ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

孫文を演じる? 

 

中華NEWSによりますと、今年は辛亥革命100周年記念ということで4月より映画「国父孫中山」がクランクインされるとのことです。
監督は「キリング・フィールド/戰火屠城」のローランド・ジェフィ。
宋慶齢役には、今「一代宗師」に出演している韓国女優のソン・ヘギョが候補になっているとこと。
孫文(孫中山)役にはトニー・レオンが期待されていて、後は撮影スケジュールが合うかどうかだとのことです。

現在トニーさんとソン・ヘギョは「一代宗師」を撮影中で、ソン・ヘギョの出演部分は来月撮り終わるそうです。

トニーさんが孫文を演じるかどうかは、今後のウォン・カ-ウァイの撮影の進度によるとのことです。
もし、このお話が実現すれば、「一代宗師」に続き、トニーさんとソン・ヘギョが夫婦役を演じることになります。

トニーさん

http://the-sun.on.cc/cnt/entertainment/20110227/00470_025.html

孫文役は最近では「建党偉業」でリウ・イエチャン・ハンユー(追記 リウ・イエではなく、チャン・ハンユー張涵予でした、すみません。「戦場のレクイエム/集結號」で主演していた人ですね。リウ・イエは毛沢東役でした)が演じてますし、「辛亥革命」ではジャッキー・チェンが演じてますね。

個人的には孫文と言えば、ウィンストン・チャオ(「宋家の三姉妹」「孫文ー100年先を見た男ー」)、宋慶齢と言えばマギー・チャン(「宋家の三姉妹」)のイメージなんですけど(笑)。

いろいろ映画出演のお話が出てきますが、今回はどうなるのでありましょうか。

スポンサーサイト

category: 中華NEWS

tb: 0   cm: 2

△top

3月の予定 

 

3月の予定、自分用覚書。
「イップ・マン」効果か、3月3日(木)にはフジテレビでウィルソン・イップ監督の「かちこみ!ドラゴン・タイガー・ゲート」の放映があります。

<映画上映>
3月5日(土)「ブンミおじさんの森」公開
http://uncle-boonmee.com/top.php

3月5日(土)「再生の朝にーある裁判官の選択」公開
http://www.alcine-terran.com/asa/

3月12日(土)「台北の朝、僕は恋をする」公開
http://aurevoirtaipei.jp/

3月12日(土)~4月1日(金)「ジョニー・トーとゆかいな仲間たち -ゼロ年代香港映画傑作選-」@シネマヴェーラ渋谷
http://www.cinemavera.com/

3月26日(土)「唐山大地震」公開 公開延期
http://tozan-movie.jp/index.html


<テレビ放送>
3月3日(木)フジテレビ 深2:00~未定 「かちこみ!ドラゴン・タイガー・ゲート」

3月4日(金)日本テレビ 午後9:00~10:54 「トゥームレイダー2」

3月7日(月)テレビ東京 午後1:00~3:30 「ロミオ・マスト・ダイ」

3月13日(日)NHKBS2 午後1:00~3:10 「ウッドストック 愛と平和と音楽の3日間 ディレクターズカット(前編)

3月13日(日) NHKBS2 午後3:10~4:47 「ウッドストック 愛と平和と音楽の3日間 ディレクターズカット(後編)

3月17日(木) NHKBS2 午後1:00~2:48 「キンキー・ブーツ」

3月20日(日) TBS 午後6:00~6:30 「世界遺産」登封(中国・河南省)の歴史的建造物

3月20日(日)テレビ東京 深3:45~5:50 「キサラギ」

3月25日(金)日本テレビ 午後9:00~10:54 「香港国際警察/NEW POLICE STORY」

3月28日(月)NHK教育 午後11:00~11:25 「テレビで中国語」新シリーズスタート

3月31日(木)日本テレビ 午後7:00~8:54 「ぐるナイゴチ12 春の香港SP」


※3月5日(土)BS-TBSにて「山の郵便配達」、3月16日(水)WOWOWにて「カムイ外伝」、3月22日(火)BSジャパンにて「王妃の紋章」放映

※毎週金曜日 BS朝日 午後9:00~10:00 「中国神秘紀行」、毎週火曜日 BSジャパン 午後6:00~6:50「MADE IN BS JAPAN」香港 毎週木曜日 BSジャパン 午後6:00~6:50「MADE IN BS JAPAN」台湾

※3月14日情報を追加しました。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

「サンザシの樹の下で」7/9日本公開決定 

 

チャン・イーモウ監督の「サンザシの樹の下で/山楂树之恋 」が7月9日(土)公開決定だそうです。
こちらですね~↓

「山楂树之恋 」

昨年上海に行ったとき、丁度現地で公開になっていたのですが、時間のやりくりが上手くできなくて観られず、悔いが残ったのでした。
なんか昔のチャン・イーモウ映画という感じですね。文化大革命時代、地方に下放された都会育ちの女子高生が、田舎の青年に出会って・・・というお話のようで、設定でいうと「初恋の来た道」のお父さん・お母さんの逆バージョンですね(笑)。

