ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

1月の予定 

 

1月の予定、自分用覚書メモ。
「天使の眼、野獣の街」は1月31日(土)公開決定です。

<映画上映>
1月17日(土)公開 「戦場のレクイエム」
http://requiem-movie.jp/(音出ます)

1月17日(土)~2月6日(金) 「香港電影天堂」@シネマート六本木
http://www.cinemart.co.jp/theater/roppongi/hong_kong/

1月24日(土)公開 「007/慰めの報酬」
http://www.sonypictures.jp/movies/quantumofsolace/

1月24日(土)~2月20日(金)「中国映画の全貌」@シネマ・ジャック&ベテイ
http://www.jackandbetty.net/zenbow.html

1月31日(土)公開 「天使の眼、野獣の街」@シネマライズ

1月31日(土)「香港電影天堂」オールナイト@シネマート六本木
http://www.cinemart.co.jp/theater/roppongi/hong_kong/event.html
「ブエノスアイレス」「藍宇 ~情熱の嵐~」「僕の恋、彼の秘密」「エンター・ザ・フェニックス」上映

1月31日(土)カトリーヌ・ドヌーヴ「シェルブールの雨傘」「ロシュフォールの恋人」
 デジタルリマスター版同時上映@シネセゾン渋谷
 http://demy.jp/(音出ます)

<テレビ放送>
1月3日(土)日本テレビ 深0:00~0:25 「世界!弾丸トラベラー」はるな愛が台湾で温泉三昧

1月8日(木)テレビ東京 午後1:30~3:30 「グリーン・ディステニー」

1月10日(土) TBS 午後9:00~9:54 「世界ふしぎ発見!」
 「いま世界が注目~幸せの王国ブータン」

1月11日(日) NHKBShi 午後9:00~午後10:42 「インファナル・アフェア」

1月14日(水)NHKBS1 午後4:40~5:57 「アジアクロスロード」
  「“ヒットメーカー”フォン・シャオガン監督が語る新作映画」

1月16日(金)NHKBShi  午後10:00~午前0:01 「インファナル・アフェア 無間序曲」

1月18日(日) NHKBShi 午後9:00~午後10:59 「インファナル・アフェア 終極無間」

1月18日(日) NHK総合 午後11:45~「世界ふれあい街歩き」広州 西関地区 ~中国~

1月23日(金)日本テレビ 午後9:00~10:54 「香港国際警察/NEW POLICE STORY」

1月24日(土)NHK総合午後8:00~8:43 「探検ロマン世界遺産」 福建土楼

1月25日(日)NHKBS1 午後7:00~9:00 「未来への提言」映画監督チャン・イーモウ決定版

1月25日(日)NHK総合 午後11:35~「世界ふれあい街歩き」 ガンランバ ~中国~

1月26日(月)テレビ東京 午後1:30~3:30 「クローサー」

1月27日(火) NHKBS2 午前0:50~午前3:02(26日深夜)  「ジャスミンの花開く」

1月29日(木)日本テレビ 午後7:00~8:54 モクスペ「絶対遭遇したくない危険生物」
 野生のパンダが勢力争いで大ゲンカする模様が放送されるそうです。

<DVD発売など>
1月20日(火)「野獣たちの掟」DVD発売


※1月22日情報を追加しました。

スポンサーサイト

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

台湾再発見 

 

「台湾再発見」
12月30日(火)テレビ東京 午後3:00~4:55
昨年開通した台湾新幹線は、
今まであまり知られていない台湾の魅力を体験することを可能にした。
今回の「台湾再発見」は、そんな初めてづくしの台湾を旅する。

旅の行程は台北から新幹線で一気に南の高雄(カオシュン)へ。名物の海産物に舌鼓を打つ。さらに南下して、墾丁の海でリゾート気分を味わい、夜市では熱帯のフルーツを満喫する。

また内陸にも足をのばし、台湾の山里で茶畑の農家の人や遊びに来ていた台湾の人に出会い台湾のお茶や家庭料理を堪能する。

首都台北に戻り、台湾文化を体験、故宮博物院、陶芸や木彫りの町なども紹介。

番組HPより
http://www.tv-tokyo.co.jp/contents/newtitle/2008/12/022918.html


その他の情報
アルクのHP、華流スターの中国語・・・トニーの広東語インタビューも聞けます。
http://www.alc.co.jp/china/study/hualiu/index.html

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 4

△top

「花の生涯ー梅蘭芳」公式サイト 

 

またまたスモーカーさんよりお知らせいただきました。
「花の生涯ー梅蘭芳」公式サイトはこちらです。
http://meilanfang.kadokawa-ent.jp/
このトップの写真は少年役の顔でしょうか?レオン・ライの顔ではないみたいです。

予告編を観るとすごーく期待が高まります。早く観たい・・・。

あっ満神さまが出てる:笑(by「PROMISE」)。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 2

△top

次に行きたいところは、やはり 

 

ここでしょう♪
「旅」2月号 新潮社
「旅」2月号

グレちゃんのブログで紹介されてて、私も早速買ってきました。
夫が「今度香港に行ったら『香港版ミシュランガイド』買ってきて」と言ってたのですが、香港ミシュラン解析も載ってます。
(ただし、香港に三ツ星は一軒だけ、とのことで「フランス人に味がわかるのか!」と香港人にその評価はすこぶる評判が悪いそうですが)


今日の情報
年末にBS熱中夜話「三国志」の再放送があります。以前見逃していた方はこちらでご覧ください。「周瑜」が取り上げられるのは(3)ですが、どの回も面白いです。

BS熱中夜話「三国志」(1)(再)
12月31日(水) BS2 午後2:30~3:14

BS熱中夜話「三国志」(2)(再)
12月31日(水) BS2 午後3:14~3:58

BS熱中夜話「三国志」(3)(再)
12月31日(水) BS2 午後3:58~4:45

category: 本・雑誌

tb: 0   cm: 2

△top

オールナイト@香港電影天堂 

 

ありゃー、香港電影天堂オールナイト上映の詳細、もう発表になってました。

いい男・パラダイス
2009年1月31日(土)『ブラッド・ブラザーズ-天堂口-』の男優陣が出演したゲイ映画を一挙上映!!

