ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

「LOVE」「星空」観ました 

 

大阪アジアン映画祭で観た「LOVE」と「星空」の感想を今更ですが、一言二言・・・。

「LOVE」

「LOVE」

「モンガに散る」でオーラありまくりのヤクザの若者を演じていたイーサン・ルアンが一転、今回はどう見てももてなさそうな内気な吃音の青年を演じていたり、同じく「モンガに散る」で巻き込まれ型タイプの若者を演じていたマーク・チャオがエリート社長を演じていたりと意外な配役がぴったりはまっていて、なかなか新鮮でした。
映画は、三組の恋愛話が同時に進んでいくと言う形で、お話のテンポも良く、10分に一回は笑いが起きるような観客が楽しめるお話。
脇役では北京のおまわりさんが人間臭くてとっても良い感じでした!
「モンガに散る」のその他の登場人物もこっそりカメオ出演していて、ドッグという役を演じた青年が鶏のもも肉を頬張りながら出てくるというファン・サービス。

ただ、難を言えば、男性陣に意外なキャスティングをしている割りには女性陣は、ヴィッキー・チャオは気の強い北京のワーキング・ウーマン、スー・チーは愛人生活に疲れた女性、とステレオタイプな配役。
男性陣で遊んだ分、女性陣では安定感を選んだのかもしれませんが、スー・チーの愛人、というか籍を入れてないが一緒に住んでいる富豪をニウ・チェンザー監督自身が演じるなど、監督、またまた良い役取り過ぎ!と笑ってしまいました。

イーサンのお話、マーク・チャオのお話はあれでいいとしても、エディ・ポンの方のお話の部分は途中までは面白かったけど、あのラストはちょっと偽善的かなーーと、ひっかかってしまったのはやはり監督が男性だからかなあ、女性はあんな風には割り切れないよなあと思いました。お互い、縁を切ってしまった方が気持ち良く生きていける場合もあると思うので。

「LOVE」というタイトルから、恋愛のお話、というのが見る前の第一印象でしたが、映画では恋人同士以外に、兄妹愛、親子愛、夫婦愛、といろんな愛が盛り込まれ、全体的にはほっこりと温かい気持ちになるお話でした。
個人的には、ヴィッキー・チャオが胡同の物件の鍵を忘れてきて、高い塀をハイヒールで乗り越えようとするシーンと、ヴィッキー、マーク、おまわりさんの三人のやり取りが映画の中で一番好きなシーンです。


「星空」

「星空」

台湾の絵本作家ジミーさんのお話を映画化した作品。原作は読んでないのですが、絵本の世界を感じさせる叙情的なシーンが印象的でした。
両親の不仲により、内に閉じこもる性格の主人公の女子中学生(7年生と出ていたのは、たぶん中学1年のことだと思います)を、「ミラクル7号」のシュー・チャオちゃんが演じています。シュー・チャオちゃん、大きく、すっかり女の子らしくなって!
前髪を目の上ぎりぎりに揃えている形が、内向的な性格を上手く表していました。(男の子との冒険旅行の後、微妙に前髪が分けられ、少し明るい雰囲気になっているのも、彼女の心境の変化を表しているのだなと思いました)

主人公の女の子が、子どもの頃、両親と楽しく完成させていたジグゾーパズルを、また一緒に完成させたいと思い、口論をしている両親を誘うのですが、「部屋に行ってなさい」と、断られるシーンはせつなかったです。
ゴッホの「星空」のパズルの最後の1ピースが見つからず、感情を爆発させる後姿は、彼女なりの祖父の死を悲しむ方法だったのだと思います。

同じく大人しい同級生を演じていた男の子も、どこか主人公の女の子の分身のような、不思議な雰囲気の少年でした。
彼はどうやって大人の女性の絵を描いていたのか?女の子は入院しているお祖父さんのところへ深夜行ったのか?(朝、お祖父さんに渡したはずの青い象が彼女の手元にあったので、たぶん彼女の夢か妄想だったのだと思うのですが)などなど、映画にはいくつかの謎の部分も残りますが、それも絵本が原作の映画であり、謎の部分も魅力の一部と思います。


映画を観て感じたのは、大人になるということは沢山の割り切れない思いをかかえること、ピースが揃わないジグゾーパズルの絵を抱えて生きていくことではないのかなということ。
ピースが欠けた部分は、親の愛情だったり、かなえられない夢だったり、失った家族だったり、友情だったり。
それが永遠に完成しないのだということを受け止めるのが大人になるという事なのかなと思いました。
そういう意味では、彼女の母親は、自分の可能性を止めたくないと、欠けたピースに苦しんでいたのかもしれないし、父親は妻を引き止められないと、また別の欠けたピースに悩んでいたのかもしれない。

そう思うと、一見、身勝手な二人の親の姿にも、何故かいとおしさが湧いてくるのです。

映画の最後に登場した、数年後の彼女は(グイ・ルンメイちゃんが演じています!)、ピースが欠けたジグソーパズルを見ても動揺しないような大人になっています。


あと、「父の初七日」も先日観て参りました。(ここのところ台湾映画ばかりや・・・)

「父の初七日」

「セデック・バレ」「LOVE」「星空」鑑賞の後では、正直地味な映画(ごめんなさい)という感じでしたが、馴染みのない台湾のお葬式の一連の作業はなかなか興味深かったです。
たぶん、日本のお葬式も、いざ、その場になってみたら「えっそんなことするの」という普段知らない別世界だなと思います。
そういう別世界に落とされて、何がなんだかわからない中で揉まれている間、たぶんその間は亡くなった家族のことを忘れて忙殺されているのかな、と・・・。
そういう風にできているのでしょうね・・・。
父の分のお土産を買おうとして、あっ亡くなっていたんだ・・・と気づき涙する主人公。そのお話は向田邦子さんのエッセイでもあったなあと胸が痛みました。

 
スポンサーサイト

category: 映画

tb: 0   cm: 0

△top

4月の予定 

 

4月の予定、自分用覚書。

<映画上映>
4月7日(土)「ビースト・ストーカー 証人」公開
http://beaststalker.net/

4月14日(土)「台北カフェ・ストーリー」公開@シネマート六本木
http://www.taipeicafe.net/

4月14日(土)~27日(金)「レイトオータム」上映@横浜 シネマ ジャック&ベティ
http://www.jackandbetty.net/timetable.html

4月21日(土)「捜査官X」公開
http://www.sousakan-x.com/

4月28日(土)「女ドラゴンと怒りの未亡人軍団」公開
http://dragon-miboujin.com/


<テレビ放送>
4月2日(月)BS-TBS 午後8:00~9:00 「世界・夢列車に乗って」中国鉄道 宜方鉄道100年のロマン

4月2日(月)BS朝日 午後8:00~9:00「BBC地球伝説」野生に帰せ!パンダの赤ちゃんに密着

4月3日(火)NHK教育 午後10:00~10:25 「テレビで中国語」新シリーズスタート
 (再放送は金曜午前6:00~6:25)

