京シビックホール
http://www1.parkcity.ne.jp/gentyuei/

2月23日(土)「ゴースト・フライト407便」公開@シネマート新宿
http://ghostflight407.ayapro.ne.jp/

2月24日(日)「悲情城市」上映 20:20~@銀座テアトルシネマ
http://www.ttcg.jp/theatre_ginza/

<テレビ放送>
2月3日(日)Twellv 午後9:00~9:55 「高田純次のアジアぷらぷら」

2月4日(月)BS11 午後8:00~9:00 「地球いきもの大図鑑」赤ちゃんパンダ

2月5日(火)NHKBSプレミアム 午後8:00~9:00 「世界ふれあい街歩き」プーケット・タイ

2月6日(水)NHKBSプレミアム 午後10:00~10:45 「輝く女」剛力彩芽(前編)

2月7日(木)BS日テレ 午後8:00~9:54 「世界温泉遺産SP」
 ~明日でも行ける台湾・極上の湯を訪ねて~

2月8日(金)BS日テレ 午後9:00~9:54 「体感!中国美食紀行」
 世界遺産 丹霞が育む高級珍味 貴州省 赤氷河

2月8日(金)日本テレビ 午後11:00~11:30 「アナザースカイ」 タイ

2月10日(日) NHK総合 午前10:05~10:53 「明日へ-支えあおう-「思いのままに~リン・チーリンと劇団うを座~」

2月10日(日)Twellv 午後9:00~9:55 「高田純次のアジアぷらぷら」

2月11日(月)BSジャパン 午後9:00~10:54 「オーケストラ!」

2月13日(水)フジテレビ 午後7:57~9:00 
「世界行ってみたらホントはこんなトコだった」カンボジア

2月13日(水)NHKBSプレミアム 午後10:00~10:45 「輝く女」剛力彩芽(後編)

2月15日(金)BS日テレ 午後9:00~9:54 「体感!中国美食紀行」
 貴州料理が秘められた3つの謎 貴州省・貴陽

2月16日(土)TBS 午前8:00~9:25 「知っとこ!」台湾激うま屋台食べまくり旅

2月16日(土)NHKBS1 午後10:00~10:50 「ドキュメンタリーWAVE」香港・さまよえる貧困高齢者たち

2月17日(日)BS日テレ 午後7:00~8:54 「マイ・ブルーベリー・ナイツ」

2月17日(日)Twellv 午後9:00~9:55 「高田純次のアジアぷらぷら」

2月19日(火)BS-TBS 午後9:00~9:54 「地球バス紀行」ジョホールバル発マラッカ マレーシア

2月20日(水)フジテレビ 午後7:57~9:00 
 「世界行ってみたらホントはこんなトコだった」 カンボジア(後編)

2月22日(金)BS日テレ 午後9:00~9:54 「体感!中国美食紀行」
 激辛!四川料理 辣の魂を訪ねて 四川省・成都

2月23日(土)BS朝日 午後3:00~3:55「アジアに恋してる」 眞鍋かをり女子力アップ 春節・香港一人旅

2月23日(土)TBS 午後9:00~9:54 「世界ふしぎ発見!」
 激動のアジアに咲いた!日本・ベトナム絆物語(仮)

2月24日(日)Twellv 午後9:00~9:55 「高田純次のアジアぷらぷら」

2月24日(日)NHKBS1 午後9:25~9:50 カンボジアに音楽を取り戻せ!


※WOWOWにて2月1日「シャンハイ」、13日「孔子の教え」、15日「酔拳 レジェンド・オブ・カンフー」、16日「三国志英傑伝 関羽」、23日「K-20 怪人二十面相・伝」

※2月19日情報を追加しました。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 2

△top

「一代宗師」メイキング チャン・ツィイー編、一代宗師編 

 

「一代宗師」メイキング チャン・ツィイー編



「一代宗師」メイキング 一代宗師編



「一代宗師」とは何か?と多くの人が私に尋ねる。
武術家には三段階あり、第一段階は「見自己」(自分を見る)、第二段階は「見天地」(世界を見る)、最後に「見衆生」(生きているもの全てを見る)に到達する。

「一代宗師」シンガポールプロモーション関連記事
http://orientaldaily.on.cc/cnt/entertainment/20130125/00282_025.html

http://the-sun.on.cc/cnt/entertainment/20130125/00470_016.html

トニーさんのシンガポール訪問に対して、10人のスタッフが付き添い、その中にはボディガードも含まれていて、映画会社も6人の保安員を配置していた、という物々しい様子だったようです。
ソン・ヘギョの出演シーンが少ないことにトニーさんは同情を示し、ウォン・カーウァイ監督は「全ての役者がトニーのように成熟している訳ではない」と語った、とのこと。
(ウォン・カーウァイ監督の言う「成熟」とは「数ヶ月、数年撮影で引っ張りまわして結局そのシーンが使われなくても文句を一つも言わない」という意味では・・・)

トニーさんは「善待」(大事にする、大切にする)と言う、映画の中のソン・ヘギョの唯一の台詞を使って、監督に「役者を大事にする」ように言ったようです。

シンガポールのフリーペーパー?
P2とP20にトニーさんの記事が載ってます。
http://epaper.mypaper.sg/cnd/fvxen/fvxp/fvxpress.php?param=2013-01-24

(お知らせありがとうございます)


<その他の情報>
・インド映画「恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム」
 3月16日(土)より渋谷シネマライズ、シネ・リーブル梅田を皮切りに全国順次ロードショーとのこと。
 http://www.cinematopics.com/cinema/news/output.php?news_seq=16580
 
 「恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム」公式サイトはこちら。
 http://www.uplink.co.jp/oso/

・1月25日(金)朝日新聞の夕刊「銀の街から」で「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日間」が紹介されていました。

 「ライフ・オブ・パイ」紹介記事
 
 早く観に行きたいです。

category: 中華NEWS

tb: 0   cm: 0

△top

シンガポールで宣伝活動2 

 

シンガポールでの記者会見記事続報。

トニーさん@シンガポール

http://showbiz.omy.sg/Showbiz/E-News/Liang-Zhao-Wei-Jin-50Sui-Xue-Wu-3Nian-Nei-Liang-Ci-Duan-Shou-130836#prettyPhoto

http://showbiz.omy.sg/Showbiz/E-News/Tony-Leung-sheds-blood-sweat-and-tears-130768(英文)

(お知らせありがとうございます)

出演シーンをカットされたことにより、トニーがウォン・カーウァイ監督と不仲になっているというゴシップに対してトニーさんは「私にとっては全然惜しくはないです。なぜなら私は演じてきて、既にその過程を楽しんでいるからです。(演じた部分が)使われるかどうかは、監督の決定です」と述べました。
「一代宗師」のプロモーションが終了した後、トニーさんは半年のお休みを取るつもりだとのこと。
「私の体力と精神力は消耗し尽くしていて、今はただ『とても疲れている人』しか演じられません」

ウォン・カーウァイ監督は、自分が映画を編集している時は「とても残忍だ」とはっきり述べています。
(「狼」というのは「残忍」という意味で解釈していいのかな・・・)


トニーさん@「一代宗師」

http://big5.xinhuanet.com/gate/big5/news.xinhuanet.com/ent/2013-01/24/c_124271501.htm