日時:2009年1月31日(土)21:30~    
会場:シネマート六本木    
料金:¥2,000.-

上映作品: 
『ブエノスアイレス』(チャン・チェン出演)
『藍宇~情熱の嵐~』(リウ・イエ主演)        
『僕の恋、彼の秘密』(トニー・ヤン主演)
『エンター・ザ・フェニックス』(ダニエル・ウー主演)

トークイベント: 金子裕子(映画ライター)、よしひろまさみち(映画ライター)による中華イケメン トークショー

http://www.cinemart.co.jp/theater/roppongi/hong_kong/event.html

うあー、「ブエノスアイレス」があるし、「僕彼」も。「エンター・ザ・フェニックス」はコメディだけどゲイ映画と言えばゲイ映画か(笑)。

老体にムチうって行きたいラインナップだけど、この日は夜に予定が入ってます(泣)。
行かれる方は是非楽しんで来てください♪♪


今日の情報
・BS世界のドキュメンタリー シリーズ 中国「世界最大の映画村 誕生」(再)
12月30日(火)BS1 午前10:10~11:00
 http://www.nhk.or.jp/wdoc/
(多謝。さんのところで話題になってた「横店」、年末の放送ってこれですね)
追記
・「宇宙イチ逢いたい人」ローラ・チャンが故郷中国で再会
 12月25日(木)日本テレビ 深0:38~1:08 

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 2

△top

オールナイトもあるらしい 

 

09年1月17日(土)~2月7日(金)までの香港電影天堂ですが、シネマート六本木で「オールナイト上映企画中」だそうです。
http://www.cinemart.co.jp/theater/roppongi/topics/#002964
トークショーつき、とのこと、講師はMさんでしょうか?
詳細が発表になったらまた拙ブログでお知らせします。(私はもう体力的に無理かも・・・)


今日ちょっとした用事で友人にメールしたら、『暮れからお正月を乗り切るのに必死で1月まで考えがおよんでない』とのお返事がありました。
私には主婦としての何か、いや何かと言うより全部が欠けていることを実感・・・。
(年末年始くらい家のことを考えなさい!>自分)

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

「K-20 怪人二十面相・伝」観ました 

 

今日地元のシネコンで「「K-20 怪人二十面相・伝」観てきました。

「レッドクリフ」の上映期間中に興行順位を下げるような行為を!とトニーファンからお叱りを受けそうですが(汗)。
だって地元のシネコンではもう上映終わっちゃったんだぽん・・・。

いやー面白かったですね。もう続編の話が出てるっていうのも頷けます。
最近スカッとする映画は少ないと思っていたけど「レッドクリフ」と、この「K-20」がありましたね。

しかし、金城君、君はどんだけ鳩を愛する男なんだ(笑)。
「ターンレフト ターンライト」では公園の鳩にバイオリンの演奏を聞かせ、「レッドクリフ」では鳩を調教し、この「K-20」でも人間よりも鳩を愛するサーカス団員。(「レッドクリフ」に続き同じく白い鳩・・・)

街中を直線に走りぬけるシーンではどこまでが本人か、どこからがスタントマンなのかわかりませんでした。かなり難しいアクションをこなしているように見えます。
松たか子、國村隼人さんもすごく良かったです。松さんは特にお風呂での仁王立ちが(笑)。

ただ難を言えば映画のお話自体は、これまでに観たことがあるお話をつなぎ合わせたような感覚がしましたね。最後の方などは「あれ?カリオストロ?」と思えるシーンも。

「ALWAYS三丁目の夕日」のVFX映像が・・・との謳い文句も、私は実はそのVFX映像があまり好きじゃないのです。なんか嘘っぽく見えて気持ち悪いんです。これは出来上がりの問題じゃなくて、個人の好みの問題なのだと思います。
違う映画だけど同じく邦画の「マジック・アワー」も、映画のストーリィは好きだけど、街全体を作っているセットがあんまり好きじゃない。
映画は、セットやCGは最小限にして、イメージに似た実際の街中や自然の中で撮影したものの方が好きです。


今日の情報
09年1月17日(土)~2月6日(金)まで開催の「香港電影天堂」の上映スケジュールが発表になってましたのでお知らせします。
「香港電影天堂」サイト
http://www.cinemart.co.jp/theater/roppongi/hong_kong/
(ページの下の方までぐーーっとスクロールして下さい。上映スケジュールが載ってます)

トニー映画三本のスケジュールを下記に抜粋しました。

1月21日(水)11:20~「傷だらけの男たち」
1月22日(木)11:20~「傷だらけの男たち」
1月23日(金)11:20~「傷だらけの男たち」
1月24日(土)13:50~「傷だらけの男たち」
1月30日(金)13:50~「ヒーリング・ハート」
1月31日(土)11:20~「ヒーリング・ハート」
        13:50~「傷だらけの男たち」
        16:20~「ラブ・イズ・マネー」
2月2日(月)13:50~「ラブ・イズ・マネー」
       16:20~「ヒーリング・ハート」
2月3日(火)13:50~「ヒーリング・ハート」
       16:20~「ラブ・イズ・マネー」
2月5日(木)13:50~「ラブ・イズ・マネー」
       16:20~「ヒーリング・ハート」

