ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

がんばれ!トニー 筋肉編 

 

クランクインもまだなのに、気が早いですが・・・。
(クリックで拡大してご覧ください)

がんばれトニー!筋肉編


スポンサーサイト

category: トニー漫画

tb: 0   cm: 4

△top

イーキン・イベントにご招待 

 

レインボーママさんよりお知らせいただきました、ありがとうございます♪

7月4日(土)六本木ヒルズアリーナにての「カムイ外伝」イーキン・チェン・トークイベントに25組50名様ご招待の情報です。

映画『カムイ外伝』 トークイベント
 日時:7月4日(土)  12時45分開場  13時15分イベント開始
 場所:東京・六本木ヒルズ アリーナ
 ゲスト:イーキン・チェン、谷垣健治(アクション監督)、崔洋一監督 (以上予定)

※ ご注意
■ ご入場は先着順となります。
■ 本イベントは無料です。
■ お立見になる可能性がございます。ご了承ください。

◆ 応募締め切り・・・2009年7月1日(水)正午

ご参加希望の方は、下記よりご応募ください!!
https://www.shochiku.co.jp/movie/kamui/talk_event/


<その他の情報>
・アジアン!プラス公開録音アンディ・ラウ主演「三国志」DVD&ブルーレイ発売記念特別試写会&トークショーに、150名様をご招待!
日時 7月23日(木)18:00開場 18:30 開演
会場 文化放送メデイアプラス 12階メディアプラスホール
出演 水田菜穂
司会 石川真紀(文化放送アナウンサー)
内容 トークイベント&「三国志」上映
招待数 150名様
締切 7月13日(月)24:00まで
応募 文化放送のホームページ http://www.joqr.co.jp/index.php

詳しくはこちら
http://www.cinematopics.com/cinema/news/output.php?news_seq=8701

・大秦帝国」大ヒット御礼!追加上映決定!
 7月12日(金)まで上映されます。
 http://www.cinemart.co.jp/theater/roppongi/topics/index.html

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

7月の予定 

 

自分用覚書メモ。

<映画上映、イベント関係>
7月1日(水)~5日(日)香港ウィーク @六本木ヒルズ
(7月4日(土)オフィシャルセレモニー後、イーキン・チェン・トークショーあり)
http://www.discoverhongkong.com/jpn/about-hktb/hkweek2009.html

「第18回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭」
7月10日(金)~12日(日) @ 新宿バルト9
7月16日(木)~20日(月) @ スパイラルホール
http://tokyo-lgff.org/2009/index.html

7月10日(金)~20日(祝・月)SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2009 @SKIPシティ映像ホール(埼玉県川口市)
http://www.skipcity-dcf.jp/program/feature/#f08

7月11日(土)「モンスターVSエイリアン」公開
http://www.mon-eri.jp/ (音出ます)

7月11日(土)~7月17日(金) 「香港国際警察/NEW POLICE STORY」レイトショー@新宿武蔵野館
http://shinjuku.musashino-k.jp/

7月11日(土)~8月16日(日)2009 イタリア・ボローニャ国際絵本原画展@板橋区立美術館
http://www.itabashiartmuseum.jp/art/index.html

7月15日(水)「ハリー・ポッターと謎のプリンス」公開
http://wwws.warnerbros.co.jp/news/harrypotter/

7月18日(土)「ウォレスとグルミット ベーカリー街の悪夢」公開
http://www.ghibli-museum.jp/wg/

7月18日(土)~7月24日(金)「燃えよドラゴン<ディレクターズ・カット版>」レイトショー@新宿武蔵野館
http://shinjuku.musashino-k.jp/

7月25日(土)~7月31日(金)「セルラー」レイトショー@新宿武蔵野館
http://shinjuku.musashino-k.jp/

※7月4日の香港ウィーク・オフィシャルセレモニーですが、一般の人が参加できるのかどうかはわかりませんが、六本木ヒルズアリーナはオープンスペースだし巨大スクリーンもあるので、入場できなくても周りから様子を見ることができます。当日行けたら行ってみようと思います。
6月29日(月)追記 一般ご招待のお知らせを6月29日の記事に載せましたので、ご覧ください

※新宿武蔵野館にて上映の「香港国際警察/NEW POLICE STORY」「燃えよドラゴン<ディレクターズ・カット版>」「セルラー」入場料金は当日1,000円均一。「コネクテッド」の前売券をお買い求めの方は500円でご覧になれます(各作品の当日入場券をご購入の際に窓口で『コネクテッド』前売券をご提示ください)。


