ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

「エーブルーム 7月号」 

 

今日の立ち読み情報。

「ABエーブルーム 7月号」実業之日本社

「A-B エーブルーム 7月号」

「王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件」「画皮 あやかしの恋」「東京に来たばかり」の映画紹介記事が載ってます。アンディ・ラウ、リー・ビンビンのインタビュー記事も。


ネットで見つけた、トニーさんの画像じゃないですが、四人の美男揃い踏み。
「時尚先生」6月号

リウ・イエ、ダニエル・ウー、チャン・チェン、ルー・チュアン陸川監督。

エクスクァイヤ

ルー・チュアン監督と「王的盛宴」の出演者ですね。
写真を撮影したのは、先月まで渋谷で写真展をしていたフォトグラファー陳(「漫」でした、すみません)です。

こちら陳満のブログにて、他の画像も観られます。素敵!
「漫漫的BLOG」
http://blog.sina.com.cn/s/blog_4a00966001015da5.html?tj=1

鏡の前で振り向く画像は「ブエノスアイレス」っぽい?
女性フォトグラファーだけど、ワイルドな感じの画像です。
トニーさんの写真も撮ってほしいなあ。

ふだんトニーさんのヘアスタイリストをしているGeorgeWongさんの微博にも、画像が載ってました。
チャン・チェンのヘアスタイリストとして現場にいたのかな。

美男4人

スポンサーサイト

category: 本・雑誌

tb: 0   cm: 2

△top

「未来警察」「ミッドナイト・イン・パリ」観ました 

 

本日「未来警察 Future X-cops」と「ミッドナイト・イン・パリ」を観てきました。

「未来警察 Future X-cops」についてはいろいろツッコミどころがありますが、

「未来警察」

一番のツッコミどころは、映画冒頭、博士を悪者が襲いに来るのですが、「博士をお守りしろ!」って、アンディ警官&妻&悪役が唐代の文物展示場で暴れ放題するので、唐代の文物がメチャクチャに・・・。
あのー、博士も大事だと思いますが、唐代の文物も大事では・・・と思いました。

アンディ・ラウの奥さん役でファン・ビンビンが出てましたが、これ、ファン・ビンビンじゃなくても・・な役でした。時々こういう役やってるね・・・。
「イップ・マン 序章」「イップ・マン 葉問」「イップマン 誕生」にもれなく出ていたルイス・ファンが悪役で出ていましたね。アクションにはかかせない俳優さんなので、CGを多用しているこの映画では、ちょっともったいなかったかも。

アンディの娘役のシュー・チャオちゃんが、警官アンディと一緒に過去の世界にタイムスリップしていたので「あれ?一緒?」と思ったのですが(当然シュー・チャオちゃんは未来の世界でお留守番かと思っていたので)、あんな展開だとは!
がーーん!!ショック!まさかこの映画で、こんなにがーーんとするとは思わなかったシーンでした。

あと、ゴミ箱に隠れていた潜入刑事が「三年又三年」と言ってたのが可笑しかったなーー。


そして「ミッドナイト・イン・パリ」はと言うと、

「ミッドナイト・イン・パリ」

出てくるいろんなパリの風景に、監督の「パリLOVE」な気持ちをひしひしと感じ、パリに行ったことがある人もない人もわくわくしながら観られる映画でした。(私は去年行ったパリを思い出しながら観られました)

映画の中の軽妙な会話に笑いながら、ヘミングウェイやダリはこんな人物だったのかなと想像してニヤニヤしつつ、たぶん小説や芸術に詳しい人は、尚楽しめる内容となっています。
いつの時代も、その時代に生きている人は「あの時代は良かった」と昔に憧れるものなのですね。
最後は、予定調和、という終わり方ですが、たぶんこれは観客の予想通り、ある意味「過程」を楽しむ作品ということでしょう。

私も主人公同様、江戸時代とかに憧れつつも、たぶん抗生物質の存在を知っているからにはそれがない時代には生きられないだろうなあ。

主演のオーウェン・ウィルソン、この映画を観るまでは「シャンハイ・ナイト」でジャッキー・チェンと共演した役者さん、くらいのイメージしかありませんでしたが、なかなか良い感じではありませんか。

なんと、まさか今日観た二本の映画がタイムスリップものだった、というのも面白かったです。
(そんな共通点があろうとは!)

実は元々は「未来警察」と「ロボット」の二本(ロボットつながり)を観ようかと思っていたのですが、「ロボット」は6月1日より渋谷TOEIにて、38分増量の「完全版」が二週間限定で上映されるそうなので、それから観ようかなと思っています。

「ロボット」公式サイト
http://robot-movie.com/

でも「完全版」だけ観ると、どこがカットされてたところかはわからないね・・・。

category: 香港映画

tb: 0   cm: 0

△top

友人とワイン 

 

トニーさんは先日、金鐘のあるホテルで親しい友人陳國熹と、夜12時すぎまでワインを楽しんだそうです。

トニーさん@金鐘のホテル

トニーさん@金鐘のホテル2


http://news.on.cc/cnt/entertainment/20120528/bkn-20120528222141323-0528_00862_001.html

http://orientaldaily.on.cc/cnt/entertainment/20120529/00282_011.html

category: トニー・レオン

tb: 0   cm: 0

△top

ジョン・ウー監督、自ら平安を知らせる 

 

