ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

回数券あります 

 

本日6月30日(土)は夏のバーゲンに行って来ました。

nancixさんからの情報により、トニーが来日しないとのことを聞きましたので自棄になってちょっと予算より多めに買ってしまった・・。いや、オークションでプレミア招待券を買うかどうかとか悩まなくて良くなったから・・もごもご。

ま、それは置いといて折角新宿まで行ったので、7月21日(土)からの「中国映画の全貌2007」が開催されるK’sシネマ の下見に。
場所は新宿東南口(林探偵が降りてきたエスカレータ)を降りて、大塚家具に向かって歩いていくとドコモのショップがありますので、その角を横道に入ったところにあるビル(日本海庄やが入っているビルです)の3階です。

ロビーまで行ってみると意外に綺麗で新しい映画館と言う印象でした。
座席数は84席しかないとのことですが、満席になった場合通路とかに座らせてもらえるのかな・・。できるだけ朝早めにその日の入場券(整理券)を交換するつもりではありますが。

「中国映画の全貌2007」のチラシがロビーにあったので頂いてきました♪
表紙は「クレイジー・ストーン」です。
「中国映画の全貌2007」チラシ

ちゃんと回数券もあるようです。
前売り券発売中、1回券1,200円/5回券5,000円 とチラシにあります。
(当日券一般1,500円)

あっロビーの受付で回数券買ってくればよかったよ。ばか。。。
チケットショップにあるかな?

ところで今年秋公開の「呉清源~極みの棋譜」の公式HPが出来てました。
まだ表紙だけみたいですが。(碁石を模したシンプルな表紙が美しいです)
http://www.go-movie.jp/
キャスト: チャン・チェン/柄本明/松坂慶子/伊藤歩/南果歩/シルビア・チャン/大森南朋
とのことです。最近注目の大森南朋さんが出ているのですね。私的には「それでもボクはやってない」「蟲師」に続く「彼出演」三作目だな。(NHKの「ハゲタカ」観とけば良かった)
スポンサーサイト

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 2

△top

7月の予定 

 

7月の予定、自分用覚書メモ。とりあえず映画・イベント分UP。
(6月30日夜、映画のテレビ放映情報を追加しました)

7月4日(水)「傷だらけの男たち」ジャパンプレミア TOHOシネマズ六本木ヒルズ

7月5日(木)NHKBS2 深0時40分~3時10分放映 「宋家の三姉妹」

7月7日(土)「傷だらけの男たち」公開
http://drywhisky.com/index.html

7月14日(土)「ルネッサンス」公開
http://www.renaissance-movie.net/

7月14日(土)~8月19日(日)2007イタリア・ボローニャ国際絵本原画展 板橋区立美術館
http://www.city.itabashi.tokyo.jp/art/schedule/next.html

7月14日(土)亜細亜娯楽講座 講師:水田菜穂さん 午後2:00~4:00 シネマート六本木
(7月4日(水)より受付開始)
http://www.cinemart.co.jp/theater/roppongi/cinemartasia/20070714.html

7月19日(木)NHKBS2 深0時40分~2時13分 放映「マレーネ」

7月20日(金)「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」公開
http://harrypotter.warnerbros.co.jp/site/

7月21日(土)~9月7日(金)「中国映画の全貌2007」 新宿K’sシネマ
http://www.ks-cinema.com/schedule.html


7月21日(土)「幸せの絆」公開 銀座シネパトス モーニング・ロードショー
http://www.cinematopics.com/cinema/works/output2.php?oid=8260

7月23日(月)NHKBS2 深0時50分~2時42分放映 「少林寺三十六房」
7月24日(火)NHKBS2 深0時40分~2時20分放映 「続・少林寺三十六房」

7月26日(木)NHKBS2 深0時40分~2時25分放映 「少林寺2 」

7月28日(土)「モン族 パオの物語」公開 シアター・イメージフォーラム
http://www.imageforum.co.jp/pao/

7月28日(土)「夕凪の街 桜の国」公開
http://www.yunagi-sakura.jp/

7月下旬「天然コケッコー」公開
http://www.tenkoke.com/

7月31日(火)~8月4日(土)ヤスミン・アハマドとマレーシア映画新潮 アテネ・フランセ文化センター
http://www.athenee.net/culturalcenter/frame11309.html