<テレビ放送>
7月1日(水)日本テレビ 午後9:00~10:54
 東野・岡村の旅猿 プライベートでごめんなさい…ベトナムの旅

7月2日(木)BS朝日 午後10:00~11:00 「中国神秘紀行」
 清王朝の末裔 満州族を訪ねて

7月5日(日)NHKBS1 午後1:10~2:00 BSドキュメンタリー 中国・四川大地震「大きくなれ子パンダたち」

7月7日(火)NHK総合 午後10:00~10:50 プロフェッショナル「仕事の流儀」
 「魂をゆさぶる顔は、こうして作る~特殊メイクアップアーティスト・江川悦子」
 
7月9日(木)BS朝日 午後10:00~11:00 「中国神秘紀行」(再)
 清王朝の末裔 満州族を訪ねて

7月11日(土)フジテレビ 午前8:30~9:55 「にじいろジーン」 地球見聞録 北京

7月16日(木)BS朝日 午後10:00~11:00 「中国神秘紀行」
 最高級ウーロン茶誕生の謎 福建省の魅力を紹介

7月18日(土)NHKBS2 午後9:00~10:45 BS20周年ベストセレクション 素晴らしき地球の旅
台湾万葉集~命の限り詠みゆかむ~

7月23日(木)BS朝日 午後10:00~11:00 「中国神秘紀行」(再)
 最高級ウーロン茶誕生の謎 福建省の魅力を紹介

7月30日(木)BS朝日 午後10:00~11:00 「中国神秘紀行」
 夏休みセレクション 長江 三国志の旅 赤壁の戦いの秘密


WOWOWでは7月17日(金)「言えない秘密」、7月18日(土)には「カンフー・ダンク!」放映です。

※7月6日情報を更新しました。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 2

△top

成語@赤壁その4 

 

今日6月27日はトニーのお誕生日です♪
記念に漫画を描こうと思ったのですが、準備不足なので、日を改めて。とりあえず成語の続き(今のマイブーム)です。

水軍を得て、曹操が「これは翼を得た虎・・・いや、水かきを得た虎だな」というシーン。まさにそのままの成語があるのですね。
成語@赤壁1

成語@赤壁2 ru(2) hu(3) tian(1)  yi(4)

意味:虎に翼を添えたよう:もともと威力のあるものが、さらに威力を加えること。鬼に金棒。(現代中国語成語辞典より)

孔明が劉備に「三者の鼎立を狙うのです」と、孫権に会いに行く旨を話しているシーンです。
成語@赤壁3

成語@赤壁4

上記は厳密には成語じゃないかもしれないけど、似た言葉に「鼎足之勢」(ding(3) zu(2) zhi (1)shi(4))という成語があります。
「鼎足之勢」の意味:(かなえの足のように)三つの勢力が互いに対立している状態。鼎立(ていりつ)状態。『鼎』は「かなえ(古代に使われた三本足のかま)」(現代中国語成語辞典より)

魯粛が孔明を孫権に会わせるシーン。孫権のことを「有勇有謀」と評してます。
成語@赤壁5
成語@赤壁6 you(3) yong(3) you(3) mou(2)

上記は「有勇む(無の簡体字)謀」の変形編?
「有勇む(無の簡体字)謀」の意味:勇気はあるが知恵がない;蛮勇をふるう。無謀なことをする。(現代中国語成語辞典より)

つまり孫権は「勇気があって知恵もある」ということですね。

今日の情報
今日の朝日新聞に「週刊アジア」のコーナーに、「移ろいゆく 香港 上」という記事が出ていました。
朝日記事
香港の「百万ドルの夜景」、そのネオンの看板は「ここ7、8年で大きく変わった」とのこと。
「かつてビル上から海を照らしていた主役は日本企業」
「ところが、ここ数年、日本や欧米企業の指定席が次々と中国企業に変わっている」

「買い物をしていると、香港人に地元の広東語でなく、中国の標準語で話しかけられる」
「いまや人民元でも買い物ができる。大河のような流れは止まらない」

category: 成語@赤壁

tb: 0   cm: 3

△top

「大秦帝国」part2観ました 

 