先日も取り上げていたので、ジョン・ウー監督の続報。

こちらの記事によりますと、ジョン・ウー監督は自らメディアに電話をし、自分が平安である(この場合は体調が良いという意味かな)と知らせてきたとのことです。↓
http://ent.163.com/12/0527/10/82GLJLD000031H2L.html

26日午後4時、ジョン・ウー監特は自らメディアに電話をして、今回のことに説明をしました。
彼が言うには、ただ「頚部の小さなこぶ」を切除したのだ、今年の初め台北の三軍病院にて手術を行った後にアメリカに戻り静養しているのだとのことです。

66歳の監督の電話の声はよく響いて、聞くところによると精神は悪くなくて、一ヶ月半後には台湾に戻って「生死戀」の準備を始めたい、とのこと。「私は全て良くて、もっと良い映画を撮って皆さんにお見せします」と言ってるそうです。

一人の匿名の医師の話によると、今年の春節に監督はこの病院で、リンパ癌に罹っているのを発見しそれが扁桃腺まで転移していたので、そのため扁桃腺を切除する処理をしたのだとのことです。


医者の守秘義務はどうなってるのかな、とモヤモヤするのですが、とりあえず監督の体調は良さそうなのでほっとしました。
トニーさんも報道を聞いて心配しているでしょうね。

ジョン・ウー監督がすかさず無事を知らせてきたのは、映画の出資者が、「映画が完成しないのなら、出資を取りやめる」と言い出すのを予測して予防線を張ったのでしょう。


以下、「一代宗師」の微博に面白い記事が貼ってあったので、こちらにも貼っておきます。
いろんな監督を食べ物に例えています。

ウォン・カーウァイ監督は赤ワインだとのこと。

映画監督を食べ物に例える

映画監督を食べ物に例える2
映画監督を食べ物に例える3

ジョニー・トー監督は「葉巻」、アン・ホイ監督は「卵炒飯」、ツイ・ハーク監督の「女er紅」って何だろう?

category: 中華NEWS

tb: 0   cm: 0

△top

6月の予定 

 

5月28日(月)フジテレビ 午後11:00~11:30「世界行ってみたらこんなトコ」ブータン1 があります。
3回連続のようです。


以下、6月の予定、自分用覚書。

<映画上映>
6月15日(金)~6月30日(土)ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2012
http://www.shortshorts.org/index.php

6月30日(土)~7月13日(金)「悲情城市」「ヤンヤン 夏の想い出」二本立て上映@キネカ大森
http://www.ttcg.jp/cineka_omori/

6月30日(土)~「オロ」公開@ユーロスペース
http://www.olo-tibet.com/


<テレビ放送>
6月2日(土)BS-TBS 午後6:30~8:54「シャンハイ・ヌーン」

6月2日(土)Twellve 午後9:00~10:00 「アジアHOTプレス!」台湾総集編

6月2日(土)NHKBSプレミアム 午後11:15~0:00 「裸にしたい男」佐藤健 (後編)

6月2日(土)日本テレビ 午後11:30~11:55 「世界!弾丸トラベラー」香港&マカオ(前編)

6月2日(土)TBS 深0:00~0:30 「Asian Ace」日本VS香港 ファッション対決(前編)

6月3日(日)TBS 午後6:00~6:30 「世界遺産」キナバル自然公園・マレーシア

6月4日(月)フジテレビ 午後11:00~11:30「世界行ってみたらこんなトコ」ブータン2

6月4日(月)NHKBSプレミアム 午後11:15~11:45 「恋する雑貨」エスニック刺繍 タイ

6月9日(土)日本テレビ 午後11:30~11:55 「世界!弾丸トラベラー」香港&マカオ(後編)

6月9日(土)TBS 深0:00~0:30 「Asian Ace」日本VS香港 ファッション対決(後編)

6月11日(月)フジテレビ 午後11:00~11:30「世界行ってみたらこんなトコ」ブータン3

6月12日(火)NHKBSプレミアム 午後8:00~8:45 「世界ふれあい街歩き」上海・南京路界わい~中国~

6月15日(金)日本テレビ 午後9:00~10:54 「香港国際警察 NEW POLICE STORY」

6月16日(土)BSフジ 午後7:00~9:00 「中国遺産物語」峨眉山と楽山大仏

6月16日(土)Twellve 午後9:00~10:00 「アジアHOTプレス!」タイ・バンコク1

6月16日(土)テレビ東京 深0:50~1:20 「海外行くならこーでね~と!」台湾食べつくし祭り

6月19日(火)NHKBSプレミアム 午後8:00~8:45 「世界ふれあい街歩き」上海・四川北路界わい~中国~

6月23日(土)Twellve 午後2:00~4:00 「青いパパイヤの香り」

6月23日(土)Twellve 午後9:00~10:00 「アジアHOTプレス!」タイ・バンコク2

6月23日(土)FOX bs238 午後10:00~0:30 「狙った恋の落とし方。」

6月23日(土)NHKBSプレミアム 午後11:15~0:00 「裸にしたい男」 高良健吾 (前編)

