ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

8月の予定 

 

8月の予定、自分用覚書メモ。

<映画上映・イベント関係>

8月2日(土) 「それぞれのシネマ」公開 ユーロスペース
http://sorezore.asmik-ace.co.jp/

         「地球で一番幸せな場所」公開 シネマート六本木
http://www.cinemart.co.jp/shiawase/

        「鳥の巣 北京のヘルツオーク&ド・ムーロン」公開 ユーロスペース
http://www.torinosu-eiga.com/

       「881 歌え!パパイヤ」公開 ユーロスペース
http://www.881movie.com/

8月2日(土)~12月14日(日)「フェルメール展 光と天才画家とデルフトの巨匠たち」 東京都美術館
http://www.tobikan.jp/

8月16日(土)「カンフー・ダンク!」公開
http://www.kf-d.jp/

        「ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝」公開
http://www.hamunaptra3.com/

8月16日(土)~22日(金) 「P2」「ラスト、コーション」上映 三軒茶屋中央
http://www.walkerplus.com/tokyo/latestmovie/9MADV001.html

8月16日(土)~8月22日(金) 李安 アン・リー 90’s シネマート六本木
 「推手」「ウェデング・バンケット」「恋人たちの食卓」上映
http://www.cinemart.co.jp/taiwan2008/special_program.html

8月23日(土)「言えない秘密」公開 新宿武蔵野館
http://ienai-himitsu.com/index.html

        「デトロイト・メタル・シティ」公開
http://www.go-to-dmc.jp/index.html

        「小さな赤い花」公開 シアター・イメージフォーラム
http://www.cinematopics.com/cinema/works/output2.php?oid=9226

8月23日(土)~9月26日(金) 台湾シネマ・コレクション2008 シネマート六本木
http://www.cinemart.co.jp/taiwan2008/

8月23日(土)~8月29日(金) 侯孝賢 ホウ・シャオシェン 80’s シネマート六本木
 「川の流れに草は青々」「坊やの人形」「悲情城市」上映
http://www.cinemart.co.jp/taiwan2008/special_program.html

8月30日(土)「インビジブル・ターゲット」公開 シネマスクエアとうきゅう
http://www.invisible-target.jp/

        「パンダフル・ライフ」公開
http://www.pandaful.jp/
        
        「シルク」公開 シネマート六本木

8月30日(土)~9月1日(月) 新文芸坐 「ラスト、コーション」「モンゴル」二本立て上映
http://www.shin-bungeiza.com/

<テレビ放送>

8月14日(木) テレビ東京 午後9:00~11:14 「キサラギ」放映

8月16日(土) 日本テレビ 午後3:00~4:55 ドキュメンタリードラマ『ふたつの祖国をもつ女諜報員~鄭蘋如の真実』放送 (関西地区は8/24、読売テレビ)

8月18日(月)NHKBS2 午後6:45~6:55 はろ~!あにまる「中国とその周辺の珍獣1~パンダ(1)」(再)

8月19日(火)NHKBS2 午後6:45~6:55 はろ~!あにまる「中国とその周辺の珍獣1~パンダ(2)」(再)
 http://www.nhk.or.jp/animal/

※9月29日(月)・30日(火)・10月1日(水)にはBS2で「男たちの挽歌」「男たちの挽歌Ⅱ」「アゲイン 男たちの挽歌Ⅲ」の放映があります。

※こちらも10月放送予定ですが、「BS熱中夜話」でこんなのもあります。「レッドクリフ」公開前に盛り上がりますね、NHKさん、ありがとう♪

「BS熱中夜話」三国志ナイト開催 
10月16日(木)・23日(木)・30日(木)24:00~24:39 放送
http://www.nhk.or.jp/nettyu/2008/sangokusi/index.html

※8月15日情報を更新しました。
スポンサーサイト

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 2

△top

ジェイの次はジェシー来日!! 

 

8月30日(土)公開の「インビジブル・ターゲット」ですが、公開初日にジェシー・チェンの舞台挨拶があるそうです!

ジェイ・チョウ舞台挨拶の興奮もまだ冷めやらない中、今度はジェシーの来日情報です。

シネマスクエアとうきゅうにて 初日舞台挨拶の回(8/30(土)11:00、13:45★)のチケットは“チケットぴあ”にて発売
(Pコード:554-421) 

一般発売 ⇒ 8/23(土) 10:00AMより開始
先行プレリザーブ ⇒ 8/16(土) 11:00AM - 8/21(木) 11:00AM
(抽選結果発表は8/22(金)を予定しております)
  
※特別鑑賞券などはご利用いただけません。
★舞台挨拶のため、8/30のみ通常のタイムテーブルとは異なります。

とのことです。「インビジブル・ターゲット」公式サイトの「special」のページをご覧ください。
http://www.invisible-target.jp/


あれ?舞台挨拶がどこの劇場か書いてありませんね。たぶん「シネマスクエアとうきゅう」だと思いますが・・・。
ニコ、ショーンは来ないのかな・・・。


category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 2

△top

「ジェイ・チョウ ナイト」行ってきました 

 

7月29日(火)の「ジェイ・チョウ ナイト」(@厚生年金会館)に行ってきました。
ジェイ・チョウ ナイト
(イベントが終了した頃撮影しましたので、上の方のデジタル時計の時刻は終了後の時刻です)


最初にジェイ出演映画主題歌のPV4本「頭文字D」「王妃の紋章」「言えない秘密」「カンフー・ダンク!」が上映され、ジェイ・チョウ登場です。
通訳は周さん♪でした。

トークの内容は、
「何故バスケか?」というと「子供の頃やったことがある」「僕は一人っ子なので、サッカーや野球はできないし、卓球もできない(壁打ちができるじゃん・・と思うんだけど)。バスケなら一人でもできたので。(たぶんシュートのことを言ってるんでしょうね)」
「カンフーが好きで、バスケが好きで、『カンフー・ダンク!』が演じられ、ピアノを弾くのが好きなので『言えない秘密』が演じられた。自分の好きなもので、映画に出演できているのでラッキーです」
(ジェイらしい謙虚な発言ですね)

「監督自身も僕ら(チェン・ボーリンら)もバスケのことをよく知らなかったので、自由に演じることができた。どうやったらカッコよくポーズを決められるかを二人で研究した」

「今後映画監督として、日本で映画を撮影することはありませんか?」の質問に「日本で撮影することはないと思う」(あっさり、否定。そんな・・・)
「もし、撮るなら『どらえもん』を撮りたい。『どらえもん』を実写化した人はいませんよね?どらえもんが電池切れになったのを、いつもどらえもんに助けられていたのび太君が助ける、というようなお話です。でもそんなお話、(映画化の)OKは出ないですよね」
「その『どらえもん』でジェイさんはどの役を演るんですか?」の司会者の質問に「僕は出ません」とのこと。(いや、そんなあっさり・・・せめてラーメン大好き小池さんくらい演ってほしいです)