5枚綴り前売り券を買いに行かねば・・・。

category: 映画

tb: 0   cm: 6

△top

今夜もパンダ 

 

12月21日(日)NHK総合 午後7:30~8:45 こんにちは!動物の赤ちゃん
 可愛い秘蔵映像の数々を一挙公開
 飼育員の愛情育児グッズ・パンダ生と死のドラマ・ホッキョクグマ涙と感動の秘話

だそうです。「ぱんだまにあ」としては、はずせませんっ。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

中国映画の全貌@シネマ・ジャック&ベティ 

 

2009年1月24日(土)~2月20日(金)横浜黄金町シネマ・ジャック&ベティで行われる「中国映画の全貌」の上映スケジュールが発表になってましたのでお知らせします。
<シネマ・ジャック>
1/24(土)~1/31(金) 「芙蓉鎮」「乳泉村の子」
1/31(土)~2/6(金) 「宋家の三姉妹 」「君よ憤怒の河を渉れ」
2/7(土)~2/13(金) 「變瞼へんめん この櫂に手をそえて 」「古井戸」「早熟」
2/14(土)~2/20(金) 「阿片戦争」「項羽と劉邦ーその愛と興亡 」
<シネマ・ベティ>
1/24(土)~2/5(金) 「モンゴリアン・ピンポン」「草原の女」「天安門、恋人たち」「パティシエの恋」
2/7(土)~2/13(金) 幻の上海アニメーション Aプログラム(「ナーザの大暴れ」「牧笛」「猿と満月)
              幻の上海アニメーション Bプログラム(「琴と少年」「不射の射」「鹿鈴」「胡蝶の泉」)
2/7(土)~2/20(金) 「さくらんぼ 母ときた道」「小さな赤い花」「追憶の上海」「フルタイム・キラー」

K'sシネマよりも上映本数が少ないものの、今年一般公開された新作「天安門、恋人たち」「さくらんぼ 母ときた道」「小さな赤い花」の上映もあるので、お得な感じです。
残念ながらトニー出演映画の上映はないようです。

上映時間など詳細はこちらをご覧ください。
http://www.jackandbetty.net/zenbow.html


今日の情報
12月27日(土)日本テレビ 午後7:00~8:54 「天才!志村どうぶつ園」
 誰でもすぐ近くでふれあえるパンダだらけの2時間スペシャル
 志村園長ら番組メンバーが、双子の赤ちゃんパンダ、梅浜(めいひん)と永浜(えいひん)のいる和歌山県のアドベンチャーワールドへ。また綾瀬が、臥龍中国パンダ保護研究センターを訪れ、08年5月に起きた四川省の大地震後、パンダたちはどうしているのか、その現状をリポートする。

今日の立ち読み情報
「映画秘宝」2月号
アンソニー・ウォン、ン・ジャンユーさんのインタビューが載ってます。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

PartⅡ公開は4月10日(金) 

 

今日の一番のNewsはこれですね!
もにかるさんからの情報により公式サイトに行ってみると、ありました。
「レッドクリフ PartⅡ」公開 09年4月10日(金)より
「レッドクリフ」公式サイト
http://redcliff.jp/index.html(音出ます)
TOP画面の右端に「PartⅡ」の文字があります。
そこをクリックすると「PartⅡ」のTOP画面に飛ぶようになってます。「イントロダクション」で短い紹介映像が観られます。
盛り上がってきますねぇ・・・。

今日のその他の情報
・速報!この映画がすごい!誌選出ベスト30でも『ラスト、コーション』第3位に!
 12月21日発売の“この映画がすごい!”誌2月号で発表される「2008年ホントにおもしろかった映画ベスト30!!」で、『ダークナイト』『ノーカントリー』に次いで『ラスト、コーション』が第3位に選出されました。また最優秀女優賞にはタン・ウェイが選ばれ、『ラスト、コーション』は2部門に渡って栄冠を勝ち取りました。因に最優秀男優には『ダークナイト』のヒース・レジャーが受賞しています。
 ワイズポリシーさんブログより
 http://blog-wisepolicy.st-margarets.main.jp/

・シネマート六本木にて開催される「香港電影天堂」の上映、残り一作品は「イザベラ」になりました。
「イザベラ」はシネマヴェーラ渋谷での上映後は、もうスクリーン上映はないというような話を聞いていたので、幸いなことにまだ観られる機会が増えたようです。
 http://www.cinemart.co.jp/theater/roppongi/hong_kong/
 (ちなみに上映スケジュールはまだ発表になってません)

・12月22日(月) NHKBS1 午後4:40~5:57 アジアクロスロード
 ゲストトーク 「観光大使 飛輪海(フェイルンハイ)が語る台湾の魅力」
 http://www.nhk.or.jp/asia-cross/weekly/index.html

・09年2月公開の「三国志」、劇場窓口で特別鑑賞券(1,500円)をお求めの方に先着でオリジナルポストカードセットをプレゼント!
 東京の劇場はシャンテ・シネです。
 詳しくは公式サイトのTHEATERSのページで。
 http://www.sangokushi-movie.jp/

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

読者が選んだ'08年一番好きな男優2位に 

 