6月23日(土)テレビ東京 深0:50~1:20 「海外行くならこーでね~と!」台湾食べつくし祭り

6月27日(水)BSプレミアム 深0:50~2:40 「子供たちの王様」

6月30日(土)NHKBSプレミアム 午後11:15~0:00 「裸にしたい男」 高良健吾(後編)


WOWOWにて、6月4日「インファナル・アフェア」「インファナル・アフェア 無間序曲」、6月6日「インファナル・アフェア 終極無間」、6月7日「ブンミおじさんの森」、6月12日「孫文の義士団」、6月13日「菊豆」、6月16日「トレジャー・オブ・エンペラー 砂漠の秘宝」ジェイ・チョウ、6月24日「レッド・ブロンクス」(アジア公開版)、6月27日「彼女が消えた浜辺」

※6月12日情報を追加しました。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 2

△top

最新予告編、上映されたのは5分余り 

 

昨夜カンヌで上映された「一代宗師」の最新の予告編は5分余りだった模様。(それだけかい!)
主にチャン・ツィイーのシーンだったようです。

「一代宗師」1

「一代宗師」2

「一代宗師」3

5月24日の夜、カンヌの「surprise screening of Non-Fest film」の中で「一代宗師」の予告編5分余りが上映されました。

この上映会はまだ完成していない作品の為に開催されたもので、「一代宗師」の他には、ピクサーの新作「勇者传说」、ティム・バートン監督のアニメ「科学怪狗」等が上映されました。

ウォン・カーウァイ監督のこれまでの作品は、カンヌ映画祭で初お披露目されることが多かったのですが、この映画は12月18日に国内で公開が決まっているため、カーウァイ監督はカンヌを逃したことになります。

現地で見る限り「一代宗師」の予告編の反響はとても良く、大部分のバイヤー、記者、映画評論家、一般の観衆によるとこの映画はやはりとても神秘的で、ウォン・カーウァイは依然としてウォン・カーウァイだ、と言われています。


http://yule.sohu.com/20120525/n344049890.shtml

http://yule.sohu.com/20120525/n344080499.shtml


<今日の情報>
間に合わないかな・・・。明日5月26日(土)東京六本木ミッドタウンにて、マクダルの着ぐるみが登場するようです。
「Let's Go海外!2012」というイベントで登場するらしいのですが、どのタイミングで出てくるのかよくわからず。明日お近くを通る方はイベントスペースを覗いてみて、マクダルに会えたらラッキー、ということで。

「マクダルのカンフーようちえん」公式サイトより
http://www.mcdull.jp/

「Let's Go海外!2012」イベント情報
http://www.letsgokaigai.jp/event_2012/


そして気になるジョン・ウー監督のNEWSを追加。

http://big5.xinhuanet.com/gate/big5/news.xinhuanet.com/ent/2012-05/25/c_123187995.htm

ジョン・ウー監督は「喉の癌」でアメリカで治療中、4ヶ月入院とのこと。心臓の手術じゃなかったの?
うわーーん、監督ぅ~~!
でも、この情報の真偽はまだ不明っぽい感じですが(香港の重要な一人が明かした、と書かれています)すい臓に問題が、という説もありますが・・深刻な状況でないことを祈ります。


そもそもジョン・ウー監督は4月から「生死戀」の撮影に取り掛かっていて、出演はチャン・チェン、ソン・ヘギョ、チャン・ツィイーなど。お話は「中国のタイタニック号事件」と呼ばれる「太平輪事件」(1949年1月発生)、太平輪という船の事故を描いたもの。映画の原題も、元々は「太平輪」だったところを「生死戀」に改題していました。
しかし、ジョン・ウー監督が体調を崩したため、映画の撮影は無期限延期。
チャン・ツィイーはその為、新作映画「無問西東」に取り掛かり、チャン・チェン、ソン・ヘギョもその他の仕事に取り掛からざるを得なくなりました。

病気の原因は仕事が忙しすぎた為、身体に負担がかかったのだろう、とのこと。
監督は早くて年末頃に復帰する見通しだとのことです。
ファンとしては早く復帰してほしい気持ちもありますが、これまでの激務を見直して今後はペースダウンして健康に気をつけながらお仕事してほしいです。

category: 中華NEWS

tb: 0   cm: 0

△top

「一代宗師」、カンヌで上映予定 

 

カンヌ映画祭にて、5月24日夜10時(現地時間)に「一代宗師」が上映されるそうです。映画は未完成だと思うのですが、編集している部分を断片的に上映するということなのでしょうか。

ここまで来たら、ウォン・カーウァイ監督のカンヌへの執念をまざまざと感じずにはいられません。
(そこまでカンヌに拘るなら、ちゃんと映画祭に間に合うよう完成させろよ、と思うのですが)

先日のシーバス・リーガルの短編映画「Dejavu」の、ブランクを感じさせない絶品の映像には酔いしれましたし、周りの人間はなんだかんだ言いながら、結局は彼の才能の前に何も文句は言えないのかもしれません。
(「完成させてから持って来いよ」、と言う人はいないのか)


情報元はこちら「一代宗師」の微博より
http://www.weibo.com/thegrandmaster2010

カンヌ時間24日夜10時、ウォン・カーウァイ、タランティーノを含む7名の映画監督の新作を上映する、「一代宗師」も参加する、とのこと。
(果たして、カーウァイ監督は現地に行ってるのか?)