その後、映画のCM写真用とMOVIE用にジェイが客席に降りてきて(キャー!という歓声凄し)、「カンフー・ダンク!」「メガすげぇ!」「ジェイ・チョウ!」「メガすげぇ!」という掛け声を会場全員でやりました。
もしテレビで放送されたら私もその中にいます(笑)。でも2階席だったので、カメラのフレームには全然入っていないと思います。
その撮影が終わった後、ジェイが手にしていたバスケット・ボールを客席に放り投げたので、歓声があがってました。取れた人、いいなーとその場では思いましたが、指輪や身につけていたものならともかく、バスケット・ボールって・・・。もらってもかさばるし、自慢するにも外に持って行きづらいし(笑)、争奪戦に勝った人は今ではもてあましてるかも。


その際の写真はこちらで見られます。↓
アジアのスーパースター、ジェイ・チョウ出現に観客2000人が大熱狂!!映画「カンフー・ダンク!」ジェイ・チョウナイト開催!
http://www.cinematopics.com/cinema/c_report/index3.php?number=3527


そして「カンフー・ダンク!」の映画ですが、メチャ面白かったです!
「映画では最初の方のお店での乱闘シーンと最後の方のCGをふんだんに遣ってるシーンが凄いです。見逃さないでください」とジェイが言っていた通り、カンフー・アクションのシーン、そして試合でのあっと驚くどんでん返しの展開!見逃すどころか画面から眼が離せませんでした。(一瞬吃驚で顎がはずれそうになりました)

可笑しかったのが、ジェイの決勝戦にカンフーの師匠たち(ン・マンタもいます)が応援に駆けつけるのですが、「そりゃないだろ」という違反プレーの数々です。その時のカンフー・アクションでは「HERO」のようなBGMが流れていて、アクションも「HERO」みたいでした。それもそのはず、アクション担当は程小東です。

エリック・ツァンが行くところがなくて困ってるジェイの才能を見出し、マネージャー役をかってでるのですが、広東語ばりの早口の北京語(北京語だったと思うのですが、早口でまくしたてていたので確信は持てません)に吃驚しました。一部電話で営業している時広東語を喋っているシーンもありました。
ジェイとエリック・ツァンが親子のように心が通じ合っていく姿はじーんときたし、マネージャーに淡い恋心を抱いてくるジェイは可愛かったです。

でもバスケットボール部のチェン・ボーリンはメガカッコ良かったです!元々ワイルドな雰囲気のあるボーリンですが、役どころがいつも不機嫌そうな怒ってるような役だったので、益々ワイルドさがありました。
ごめんよ、白状するけど、この映画ではジェイ、キミよりボーリンの方が格好よかったよ・・・。(ボーリンの親友役バロン・チョンもハンサムでした♪)
もちろんジェイはこの映画で飄々としていて敵のプレーにも拍手するような、肩の力の抜けた感じの性格美男子なのですよ。(とフォローしておく)

今度はキミの舞台挨拶付き主演映画を観たいよ、チェン・ボーリン・・・。(「カンフー・ダンク!」も主演の一人なんだけどね)
現在ジジ・リョンと共演でジョー・マー監督の恋愛映画を撮ってるらしいけど、ここ最近の「プライベートでの彼女とのラブラブモード」報道はもうお腹一杯なので、そろそろ映画で目立ってほしいと思いますよ。

と何故かボーリンの話になって最後を締めるのでした。

category: 映画

tb: 0   cm: 2

△top

「中国映画の全貌2008」開催決定! 

 

今日は「ジェイ・チョウ ナイト」行ってきました♪
その話は改めて、とりあえず今日のビッグ・ニュースを。

昨年K’sシネマで開催された「中国映画の全貌」が、今年も「中国映画の全貌2008」として開催されるそうです♪

会場:K’sシネマ  http://www.ks-cinema.com/index.html
日程:10月中旬

新作として「パティシエの恋」(イーキン・チェン、カリーナ・ラム、フー・ビン、エリック・ツァン)
       「草原の女」ハスチョロー監督
の、2作が上映予定です。約60本が上映予定、とのこと。

上映予定作品
「胡同の理髪師」「胡同のひまわり」「胡同愛歌」「ただいま」「呉清源 極みの棋譜」「モンゴリアン・ピンポン」
「トゥヤーの結婚」「白い馬の季節」「活きる」「山の郵便配達」「故郷の香り」「鬼が来た!」「太陽の少年」
「再見~また逢う日まで」「ジャスミンの花開く」「追憶の上海」「カンフー無敵」「クレイジー・ストーン」
「小平」「ニーハオ小平」「紅いコーリャン」「阿片戦争」「思い出の夏」「1978年、冬。」「狩り場の掟」
「項羽と劉邦ーその愛と興亡」「心の香り」「子供たちの王様」「菊豆」「盗馬賊」「乳泉村の子」「芙蓉鎮」
「古井戸」「變面~この櫂に手をそえて」「榕樹の丘へ」
「北京の恋ー四郎探母」「雲南の少女ルオマの初恋」「ようこそ、羊さま。」「玲玲の電影日記」
「小さな中国のお針子」「上海アニメーション:胡蝶の泉」「上海アニメーション:琴と少年」
「上海アニメーション:猿と満月」「上海アニメーション:ナーザの大暴れ」「上海アニメーション:不射之射」
「上海アニメーション:牧笛」「上海アニメーション:鹿鈴」


三百人劇場で開催されていた頃から数えると参加は今年で6年目(三百年劇場で実施していた時は隔年開催だったので厳密には参加は今回4回目)ですが、映画タイトルは知ってるものの、スケジュールが合わず見逃しているのがまだ一杯ありますので、今年も名作を一作でも多く観られるよう挑戦します。
今回の個人的お薦めは「上海アニメーションシリーズ」です。中国は以前、こんな芸術的アニメーション技術があったのに、現在受け継がれてないのが残念です。「牧笛」は特にお薦めです。私はこれ以上のアニメーションは観たことがありません。

約60本上映、とのことですが新作2本を入れても上記分は合計49本です。
残りの上映予定リストに香港映画が一本でも多く入ることを期待しています。あとトニー出演の映画が今のところ今年は1本も入ってませんので、それも入れてくれると嬉しいんだけど。(昨年は「ブエノスアイレス」の上映がありました)

上映期間、10月中旬て、東京国際映画祭と重なりますね・・微妙に日程をずらしてくれるとありがたいです(笑)。

元ニュース、詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.cinematopics.com/cinema/news/output.php?news_seq=7341