6月25日(木)シネマート六本木にて「大秦帝国」part2 観てきました。
「大秦帝国」ポスター
午後3時20分開始で、終了したのは午後8時すぎ。4時間半上映です(間に10分休憩が入ります)。

part1、part2を合わせると8時間半。
感想はともかく、「観た」ということでもう既に何か達成感(笑)が得られる映画です。

窓口でpart2の座席を購入したとき、「part2ですけど、いいんですよね」と念を押されました。
「はい、part1は以前観ましたので。続けてはキツイので・・。でも一日で続けて観る人が多いんでしょうね」と聞いたら、窓口の人が真顔で、「また来るのが面倒なんでしょう」と仰ってました(笑)。

平日だからか、劇場は10人くらいしか入ってませんでした。先々週は結構入ってたんですが。この調子ではロングランはなさそうなので、観にいかれる方はお早めに。(少なくとも7月3日(金)までは上映しています)

映画の中で印象に残ったのは、「これから国が真剣に改革を行う」「これまでのようにコロコロと政策を変えたりしない」ということを示すために、お城の門の前に大きな木の幹を一本用意して、「これを北門まで運んだ者に100金を与える」と主人公の衛鞅が宣言すると、民たちは「そんな大金を払うなんて信じられない」「国のいうことは信用できない」「運んでもどうせ払わないんだろう」と誰も相手にしないのでした。
そんな中、一人の若者が「お爺さんの病気を治したい」と、周りの人が「止めとけ」と反対する中、木の幹を運んで、皆の前で100金を手にして、民たちは「国は本気なんだ」と考え始めるのでした。

何か政治不信って今も同じだなあ、とそのシーンを見て思ったのでした。
大きな木の幹は「毎月払う年金の掛け金」で、褒章100金は「65歳になってもらえるという年金」な訳ですよ。
改革を真剣にやろうと思う政治家がいないので、当時の秦よりも今の世の中の方が深刻かも。
政治を信用できないってことは、国にとっても民にとっても不幸なんだなぁ、と改めて思ったのでした。

誰に対しても特別扱いすることなく、悪い行いをしたものは罰する、というところでは孝公の身内にまで罰が及ぶ話になり、どんなに壮絶な改革だったのだろうと思うと同時に、賄賂が蔓延る一党独裁の今の中国ではこういうことは行えないだろうな(日本でも政治家の息子とか、何かお目こぼしがありそうに思えるし)と思いました。
大局的な物の見方というのは、日本より中国の方が得意な気はしますが。

史実にいろいろ学ぶことが多いのは「三国志」だけではないのですね。

category: 映画

tb: 0   cm: 0

△top

成語@赤壁その3 

 

part1に戻って性懲りもなく、成語探しです。
成語@赤壁3
part1、映画の最初辺り、曹操が陛下に対して、劉備のことを「何を考えているのかわかったものではありません」などと評しているところです。

成語@赤壁3-2 ju(1)  xin (1) po(3)  ce(4)

心底が計り知れない;腹の底でなにを考えているのかよくわからない。なにやら下心がある。腹黒い。胸に一物。腹に一物。(現代中国語成語辞典より)


<今日の情報>
映画 「孫文ー100年先を見た男ー」 9月5日(土)シネマート新宿にて公開
孫文を演じるウィンストン・チャオは「宋家の三姉妹」でも孫文を演じた役者さんだそうです。

http://www.cinematopics.com/cinema/news/output.php?news_seq=8680

category: 成語@赤壁

tb: 0   cm: 0

△top

成語@赤壁その2 

 

「レッドクリフ PartⅡ」の台詞から成語探ししていたら、見つからないまま映画が終わっちゃいました(笑)。
これかな?これだろう?と思って「現代中国語成語辞典」で引いても載ってないし・・・。4,300語じゃ足りませんか?と思ったけど、たぶん私の力不足・・・。

そんな中、最後にあと一つ、発見しました。

成語@赤壁2

「烏合の衆」
 wu(1)  he(2) zhi(1)  zhong(4)

「烏合の衆」、ハイ、そのまんまですね。中国語成語辞典で調べるまでもないくらい。日本でも使う言葉です。

烏合の衆:一時的に集まっただけで、組織も規律もない集合を例える。

周瑜が曹操に「私の朋友が・・・」と言うと、曹操が「朋友?烏合の衆やん」と、当たってるだけに身もフタもない発言をするシーンです。

折角「成語@赤壁」のカテゴリを作ったので、今度は「PartⅠ」の方で成語を探してみることにします。


<今日の情報>
「チャイニーズズター」6月号
「チャイニーズスター」6月号
表紙はジェイ・チョウ。中にジェイ・チョウのスペシャルインタビュー、カンヌ映画祭のレポートが載ってるそうです。
「チャイニーズスター」内容
http://www.long-net.com/chinese_star/

あと、別に日中通信社の回し者ではありませんが、「読む中国語世界」は2009年7月23日より週刊「中国語世界」(250円、タブロイド版12ページ)と変わるそうです。
大丈夫なのかな?週刊化って・・・。経営面とか、編集作業のスタッフ面とか。興味のある内容の時だけ購入するのには、一部250円となるのは助かるのだけど。

週刊「中国語世界」のお知らせ
http://www.long-net.com/chinese_world/

category: 成語@赤壁

tb: 0   cm: 2

△top

「導火線」公開!? 