日本とフランスの時差は8時間、ただし今はサマータイムなので1時間ずれます。
いずれにしても現地の夜10時は、このブログを書いている時点ではまだ来てない(日本の夜10時は、カンヌではその日のお昼3時)ので、明日以降の中華NEWSで上映会の模様が報告されるかもしれません。



今日はシネマート六本木にて「暗戦」を観てきました。
「暗戦」は初見、と思っていたのですが、観てみたら前に観たことがあるのに気がつきました。確信を持ったのはミニバスに乗り込んだアンディが、二人連れだと偽装する為に若い女性のイヤホンを拝借するところ。
緊迫する映画の中の、心安らぐシーンです。ヨーヨー・モン、松たか子に激似!

ラウチンが「小○が黄色いんですう」と嘆いたら、彼が末期がんだと勘違いしている上司の警部が、「気にするな、オレも黄色いよ」なんて慰めるシーンも覚えていて、変なところを覚えているものです。

ラストがどうなったかは忘れていたのに、映画の中の些細なエピソードを覚えているというのは不思議なものです。アンディ、特にラウチンは当時よりも今の方が、さらに男っぷりが上がっていますね。


<今日の雑誌情報>
「SPUR」7月号

「SPUR」

「誰も知らない秘密の香港100」 雑誌に綴じ込みで小冊子が付いています。
 今日は荷物が多かったので立ち読みだけだったけど、明日には買ってしまうかも。
 携帯できる小冊子というのが、旅心をそそります・・・。

category: 香港映画

tb: 0   cm: 0

△top

「大魔術師」を日本の会社が買ったらしい 

 

FREEMANさんのブログによりますと、「大魔術師」を日本の会社が買ったそうです!

スクリーン上映されるか、DVDスルーとなるかはまだわかりませんが、是非ともスクリーン上映してほしいです。
コメディ映画なので、トニーさんご本人が来日・・・ということはたぶんないと思いますが、期間限定でもいいから、トニーさんが華麗にマジックを披露する姿をスクリーンで観たいです!

「大魔術師」の他に「逆戦」も日本の会社が買ったそうで、ジャッキー・チェンの「十二生肖」もほぼ日本の会社が買うことが決まりそうだとのことです。

「電影宣伝自由人」
http://blog.goo.ne.jp/fightinglove2002/e/1d800c761bb15d4d445d03f63f85f0f7


「レッドクリフ」撮影時のトニーさんの画像が微博に出ていたので貼っておきます。

トニーさん@「レッドクリフ」

鎧の衣装が暑いんだろうなぁー。美味しそうにお水?を飲むトニーさん。何かのインタビューで、鎧の上に卵を割ったら目玉焼きが焼ける、なんて言ってましたね。


<その他の情報>
・「地下鉄の恋」DVD 6月20日に再発売です。

 「地下鉄の恋」
 
 まだGETしてない方はこの機会にどうぞ。

・『王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件』公開記念 ツイ・ハーク決定版はこれだ! 投票上映イベント開催

 NO,1作品は:『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ/天地大乱』に決定!!

 <上映の詳細>
 上映作品:『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ/天地大乱』
 上映日時:6/1(金)19:40
 料金:映画の日ということで、¥1,000
 場所:シネマート新宿

 シネマート新宿サイト トピックスのページより
 http://www.cinemart.co.jp/theater/shinjuku/topics/index.html

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 2

△top

「Dejavu」メイキング映像 

 

Youkuにて「Dejavu」のメイキング映像がUPされていました。
「芝华士」は「シーバス」のことなのね。




チャン・チェンも、共演している女優さん杜鹃も、インドは今回が初めてだそうです。
カンヌでの発布会には女優さんのみの出席で、監督もチャン・チェンも欠席だったようです。

HKMovieFanさんのTLによると、ウォン・カーウァイの短編は、全部で3分間くらいなのだそうです。CMフィルムならそれくらいの長さですね。

そんなに短いのなら、フィルメックスは無理かな。来年のショートショートフィルムフェスティバル向きかな?(今年のショートショートフィルムフェスティバルの「COMING SOON」はカ-ウァ監督のじゃないみたいだから)
既に予告編やメイキング映像がネット上で何万回も再生されて、シーバス・リーガルには良い宣伝になったかだろうな。


先日は20日(日)、Sintokシンガポール映画祭最終日に行き、なんとか二本鑑賞してきました。

シンガポール映画祭

「Singapore Showcase」と「インヴィジブル・シティ」、普段観ないようなアート性の高い作品で、特に「Singapore Showcase」の短編集の中のカウボーイのおじさんが出てくるお話、「Singapore monogatari」というシンガポールに日本軍が侵攻してきたときのお話が印象に残りました。日本軍はシンガポールにも侵攻していたんですね。
でも現在のシンガポールでは歴史の授業はあまり行われておらず、若者は知らない人が多いそうです。

過去の日本人が行ったお話を聞くのには辛いものがありましした。「インヴィジブル・シティ」ではお年寄りのお話の一部に字幕がついておらず、また一部は音声もカットされていたのは、却ってどのようなことが語られていたのかと、恐ろしかったです。とはいえ、「インヴィジブル・シティ」の映画の中ではその事自体がメインテーマではなく、今は見えなくなった過去の歴史や遺物が忘れ去られないよう労力を費やしている人達がいるという、これもまた記録の映画なのでした。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

ショートショートフィルムフェスティバル2012 

 

ぐれちゃんのコメントのおかげで、もうすぐしたらショートショートフィルムフェスティバルだと気がつきました!

ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2012
公式サイト
http://www.shortshorts.org/index.php

期間:6月15日(金)~6月30日(土)
会場:ラフォーレミュージアム原宿、表参道ヒルズスペースオー、TOHOシネマズ六本木ヒルズ、横浜ブリリアショートショートシアター

アジア&ジャパン部門では香港、台湾、中国、シンガポール、マレーシアなどのショートフィルムが観られます。
この↓「Healing/迷路」という台湾の特別上映のショートフィルムの写真がチャン・チェンぽいのだけど違うかな・・・。
追記 今年、台湾で公開された「昨日的記憶」のオムニバス作品の一遍のようです。お知らせありがとうございます。チャン・チェンを観にいかねば!)

「迷路」

http://www.shortshorts.org/2012/ja/list.php?cid=2&gid=12

二編、「カミングスーン」となっていて作品名が発表になってない作品があるのでドキドキ・・・。まさかと思うけど発表されるまでチェックをし続けよう。

他に、「台湾・高雄映画祭プログラム」もあります。
http://www.shortshorts.org/2012/ja/list.php?cid=12


<その他の情報>
5月25日(金)日本テレビ 午後11:00~11:30 「アナザースカイ」ブータン

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

「Dejavu」byカーウァイ 予告編 

 

ようつべで「Dejavu」ウォン・カーウァイ監督部分の予告編を見つけました。





チャン・チェン、座ってるだけでセクシー!!本編が観たいです!
私はお酒は飲めないのですが、ウィスキーのとろりとする雰囲気がなんとも言えず、観ている方も酔ってしまいそうです。
今年の東京フィルメックスで上映されないかなー。

昨年の東京フィルメックスで上映されたジャ・ジャンクー監督を含めた若手監督6人のオムニバス映画「わが道をゆく」は、ジョニー・ウォーカーが出資していたので、スポンサーがいるから上映ができないという事もないだろうし。
ウォン・カーウァイ監督にとっても「一代宗師」公開前に話題が盛り上がること間違いなし!で悪い話じゃないだろうし。いかがでしょう? ←って、毎度のこと誰に言ってる?(笑)



category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 2

△top

テレビ番組情報 

 

先月録画した「アジアHOTプレス!」の台湾編(4月7日放送分)の録画を今夜やっと観たら、その後二回台湾特集が上映されてたのですね~。見逃しました・・・。

「アジアHOTプレス!」Twellve(BS12)では、今週土曜日よりタイ編です。

5月19日(土)Twellve 午後9:00~10:00「アジアHOTプレス!」タイ・チェンマイVol.1

5月26日(土)Twellve 午後9:00~10:00「アジアHOTプレス!」タイ・チェンマイVol.2 

高田純次が面白いところとウザイところがあって(台湾のモデルに「整形してる?」なんて聞いちゃうなんて・・・失礼だろ!)ハラハラしてしまい、完全にリラックスして見られないのが難点ですが・・。

「アジアHOTプレス!」番組サイト
http://www.twellv.co.jp/event/asia/

あと、こちらも直前情報で間に合わない方にはすみませんが、5月19日(土)「王様のブランチ」の姫様のコーナーにて、姫様が「香港・マカオ」を訪問します。
(情報お知らせ、ありがとうございます!!)
時間帯的には、お昼のNEWSが終わった後の「王様のブランチ」の続きのあたりです。

5月19日(土)TBS 午前11:59~午後2:00の間 「王様のブランチ」姫様、香港・マカオを訪問


あとは本・雑誌情報。
TIFFアジアの風 石坂健治 プログラミング・ディレクターが監修に加わったアジア映画ガイドブックの決定版『アジア映画の森 新世紀の映画地図』が発売!

「アジア映画の森 新世紀の映画地図」(作品社) 5月31日発売予定

「アジア映画の森 新世紀の映画地図」

(表紙の写真は「ブンミおじさんの森」ですね~)

監修には、TIFFアジアの風 プログラミング・ディレクター 石坂健治、市山尚三、野崎 歓、松岡 環、門間貴志が参加。
夏目深雪、佐野 亨編集

作品社サイト 執筆者や内容紹介
http://www.tssplaza.co.jp/sakuhinsha/book/geijyutsu-etc/tanpin/23770.htm


東京国際映画祭NEWSのページより
http://2011.tiff-jp.net/news/ja/?p=8097

これは絶対買います!!

category: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

△top

「台湾本 最新版」 

 

先日、「香港本」を本屋さんで見かけたと思ったら、今日は「台湾本」も見かけました。

「台湾本 最新版」(エイムック2385)
「台湾本」

う~ん、次々買いたい旅行本が出て困るなあ・・・。


こちらのヤフーNEWSでは、ジョン・ウー監督が鈴木清順監督の「野獣の青春」(1963年)をリメイクする、とのこと。
http://movies.yahoo.co.jp/m2?ty=nd&id=20120517-00000014-eiga