こちらは「一代宗師」の広東語版はトニーさん本人の声なので、それを観にいきましょう、という記事。
(ギャガさん、日本公開版は是非、広東語版でお願いします。ウォン・カーウァイ監督もトニーさんの声を絶賛しています)
「一代宗師」の映画の中には細かく伏線があり、寓意があり、そのため映画館に何度も足を運び「一回ごとに新しい体得がある」という人が多いのは中国映画では珍しいことです、と書かれています。

category: トニー・レオン

tb: 0   cm: 5

△top

シンガポールで宣伝活動 

 

本日1月23日、トニーさんとウォン・カーウァイ監督はシンガポールにて「一代宗師」のプロモーションをしています。こちらは記者会見のようです。

トニーさん@シンガポール1


http://www.straitstimes.com/breaking-news/lifestyle/story/tony-leung-can-fight-really-says-the-grandmaster-director-wong-kar-wai
(お知らせありがとうございます)

なにやら熱く語っております・・・。

トニーさん@シンガポール2

これまでのプロモーションとはちょっと趣きの違う装い。たぶん前身ごろが黒で、背面は白、という変ったデザインのカーディガン。

トニーさん@シンガポール3

トニーさん@シンガポール5

トニーさん@シンガポール4

プレミア上映会では監督ともども、ジャケットに着替えています。トニーさんのジャケット、袖の素材が違う!(皮っぽい)

トニーさん@シンガポール6


ところで昨日で拍手の総数が 8,000 を超えました。皆様、いつもありがとうございます。
ブログの記事数もいつの間にか2,000を超えました。小さな記事からこつこつと、塵も積もれば山となる。



昨日「ドラゴンゲート 空飛ぶ剣と幻の秘宝」をTOHOシネマズ川崎にて観てきました。

「ドラゴンゲート」

上映開始一週間で一気に上映回数が減って、上映開始時間が20時台とかの劇場が多かったのですが、かろうじてTOHOシネマズ川崎で18時台の上映があったので・・・それでも観終わって電車に乗って、帰宅は22時になってしまいました。

う~ん、もっとジェット・リーが主演で大活躍!な映画かと思ってたのですが、群像劇で、ちょっとお話が分散して内容が薄まってしまったような感じです。
絵は凄く綺麗なのですが・・・。
チェン・クンが一人二役を演じていて面白かったのと、グイ・ルンメイちゃんの韃靼族姿が格好良かったのと、ジョウ・シュンの男装が麗しかったのが印象的でした。
キャラの濃いグイ・ルンメイちゃんとジョウ・シュンの間に挟まれて、「孫文の義士団」にも出ていた李宇春ちゃんの影が薄くなってしまったのが気の毒でした。(男装という時点で、もうジョウ・シュンとかぶっているのに・・・)

category: トニー・レオン

tb: 0   cm: 4

△top

「一代宗師」メイキング チャン・チェン編、ウォン・カーウァイ編 

 

「一代宗師」メイキング チャン・チェン編




「一代宗師」メイキング ウォン・カーウァイ編




トニーさん、素敵過ぎ。

トニーさん@「一代宗師」

↓こちらは「看電影」1月下旬号に載ってる「一代宗師」記事だそうです。

「一代宗師」@看電影

トニーさん@宣伝活動中

「一代宗師」関連記事
http://ent.qq.com/a/20130121/000001.htm
(ベルリン映画祭で上映される「一代宗師」は加長版の予定で、今公開されているのより20分くらい長いのだそうです。トニーさん曰く「今回、私は幸運だった、少なくとも自分が演じているのはイップ・マンだと知っていたから。チャン・ツィイーとチャン・チェンは自分が何者を演じているのか全く知らなかった」って・・・)

http://yule.sohu.com/20130121/n364177522.shtml
(「一代宗師」の売り上げはなんと2,2億元になったとのこと)

<雑誌情報>
・「CUT」2月号

 「CUT」
 
 アン・リー監督のインタビューが載っています。

・「AERA」1月28日号

 「AERA」

なんと西島秀俊さんが表紙なので一応ご紹介しておきます。トニーに似ていると言われている西島さん、トニーファンで且つ西島さんファンの方もいらっしゃるかな?私は個人的にはそんなにはトニーに似てないと思うのだけど、どちらにしてもイイ男ではあります。
 「ダブルフェイス」を観る→「インファナルアフェア」を観る→そしてトニーファンになる、という人ももしかして日本に一人くらいはいらっしゃるかも・・・。

category: トニー・レオン

tb: 0   cm: 4

△top

また北京で宣伝活動3 

 

トニーさんの北京での宣伝活動、まだ画像があったので追加で貼っておきます。

トニーさん@北京1

こちらは北京でのトニーさん、ウォン・カーウァイ監督、チャン・ツィイー、チャン・チェン。

トニーさん@北京2

トニーさん@北京3

トニーさん@北京4

北京での宣伝活動は終わり、本日20日には香港に戻ってきた模様。
先ほど微博にUPされていた、友人たちと遊ぶトニーさんの画像(本日、友人呂方さんのお誕生日だそう)

トニーさん@香港

1月23日にはプロモーションの為、ウォン・カーウァイ監督と共にシンガポールに行く予定らしいです。お疲れ様です。
(ギャガさん、日本での「一代宗師」の公開はいつでしょう・・・「一代宗師」ワールドプロモーションの計画の中に、日本も早く入れてもらってください!お願いですからトニーさんを日本に呼んでください。日本だけ「次回作撮影の為、トニーは来日できません」とかになったら困ります!!)
(FREEMANさんのブログによりますと、日本では6月頃の公開予定ではないか・・とのことです)


「一代宗師」北京のプロモーションの記事。(画像が43枚見えます。お知らせありがとうございます)
http://news.mtime.com/pix/2013/01/19/334895.html

こちらは「一代宗師」でカットになったソン・ヘギョのシーンを集めたページです。
画像が6枚あります。どれも美しいです。
http://slide.ent.sina.com.cn/film/slide_4_704_50959.html#p=1


<その他の情報>
・もう一度レスリー・チャンに会える!傑作を集めたメモリアル・フェスティバル開催
http://movies.yahoo.co.jp/m2?ty=nd&id=20130119-00022634-hollywood
 レスリー・チャンの主演映画特集上映が「レスリー・チャン・メモリアル」として開催されます。
 ●上映日程:2013年3月30日~
 ●上映劇場:(東京)シネマート六本木、(大阪)シネマート心斎橋
 ●入場料金:1,300円(均一)
 ●上映作品
 『男たちの挽歌』(86) 製作:ツイ・ハーク 監督:ジョン・ウー 出演:チョウ・ユンファ
 『男たちの挽歌Ⅱ』(87)製作:ツイ・ハーク 監督:ジョン・ウー 出演:チョウ・ユンファ  
 『ルージュ』(87)製作:ジャッキー・チェン 監督:スタンリー・クァン 出演:アニタ・ムイ 
 『チャイニーズ・ゴースト・ストーリー』(87)製作:ツイ・ハーク 監督:チン・シウトン 出演:ジョイ・ウォン 
 『チャイニーズ・ゴースト・ストーリー2』(89)製作:ツイ・ハーク 監督:チン・シウトン 出演:ジョイ・ウォン 
 『狼たちの絆』(91)製作・監督:ジョン・ウー 出演:チョウ・ユンファ
 『レスリー・チャンの恋はあせらず』(94)監督:ゴードン・チャン 出演:レオン・ガーファイ『上海グランド』(96)製作:ツイ・ハーク 監督:プーン・マンキッ 出演:アンディ・ラウ
 『恋戦。OKINAWA』(00)監督:ゴードン・チャン 出演:フェイ・ウォン

 (上映作品名はFREEMANさんのブログからの情報です)
  http://blog.goo.ne.jp/fightinglove2002

・「アクション映画バカ一代」(映画秘宝COLLECTION)2月23日発売予定
 ¥1,575 単行本(ソフトカバー)
 「映画秘宝」に連載されている谷垣健治さんの「アクション映画バカ一代」が、単行本にて発売されます!
 ドニーさんのオレ様的人柄を想像して笑いをこらえながら毎月立ち読みしておりました。「一冊の本にならないかなー」と夢想していたので超・楽しみです!