その他の今日の情報
新橋文化にて
9月20日(土)~9月26日(金)
「ラスト、コーション」「ヒトラーの贋札」上映予定です。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 2

△top

「ハプニング」観ました 

 

本日「ハプニング」観てきました。

とにかく、人が一杯死にます。ホラー映画が苦手な私は怖かったです・・・。
でもホラー映画好きの方々には物足りないかもしれません。

なぜ人が死んでいくのか、はネタばれになるので書けませんが、映画のテーマはその原因ではなく、やはりテーマは「家族愛」なのではないかと思います。
(原因にこだわりすぎると、グズグズな結末なのです・・・「シックス・センス」のような劇的結末を期待する人はまたもやがっかりするでしょう)
危機に直面したとき、家族とどう向かい合うのか、を考えさせられる映画です。そういう意味では「サイン」に似ているかもしれません。

シャマラン監督は「銃」に対して特別な考えがあるのでは、と常々思っています。
「シックス・センス」では父親の銃をいじっていて銃が暴発し頭の半分をとばされた男の子の幽霊が出てきますし、「アンブレイカブル」でも父親が不死身なのを証明しようとして、主人公のブルース・ウィルスに息子が銃を向けます。また「サイン」では逆に、異星人から身を守るのにバットなどは出てくるものの、普通身を守るためにでてくるはずの銃が一切登場しません。

この映画でも銃で自殺をする人が続出しますが、ある意味拳銃での自殺はとても楽な死に方ではないかと思うくらい、人々はあらゆる方法で死に臨みます。シャマラン監督の映画の中では銃は決して「身を守るもの」ではなく「自らの命を落とすもの」なのです。

物語の冒頭に起こる異変「ミツバチがいなくなる」は、ご存知の方も多いと思いますが、本当にアメリカで起こった現象です。
NHKの番組で見たのですが、原因はどうやら同じ種類の花のミツばかり集めさせていたため、ミツバチ自身の栄養が偏り大量に死亡したのではないかとのことでした。自然界なら同一種類の花のミツばかり集めることはあり得ないことですね。人間のエゴに対しての自然界の警告とも捉えられる出来事だと思います。

ところで映画を観終わって「あれっ」と思ったことがあります。いつも映画に登場する監督の姿を見た覚えがないのです。見落としたか・・・と思いましたが、下記のインタビューで「今回は声のみの登場」だと答えていました。「30代のインド人は目立つんだ」とも。(笑)

『ハプニング』の恐怖感はあえてのB級狙い?天才シャマランに直撃インタビュー!
http://cinematoday.jp/page/N0014554?g_clk=topcover


今日の情報
ただ今発売中の「ジュニア・スクリーンJuniorScreen vol.16」はジャッキー・チェン&ジェット・リー特集ですが、
次回発売の「ジュニア・スクリーンJuniorScreen vol.17」はジェイ・チョウ特集です♪

発売日:8月4日(月)
「ジュニア・スクリーン」vol.17
内容は独占インタビュー、「カンフー・ダンク!」「言えない秘密」についてなどです。

category: 映画

tb: 0   cm: 0

△top

今日の情報 

 

暑いです。
熱帯夜続きで、とかく睡眠不足になりがちですが、栄養と睡眠をとってなんとか夏を乗り切りましょう。
早く秋になってほしいです。

今日の情報
・7月27日(日)、神戸にて開催される「三国志祭」に『レッドクリフ』ブースが出展されます。
当日は、超スペシャル特典付き前売り券の販売、特別映像の上映などを予定。
(超スペシャル特典付き前売り券てどんなんでしょうか?関西の方情報お願いしまーす)

■日時:7月27日(日) 11時~18時
■場所:神戸市長田区腕塚町6丁目6-1-16 アスタくにづか2番館1F会場

http://www.sangoku-maturi.com/outline.html

「レッドクリフ」公式サイトNewsより
http://redcliff.jp/index.html

・「香港レジェンドシネマフェスティバル」の地方版
 名古屋がシネマスコーレで、仙台は仙台フォーラムで、9月下旬予定での上映が決定。また、大阪は第七藝術劇場で10月に予定。

 「電影宣伝自由人」さんより
 http://blog.goo.ne.jp/fightinglove2002

・10月上旬「初恋の想い出」公開予定 中国/フォ・ジェンチイ監督/出演:ヴィッキー・チャオ、ルー・イー  渋谷シアターTSUTAYA
 http://www.hatsukoimovie.jp/

ヴィッキー・チャオの映画の公開、「レッドクリフ」効果でしょうか。ルー・イーは「ジャスミンの花開く」でツィイーの二代目の体育会系の夫役を演じていた俳優さんかな。「セブンソード」にも出てましたね。

・秋「さくらんぼ 母ときた道」中国/監督:チャン・ジャーペイ/出演:ミャオ・プゥ 銀座テアトルシネマ
 昨年の東京国際映画祭で上映された映画です。(確かその時のタイトルは「さくらんぼ 母の愛」だったような)

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 4

△top

ジェイ・チョウ ナイト チケット買えました 

 

7月29日(火)東京厚生年金会館で行われる「ジェイ・チョウ ナイト」、本日チケットぴあにて指定席発売開始です。

ぴあの読者先行予約がはずれ、プレリザーブもはずれ、どーなることかと思いましたが、本日チケットぴあにて無事チケットが購入できました。(ほっ)

7月24日(木)夜現在、まだ空席があるようです。
(この画面で「空席あり」と表示されていてもお買い求めいただけない場合があります、との但し書きがありますので、もし売り切れだったらごめんなさい)

チケットの購入はこちらから。
http://ent.pia.jp/pia/event.do?eventCd=0832186

生ジェイが見られるのが楽しみです。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

「FLIX」9月号・世界のイケメン俳優 

 

「FLIX」9月号
「FLIX」9月号
ぱらぱらとページをめくってたら「世界のイケメン俳優大集合」の中になんとトニーが。
(「イケメン」だったのか・・・)
思わず買ってしまいました。
FLIX トニー記事
「アジア最後の独身貴族」(独身じゃなくなったけどね・・・)
「憂いを帯びた目でジッと相手を見つめ続けるので質問を忘れるインタビュアーが続出」なのだそうです。

この日は「ハリー・ポッター」の最終刊、「テレプシコーラ」の新刊も買ってしまい、私の財布はボロボロです・・・。

category: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

△top

香港のお土産 

 

3連休に会社の同僚と香港旅行に行ってた夫のお土産写真♪です。
(私は5月に行ったばかりでお金がないのと「7月は暑すぎるだろう」と思いお留守番してました。折角行くならあちこち行動したいし、その為にはそれほど暑くない時期に行きたいと思って・・・)