邦画タイトルが、ほぼ原題のイメージのままで良かったです。
元NEWSはこちら。
http://www.movienet.co.jp/movie_data/2011/07/sanzashi/


そしてこちらは藤原紀香とフー・ビンのツーショット。
やはり、新年度のNHK「テレビで中国語」はこの二人のコンビになるようです。美男美女の組み合わせですね。
藤原紀香&フー・ビン

http://orientaldaily.on.cc/cnt/entertainment/20110225/00282_009.html

今出てる双子の中国人の女の子の席はどうなるのかな?大ルーさんには引き続き出て欲しいです。

あと3日で2月も終わり・・・時が経つ早さにビックリ・・・。
明日辺りに「3月の予定」をUPできるといいな~。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

「MAD探偵 7人の容疑者」観ました 

 

本日K'sシネマにて「MAD探偵 7人の容疑者」観てきました。
「MAD探偵」ポスター

以前東京国際映画祭で観てるので、改めての感想は省略します。

前回観たときには気がつかなかったのですが、ラム・ガートンの中の「凶暴な人格」は、チョン・シウファイ張兆輝さんだったのですねー。
ラウチンの奇天烈な行動ぶりも、話の筋がわかってからの方が引き立って見えます。
つくづく、一回だけの鑑賞で終わるのはもったいない映画です。
コンビニでラウチンが新聞を立ち読みして、バサバサと、また売り場の元の棚に戻すシーンでは、映画祭では笑いが起きていたのを思い出しました。(買わんのかい!って感じで)


直前の情報ですみませんが、今週のNHK「テレビで中国語」では「唐山大地震」のフォン・シャオガン監督インタビューがありました。
再放送は明日の朝 2月25日(金)NHK教育 午前6:35~7:00 「テレビで中国語」 です。

先週の「アジアクロスロード」の方では、フォン・シャオガン監督の長めのインタビューが放送され、映画に出てくるトマトの話をしていました。泣きそうになりました・・・。
中国語字幕で観た時は、あの最後の水に冷やしたトマトの意味まではわからなかったので。
「唐山大地震」、実はディザスター映画ではなくて、家族の再生のお話なのですよね。
(「テレビで中国語」ではトマトの話は出てきません)

そうそう、新年度の「テレビで中国語」の日本人出演者は、藤原紀香さんだそうです。(だから彼女、最近中華の話題で出ていたのかー)
ということはネイテイブの出演者は男性かな?誰だろう?

category: 香港映画

tb: 0   cm: 2

△top

沖縄国際映画祭で「李小龍」上映 

 

本日、沖縄国際映画祭のラインナップが発表になりました!
沖縄国際映画祭
2011年3月18日(金)~27日(日)
公式サイトhttp://www.oimf.jp/jp/

気になる上映作品は、
<長編プログラム Laugh編>
「A Crazy Little Thing Called Love」 ※インターナショナルプレミア
監督 プッティーポン・プロムサカ・ナ・サコンナコーン、ワシン・ポクポン
製作国 タイ
製作(公開)年 2010年
キャスト マリオ・マウラー ピムチャノック・ルーウィセートパイブーン スダーラット・ブッタポーム ほか

「Night Market Hero」 ※インターナショナルプレミア 
監督 イェ・ティエンルン  
製作国 台湾
製作(公開)年 2010年
キャスト ラン・ジェンロン アリス・クー ジューグー・リャン ロータス・ワン

<長編プログラム Peace編>
「唐山大地震」
監督 フォン・シャオガン
製作国 中国
製作(公開)年 2010年
キャスト シュイ・ファン, チャン・チンチューチャン・ツィフォン, リー・チェン
チャン・ジアージュン, チェン・ダオミン ほか

「Bruce Lee, My Brother/李小龍」 ※ジャパンプレミア
監督 イップ・ワイマン
マンフレッド・ウォン
製作国 中国=香港
キャスト レオン・カーフェイ アーリフ・ラーマン クリスティ・チュン ジェニファー・ツェー 
エムシー・ジン ハンジン・タン ゴン・ミー ミシェル・イェ チャン・イーシャン 
ウィルフレッド・ラウ

なんと「李小龍」が上映されます~!観たい~!
「歳月神偸」で、主人公である小学生の兄を演じたアーリフ君が、この映画でブルース・リーを演じています。
日本公開あるでしょうか?是非「歳月神偸」とセットで公開お願いします!

