ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

奇蹟のブルース・リー展 

 

本日の朝日夕刊記事より。
奇蹟のブルース・リー展
「奇蹟のブルース・リー展」
4月1日(木)~10日(土)午前11:00~午後9:00(6日は午後5時まで)
東京都港区六本木6丁目のテレビ朝日1階、多目的スペース「umu」にて

香港カンフー映画の伝説的スターの生誕70周年を記念して開催。
家族と過ごす写真や撮影の合間の様子など、初公開を含む約100点を公開する。愛用のヌンチャクほか遺品などと合わせ、計200点以上。
1000円、未就学児は無料。
シエロ プロデュース(03・5363・9879)


<その他の情報>
・4月11日(日)日本テレビ 午後7:00~8:54 「ザ!鉄腕!DASH!!春はあけぼの!2時間SP」ですが、ジャッキー・チェン、ジェシー・チェンの他にチェン・ボーリンも出演するそうです♪

・4月14日(水)日本テレビ 午後9:00~9:54 「ザ!世界仰天ニュース」10周年スペシャルinマカオ
 中居君がマカオ・タワーからバンジージャンプするらしい?

・いーたんさんの「伊伊語録」にも取上げられておりましたが、拙ブログでも遅ればせながら・・。
 「19 most beautiful men from Hong Kong cinema」

 トニーも「アジアのクラーク・ゲーブル」として入っておりますのでスルーすることはできません♪
 
 ルイス・クーの紹介映像が「恋するブラジャー大作戦(仮)」というのがなんとも(笑)。
 ドニーさんも入っていて良かった。
 個人的にはアンソニーさんも入れて欲しかったなあ。

 http://www.cnngo.com/hong-kong/play/hottest-men-classic-hong-kong-cinema-754404

・「集客力トップ女優」にマギー・チャン=根強い人気、6年出演作品なしでも快挙ー香港映画祭(レコード・チャイナ)
 男優部門としてはチョウ・ユンファ、トニー・レオン、ジャッキー・チェン、アンディ・ラウの4人が選ばれたとのこと。
 http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=40975&type=5

スポンサーサイト

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

4月の予定 

 

自分用覚書。

<映画上映>
4月3日(土)「狙った恋の落とし方。」上映@ワーナー・マイカル・シネマズ みなとみらい
http://nerakoi.com/
http://www.warnermycal.com/cinema/minatomirai/

4月10日(土)「狙った恋の落とし方。」@丸の内TOEI①
http://nerakoi.com/
http://theaters.toei.co.jp/theaters/marunouchi1/

4月17日(土)「スナイパー:」公開@シネマアンジェリカほか
http://www.interfilm.co.jp/sniper/ (音出ます)

4月17日(土)、18日(日)二日間 珠玉の台湾映画再映 アンコール上映@シネマート六本木
http://www.cinemart.co.jp/taiwan2008/

4月28日(水)~5月5日(水)「イメージフォーラム・フェスティバル2010」@パークタワーホール
http://www.imageforum.co.jp/festival/

<テレビ放送>
4月2日(金)BS朝日 午後9:00~10:00 「中国神秘紀行」四川大衆演劇に魅せられた人々の暮らし

4月6日(火)NHKBS2 午後9:00~10:34 「トランスポーター」

4月6日(火)NHKBS2 午後11:00~11:45「名探偵モンク7」スタート

4月9日(金)BS朝日 午後9:00~10:00 「中国神秘紀行」水郷蘇州 美人と食の秘密

4月11日(日)日本テレビ 午後7:00~8:54 「ザ!鉄腕!DASH!!春はあけぼの!2時間SP」
ジャッキー・チェン、ジェシー・チェン、チェン・ボーリンが水鉄砲体験に参戦!

4月14日(水)WOWOW 午後4:10~6:45 「レッドクリフ PartⅠ」

4月14日(水)日本テレビ 午後9:00~9:54 「ザ!世界仰天ニュース」10周年スペシャルinマカオ

4月15日(木)WOWOW 午後3:00~5:25 「レッドクリフ PartⅡ 未来への最終決戦」

4月15日(木)NHKBS2 深0:45~2:32 「サイン」

4月16日(金)BS朝日 午後9:00~10:00 「中国神秘紀行」世界遺産 天空の郷 シャングリラに暮す

4月23日(金)BS朝日 午後9:00~10:00 「中国神秘紀行」世界遺産 大足石刻 6万体の大石像群の謎

4月25日(日)NHK総合 午後9:00~9:50
 NHKスペシャル「疾走巨大都市 上海~20世紀を駆け抜けた街~」(仮題)