やっぱり思った通り「香港はものすごく暑かった」そうです。

「レッドクリフ」ポスター1(夫撮影)
「レッドクリフ」ポスター1

「レッドクリフ」ポスター2(夫撮影)
「レッドクリフ」ポスター2

「レッドクリフ」バス(夫撮影)
レッドクリフバス

香港の映画館で「レッドクリフ」を観てきた夫に「孫権は誰が演じてたの?有名な俳優?」と聞かれました。
チャン・チェンがかなり格好良かったそうです。あとフー・ジュン胡軍も。
(「トニーはどうだった?」と聞いたら「おっさんくさかった」と言われました・・・_| ̄|○)
あと「三国志」とお話が違うところがあり、趙雲が阿斗を助けてきた場面では劉備は赤ちゃんを投げつけるようなことはしなかったし、諸葛孔明は「小喬を曹操が狙ってまっせー」と周瑜に吹き込んだりはしなかったらしいです。
劇場では結構お客さんの笑いが起きていたそうです。(さすがに、何で笑ってるのかまではわからなかったそうです)
どんな感じなんだろう・・・早く観てみたいです。わくわく。

あと、なんと今ビクトリアピークにはマクダルの像があり、ピークトラムのチケットは6月、7月、8月と違うデザインのマクダルの絵がついているらしいです。わーん、欲しい・・・。(ちなみに夫はオクトパスカードでピークに登ったのでチケットの絵には後で気づいたそうです)
8月までに香港に行かれる方はピークに行ってみてはいかがでしょう。

ピークトラムを降りたところにあるマクダルとマクダルママの像(夫撮影)
マクダル像1

ピークの見晴らし台のところのマクダル像(夫撮影)
マクダル像2
(一緒に記念撮影もできるそうです)


今日の情報
『レッドクリフ』来日記者会見 8/6(水)決定!
登壇者(予定):
呉宇森(ジョン・ウー)監督/梁朝偉(トニー・レオン)/金城武/張震(チャン・チェン)/中村獅童/林志玲(リン・チーリン)

もにかるさんのブログより。
http://hkaddict.blog26.fc2.com/blog-entry-2381.html

マスコミ対象の会見ですよね、これって。トニー、ちゃんと来日してくれるかな?注目しております・・。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 2

△top

トニー・ファンの一番長い日 

 

Congratulations on your wedding.
I wish you both every happiness.
結婚おめでとう


今日一日トニーの結婚式の日をどう過ごそうか考えましたが、何をしてもどうせ上の空になるだろうと思い、結局絵(上記)を書いたり溜まってるHDDを整理したりマッサージに行ったりと普段の休日と変わらない日にすることにしました。

雑音のない静かな場所で、信頼できる人達に囲まれて、思い出に残る結婚式となることをお祈りしています。

8月に来日プロモがあるらしいので、香港は別として「結婚後初めて会う海外のトニー・ファン」として「今後も変わらず応援をしています」ということと、「ご結婚おめでとう」のメッセージを伝えたいところですが、マスコミ向けのプロモのみ、でファンの前に姿を現す機会はないんでしょうね・・・。


追記・今日の情報
情報として間に合うかな?
今夜9:10~10:58 日本テレビ「女たちの中国」の中で「ラスト、コーション」ワン・チアチーのモデルとなったテン・ビンルーにフォーカスを当てた内容が放送されるそうです。新聞のテレビ番組では李香蘭、川島芳子などの名前があがってますが。

ワイズポリシーさんのオフィシャルサイトより
http://blog-wisepolicy.st-margarets.main.jp/

category: 日々のつぶやき

tb: 1   cm: 2

△top

侯孝賢×李安特集上映 

 

シネマート六本木にて「侯孝賢×李安特集上映」が行われます。「悲情城市」の上映もあります。

8月16日(土)~8月22日(金)李安アン・リー90’s
上映作品「推手」「ウエディング・バンケット」「恋人たちの食卓」※デジタル上映です。

8月23日(土)~8月29日(金)侯孝賢ホウ・シャオシェン80’s
上映作品「川の流れに草は青々」「坊やの人形」「悲情城市」

当日料金:一般・学生 1,300円 シニア1,000円
     水曜女性 1,000円 月曜男性 1,000円
チケットぴあにて7月26日(土)より前売り券発売

上映時間など詳しくはこちらでご確認ください。
(※あれ?上映スケジュールに「悲情城市」のタイトルがありません。たぶん「恋人たちの食卓」と間違えているものと思われます。そのうち気づいて直してくれますよう・・・直ってます。良かった、良かった)
http://www.cinemart.co.jp/taiwan2008/special_program.html

台湾シネマフェスティバルもあるし、「カンフー・ダンク!」「言えない秘密」「インビジブル・ターゲット」の公開もあるし、8月はどんだけ映画を観ればいいんでしょう~~。


あと同じくシネマート六本木にて、オールナイト・イベントのご招待のお知らせです。

カンフー・ファンよ 集まれ!
「詠春 The Legend of WINGCHUN」@シネマート六本木
(ニコラス・ツェー、ユン・ピョウ、サモ・ハンら豪華香港スター共演によるカンフー・アクションがDVD化)
9月5日(金)試写会オールナイト・イベントに130名さまをご招待(8月15日(金)必着)

イベント内容
①ツェー&ユン・ピョウのカンフー・アクションが、アタマから炸裂する第1話から、ピーとザンの親子関係が悪化していく第3話までを上映。ゴードン・リュウ主演の「超酔拳」とダニエル・ウー主演の「エンター・ザ・フェニックス」も上映する。

②アクション監督の谷垣健治が香港アクション講座を開催、映画評論家の宇田川幸洋とのトークショーも。

③本イベント来場者限定で本作のDVD-BOX①を豪華グッズ付きで販売する予定。

詳しくはこちらから。
http://www.dvddata-mag.com/preview/080719/index.html

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

究極の二本立てに挑戦 

 

本日シネマ・ジャックにてアン・リー監督作品「グロークバック・マウンテン」「ラスト・コーション」二本立てを観て参りました。
アン・リー二本立てポスター
写真、見づらいと思いますが、「うれしい2本立て上映」「「大・高 1,200円」「小・中・シニア 1,000円」と書いてます。

だからー!「ラスト、コーション」はR-18ですってばっ!(汗)
もしもし?わざとやってます・・・?シネマ・ジャックさん?
万一小・中・高校生が劇場に紛れ込んできたらもうこちらは映画どころではありません・・。幸い私が観ていた時は大丈夫でした。