あと、FREEMANさんのブログで「400回目のおすそわけ」とのことで『香港ミュージアムで香港影視娯楽博覧のインフォメーションちらし』10名様へプレゼントと言う企画があります。(トニーの写真のものです)
6月29日(金)~7月1日(日)の間にメールをしてください、とのこと。欲しい方は応募してみましょう。
私も明日応募しようっと。

詳しくはこちらへ
EREEMANさんのブログ
http://blog.goo.ne.jp/fightinglove2002

あと同じくFREEMANさんのブログからの情報ですがジェフ・ラウ監督の「情癲大聖」が「西遊記リローデッド」というタイトルで9月13日にDVD発売だそうです。
公開はナシなのね・・。ニコ、シャーリーン・チョイ、チェン・ボーリン、ファン・ビンビンが出演しています。

7月3日情報を更新しました。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

ヘンリーダーガーと言う名の人生 

 

6月27日(水)用事と用事の間に時間が出来たのでヘンリーダーガー展を見に原美術館に行ってきました。
品川駅からの道のりが暑かった・・。

ヘンリーダーガー展1

ヘンリーダーガー展2

でも行った甲斐は十分ありました。

幼い頃母と死別し施設に預けられ、十分な教育を受けられぬまま育ったヘンリーダーガー。雑役夫として働いた病院と教会のミサを行き来するだけの生活、天涯孤独のまま81歳で死去。

彼の死後、部屋から彼が執筆した15,000ページに及ぶ「非現実の王国で」という大長編小説と、この物語を題材とした絵画が発見されます。

少女たちと軍隊の戦い、子供が大人に殺戮される像の前で花々に囲まれ平和に遊ぶ少年少女の絵画。

新聞や雑誌からトレースしたらしき少女の絵は、時に二人、三人と同じ顔が並び、まるで双子や三つ子が遊んでいるかのようです。計算用紙を張り合わせたかのような薄い紙の、細長い「絵巻物」。
彼の絵も見ていると、芸術とは高価な絵の具やキャンバスが必要なのではないという事を教えてくれます。

何かに似てると思ったら山岸涼子さんのイラストに似ているのでした。

優しい色合いにどこか脆さと強さ、狂気と理性、相反する様々な感情が盛り込まれた絵は、ずっとヘンリーダーガー本人以外の眼に触れることなく彼の部屋で折りたたまれ大事にしまわれていたのでしょう。

彼の大切な「王国」は来年映像化され映画になるそうです。
「非現実の王国で ヘンリー・ダーガーの謎」
ヘンリー・ダーガーのミステリアスな生涯と創作の謎に迫る画期的ドキュメンタリー
監督:ジェシカ・ユー 2008年公開決定 シネマライズ


今日の立ち読み情報♪
「ELLE」
特集<カンヌ映画祭の60年>にトニーとマギーの小さい写真が載ってます。

category: イベント

tb: 0   cm: 0

△top

Happy Birthday Tony! 

 

えー6月27日はトニー・レオンの誕生日なのでお祝いを。

きっと今日は暑い北京の空の下、撮影のスタッフや監督にお祝いの言葉をかけられていることでしょうね。大きなケーキが現場に運び込まれて、ろうそくの火を吹き消しているかな?
(「HERO」撮影でお誕生日を迎えたマギーや、「インファナル・アフェア」撮影でお誕生日を迎えたアンソニー・ウォンのようにね)
「赤壁」メイキング映像にその様子が入っている事を期待してます。(←気が早すぎ!)
happyBirthday、Tony


お誕生日だから漫画を、と思ったけど時間がなかったので急いで描いたらなんかトニーに見えないし(いつも見えないという突っ込みはナシで)、マギちゃが主役みたいな絵になっちゃった。



ついでに「傷だらけの男たち」情報。
映画の公式サイトhttp://drywhisky.com/index.htmlによるとお台場ヴィーナスフォートにて、「傷だらけの男たち」写真展開催中だそうです。

日程:6月23日(土)~7月16日(月・祝)
場所:2階ブロードアベニュー、ロト・ヴィーナス

なんかね、パネル写真は見たいけどヴィーナスフォートというのが・・。
全然、自分に縁のない場所で抵抗があるなぁ。行ったことないし、行きたいとも思わない場所なんで。
同じお台場でも小香港とかだったらいいのに。