4月25日(日)NHK総合 深1:00~4:00 「世界ふれあい街歩きセレクション」
 クライストチャーチ・ウィーン~ドナウ川をゆく・台北・ブリュッセル

4月29日(木)TBS 深0:55~1:25「よゐこ部」台湾士林夜市

4月30日(金)BS朝日 午後9:00~10:00 「中国神秘紀行」悠江山岳民族の暮らし

4月30日(金)NHK総合 午後10:00~10:45「世界ふれあい街歩き」台湾・台南

4月30日(金)日本テレビ 午後11:00~11:30 「アナザースカイ」 上海万博前夜



※4月27日情報を更新しました。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

2010春香港・食べたもの 

 

今回の香港旅行で食べたもの。

中環の陸羽茶室で飲茶。
陸羽茶室
朝10時までに行けば、店員のおばちゃんが肩から点心の入ったケースを提げて席を回ってくるという、夜よりはリーズナブルな値段で飲茶ができるとのことで、朝9時半に滑り込み。
おばちゃんが蒸篭の蓋を開けて中を見せてくれるので「欲しい」「欲しくない」の意思表示をします。
点心を取ったら後ろからすぐ、お店のおじちゃんが醤油やらタレやらを差し出してくれました。

いろんな点心、中の具も美味しいけど皮の部分もメチャ美味しいです。思いっきり食べたら夫と二人で4,000円くらいかかってしまいました(汗)。朝食なのに(笑)。でもまた行きたいです。
最後にテーブルにチップを、とのことで相場がわからないのですが20ドル置いてきました。

許留山のお団子入りマンゴー。
マンゴー@許留山
スターフェリー乗り場すぐ近くの許留山。
お客さんがひっきりなしに来るので店員さんが気が立っていて(?)、注文したくて手を挙げても「等一下(ちょっと待って)」と言って後来なかったり(他の店員さんをまた呼びました)、会計の時も待たされたり。いくらなんでもお会計の時は飛んできた方がいいと思うのですが・・。でもマンゴーは美味しかったので良しとします。
(広東語でも「等一下」というのでしょうか。それとも私が中国人に見えたので中国語だったのでしょうか)

映画館・嘉禾港威すぐ隣の知床ナントカ(正確に店名覚えておらず)というレストランでの炒飯と凍檸檬茶。
知床ナントカの炒飯と凍檸檬茶
映画の前の食事などに便利なのでついつい寄ってしまいます。炒飯はかなりボリュームありました。

旺角の利苑酒家。
鶏のスープと豚肉と蓮根を炒めたもの・食後のデザートマンゴープリン。
利苑酒家1 利苑酒家2
夜7時頃行ったのですが満席とのことで8時半に予約して、それまで女人街を散策しました。
スープ、一口目は美味しかったのだけどココナッツミルク味なので、私的にはくどく感じてしまい何杯もは飲めませんでした。
マンゴープリンは美味しかったです。
綺麗な店内でミシュランガイドにも載ってるお店ですが、値段が高いのでもう行かないかな。

ホテルの近くの茶餐廰で朝食。料理の名前忘れた・・。
茶餐廰の朝食

前記事にも書いた昂坪市場の満記甜品のマンゴー入り豆花。
マンゴー入り豆花

佐敦站近くの南京街・廣東燒味餐廰で波羅包と凍檸檬茶。
波羅包と凍檸檬茶
コンビニで売ってるのではなく茶餐廰で食べた初めての波羅包。とっても美味しかったです!
これは間にバターをはさんでいるタイプです。もっと波羅包の美味しいお店も調べたらあるのでしょうが、私は大満足でした。
今度香港に行ったときはまた波羅包を食べなければ。

湾仔站近くの「大家楽」にて芙蓉煎蛋飯と凍檸檬茶。(凍檸檬茶ばっか飲んでるな・・)
芙蓉煎蛋飯
芙蓉煎蛋飯、中華風オムライスいう感じでしょうか。卵をといたものに野菜やハムの千切りを混ぜて焼いたものをご飯にのっけたものです。美味しかったです。ここもご飯はかなりボリュームがあり、ちょっと残してしまいました。

佐敦麺粥店で朝のお粥。肉団子入りお粥と油条。
肉団子入りお粥と油条
麺とお粥の美味しいお店。朝はお粥しかないのでお粥を食べましたが、日中寄る機会がなく、蝦雲呑麺を今回食べられなかったのが痛恨の極み。(お粥ももちろん美味しいのですが・・)