なんとトニー・レオンが「読者が選んだ一番好きな男優」2位だそうですよ!
ただ今発売中の「TV Taro」新春超特大号にて
「TV Taro」 「TV Taro」3
1位 ジョニー・デップ
2位 トニー・レオン
3位 ダニエル・クレイグ
4位 レオナルド・ディカプリオ
5位 ジョージ・クルーニー
(6位は金城君です)

ちなみに「「読者が選んだ一番好きな監督」の2位はジョン・ウー監督。
トニーもジョン・ウー監督も前回は圏外だったそうなので「レッドクリフ」効果と言えそうです。

同「TV Taro」にはジャンユーさんのインタビュー記事も載ってます。(多謝。さ~ん)
「TV Taro」2


<今日のその他の情報>
・速報!『ラスト、コーション』日本アカデミー賞優秀外国作品賞受賞!
http://blog-wisepolicy.st-margarets.main.jp/
・やったぁ!『ラスト、コーション』が日本アカデミー賞受賞!!!!
http://wisepolicytokyoblog.blog32.fc2.com/blog-entry-68.html
・新春第2弾公開「天使の眼、野獣の街」
 オリジナルポストカード(限定枚数)付き特別鑑賞券1,500円 シネマライズで発売中
 http://www.cinemarise.com/cgi-bin/rise_search.cgi?just2=2&attk=devil3n

・12月28日(日)NHK総合 午後11:40~0:55 「チャン・イーモウ 北京オリンピックを語る」

<追記>
おおっお風呂に入ってる間に既に拍手が4つも・・・ありがとうございます。

冷静に考えたら、トニーが2位って本当だろうか?映画のガイドブックを出版している「テレビ○ロウ」さんが下駄を○かせてるとか・・・ないですかね。(←それでもファンか)
だって私の周りに「トニーっていいよね」て言う人いないよ?私以外に(笑)。
そして自分がトニーファンと言うといまだに「じゃ韓国語勉強してるんですか?」て聞く人いるよ。
この質問、永遠に絶滅しないのかな、と思うときがあるね。

・・・なんでこんなにムキになってるかと言うと、ホントに映画ファンの間で2位なんだったら来年の「レッドクリフ PartⅡ」ジャパンプレミアのチケット獲得は絶望的じゃないかと思える(絶対当たらない~泣)からなんだけど・・・。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 3

△top

今日の立ち読み情報 

 

「マドリDEエンタテインメント Variety Japan 」(不定期刊)
マドリDEエンタテインメント
様々な映画のマドリを紹介。
「花様年華」の「2046号室」のマドリが紹介されています。
「エグザイル/絆」映画紹介、ジャンユーさんのインタビュー記事もあり。


category: 本・雑誌

tb: 0   cm: 4

△top

今日の情報 

 

「レッドクリフ」メルマガより
■12月17日(水)4:55頃
 フジテレビ「めざにゅ~」《ハヤリmono》にて特集紹介予定

大ヒット緊急企画!
テレビ朝日にて、スペシャルプレビューが決定!
「シネマエキスプレス」内大ヒット御礼!企画として2夜連続で放映されます。

■第1弾:12月19日(金)27:00
趙雲の最大の見せ場。「三国志」でも有名なエピソードである
長坂の戦いを、たっぷりお見せします!

■第2弾:12月21日(日)26:45
孔明の奇策が炸裂!あの「九官八卦の戦い」が、大迫力の
映像で、現代によみがえる名シーンを放映!
「レッドクリフ」を劇場でもう観た方も、まだ観てない方も
名シーンを見られる貴重なチャンスです!お見逃しなく!!


ありゃ~~「めざにゅ~」17日(水)とは、明日ではありませんか、早速録画予約しなければ。


その他の情報
「東京フィルメックス」に審査員で出席したレオン・カーファイの記者会見の模様です。
http://www.asiancrossing.jp/focus/2008/1214/index.html

えーと全然関係ないのですがNHK大河ドラマ「篤姫」、西郷隆盛役の小澤征悦さん、指揮者の小澤征爾さんの息子さんだったのですね。以前から気になってたのですが今日やっと検索して判明しました。(頭の形が似てると思った・・・)

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

「戦場のレクイエム」は1/17(土)公開 

 

もにかるさんのブログより情報を頂きました。
「戦場のレクイエム」、09年1月17日(土)公開です。
公式サイト
http://requiem-movie.jp/(音出ます)

1月17日(土)というと「香港電影天堂」開始の日ではないですか。
まぁ年明けで仕事も始まって落ち着いてきてから、となると、これくらいの日程になりますね。


それにしても今日は寒かったです・・。空気が冷え冷えです。
年末も近づいてなんか気分が落ち着かなくなってきました。
今週はピンチヒッター出勤もあり、バタバタしそうです。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

「没有」しか聞き取れない 

 

こんなんありましたぁ~。アルクのページ、「映画で学ぶ中国語」レッドクリフ編です。
http://www.alc.co.jp/china/study/cinema/scene.html

「シーン全体を聞く」、もしくは「中国語の文」をクリックすると映画のそのシーンの台詞の聞き取りもできます。

周瑜が藁の束を引っ張って「没有・・・・」と言ってたの、こういう言葉を言ってたのか。
「没有」しか聞き取れないけど(笑)。だってスピード早いんだもん。

聞き取りの練習、と思っても映画の世界に頭が飛んでゆく。
よく考えたらトニーの生声じゃないからそんなウットリする必要ないのだけど、条件反射(笑)。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