あと、6月26日(火)朝日新聞に「香港と私」というテーマで俳優の國村隼さんのインタビュー記事が出てました。
朝日・國村さん記事

チョウ・ユンファとの壮絶な銃撃戦(「ハード・ボイルド~新・男たちの挽歌」の冒頭)を繰り広げているのは國村さんだったですのか!
DVDで確認しなきゃ。
「数年前、オファーが来た。引退した殺し屋の役。暗黒社会の男の友情を描く「香港ノワール」の香りが懐かしかった」ってどの映画かな。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 3

△top

北京で56年ぶり高温 

 

6月25日(月)朝日夕刊より。
「中国北部干ばつ8年」「北京で56年ぶり高温」の見出しが。
朝日・北京高温

(左の写真は水がかれた川の跡、とのこと)
『中国北部で干ばつが深刻化している。北京の天安門広場では5月26日で最高気温が39度に達し、56年ぶりの高温を記録。・・・』
『北京から南西に約70キロ離れた河北省黄家屯村。前が見えないほどの砂ぼこりが舞い、芽生えたばかりの落花生は砂で根元が黄色くなっている。村民の話では近くを流れる川は10年ほど前に枯れ、地下水も数年で底をつく恐れがあるという』

・・・トニーはもの凄く暑そうな所で撮影してるんだ。水不足は撮影に影響はないのだろうか?

日本も今年の夏は「渇水」と言われているけど、中国の場合、かなり深刻の様子。
中国北部の干ばつは8年連続で発生していて、砂漠化が進み、砂漠が北京市内から約70キロのところまで迫っているとのこと。

原因は過度の地下水摂取による地表の乾燥。地球温暖化による干ばつの悪化が予想され、黄砂の発生や砂漠化を進行させる、とのこと。

そう言えば以前NHKで中国の水不足を取り上げた番組をやっていたなぁ。
北京で使用する水は周辺の都市から送られてきているので、水は大事に使わないといけない、そのことを啓蒙活動で市民に知らせているのだけど、北京市民はあまり深刻に考えていない・・て言う内容だったような。

北京や上海などの大都市の繁栄の陰で水不足や干ばつにあえぐ人達がいる実態・・大丈夫かなぁ。
日本も昔江戸時代だっけ?近郊農業で作られた野菜が、周辺の村では飢饉で食糧が不足しているにも拘らず、「お金になる」と言う理由で江戸に送られて、沢山の村人が餓死したんだよね・・・。

大都市だけが繁栄を享受して、周りの都市にしわ寄せが行っていいはずがないと思う。
反面、絶対必要な量と言うのはある訳で、「水資源の有効活用」「土地の緑地化」を真剣に考えないといけないんじゃないかな。目先の北京オリンピック対応だけじゃなくて。

と言いつつ、トニーが撮影に中国に行ってなければ見過ごしていた記事だと思う、現金な自分。
何も出来ないけど、せめて水は大切に使おう・・。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 2

△top

8月も映画で忙しい 

 

7月21日(土)~9月7日(金)まで新宿K’sシネマで「中国映画の全貌2007」として 新旧約74本が一挙上映されます。
上映スケジュールが発表されてました。
http://www.ks-cinema.com/schedule.html
「ブエノスアイレス」は

8月5日(日)午後2時35分~
8月18日(土)午後8時30分~
9月1日(土)午後7時00分~

の3回上映です。
K’sシネマは84席と座席数が少ない劇場ですので、「ブエノスアイレス」上映日は、朝早めにチケットを購入して整理番号をGETしておくことをお薦めします。(整理番号順の入場らしいです)

他にも名作だけど未見の映画が一杯上映されるので、できるだけ行きたいです。

8月と言えば他に、

8月4日(土)「消えた天使」公開 スバル座
(アンドリュー・ラウ監督/出演:リチャード・ギア、クレア・デンズ、アブリル・ラヴィーン)
http://www.kieta.jp/ (音出ます)

8月11日(土)「ドッグ・バイト・ドッグ」公開 新宿武蔵野館
(ソイ・チェン監督/出演:エディソン・チャン、サム・リー)
※8月11日はサム・リー初日舞台挨拶予定です。
http://www.dogbitedog.jp/