4月5日(木)NHKBSプレミアム 午後9:00~10:00「旅のチカラ」破壊せよ、“役者”という殻を
 俳優 香川照之 北京 京劇の世界を体験

4月6日(金)BS朝日 午後8:00~10:00 アジア神秘紀行特別編 
 ~貫地谷しほりが行く~中国~紫禁城が語る栄枯盛衰の物語~

4月7日(土)NHKBSプレミアム 午後7:30~9:00 「グレートネイチャー」
 奇跡の絶景“石の森”~中国 奇岩地帯を飛ぶ

4月7日(土) BS朝日  午後7:30~8:54「歌謡ドキュメント」 テレサ・テン

4月7日(土)TwellV 午後 9:00~10:00
「アジアHOTプレス!」 #13 台湾編vol.1

4月7日(土)日本テレビ 午後11:30~11:55 「世界!弾丸トラベラー」台湾

4月8日(日)日本テレビ 午後7:00~9:00 「ザ!鉄腕!DASH!! 2012春はあけぼの!2時間SP」
 めん料理いくつ食べられるか?中国&韓国でめんのルーツ&極意に迫る

4月9日(月)BSジャパン 午後9:00~11:00「ラッシュアワー」

4月10日(火)BSジャパン 午後9:00~11:00「ラッシュアワー2」

4月14日(土)NHKBSプレミアム 午後11:15~0:00 「裸にしたい男」玉木宏(前編)
 中国制作の映画に出演

4月15日(日) TBS 午後6:00~6:30 「THE 世界遺産」マカオ歴史地区(中国)

4月16日(月)BS-TBS 午後8:00~9:00 「世界・夢列車に乗って」中国高速列車 和諧号と芭石鉄道の旅

4月17日(火)BSジャパン 午後10:00~11:00「地球ゆうゆう紀行」イグアス国立公園

4月21日(土)フジテレビ 午前8:30~9:55 「にじいろジーン」地球見聞録 台湾・台中

4月21日(土)NHKBSプレミアム 午後11:15~0:00 「裸にしたい男」玉木宏(後編)
 厳寒の北アルプス・穂高に挑戦

4月22日(日)Twellv 午後1:00~3:00 「マイ・ブルーベリー・ナイツ」

4月22日(日)BS日テレ 午後7:00~8:54 「孫文ー100年先を見た男ー」

4月27日(金)NHK教育 午前6:00~6:25 「テレビで中国語」ピーター・チャン監督インタビュー

4月27日(金)NHKBSプレミアム 深0:00~1:45 「燃えよドラゴン」

4月28日(土)BS-TBS 午後6:30~8:54 「シャンハイ・ヌーン」


※WOWOWにて4月9日「男たちの挽歌」「MAD探偵 7人の容疑者」、4月10日「男たちの挽歌Ⅱ」、4月11日「初恋のきた道」、4月12日「狼/男たちの挽歌・最終章」、4月16日「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地大乱」「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地争覇」、「再会の食卓」、4月23日「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」、4月24日「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー2」、4月25日「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー3」
※WOWOWプライムにて4月12日「インファナル・アフェア」、4月19日「インファナル・アフェア 無間序曲」、4月26日「インファナル・アフェア 終極無間」

※4月25日情報を更新しました。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 2

△top

「未来警察 FUTURE X-COPS」5/19公開決定! 

 

アンディ・ラウ主演の「未来警察 FUTURE X-COPS」が5月19日(土)シネマート六本木にて公開決定とのこと!

「未来警察 FUTURE X-COPS」

ヤフーNEWSより
http://movies.yahoo.co.jp/m2?ty=nd&id=20120324-00000041-hollywood

監督/脚本 バリー・ウォン
アクション指導 チン・シウトン
製作総指揮 ハン・サンピン 音楽:レイモンド・ウォン
出演 アンディ・ラウ、バービー・スー、シュー・チャオ、マー・チンウー、ルイス・ファン、マイク・ハー、ファン・ビンビン

アンディ・ラウと「ミラクル7号」のシュー・チャオが共演する映画、って随分前に中華NEWSで見かけたことがあるなと思って調べたら2010年の作品。「ミラクル7号」は2008年の作品。ちなみに「星空」は2012年。

続けて観たら、2008年→2010年→2012年と、2年ごとのシュー・チャオの成長記録が!ってそんな観方をしなくてもいいのだけど(笑)。

今年は5月5日(土)「王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件」(←こちらはシネマート新宿にて公開なのでお間違えなく)、「桃姐」(公開時期未定)とアンデイの作品公開目白押しで楽しみです!

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

才子男装あんど「大魔術師」画像 

 

才子男装の微博より、新しいトニーさんの画像。
爽やか~♪

トニーさん@才子男装1

トニーさん@才子男装2

トニーさん@才子男装4

トニーさん@才子男装3

「衬衫」とは普通語で、ワイシャツやブラウスのこと。「衬衫控」って何だろう?ワイシャツを上手く着こなせるぞ!ってことかな?

こちらは、イー・トンシン監督の微博より、「大魔術師」の画像。
うってかわってダークムード。

トニーさん@「大魔術師」1

トニーさん@「大魔術師」2

トニーさん@「大魔術師」3

マイクが・・・(笑)。

トニーさん@「大魔術師」4

トニーさん@「大魔術師」5

トニーさん@「大魔術師」6

category: トニー・レオン

tb: 0   cm: 0

△top

「セデック・バレ 虹の橋」観ました 

 

大阪アジアン映画祭にて3月17日(土)「セデック・バレ 虹の橋」を観ました。

「セデック・バレ 虹の橋」

「セデック・バレ」の前編に当たる「セデック・バレ 太陽旗」は日程の都合がつかず、後編の「虹の橋」のみ観ることにしたのですが、後編だけだったらいっそ観ない方がいいんじゃないか?などと思い、最初は正直腰が引けてました。

この映画の前作の、ウェイ・ダーション監督の「海角七号」は、ほのぼのとした映画だっただけに、映画の内容を事前にネットなどで見かけて「あー、反日映画を撮ってしまうのか」といういくばくかの残念な気持ちと、完成しても観たくないという拒否反応と、でも、ウェイ・ダーション監督の作品なら、単なる反日映画というくくりには入らない作品なのではないか?というわずかな期待がごちゃまぜになっていました。

でも、ここを逃したら、日本でスクリーンで観ることはできないかもしれないと思い観ることにしたのですが、いざ観てみると、観て良かった!!という作品でした。
あらかじめ霧社事件をネットで調べておいたこともあり、心の準備ができていたのと、セデック族の人々の狩猟民族という生き様が、映像でリアルに感じられたのが意外なことにとても新鮮でした。

日本軍に虐げられて反乱を起こす部族、という図式を想像していただけに、風のように集団で舞い降りて一撃で日本兵を襲う姿は、まるでサバンナで獲物を襲うヒョウのようで、そこには復讐心のような怨念もなく、ためらいのような恐怖心もなく、彼らの普段の狩りの姿であり、生存をかけた戦争でもあり、こういうことを考えていいのかわかりませんが、その姿は「美しい」と無意識に思ってしまうくらいでした。