重慶マンション近くの客家好棧にて飲茶。
飲茶@客家好棧1 飲茶@客家好棧2
丁度同じ時期に香港旅行していた友人たちと待ち合わせして飲茶。リーズナブルな値段に気をよくして沢山食べてしまいました。気軽に美味しいものを食べるのにはぴったりのお店です。

佐敦站近くの南京街・廣東燒味餐廰で廣東ダック飯。
廣東ダック飯
写真はありませんが、廣東ダック飯二人前にスープ一杯、油菜一皿を頼んでお腹一杯になり合計80ドルくらい。恐るべし茶餐廰!
廣東ダック、香ばしく焼いたのと蒸したの(蒸したのは色が白い)があり、雙併飯というメニューがあったのでたぶん焼いたのと蒸したのを両方ご飯にのっけたものではないかと思いました。実際にそういうのを食べてるおじさんがいたので。あと、ダックと豚肉をご飯にのせてる人もいて、「あれもいいなぁ」と密かに思いました。

やっぱ気取ったお店よりも、こういう「労働者の飯」が舌に合うのです。


「2010春香港・街角の明星」(ポスターや看板など)に続きます。

category: 香港旅行

tb: 0   cm: 3

△top

2010春香港・ボーリン寺の大仏 

 

今回の香港旅行ではトニー大使の写真を撮る、の他に「まだ見てない寶蓮寺(ボーリン寺)の大仏を見に行く」が目的としてありました。
寶蓮寺といえば、皆さんご存知のとおり、「インファナル・アフェア 終極無間」で登場した大仏があるところです。

行き方としてはまず地下鉄MTR荃灣線にて茘景站まで行き、そこで東涌線に乗り換え、終点の東涌站まで行きます。
東涌站から寶蓮寺までは 
1. タクシー(約20分)
2.バス・バス乗り場23番より昂坪(終点)まで(約45分)
3.ケーブルカー昂坪360(約20分)

と、三通りの行き方があるようです。香港ではバスに乗ってみたい!と思っていたので迷わずバス乗り場へ。
ケーブルカー昂坪360は以前メンテナンスの際にケーブルカーごと下に落ちた(乗っている人はいなかった)とか、運転中止まって中の人が宙吊り状態で閉じ込められた等聞いていたので問題外。

東涌站前。意外に大きな駅です。
東涌站前
バス乗り場はどこだろう?と思ったのですが駅すぐ傍のショッピングセンターの中に近辺の地図があり、お店の店員さんも方角を教えてくれました。
東涌站街道MAP
バス乗り場の傍にはケーブルカー昂坪360の乗り場もありました。
ケーブルカー昂坪360の乗り場
23番のバス乗り場。
バス乗り場
バスの運賃は平日だと17ドル20セント、日曜日や祝日は27ドルとのこと、ガーン。今日は日曜日だったのです。昨日来ていてば17ドル20セントだったのに。日本だと曜日によって乗り物の運賃が違うということはないので、ちょっとしたカルチャーショックでした。ちなみに運賃の支払いはオクトパスカードが使えます。
昂坪行きのバスを待ってる人々はいかにもな観光客が多かったのですが、一つ前のバス乗り場はお線香や供物をパンパンに入れたビニール袋を提げた本気のお参り客が沢山並んでおり、どこかのお寺行きのバスらしいのですが、一体どこのお寺行きなのか、ちょっとそっちのバスも乗ってみたい気がしました。

バスに45分くらい揺られて昂坪到着。大仏が見えています。
大仏1
大仏の下の広場は門やら何やら工事中で、綺麗とは言いがたい感じでした。

予想していたよりも石段は多くないと思ったのですが、運動不足のせいか息が上がり、太ももの内側がプルプルしてしまいました。
大仏2
大仏の足元。
大仏周辺2 大仏周辺1
大仏周辺3 大仏3

大仏の見学自体は無料なのですが、「中の展示物を見られる」と言われ、確か20ドルだったと思うのですがチケットを買いました。(大仏の中は撮影禁止です)
展示物は一回見たら別にいいかな、というものでした。見終わった後、ミネラルウォーターのペットボトルの一本とアイスクリーム一個をもらえます。(20ドルはほぼその代金という気がします)暑かったのでアイスクリームが嬉しかったです。(周りは太陽光線を遮るものがないので帽子は必須アイテムです)

昂坪には昂坪市場という中国の昔の街並みを再現したようなお土産物屋さんが並んでいます。
昂坪市場1 昂坪市場2
香港なのに何故中国風お土産物街?と思います。大陸からの集客を狙っているのかもしれませんが、中国本土にはこういう昔風(明の時代風とか)のお土産物街は一杯あるので今更、という気がします。