8月予定「長江哀歌(ちょうこうエレジー)」(三峡好人)公開 シャンテシネ
(ジャ・ジャンクー監督/出演:チャオ・タオ、ハン・サンミン、ワン・ホンウェイ)
http://www.bitters.co.jp/などなどが公開されます。

他にはシネマート六本木では8月25日(土)から「韓流シネマフェスティバル」
http://www.cinemart.co.jp/han-fes2007/が開催されます。
「中天」は絶対観たいです・・。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 3

△top

私はこんなものを食べてきた 8 

 

久々の食べ物の思い出です。

・夏の焼きおにぎり

夏、家族で海に行く時、または遠出をする時のお弁当のおにぎりは焼きおにぎりでした。といってもお醤油を塗ったおにぎりではなく、中に梅干を入れて表面をパリッと焼いた白いご飯の焼きおにぎり。

大人になるまで「焼きおにぎり」とは「白いおにぎり」の事と思っていました。

表面に海苔を巻いたおにぎりの方が好きな私は「夏の白い焼きおにぎり」がちょっと物足りなかったものです。
「なんで焼くの?」と聞いたら「暑いからね、おにぎりが痛まないように」と母は答えてました。

今、あの表面が少し香ばしく梅干の味の白い焼きおにぎりを思い出すと一緒に夏の日差しや、海で泳いだ後のシャワー室で水着に入った砂を洗い流していたことや、熱く焼けた砂の上を歩いたことを思い出すのです。
そして自分で「白い焼きおにぎり」を再現しようと思いつつ結局一回も作ることなく夏を過ごしてしまうのでした。

・白いタクアン

同じ白いものでもこちらは冬の思い出。私が小さい頃、冬になると母はタクアンを漬けていました。

沢山の大根を水で洗って泥を落とし、漬物用のポリバケツに漬けていくのです。小学一年生の時の冬休みの日記に、大根を洗うのを手伝った事を書いてあったので(数年前実家で発見)少なくともその頃はまだ漬けていたはず。

なんでタクアン作りを止めてしまったのか(梅干やお味噌はまだ作っていた)母に聞いてなかったけど、たぶんその後始めた内職の和裁が忙しくなって用意をする暇がなくなったのだと思う。お正月前や成人式前は和裁の依頼が立てこんで徹夜続きだったから。

まだよく漬かりきっていない白いタクアンが好きだった。少し甘くてあまり塩辛くなくてさっぱりして新鮮な感じで。

もし明日が地球最後の日で、「最後の晩餐」に何を食べたいか、と尋ねられたら今なら「母が漬けたタクアンで、まだ漬かりきっていない白いタクアン」と言うだろう、と夜布団の中で思い始めたら口の中に唾が一杯溜まって眠れなくなってしまった。

category: 食の思い出

tb: 0   cm: 2

△top

プレミア試写会続報 

 

ここをご覧の方々は皆さんもうご存知と思いますが、シネマトゥデイでも「傷だらけの男たち」プレミア試写会の応募がありました。

応募〆切:6月25日(月)必着
招待者数:25組50名

応募はこちらからです。
http://cinematoday.jp/present#G0001730

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

「雲南の少女 ルオマの初恋」「それでも生きる子供たちへ」 

 

6月21日(木)朝10:30から「雲南の少女 ルオマの初恋」を東京都写真美術館ホールで観てきました。
「ルオマの初恋」ポスター

原題は「ルオマが17歳のとき」らしい。

中国・雲南省を舞台にした物語。
ハニ族の17歳のルオマは、毎日街へ降りて焼きとうもろこしを売っている。通りを行き交う観光客にぶしつけに「この子、可愛い!一緒に写真撮ろう!」と並ばれて写真を撮られるのが嫌だと感じている。

ある日、都会から来て写真館を開いている青年と知り合う。焼きとうもろこし代の小銭がない彼はルオマに「音楽が聞ける機械」(携帯プレイヤー)を代金の代わりに、と預けていく。