実際、日本軍は彼らに翻弄され、かなりの兵士が命を落としていたのも意外でした。
かといって、映画はセデック族を美化しているかというと、彼らの中にも部族同士の対立や憎しみが垣間見られ、それは「アバター」のような理想郷とはまた違う現実的な彼らの姿のように見えました。

「死をかけて何かを成し遂げる」「死んで英雄になる」というのは、昔の日本の戦争映画のお話で、これまでは、どこか頭のスイッチを切ってそういう物を見ていたのだな、と今回ひしひしと感じました。
セデック族の考え方は、かつての日本人と似た考え方をしていたにもかかわらず、今の日本人とはかけ離れていて、それでもそれを「間違ってる」とか「恥をさらしても生きていた方がいい」とか軽々しくは言えないと思いました。彼らは自分たちの尊厳をかけて行っているのだから。

ウェイ・ダーション監督は、トークショーで「この映画を観て、起こったことだけを知ってほしい」と仰っていましたが、私はそれだけではなくて「相手を、自分のものさしで判断してはいけない」ということも強く感じました。
あと、どんなに個人が相手に誠意を尽くしたとしても、「占領」や「支配」などの不幸な関係の中では、それは無力と化してしまうのだということも。

後編だけ観て、全体を知った気になるのはいけないですが、後編だけ観ても監督の言いたいことは伝わった気がします。

この映画は歴史上の事件を描いた映画でありながら、観ている人を同時進行の世界に連れて行き、胸の詰まる事件でありながら、悲壮感や厭世観は感じられず、むしろ情感と生命力に溢れた映画です。
この映画の衝撃を超える作品には、しばらく、たぶん、今後10年は会うことはできないだろうなと思います。

category: 映画

tb: 0   cm: 0

△top

両監督インタビュー続き 

 

以下、「聴風者」のフェリックス・チョン、アラン・マック監督インタビューの続きです。

質問:報道によりますと、トニー・レオンがこの映画のヒロイン役に、ジョウ・シュンを推薦したそうですが、具体的には状況はどのようなものだったのでしょうか?

アラン・マック:そのニュースは全く間違っています。彼がこのストーリーを書くことを知った時、脚本と映画の準備を始める時、私とトニーが会って相談をしている時、既にもうジョウ・シュンに会っていて、彼女はこの作品のヒロインの第一候補でした。
しかし、相談をして決める時、彼は既にもう一本の映画「大魔術師」の撮影に入っていました。イー・トンシン監督が最初決めたヒロインはセシリア・チャンでした。皆さん、このことは覚えていますよね。彼女の復帰第一作の予定だったと。しかし、問題が生じて、彼女は出演することはなくなりました。それからイー・トンシン監督は私たちに会って、「しまった、困ったことになった、ヒロインがいない、しかし私は恐れてはいない、私はちょうどもう一人の女優を思い出した、そうだジョウ・シュンが演じることが可能だ」と言いました。

フェリックス・チョン:当時彼は私にこっそりと聞きました。貴方はジョウ・シュンが良いと思いますか?と。貴方は私たちがどのように自分の意見を表現すると思いますか?私は上手く言えない、私が一人の悪い友だちなら、こう上手く言うでしょう、「そうなると私のヒロインがいなくなる!」
私たちはこう言いました。「貴方は自分で決めなさい」と。当然、私たちはとても義理堅かったと感じています、実際のところ、ジョウ・シュンはとても良いです。
だから、彼らがまだ「大魔術師」を演じていない時、私たちは既にこの二人が演じることを決めていました。
なので、「大魔術師」によって、トニーがジョウ・シュンを推薦したということではありません。

質問:メイビス・ファン範暁萱の役はどのような設定ですか?

フェリックス・チョン:彼女が演じるのはトニーの奥さんです。(これは恋の三角関係でしょうか?)いいえ、違います。ジョウ・シュンとトニーの感情は皆さんが想像するようなものではありません。とても簡単で、私は貴方に尋ねます、「貴方は、貴方を愛していない人を愛したことはありますか?もし、貴方が貴方を愛していない人を愛してしまったら、貴方はどうしますか?貴方は彼女を恨みますか?それでは風格がなさすぎるでしょう。貴方は彼(彼女の恋人のことかな?)と親友になれますか?それは嘘っぽいでしょう。しかし、もし貴方が彼と親友になったら、そのような友情はとても恐ろしいです。なぜなら皆、そのような感情は実現できないと知っているから、そこで皆はそのような関係を保護します。これは現代私たちがやっと持つことができるものです。

私は私の奥さんにこのような報道されたものを見るべきでないと思うと思いますか?トニーがメイビス・ファンを背負って行くのをジョウ・シュンはどのように思うか?ジョウ・シュンとメイビス・ファンも普通ではない関係であって、しかし、女性は敏感な生き物です!少しの言葉でも感じ取ることができます。
だから、演技がとても試されます。ジョウ・シュンの目はこんなに大きくて、トニーの目はこんなに見えないのか・・・と。

質問:私が海外のスパイ小説を読むとき、一つの手法があって、男性スパイは情感で人を惑わし、女性スパイの多くは肉体を武器にします。これはいわゆる「カラス」と「ツバメ」の違いです。

答え:それは昔の小説のスパイ戦で、あまりに浅くて時代遅れです。張愛玲の小説では、彼女の愛する売国奴、彼女と胡蘭成との関係はどのように発生しましたか?
(「小団圓」の中のお話ですか?)そうです。ほら、あのお話の中で愛情はどのように発生しましたか?張愛玲の書いた「色、戒」でもこのような感情の関係が中に出てきます。実際のところ「色、戒」は彼女のできの良くない小説で、彼女の当時の状態はとてもまずくて、彼女は生計を計るため、たくさんの現実のシナリオを書いて、彼女はまだ当時香港にいました。そこで私はジョウ・シュンの役名を「張学寧」としました。

「スパイ劇は刀や銃に頼りません」
「広電総局はホラー映画を撮ることができないとは言ってません」


質問:現在「諜网迷踪」が香港で上映されていて、これもスパイ小説を改編したものですが、「聴風者」とこの映画は何か関係や違いはありますか?