・「人間万事塞翁が犬/命運狗不理」3月23日(土)~3月29日(金)シネマート六本木にて一週間限定公開
 「九月に降る風」「孫文の義士団」のワン・ポーチエ王柏傑主演の映画です。


・昨日1月19日(土)には「トリプルタップ」「大魔術師Xのダブル・トリック」を観てきました。
 どちらもイー・トンシン監督ゆえかダニエル・ウー祭り&アレックス・フォン祭り&ラム・シュー祭りとなりました。「大魔術師Xのダブル・トリック」、50~60人くらいお客さんが入ってました。もしかしてトニーさん人気来てるかな??

 トニーさん&ラウチンの立て看板も出来てました。シネマート六本木さん、ありがとう!

 トニーさん&ラウチン立て看板

 (欲を言えばもう少し大きい方が良かったナ)

category: トニー・レオン

tb: 0   cm: 0

△top

また北京で宣伝活動2 

 

トニーさんは引き続き北京で宣伝活動。本日はウォン・カーウァイ監督、トニーさん、チャン・チェン、チャンツィイーが出席して上映会があった模様。

皆で一代宗師ポーズ。

トニーさん、チャン・チェン、ツィイー@北京

梁朝偉訪微談
http://talk.weibo.com/ft/201301188407
トニーさんへの微博からの質問とトニーさんの回答

<質問>もし良い脚本、良い役があれば、ミュージカル映画に出るつもりはありますか?
<トニー>出てもいいと思っています。十数年前、CDを出した頃、もうそういう考えがありました。

<質問>葉問の、長杉からスーツに着替えて証明写真を撮った後、長いことそこに座っていて、雨が降り続いている中、煙草をくわえているシーンでは、郷里を離れること以外に、彼は何を思っているの?彼の目に映る時代の流れ?後でまた長杉に着替え直して、ガラス越しに弟子のカンフーの練習をそこで見ているの?
<トニー>いくばくかの昔の事、過去を追想しています。

<質問>映画の最後のシーンについて聞きたいです。宮家の邸宅の玄関にいるのは葉問本人ですか?必ず答えてください。
<トニー>はい、私です。そこは遼陽博物館だったことを覚えています。

<質問>貴方は知ってるかどうかわからないけど、私はもともと宿題をしているはずだったんです。でも貴方の訪微(微博訪問)を見てから、やっと宿題に取り掛からなければなりません。私はすぐお祖母ちゃんちに行って、パソコンを立ち上げて、刷屏を開始しています(刷屏の意味がわかりません・・・スクリーンを更新しているということかしら)。老虎、貴方は私を手ぶらでは帰すことはできないわよ。
<トニー>貴方の要望はかなえました。貴方の質問に答えましたから、すぐに帰って宿題をしなさい。

<質問>貴方は映画を撮影していない時は何をしていますか?
<トニー>運動をしたり、遊んだり、本を読んだり、最近は徐浩峰先生の「武士会」を読んでいます。

<質問>貴方は「一代宗師」の中で、どの部分が最も精彩を放っていると思いますか?
<トニー>雨の中の対決のあのシーン。私にとってとても印象深いし、とても大変だったから。

<質問>貴方は今何かまだ夢がありますか? それが実現してほしいと思いますか?
<トニー>一番最近の夢は・・・今晩の夕食が美味しいことを希望します!

<質問>貴方に聞きたいとずっと思っていたことがあります、貴方はどうしてそんなに格好いいんですか?
<トニー>ママに聞いて。

<質問>お疲れ様です!カンフーの訓練は本当に大変です。映画の中のカンフーはとても美しかったです。以後、またカンフー映画に出るつもりはありますか?次の映画の予定はありますか?
<トニー>良い脚本があれば、続けてカンフー映画に出ることがあると思います。次の映画の予定はしばらくありません。ちょっと休息してから、また考えます。

<質問>貴方が最も行きたいと思っている外国旅行はどこですか?
<トニー>モルジブ。

<質問>こんにちは。今回「一代宗師」を演じて、貴方が最も乗り越えたことは何ですか?
<トニー>人は皆、毎日進歩することができます。私にとって、乗り越えることは重要ではなく、目的は少し単純な方が好きで、この映画で私の収穫は多く、学んだものは多く、得たものはとても多いです。

<質問>私は「一代宗師」を観た後、テストの成績が上がりました。私にちょっと励ましの言葉を送ってもらえますか?

<トニー>映画を撮り終わった後に得られる感銘を堅持して、最も難しいことに対処する時もそれを堅持していれば、何をするにも上手くいきます。皆さん堅持し続けてください。頑張って!

<質問>(質問者の微博が削除されていて、質問内容が不明です)
<トニー>四文字で、「追求完美」です。

<質問>貴方の映画がとても好きです。貴方は以前カンフーの練習で怪我をしましたね。後遺症は残っていますか?貴方はカリーナ姐の「戯鬼」という呼び名は好きですか?(カリーナは自分の微博でトニーのことを「戯鬼」と言ってます)
<トニー>怪我はもう良くなっています。後遺症はありません。呼び名・・・私にとってはどちらでもいいです。皆さんが嬉しいのならそれで良いです。

<質問>「一代宗師」の中には沢山の古典の台詞があります。貴方が好きな台詞はどれですか?
<トニー>皆好きです。しかし、私を最も感動させたのは、香港プレミアで観た時の、映画が始まって間もない台詞、「一条腰带一口气,以后就凭这一口气做人」です。もし傍に人が座っていなかったら、私は感情にまかせて泣いていたでしょう。

<質問>次の映画では自分でアフレコをするつもりはありますか?
<トニー>時間がなかったので、今回は間に合いませんでした。次回はきっと自分で国語版のアフレコをするつもりです。


わーー、短文だから大した時間はかからないだろうと思ったら、訳すのにめっちゃ時間かかってしまった・・・!
自分でざっと読む分にはいいのだけど、ブログに載せるとなると、一見簡単そうに見える言葉でもいちいち辞書を引いて確認しているとどうしても時間がかかる。実際、「空手」が、「素手」とか「手ぶら」という意味とは思わなかったし。

いろいろ書きたかったその他の情報はまた明日にでも。

category: トニー・レオン

tb: 0   cm: 2

△top

また北京で宣伝活動 

 

先日香港に帰ってきたばかりのトニーさん、また北京にて「一代宗師」の宣伝活動です。

トニーさん@北京1

少しはお元気になられたでしょうか?
ネット上(微博)での質問に答えるためか、テーブルにはパソコンが用意されています。

トニーさん@北京2

トニーさん@北京3

今天就聊到这里,感谢大家。王家卫还是王家卫,我很享受和他拍戏的过程,拍完会很有成就感。期待接下来在世界各地宣传期间,在大银幕上多看几遍《一代宗师》。

今日、ここにお喋りに来ました、皆さんに感謝します。ウォン・カーウァイはやはりウォン・カーウァイです。
私は彼と映画を撮影する過程を享受し、撮り終わるととても達成感を感じます。世界各地を宣伝期間中に訪ね、「一代宗師」をスクリーンで沢山観ることを期待しています。