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

今年も大使様 

 

トニーさん、今年も香港娯楽大使に任命されております。某所で見つけた(ありがとうございます♪)、香港エンタティーメントEXPO記者会見でのトニーさんのビデオメッセージです。



何と言ってるのかわかりませんが(笑)、貼っておきます♪桃の花?が春らしいですね。

このダウンベストは年末に映画会社の女性とお買い物していたときに着ていたものですね。1月1日にカリーナとのツーショットでも着ていましたね。

category: トニー・レオン

tb: 0   cm: 2

△top

関谷元子のPOPなASIAの過ごし方 

 

関谷元子のPOPなASIAの過ごし方
「オーガニックごはんを食べながら、アジアの話を聞きませんか?」
第6回<歌神ジャッキー・チョンのコンサート・ルポと中国最新情報>

★日時:2011年3月5日(土) 17時より
★料金:3000円(オーガニック・バイキング料理付)
★会場:美味一服 めぐり

申し込み先など、詳しくはこちらをご覧ください。
http://cafeasia.tea-nifty.com/web_popasia/


<その他の情報>
・初夏公開予定パン・ホーチョン監督「ドリーム・ホーム」
 公式サイト、まだTOPだけですができてました。絵だけど、怖い・・・。
 http://www.dreamhome-movie.com/

・渡辺謙主演 米中合作映画「シャンハイ」8月20日(土)公開決定!
 出演 渡辺謙、ジョン・キューザック、コン・リー、チョウ・ユンファ、菊池凜子ら
 日本はスルーなのか??と思っていたら、公開決定とのこと、嬉しいです♪
 NEWSはこちら。
 http://www.cinematopics.com/cinema/news/output.php?news_seq=11677

・「大成龍祭2011」
 東京では、TOHOシネマズ 六本木ヒルズ 4月10日(日)~11月6日(日)開催です。
 毎週日曜日の夜 入場料金 当日1,000円のみです。
 詳しくはこちら。
 http://www.twin2.co.jp/dvd/jackie/index.html

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 2

△top

20の国と地域で 

 

ベルリン映画祭では「一代宗師」の10分間の予告編が上映されたそうです。

「一代宗師」ポスター

ベルリン映画祭の短い期間に、「一代宗師」はアジア、オランダ、ベルギー、ルクセンブルク、フランス、スペインのなど20の国家と地区に上映権を売り出しました。
市場は「一刻値千金」、「一代宗師」全世界デイストリビューターであるフランスの著名な国際映画銷售会社は重要級の買い手会社を招待してこの10分の予告編を見せるだけです。
それ以外の買い手会社は別に約束して始めて予告編を見ることができます。

現在「一代宗師」は、今なお広東で最終段階の撮影を行っており、映画は年内に公開されるとのことです。


http://yule.sohu.com/20110218/n279401117.shtml

上映権を買った国に日本は含まれてないみたいですね。上映権高そうだし、日本はまだ様子見かな。
もう上映権も売り出したし、ウォン・カーウァイ待ったなし!早く完成して欲しいです。


私事ですが、今週の水曜の夜から熱でダウン。今日は仕事を休んでしまいました。ここのところの雪など、寒さで気管支が炎症を起こし、そのせいで頭痛、発熱してしまいました。
元々気管支が弱いので・・・。
病院で薬をもらってきたので、なんとか回復しつつありますが、夜中に薬が切れてきたときの痛みが辛くて眠れないのと、喉の痛みで食べ物が喉を通りづらいです(泣)。
寝てろよー、と言われそうなのでこの辺で退散します。

category: 中華NEWS

tb: 0   cm: 2

△top

Happy Valentine's Day!@雪原 

 

昨夜、カリーナは自分の微博に一枚の写真をUPしました。

トニー&カリーナ

トニーさんとカリーナ、二人仲良くスノーボードをしている模様。
場所はどこでしょう?日本だったらいいな。旧正月前まで撮影で忙しかっただろうトニーさん、リフレッシュできて良かったですね。

相変わらずラブラブで妬けますね(笑)。

http://orientaldaily.on.cc/cnt/entertainment/20110214/00282_020.html

category: トニー・レオン

tb: 0   cm: 0

△top

「アンダードッグ/硬漢」DVD発売 

 

今夜TBS午後10:00~「EXILE魂」を観ていたらAKIRAが香港に行ってカンフー修行をしていました。
練習の後、何故か香港スィーツを食べに行っていて、美味しそう(笑)でした。来週、続きがあるそうなので興味のある方はどうぞ。

ところでまたネットをうろうろしていたら、「硬漢」のDVDが発売になるというのを発見しました。

「アンダードッグ/硬漢」(2008 香港・中国)2011年4月22日(金)DVDリリース
「アンダードッグ/硬漢」DVD
監督・脚本: ディン・シェン
脚本: リウ・タオ
出演: リウ・イエ
    アンソニー・ウォン / ユウ・ヨン
    スン・ホンレイ / ユー・ロングァン / リウ・ヤン

http://www.onlyhearts.co.jp/source/movies/theunderdogknight.html

リウ・イエのぶっとんだ演技を動画で観たことがあって、これは絶対日本公開されないなーと思っていたのですが、DVD発売があるようです。アンソニさん、スン・ホンレイが出てるので観てみたいのではありますが。
「レッドクリフ」の劉備(ユウ・ヨン)も出てますね。
はっ!!DVD一番右のお顔、ユー・ロングァンはジャッキー・チェンの「ベスト・キッド」に出演していた「悪いカンフー師匠」(笑)ではないですか。


あとは邦画ですが、気になる映画は「ラビット・ホラー3D(仮題)」(2011年公開予定)です。
「ラビット・ホラー3D(仮題)」清水崇監督
「ラビット・ホラー3D(仮題)」