「ブロークバック・マウンテン」は二度目でしたが、やはり凄く良かったです。ヒース・レジャー、惜しい人を亡くしましたね・・。

「ラスト、コーション」の回はちょっとくたびれて、ワン・チアチーがイー先生に電話番号のメモをこっそり見せるシーンとスーツの仮縫いのシーンは気を失ってましたが、後は大丈夫でした。

今回易太太のチャイナドレスを見てて思ったのですが、年齢的に柄は地味なものの、仕立て(胸元の紐留めのようなところ、服の合わせの部分)は易太太の方がずっと凝っていて、素敵だなと思いました。
若いチアチーは、生地は華やかなものの、仕立てはシンプルであっさりしています。
易太太の方のドレスがずっと値が張るものでしょうね。

そこに易太太の貫禄と、うがった見方かもしれませんが、アン・リー監督の女優ジョアン・チェンへの気遣いを感じました。
(もちろんスパイとしてのチアチーの服は「急がせて」仕立てられたもので、凝ってる時間がなかったとも言えますが・・・)

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

「英語でしゃべらナイト」にジャッキー・チェン 

 

7月21日(月)午後11:00~11:30 NHK総合「英語でしゃべらナイト」にジャッキー・チェン登場です。

女優・水野美紀がジャッキー・チェンにアクション映画の奥義をインタビュー、だそうです。
http://www.nhk.or.jp/night/nextpgm.htm

同じ時間帯、NHK教育「テレビで中国語」にはヴィック・チョウ登場です。ま、再放送がありますが。

他に21日(月)は「徹子の部屋」に堺雅人さんも登場です。

21日・・・21日・・・他に何かあったなぁ・・・何だっけ?一部分記憶喪失。
なんちてね(笑)。
当日は何かお祝いの絵をUPできればと思います。

category: 日々のつぶやき

tb: 1   cm: 3

△top

「読む中国語世界」チャン・イーモウ特集 

 

明日18日(金)発売の「読む中国語世界」8月号はチャン・イーモウ特集です。
「読む中国語世界」

丸ごと分かる大特集、チャン・イーモウ映画のすべて
「作品のセリフを題材に中国語を勉強していきましょう。」とのこと。

・チャン・イーモウ、これまでの映画人生
・初恋のきた道
インタビュー 五輪開閉幕式への意気込み
・菊豆
・HERO
・紅夢
・巨匠監督をめぐる人々、評価の声
・王妃の紋章
・「稀代の監督」、その作風の変遷

「HERO」はどんなセリフがとりあげられるんでしょう、気になります。

http://www.long-net.com/chinese_world/

category: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

△top

7月の予定追記2 

 

テレビ番組放送予定追記。

7月21日(月)午後1:20~1:55 テレビ朝日 「徹子の部屋」今話題の堺雅人がゲストです。

7月25日(金)午後10:00~11:00 NHK教育 「加油!北京オリンピック 体あたりの中国語」

7月30日(水)午後9:55~10:56 NHKBS2 「ぼのぼの クモモの木のこと」放映
(2002年公開の「ぼのぼの」の映画、まさか今になってテレビ放映があるとは思いませんでした)

7月31日(木)午後7:30~8:45 NHK総合 「ワイルドライフ~国境なき獣医師団R.E.D.~」前編

8月1日(金)午後7:30~8:45 NHK総合 「ワイルドライフ~国境なき獣医師団R.E.D.~」後編
(後編は「パンダの涙」、四川省のパンダが出てくるとのこと、パンダ好きは見ない訳にはいきません)


今日の情報
・世界最速!「レッドクリフ」(日本語字幕版)マスコミ完成披露試写会にご招待!!

【「レッドクリフ」マスコミ完成披露試写会】 
■日時:8月1日(金) 18:00開場 18:30開映
■場所:渋谷C.C.レモンホール (東京・渋谷)
■応募期間:7月15日(火)~7月21日(火)

このマスコミ限定の披露試写会に「レッドクリフ」口コミ情報サイト「レッドクリフ 3594」のオープンを記念して、会員登録いただいた方の中から限定モニター3名様を特別ご招待いたします。
ブログをお持ちのみなさんはもちろん、ブログをお持ちでない方は是非この機会にブログを開設していただき、どしどしお申し込みください!

とのことです。
応募、登録はこちらから。
http://3594.redcliff.jp/

・「ジェイ・チョウ ナイト」の前日に「カンフー・ダンク!」のジャパンプレミアもあるようで・・。
こちらはジェイの出演はあるのかな?よくわかりません、遅くなりましたが一応明日までの応募〆切なので載せておきます。(情報:もにかるさんのブログより)
私は翌日7月29日(火)「ジェイ・チョウ ナイト」のプレリザーブ(19日(土)~)に集中することにします。

★『カンフー・ダンク!』メガすげエエエ-!! ジャパンプレミア
7月28日(月) 開場:18:30 開演:19:00 @ 赤坂BLITZ
フジテレビの携帯サイト
一番下のほうの目的別:【募集・観覧・試写】のコーナーで募集中
(7月17日(木)23時59分締め切り)
※フジTV携帯サイトの会員になっていなくても応募できます。

【ハガキでの応募も可能!】
ハガキに住所・氏名・年齢・職業を記入の上、
〒119-0188
フジテレビ「カンフー・ダンク!」ジャパンプレミア係
締切:7月17日(木)消印有効

・いよいよトニーも結婚かしらん・・・。こちらもそろそろ覚悟を決めて(何の覚悟だ:笑)「結婚おめでとう」カードの文面を考え始めた方がいいのかな。
ブータンというと「仏教」以外に何の知識もない私でした。

ヤフーNEWS
トニー&カリーナがブータン挙式「祝儀はお布施に」
http://movies.yahoo.co.jp/m2?ty=nd&id=20080716-00000065-scn-ent

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

「ハートエイド四川」に行ってきました 

 

昨日7月14日(月)東京国際フォーラムでの「ハートエイド四川」四川チャリティコンサートに行ってきました。
「ハートエイド四川」ポスター

午後7時開演。
最初はジェッキー・チェン、ジュディ・オングを真ん中にして、全員四川チャリティコンサートのTシャツを着て登場。司会は福留さんでした。(福留さん、年とりましたねー・・)

嬉しいことに中国語・広東語の通訳はサミュエル周さんでした。中国人歌手のalan、香港のアーロン、イーキンの通訳を務めていました。ジャッキーの通訳はジュディ・オングがいつも隣に並んで訳していました。そのためか、ジャッキーは挨拶は全部中国語でした。(簡単な日本語は別として)中国語を話すジャッキーって違和感があるのですが、チャリティで中国中を飛び回ってるジャッキーのこと、慣れているのでしょうね(ジャッキーはこれまでに中国の過疎地に20個くらい学校を建ててます)。