「香港電影天堂」ラインナップ 

 

09年1月17日(土)~2月6日(金)まで、シネマート六本木で開催される「香港電影天堂」のラインナップが発表されました。
「香港電影天堂」特設ページ
http://www.cinemart.co.jp/theater/roppongi/hong_kong/

『上海グランド』[1996/香港/1h37/]監督:プーン・マンキッ 
出演:レスリー・チャン アンディ・ラウ チョン・ウソン ニン・チン

『藍宇 情熱の嵐』[2001/香港/1h26/]監督:スタンリー・クワン 
出演:リウ・イエ、フー・ジュン

『ディバージェンス―運命の交差点―』 [2005/香港/1h41/]
監督:ベニー・チャン 
出演:アーロン・クォック、イーキン・チェン、ダニエル・ウー、ニン・チン

『ドラゴン・スクワッド』   [2005/香港/1h51/]
監督:ダニエル・リー 
出演:ヴァネス・ウー、ショーン・ユー、サモ・ハン、ホ・ジュノ、イザベラ・リョン

『傷だらけの男たち』[2006/香港/1h51/]監督:アンドリュー・ラウ 
出演:金城武、トニー・レオン、シュー・ジンレイ、スー・チー、チャップマン・トー

『冒険王』[1996/香港/1h30/]監督:チン・シウトン 
出演:金城武、ジュット・リー、ロザムンド・クワン、チャーリー・ヤン

『恋の風景』[2003/香港+中国+日本+フランス/1h45/]監督:キャロル・ライ 
出演:カリーナ・ラム、リウ・イエ、イーキン・チェン

『恋するブラジャー大作戦(仮)』[2001/香港/1h51/] 監督:パトリック・レオン 
出演:カリーナ・ラウ、ジジ・リョン、ルイス・クー、ラウ・チンワン、吉岡美穂

ほか1本を予定。12/19以降発表 残り1本は「イザベラ」になりました。

<劇場未公開作品>(DVD上映)
『ジェイ・チョウを探して』(原題:尋找周杰倫)  [2003/香港/1h23/]
監督:オーブリー・ラム  
出演:ショーン・ユー、ジェイ・チョウ、ポポ、ダニエル・ウー

『ヒーリング・ハート』(原題:侠骨仁心) [2000/香港+中国/1h47/]
監督:ゲーリー・タン 
出演:トニー・レオン、スティーブン・フォン、ミシェル・リー、ケニー・ビー

『エンドレス・アフェア』(原題:愛興誠) [2000/香港/1h29/]
監督:アラン・マック 
出演:フランシス・ン、ジジ・リョン、ダニエル・チャン、サム・リー

『スイート・シンフォニー』(原題:飛一般愛情小説)[1997/香港/1h33/]◆1回のみの特別上映◆
監督:イップ・カムハン 
出演:スー・チー、アンディ・ホイ、ジャン・ラム、テレサ・リー

『ラブ・イズ・マネー』(原題:有情飲水飽)[2001/香港/1h39/] 監督:バリー・ウォン 
出演:トニー・レオン、スー・チー、ウォン・ヤッフェイ

『電脳警察 サイバースパイ』(原題:公言2000)[2000/1h44/香港+シンガポール/]監督:ゴードン・チャン 
出演:アーロン・クォック、ダニエル・ウー、フランシス・ン、ジェイムズ・ライ


なんとトニー映画が三本(「傷だらけの男たち」「ヒリング・ハート」「ラブ・イズ・マネー」も上映されます!(DVD上映だけど。欲を言えば「地下鉄の恋」も上映してほしかったです)
まるで盆と正月がいっぺんに来たような豪華さです♪
「恋ブラ」も、も一回観たいと思ってたし、「藍宇」もはずせません。

「香港電影天堂」の5枚券は12月17日(水)から発売です。


今日のその他の情報(そらさん、ありがとう)
1月24日~2月20日まで「中国映画の全貌in横浜黄金町」がシネマ・ジャック&ベティで上映されるそうです。スケジュールが合わずに観られなかった映画がここで観られるといいな。(K’sシネマの方は12月19日(金)までです)
シネマ・ジャック&ベティ 公式サイト(今のところまだサイトに上映スケジュールはUPされてません)
http://www.jackandbetty.net/

あと、今日発売の「FRaU」買ってしまいました。
写真はこんな感じです。
「FRaU」1

「FRaU」2
無防備な後ろ頭にドキューンとなりました・・・。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 2

△top

今日の情報 

 

本日の「レッドクリフ」メルマガより
★「レッドクリフ Part2」最新ビジュアル解禁!!
 「レッドクリフ Part2」の最新ポスター・チラシが劇場に登場します!
 Part1の曹操軍に対し、周瑜率いる連合軍が迎えうつビジュアルです!
  ぜひお手にとってご覧ください!
「レッドクリフ PartⅡ」チラシ
※ヤフーNewsによると、最新チラシは今週末12月13日から各劇場配布だそうです。
http://movies.yahoo.co.jp/m2?ty=nd&id=20081211-00000001-eiga-movi

★ジョン・ウーが認めた才能!主題歌はPart1に続き<alan>に決定!

★【雑誌掲載情報】
 ■12月12日「フラウ」(講談社)
  フラウ映画特集号に、トニー・レオンが、リン・チーリンが、中村獅童が登場!
  トニーとリンの美しすぎるツーショットグラビアは、周瑜と小喬が現代によみが
  えったよう!
  トニーファンなら、トニーをここまで男前にさせるリン・チーリンに嫉妬するはず!
  パート2の内容を予感させる記事は必見!
  同号内、世界中の監督から愛される俳優・中村獅童記事にもご注目ください!