フェリックス・チョン:はい、约翰·麦卡雷(ジョン・マッカラム)の小説が私に与えた影響はとても大きくて、なぜならこの小説の中で、スパイは銃に頼らず、刀、ロケットを使わず、陰謀によって地方の政権を転覆させるのです。殺人ではなく政権を転覆させるのです。彼の劇は比較的重いスパイ劇で、刀や銃を手にしません。(小説は比較的少し悶々とするものですか?)小説は英文で読んで、英文はとても良くて、スクリーンに運んだ後の張力はさらによく出来ています。

(後略)
この後、まだ続きますがこの辺で終了にします。

仕事の疲れで金曜の夜から、17時間くらい(汗)寝てしまいました。おかげで、ここのところずっと続いていた頭痛が治まりました。
来週の前半に仕事の山が一旦越せそうです。
金曜には「大魔術師」のブルーレイ版が届きました!まだ観てませんが、試しにデッキに入れたところ、ちゃんと映りました♪

「大魔術師」


category: 中華NEWS

tb: 0   cm: 0

△top

「聴風者」公式微博スタート 

 

トニーさん新作映画「聴風者」の公式微博が出来ました!
http://www.weibo.com/u/2573108167

微博にも出ていた、食事前らしきトニーさん。

トニーさん@食事前

元々はフェリックス・チョン監督の微博からの画像らしいです。

こちらは「聴風者」関連記事。
http://big5.xinhuanet.com/gate/big5/news.xinhuanet.com/ent/2012-03/21/c_122862536.htm

http://ent.qq.com/a/20120321/000095_1.htm

http://images.yule.tom.com/vw/312684-1.html

http://yule.sohu.com/20120321/n338413302.shtml

アラン・マック監督、フェリックス・チョン監督の「聴風者」は今年8月10日公開と発表されました。映画は麦家のスパイ小説を改編したものです。

「トニー・レオンは尊大で卑屈な盲人です」
「ジョウ・シュンの役の感情の経歴は張愛玲から来ています」

質問:どうしてトニー・レオンに視覚障害者を演じさせますか?これは彼にとっては三回目の視覚障害者役で、「楽園の瑕」「地下鉄の恋」に比べて彼の演技にはどのような変化がありますか?

アラン・マック:撮影を始める前に、彼に先生を探す必要があるか?と尋ねると、彼はこれまでに探したことがあると言って、彼が前に演じたのは全て簡単な視覚障害者の役で、今回彼が演じるのは実際は見えないとは言えない役で、例えば貴方たちが部屋の中にいるとすると、彼は貴方たちがどこにいるのかわかっていて、完全にここから歩いて出て行くことができるのです。見たところ、目が見えないようには見えなくて、この方面では心配がないので、もし視覚障害者の成分が多ければ、彼は正常な人の部分が少なくなるのです。

フェリックス・チョン:視覚障害者の部分を多くすることはできなくて、どのように定義の線引きをするか、我々は脚本に多くの時間をかけました。
例えば、ここにビデオカメラが動かないであると、彼は歩いていってそれにぶつかり転びます。しかし(ここに人が座っていると)、彼は呼吸や動悸を聴くことができて、彼は貴方をよけて歩くことができます。
それで、ジョウ・シュンは、彼は本当に目が見えないのか?目が見えないと装ってるのではないか?という疑問を抱き始めます。

質問:この一部分は「不見不散」を思い出します。この中で、グォ・ヨウが目が見えないのを装って、シュイ・ファン徐帆がやってきて試して「誰かの財布が落ちました」と大きな声でわざと言って、グォ・ヨウは頭を下げて、「どこ?どこ?」と言い、ぼろが出ます。

フェリックス・チョン:そのようなものではありません。私はラウ・チンワンを訪ねていったことがあって、なぜなら彼は「再生號」を演じたことがあって、彼が言うには、自分が視覚障害者を演じる方法はいろんな方法があるとのことで、私はトニーに再び会い、それを伝えました。ラウ・チンワンは、主に心理状態が異なるのだと。ラウ・チンワンが行ったのは一つの弱視者の訓練所で、弱視は急に見えなくなるのではなくて、光を感じることができたり、ゆっくりとしか見えなかったり、生まれつき視覚障害があるのではなかったりするのだと。
その後、ゆっくりと目が見えなくなっていって、心理状態に変化が生まれるのです。
トニーが演じるこの役は、以前は口が悪く、悪人で、その上とても尊大ですが、行き詰まり、完全に別の人間になって、かんしゃくを起こして、とても卑屈で尊大な人間となるのです。

質問:それならばそれは「楽園の瑕」の剣客の役ではありませんか?彼は見えていたのが、ゆっくりと目が見えなくなりました。

フェリックス・チョン:まったく違うものです。あの目が見えない剣客は少しも尊大ではありません。今回の役とはまったく違います。


(まだインタビューは続きますが、明日の朝は早いので、この辺で。続きは後日、書・・・けるかもしれません・・・)

category: トニー・レオン

tb: 0   cm: 0

△top

「ブエノスアイレス」ブルーレイ愛蔵版 発売 

 

「ブエノスアイレス」のブルーレイ 愛蔵版が4月1日に発売予定です!

「ブエノスアイレス」

ぐれちゃんが「版権切れ前にDVD出さないのかな・・・」と言ってたのがビンゴでした!
ブルーレイなのだけど。
ーーーーーーーーーーーーーー
内容紹介
モノクロームと極彩色、タンゴ、瀑布、
絶対温度の地の果てをさまようふたり。
永遠に記憶に残したいあの映像が、
美しいハイビジョンで遂にブルーレイ化!

【映像特典(約127分)】

★劇場公開版とデジタル復元版
ふたつのブルーレイ用HDリマスター版本編を完全収録!

★未発表の画像を含むスチール写真100点を
フォトギャラリー&スライドショーで!

〈収録内容〉

◆[本編]劇場公開版
劇場公開版35mmプリントからHDテレシネした素材を元に手作業で修復を施し、
映画館のスクリーンの臨場感をそのままに再現しました。

----映像特典----

◆[本編]デジタル復元版
マスターネガからのHDテレシネ素材をデジタル修復した完全復元版。
デジタル画像ならではのなめらかで鮮かな映像をお楽しみいただけます。

◆PHOTO GALLERY
ウィン
ファイ
チャン
ふたり
ON LOCATION
※以上、未発表の画像を含むスチール写真100点を収録!

◆SLEDE SHOW
※上記PHOTO GALLERYのスチール写真をスライドショーで!

◆来日インタビュー
トニー・レオン
ウォン・カーウァイ

◆予告編コレクション

【CAST】
トニー・レオン
レスリー・チョン
チャン・チェン

【STAFF】
監督・脚本:ウォン・カーウァイ
撮影:クリストファー・ドイル
美術・編集:ウィリアム・チョン

★第50回カンヌ国際映画祭 最優秀監督賞受賞

【仕様】
本編 98分 特典映像 約127分 本編映像:HDワイドスクリーン(1.85:1)1920×1080P カラー(パートモノクロ)
音声:[劇場公開版] STEREO/リニアPCM [デジタル復元版] DTS-HD Master Audio 5.1ch 字幕:日本語字幕 2層ディスク
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
以上、ア○ゾンからの転載。
愛蔵、という言葉に弱い・・・。


「聴風者」の予告編、土豆にUPされていました。
http://www.tudou.com/programs/view/_LyxVxFRiAI/

そのうち、正式に発表されたものが見られるかな。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

「唐山大地震」公開のめどが立たず 

 

(この下の記事「ウェイ・ダーション監督トークショー」も宜しければご覧ください)