(一部のゴシップ記事に、「トニーは「一代宗師」でカットされたシーンが多いことに不満を持ち、ウォン・カーウァイと不仲になっている」と書かれたことを憂慮してか、トニーさんはウォン・カーウァイとの撮影を楽しんだという事を改めて述べたようです)


「一代宗師」関連記事
http://ent.sina.com.cn/r/m/2013-01-18/04383838467.shtml

梁朝偉訪微談
http://talk.weibo.com/ft/201301188407

微博上で、いろんな人からの質問にトニーさんが答えているようです(1月18日の14時~15時の間)。
短文ですので、後で改めて訳文を書きたいと思います。
(「どうしてそんなに格好いいんですか?」の質問には「ママに聞いて」と答えています:笑)

(お知らせありがとうございます)

category: トニー・レオン

tb: 0   cm: 0

△top

ゆうばり映画祭で「スイートハート・チョコレート」上映 

 

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2013年度のラインナップが発表になりました。
昨年東京国際映画祭で上映された「スイートハート・チョコレート」が上映されます。

映画祭開催期間:2013年2月21日(木)~2月25日(月)

【オープニング】 『ジャンゴ 繋がれざる者』
【クロージング】 『スイートハート・チョコレート』
【その他】 『牙狼〈GARO〉~蒼哭ノ魔竜~』『コドモ警察』『シュガー・
ラッシュ』『ジャッキー・コーガン』
『キング・オブ・マンハッタン 危険な賭け』『アンナ・カレーニナ』『じんじん』

■【招待作品ゲスト】
『スイートハート・チョコレート』
篠原哲雄(監督)

『牙狼 <GARO>~蒼哭ノ魔竜~』
雨宮慶太(監督)

『コドモ警察』
鈴木福(俳優)

『じんじん』
山田大樹(監督)、大地康雄(企画・主演)、
小松美咲(俳優)、井上正大(俳優)

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭公式サイト
http://yubarifanta.com/index_pc.php?ct=main.php&langue=21010

リン・チーリン、池内博之主演の「スイートハート・チョコレート」は観ていて、池内博之がリン・チーリンにいつカンフーの決闘を申し込むのかハラハラしましたが、もちろんそういう内容ではありません(笑)。
夕張が映画の舞台の一つとなっているものの、お話自体は10年前か20年前くらいのラブストーリーという感じでしょうか・・・(監督、ごめんなさい)。
山本圭さんが出演していて、なんだかそこだけ重厚な感じがしました。

一般公開は難しいかなと思いますので、観られる人は観ておいた方がいいかと思います。
東京国際映画祭の時点で、もうゆうばり映画祭での上映は決まっていたようで、監督自身が仰ってました。


<その他の情報>
・1月22日(火)NHKBS1 午後2:00~2:30 「 TOMORROW beyond 3.11」リン・チーリン(台湾/女優)
 台湾出身の世界的映画女優、リン・チーリン(林志玲)。甚大な被害を受けた宮城県気仙沼市を訪ね、芝居を通して自らの被災体験を伝える子供たちと感動的に出会う旅をする。

・1月24日(木)TBS 午後7:00~8:49 「いかさま・タコさまSP」
 今夜は香港スペシャル!夜景、美容グルメ、エステだけでなく、香港の仰天情報が!

 (お知らせありがとうございます。网易娯楽のページは、以前から私のPCで観ると、画面が固まってしまって停止してしまいます・・・私のPCだけの問題かもしれませんがURLを貼るのは控えておきます)


・「一代宗師」関連記事
 http://tom.ent.ilive.cn/3.1/1301/17/7763878.html

 トニーさん

 ウォン・カーウァイ監督は画面、シーン、台詞に対しての要求が高く、映画の脚本も青写真もなく、さらにウォン・カーウァイ監督自身でさえ自分がどんな映画を撮りたいのかを知らないのが、「一代宗師」の完成が遅れた原因の一つ・・・と書かれています(笑)。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 2

△top

「一代宗師」メイキング カンフー編 

 

こちらは「一代宗師」メイキング カンフー編。



このメイキングのトニーさん、可愛すぎる!
夜の雨の中の撮影ではびしょぬれで心底寒がっていたり、別のシーンでは、真剣な表情で冷酷な足払いをくらわせたかと思うと、カットの声がかかった途端、相手の身体を気遣う様子など・・・。

トニーさん@「一代宗師」

http://news.on.cc/cnt/entertainment/20130116/bkn-20130116162709638-0116_00862_001.html

こちらは北京の夜(1月6日?)、「一代宗師」の試写に向かうトニーさんとチャン・チェン。暗がりで顔があまり判別できませんが・・・。
http://big5.xinhuanet.com/gate/big5/news.xinhuanet.com/ent/2013-01/16/c_124237173.htm

こちらは「生活週刊」のトニーさんインタビュー記事。

生活週刊 トニーさん1

生活週刊 トニーさん2


http://app.why.com.cn/epaper/shzk/html/2013-01/15/content_119035.htm?div=0

http://app.why.com.cn/epaper/shzk/html/2013-01/15/content_119070.htm?div=1

(お知らせありがとうございます。訳して読みたい・・・)

category: トニー・レオン

tb: 0   cm: 2

△top

香港で一時休息 

 

「一代宗師」のプロモーションで忙しいトニーさんは先日、香港に戻ってきたようです。

トニーさん@香港1

トニーさん@香港2

トニーさん@香港3

中環のホテルに現われたトニーさん。お仕事の打ち合わせだったのでしょうか、午後8時から11時まで滞在していて、その後車で帰宅したとのこと。
記事では「病原菌を他人に移さないため、車に乗ってからマスクをはずした」とありますが、たぶんマスクは外で本人と気づかれないためじゃないかな。本当に病気になっちゃったんでしょうか。
まだ撮影の疲れが取れないうちに、「一代宗師」プロモーションに突入してしまったから・・・。

どちらにしてもお疲れ顔の様子・・・少し休息できればいいのですが、次のプロモーションはすぐなんでしょうか。

http://orientaldaily.on.cc/cnt/entertainment/20130114/00282_032.html

http://ent.sina.com.hk/news/-2808-924958/1.html

「一代宗師」関連記事

「一代宗師」

http://yule.sohu.com/20130114/n363421279.shtml

http://yule.sohu.com/20130114/n363396008.shtml

http://yule.sohu.com/20130114/n363394663.shtml

http://yule.sohu.com/20130114/n363394378.shtml

トニーは二回骨折して、一回目は「发线式骨裂」、二回目は「锯齿状骨裂」(一回目は単純骨折、二回目は複雑骨折ということかしら)だった。ウォン・カーウァイ監督が当時を振り返って、「彼は決してあきらめないで、石膏で腕を固めてから二週間後、東北地方の我々の撮影現場に来て、演技中心のシーンを先に撮れます、と言ったんです。我々は、やはり貴方は動いてはいけないと言いました。それで彼はホテルの中で行ったり来たりしていたのです」と語りました。

http://yule.sohu.com/20130114/n363354716.shtml

http://yule.sohu.com/20130114/n363354098.shtml

こちらはウォン・カーウァイ好き派嫌い派に分けて、「一代宗師」賛辞と批判の微博意見を紹介しているようです。
http://ent.sina.com.cn/f/m/confrontationvol.1/