昂坪市場に満記甜品があったので、マンゴー入り豆花を頂きました。
マンゴー入り豆花

大仏にお参りして気が大きくなった私は、帰りは「昂坪360に乗ろう♪」と何故か思ってしまいました。
昂坪360乗り場

           
-- 続きを読む --

category: 香港旅行

tb: 0   cm: 4

△top

美と芸術の上海アニメーション@K'sシネマ 

 

引き続き、映画の情報です。
5月にK'sシネマ(新宿)で行われる「美と芸術の上海アニメーション」の上映作品とタイムテーブルが発表になっていました。

2010年 上海国際万国博覧会開催記念
美と芸術の上海アニメーション
日程:5月1日(土)~5月21日(金) 
上映作品:
「おたまじゃくしが母さんを探す」
「三人の和尚」
「鴫(しぎ)と烏貝」
「火童」
「鹿を救った少年」
「ナーザの大暴れ」
「猿と満月」
「鹿鈴(ろくれい)」
「不射の射」
「牧笛(ぼくてき)」
「蝴蝶(こちょう)の泉」
「琴と少年」

K'sシネマ・タイムスケジュール
http://www.ks-cinema.com/schedule.html


以前観たことがあるのは 「おたまじゃくしが母さんを探す」「鹿鈴(ろくれい)」 「不射の射」 「牧笛(ぼくてき)」
「蝴蝶(こちょう)の泉」 「琴と少年」です。
この中では「おたまじゃくしが母さんを探す」「牧笛(ぼくてき)」 「琴と少年」が好きです。

「おたまじゃくしが母さんを探す」は、迷子になったおたまじゃくしたちがお母さんを探すのですが、おたまじゃくしたちはお母さんの姿を知らないので、水辺のいろんな生き物に「貴方は僕たちのお母さん?」と聞いてまわるというほほえましいお話です。水墨画のようなおたまじゃくしが動いているのに驚きました。
「牧笛(ぼくてき)」 は、牛と少年の交流を、ぬくもりのある、一切無駄のない線で描いた世界です。
「琴と少年」は、琴の達人である老人と舟こぎの少年が出会い、最後には老人が少年に琴を託すお話です。琴の音色が響く水墨画のような世界の中、少年が無心に琴を奏でる様子に何故かエロスを感じてしまいます。(というか、最初は女の子だと思ってました)
今回まだ観たことがない作品が幾つもが上映されるので嬉しいです。
もちろん既に観たものも、何度も観たくなる作品です。

中国では最近、政府が後押しして自作アニメの製作に力を入れているそうですが、芸術性・精神性を含めこの頃のアニメーションの水準に到達するのはなかなか難しいのではないかと思います。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

「ブエノスアイレス」上映@シネマライズ 

 

「名画座ライズ」として、シネマライズでは
4月10日(土)~4月30日(金)の間
「コーヒー&シガレッツ」「8人の女たち」「ヘドウィグ・アンド・アングリー・インチ」
5月1日(土)~5月21日(金)の間
「ブエノスアイレス」「トレインスポッティング」「アメリ」の上映が行われます。

「ブエノスアイレス」の上映時間は
5月1日(土)~5月7日(金) 12:50 ~/20:20 ~
5月8日(土)~5月14日(金) 17:50 ~
5月15日(土)~5月21日(金) 15:20 ~

○当日料金:800円均一
☆ペア券(お2人で)1500円
☆リピーター割引:名画座ライズの半券1枚ご提示で700円、半券2枚以上のご提示で500円にてご鑑賞頂けます。※上映期間中(4/10~5/21)有効

●座席指定の鑑賞券は、各上映日の1週間前より劇場のチケット販売窓口で、お買い求め頂けます。
●特別鑑賞券及びオンラインチケット(WEB券・モバイル券)の発売はございません。
●古い作品のため、プリント状態が悪い作品が有ります事を予めご了承ください。

詳しくはこちら。
http://www.cinemarise.com/cgi-bin/rise_search.cgi?just2=2&attk=devil3n
「シネマライズ」HP
http://www.cinemarise.com/index.html


<その他の情報>
「トロッコ」5月公開決定とのこと。シネスイッチ銀座ほか全国順次公開予定。
「トロッコ」公式サイト
 http://www.torocco-movie.com/

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

帰国しました 

 