FREEMANさんのTLで知ったのですが、東日本大震災の影響で公開が延期になっていた「唐山大地震」、「東日本大震災の被害が甚大であることと、未だ多くの方々が苦しんでいる中、公開予定を立てることができないと判断しました」とのことで、無期限とも言える公開延期の模様です。

「唐山大地震」の公式サイトでは前売り券の払い戻しについて書かれています。(松竹に前売り券を郵送、送料を含め前売り券代を銀行口座に返金します、とのこと)
「唐山大地震」公式サイト
http://www.tozan-movie.jp/index.html

うわーん、いつか公開されることを祈っていたのですが・・・少なくともまだ今年は無理ではないかと思われますし、あと、何年かすれば・・と思っても、前売り券を買った人も、その時にはどこで何をしているかということもわからないですもんね。
映画会社としては、一旦ここで仕切りなおしをしなければというご判断と思います。

私も前売り券を買ってるのですが、払い戻しした方がいいのか・・・。
手元に残るのは前売り特典の「なまずキューピー」だけなのかな。

「唐山大地震」は、2010年の東京国際映画祭の中国映画週間で観ました。その時は中文字幕だけだったのですが(会場もロビーの一角を暗くしてパイプ椅子を並べただけ、その為か無料でした)、さほど難しい台詞はなかったので、大体の内容は把握できたと思います。でも、後日「テレビで中国語」で映画の解説を見た時に、あの水を張った洗面器に入ったトマトの意味を初めて知ったので、これ、映画を観た時に理解できていたら号泣だったかも、と思いました。

その後の2011年3月の沖縄国際映画祭で上映される予定だったのですが、東日本大震災が起きたので上映中止になったのでした。だから、日本での上映を観た人はほとんどいないのではないかと思います。
いつの日か、日本で上映できる時が来ますように。


<その他の情報>
・トニーさんの新作映画「聴風者」、中国(香港も?)の公開は8月10日予定とのこと。
 (まだ先なので変更になる可能性もあります。「大魔術師」も最初12月22日と言ってたのが1月12日になったし)
 「聴風者」1
「聴風者」2

 香港国際影視展で「聴風者」の予告編が上映されているようです。
 
 「追夢人梁朝影迷會的微博」より
 http://www.weibo.com/leungchiuwai

・4月からの「テレビで中国語」新しい司会はココリコの田中直樹さんと阿部力さんです。
 中国人の女の子の名前が判明したら、またお知らせします。
追記 段 文凝さんでした。3月まで「ピンイン解析コーナー」に出ていた子です)
 
「テレビで中国語」4月号

・FREEMANさんのブログからの情報。
 「ホット・サマー・デイズ/全城熱戀」DVD 6月6日発売予定
 「ホット・サマーデイズ」
 ジャッキー・チュン、ニコラス・ツェー、トニー・チャン、ダニエル・ウーほか ウィン・シャ監督

 「ハッピー・イヤーズ・イブ/全球熱戀」DVD 6月6日発売予定
 「ハッピー・イヤーズ・イブ」

 アーロン・クオック、グイ・ルンメイ、イーソン・チャン、トニー・チャンほか ウィン・シャ監督

 「全城熱戀」の方は東京国際映画祭で上映されましたね。(私は日程が合わず未見なのですが)

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 2

△top

ウェイ・ダーション監督トークショー 

 

3月17日(土)、大阪アジアン映画祭主催のウェイ・ダーション監督のトークショーに行ってきました。
会場は川が見える明るい部屋で、100人以上は入っていたと思うのですが、こじんまりした部屋なので結構一杯いっぱいでした。
監督は若くて、優しそうな柔らかい雰囲気に包まれた感じの方でした。

ウェイ・ダーション監督
(左が監督、右は通訳さん)

司会者やお客さんの質問に、監督が答えるという形式でしたが、監督は意外にもよくお話される方でした。
しじゅう穏やかな雰囲気の会でした。

(おおまかな内容)
監督:「セデック・バレ」については1999年から脚本を書いていた。主にお金がなく、すぐには撮れないと思っていた。2000年アメリカの映画会社コロンビアに参加、映画を撮るのはそんなに困難ではないと思った。2002年資金集め。1円も集まらなかった。
初め500万円を集めて、5分間のデモテープを作った。ワンシーン撮ってはお金を集め、ワンシーン撮ってはお金を借りた。「海角七号」を先に撮り、「海角七号」の成功によりできた資金によって、「セデック・バレ」を撮ることができた。

質問:台湾の歴史の中でもこれを撮ろうと思った理由は何ですか?

監督:最初は書店で「霧社事件」を描いた漫画を見た。漫画を見た時から血が沸き立って、これを映画にしなくちゃ、と思った。これは一つの挑戦だった。良い人、悪い人、愛と矛盾。一人の台湾人として自分がどこに立っているかわからなくなる。漫画の作者とお喋りをして、「信仰という角度から描けば撮れるかもしれないよ」と言われた。
歴史には悪い人と良い人がいるのだろうか?自分はわからなくなった。文化と信仰の衝突。太陽を信仰している民族と虹を信仰している民族がお互いの信仰のために戦った。でも太陽も虹も両方とも空にあるものだ。
私もいろいろ矛盾をかかえている。この映画は拍手喝采することもできないし、無条件に涙を流すこともできない映画。

質問:モーナ・ルダオを演じている人、牧師さんは素人だと聞いたが、難しいことはありましたか?映画はセデック語で役者さんは苦労したのでは。

監督:出演者はほとんど映画を演じるのは初めて。半分はセデック族とタイヤル族の方々。もともとは一つの部族だったが、2008年に言葉が違うので分かれた。モーナ・ルダオは元々凄く特徴のある顔。この役に当たる人を探すのが難しかった。誰も知らない人を選びたかった。気迫のある人。

質問:どのようにして見つけたのですか?

監督:友人を訪ねていった。期待はしていなかったが、牧師の養成学校を訪れた時、迎えに来てくれたのが彼(モーナ・ルダオを演じた方)で、一目で「この人だ」と。

質問:セデック語は今は使われていない?

監督:今も使われている。

質問:映画に出演する人はセデック語を学習したのか?

監督:部族の人にとって元々は自分の言葉だが、最近は知らない人が増えた。面白いことに、この映画の効果で、また話し出す人が増えた。

-- 続きを読む --

category: イベント

tb: 0   cm: 0

△top

「台北カフェ・ストーリー」先行上映会 

 

4月14日(土)公開予定の「台北カフェ・ストーリー」先行上映会のお知らせが出ていました。

【日時】2012年4月6日 (金)19時から21時(18時半開場)

19:00~『台北カフェ・ストーリー』上映
20:30~中孝介さんトークイベント
20:50 終演

【会場】シネマート六本木  (〒106-0032 東京都港区六本木3-8-15)

【チケット料金】1,800円

【登壇者】中孝介
※3月22日販売終了予定。
※先着78席となります。

チケットの購入・詳細はこちらのページから。
http://www.taipeicafe.net/150-2

「台北カフェ・ストーリー」公式サイト
http://www.taipeicafe.net/

中孝介さん、「台北カフェ・ストーリー」に出演してるんですよね。予告編で歌ってるのを観た時は「海角七号か!」と突っ込みそうになりましたが・・・。
座席は78席までとのことなので、行きたい方はお早めに!