出演は、満島ひかり、香川照之、大森南朋、緒川たまきという、そうそうたるメンバー。
何より撮影監督がクリストファー・ドイルということが一番気になります。ホラーなので自分が観られるかどうかが一番の問題ですが・・・。

http://www.cinemacafe.net/movies/cgi/23245/

もう一つ気になる邦画が6月11日公開予定の「奇跡」。是枝監督の作品です。
「奇跡」公式サイト
http://kiseki.gaga.ne.jp/

「子どもの映画を撮ってる」と監督が言ってたのはこれのことだったのですね。九州新幹線がテーマということと、前田兄弟が出ているということで予告編を観てるだけでも、ハート・ウォーミングな作品になってそうです。


category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 5

△top

「ジョニー・トーとゆかいな仲間たち -ゼロ年代香港映画傑作選-」 

 

「ジョニー・トーとゆかいな仲間たち -ゼロ年代香港映画傑作選-」@シネマヴェーラ渋谷

上映作品が判明しましたので、取り急ぎご紹介します♪
3/12(土)「PTU」「新宿インシデント」
3/13(日)「ワンナイト・イン・モンコック」「フルタイム・キラー」
3/14(月)「早熟~青い蕾~」「僕は君のために蝶になる」
3/15(火)「僕は君のために蝶になる」「PTU」
3/16(水)「ワンナイト・イン・モンコック」「早熟~青い蕾~」
3/17(木)「フルタイム・キラー」「新宿インシデント」
3/18(金)「ワンナイト・イン・モンコック」「PTU」

3/19(土)「柔道龍虎房」「エレクション」
3/20(日)「香港国際警察 NEW POLICE STORY」「天使の眼、野獣の街」
3/21(月)「私の胸の思い出」「冷たい雨に撃て、約束の銃弾を」
3/22(火)「冷たい雨に撃て、約束の銃弾を」「柔道龍虎房」
3/23(水)「私の胸の思い出」「天使の眼、野獣の街」
3/24(木)「香港国際警察 NEW POLICE STORY」「エレクション」
3/25(金)「天使の眼、野獣の街」「柔道龍虎房」

3/26(土)「エグザイル/絆」「ディバージェンス -運命の交差点-」
3/27(日)「ブレイキング・ニュース」「インビジブル・ターゲット」
3/28(月)「忘れえぬ想い」「イエスタデイ・ワンスモア」
3/29(火)「イエスタデイ・ワンスモア」「ブレイキング・ニュース」
3/30(水)「エグザイル/絆」「忘れえぬ想い」
3/31(木)「インビジブル・ターゲット」「ディバージェンス -運命の交差点-」
4/01(金)「エグザイル/絆」「ブレイキング・ニュース」


大好きな「柔道龍虎房」が入ってるのが嬉しいです!

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

「イップ・マン 序章」公開決定 

 

本日、新宿武蔵野館のサイトに「イップ・マン 序章」公開のお知らせがついに出ました。
昨夜段階で「あと90人」となっていたので、本日5,000人突破したようです。

  ―― 『イップ・マン―序章―』ご鑑賞にあたってのご案内 ――

   ● 5,000人達成御礼 特別割引実施!
      「イップ・マン」関連のものを窓口に提示していただいた方には、
      一般 1,800円 ⇒ 1,500円 / 大・高生 1,500円 ⇒ 1,200円
                   当日料金より300円引きでご鑑賞いただけます。
                     (サービスデー、他の割引との併用不可)
      前売券(整理券)の半券、パンフレット、掲載雑誌、新聞広告 …など、
                                       なんでもOK!

   ● 前売券に関して      
       『序章』の前売券の販売はありません。
       お手持ちの「葉問」の前売券ではご鑑賞になれませんので、ご注意ください。
       当日料金のみの上映となりますので、上記割引をご利用ください。

   ● 上映期間に関して
       3月中旬までの上映予定です。
       2月19日(土)~2月25日(金)の1週間はスクリーン〔1〕で
                      終日上映(レイトショー含む)いたします。
       2月26日(土)以降はスクリーン〔2〕での上映となり、
            上映回数も少なくなりますので、予めご了承下さい。
       週ごとのタイムテーブルは〔上映時間〕のページでご確認ください。

        ※ 『葉問』も引き続き上映はいたしますが(3月上旬まで予定)、
               2月19日(土)以降は、1日1回~2回の上映となります。

(新宿武蔵野館公式サイト お知らせより)
http://shinjuku.musashino-k.jp/

ついに!「序章」公開です。序章、観てないので予告編からの推測ですが、「葉問」の「悪役=イギリス人」が、「序章」では「悪役=日本人」となってると思われますので、日本人としては「葉問」ほどは盛り上がれない(笑)かもしれませんが、映画は映画、と割り切り楽しんで来たいと思います。


昨日は、降りしきる雪の中、渋谷でデートをしてきました。私の京都の心の妹が、とあるミッションで上京していたので、
Bunkamuraにて「モネとジヴェルニーの画家たち」を鑑賞、
「モネとジヴェルニーの画家たち」