コンサートの序盤のころ、alanが歌ったのですが二曲とも日本語で歌ってました。(出演者は全員二曲ずつ歌ってます)挨拶も日本語でした。挨拶はさすがに片言ぽかったですが、歌に関しては日本人が歌ってるのと見分けはつかないですね。
(映画「レッドクリフ」の関係者(出演者もかな?)からトータルで100万元(1500万円)集まりました、と言ってました)
二番目に歌った歌「懐かしい未来」はこちらで↓聞けます。
alanオフィシャルサイト
http://alan-web.jp/index.html
んん?ということは「レッドクリフ」の主題歌も日本向けには日本語で、それ以外の中華圏では中国語で歌ってるのかしらん。とにかく、体細い!です、彼女。こんな細い体のどこからこんなパワーのある歌声が出るのかしらん、て感じです。

アーロン、イーキンは少し痩せたみたいです。タイでの「風雲2」の撮影がハードだったのかしらん。お二人とも、私は生で見るのは初めてだったのですが、頬がこけてる!スリム!というのが印象的でした。アーロンは顔小さかったです・・・私の中ではもっと筋肉ムキムキのガタイがでかいイメージだったので、この繊細さは意外でした。
イーキンが挨拶で「香港でもチャリティイベントがあったけど、映画の撮影でタイに居たので参加できなかった。今回、このようなチャリティコンサートに参加することができて本当に良かったです」と言ってました。本当に香港で自分が参加できなかったのが気がかりだったんだなぁ・・・律儀な人なんだなぁ・・・と感動しました。

サンディ・ラムは「HERO」(マライア・キャリーの歌でしたっけ)の歌が素晴らしかったです・・・。英語の歌ですが、地震で被災した子供たちが一人一人がHEROになってほしい、という想いを込めてことでした。

コンサートの中盤ではジャッキーの生歌も聴けました。歌のタイトルはわからなかったのですが(「ミンミンバイバイ、ウォダシン」と聞こえた)もにかるさんのブログによると「明明白白我的心」だそうです。半分くらいジュディに手伝って歌ってもらってました。
「チャリティコンサートだと、下手でも拍手してもらえるからいいね」などと冗談も言ってましたが全然下手なんかじゃなかったですよ。

最後の方にはイルカの「なごり雪」、南こうせつの「妹よ」「神田川」を生で聞けて得した気分でした。

フィナーレではまた全員四川チャリティコンサートのTシャツで登場、「竹田の子守唄」の曲にジュディのお父さんが歌詞をつけた、という歌を皆で歌って終了でした。
「中国語の歌詞なのですが、曲は竹田の子守唄なので、ハミングで歌ってください」とのことでしたが、折角最後の歌なので会場全員で歌えるものが良かったなと思います。(「上を向いて歩こう」とか)もしくはスクリーンにカタカナで歌詞を出してくれれば一緒に歌えたかも・・・。

夜7時に開始して、終了は10時50分ごろ。帰りの電車あるだろうか、と慌てて会場を出て帰りました。
遅くまで行われた割には途中で帰ったお客さんはほとんどいなかったように思います。
2階席はわかりませんが、1階席は満席のようでした。
会場2階ロビーで行われたオークション(それぞれお客さんが欲しいものにあらかじめ入札しておく)では合計200万円以上の収益があったそうです。私は開始前も終了後も時間がなかったので、どんなものが出品されていたのかも見てませんでしたが、ジェイの私物とかもあったようですね。
チャリティコンサートの収益は2000万円以上(2800万円、と言っていたような気もしますがうろ覚えです)とのことでした。

コンサートを企画して一ヶ月半で開催、ジュディさんが出演者一人一人に連絡を取り、決まった人から順に近くのホテルを手配し、と準備も大変だったとこと思います。お疲れ様でした。
そして楽しいコンサートをありがとうございました。

追記
「ハートエイド四川」の模様は
9月6日(土)NHK総合 午後11:45~午前1:14(89分間)
にて放送されるそうです。
「伊伊語録」さんより。大感謝。
http://e-goroku.cocolog-nifty.com/vol1/2008/07/post_fe89.html

category: イベント

tb: 0   cm: 2

△top

GETしました 

 

「シネコンウォーカー」7月号GETしました♪
「レッドクリフ」記事は見開き2ページです。
「レッドクリフ」記事

とはいっても見開き右半分はジェット・リーの始皇帝(「ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝」)の紹介記事ですが、ぱっと見同じ映画の登場人物に見えます(汗)。

近くまで用事で行ったので、シネコンの窓口にて「『崖の上のポニョ』の前売り券ありますか?」と尋ねたら「もう先行予約が始まりましたので、前売り券は引き上げました」とのこと。
帰ろうと思ったらカウンターに「シネコンウォーカー」が積んであったので「一冊いただいていいですか?」とお願いして、もらってきた次第。たまたまですが、1円も使わずにいただいてしまいました・・しゅみません、今度は映画を観ますので。


今日の情報
シネマ ジャック&ベティにて
「ラスト、コーション」「ブロークバック・マウンテン」の二本立て上映です。(多謝。さん、情報ありがとうございます)

7月19日(土)~7月25日(金)
「ブロークバック・マウンテン」10:30/15:55~18:15
「ラスト、コーション」13:00/18:25~21:10

※【料金】一般1500円、大高1200円、小中シニア1000円、ラスト1本800円(入替なし)
と書いてますが、ジャック&ベティさん、大丈夫ですかぁー!
「ラスト、コーション」はR18ですよ。ちなみに「ブロークバック・マウンテン」はPG12。
http://www.jackandbetty.net/

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

「インビジブル・ターゲット」は8/30公開 

 

「インビジブル・ターゲット/男児本色」の公開日が決定してました。

8月30日(土)です♪
ただ今劇場窓口にて前売り券をお買い求めの方に「インビジブル特製フィルムしおり」をプレゼントだそうです。
http://www.invisible-target.jp/

8月8日が北京オリンピック開催の日だから、8月公開のアジア映画は全部月の後半に集中しちゃってます。
8月16日(土)が「カンフーダンク」
8月23日(土)は「言えない秘密」

そして8月30日(土)が「インビジブル・ターゲット」な訳ですね。ちなみにこの日は「パンダフルライフ」の公開日でもありますので、初日は「パンダとの闘い」になりそうですね。
三人の来日はあるのかしらん・・。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

「北京大学 てなもんや留学記」 

 

中国続きですが、今日はこれを買いました。
「北京大学 てなもんや留学記」 谷崎光著 文春文庫
「北京大学 てなもんや留学記」

前から読んでみたいと思っていたのですが、文庫本化で、お手ごろ価格になったのでこの際購入。
綺麗ごとではない生の中国の様子がわかる谷崎氏のブログにいつも関心を寄せてます。