もう時間が遅いので、その他の情報は、また改めて。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

大阪に行ってきました 

 

昨日の3月17日(土)から一泊二日で大阪に行ってきました。

大阪駅構内に登場した亀岡市のゆるキャラ「明智かめまる」くんを観に・・・。

明智かめまるくん

じゃなくて!

和歌山を宣伝しにきたパンダくんを観に・・・。

和歌山宣伝中のパンダくん

じゃなくて!(←しつこい)

拙ブログをご覧になられてる方で、勘のいい方は気づかれたかもしてませんが、大阪アジアン映画祭に行ってきました。

3月17日(土)「ウェイ・ダーション監督を囲んで」トークイベント
       「セデック・バレ 虹の橋」

3月18日(日)「LOVE」
       「星空」

を観て帰ってきました。
「セデック・バレ」は後編だけを観るという無謀な行動に出ましたが、観て良かったです!
(あらかじめネットで「霧社事件」をざっと調べていきました)

3本とも、大阪まで観に行って良かった~!!と思える作品ばかりでした。
特に「セデック・バレ」はこれまでの人生観が変わりそうな作品でした。

また感想はおいおいUPしていきます。
お世話になった方々、ありがとうございました。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 4

△top

「女ドラゴンと怒りの未亡人軍団」公式サイト 

 

「女ドラゴンと怒りの未亡人軍団」公式サイトが出来てました。
http://dragon-miboujin.com/
まだ扉絵だけですが・・・。


以下、またイー・トンシン監督の微博に「大魔術師」の画像がUPされていました。

「大魔術師」1

「大魔術師」2

「大魔術師」3

ふにゃ~としたお顔のラウチン、とっても可愛い。

「大魔術師」4

トニー大魔術師からマジックを習おうとするラウチン。が、上手くいかない・・・。

「大魔術師」5

上3枚だけを観ると、ホントにコメディ映画とは思えない画像。
はあぁ、早くブルーレイが観たい!香港の劇場で観たワクワク感よ、ふたたび!

ハッ!このタイミングでの微博への「大魔術師」画像投入、ブルーレイ&DVDの売り上げUPを狙う監督の作戦か!
おぬしも悪よのぅ。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

「香港無印美食2012」 

 

「香港無印美食2012」 龍陽一(著)

「香港無印美食2012」

前回の「香港無印美食―庶民のマル味ワンダーランド 茶餐庁へようこそ」を大幅加筆したもの。
前のを持ってるのに、ついつい買ってしまいました。


イー・トンシンの微博より。
「大魔術師」撮影時の休憩のひととき?まるで映画のワンシーンみたい。

トニーさん@休憩中

右端にはジョウ・シュンの姿も。

category: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

△top

テレビ番組情報 

 

追加のテレビ番組情報。

3月17日(土)日本テレビ 午後11:00~11:30 「先輩ROCK YOU」岩代太郎・川井憲次
 作曲家の裏側大公開
 ※岩代太郎氏は、映画音楽では「レッドクリフ」など多数、川井憲次氏は映画音楽では「墨攻」「かちこみ!ドラゴン・タイガーゲート」「イップ・マン 序章」「イップ・マン 葉問」など多数。お二方ともアニメから映画まで幅広く作曲。

3月22日(木)日本テレビ 午後7:00~8:54 「ぐるナイ春のゴチ韓国SP」ゴチ13スペシャルにチョン・ウソン&上戸彩が緊急参戦

3月24日(土)BS朝日 午後7:00~8:54 「辣の道を行く 中国唐辛子回廊 2500キロの旅」

3月25日(日)テレビ東京 午後7:54~9:48 「上野樹里が行く!桜前線大追跡~ヒマラヤから日本列島5400キロの桜ロード」ヒマラヤ連峰をトレッキング、中国・雲南省の少数民族の村ほか

3月26日(月)BS-TBS 午後8:00~8:54 「世界・夢列車に乗って」中国鉄道 寝台列車の移り行く景色 成都から重慶へ



<その他の情報>
大阪アジアン映画祭 来日ゲストとのトークイベント開催

◎料金は無料です。それぞれ開場の15分前から受付けます。満員の際には、お入りいただけないこともあります。
◎トークイベントは、それぞれ1時間程度の開催となります。(映画上映はありません)
◎やむをえない理由により、ゲスト変更などの可能性もあります。予めご了承ください。


3月17日(土)16:00〜
『セデック・バレ』
ウェイ・ダーション監督を囲んで

◎ゲスト:ウェイ・ダーション監督
   (『海角七号/君想う、国境の南』『セデック・バレ』監督)
◎会場:大阪芸術大学ほたるまちキャンパス ライブラリ(ABCホール近く)
    堂島リバーフォーラム3F(セブンイレブンのある建物の3F)


3月18日(日)14:15〜
『捜査官X』
ピーター・チャン監督を囲んで

◎ゲスト:ピーター・チャン監督
   (『ラヴソング』『ウォーロード/男たちの誓い』『捜査官X』監督)
◎会場:大阪芸術大学ほたるまちキャンパス ライブラリ(ABCホール近く)
    堂島リバーフォーラム3F(セブンイレブンのある建物の3F)

3月18日(日)16:00〜
『刀のアイデンティティ』
シュー・ハオフォン監督を囲んで

◎ゲスト:シュー・ハオフォン監督(『刀のアイデンティティ』監督、
     ウォン・カーウァイ監督最新作『グランドマスター』の脚本&武術顧問)
◎会場:喫茶ケルン(大阪市西区九条1-14-1 九条・シネ・ヌーヴォ近く)
※シネ・ヌーヴォでお問合せください(TEL.06-6582-1416)
※協力:シネ・ヌーヴォ シネ倶楽部
★喫茶店会場につき、各自オーダーをお願いします。


大阪アジアン映画祭 交流イベント/トークイベント のページより
http://www.oaff.jp/event/talk/index.html

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

香港版DVDの発売は15日に変更 

 

「大魔術師」香港版DVD&ブルーレイの発売は、なんと3月8日から3月15日に変更になってました。がーーーん。

「大魔術師」DVD

以前貼っておいたyesasiaさんのサイトでも「3月15日」となっています。
DVD(リージョン3)
http://www.yesasia.com/global/%E5%A4%A7%E9%AD%94%E8%A1%93%E5%B8%AB-dvd-%E5%8B%81%E9%87%8F%E9%9B%99%E7%A2%9F%E7%89%88-%E9%A6%99%E6%B8%AF%E7%89%88/1030392877-0-0-0-ja/info.html

ブルーレイ リージョンA
http://www.yesasia.com/global/the-great-magician-2012-blu-ray-hong-kong-version/1030392879-0-0-0-ja/info.html

待つ日にちがちょっと延びました・・・。
(レインボーママさん、情報ありがとうございます)