(モネの作品は案の定少なかったのですが、別の作家が描いた積みわらの連作が面白かったです。後年の、筆でなぐり描きをしたような水蓮の作品ーしかし一つの境地に達したような作品ーは、モネは目を患っていたためのものなのですが、絵の説明にそのことが書かれていなかったのは故意なのかどうなのか不明でした)

「ワダエミ衣装空間展」を鑑賞、
NHKスタジオパークを見学、
してきました。

「ワダエミ衣装空間展」では、今回は、スタッフの方がいろいろと衣装について説明してくれました。
(前回来た時は、スタッフの方からは何も説明がなかったのでラッキー♪♪でした)
「LOVERS」の竹で編んだ笠ですが、あの不規則的模様の編み方はワダエミさんが考案され、現地のスタッフに教えて編ませたものなのだそうです。

NHKスタジオパークには「織田信長を演じたトヨエツのポスターがあったらいいな」くらいの気軽に立ち寄ったのですが、な、なんとスタジオで丁度大河ドラマの「江」の収録中でした。

もちろん収録場面は直接は見られないのですが、一部セットがガラス越しに見られる場所に、着物の女性が立ち歩いているな、と思ったら、モニター越しに、緊張した上野樹里ちゃんの顔が・・・。傍にはリラックスした感じの水川あさみの姿が。樹里ちゃんの髪型は、今の赤いリボン姿と違って、ちょっと大人っぽくなった髪型でした。
最初は収録の合間の時間のようで、スタッフが入れ替わり立ち代り周りを動いているところを、樹里ちゃんは一人緊張の度合いが高まっている様子でした。
そのうちに収録が始まったらしく(モニターは映像だけで音声は聞こえない)侍女の方が何やら紫色のふくさに包まれた木像(仏像?)のような物を樹里ちゃんの前に置き、彼女がそれを見て何か台詞を言っているシーンを撮影していました。
その後、またスタッフが入り、樹里ちゃんや水川あさみのお化粧直しをしたりしていました。

偶然見られた収録シーンに思わずしばらく見とれていました。モニター前では、数人のお客さんが見入ってました。以前スタジオパークに来たときは「新撰組」のときでしたが、セットはガラス越しに垣間見れたものの、そのときは誰もいませんでした。

こちらには「江」のキャストのサインが展示されていました。
「江」サイン
織田信長を演じたトヨエツのサイン(トヨエツのサインってこんななんだ・・・)
トヨエツサイン

どうせなら「本能寺の変」の収録場面が見たかった(笑)なんて、そんな上手くいく訳もないですね。織田信長が亡くなって大河ドラマ一気に観るテンションが下がってしまった私ですが、一応今日観た収録シーンがTVに出てくるまでは観ようかな(笑)。

※尚、NHKスタジオパークは改修工事のため、平成23年4月1日(金)から9月30日(金)(予定)まで全館休館になりますのでご注意を。
http://www.nhk.or.jp/studiopark/kengaku/kengaku.htm

後は喫茶店で映画話や漫画話をおしゃべりして、「以前京都で会った時も、雪が降ってたね」なんて話をしながら、夕方から用事があるという京都の妹と、渋谷駅で別れました。
(私信:今回、関東の皆さんにお知らせせずにすみません。今回は時間が短いので二人でゆっくり話しをしましょうということで・・・またの上京の際には、皆様にもお会いしたい、とのことでした。)
次回はクリスマスの香港で再会したい・・・と半分マジな願望です。


<今日のその他の情報>
・2月16日(水)NHKBS1 午後5:00~5:49 「アジアクロスロード」
 特集 中国映画『唐山大地震』フォン・シャオガン監督に聞く

・フェイ・ウォンコンサート鑑賞ツアーin香港
 2011年3月5日(土)~3月7日(月) 2泊3日
 詳しくはこちら。
 http://entame.knt.co.jp/feyewong/
 (フェイ・ウォンと上野樹里ちゃんは似ている・・・と思うのは私だけ?)

・3月7日よりGyaoでジョニートー監督の「PTU」無料配信
 http://gyao.yahoo.co.jp/p/00773/v08323/
 (レインボーママさん、情報ありがとうございます)

・シネマヴェーラ渋谷にて、3月12日(土)~4月1日(金)まで
《ジョニー・トーとゆかいな仲間たち ~ゼロ年代香港映画傑作選~》が上映されます♪
 劇場公式サイトにはまだ告知が出てないので、出ましたらまたお知らせします。
 シネヴェーラ渋谷公式サイト
 http://www.cinemavera.com/

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 2

△top

「一代宗師」ポスター@ベルリン 

 

明日からベルリン国際映画祭が開幕。

「一代宗師」ポスター@ベルリン

「一代宗師」は依然として撮影が完了していないのですが、既に世界のマーケットで注目をされていて、明日開幕するベルリン映画祭でも重視されています。
このような巨大ポスターが貼られていて、人々の目を引きます。

(雪が積もっていて、ベルリンも寒そうです・・・。トニーさん&ツィイーはベルリンには行かないのかな?)


http://news.on.cc/ent/index.html?file=ncbrke00_20110209202606#


2月10日(木)朝 画像追加♪
トニーさん@「一代宗師」
ツィイー@「一代宗師」

http://orientaldaily.on.cc/cnt/entertainment/20110210/00282_022.html

http://the-sun.on.cc/cnt/entertainment/20110210/00470_035.html

category: 中華NEWS

tb: 0   cm: 0

△top

「イップ・マン 序章」2/19公開! 