『宍戸錠が主演した「野獣の青春」は、大藪春彦著「人狩り」が原作。元刑事の一匹狼ジョーが、暴力団たちに立ち向かう姿を描いたハードボイルドアクションだ。

 米Deadlineによれば、リメイク版のタイトルは「Day of the Beast(原題)」で、苦い過去を持つ欧米人の男が、東京を舞台にヤクザとロシアギャングの抗争に巻き込まれる。メガホンをとるウー監督とテレンス・チャンの製作会社ライオン・ロック、そして日活が共同製作する。』


日本が舞台となれば、沢山日本の俳優さんも出演しそうですね・・・誰が出るのか楽しみです。
でもジョン・ウー監督、体調は大丈夫なのでしょうか。

category: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

△top

カンヌ映画祭で「一代宗師」ポスター発表 

 

カンヌ映画祭にて、「一代宗師」の新ポスターが発表になりました。↓

「一代宗師」ポスター@カンヌ

トニーさん演じる一代宗師とチャン・ツィイーの戦いの場面のようです。

http://yule.sohu.com/20120514/n343163718.shtml

短編映画「Dejavu」の上映があるから、ウォン・カーウァイ監督はカンヌ映画祭に出席するのかしらん。
17日の「中国電影の夜」には、ジャッキー・チェン、ファン・ビンビン、ジョウ・シュン、ヤン・ミー、トン・ダーウェイ、陈妍希、冯绍峰、费翔などが出席するようです。

トニーさんの出席はないみたいですね。

こちらのNEWSより
http://yule.sohu.com/20120514/n343096375.shtml

香港でトレーニング中?のトニーさんは先日旺角で目撃されたようです。ジョギングの途中だったのかな。

トニーさん@旺角

トニーさんをぢっと見てるワンちゃんが羨ましい(笑)。

トニーさん


今日はシネマート新宿にて「王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件」を観てきました♪

「王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件」

結構お客さんが入ってました。
去年パリで観た時も思ったけど、映像が綺麗で、CG部分も全然違和感がなかったです。人体が燃えるシーンは、迫力はあるけれども全然エグくはないので、これからご覧になる方はご安心ください。

それにしても複雑に込み入った話を、去年、音声普通語、字幕フランス語で観たのはかなり無謀でした(笑)。
今回内容が細かいところまでわかり大変納得しました。

それにしても、アンディ演ずる判事ディーにとっては「骨折り損のくたびれもうけ」なお話だなという印象は変わらず。何のご褒美もなく、最後にはやっかいなものまで背負ってしまうというのが・・・。


<今日のその他の情報>
・シネマート六本木にて5月19日(土)から始まる「香港電影天堂2012 Part1」、「暗戦 デッドエンド」の上映時間が決定しました。
「暗戦 デッドエンド」 5月19日(土)~5月25日(金)  13:20~ ※1日1回上映

 シネマート六本木 トピックスより
 http://www.cinemart.co.jp/theater/roppongi/topics/#009428

・福岡アジア映画祭にて「ジャンプ!アシン」上映
 7月6日(金)~7月15日(日)開催される福岡アジア映画祭の上映作品と上映スケジュールが発表になりました。
 台湾映画「ジャンプ!アシン」が上映されるようです。いいなーー!!
 韓国俳優のアン・ソンギさんも来日の模様。

 福岡アジア映画祭公式サイト
 http://www2.gol.com/users/faff/faff.html

・昨年東京フィルメックスで上映されたイラン映画「これは映画ではない」、9月よりシアター・イメージ・フォーラムにて公開予定

 http://www.cinematopics.com/cinema/works/output2.php?oid=12415

category: 香港映画

tb: 0   cm: 0

△top

カンヌ映画祭でウォン・カーウァイ監督の短編映画上映 

 

※ジョン・ウー監督のNEWSを一番下に追加しました。

「チャン・chang・張震+α」さんのブログからの情報ですが、カンヌ映画祭にて、ウォン・カーウァイ監督の短編映画「Dejavu」が上映されるそうです。

ウォン・カーウァイ監督

海外メディアの報道によると、短編映画「Dejavu」は、シーバス・リーガルが賛助して、シー・バス・リーガルのブランドを祝う広告短編だそうで、海外の様々な監督が参加して、中華方面ではウォン・カーウァイ監督が担当しているそうです。主演はチャン・チェン、杜鹃 Jennifer 。
インドの乌麦 巴哈旺皇宫Umaid Bhawanで撮影したラブ・ストーリーとのこと。カンヌ映画祭では5月18日午後3時にシーバス・ハウスにて上映されるそうです。

監督、早く「一代宗師」も完成させてくれ~~。

http://news.mtime.com/2012/05/12/1488257.html

同じく、こちらもカンヌ映画祭の話題ですが、映画祭に参加するロウ・イエ監督作品「浮城謎事」のポスターが出ていました。

「浮城謎事」

映画に出演しているのは、郝蕾、チン・ハオ秦昊、齐溪、祖峰、朱亚文、常方源など。

「スプリング・フィーバー」で主演したチン・ハオが引き続きロウ・イエ監督の作品に出ているのですね~♪
こちらは、カンヌで5月17日に上映されるそうです。

そういえばチン・ハオ主演の「東京に来たばかり」、日本夏公開と言っていたけど、どうなったっけ?と思って調べたらゴー・シネマさんの公式サイトによると「2012年秋公開」と時期がずれていました・・・。