広州プロモーションの記事
http://news.hitvs.cn/video/videoplay-456400-1.htm

http://photo.weibo.com/1660797932/wbphotos/large/photo_id/3534155134629571?refer=weibosearch

(お知らせありがとうございます)

category: トニー・レオン

tb: 0   cm: 2

△top

「一代宗師」メイキング トニー・レオン編 

 

こちらは「一代宗師」メイキング トニー・レオン編。



奥さんのソン・ヘギョに平手打ちされる葉問トニーさん。上映されている映画にはこのシーンは入ってないらしいけど、「大魔術師」のシーンを思い出してしまう。

こちらは広州記者会見の追加画像。
ファンにサインしているトニーさん。

トニーさん@広州記者会見5

トニーさん@広州記者会見6

トニーさん@広州記者会見7

こちらは新華娯楽の広州記者会見の記事。
http://big5.xinhuanet.com/gate/big5/news.xinhuanet.com/ent/2013-01/13/c_124222990.htm

「トニー・レオンは、唯一残念なのは国語版のアフレコをしなかったことと明かす」
自ら国語版(普通話)のアフレコをしなかったのが残念だ、しかし、「人生、残念なことがあるから、楽しいこともあるのでしょう」

映画上映後、批評の論争がありますが、トニー・レオンが演じた葉問については全て好評を博しています。
葉準も高い評価を示していて、「トニー・レオンはカンフーが素晴らしいだけでなく、師匠の気概がある」と述べています。
そこで広州の記者会見に出席したトニー・レオンの気持ちはとても楽しくて、質問に必ず答えるだけではなくて、冗談を言うのも忘れませんでした。

自分の今回の映画での表現について、トニー・レオンは語ります。「私はできることは全てしました。私が献上できる最高の表現はこのようなものです。私は既に自分の最大の能力を尽くして、私もまたブルース・リーになることはできません」

これまでの多くのウォン・カーウァイの映画同様、トニー・レオンは、自分が映画を観る時、第一回目は自分のどこのシーンが使われなかったのかを観ると言います、何がカットされたのかのみにかまけるのです。二回目は自由に観て、しかし自分が演じたシーンを観るのです。
三回目にやっと、他の役者の演技を観ます。四回目はストーリーの構造を観て、五回目は服装や背景を観て、ずっと六、七、八、九回まで行って、ウォン・カーウァイが一体何を言いたかったのかを知るのです。
トニー・レオンは、「良い映画は鑑賞に耐え得るもので、細部を重んじていて、たとえ数年後に観たとしても、却って違うものを見出せるようなものです」と表します。

今回、何か残念に思っていることはありますか、と尋ねられ、トニー・レオンは言います。「もともと、第一回目は観に行きたくなかったのです。なぜなら国語でしたから。私は自分の国語版のアフレコを聞いた途端、もう死にたくなります。ウォン・カーウァイはもともと、自分に国語版もアフレコをするように希望していました。しかし、どこにそんな時間があるでしょう。既に公開されました。そこで、今回残念なことは国語版は自分の声ではないことです。しかし、人生には残念なこともあるから、楽しいこともあるのでしょう」
ここまで言って、トニー・レオンは自らも笑いました。
(後略)

トニーさん@「一代宗師」1

トニーさん@「一代宗師」2

トニーさん@「一代宗師」3

トニーさん@「一代宗師」4

「一代宗師」関連記事
http://orientaldaily.on.cc/cnt/entertainment/20130113/00282_010.html

http://news.on.cc/cnt/entertainment/20130111/bkn-20130111204854609-0111_00862_001.html

http://the-sun.on.cc/cnt/entertainment/20130112/00470_052.html

http://news.on.cc/cnt/entertainment/20130111/bkn-20130111153432274-0111_00862_001.html

http://big5.xinhuanet.com/gate/big5/news.xinhuanet.com/ent/2013-01/13/c_124221457.htm

http://ent.sina.com.cn/m/c/2013-01-12/20073833547.shtml

http://ent.sina.com.cn/m/c/2013-01-13/19533833840.shtml
(動画あり)

http://ent.sina.com.cn/m/c/2013-01-13/18213833830.shtml
(こちらは、1月18日から「一代宗師」が公開される台湾のプロモーションに出席したチャン・チェンのNEWS)

もうNEWSが多くて何がなんだか・・・。

「一代宗師」は、海外ではシンガポールでは1月31日から、タイ・ロシアでは3月7日から、フランス、ベルギーでは4月17日、オランダでは4月25日から公開だそうです。
ギャガさん、日本ではいつから公開でしょうか・・・?

category: トニー・レオン

tb: 0   cm: 2

△top

広州で記者会見 

 

1月12日、トニーさんは広州で「一代宗師」の記者会見でした。

トニーさん@広州記者会見

トニーさん@広州記者会見2

トニーさん@広州記者会見3

葉問の息子さん・葉準さんと一緒に。
葉準さんはトニーさんを褒めたたえ、「梁朝偉に、自分の父親・葉問の面影を見た。梁朝偉は既に葉問の精神の中に入っている」と述べました。

トニーさん@広州記者会見4

こちらはようつべにUPされた「一代宗師」メイキング映像。HKMoviefanさんのTLより、非常感謝!
「一代宗師」メイキングpart1A


トニーさんがトランクを持って列車の側を歩いているシーンのメイキングを観るだけでもう、何故だか胸が熱くなる。
間違いなくトニーさんの代表作の一つと呼ばれることになるであろう。早くスクリーンで観たい。

「一代宗師」メイキングpart1B



「一代宗師」関連NEWS
http://www.ttv.com.tw/102/01/1020110/10201104934006I.htm

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=P4gGK_9yF88

(「一代宗師」、自分の台詞のシーンをスクリーンで観て感極まって泣いてしまい、申し訳なく思った、何故ならその時隣の席にチャン・チェンが座っていたから、そしてもう片方の席にはカリーナが座っていたから・・・と台湾での記者会見で仕草を交え笑いながら話すトニーさん)

http://www.ttv.com.tw/102/01/1020109/10201094033901L.htm

(関連NEWSのURL、お知らせありがとうございます)

<その他の情報>
・現代中国映画上映会@文京シビックホール
 2月23日(土)「ウィンター・ソング」上映
 http://www1.parkcity.ne.jp/gentyuei/

・「駅弁ひとり旅 ザ・ワールド」台湾+沖縄 (双葉社)
 
 「駅弁ひとり旅 ザ・ワールド」

 「駅弁ひとり旅」、通常は日本全国の駅を巡る漫画らしいのですが、この単行本は鉄道で台湾一周しながら台湾の駅弁を楽しむという一冊となっています。思わず買ってしまいました。
 正直、鉄道に関する部分はチンプンカンプンなところもあったのですが、列車の連結部分が円形になってるのは中国の庭園を模したデザインのためだけかと思ったら、そこにディーゼルエンジンの排気パイプが入ってるため、とかトリビアなお話もいろいろあって面白かったです。(鉄道好きの方には、何を今更な話かもしれません、すみません)

category: トニー・レオン

tb: 0   cm: 0

△top

「大魔術師Xのダブル・トリック」ブルーレイ&DVD発売 

 

「大魔術師Xのダブル・トリック」ブルーレイ&DVDが、4月12日発売予定とのこと。

「大魔術師Xのダブル・トリック」

ブルーレイの方は「スペシャル・コレクターズ・エディション」となってます。

【ブルーレイ特典映像】
●メイキング&インタビュー ※ブルーレイのみ
●海外版予告編 ※ブルーレイのみ
●日本版予告編

【DVD特典映像】
●日本版予告編

ただし、言語は「中国語、日本語」ってなってるんだよなあ・・・中国語って北京語だけで広東語はないってことなのかな。(ただし、ア○ゾンさんのサイトに書いている人が、必ずしも広東語・北京語の区別をして書いているかどうかは不明なんだよな・・・)


そして、ぐれちゃんのブログでビックリ!な情報を見ました。

「インファナル・アフェア」三部作 スペシャルパック ブルーレイ 4月17日 発売とのことです!
そりゃ、これから出すならブルーレイだよね。

「インファナル・アフェア」

ア○ゾンさんの紹介によると、三部作のセットのみで新たな特典はないみたいです。(ほっ)
「インファ」のDVDはウチに何枚あるかわからないので、もうウチは必要ないよ!