 

FREEMANさんのブログによりますと、「イップ・マン 序章」2月19日(土)公開とのことです!
 (「MAD探偵」公開と同じ日やん!)

新宿武蔵野館では5,000人まで あと 559人(2/8更新)となってます。この調子だと今度の週末を待たずに5,000人達成しそうです。

http://shinjuku.musashino-k.jp/

当初は「思い切ったこと(5,000人超えればという企画)やるなあ」と思っていたのですが、4週間上映すればぎりぎり達成できそうな数ではあるな、と思いました。でも3週間ほどで達成予定というスピードの早さ。
面白い映画なので映画館の方では、お客さんに関心を持って観てもらえさえすれば、何度でも観たくなるし、序章も観たいと思ってくれるだろうという自信があったのだろうなと思います。

先日観終わった男性のお客さんが「新しい娯楽映画だ!」と言っていて、香港映画をふだん観てない人にはそう映るんだ、と思いました。そういえば私も「インファナル・アフェア」を初めて観たときは世の中にこんな凄い映画があったんだ!と感激したのを思い出しました。

これをきっかけに香港映画がもっともっと公開されればいいなと思います。


<その他の情報>
・明日発売の月刊「聴く中国語」3月号
 「聴く中国語」3月号

映画で学ぶ中国語のコーナーは「再会の食卓」です。「台北カフェストーリー」のシャオ・ヤーチュアン監督 のインタビューも載っています。

 「聴く中国語」最新号目次
 http://www.long-net.com/chinese_listen/

・「MAD探偵 7人の容疑者」
 K’s cinemaにて松江哲明(映画監督)×宇田川幸洋(映画評論家)トークイベント決定!!
 初日2/19(土)の12:45の回上映終了後、
 ジョニー・トーファンを公言しているお二人に、「MAD探偵」について、
 「ジョニー・トー」について語りつくして頂きます!!
 「MAD探偵 7人の容疑者」公式サイト 最新情報より
 http://mad-tantei.com/

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

「ワダエミ衣装空間展」行ってきました 

 

2月5日(土)の午後、渋谷の「ワンズ・キッチン」 http://www.wangs-k.com/tenpo.html で青菜入りワンタン麺を食べ(右端にあるのは上海焼き小籠包)

ワンズ・キッチン

その後「ワダエミ衣装空間展」 http://wadaemi-p.blogspot.com/ に行ってきました。途中、ちょっと道に迷ってしまいましたが、渋谷駅からの坂を上がって渋谷公会堂前(CCレモンホール)を右に折れる大通りを初めから行けば良かったのでした。(向かいにAXがあります)

ワダエミ衣装空間展

会場はそんなに広くはなかったですが、映画の雰囲気が出るようなレイアウトをして衣装を展示してあったのでゆっくり鑑賞できました。
「HERO」の衣装は、入ったすぐの場所に設置されてあったので、ここだけは何も背景になかったのでちょっと残念でした。
「LOVERS」「中天」は以前も観た衣装でしたが、「LOVERS」の小妹(チャン・ツィイー)の囚人服、あれもシルクだったのですね。生地の見た目では、とてもシルクには見えないような粗いゴツゴツした織り(あくまでも見た目です、作品に触ることはできないので)なので驚きました。

今回「狼災記」の衣装は、初めて見るものでしたが、素材はフェルトや皮などを使用しているにもかかわらず、いろんな色合いが混じって生地もボロボロな風合いなのは、ワダエミさんの生地の染めから開始して、様々な加工を試行錯誤で加えたたまものだと思いました。
田壮壮監督の「呉清源 極みの棋譜」でもワダエミさんが衣装デザインをされていますから、その流れで同監督の「狼災記」の衣装デザインも担当されることになったのでしょう。

「狼災記」は、主演はマギーQ、オダギリジョーなのにも拘らず日本ではまだ公開されていません。
たぶんリーマンショックなどで経済が冷え込んで以降、中国映画があまり日本公開されていないので、そのあおりを食ってるのかもしれません。

今から考えればあの地味な作品「呉清源 極みの棋譜」がよく日本で公開されたなあと思います。ある意味この時はまだ、日本経済にこういう映画を受け入れる余裕があったのですね。
日本人も沢山出てる映画ではありますが、映画の中身がよくても、そのときそのときの経済状況に左右されて・・・というのは大きいです。


話は変わりますが、先日のトニーさん&カリーナ&お坊さんの写真は、やはり年越しのときに撮ったもののようです。
こちら↓の中華NEWSで、カリーナが年越しをトニーと共に過ごした、と語っています。
http://orientaldaily.on.cc/cnt/entertainment/20110205/00282_006.html