ゴー・シネマさん公式サイト カミングスーン
http://www.gocinema.jp/coming_soon.html

この際、「浮城謎事」を東京フィルメックスか東京国際映画祭の招待作品にして、チン・ハオに来日してもらえば「東京に来たばかり」のプロモーションもできて、一石二鳥かも♪
どうでしょう?←って誰に言ってる。

カンヌの話題ついでに、トニーさんの画像も貼っておきます。
こちらは先日の、中環でのトニーさん&カーリン。

トニーさん&カーリン@中環

こちらは後ろ姿のトニーさん。

トニーさん後ろ姿

有時候覺得梁朝偉真的很梁朝偉。他最愛坐在貴賓室的長吧枱一人獨飲看日落。

梁朝偉は、本当に梁朝偉だと思う時がある。彼が最も好きなのはVIPルームにあるバーカウンターに座って一人で飲みながら夕日を観ていること。

追記
ジョン・ウー監督が心臓の手術の為入院したとの心配なNEWSがこちらに。
http://orientaldaily.on.cc/cnt/entertainment/20120513/00282_022.html

ジョン・ウー監督の新作映画「生死戀」(チャン・ツィイー、ソン・ヘギョ、ルイス・クー、チャン・ハンユー出演)は、この為、今年の年末にクランクインになるとのこと。
http://orientaldaily.on.cc/cnt/entertainment/20120513/00282_022.html

ジョン・ウー監督、無理しないでちゃんと養生してください!

category: 中華NEWS

tb: 0   cm: 2

△top

中環で映画 

 

トニーさんは昨晩中環でカリーナと一緒に映画を観ました。

トニー&カリーナ

トニー&カリーナ

観た映画はジョニー・デップ主演の「ダーク・シャドウ/怪誕家族」のようです。日本でももうすぐ公開の映画ですね。久々の生トニーさんだ・・・。「一代宗師」の追加撮影はまだなのかな。

http://orientaldaily.on.cc/cnt/entertainment/20120511/00282_049.html

http://the-sun.on.cc/cnt/entertainment/20120511/00470_010.html

category: トニー・レオン

tb: 0   cm: 0

△top

「別離」観ました 

 

本日ル・シネマにて「別離」を観てきました。

「別離」

前々から観たいと思っていた映画。公開が終わる前になんとか間に合いました。
離婚調停中(といってもお役所の一室みたいなところで、お互いの意見を述べるという簡素なもの)の一組の夫婦が、認知症の夫の父親の介護を、ある女性に頼んだところから思いがけない所へと話が進んでいく・・・ある一片の社会を描きつつ、登場人物の様々に揺れる心の動きの表現は、まるでドキュメンタリーを観ているかのよう。あの小ちゃな女の子の表情は凄かったなあ。

ル・シネマには今年秋公開予定の「桃姐」の香港版ポスターも展示されていました♪

「桃姐」

(アンディ、女の子の赤ちゃん誕生おめでとー!!)

今日は同じく渋谷で「女ドラゴンと怒りの未亡人軍団」も観てきました。シアターN渋谷にて。

「女ドラゴンと怒りの未亡人軍団」

いやー、いろいろひどかった。ワイヤーアクションはいかにもワイヤーでつるされてます、という感じだし、衣装はド派手で現実感ないし、映像には全然情緒が感じられないし。
何のために作ったんだろう?誰得?
これがセシリア・チャンの復帰第一作とは気の毒。エンディングのメイキング映像で、彼女自身の独特なしわがれ声が入っていたのを聞いた時は何故かほっとした。(本編は普通語で、吹き替えだったので)


シアターN渋谷の道路はさんで向かい側に、フォーのお店 ハノイのホイさん というお店が出来ていて、ハノイに行ったばかりでタイムリー!!とばかりにランチをしてきました。

ハノイのホイさん

鶏肉のフォー

鶏肉のフォーのランチセット、780円を食べてきました。火曜と木曜は同額で大盛に出来るそうなので大盛にしてもらいました。

メニューには、ハノイでは食べる機会がなかったバインセオ(ベトナム風お好み焼き)や、チェー(デザート)もあるようなので今度また行きたいです。


今日本屋さんで見かけた本。立ち読みだけで、まだ買ってないけど気になる・・・。

「香港本 最新版」(エイムック2386)

「香港本 最新版」

「香港ストリート物語」小柳 淳 著

「香港ストリート物語」

category: 映画

tb: 0   cm: 0

△top

2012夏の香港傑作映画まつり! 