本日3月23日(火)午後、香港から無事帰国しました。

香港滞在中は曇りの日が多く、それほど暑くありませんでした。半袖のカットソーの上に春用ジャケットを羽織って丁度良いくらいの気候でした。地元の人もTシャツ一枚という人はほとんどおらず、カーディガンや上着を着ていました。来週はもう少し気温が下がる予報らしいので、これから春休みに香港に行かれる方は寒さ対策(笑)をお忘れなく。

香港到着は夜中1時。ホテルに着いたのは午前2時。ホテルの部屋に入ったのですが私のスーツケースが何故か開きませんでした。
午前2時にスーツケースが開かなかったら皆さんはどうしますか?
私はとりあえずシャワーを浴びて寝ました(笑)。

翌朝フロントに電話してホテルの人に部屋に来てもらったら、あっという間に開きました。さすがホテルの方はこういうトラブルに慣れてます。
どうやらスーツケースがゆがんできていたらしく、開けるとき両サイドを少し左右にずらすようにして力を入れたら開くようです。道理で最近開けづらいなとは思っていたのですが。
また開かなくなると怖いので、滞在中はずっと私のスーツケースは開けたままにしておきました。香港で新しいスーツケースを買うことも考えましたが、帰国してから買うことにしました。

帰国してスーツケースのロックをはずして、さあ開けるぞと身構えたらなんなく開きました。なんなんだ。


話変わって、今回の香港旅行の私のミッションはこちら。

星光大道のトニー大使パネルです。(写真は全てクリックでもう少し大きくなります)
トニー@星光大道

セントラルの駅付近や広東道などの道にあったトニーフラッグ。香港電影節のPRフラッグです。
見上げるような高さにあったので、逆光になったりしてあまり綺麗に撮れませんでした、ごめんなさい。
トニーフラッグ1 トニーフラッグ2

九龍站から香港国際空港までのエアポートエクスプレスの中で、香港電影節のCMが流れていました。
なんとか一枚トニーを写真に収められました・・。
トニー@電影節CM

ところで、3月22日の亜州電影大賞授賞式にトニーが出席したのだそうですね!本日23日の帰国する前に香港の新聞を買ったらトニーが載っていたかもしれないのに、惜しいことをしました。
というか香港にいたんだ・・・。てっきり中国で撮影中だと思っていました。

今回の香港レポートは大仏観光くらいしかありませんが、食べたものや街中の写真などもおいおいUPしていきたいと思っています。

<最近の情報>
・4月17日、18日二日間限定上映 台湾シネマコレクション・アンコール上映
シネマート六本木
「遠い道のり」「練習曲」「DNAがアイ・ラブ・ユー」「Tattoo―刺青」
http://www.cinemart.co.jp/taiwan2008/

・3月29日(月)NHK教育 深0:00~ 「テレビで中国語」新しいメンバーでスタート
 レギュラーにフー・ビン、山本太郎、鶯と燕(双子姉妹による中国箏ユニット)
 「鶯と燕」のオフィシャルサイトはこちら。
 http://www.from1-pro.jp/yingandyan/

category: 香港旅行

tb: 0   cm: 6

△top

お知らせ 

 

明日19日(金)、仕事が終わったらそのまま空港へ向かい、夜便にて香港へ行ってきます。
帰りは23日(火)の夕方になる予定です。
その間、ブログの更新・コメントへの返信ができませんのでご了承ください。

星光大道にあると思われるトニー大使のパネルの写真を撮ることが、今回の旅行の一番の目的です。あとはランタオ島の大仏を観にいきたいのと、映画を一本は観てきたいと思ってます。

映画用メモ
http://hk.movies.yahoo.com/nowshowing.html


<今日の情報>
・3月27日(土)日本テレビ 午後11:30~11:55 「世界!弾丸トラベラー」一人一万円で台湾満喫の旅

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 2

△top

「冷たい雨に撃て、約束の銃弾を」5/15公開決定 

 

「冷たい雨に撃て、約束の銃弾を」5月15日(土)に公開決定しました!
最初は「5月下旬」となっていたのが早めになったようです。

「冷たい雨に撃て、約束の銃弾を」公式サイト最新情報より
http://judan-movie.com/


あと、4月17日(土)公開の「スナイパー:」の上映日程が発表になりました。
●東京:シネマ・アンジェリカ 4/17(土)~5/14(金)
上映時間:4/17~4/30
連日/11:00/12:40/14:20/16:00/17:40
上映時間:5/1~5/14
連日/13:10/15:00/16:50
※上記上映時間は劇場の都合により変更される場合もあります。詳しくは劇場へお問い合わせ下さい。