「谷崎光ブログ 中国てなもんや日記」
http://blog.goo.ne.jp/tanizakihikari


今日の情報
・たった今日本テレビの「NEWS ZERO」を観ていたらジャッキー・チェンの来日の様子が流れていて、「ジャッキーのチャリティにかける想いは明日『ZEROカルチャー』で放送します」とのことです。「ハートエイド四川」についてのお話もあるかもしれないですね。

・池袋 新文芸坐にて
8月30日(土)~9月1日(月)
「ラスト、コーション」 「モンゴル」 二本立て上映だそうです。

・シネコンウォーカー7月号
「シネコンウォーカー」7月号

特集記事
「カンフー・パンダ」
「ドラゴン・キングダム」
「ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝」
「レッドクリフ」
「パンダフルライフ」
が載ってるそうです。配布劇場は下記のURLにてご確認ください。
http://cinecom.jp/magazine/index.html

私はまだ手に入れておりません。先日の土日ダウンしてから、まだ体調が本調子でないので・・・仕事は行ってますが休みの日は寝ています。
近くのシネコンでは映画を観ないと「シネコンウォーカー」がもらえないのですが、来週の「ハートエイド四川」までは、外出を控えております。

category: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

△top

「中国まんぷくスクラップ」 

 

今日本屋さんで見かけて買ってしまいました。
「中国まんぷくスクラップ」

「中国まんぷくスクラップ」浜井幸子 情報センター出版局

臥龍の朝食で食べた、中身のない饅頭。
成都で食べた牛肉麺。
深圳で食べたパスタのような焼きそば。

あーーまた食べたい。
そしてウルムチのラグメンをいつかは食べたいっ。

・・涎なしに読むことはできない本です。旅のモチベーション上がりまくりです。(笑)

また中国行きたい。


姉妹本?として「台湾まんぷくスクラップ」もあります。台湾夜市の膨大なメニューをこれで制覇したい!
「台湾まんぷくスクラップ」



今日の情報
・「台湾シネマコレクション2008」、初日舞台挨拶ゲスト決定、とのこと。
 初日に上映される『DNAがアイラブユー』と『ウエスト・ゲートNo.6』主演の、エディ・ポン(彭于晏)の来日&舞台挨拶が決定。
 チケットは7月下旬より「ぴあ」にて日時・座席指定券として発売される予定です。
 http://www.cinemart.co.jp/taiwan2008/blog/

・先日渋谷で行われた「香港レジェンド・シネマフェスティバル」ですが、7作品に絞って仙台と名古屋で上映されることがほぼ決まったそうです。上映作品は『裸足のクンフーファイター』『ファイヤーライン』『チャウ・シンチーのゴーストハッスル』『チャウ・シンチーのゴーストバスター』『チャウ・シンチーの熱血弁護士』『香港ラバーズ男と女』『冷血十三鷹』。
関西は劇場を探しているところ、とのこと。

 「電影宣伝自由人」より
 http://blog.goo.ne.jp/fightinglove2002

category: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

△top

台湾シネマコレクションで「シルク」上映 

 

「台湾シネマコレクション2008」の公式サイトを見ると、上映作品にいつのまにか「シルク」も含まれていました。

「シルク」

「シルク」と言えば日仏映画ではなく、中華ファンにとってはチャン・チェン、江口洋介主演のホラー映画のこと。
チャン・チェン、最近は「呉清源 極みの棋譜」「ブレス」など芸術的作品に主演していますが、こんなホラー映画にも出ていたんですよねぇ。なんで出たのかちょっと不思議なんだけど。(笑)私的にはチェン・ボーリンが出てるのでもう一度スクリーンで絶対観ます!

台湾シネマコレクション2008のタイムスケジュールも発表になっています。
http://www.cinemart.co.jp/taiwan2008/time.html

意外にも一ヶ月という長期間上映なので、観たい作品を見逃すことがなさそうです。
このスケジュール表には「シルク」は入っていないので、別スクリーンでの上映なのでしょうね。

※台湾シネマコレクション2008の前売り券は7月12日(土)よりシネマート六本木にて発売開始です。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 4

△top

「ミラクル7号」観ました 

 

3日(木)に渋谷シアターNで「ミラクル7号」観てきました。
すぐに感想を書きたかったのですが、この週、月~金まで仕事とレジェンド・シネマフェスティバル両方で出ずっぱりだったのと暑さとでぐったりしてしまい、書きかけのままダウンしていました。(情けなや、弱っちい人間です)
「ミラクル7号」3時15分の回、お客さんは私含め三人でした・・同じ3時台のレジェンド・シネマフェスティバルの方の会場は50人くらい?入っていたのに。
皆さん、フェステバルも終わったしこれからは「ミラクル7号」を観ましょう!
「ミラクル7号」ポスター

とりとめのない感想ですが、泣かされました・・・映画、まさかこういう展開だとは知らず。

映画の主人公の男の子(本当は女の子というのがビックリ!登場人物、子役は全員男の子が女の子を演じ、女の子が男の子を演じていると知って、もっとビックリ!)がオモチャをシンチー父にねだる時の台詞、「これを買ってくれたらもう何も欲しいって言わないから」と言う言葉にぐっと胸が詰まりました。
子供の頃、親に欲しいものを買ってもらえなかった記憶って誰にもあるのではないでしょうか。

「買ってくれないと帰らない」
と私も母親に駄々をこねたものがありました。確かお人形と箱型の部屋が一緒になってるような高価なおもちゃでした。
どちらかというとウチは貧乏で、おやつはいつも当時30円くらいのお菓子。50円のチョコフレークが憧れのお菓子で、でもスーパーで「買って」とは言い出せませんでした。なのに、何故そんな高価なおもちゃをねだったのか自分でも不思議でしたが、一瞬でふわっととりこになった気持ちと、普段何もねだったことがないからもしかして買ってもらえるかも、という子供ならではの都合のいい甘い期待もありました。

もちろんその時買ってもらえませんでしたが、受け入れられなかった時の自分の気持ちと、逆に父親シンチーの「子供がこんなに欲しがってるのに買ってあげられない」というせつない気持ちがいっしょくたになって迫ってきました。
子供も辛いけど、買ってあげられない親の気持ちも辛いものなのですね。

あと、ボロボロの靴。

「運動靴と赤い金魚」
「少林サッカー」
「裸足のクンフー・ファイター」などなど。

貧乏と靴は切っても切れません。(笑)
服は古着でいくら誤魔化せても、靴は工業製品(もしくは職人の製品)。破れたり小さくなって履けなくなったら、裸足でいるか、別のを手に入れるしかないのです。自分で作ることはできません。