 

今日の立ち読み情報。
「映画秘宝」8月号によりますと、
「映画秘宝」8月号

『2009→2010絶対に観ないといけない映画』コーナーに
ドニーさんの「導火線」とヤムヤムの「機動部隊シリーズ」が取り上げられてました。(「機動部隊シリーズ」は全部で5本あるらしいので、公開されるのが一部なのか全部なのかは不明です)
と言うか、本当に公開なのか、「映画秘宝」さん的に公開希望なのか、そこんとこはっきりしてください~~(>_<)!(魂の叫び)

あと同号には世界最速(爆:カンヌでのインタビュー)の「ジョニー・トーが語る『復仇』インタビュー」も載ってます。
(「復仇」の日本公開は未定だそうです)
監督によるとヤムヤムは英語の台詞がうまく言えず、結局アフレコになったそうです。香港人なら誰でも英語できそうなイメージがありますけど、映画の台詞となると、感情込めて言わないといけないし難しいのかな。

「映画秘宝」内容説明
http://www.yosensha.co.jp/book/b1418.html

その他の立ち読み情報
「SCREEN」8月号
カンヌ映画祭レポートの中で、トニーとミシェル・ヨーの写真(小さいです)が載ってます。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 2

△top

「コネクテッド」公開記念上映@新宿武蔵野館 

 

8月1日(土)から公開「コネクテッド」を記念して、新宿武蔵野館にて「香港国際警察」「燃えよドラゴン」「セルラー」の上映が行われます。

7月11日(土)より 「香港国際警察」

7月18日(土)より「燃えよドラゴン」(ディレクターズカット版)

7月25日(土)より「セルラー」

詳しくは新宿武蔵野館HPにて。
http://shinjuku.musashino-k.jp/coming.php

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

BSフジで香港特集番組 

 

BSフジ放送なので、「観られる方はご覧ください」ということになりますが、「ハイビジョンワールドツアー 香港 完璧MAP」という番組が放送されます。

6月19日(金) 23:00~23:55、 6月23日(火) 23:00~23:55

詳しくはこちら。
http://www.bsfuji.tv/top/pub/hi_hongkong.html
(レインボーママさんBBSより。ありがとうございます)

あと、
6月19日(金)NHK総合 午後1:05~1:55 「スタジオパークからこんにちは」ゲストは、alanです。
NHKの「SAVE THE FUTURE」のテーマ曲がalanの「懐かしい未来」なので、その話になると思いますが・・・。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 2

△top

バースディカード書きました 

 

やっとバースディカード完成です。
バースディカード2009

今回私はあることを発見しました!いつも四苦八苦する絵ですが、トニーの顔をお団子顔(空豆顔)にすると、すんなり全体図が描けるのです!バランスが取りやすいというか。(え?バランス取れてないじゃん?というツッコミはナシで)

みなさまもお試し下さい(←誰が?)。

映画ラストの、子馬を見送る周瑜(落書き)
落書きトニー

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 4

△top

「ターミネーター4」観ました 

 

※昨夜FC2に接続できなかったので、今朝記事を更新。

本日(6月14日)「ターミネーター4」観てきました。
「ターミネーター4」ポスター

なかなか骨太な作品で良かったです。「ターミネーター3」あたりで迷走したのを、うまく原点に戻してきたという感じ(←ナニサマ?)。

あまりCGを使わず、機械のゴツゴツ感がなんとも言えず味があって、ターミネーターも人型だけではなく、ウミヘビ型?、バイク型、フリスビー型?など人型とは違う癖のある動きで観ている方も翻弄されました。
個人的には、カイル・リース役のアントン・イェルチンが気になりました。なんと彼、「スタートレック」のロシア人乗組み員を演じていた俳優さんだったのですね。印象に残る顔立ちなので、今後の活躍に期待してしまいます。
ストーリィと直接関係ないのですが、ターミネーターから逃げる人々が集まってるところで中国人が中国語で何か喋ってたら、アメリカ人らしき男性が「英語で喋れ!」と怒鳴ったシーンに苦笑してしまいました。
世界が滅びかけてるのに英語中心主義かい、ってあくまでもアメリカが世界の中心と思ってる感覚、アメリカ人は抜けきれないのだろうな。皮肉ととっていいのですよね、このシーンは。