●大阪:国名小劇
上映日程:4月17日(土)~

●名古屋:シネマスコーレ
上映日程:4月17日~30日(金)1日1回上映

●札幌:マリオンシネマ
上映日程5月予定

●仙台:フォーラム仙台
上映日程  近日公開

「スナイパー:」公式サイト「NEWS」より
http://www.interfilm.co.jp/sniper/


3月20日から「狙った恋の落とし方。」、
4月17日から「スナイパー:」、
5月15日から「冷たい雨に撃て、約束の銃弾を」、
6月上旬から「殺人犯」と、
これから毎月少なくとも1本は中華映画が観られそうです♪

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 2

△top

「ホワイト・オン・ライス」上映会@渋谷 

 

大坂アジアン映画祭で上映された「ホワイト・オン・ライス」が渋谷のアップリンク・ファクトリーにて上映されます。東京では初上映だと思います。

「ホワイト・オン・ライス」上映会@アップリンク・ファクトリー(渋谷)
3月20日(土)20:30開場/21:00上映
★上映前に渡辺広さん、裕木奈江さん、デイヴ・ボイル監督による舞台挨拶あり
http://www.uplink.co.jp/factory/log/003471.php

追加上映@アップリンク・ファクトリー(渋谷)
4月5日(月)19:00開場/19:30上映開始
http://www.uplink.co.jp/factory/log/003496.php


あと、「狙った恋の落とし方。」ですが、丸の内TOEI①でも上映予定だそうです。
今のところ丸の内TOEIのサイトには情報が上がってません・・・。

丸の内TOEI① サイト
http://theaters.toei.co.jp/theaters/marunouchi1/

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 2

△top

3/20より「狙った恋の落とし方。」@キネカ大森 

 

3月20日(土)~4月16日(金)4週間限定で「狙った恋の落とし方。」がキネカ大森で上映されます!
て、今度の土曜日からじゃん!

キネカ大森サイト
http://www.cinemabox.com/schedule/omori/index.shtml

「狙った恋の落とし方。」公式サイト
http://nerakoi.com/

香港映画よくご覧になられる方は「キネカ大森!懐かしい~」と言う感じではないでしょうか。
私もトニーファンになってから、よく通いました。最近はここではあまり中華映画の上映はなかったのですが、久々で嬉しいですね。
そういえば京都の妹にもここで初めて出会ったのでした。

キネカ大森で上映された後はまた他の地方にフィルムが巡回すると思われますので、ご覧になられた方もまだの方もお見逃しなく。
(私は、車内での「知床の岬で~♪」の歌のシーンで毎回号泣してしまうのでした・・・)


あと、ジェイデン・スミス、ジャッキー・チェン主演の「ベスト・キッド」の公式サイトが出来てました。(まだ扉絵だけですが)
「ベスト・キッド」今夏、新宿ピカデリー他全国ロードショー
http://www.bestkid.jp/

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 2

△top

沖縄国際映画祭ゲスト発表 

 

沖縄国際映画祭のゲストが発表になってました。

『Somewhere I Have Never Travelled/帯我去遠方』台湾
フー・ティエンユー監督、ユウ・シン

『LITTLE BIG SOLDIER/大兵小將』中国・香港
ディン・シェン監督、ユ・スンジュン、リン・ペン、ワン・ハイシャン

両方とも3月27日(土)上映時に舞台挨拶があります。
「On His Majesty's Secret Service/大内密探」は、残念ながらゲストは来ないようです。

沖縄国際映画祭公式サイト
http://www.oimf.jp/jp/


<その他の情報>
・別冊聴く中国語「中国語でめぐる 上海」(日中通信社)
 「中国語でめぐる 上海」
3月13日(土)発売予定です。

Part1 上海市内観光
Part2 ショッピング
Part3 上海のグルメ
Part4 上海郊外観光 など。
詳しい目次はこちら。
http://www.long-net.com/chinese_extra/chinese-detailed/chinese-69/?x=22&y=11

5月から始まる上海万博に向けて、上海特集の雑誌がいろいろ出そうですね♪

・ジョニー・トー監督、大阪アジアン映画祭オープニングセレモニーで舞台挨拶!(アジアンパラダイス)
 http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2010/03/post-eef1.html

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

初・確定申告 

 

全くプライベートな話題ですみませんが、本日税務署にて初めて確定申告の医療費控除の申請をしてきました。

夫がサラリーマンだし、他に収入がある訳でもないので、これまで確定申告は縁がなかったのです。

もともと耳鼻咽喉科や皮膚科やら二人とも病院通いは多い方ではあったのですが、昨年はそれに加え夫が網膜はく離の手術をしたことにより医療費が合計で20万円を超えたのでした。