再会した彼は、写真を撮られるのを嫌がっているルオマに、「とうもろこしを売るより儲かるよ」と観光客との記念写真を一枚10元で撮ることを提案する。
10元は焼きとうもろこしの20本分になるのだ!
観光客との記念写真のコーディネイトをしてくれる青年をルオマはだんだん好きになっていく。(観光客は欧米人、日本人もいる)

ルオマの、お金がたまったらしてみたい事、それは「エレベータに乗る事」。
都会で恋人が出来たハニ族の友人が都会のビルのエレベータに恋人と乗ったことを話してくれたから。


とにかく主人公のハニ族の少女ルオマを演じているリー・ミンが凄くいいです!彼女はこのデビュー作で2003年の金鶏奨最優秀新人賞を受賞しているとのこと。
くりくりとした瞳にぽってりとした唇。驚いたり、悲しんだり、微笑んだり、一つ一つの表情が愛らしく、ずっと眺めていたい気持ちになる。

ルオマが好きになる青年は、写真館の家賃も払えず、カメラマンとしても未熟な感じの情けない男です。まぁ優しいのが唯一のとりえかな・・。
しっかりと地に足をつけているルオマとは対照的な根無し草のような生活をしています。
しょっちゅう「家賃を払え!」と怒っている陶器店を営む大家さんのおじさんが太い竹を切って作ったらしき煙草?を吸っている姿がユーモラスだった。(ハニ族の男性も吸っていたから雲南では一般的な煙草なのだろうか)

ルオマの暮らすハニの村の棚田の風景がまた美しいのです。
日本人は棚田を見ると美しさの他に懐かしさを感じるのですが、観光に来ている欧米人はどのようなことを思うのでしょうね。

映画後、折角恵比寿にいるのだからと、海南鶏飯食堂・恵比寿店にてランチ。
海南鶏飯店2

ランチのチキンライスです。うまーー♪今回はカレーを食べたかったのですが、既に売り切れでした、残念。
チキンライス

-- 続きを読む --

category: 映画

tb: 0   cm: 4

△top

「モネ展」と「張學友コンサート」 

 

感想が遅くなりましたが(汗)、6月17日(日)はモネ展とジャッキー・チュン張學友コンサートに行ってきました。
(以前ジェイ・チョウを落語家と思っていた夫は、今回は私は「成龍のコンサート」に行くのだと思っていたようです:笑)

朝、コンサートの為上京してきた我が妹こと・京都のお嬢さんと一緒に六本木の新国立美術館にて「モネ展」を観てきました。
あの「うねうねビル」です。
新美術館


モネ展ポスター


朝一番に行ったのですが、物凄く混んでいました。日曜日だしね。

それにしても日本人はモネとかゴッホが好きだよね。私も好きだけど。「浮世絵の影響を受けた」と言う部分が日本人の何かに触れるのかな。

モネはゴッホと違って長生きして晩年まで精力的に絵を描き続けたんだよね。老いてから白内障を患って、周りから「このままだと失明してしまうので手術しましょう」と勧められたのだけど、「手術したらこれまでと違った風に風景が見えるかもしれない」と手術は頑なに拒否していたのだとのこと。

そのエピソードからして自身の「光を捉える執念」の凄まじさが想像される。自分がどのように見えるのか、を最も重視してキャンバスに再現する。

だからモネの絵を注意深く見ていると水面のどちらからどちらに向かって風が吹いているか、風の強さはどのくらいか、花畑のどの辺に太陽の光が当たってどの辺が影になっているか、海面は波立っているのか、凪で穏やかなのか、全てわかる。

雪の積もった垣根に鳥がちょこんと止まっている絵は、その鳥の影の長さで、その光景が朝の風景だと言うこともわかる。(朝は影が長いから)

まさに、見えたとおり描いたのですよ、と言うモネの声が聞こえてきそうだ。
睡蓮も積みワラも大聖堂も、描きたかったら何枚でも描く。
朝の様子、昼の様子、夕暮れの様子、全て違って見える。

目が見えなくなってきてからの絵は絵の具のチューブから搾り出したような色をキャンバスに描きなぐっている。
昼間に見えるわずかな光を頼りに描いたのだろうか、まるで生き急ぐかのような、若者が自分のエネルギーをぶつけたかのような凄まじい前衛画のようで、それまでの丹念な絵とはまた違った表現で見る者の胸を打つ。
-- 続きを読む --

category: イベント

tb: 0   cm: 2

△top

待ちに待ったプレミアは抽選 

 

「傷だらけの男たち」いよいよ公開直前プレミアの情報です!
(nanicxさん、ありがとうございます)

応募はこちらから。(音出ます)
http://www.tfm.co.jp/cinema80/preview/index.php?id=424

日時:7月4日(水)18:30開演
会場:TOHOシネマズ六本木ヒルズ
募集人員:200名400組
応募〆切:2007年06月27日 (水) 12:00

当日はスタッフ・キャストによる舞台挨拶を予定しています、とのこと。
トニー来日しますように!