今日の情報
・6月15日(月)TBS 午後11:30~11:55 「飛び出せ!科学くん」大接近!双子パンダ

・6月19日(金)テレビ朝日 深3:15~5:00「レジェンド 三蔵法師の秘宝」

category: 映画

tb: 0   cm: 2

△top

「キャンディレイン」上映 

 

カリーナ・ラムが出演している「キャンディレイン/花吃了那女孩」が「東京国際レズビアン&ゲイ映画祭」で上映されます。

「第18回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭」
7月10日(金)~12日(日) @ 新宿バルト9
7月16日(木)~20日(月) @ スパイラルホール

全18プログラム。アジア映画は「キャンディレイン」の他には「この愛の果てに」(中国/香港)があります。まだ作品の詳細が出てないのもあるので、他にもあるかもしれませんが。

映画祭公式サイト
http://tokyo-lgff.org/2009/index.html

チケットぴあにて本日6月13日~18日(木)11:00までプレリザーブ中のため、取り急ぎお知らせします。
チケット発売は6月20日(土)より。
チケットぴあ 映画コーナー
http://t.pia.jp/cinema/cinema.html

追記
「キャンディレイン」上映
 7月11日(土)12:30 ~ @新宿バルト9
 7月18日(土)18:25 ~ @スパイラルホール
「この愛の果てに」上映
  7月11日(土)18:25 ~ @新宿バルト9
  7月20日(月・祝)14:05 ~ @スパイラルホール

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

「大秦帝国」観ました 

 

本日「大秦帝国」part1を観てきました。
大秦帝国ポスター
13:55に始まって観終わったら18:00くらい。間に10分休憩が入ります。
思ったよりも長さを感じさせず、面白かったです。戦闘のシーンもそれほど多くなく、「レッドクリフ」同様、「智恵」の話なのですよね。
part1では、「さあこれから弱小国、秦の建て直し」というところで終わってしまいました。いつpart2を観にいこうかな。

キャストには「レッドクリフ」で魯粛を演じていたホウ・ヨンが孝公役、「北京バイオリン」テレビドラマバージョンで少年のピアノ教師役を演じていた役者さんが衛鞅を演じています。「レッドクリフ」劉備役のヨウ・ヨンも出演していて、映画に感情移入しやすかったです。

「レッドクリフ」に出てきた台詞「保重」(お体を大切に)、「后会有期」(いずれまた)、がこの映画でも出てきて嬉しかったです。時代劇ではお決まりの台詞なのかな。


<今日の情報>
・「コネクテッド」公開記念
 香港アクション巨編@新宿武蔵野館 7月11日(土)~7月31日(金)まで
 上映作品「燃えよドラゴン」他全3作品上映予定(レイトショー)
 詳しくは劇場HPまでとのことですが、今のところHPではまだ告知がありません。
 (「コネクテッド」映画チラシより)
 新宿武蔵野館HP http://shinjuku.musashino-k.jp/

・イーキン・チェンが7月4日に来日トークショー開催へ
 7月1~5日まで東京・六本木の六本木ヒルズで行われるイベント「香港ウィーク」に登場するもの。トークショーには崔洋一監督、アクション監督の谷垣健治さんも参加するという。
 http://www.discoverhongkong.com/jpn/about-hktb/hkweek2009.html
 イーキン・トークショーに申し込むにはどうしたらいいのか?まだ載ってないようなので、わかったらまた拙ブログにてお知らせします。
 (スモーカーさん日記より、貴重な情報ありがとうございます)

category: 映画

tb: 0   cm: 0

△top

「レッドクリフ 趙雲のお団子編」 

 

クリックして拡大してご覧ください。

「レッドクリフ 趙雲のお団子編


category: トニー漫画

tb: 0   cm: 0

△top

「PartⅡ」DVD 8/5発売 

 