(「ダブルフェイス」のDVDも出るみたいだけど、私は興味ないのでスルー)

そして以前拙ブログで紹介した「一代宗師」の本、yesasiaさんで発売予約受付中(1月16日発売予定)とのこと。

一代宗師(王家衛功夫美學限量珍藏版) 著者 ウォン・カーウァイ(←DVDじゃないので間違えないでね!)

「一代宗師」本

価格:US$36.99 [~¥3,257]
ページ数:120ページ

yesasiaさんのサイト
http://www.yesasia.com/us/ja/home.html

<その他のDVD発売情報>
「ブラッド・ウェポン」DVD 2月22日 発売予定(えっ、もう!?)

「ブラッド・ウェポン」


「トリプルタップ」DVD 3月6日 発売予定

「トリプルタップ」

「最愛」DVD 3月8日 発売予定

「最愛」

もう遅いのでDVD情報以外の情報はまた今度。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

台湾で宣伝活動 

 

トニーさんは、なんと今日1月10日、台湾で「一代宗師」のプロモーションです。

トニーさん@台湾宣伝1

トニーさん@台湾宣伝3

トニーさん@台湾宣伝2

台湾プレミア上映会も本日だったのですね・・・なんだかトニーさん、感慨深げ・・・。
「大魔術師」も「聴風者」も、トニーさんは台湾にはプロモーションで訪れなかったから、たぶん「レッドクリフ」以降の訪問。ファンの方々もきっと待ちかねていたでしょうね。会場の熱気が伝わってくるような画像です。

トニーさん@台湾宣伝4


そしてこれは可愛い!HKMoviefanさんのTLで紹介されてた台北の空港でのトニーさん動画!
なんだか楽しそう・・・↓
http://udn.com/NEWS/ENTERTAINMENT/ENT3/7624780.shtml
(空港に着いてすぐ、映画について記者に尋ねられ、「記者会見でゆっくりお話します」と答えたとのこと)

台湾では1月18日から「一代宗師」公開らしいです。


「一代宗師」関連記事
http://orientaldaily.on.cc/cnt/entertainment/20130110/00282_001.html

ソン・ヘギョは撮影に一年参加したのに、出演時間はたったの6分、それに比べてチャン・ツィイーは上映時間130分のうち100分出演している(えっそうなの?)とのこと。

http://the-sun.on.cc/cnt/entertainment/20130110/00470_011.html

http://the-sun.on.cc/cnt/entertainment/20130110/00470_010.html

http://ent.sina.com.hk/news/-2827-924311/1.html

http://big5.xinhuanet.com/gate/big5/news.xinhuanet.com/ent/2013-01/10/c_124210564.htm

http://big5.xinhuanet.com/gate/big5/news.xinhuanet.com/ent/2013-01/10/c_124213574.htm

http://big5.xinhuanet.com/gate/big5/news.xinhuanet.com/ent/2013-01/10/c_124210595.htm


<今日の情報>
・台湾映画「KANO」に永瀬正敏、大沢たかお二大スターが出演!
 ウェイ・ダーシェン監督の新作映画「KANO」に、戦前、台湾の嘉義農林高校を甲子園進出に導いた日本人監督役に永瀬正敏、その妻を演じるのは坂井真紀、そして台湾にダムを造った八田興一に大沢たかお、とのこと詳細はアジパラさんのニュースをご覧ください。
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2013/01/kano-19a8.html

・「聴く中国語」2月号

 「聴く中国語」2月号

 
 映画で学ぶ中国語のコーナーは「老人ホームを飛び出して」です。

 「聴く中国語」最新号目次
 http://long-net.com/index.php?mid=product&document_srl=42783

・「ブラッド・ウェポン」角川シネマ新宿での上映は1月11日(金)までです!
 私は1月10日、滑り込みで観てきました。こんなに大作なのに、映画パンフレットがないなんて・・・。

「ブラッド・ウェポン」

category: トニー・レオン

tb: 0   cm: 4

△top

香港プレミア上映会2 

 

昨夜1月8日、香港プレミア上映会に出席。

トニーさん@香港プレミア1

トニーさん&カリーナ。
カリーナは主演者に気遣ってか、今回は控えめな装いのよう(でもミニスカート)。

トニーさん&カリーナ@香港プレミア

昨夜のツィイーとチャン・チェン。ツィイーのドレスが!!模様を見つめていると目が廻る~。
これはインパクト強すぎて二度は着られないね。

ツィイー&チャン・チェン@香港プレミア

ついでに監督も貼っておく。

ウォン・カーウァイ監督@香港プレミア


関連記事
http://the-sun.on.cc/cnt/entertainment/20130109/00470_010.html

http://news.on.cc/cnt/entertainment/20130108/bkn-20130108215309852-0108_00862_001.html (動画もあり)

主演のソン・ヘギョがプレミアに出席していないのは、ウォン・カーウァイ監督と仲が悪いからだ、また出演シーンがカットされているからだ、という噂があることに対してトニーさんは「そんな噂は信じない。監督は全ての役者に対して公平だ」と述べました。

http://ent.sina.com.hk/news/-2808-924140/1.html

http://ent.sina.com.hk/news/-2812-924164/1.html

http://ent.sina.com.hk/news/-2-924141/1.html

http://ent.sina.com.hk/news/-2-924140/1.html

http://yule.sohu.com/20130109/n362869873.shtml

「一代宗師」は大陸公開1月8日初日だけで、チケットの売り上げ3000万元の好成績を上げ、なんと「2046」公開時の総売り上げを既に超えたとのこと。(「2046」公開時は今と違って、大陸では映画はDVDやVCDで鑑賞して、わざわざ映画館に足を運ぶ人が少なかったというのもあるだろうけど・・・それにしても凄い)

http://yule.sohu.com/20130109/n362938936.shtml

http://yule.sohu.com/20130109/n362887801.shtml

ウォン・カーウァイ監督曰く「映画を観た人は恐らくトニーの台詞が少ないことに気がついたでしょう。それは、私は彼が、私たちが伝えたいことを台詞を使わずに表現できるということを発見したからです。彼は映画の中で一人の「鬼」のようで、オーラは強大で、彼にとってこの映画の演技へのプレッシャーは非常に大きく、私は彼の映画の中の演技は既に大家となったと感じます」