税務署に持参したのは、病院の領収書の束・源泉徴収票・通帳・印鑑・身分証明書。
(PC入力で済んだので、税務署では印鑑・身分証明書は使いませんでした)
3月15日の締切前ということもあり、窓口はかなり混んでいました。

ところが順番を呼ばれてPCに源泉徴収票の所得などの数字と医療費の合計額(あらかじめ領収書を取りまとめて合計額を出してしてきています)を入力したら、あっという間に手続きが終わりました。
もっと時間がかかると思っていたので、拍子抜けしました。結局税務署にいた時間は一時間もかかってませんでした。
(職員の人が今日はすいている方だ、と言っていたせいもあるかもしれません)

家で、あらかじめ病院ごとに領収書をまとめて合計額を出したりした作業の方が手間がかかってました。

結局還付金は×円くらいだとのことでした。(金額の割合は元々納めている保険料によっても変わるので、金額は伏せさせていただきます)
思ったよりも少ないなと思ったのですが、残念な気持ちよりも無事済んだという安堵感の方が大きくて、どんだけ不安だったんだ>自分!!(15日まで日もあまりないし、無事申請できるのかどうか、ものすごく不安でした)という感じでした。それに税務署って、怒号飛び交う世界、血も涙もない税務署職員とのバトル場と想像していたので(ウソウソ)、恐る恐る行ったというのもありました。・・・もちろんフツーの役場でした、むしろ職員の方々は親切でした。


今回は初めてということもあり、午前中一旦税務署に申請書や説明書をもらいに行き、午後また提出に行く、というかなり面倒なことをしてしまったので来年以降は早めに申請書を取り寄せておかなくちゃ、と思います。
旅行でも何でも、一回経験したことの強みというのはあるものなのですね。昨夜なかなか眠れなかったのが嘘のようです。
医療費が10万を超えない方が一番いいのですが。


<今日の情報>(といっても数日前の情報です)
CNNアジア支局が選ぶ「偉大なアジア人俳優25人」にトニー・レオンが選ばれました。
中華圏から選ばれたのはコン・リー、ジョウ・シュン、ロアン・リンユィ、ジョセフィーン・シャオ、トニー・レオン、レスリー・チャンです。
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=40272&type=5(レコードチャイナより)

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 5

△top

成語@赤壁その11 

 

孫権が妹・尚香の前で曹操からの宣戦布告に対して迷っているシーン。
自分の父や兄に対して、コンプレックスの感じられる孫権の台詞。

成語@赤壁その11-1
「赤手空拳」 chi(4)shou(3) kong (1)quan(2)
赤手空拳;徒手空拳。手に何の武器も持たないこと。身に寸鉄も帯びぬ。“赤手”は「素手」。(現代中国語成語辞典より)

この場合は兄は「素手で」江東を陥落した、というよりも「まったくのゼロから」とか「何の後ろ盾もなく自分だけの力で」陥落した、という意味ではないかと思います。

日本語字幕では「兄は26歳で江東を支配した」となっています。


八卦の陣に惨敗して動揺する夏侯惇将軍らに、曹操がかけた台詞。
成語@赤壁その11-2
大惊小怪 da(4) jing(1) xiao(3) guai(4)
意味:おおげさに騒ぎ立てる;些細なことに大騒ぎする (現代中国語成語辞典より)

「不必~」が頭についているので「些細なことで大騒ぎするな(する必要はない)」という意味になるでしょうか。

日本語字幕では「そう騒ぐな」となってます。

category: 成語@赤壁

tb: 0   cm: 0

△top

レスリー・キー@トップランナー 

 

さきほどNHKの番組紹介を観ていてびっくり。明日5日(金)の夜「トップランナー」では写真家レスリー・キーだそうです!知らなかったの私だけかな?
トニーの写真も撮ったことがある彼ですが、どんなインタビューになってるんでしょう。

個人的には2006年表参道でのレスリー・キー写真展で、会場で閲覧していた分厚い写真集に、ある香港男性俳優のフルヌード(ずばり局部も写ってました)写真が載っていたのに度肝を抜かれたというのが最大の印象です。(しかもその写真は本人が「発表しないで」と言ったのを無許可で出したとか・・・日本の写真家でも以前そういうことありましたね・・着物の裾をめくってパチリと撮っちゃった、とか)

まあNHKの番組で局部の写真はないと思いますが・・・。

3月5日(金)NHK総合 深0:10~1:00
3月9日(火)NHKBS2 深3:00~3:45 (再放送)