「レッドクリフ PartⅡ」DVDが、8月5日(水)早くも発売だそうです♪

やっぱねらい目はコレクターズエディション・・・。
「PartⅡ」DVD

【本編ディスク】
本編約146分+予告編集2/片面・2層/MPEG2/ カラー/16:9シネスコサイズ
音声: (1)オリジナル中国語(ドルビーデジタル5.1chサラウンド)
(2)オリジナル中国語(DTS5.1chサラウンド)
(3)日本語吹替(ドルビーデジタル5.1chサラウンド)
(4)日本語音声解説(ドルビーデジタル2.0ch)
※三国志解説音声コメンタリー
字幕:(1)日本語字幕(2)日本語吹替用字幕

【特典ディスク(1)】
北京プレミアイベント/東京ジャパンプレミア舞台挨拶/大阪プレミア&道頓堀リバーカーペットイベント/監督・キャストインタビュー2/VFXメイキング/The World of GOLDEN EGGS ローズ&マリーTVスポット(2種)/Web用アニメCM/レッドキュリフふわっと劇場

【特典ディスク(2)】
メイキング映像2 / TV-スポット集2

【封入特典】
★豪華解説本2
(100ページ:赤壁の激闘とその後、三国志戦術・陣形集、名言集など詳細解説+絵コンテ+豊富なスチール)
★キャストフォトカード集2  11枚(孔明、周瑜、曹操、孫権、尚香、
  劉備、関羽、張飛、趙雲、小喬、甘興)
★『三国志大戦3』オリジナル武将カード(EX曹操)
★The World of GOLDEN EGGS アドカード

¥6,090(税込)

DVDについての詳しい情報はこちら。
http://redcliff.jp/buy/index.html
PartⅠとPartⅡのツインパック、オリジナル三国志キューピーセット11体付き(なんと値段¥17,640(税込)!!)というのがありますね。
PartⅠ、持ってるから買わないけど。
ここでキューピー付けるんだったら、以前苦労してキューピー付き前売り券何枚も買ったのはなんだったんだ(爆)。でもこのキューピーセットにウーピーは入ってないんだよなー。


ところで、今日「僕は雨と一緒に来る」を観てきましたよ。
気持ち悪くなった・・・観るんじゃなかった・・・というのが正直なところ。
「羊たちの沈黙」みたいな感じですが、ジョシュ・ハートネットはレクター博士(←違)に完全に取り込まれちゃってました。最後、彼が癒されるのかと思ったら「オイこれで終わりじゃないよな」というようなところであっさりお話が終わり、オチがなかったです・・・。

映画に出てくる殺人鬼が作ったという像、それがかなりインパクトがあって、気持ち悪いんだけど目が離せない。
この像だけ美術館で観れば、映画いらないんじゃね?(暴言)
と正直思ってしまいました。人間のおぞましさや暴力がかなり表現されてて、以前どっかで写真か何がで見たことがあるような気がするんだけど・・・誰かの作品なのかな。

「シクロ」はベトナムの街が舞台ということもあり、戦争の爪あと、というか社会的な暴力が背景にあったと思うのですが、「僕は雨と一緒に来る」は、それよりも根源的な人間と暴力の関係の話という感じでした。
うーー、この気持ち悪さを、何かで口直ししたい(笑)。

<その他の情報>
「聴く中国語」7月号
 映画「コネクテッド」の中の会話文が載ってます。
 芸能ニュースのコーナーでは新婚トニーの話も。「結婚前は自分の意見を押し通して、彼女が怒っても耳をかさなかったけど、結婚後は、彼女に全て譲っている」とのことだそうです。

category: 映画

tb: 0   cm: 5

△top

「空気人形」今秋公開 

 

「空気人形」今秋、シネマライズにて公開予定です。
公式サイト
http://www.kuuki-ningyo.com/index.html
すでに前売り券(1,500円)も発売中!とのこと。(ふんわりハートチャームつき。数量限定)
※前売り券取り扱い劇場は公式サイトの「最新情報」のところをご覧ください。
東京ではシネマライズで販売中です。

「空気人形」はたぶん読んでなかったと思うけど、原作の業田良家さんの絵は、ときどき優しそうで、ときどき寂しそうで、ときどき怖くて、好きです。彼の絵の場合、好みが人によってかなり分かれそうですが。
映画でもその優しさや寂しさや怖さが出てるといいな。

もう一つ前売り券情報。
「バッド・グッド・ウィアード」(8月29日(土)公開予定)
6月20日(土)より特別鑑賞券発売
Part1:もれなく当たる!オリジナルお宝写真 10種類の中から一枚GET!
Part2:抽選で当たる!応募券を集めてスペシャルグッズをGET!
(注意点)
※Part1の特典の写真は選べません。
※スペシャルグッズの詳細は公式サイトhttp://www.gbw.jp/にて後日お知らせします。