カリーナ曰く「一代宗師」の撮影はまだ終わってないとも・・・(がーーん、どうするんだ、ウォン・カーウァイ監督。今年はトニーさんは新作のスケジュールが一杯入ってて、追加撮影はできないのでは。むしろもう追加撮影させないように、会社が今年トニーさんに一杯仕事を入れたのではと穿った見方をしてしまうのですが)
ちなみにカリーナは「バレンタインデーもトニーと過ごしたい」と語っています。(あっ、バレンタインカード書いてないや・・・)

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 2

△top

「シネマで学ぶ 恋の成就レシピ 」 

 

アマゾンのサイトでたまたま見つけました。
「シネマで学ぶ 恋の成就レシピ 」南風食堂(著) 1,365円

「シネマで学ぶ 恋の成就レシピ 」

「花様年華」の「黒胡麻汁粉」が載ってるようです♪
他には「マイ・ブルーベリー・ナイツ」の「ポークチョップwithマッシュポテト」もあります。

シネマ関係でもう一冊気になるのは、「AERA」に連載されていた「シネマ食堂」が一冊の本にまとまったもの。
「シネマ食堂」飯島奈美(著)1,365円

「シネマ食堂」

本屋さんで見かけたら手にとってみることにします♪(←手にとってみるだけかい!)


<その他の情報>
・「イップ・マン 序章」公開まで あと1,275人 (2/4更新)
 5,000人動員と聞いたときは、凄く遠い道のりだと思ったのですが、あと少しです♪
 最近の新宿武蔵野館のロビーは、ドニーさんのカンフーに魅了されたおじさん達で一杯になっております(笑)。
 
 http://shinjuku.musashino-k.jp/

・「カンフー・サイボーグ」@シアターN渋谷 プレゼントのお知らせ
 3連休突入記念!4日連続プレゼント決定!

 1、2/10(木)先着50名様に
 第3回したまちコメディ映画際限定で配布された幻のチラシをプレゼント!

 2、2/11(金)・12(土)・13(日)各日先着30名様に
 香港版予告編カットフィルムしおりをプレゼント!

 シアターN渋谷 公式サイトより
 http://www.theater-n.com/movie_kc.html
 (グレちゃん、情報ありがとう♪)

・「大成龍祭2011」開催決定!
 東京・名古屋・大阪
 日本劇場未公開だった映画も、日本劇場公開版とは違うヴァージョンの映画も、NG集が日本劇場公開版とは違うヴァージョンの映画など、おなじみだけどちょっと違うジャッキー映画を一気に見せます!
 上映作品一覧など詳しくはこちら↓
 http://www.twin2.co.jp/dvd/jackie/index.html
 (今のところ劇場情報は大阪のみ載っています)

・『Asia Music Summit vol.2』feat. Dance masters 4月24日に開催@NHKホール
  出演は呉建豪(ヴァネス・ウー)、羅志祥(ショウ・ルオ)、潘瑋柏(ウィルバー・パン)、大嘴巴(DA Mouth)、dance flow。
 『Asia Music Summit vol.2』公式サイト
 http://avexlive.jp/asia/

category: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

△top

新年快楽! 

 

昨夜、カリーナは自分の微博に一枚の写真をUPしました。

トニーさん、カリーナ、チベット仏教の高僧

写真はチベット仏教の高僧とトニーさんと一緒のものです。昨夜の写真かしら。
「齋宴(我們是幸福的)!」私たちは幸せです!とのこと。
トニーさんは今、香港に戻ってカリーナと新年のお休みを過ごしてるのでしょうか。


http://the-sun.on.cc/cnt/entertainment/20110203/00470_032.html

ところでFC2から「旧ユーザーの方へ」とお知らせが管理画面に来ていました。旧ブログユーザーはFC2IDに統合するので、移行手続きをしてください、とのこと。旧ユーザーとは「2005年12月以前にブログを登録した方」とのこと。私やん!あとで手続きしないと・・・。

category: トニー・レオン

tb: 0   cm: 0

△top

「ワダエミ衣装空間展」 

 

レインボーママさんBBSよりの情報です。ありがとうございます♪
「ワダエミ衣装空間展」
(写真はクリックで大きくなります)
ワダエミ衣装空間展1 ワダエミ衣装空間展2
出典作品
「HERO」「LOVERS」「中天」「狼災記」(日本未公開)

2011年2月2日(水)~2月19日(土)
※最終日のみ15時まで

会場:桑沢ビルP1ホール(渋谷区神南1-4-17)
追記:会場までのアクセスはこちら。
http://www.kds.ac.jp/smenu/access.html

開館時間:10時~19時(土・日・祝日は17時まで、入館は閉館30分前まで)

入館料:無料

ワダエミプロジェクト ブログより
http://wadaemi-p.blogspot.com/

※前回、2005年のワダエミ衣装展に行ってきたときの拙ブログの記事はこちら。
「青龍練り歩きとワダエミ衣装展」 2005/11/26
http://guunonichijyou.blog22.fc2.com/blog-entry-51.html
「ワダエミ衣装展追記」 2005/11/27
http://guunonichijyou.blog22.fc2.com/blog-entry-52.html