昨日3月11日は、調布にて「インファナル・アフェア」を観てきました。

「インファナル・アフェア」

久々のヤンを堪能してきました。

年齢層高めでしたが、お客さんは結構入っていました。中にはその後の上映(「鉄道員(ぽっぽや)」)と間違えてない!?高倉健さんは出てこないよ!と心配になるようなお爺ちゃんやお婆ちゃんもいらっしゃいましたが、これを機会に香港映画ファンになってくれるといいな♪(内容が通じてるか若干不安)と思います。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

沖縄国際映画祭上映スケジュール発表 

 

3月24日(土)~31日(土)まで開催の沖縄国際映画祭の上映スケジュールが発表になりました。
沖縄国際映画祭の公式サイト
http://www.oimf.jp/jp/

気になる作品の上映スケジュールはこちら。

「All's Well End's Well 2012/八星抱喜」
3月28日(水)18:40~ 舞台挨拶あり チャン・ヒンカイ監督・ジャネット・チュン監督
3月29日(木)12:40~ 舞台挨拶あり チャン・ヒンカイ監督・ジャネット・チュン監督

「Tao Jie/桃姐」
3月29日(木)18:50~ トークショーあり
3月31日(土)15:30~ トークショーあり

「失恋33天」
3月30日(金)15:50~ 舞台挨拶あり テン・フアタオ監督 バイ・バイホ
3月31日(土)10:50~ 舞台挨拶あり テン・フアタオ監督 バイ・バイホ

「飲食男女ー好遠又好近」
3月30日(金)19:00~ 舞台挨拶あり ツァオ・ルイユァン監督
3月31日(土)15:10~ 舞台挨拶あり ツァオ・ルイユァン監督

「Nasi Lemak2.0」
3月27日(火)15:00~ 舞台挨拶あり Namewee監督 フレッド・チョンプロデューサー
3月28日(水)15:30~ 舞台挨拶あり Namewee監督 フレッド・チョンプロデューサー

チケットの発売は3月11日(日)10:00~
チケットよしもと、チケットぴあ、イープラスより
「沖縄国際映画祭」チケット情報のページ
http://www.oimf.jp/jp/ticket_goods/

とは言っても沖縄は遠くて行けないです・・・。「桃姐」「八星抱喜」観たいなあ。


<その他の情報>
・映画「マクダルのカンフーようちえん」主役・鈴木福 ヒロイン剛力彩芽が決定!
 CINEMA TOPICS ONLINE
 http://www.cinematopics.com/cinema/c_report/index3.php?number=6236

 なんとマクダルの声は鈴木福君!でも私は吹き替えじゃなくて広東語で観たいなーー。

・ウォン・カーウァイの新作『ザ・グランドマスター』、今年中に公開となるか?
 シネマトゥデイ
 http://movies.yahoo.co.jp/m2?ty=nd&id=20120310-00000010-flix

 記事によると、『中国の配給会社Bona Filmによる中国での公開は、今年12月に延期されたと伝えられている。となると、早くても年末、遅れれば2013年にずれ込む可能性も大いにありそうだ。』
 とのこと。
 中華映画ファンは、もともと今年中に日本で公開になると思ってないと思う。
 追加撮影をいつやる、というお話も聞こえてこないし、このままだと今年5月のカンヌ映画祭での「一代宗師」完成お披露目も、間に合わないのでは、という状況ですよね。なかなか完成しない映画に、会社側もそうそうトニーさんを長期間撮影に行かせてくれないんじゃないかな・・・。
 とは言え、いつまでも完成しないという今の状況はどう考えてもまずいので、なんとか頑張って仕上げてほしいものです。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

高崎映画祭にて「イップ・マン 序章」「ジャライノール」上映 

 

今年の高崎映画祭は3月24日(土)〜4月8日(日)まで。

高崎映画祭公式サイト
http://www.wind.ne.jp/tff/2012/index.html

中華映画では「ジャライノール」「イップ・マン 序章」が上映されます。
邦画では「CUT」(「CUT」って邦画ジャンルなのか・・・)が上映されます。

映画祭のゲストに西島秀俊さん、アミール・ナデリ監督、「軽蔑」の高良健吾君は「調整中」として名前があがっています。
アミール・ナデリ監督、「CUT」公開からずーーっと日本にいるのかな。先日シネマート六本木のロビーでお姿をお見かけしました。気づいた映画ファンと、気さくに写真を一緒に撮ったりしていました。


ミシェル・ヨー主演のアウンサン・スー・チー女史を描いた映画「The Lady 引き裂かれた愛」の公式サイトはこちら。
「The Lady 引き裂かれた愛」公式サイト
http://www.theladymovie.jp/

7月角川シネマ有楽町ほか全国ロードショー

こちらはスー・チー女史を演じているミシェル・ヨー。ご本人に近づける為、10Kg減量したとのこと。
一瞬、スー・チー女史本人かと錯覚してしまいます。

ミシェル・ヨー@「The Lady 引き裂かれた愛」

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 2

△top

「女ドラゴンと怒りの未亡人軍団」4/28公開 

 

セシリア・チャン主演の「楊門女将之軍令如山」が、「女ドラゴンと怒りの未亡人軍団」という邦題で銀座シネパトス、シアターN渋谷にて、4月28日公開決定、全国順次公開とのこと。

「女ドラゴンと怒りの未亡人軍団」

「女ドラゴンと怒りの未亡人軍団」公式ツイッター
https://twitter.com/#!/dragon_miboujin

しかし、なんつータイトル。香港映画に変な邦題をつけるというのが最近の流行なのかな。
上映劇場に、アンダーグラウンドな雰囲気の銀座シネパトスがなってるということもあり、変な勘違い(変な期待)をしたお客さんが入ってくることも狙ってるのか??


その他の情報

追夢人梁朝偉影迷會の微博によりますと、3月上旬発売の「看電影」にトニーさん新作映画「聴風者」の記事が載るとのこと。

「聴風者」記事

上海の和平飯店でも撮影があったのかな。今度上海に行けたら和平飯店にも行ってみたいな。
今後中華NEWSに、いろいろ情報や画像が露出してくるといいですね。楽しみです。


その他、中華映画ではありませんが、「ルパン三世」アニメ化40周年記念として、『ルパン・ザ・night』がTOHOシネマズ 六本木ヒルズにてされます。

『ルパン・ザ・night』
3月18日(日)19:30開演@TOHOシネマズ六本木ヒルズ

【上映作品】
◆「ルパン一家勢揃い」(新作)
◆「脱獄のチャンスは一度」(TV1st シリーズランキング第一位)
◆「さらば愛しきルパンよ」(TV2nd シリーズランキング第一位)
◆「友よ深く眠れ」(TV Part 3)シリーズランキング第一位)
◆ 「LUPIN the Third ~峰不二子という女~」初出しPV映像 

【トーク・ゲスト】
モンキー・パンチ(原作者)
サプライズゲストもあるそうです。

チケットについてはTOHOシネマズ六本木ヒルズのサイトでご確認を。
http://www.tohotheater.jp/theater/009/info/event/upin_night.html

関連NEWSとして、「LUPIN the Third ~峰不二子という女~」(ルパン三世新シリーズ)が日本テレビにて4月4日から毎週水曜25:29より放送開始(初回放送は25:49予定・全13話)
原作に近いアダルトでエロチックなテイストを取り込んでいるとのこと。

峰不二子

ヤフーNEWS
http://movies.yahoo.co.jp/m2?ty=nd&id=20120308-00000022-flix

この絵の不二子、足長っ!
ルパンはやはり緑ジャケットじゃないと!と思う古い人間な私。ちなみに「ガンダム」はファースト・ガンダム以外はガンダムと認めません!