ところで、今発売中の「キネマ旬報」のトラン・アン・ユン監督インタビューを立ち読みしたところ、「『シクロ』と『アイ・カム・ウィズ・イン・ザ・レイン』は同時期に企画を立てた」「『アイ・カム・ウィズ・イン・ザ・レイン』は『シクロ』の延長線上にある」というようなことを話していたのです。
う~~ん、そんなことを言われたらやっぱり観とかないといけないのかな。
○○○クが出てるという苦手意識が否めないのですが・・・。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 2

△top

成語@赤壁その1 

 

ア○ゾンで買っちゃいました、「現代中国語成語辞典」上野恵司・編(日外アソシエーツ)
中国語成語辞典
成語4,300語収録です。中古品なので、カバーがいい感じに古びてます(私が使いこなしたみたい・・・たは)。

今日見つけた「レッドクリフ PartⅡ」の「成語」は一つ。
映画冒頭のサッカーシーンを曹操と将軍たちが見ているところ、「周瑜は兵が少ないので奇策で攻めてくるだろう」というところです。
「レッドクリフ」成語1

成語部分 pang(2) men(2) zou(3) dao(4)
上記の部分が成語。
「邪道、よこしまな道。;正しくない宗派をいう。邪宗。邪教。また、正しくない学派をいう。異端。邪説。「左」「旁」ともに「よこしまな」、「道をはずれた」。(現代中国語成語辞典より)

日本語字幕では「奇策」と訳されたのですね。

中文字幕を見つつ「これが成語かな?」と思ったら、ピンインをたよりに辞書を引いて調べるという気長な作業。一時間かけて一つ見つかったらいい方かな。
ではまたぼちぼちと、ご報告します。

category: 成語@赤壁

tb: 0   cm: 2

△top

「サライ」に「三国志」記事 

 

今日発売の「サライ」12号に「三国志」特集記事があります。
「サライ」12号
「三国志」痛快の山場早分かり、として赤壁の戦いの記事も。
「サライ」三国志記事
内容の目次はこちらで確認できます。
http://blog.serai.jp/contents/saisingo/index.html


<その他の情報>
・レインボーママさんより「歩いてみよう映画のロケ地」トニー・レオン編をご紹介いただきました。ありがとうございます♪
http://www.hongkongnavi.com/blog/blog_top_view.php?blog_id=5002515&Category=08&SubCategory=321&GroupType=SPECIAL&Sub_Menu=

金城君編では、「傷だらけの男たち」での映画の冒頭のクリスマスパーティを開いていたお店が出ています。
http://www.hongkongnavi.com/blog/blog_top_view.php?blog_id=5024837&Category=08&SubCategory=321&GroupType=SPECIAL&Sub_Menu=

・「コネクテッド」公式サイトに予告編がUPされてました。
 http://www.connected-movie.jp/
 (前売り券はもう発売されてるのかな?)

・6日(土)公開の「大秦帝国」、6日(土)、7日(日)来場のお客さんに先着プレゼントがあります。
 PartⅠご鑑賞の方 『大秦帝国』~中華歴史ドラマ列伝バトルポスター(A3・コーティング仕様)
 PartⅡご鑑賞の方 『大秦帝国』ステッカー

 この作品、PartⅠは上映時間 238分、PartⅡは上映時間 278分ということで、ちょっとびびってます・・・ちゃんと最後まで観られるかしらん・・・。
 シネマート六本木トピックスより
 http://www.cinemart.co.jp/theater/roppongi/topics/#003759

・スモーカーさんのところにて「グッド・バッド・ウィアード/良い奴、悪い奴、変な奴」の公式サイトをご紹介されていました。
 http://www.gbw.jp/
 韓国映画ですが、勝手にチョン・ウソンさん応援してますので、ここにもちょこっと載せておきます。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

「香港・広州 菜遊記」 

 

「香港・広州 菜遊記 粤(えつ)のくにの胃袋気質」
「香港・広州 菜遊記」
著者 日野みどり 凱風社

『広東には中国語で「粤(えつ)」という別名がある。広東語を粤語、広東の地方劇(カントン・オペラ)を粤劇と呼ぶのはこれに由来する。』

「焼乳猪」(シウユイチュー)、豚の丸焼きの説明では『焼きあがりには、表面がざらざらした胡椒肌仕上げと表面が光沢を放つつるぴか肌仕上げに二種類がある』
『つるぴか仕様は見た目のよさからか、現在ではお供え用や撮影用など、調度としての用途に向くとされる』
・・・・という説明には自然と香港映画のクランクインの際のお供えシーンが浮かんでくるし、