(この文脈でナンですが、和田勉さんのご冥福をお祈りします・・・ワダエミさん、無理をなさいませんよう、お体に気をつけてください)


<その他の情報>
・「大阪アジアン映画祭」の上映スケジュールが発表になってます!
 詳しくは公式サイトをご覧ください。
 http://www.oaff.jp/index.html

・2月19日(土)BS-TBS 深3:00~5:00 「夜の上海」

・Gyaoで 「トニー・レオンのミッドナイト・エクスプレス」が 2月28日まで無料配信されています。
http://gyao.yahoo.co.jp/p/00773/v08322/

・来月、ムービープラスで「新宿インシデント」の放送があります。
http://www.movieplus.jp/timetable/pdf/1103_guide.pdf

レインボーママさん、いつも情報ありがとうございます!

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

「ジャライノール」観ました 

 

本日、ファーストディで尚且つ仕事が休みの日というラッキーな日だったので、まずポレポレ東中野にて「ジャライノール」観てきました。
「ジャライノール」ポスター

東中野って中央線中野駅から総武線に乗り換えないといけないという不便さで、新宿の近くの割りには、一度も行ったことがなかったのでした。

「ジャライノール」、想像したとおり何も起こらない系(笑)の映画で、鉄道映画というだけでもかなり惹かれたのですが、映像の美しさに、ビックリしました。ワンシーン、ワンシーンがアンドリュー・ワイエスの絵画のように(テンペラ画じゃなくて水彩画の方)美しくて目が離せませんでした。

蒸気機関車のススで指先まで真っ黒になった人物、コンクリートむき出しの宿舎、線路を黙々と敷き詰める人々、凍りついた大地に生き物のようにもうもうと蒸気をあげて走る列車。光源をぎりぎりまで抑えた中に垣間見える驚くほどの色合いの美しさ。

何気ない人々の営みが、こんなに美しい情景になるのだろうかと感嘆しました。途中、やはりちょっと気を失いましたが(笑)、赤の他人ながらずっと一緒に機関車を動かしてきた定年間近の中年男性と、若い青年が血のつながった肉親よりも近しい存在となっており、そしてそれを失う時になって初めて知る時間のきらめきは、誰しも胸せつなくなる場面でありました。

主人公たちが、機関車の中にこっそり持ち込んだビールを、お手製の鳥の足(!)とピーナッツ(だったかな)をつまみに食べているところ(もちろん勤務中且つ運転中)には、ちょっと生唾がこぼれそうなるところでした。こういうシーンはいかにも大陸的ですね。


そしてその後、新宿まで移動して「イップ・マン 葉問」の二回目を鑑賞してきました。

「イップ・マン 葉問」応援ボード

5,000人達成まで、昨日の時点で あと 2,215人 でした。
1月25日に載せた写真に比べると、ポスターのドニーさんのお顔は、もう応援メモで見えなくなってます。
(5,000人というのはやはり、武蔵野館だけのカウントのようです)

今日はファーストディということもあり、私の観た回はほぼ満席でした!男性がほとんどでしたが、女性客も以前より増えてました。
この調子なら、明日はイッキに残り1千数百人台に突入していると思われます。

ついでに「唐山大地震」(なまずキューピー付き)の前売り券と「MAD探偵」の前売り券も買ってきました♪
前売り券


<今日の情報>
今日のビッグな情報は、もにかるさんとFREEMANさんのブログから。
【香港電影天堂 SPECIAL】開催 
シネマート六本木 GW 
シネマート心斎橋 第1弾5月、第2弾6月
<上映作品>
「男たちの挽歌」(86) 
「男たちの挽歌Ⅱ」(87) 
「アゲイン/明日への誓い」(89) 
「狼/男たちの挽歌・最終章」(89) 
「友よ風の彼方に」(86) 
「風の輝く朝に」(84)
「過ぎゆく時の中で」(89) 
「誰かがあなたを愛してる」(87) 
「狼たちの絆」(91) 
「ワイルド・ブリット」(90) 
「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ/天地黎明」(91) 
「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ/天地大乱」(92) 
「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ/天地争覇」(93) 
「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」(87) 
「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー2」(90) 
「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー3」(91)
「片腕ドラゴン」(72) 

※上映作品は変更・追加になる可能性あり。

当日料金:一般・学生 1300円
     シニア 1000円
 ※特別興行のためサービスデーなどの割引なし
 ※前売券発売予定あり
 ※全作品デジタル上映(HD‐CAM・Blu‐ray・DVD)

トニーさん主演の「チャイゴ3」、「ワイルド・ブリット」が上映されます♪
「新・男たちの挽歌」も入れて欲しかったなあ~。

詳しくはこちらの公式サイトをご覧ください。
http://www.cinemart.co.jp/theater/hongkongmovie/

category: 映画

tb: 0   cm: 0

△top