来年のアジア映画情報追加
FREEMANさんのブログによると「江山美人」も09年4月公開予定だそうです。
※前回の記事の公開情報に「江山美人」を追加しました。
(追記:「プラスティック・シティ」も抜けてました・・・追加しました)

テレビ放送情報
12月20日(土) ABC(関西のみ)深3:00~4:48 「ターンレフト ターンライト」

12月23日(火)NHKBS2 午前9:57~10:20 「ウォレスとグルミット チーズホリデー」

12月24日(水)NHKBS2 午前9:30~9:59 「ウォレスとグルミット ペンギンに気をつけろ!」

         NHKBS2 午前9:59~10:29 「ウォレスとグルミット 危機一髪!」

12月26日(金)日本テレビ 深4:32~5:59 「初恋のきた道」
 (現在の部分での息子役を演じているスン・ホンレイをチェックするために観なくては・・)
       

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

「三国志」の公式サイトも 

 

昨日に引き続き、「三国志/三国之見龍卸甲」の公式サイトが出来ましたのでお知らせします。
(またまたスモーカーさん、ありがとうございます♪「投名状」の情報も)
http://www.sangokushi-movie.jp/(音出ます)
予告編が見られます。結構長いです。
09年2月シャンテシネほか全国ロードショー

<09年公開予定のアジア映画>
1月公開      「戦場のレクイエム」(集結號)
2月7日(土)公開 「ブラッド・ブラザーズ~天堂口~」
2月公開      「三国志」(三国之見龍卸甲)
2月下旬公開   「長江にいきる 秉愛の物語」
新春第2弾公開  「天使の眼、野獣の街」(アイ・イン・ザ・スカイ)
3月7日(土)公開 「花の生涯~梅蘭芳~」
3月公開      「プラスティック・シティ」
4月公開      「レッドクリフ PartⅡ」
           「江山美人」
公開時期不明  「ウォーロード/男たちの誓い(仮題)」(投名状)


と、アジア映画公開目白押しです♪ 
でもお客さんが入らないと、この公開ラッシュも続かないですね。頑張って映画館に通わないと・・・。


今日の立ち読み情報
「中国語ジャーナル」1月号
「中国語ジャーナル」
東京国際映画祭に出席したトニーらの写真が載ってます。
雑誌内容はこちら。
http://www.alc.co.jp/cj/mokuji.html

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

「ブラッド・ブラザーズ 天堂口」公式サイト 

 

09年2月7日(土)から公開の「ブラッド・ブラザーズ 天堂口」の公式サイトが出来てました。
http://www.cinemart.co.jp/b-brothers/
(スモーカーさん、ありがとうございます♪♪)
まだ表紙だけですが。

公開記念にチャン・チェンやダニエル・ウーは来日しないのでしょうか。
私的には生リウ・イエが見てみたいです。生スン・ホンレイも。
(トニー・ヤン、スー・チーを忘れてる!とお叱りを受けそう)


今日の情報
今週の「TOKYO HEADLINE」 アンソニー・ウォン・インタビューが載ってます。
http://www.tokyoheadline.com/vol387/inter01.html

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 2

△top

上海アニメと公開情報いろいろ 

 

K'sシネマにて「琴と少年」「鹿鈴」「胡蝶の泉」「不射之射」を観ました。
今回で「中国映画の全貌2008」は5本目。5枚綴りを丁度使い切り、あと来られそうな日に限って、既に観たことがある作品の上映なので、これで終了かな。

上海アニメ、「琴と少年」「鹿鈴」は前に観たことがあったので、感想はパスするとして、人形劇の「不射之射」はとっても面白かったですね。他のアニメは音楽だけで台詞は一切なかったのですが、これは橋爪功のナレーションつき、原作は中島敦の「名人伝」、人形は川本喜八郎が演出・技術指導するなどして、作品は88年と最近のもの。スクリーンの画像も劣化しておらず、観やすかったです。

お話はというと弓道の達人を目指している男性が、最後には「不射之射」という境地に達したというものなのですが、どこか「HERO英雄」に出てきた「剣の境地」にも通ずる内容でしたね。

中国らしい(笑)荒唐無稽なお話で「んなアホな」とも言えますが、もう一度観たいくらい気に入りました。この男性は奥さんがいたのですが、仕事もせずに変な修行ばかりして(笑)、どうやって食べていたのだろう、奥さんの内職だけ?という奥さんの立場からするとハタ迷惑なお話でもあります。
こういうのを観ると中国は変人に寛容な国だと思いますね。

その後はシネマヴェーラに移動してアンソニー・ウォン特集上映へ。
アンソニー・ウォン特集上映
久々に「インファ」を観ました。やはりヤンは格別です・・・。


ところで、シネマヴェーラに置いてあるチラシに吃驚したのですが、
・なんと「ブラッド・ブラザーズ/天堂口」09年2月7日(土)公開です!
「ブラッド・ブラザーズ」チラシ1

「ブラッド・ブラザーズ」チラシ2
公開はシネマート六本木にて。(関西はシネマート心斎橋、09年3月公開予定)
特別鑑賞券 12月13日(土)より発売予定、1,300円(税込)
劇場窓口でお買い上げの方に限り、特製ポストカードをプレゼント!(限定数、なくなり次第終了)