「蛇」(セー)では、『蛇は蒸し物や炒め物などにもなるが、いちばん一般的でよく知られるのはとろみのあるスープ「羹(カン)」だ。』
『蛇の旬は晩秋で、このスープももっぱらその時期に出回る。』
・・・・などの話には映画「2046」でチャウ・モウワンが仲間と蛇を食べて歓談するシーンが浮かんでくるし、

「家庭スープと漢方医学」の話の中では『家庭スープは健康管理の鍵である。が、家庭スープの意味は、実はそれだけではない。
友人や職場の同僚の間で「今晩みんなで食事行かへん?」てな企画が立つと、「ごめーん、今日は止めとく。お母さんがスープを作っているから、家に帰るわ」という理由で断る人が誰かしら必ずいる。すると周囲は、お約束のように「うわあ、ええなあー」という言葉で応じる』
・・・・そうなのだ。
家でスープが待っている、というのは、誰にも共通な幸せなことなのだそうだ。
この話では映画「エグザイル/絆」で銃撃戦の中、台所でことことスープが煮えていたシーンを思い出してくる。あのスープは単なる料理ではなく、家庭の温かさの象徴だったのか!!

などなど、どこを読んでも映画のシーンや香港での食事の思い出が浮かんでくること、うけあいの本でありました。
また、著者の日野さんのきめ細かい洞察力と、飾り気のないお人柄が滲み出る文章は、読む人の心にまっすぐに入って、ああ、自分もこんな文章が書けるようになりたいと思いました。
「野味」料理の際には「犬料理はどうですか」と問われて、「いいですね」と、「ここではこれは食べ物なのだと思うようにして」と食する度胸もある方なのでした。

category: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

△top

「チャンドニー・チョーク・トゥ・チャイナ」観ました 

 

<お断り>
昨夜もブログに繋がりませんでしたので、昨夜ワードで下書きしておいた記事を翌朝貼り付けて出しております。夜10時~深夜1時くらいまでが混雑しやすいようです。もし繋がらないことがありましたら、それ以外の時間帯にいらしてみてください。(そこまでして見る価値があるかどうかは・・・ですが:汗)
今後、朝や夕方に記事を更新することが多くなるかもしれません。


本日(6月2日)新宿にて「チャンドニー・トーク・トゥ・チャイナ」観てきました。
http://wwws.warnerbros.co.jp/chandnichowktochina/
「チャンドニー・チョーク・トゥ・チャイナ」看板

東京はここでしか上映されてないからか、結構お客さん入ってましたね。
中国の村に来る悪者が日本人(「北条」という名前の中国語を喋る謎の日本人)だというのは、まあご愛嬌でしょうか。

万里の長城(たぶん一部はセットやCGの部分も。長城のレンガ壊せないしね)、中国の空港(上海国際空港?)での撮影は見ごたえあるし、大群衆のダンスシーンなどはインド映画の十八番だし、何より監督はチャウ・シンチーの映画をよく研究してると思います(爆)。
楽しい気分になりたいときはお勧めの映画です。
中国人俳優としては悪人の北条役にゴードン・リュウ(「少林寺三十六房」、「キルビル」に出演)、北条を追うチャン刑事役にロジャー・ユアン(「シャンハイ・ヌーン」、「バレット・モンク」に出演)が出ています。

その後、渋谷「香港王」にて香港版DVD「赤壁 決戦天下」を遅ればせながら買ってきました。
「決戦天下」


「決戦天下」に沢山出てくるという「成語」を調べたいので、それには中文字幕がないと(成語辞典も買わないと駄目かな)だし、映像は漫画を描くときの資料にもなるので(笑)。

早速ですが、日本語字幕では「敵を欺くにはまず味方から」となってた部分。
「敵を欺くにはまず味方から」
中国語ではこうなってます↑

「越・・・・越・・・」の形で、・・・すればするほど、という意味。
「事情を知ってる者が少なければ少ないほど良い(上手くいく)」というような意味かな。(普通語学習初心者のため、違っていたらすみません)

成語を見つけられたら、ブログにてお知らせしたいと思います♪

category: 映画

tb: 0   cm: 2

△top