 

あちこちのTLでこの話題をお見かけしていまして、遅ればせながら拙ブログでもお知らせいたします。

2012夏の香港傑作映画まつり@シネマート六本木

夏の香港傑作映画まつり


「白蛇伝説~ホワイト・スネーク~」7月14日(土)~
監督・アクション指導
チン・シウトン
脚本
チャン・タン、ツァン・カンチョン
出演
ジェット・リー、ビビアン・スー 他

「盗聴犯~狙われたブローカー~」7月28日(土)~
監督・脚本 アラン・マック&フェリックス・チョン
出演 ラウ・チンワン、ダニエル・ウー 他

「盗聴犯~死のインサイダー取引~」8月18日(土)~
監督・脚本 アラン・マック&フェリックス・チョン
出演 ラウ・チンワン、ダニエル・ウー 他

シネマート六本木サイトより
http://www.cinemart.co.jp/theater/roppongi/lineup/20120507_9395.html

「盗聴犯」、「竊聽風雲1」は飛行機の中で観たのですが、警察が不正株取引をしている会社に証拠を掴むため盗聴器を仕掛けて、捜査の為の盗聴で得た情報が元で身を滅ぼしてしまう警察官のお話なので、「盗聴犯」というと何か犯罪組織のようで違和感があるなあ。
もしこの捜査をしていなければ、こういう運命にならなかっただろうから、進んで盗聴をするのとは違う。
(「竊聽」とは「盗聴」のこと)

上映の順番としては「竊聽風雲2」→「竊聽風雲1」の順なのね。「竊聽風雲1」ではルイス・クーがああなっちゃうからか・・・。


ここんとこ中華映画の上映目白押しだ!最近わかっているだけでも、以下の公開予定。

7月6日(金)「さらば復讐の狼たちよ/讓子彈飛」公開
http://saraba-ookami.jp/

7月14日(土)「3D SEX & 禅」公開
http://sexandzen.jp/ ←公式サイトはこれ。

7月21日(土)「The Lady ひき裂かれた愛」公開
http://www.theladymovie.jp/ ←公式サイトがリニューアルしてます。やっぱ画像を観る度に、「スーチーさん本人が出てる!」と錯覚しちゃう(笑)。

8月11日(土)「マクダルのカンフーようちえん」公開
http://www.mcdull.jp/

8月上旬 「画皮 あやかしの恋」公開
http://www.gahi-movie.com/

初夏 「強奪のトライアングル/鐵三角」公開


<その他の情報>
・明日発売の月刊「聴く中国語」6月号

 「聴く中国語」6月号
 「映画で学ぶ中国語」のコーナーは「台北カフェ・ストーリー」

 「聴く中国語」最新号目次
 http://long-net.com/index.php?mid=PublicationP&document_srl=35966

・「捜査官X」公開のおかげかな?ただ今「傷だらけの男たち」DVD、期間限定 1,500円。

 「傷だらけの男たち」
 
 (「レッドクリフPart1、Part2」もそれぞれ廉価版1,500円が出ています)

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

「マクダルのカンフーようちえん」公式サイト 

 

「マクダルのカンフーようちえん」公式サイトが出来ました!

http://www.mcdull.jp/
8月11日(土)シネマート新宿ほか、公開予定とのことです。楽しみ!


<その他の情報>
「グランドマスター(仮)」の公開記念か、ウォン・カーウァイ監督の「欲望の翼」と「いますぐ抱きしめたい」のDVDが再発売となります。

「欲望の翼」DVD 6月20日発売予定

「欲望の翼」

「いますぐ抱きしめたい」DVD 6月20日発売予定

「いますぐ抱きしめたい」

拙ブログをご覧の方は皆さん既にお持ちと思いますが、お知らせまで。
これって、版権が切れていたと思うのだけど、DVD発売の版権をどこかが買ったということなのかな?
ミニシアターとかで映画上映もあるといいなーー。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

無事帰国しました 

 

今朝、無事ベトナム、ハノイより帰国しました。
ハノイでは蒸し暑くて、毎日日中は40℃くらいありました。滞在中は幸い一度もスコールに遭わず、晴天続きでした。

バイクが川の流れのように凄くて、道路を横断する度に命がけでした。

同じツアーの人がスリに遭って、一瞬でカメラをズボンのファスナー付きポケットから盗まれるというアクシデントもありました。気の毒・・・。
それ以外は何事もなく、無事帰れて良かったです。

旅のご報告は、少しずつできるといいなと思います。


<ここ最近の最新情報>
・7月6日(金)公開「さらば復讐の狼たちよ/譲子弾飛」公式サイトが出来ました。(予告編が観られます)
 http://saraba-ookami.jp/

・なんと香港映画の「3D肉蒲団」が日本公開されるんですね。邦題は「3D SEX & 禅」。(R-18指定)
7月14日から東京・シネマート新宿ほか全国で順次公開。
 http://movies.yahoo.co.jp/m2?ty=nd&id=20120504-00000001-eiga

・爆音映画祭@吉祥寺バウスシアター にて「燃えよドラゴン」上映されます。
 第五回爆音映画祭公式サイト 6月27日(金)~7月14日(土)
 http://www.bakuon-bb.net/2012/


最後に、「追夢人梁朝偉影迷會的微博」から、最近のトニーさんの画像を拝借。
 こちらは先日の金像奨のときですね。
 
 トニーさん@金像奨

 こちらはよくトニーさんと一緒に飲み会などで写ってる方々。お仕事関係やご友人かな。

 トニーさん@飲み会1

トニーさん@飲み会2

トニーさん@飲み会3

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top