・映画公開記念スペシャル企画
「香港電影天堂 ~HongKong Movie Paradise~」
「上海グランド」はじめ、珠玉の傑作群を一挙上映!
劇場:シネマート六本木 
開催期間:1月17日(土)~2月6日(金)
特別鑑賞券(税込)1,100円 (12月13日(土)~発売予定)
5枚綴り5,000円 「ブラッド・ブラザーズ」専用1枚+「香港電影天堂」上映作品、「ブラッド・ブラザーズ」共通券4枚
(12月6日(土)現在、シネマート六本木のサイトには載ってないので、上映作品含め発表になったら改めて拙ブログにてお知らせします)

あとこんなチラシも。
・「プラスティック・シティ」09年3月、渋谷アミューズCQN、新宿バルト9ほか全国順次ロードショー。
「プラスティック・シティ」チラシ

公開情報に縁がある一日でしたが、FREEMANさん「電影宣伝自由人」ブログによると
・「アイ・イン・ザ・スカイ」も
「天使の眼、野獣の街」という邦題で、09年新春第2弾 渋谷シネマライズにて公開だそうで、最後にまた嬉しい情報でした♪
http://blog.goo.ne.jp/fightinglove2002

category: 映画

tb: 0   cm: 2

△top

朝日夕刊に「エグザイル/絆」記事 

 

本日朝日夕刊に「エグザイル/絆」の紹介記事がありました。
朝日記事
『ハードなやくざ映画は苦手な女の観客にとってもこの一作は不思議な魅力で迫ってくる』
『演出は、よく考えぬかれているのに、ごく自然で、そのくせ、なぜか懐かしく軽やかでさえある』

なるほどなぁと思う紹介記事ながら、物語の最後のオチまで書いてしまっていて、「それはナイでしょ」と思ってしまいました。
映画をこれからご覧になる方は、まだ記事は読まないでください(笑)。

今日の情報
ASIAN CROSSINGにアンソニー・ウォン&ン・ジャンユーさんのインタビューが載ってました。
http://www.asiancrossing.jp/intv/2008/1204/index.html

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

雑誌情報いろいろ 

 

本日発売「MOVIE STAR」1月号にトニー、金城君、チャン・チェンインタビューが載ってました。
トニー、チャン・チェンは各半ページ(トニーの写真は8月来日時のものでした)、金城君は2、3ページありました。
「MOVIE STAR」1月号
http://www.inrock.co.jp/moviestar/new/index.html
(通りすがりさん、ありがとうございます。チャン・チェンインタビューのみかと思ってスルーするところでした)

あと今週の「TV Bros」を立ち読みしたらアンソニー・ウォン、ジャンユーさんの対談が載っておりました。
帰宅して「エグザイル/絆」の公式サイト・NEWSのページを見たら掲載雑誌情報がたくさん載っておりました♪
多謝。さんところと内容がかぶりますが、こちらでも載せておきます。
なんとNHKBS1「アジアクロスロード」ではアンソニさんのインタビューが放送されます。
アジア映画俳優や監督さん>英語が話せる方は →     「英語でしゃべらナイト」出演
                 北京語が話せる方は →    「テレビで中国語」出演
                 上記の方もそれ以外の方も →「アジアクロスロード」出演

ということでこれからも、もれなくよろしくお願いします、NHKさん。

「エグザイル/絆」記事情報・・ネット、雑誌、TV、ラジオなど
(以前ご紹介したものと重複あります、ご容赦ください)
●MovieWalker
アンソニー・ウォンとフランシス・ンがジョニー・トー映画の魅力と即興演技の醍醐味を語る!
http://www.walkerplus.com/tokyo/latestmovie/report/report6297.html

●VARIETY JAPAN
フランシス・ン「それは、豊かな想像力が奏でる、哀しみや情熱が折り重なった男たちのメロディ」
http://www.varietyjapan.com/interview/2k1u7d00000glitv.html

●eiga.com
ジョニー・トー監督インタビュー「いちばん大切なものは友情という価値観を表現したかったんだ」
http://eiga.com/movie/53986/special
アンソニー・ウォン インタビュー「トー監督は我々のような役者を必要としているんだ」
http://eiga.com/movie/53986/special/2

●ヴァガンス
フランシス・ン インタビュー『エグザイル/絆』フランシス・ンの美学(←葉巻片手のフランシスかっこいいです)
http://www.extravagance.jp/

●cinemacafe.net(12/4up)
アンソニー・ウォン インタビュー
http://www.cinemacafe.net/

●シネマぴあ(12/4up)
アンソニー・ウォン&フランシス・ン インタビュー
http://www.pia.co.jp/cinema.html

●フリーペーパー「ツタヤVA」(ツタヤ店舗にて無料配布中)
CLOSE UPインタビュー アンソニー・ウォン(←この素敵な表情は必見です。。。)
http://www.tsutaya-ltd.co.jp/media/va.html

●雑誌「この映画がすごい!」1月号(発売中)(←裏表紙の広告もご覧ください!)
ジョニー・トー監督インタビュー
http://tkj.jp/movie/

●雑誌「TV NAVI月刊テレビナビ」1月号(発売中)
華流choice アンソニー・ウォン&フランシス・ン「仲のいい2人が語る男らしさとは?」
http://www.sankei.co.jp/tvnavi/

●雑誌「エスクァイア日本版」1月号(発売中)
アンソニー・ウォン&フランシス・ン「本物の“男”を感じさせてくれた2人の顔が、曇っているわけ。」
http://www.esquire.co.jp/esquire/2009/01/