靴がなかったらどんなに歩くのが辛いか。
だからこそ、靴に貧しい生活が凝縮されてしまうし、映画を観ている人はそこに共感を覚えてしまうのです。

ぽつんと立つセメントむき出しのボロビルにシンチー父子が住む部屋だけ、夜に灯りが着いています。
(他にこのビルに住人がいるのかは不明)
それは誰も頼る人がいない孤独な親子の住まいを表していると同時に、外から帰ってきた父や息子が灯りを見て「ああ、わが家だ」と安堵する光景でもあり、ここでも誰もが共感できる「家庭の灯り」の原風景があります。

また、「E・T」の主人公の少年が母子家庭だったのと「ミラクル7号」の主人公の少年が父子家庭だったのは偶然ではないと思います。心優しきエイリアンは寂しい子供のところへやってくると昔から決まっているのです。
-- 続きを読む --

category: 香港映画

tb: 0   cm: 0

△top

ジェイ・チョウ ナイト プレリザーブ7/19(土)より 

 

本日発売の「weeklyぴあ」5ページに、プレリザーブ(WEB先行抽選販売)と一般販売のお知らせが載っておりました。(先日の情報は抽選によるご招待でしたが、一般発売もあったのね♪)
「ぴあ」ジェイ・チョウ・ナイト


「カンフー・ダンク!」公開記念
ジェイ・チョウナイト

日時:7月29日(火) 18:15開演 
会場:東京厚生年金会館
内容:ジェイ・チョウトークショー、ミュージック・クリップ特別上映、そして「カンフー・ダンク!」試写会の3部構成
価格:全席指定2500円
問い合わせ:角川映画03-3514-1811(7/7~7/29 ※平日のみ10:30~12:30)

プレリザーブ 7月19日(土)より @電子チケットぴあ
http://t.pia.jp/cinema/cinema.html
一般発売 7月24日(木) チケットぴあ Pコード:554-367

ちなみに先日のweeklyぴあに掲載された招待の当選者には、「7月4日(金)までに、招待状の発送をもってお伝えいたします」とのことです。


あと、この号のぴあには「ぴあ読者のため先行受付」(綴じ込みの応募ハガキにて)7月8日(火)消印有効(当選の場合は7/17までに連絡)、もありますので、招待状が届かなかったらとりあえず先行予約の応募ハガキを出してみることにします。

追記
7月4日(金)NHK総合 午後10:00~10:50 「四元奈生美のてくてく北京」

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

7月の予定追記 

 

7月10日(木)NHK総合 深0:10~0:40 「MUSIC JAPAN」 「レッドクリフ」主題歌歌手alanが出演予定(NHKのため、映画については一切触れることはないと思います・・・)

7月12日(土)NHK総合 午後8:00~8:45 「探検ロマン世界遺産」中国・頣園(イワエン)

7月17日(木)フジテレビ 深1:45~2:15「映画の達人」ジャパニメーション マイケル・アリアスホラー映画の薦め、となってます・・。

7月27日(日)テレビ朝日 午後9:00~10:54 「シャンハイ・ナイト」放映

7月31日(木)テレビ東京 午後9:00~10:54 「メダリオン」放映


今日の情報
ジェイ・チョウ主演「言えない秘密」試写会プレゼント!
http://www.asiancrossing.jp/info/info.html

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

香港レジェンド・シネマフェスティバル2 

 

7月1日(火)は「チャウ・シンチーのゴーストハッスル」と「香港ラバーズ 男と女」を観ました。

「チャウ・シンチーのゴーストハッスル」

日本語タイトルに「ゴースト」と付くものの、「ゴーストバスター」のような怖い?シーンはなく、幽霊は幽霊でも麻薬製造工場に侵入してそこのボスに殺された警部が、幽霊になって新米刑事のシンチーを助けながら自分を殺した犯人探しをするというどこか夢のあるお話。
(ウディ・アレンの「タロットカード殺人事件」はシンチーの作品をヒントに出来ました・・・ってそれは嘘です)

こちらもシンチーらしいお話で、とっても楽しかったです。またウ○チが出てきました、猫のウ○チだけど。
綺麗なスカートのお姉さんが階段を上る時、「風よ吹け!」とシンチーが念じるとフレアスカートがふわぁっと舞い上がるシーンなんかは男の子の脳内見たり!(笑)と言う感じ(実は幽霊になった警部の仕業)。しかも、それを見て驚いたシンチーが落としたダンボールの中にあった下着の汚いこと(笑)。
デートでベンチに腰をかけた時に「ポケットの拳銃があたるんだけど」と彼女に言われたときのリアクションなんかはオチが見えてるけど可笑しくて可笑しくて。

1990年の作品だからシンチー若い若い!当時の香港の少年はシンチー映画を観て「シンチーはオイラたちの兄貴だ!」と思っただろうなぁ。


「香港ラバーズ 男と女」

こちらはうってかわって、リアルな悲しい香港の不法入国をした女性のお話でした。
本当にこういうことが沢山あったんだろうな、バラックの一つ一つの屋根の下に展開されていた人生だったんだろうなと考えてしまいました。
主人公の女性はしたたかな部分もあって、居住権を得るため年の離れた香港人と結婚しつつ好きな青年と逢瀬を重ねるのですが、タイから来た青年の方はもっと悲惨で、努力で香港の中でのし上がろうとするのですが過酷な現実が待っている、という・・・。

よくアンディの映画なんかで、最後に主人公が銃で悪者を皆殺し(自分も死んじゃう)する映画なんかは香港の人のカタルシスを表しているのだろうなと思いますが、残念ながら、この映画は最後まで悲しいままで終わるのでやりきれない気持ちが残るばかりです・・・。


今日の情報
・映画「言えない秘密」8月23日(土)公開決定!とのことです。8月23日(土)公開スタートするのは新宿武蔵野館などの関東のみで、関西などは9月公開のようですが・・・。
「カンフーダンク」(8月16日(土)公開)と公開日が一緒にならなくてほっとしました。これでどちらの映画も公開初日に堪能できそうです。
http://www.cinematopics.com/cinema/news/output.php?news_seq=7226

・「BRUTUS」7月1日発売号
「BRUTUS」

「マカオ特集」です。
「30の世界遺産、20軒のレストラン、5軒のホテル。そして入門カジノ。」
読んでいて「あぁ~今すぐマカオに飛びたい・・・」と思ってしまいました。

記事の中には「マカオ通より耳より情報、『必ずここは訪れます』。」というのがあって、ショーン君お薦めの場所の紹介も載ってます。
ちなみにショーン君お薦めの場所は
「龍華茶楼酒家」
「彭記」
「澳門機動運動倶楽部」
だそうです。

category: 香港映画

tb: 0   cm: 4

△top