トニー・レオンは自分の役に言及して、「武戯はまるでブルース・リーのようで、文戯(戦い以外の振る舞いの部分を指しているのかな?)は葉問のようです。映画の中で彼と夫人の張永成は尊敬し合っていて、彼が彼女の足を優しく洗ってあげるシーンは人を感動させます」

http://big5.xinhuanet.com/gate/big5/news.xinhuanet.com/ent/2013-01/09/c_124206299.htm

category: トニー・レオン

tb: 0   cm: 2

△top

香港プレミア上映会 

 

1月8日(火)本日は「一代宗師」香港プレミア上映会に出席です。

なにやら深刻そうなトニーさん&チャン・チェン。

トニーさん@香港プレミア1

「トニーさん、僕らの撮影したあのシーン、どこに行っちゃったんでしょうね・・・」
「4時間バージョンには入ってるのかな・・・」

トニーさん@香港プレミア2

トニーさん@香港プレミア3

トニーさん@香港プレミア4

カリーナと一緒に。

トニーさん@香港プレミア5


「一代宗師」関連記事
http://tom.ent.ilive.cn/3.1/1301/08/7740351.html

http://tom.ent.ilive.cn/3.1/1301/08/7741695.html

http://tom.ent.ilive.cn/3.1/1301/08/7740922.html

http://tom.ent.ilive.cn/3.1/1301/08/7740917.html

http://yule.sohu.com/20130108/n362761690.shtml

http://big5.xinhuanet.com/gate/big5/news.xinhuanet.com/ent/2013-01/08/c_124204531.htm

葉問トニーさん、カッコいい!!

葉問トニーさん1

葉問トニーさん2

葉問トニーさん4

葉問トニーさん3

http://big5.xinhuanet.com/gate/big5/news.xinhuanet.com/ent/2013-01/08/c_124204533.htm

http://ent.sina.com.cn/m/c/2013-01-08/20573830316.shtml

category: トニー・レオン

tb: 0   cm: 2

△top

Sina訪問&北京で発布会2 

 

1月7日(火)12時ごろ、トニーさん、チャン・チェン、チャン・ツィイー、張晋はSinaを訪問、ウォン・カーウァイ監督に敬意を表して皆でサングラスで登場しました。

「一代宗師」北京宣伝活動

「一代宗師」北京宣伝活動2

http://ent.sina.com.cn/m/c/2013-01-07/13223828959.shtml
(わーん、訳す時間がない・・・今週は仕事もそれ以外の予定も土曜日まで一杯なので、とりあえずURLを貼っておきます)

1月6日の北京発布会の模様も、あちこちの中華娯楽サイトに出てきました。昨日の新浪娯楽のインタビューの翻訳が途中ですが、とりあえずこちらも紹介。

やはり不精ひげのままだったか!小指に指輪をしていたのね。

トニーさん@北京発布会9

この角度からだと髪型が自然に見える。

トニーさん@北京発布会8

http://the-sun.on.cc/cnt/entertainment/20130107/00470_023.html

「一代宗師」の雨夜大戦のシーンでは、トニーさんは30日間夜ずっと撮影を続け、気管支炎を患い5日間寝込んでしまった。昼夜逆転の生活のせいで夜中眠れなくなり、ジョギングに出かけた。
今年2月のベルリン映画祭にも出席予定、4月の始めにはこの映画の仕事も一区切りを終えるだろうと思っているとのことです。

http://ent.sina.com.hk/news/-2808-923788/1.html

チャン・ツィイーは3年間の撮影の過程を「海賊船に乗ったようなもの」と言い、「もう以後はカンフー映画には出ません」と宣言しています。

http://ent.sina.com.hk/news/-2812-923776/1.html

こちらの記事では「一代宗師」は「楽園の瑕/東邪西毒」に似ている、と評されているとのこと。
映画の中で葉問ことトニーさんが長袍を脱いで西洋式の服装に着替えるシーンは「花様年華」の周慕雲を彷彿とさせるそうです。

「殺青那天我還以為會特別興奮」とは「クランクアップの日、とても興奮した」ではなくて「クランクアップの日、さほど興奮しなかった」という意味になるんですね。昨日の翻訳を訂正せねば。確かに、文脈からするとそうなるんだよなーー。翻訳は難しい。

http://yule.sohu.com/20130107/n362635905.shtml

全家福@「一代宗師」

「一代宗師」の全家福。

トニー・レオン、チャン・ツィイー、チャン・チェンの他に王慶祥、小沈陽らも出席とのこと。

http://yule.sohu.com/20130106/n362511231.shtml

http://pic.yule.sohu.com/group-407046.shtml#0

↑こちらは昨晩のプレミア上映会の模様。


http://big5.xinhuanet.com/gate/big5/news.xinhuanet.com/ent/2013-01/07/c_124195516.htm

http://ent.sina.com.cn/m/c/2013-01-07/16413829219.shtml

http://ent.sina.com.cn/m/c/2013-01-07/17373829292.shtml

中文に疲れた皆さんに最後に日本語のNEWS。
ヤフー ・ニュース
「赤いタキシード、ちょびヒゲのアラジン風衣装でトニー・レオンが七変化!」
http://movies.yahoo.co.jp/m2?ty=nd&id=20130107-00000015-mvwalk
「大魔術師Xのダブル・トリック」の紹介記事です。

category: トニー・レオン

tb: 0   cm: 0

△top

北京で発布会 

 

北京で「一代宗師」発布会に出席のトニーさん。
膝下くらいの丈のパンツに模様の入った靴下(タイツ?)、上品な装い。

トニーさん@北京発布会1

でも髪型はこれでいいの?一部ハネてる気がするんだけど?GeorgeWongさん、これでいいんだよね?

トニーさん@北京発布会2

トニーさん@北京発布会3

チャン・チェン、チャン・ツィイーも参加。

トニーさん@北京発布会4

トニーさん@北京発布会6

トニーさん@北京発布会7

北京発布会のウォン・カーウァイ監督
「自分で編集したシナリオでは4時間ありますから、今後、DVDでお見せするか、またはその他の方法で皆さんにお見せできると思います」・・・て、監督・・・・。

ウォン・カーウァイ@北京発布会


トニーさんインタビュー記事 おおまかな訳(1月7日一部訂正)
「トニー・レオン:撮り終えて気楽になった」
http://ent.sina.com.cn/m/c/2013-01-06/02143827687.shtml

葉問の練習をすること数年、二回手を骨折し(あれ?一回じゃなかったの?)、全て撮り終わるまで3年、その後アフレコをして各地をプロモーションで廻ってとりとめもなく4月になってやっと終わるので、それまで祝祭日でもお休みはありません。
半年にかけての夜の撮影が続いたため、彼は大きな「倒時差」(時差ぼけ)に見舞われました。最初の頃、眠れないことが多く、4時か5時、まだ外が暗い頃ジョギングに出かけ、カリーナが彼に電話して尋ねました。「貴方、どこに行ってるの?」彼は言います。「ジョギングをしているんだ」
「こんなに朝早く?」「ああ、眠れないんだ・・・」

映画がクランクアップした後、彼は本当に終わったのか信じられなかったが、4、5日経って、やっと気がゆるんできた。「突然、以前と感覚が違ってきて、すっかり気が楽になりました」
どうりで、インタビューの最後に彼は、甘えるように、しばらく映画を撮りたくないんだと言ったのです。
「次の作品がいつなのか知らない。どのみち、撮りたくないし、少し休みたいんだ・・・」

幸いなことに「一代宗師」は1月8日についに上映されることになりました。トニー・レオンは自分の生命の七分の一の時間を使い紡ぎ出した功績、苦労は、一筋のエッセンスとして全て観衆に引き継がれます。

【辛酸を語る】
クランクアップして4、5日経って我に返り、本当に気楽になりました!
「私は少し疑っていて、というのはかつて、打ち上げの食事を二回した後、また戻って撮影を続ける必要があるということがあったのです」

新浪娯楽:「一代宗師」は、貴方が最も多くの時間をかけて撮影した映画です。こんなに長く撮っていて、クランクアップした時はどんな感じでしたか?