●雑誌「DVDでーた」No.12(発売中)
アンソニー・ウォン&フランシス・ン インタビュー
http://www.dvddata-mag.com/

●DVDでーた.com
フランシス・ン SPインタビュー「香港映画界きっての個性派、フランシス・ンを直撃!」
http://www.dvddata-mag.com/interview/2008/11/exilepr.php

●雑誌「TV station」11/29~12/12号(発売中)
あじえん!アンソニー・ウォン インタビュー(←おちゃめなアンソニー)
http://tvstation.jp/

●雑誌「SPA!」12/9号(発売中)
文化堂本舗 アンソニー・ウォン「寡黙だが義に厚い、香港の個性派。やはり男はかくあるべし!」(←写真、激シブです!)
http://spa.fusosha.co.jp/

●雑誌「TV Bros.テレビブロス」12.6~12.19号(発売中)
アンソニー・ウォン×フランシス・ン「男たちの熱き友情にしびれろ!」
http://www.tokyonews-webstore.com/tvbros/

●雑誌「ススめる! ぴあ」12/18号(12/4発売)
ジョニー・トー監督インタビュー
http://www.pia.co.jp/wpia/index.php

●会員誌「Club it月刊クラビット」12月号
(スカイパーフェクTV加入会員に配付されている雑誌です)
亜細亜茶房 フランシス・ン インタビュー

先取りCHECK!
●キネマ旬報 12/15号(12/5発売)
『エグザイル/絆』特集 アンソニー・ウォン&フランシス・ン インタビュー/滝本誠×宇田川幸洋対談(←注目です!)
http://www.kinejun.com/kinema/next.html

●FM J-WAVE MODAISTA 12/6(土)ON AIR 14:00-14:40(T-STYLE CAFEにて)
スーパースター アンソニー・ウォン&フランシス・ンが語る!香港MOVIE Now & Then
http://www.j-wave.co.jp/original/modaista/

●雑誌「スタジオボイス」12月号(12/6発売)
アンソニー・ウォン&フランシス・ン インタビュー
http://www.studiovoice.jp/studio-voice/content/next-issue.html

●TV「NHKBS1アジアクロスロード」12/10 ON AIR 16:40-17:57
アンソニー・ウォン インタビュー
http://www.nhk.or.jp/asia-cross/

●So-net CineSmart(12/12up予定)
アンソニー・ウォン&フランシス・ン インタビュー
http://www.so-net.ne.jp/movie/

●フリーペーパー「TOKYO HEADLINE」(12/15発行)
アンソニー・ウォン インタビュー
http://www.tokyoheadline.com/

●雑誌「アー・ユー・ハッピー?」1月号(12/15発売)
フランシス・ン インタビュー
http://www.are-you-happy.com/index.html

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

「宋家の三姉妹」観ました 

 

今日はK’sシネマにて「宋家の三姉妹」を観ました。

何の予備知識もなく観たのですが、「ラスト、コーション」よりも少し前の中国の歴史が少し見えきた気がしました。何より孫文と蒋介石、近代史でざっと読んだくらいで終わった歴史の授業の部分で何となく対立する関係、というくらいの認識でしたが、この二人の立場が映画で少し理解できた気がします。まだまだ勉強不足で知らないこと一杯ですが・・・。

それにしても宋家の長女(ミシェル・ヨー)は大富豪・孔祥煕と結婚し、次女(マギー・チャン)は孫文と結婚、三女(ヴィヴィアン・ウー)は蒋介石と結婚なんて中国、スケールでかすぎ。日本の神社での結婚式の時のマギーの赤いスーツ姿が洗練されてて美しかったなあ。衣装デザインはワダエミさんです。

考え方の対立により疎遠になりつつも、家族愛で根っこの部分では互いに助け合う姉妹の姿に感心しました。
こういう経緯で蒋介石含め国民党は台湾に移ったのですね。台湾には蒋介石を祭った中正記念堂があるけど、国民は決して一枚岩ではないですよね。普段は穏やかな台湾の人々が選挙では熱くなるのは、まだ中国人同士の争いが終わってないってことなんでしょうね。二・二八事件もあったし・・。
(中国本土の方は共産党一党独裁で言論が封殺されている分、対立する自由がある台湾の方がましだとも言えるかもしれない・・・)


ところで、今日は新宿に出かけたついでにポストカード付き「レッドクリフ Part2」前売り券を購入しました。
(発売二日目なので売り切れか?と心配しましたが、新宿ピカデリーでは今日はまだありました。皆様も無事手に入りますよう)
「レッドクリフ Part2」前売り券

今日の情報
レッドクリフメルマガより。
「三国志」ポータルサイト「英傑群像」と「レッドクリフ」がコラボレーション!
 オリジナルグッズを発売中です。

 ★オリジナルグッズ
 ・レッドクリフ ビックハンドタオル(曹操)
 ・レッドクリフ ハンドタオル4種
 ・レッドクリフ タンブラー2種類(黄・青)

 ▼「英傑群像」コラボグッズはこちら
  http://www.chugen.net/

【雑誌掲載情報】

■12月4日「ムービースター」(インロック)
  チャンチェンインタビュー特集記事

■12月12日「フラウ」(講談社)
  フラウ映画特集号!! 来年の映画紹介

その他の情報
・今日発売の週刊「spa!」にアンソニー・ウォン・インタビューが載ってました。

・TSUTAYA「VA」にアンソニー・ウォン・インタビューが載ってます。
 http://www.tsutaya.co.jp/va/index.zhtml
 (通りすがりさん、ありがとうございます)

category: 映画

tb: 0   cm: 6

△top