NHK「トップランナー」
http://www.nhk.or.jp/tr/

ついでに2006年の写真展に行った拙ブログの記事はこちら。
『レスリー・キー super stars写真展行きました』
http://guunonichijyou.blog22.fc2.com/blog-entry-278.html
(そういえば当時の写真展の一番の目玉はヨン様の写真でしたね)

あと、「3月の予定」で3月13日(土)「世界!弾丸トラベラー」で台湾について放送、と書いていましたが、13日の「世界!弾丸トラベラー」の内容はパリに変更になったようです。訂正させていただきます。
同日の午後9:00「世界・ふしぎ発見!」が台湾がテーマなので内容がかぶるから変更したのかな?
私は一晩に台湾番組が続いても、喜んで観ますけどね。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

「エレクション 死の報復」5/7発売 

 

「エレクション 死の報復」DVD 5月7日(金)発売予定です。
「エレクション 死の報復」

「エレクション/黒社会」は一般公開になったものの、「エレクション 死の報復/黒社会2」はフィルメックスの上映のみだった(ゆうばり映画祭でも上映)ので、結局こちらの方は観られず仕舞いでした。

5月発売ということは完全に「冷たい雨に撃て、約束の銃弾を」公開にひっかけていますね(笑)。
この際、新宿武蔵野館さんで特集上映などしていただけないでしょうか(祈)。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

「ニューヨーク、アイラブユー」観ました 

 

本日たまったポイントにて「ニューヨーク、アイラブユー」を観てきました。

思っていたよりも断然良かったです。オムニバス映画で一つ一つのお話がぶつ切りで出てくるのかと思いきや、一つのお話が終わった後も、そのお話の登場人物が他のお話の脇役で出てきたり、と、幾つものお話がニューヨークの街中で同時進行で起きているような演出になっていました。監督たちはニューヨークで打ち合わせをしながら同時に撮影をしたのでしょうか?

印象的だったのは、結婚を控えた宝石の鑑定士のイスラム教徒の女性とヒンドゥー教(だっけ?違うかも・・)の男性との密かな会話・・・。
「何でも食べる奴らは信用できん」(キリスト教徒とチャイニーズは信用できない)という台詞は可笑しかったです。
ニューヨークのホテルに宿泊に来たかつての女性歌手。案内する足の不自由なボーイ(ホテルの支配人の息子)がシャイア・ラブーフ。「インディー・ジョーンズ4」のハリソン・フォードの息子役とは全く違う彼の、若者なのに老人のような趣が心に残りました。

中華街の漢方薬?の店員にスー・チー。彼女に惹かれる中年?白人画家がアトリエで製作している中、BGMには「ラスト、コーション」でワン・チアチーが歌っていた歌「天涯歌女」が流れていました。香港のペニンシュラホテルの中華料理店でも流れていたこの歌は、チアチーが少し物悲しく歌っていたよりもアップテンポでどこか底抜けの明るささえ感じさせられます。

車椅子の少女と男性(たぶん高校生くらい?)がダンスパーティに行くお話も個人的に好きです。

オーランド・ブルームのお話では、彼は映画につけるBGMを製作しているらしいのですが、何故か自宅兼作業所のモニターにはアニメ「ゲド戦記」が映っていました。オーランド・ブルームのお話部分が岩井俊二監督担当だったと思うのですが(エンドロールに一緒に写っているスチールが出ていたので)、ジャン・ウェン監督の部分は観る前からてっきりスー・チーのお話だと思っていたのですがエンドロールではアンディ・ガルシアとジャン・ウェン監督が写っているスチールが出ていたので違うのかもしれません・・。あのスリのお話がジャン・ウェンだったのかしらん・・。


映画のパンフレットを買おうかどうしようか、かなり悩みましたが買ってないので誰がどこの部分を担当したのかよくわからないのです。

そうそう、マギー・Qも出ていました!マギー・Qが○○ってはまり役過ぎ!とちょっと笑ってしまいました。

エロスあり、恋あり、孤独あり、様々な人種、様々な年代が交錯する様は、ニューヨークというステンドグラスの断片一つ一つを埋めていく過程のようにキラキラときらめく「人間っていいなあ」と思わせるような心温かくなるお話たちでした。


<今日の情報>
アーロン主演の「殺人犯」(6月シネマート六本木にて公開)
公式サイトが出来ていました。まだ扉絵だけですが。(たぶん香港・台湾公開時のポスターですが、この顔怖すぎです)
http://www.murderer.jp/

category: 映画

tb: 0   cm: 0

△top