トニー・レオン:クランクアップの日、私はさほど興奮していませんでした、何故ならその時監督が「トニー・レオンの最後のシーン」と言っているのを覚えているのです。撮影監督は「え?そんなに重要な時間?」と言っていました。
このように、映画を撮り終わるそのシーンは、それほど嬉しくはなくて、結果全て終わった後はやっと良くなります。なぜなら、私は撮り終わった後、何かの事情でやはり撮り終わってなかった、やはりアフレコが必要だ、やはりナレーションが必要だ、後でとても長い期間のプロモーションがある。撮影の段階が終了しても、その後まだ終わっていなくて、その役、その人物から離れられないのです。
何故なら、後でプロモーションがあるから、他人がひっきりなしに自分に役を思い出させ、「以前何をしていましたか?」「貴方はどのように思いましたか?」と話させるのです。だから、まだ終わったとは思えないのです。


(たぶん、続く)

<今日の雑誌情報>
「すばる」2月号(集英社)

「すばる」2月号

アン・リー監督のインタビューが載ってます。シネマ文学カフェは野崎先生の「二郎は鮨の夢を見る」です。
すばる 集英社
http://subaru.shueisha.co.jp/index.html

category: トニー・レオン

tb: 0   cm: 3

△top

北京で宣伝活動中 

 

1月5日、本日トニーさんは北京で「一代宗師」の宣伝活動中のようです。

トニーさん@「一代宗師」宣伝中1

トニーさん@宣伝活動中2

トニーさん@「一代宗師」宣伝中3

いろいろインタビューを受けているみたいだけど、不精ひげのまま、格好も結構ラフな感じ。
トニーさんの不精ひげ姿は個人的には結構好き。

北京では1月7日にプレミア上映会らしいから、その時は正装するのかな。
香港では1月8日にプレミア上映会。それにも出席するには、北京からトンボ帰りかしらん。しばらくプロモーションに忙殺されるのね、お体お大事に。


そして1月5日(土)、私は「大魔術師Xのダブル・トリック」の初回@シネマート六本木を観て参りました。

「大魔術師」

座席が87席しかない部屋ということもありましたが、立ち見が出るほどの盛況ぶりでしたよ
トニーさん人気強し!いやラウチン人気かもしれないけど。半分くらいは朝の「じじぃドラゴン」から流れてきたお客さんかもしれないけど(笑)。

香港で中文字幕で観たのに比べると、やはり話の流れがよくわかって、何故この人物がここでこれを?というのがちゃんと理解できて面白かったです。
軍閥ラウチンが、女性の名前を次々ピタリと言い当てるのは、この人物は袁世凱がモデルだったのかしらん、などど香港では思いもしないような事を思ったり。(袁世凱は一ダースくらいの奥さんの名前と一クラス分くらいの人数の自分の子供の名前を決して呼び間違ったりしなかったそうですから)

そしてやはり大魔術師トニーさんはラブリーでした。私は御茶屋さんみたいなとこで、トニーさんが女性にウィンクしたり流し目?したりするシーンが好きです。あと、アラジンの魔法のランプみたいな格好では素足につま先の尖がった靴を履いているのがとってもセクシーです。(あそこはツボだ・・・)

これで上映の言語が北京語バージョンじゃなくてトニーさん、ラウチン自身の声の広東語バージョンだったらなあ・・・。トニーさん役の北京語の吹替えの人は結構良い声ではあるんですけど。
その分、エンディングロールの歌声がトニーさん&ジョウ・シュンの声なので聞き惚れてしまいました。

category: トニー・レオン

tb: 0   cm: 2

△top

新年快楽!2 

 

友人たちとのパーティの写真、追加。

トニーさん@新年会

http://news.on.cc/cnt/entertainment/20130101/bkn-20130101155326424-0101_00862_001.html

1月2日(水)、「最愛」@シネマート六本木を観にいったら10人くらいしかお客さんが来てませんでした・・・。
まあ、新年に観るような内容ではないけどね・・・でも観とかないともうすぐ上映終わっちゃうかなと思って。(公式サイトによりますと少なくとも1月11日(金)までは上映しているようです)
超シリアスなテーマに正面から取り組んだ映画かと思ったら最後の最後でちょっとホラーちっくに・・・なぜにアーロン・・・。
同じテーマで、もし日本人の監督が撮ったら、絶対こういう風にはならないだろうな、と思う点では一見の価値はあったのかもしれん。
ツィイーの役を当初タン・ウェイちゃんが演じるという噂もあったのですが、演じなくて良かったかも。(ゴメン、ツィイー)


と、ところでそんなことはさておき!教えていただいた情報ですが(ありがとうございます)、「一代宗師」のfacebookに、

一代宗師 首映禮 將於1月8日UA iSquare盛大舉行

「一代宗師」facebook
https://www.facebook.com/MovieTheGrandmaster

の文字が!1月8日に香港のUAisquareにて「一代宗師」プレミア上映ということですよ!
ということはやはり香港は1月10日一般公開なのか・・・。あれ?香港が先?大陸は?

ゴホゴホ、ワシは12月に香港に行って財を使い果たした・・・後は若い者に全てを託す・・・その黒い眼(まなこ)で全てを観てきてくれ・・・(←誰?)
(わーーーん、マイレージのポイントで航空券を取ろうとしても、帰りが空席待ちだ・・・)

category: トニー・レオン

tb: 0   cm: 0

△top

新年快楽! 

 

友人たちと新年を迎えたらしいトニーさん。

トニーさん@新年1

トニーさん@新年2

くぅー、酒が五臓六腑にしみわたるぜ!てなことは言ってないと思いますが、楽しそうで良かったです。


特に昨年を振り返ったり、今年の抱負を語ったりせずに、何の節目もなく今後もダラダラと過ごす予定の拙ブログ。
今年もよろしくです。

<今日の情報>
・新宿武蔵野館さんのサイトによりますと
「ブルース・リー没後40周年& 『燃えよドラゴン』 公開40周年公式記念作品 『李小龍~マイブラザー(仮題)』 と、ドラゴンの魅力に迫ったドキュメンタリー・フィルム 『アイ・アム・ブルース・リー(仮題)』 (7月2作一挙公開)。木人拳もロビーに再登場!?」とのこと。
『李小龍~マイブラザー(仮題)』というと、公開されると言いつつ、延び延びになっていたアーリフ・リー君主演の映画でしょうか。楽しみです!

 新宿武蔵野館公式サイト
 http://shinjuku.musashino-k.jp/

・ブラッド・ブラザーズ-天堂口-
GyaO!無料配信中(配信終了日:2013年1月24日)
http://gyao.yahoo.co.jp/p/00697/v12149/

女帝[エンペラー]
GyaO!無料配信中(配信終了日:2013年1月30日)
http://gyao.yahoo.co.jp/p/00867/v00588/

レインボーママさん、お知らせありがとうございます。

category: トニー・レオン

tb: 0   cm: 2

△top