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

初夏の装い@才子男装 

 

トニーさんが広告をしている才子男装の微博を久々に覗いてみたら、初夏の装いをしたトニーさんの画像満載でした。

トニーさん@才子男装1

トニーさん@才子男装2

トニーさん@才子男装3

トニーさん@才子男装4

トニーさん@才子男装5

トニーさん@才子男装6

トニーさん@才子男装7

トニーさん@才子男装8

花柄のシャツは、女性物があってもいいのになー♪
トニーさんが着てると素敵でも、他の男性が着たら100パーセント「おっさん」になってしまう可能性大なシャツも・・・(汗)。

才子男装 微博
http://weibo.com/tries1983

category: トニー・レオン

tb: 0   cm: 0

△top

ケニー・ビーのお誕生会に出席2 

 

先日、ケニー・ビーのお誕生会に出席した時の画像が中華NEWSに出ていました。
お店はイタリアンだったようです。

トニーさん@ケニー・ビーお誕生会1

車中、後ろの方にトニーさんが乗ってます。

トニーさん@ケニー・ビーお誕生会2

http://big5.xinhuanet.com/gate/big5/news.xinhuanet.com/ent/2012-03/05/c_122792048.htm


こちらは今日の朝日新聞。
「東京に来たばかり」のチアン・チンミン監督が紹介されていました。

チアン・チンミン監督

今回の「東京に来たばかり」は監督作として6本目、日中合作としては4本目。
合作、というとメリットが多いかと思っていたのですが、記事によると2002年には共同制作の日本側企業が倒産して撮る予定の映画が幻に、今回も東京でロケハン中に東日本大震災が発生、来日をキャンセルする女優も現われたとのこと。
監督自身はあえて日本に残り、中国の俳優やスタッフに安全を訴え続けた。
昨年5月から約40日、東京、千葉、茨城などで撮影を果たしたとのことです。
中国では今月下旬、日本では夏に公開予定。

category: トニー・レオン

tb: 0   cm: 0

△top

雨の中のジョギング 

 

雨の中、ピークをジョギングするトニーさん。

トニーさん@ジョギング中

トニーさん@ジョギング中2

ここ数日はお仕事がなかったようで、身体の鍛錬のため、黙々と一人でピークをジョギング、7Kmを走ったとのこと。ただし、この距離については、よく運動する彼にとっては「小児科に属する」(軽い部類だという事かな?)とのこと。

http://big5.xinhuanet.com/gate/big5/news.xinhuanet.com/ent/2012-03/02/c_122779235.htm

レインコートでほとんど顔がわからないやん!と思いつつ、やはりトニーさんの画像は捨て置けないのであった・・・。


<今日の情報>
・「大魔術師」の香港版DVD&ブルーレイが3月8日3月15日に発売になるそうです。
 「大魔術師」DVD

 DVDはリージョン3 (日本語表記のページに取り替えました)
http://www.yesasia.com/global/%E5%A4%A7%E9%AD%94%E8%A1%93%E5%B8%AB-dvd-%E5%8B%81%E9%87%8F%E9%9B%99%E7%A2%9F%E7%89%88-%E9%A6%99%E6%B8%AF%E7%89%88/1030392877-0-0-0-ja/info.html

 ブルーレイはリージョンA(日本語表記のページに取り替えました)
 http://www.yesasia.com/global/the-great-magician-2012-blu-ray-hong-kong-version/1030392879-0-0-0-ja/info.html

 DVDのリージョン3は、日本ではリージョン違いで見られないけど、ブルーレイのリージョンAは日本とリージョンが同じではないでしょうか!
 言語は広東語と中国語だけども!(字幕は英語あり)
 ブルーレイ注文して、ちゃんと再生できたら、またご報告します。
追記 ブルーレイのリージョンA、日本のパソコンでも再生できるそうです)

・大阪アジアン映画祭で、完売となっている3月14日(水)上映の「高海抜の恋」と3月18日(日)上映の「捜査官X」のチケット追加発売があります。

 「高海抜の恋」3月8日(木)午前10時から
 「捜査官X」3月10日(土)午前10時から
 詳しくはこちら
 http://www.oaff.jp/ticket/index.html

category: トニー・レオン

tb: 0   cm: 4

△top

ケニー・ビーのお誕生会に出席 

 

ケニー・ビーのお誕生会に出席したトニーさん。

トニーさん@ケニー・ビーお誕生会

ケニー・ビー鍾鎮濤の微博より。
最近はいろんな微博でトニーさんの近影が見られます。
オフィシャルな場面と違ってリラックスした面が見られるのは、ファンとしては嬉しいですね。


今日はシネマート六本木にて「タクティカル・ユニット機動部隊-絆-」を観てきました。

「タクティカル・ユニット」

この作品は、ジョニー・トーは監督ではなくて「製作総指揮」ですね。
山の中で犯人を追う場面は、ちょっと単調で冗長な部分もあるかな・・って思うのは、ふだんのジョニー・トー監督の畳み込むような場面の連続に慣れてしまってるからかな。
お話の中では、ラム・シューが一番キャラが立っていたような気がします。


<今日の情報>
・「ブエノスアイレス」関西上映 シネ・ヌーヴォー
 3月24日(土)~4月6日(金)
 http://www.cinenouveau.com/sakuhin/buenos.html
 (ぐれちゃん、情報ありがとう!)

 「ブエノスアイレス」の上映、他では
 3月31日(土)~4月13日(金) 関東上映 キネカ大森
 http://www.ttcg.jp/cineka_omori/
 (まだ映画館サイトにはUPされてませんが、4月7日(土)にはトークショーが予定されているそうです♪)

 4月14日(土)~27日(金)関西上映 元町映画館
 http://www.motoei.com/sakuhin.htm
 が予定されています。

・「1911」DVD&ブルーレイ 6月8日発売予定
 「1911」

・3月2日(金)日本テレビ 午後11:30~11:58「スクーパーSCOOPER 」
 ボスとラルフが香港に潜入!最先端建築をスクープ!
  (レインボーママさん、情報ありがとうございます!)


今夜「ブラタモリ」を観ていたら、入場窓口にて新宿御苑の入場料を、内藤家当主が払っていました。
それ、「ラスト・エンペラー」のシーンやん!
と、観ながらツッコンだ人は多いはず。

category: トニー・レオン

tb: 0   cm: 0

△top