さっそく応募しましたが年齢サバ読むのを忘れましたよ!ママン!
(試写会も全て実年齢で応募してますが何か)

もう駄目かも。(滝涙)

トニーのことだから、中国でハードな撮影にのめりこんで来日どころじゃなくなってるかもしれないし。金城君だけ登場して、「トニーは撮影が立てこんでまして、来られません」なんて当日司会者に言われるかもしんないけど・・。
でも行きたいなぁ・・。

続×17試写会情報
「傷だらけの男たち」試写会情報です。

日時:7月3日(火)19:30~
場所:森のホール21(松戸市文化会館)
招待数:250組500名
応募〆切:6月22日(金)消印有効
応募方法 : ハガキに、住所、氏名、年齢を記入し、下記宛先までお送り下さい。
発送をもって当選とさせて頂きます。

応募先 
〒260-0001
千葉県中央区都町1丁目1番25号
千葉テレビ放送株式会社
「傷だらけの男たち 試写会係」

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

「ザ・シューター 極大射程」を観た 

 

6月16日(土)「ザ・シューター 極大射程」を観てきました。

夫の趣味について行ったので、全然内容は期待してなかったのですがなかなか面白かったです。

マーク・ウォルバーグ、あんまし知らない俳優だったのだけど、それがストーリィ中心の硬派な映画に仕上がっていて、いい出来でした。(←ナニサマ?)
(観に行く直前彼が「ディパーテッド」に出演していたと知った。「ディパーテッド」は未見なので役どころは知らないのだけど、巡査部長の役らしい)

銃でガンガン撃つだけの映画かと思いきや謎解きの部分(アメリカ大統領の暗殺阻止の依頼を受けるも、暗殺の犯人に仕立てられると言う)も大きいので女性も楽しめると思います。

それにしてもスナイパー(夫が言うにはスナイパーと言うのは狙撃で収入を得ている人だけど、この主人公は引退している身分なのでスナイパーとは言わないらしい・・)を絶対敵に回しちゃいけませんな。

原作では主人公が最初行っていたのはベトナム戦争とのこと。それでは話が古過ぎるので設定はいろいろ変わっているらしい。
それにしても戦争や紛争の背後に企業の利権とか拘っていると考えるに胸糞悪い。あくまで映画はフィクションと思いたいけど、現実にありそうな所が怖い。

ところで今日の「ザ・シューター」でも「傷だらけの男たち」の予告編が観られました♪
(前回「女帝」で初めて予告編を観たのです)
もうすぐ公開ですね、楽しみです。

category: 映画

tb: 0   cm: 0

△top

天才を読み解く 

 

6月14日(木)「レオナルド・ダ・ヴィンチー天才の実像」を観てきました。
レオナルド・ダ・ヴィンチ展


会期は6月17日(日)までです。本館で20分くらい並んでから入場して「受胎告知」を観ることができました。
絵は思ったよりも小さかったです。細部に渡り繊細に描かれてましたが、私はどちらかと言うと後期のモナリザのようなおだやかな笑みをたたえたような絵の方が好きです。「受胎告知」のマリア様は表情が硬いのですよね。

第2会場の方は、飛行機や大聖堂の設計図などから天才ダ・ヴィンチを分析する試み。
嫡外子として産まれ初等教育を受けられないまま、工房に入ったダ・ヴィンチ。
天文学、物理学、解剖学、建設学への多彩な分野へ関心を持ったのは子供の頃の空白を埋めたかったのか。それとも「人とは」「自然とは」「宇宙とは」を自身で解明したいと言う純粋な探究心の表れだったのか。

17年の歳月と労力を費やしたと言うスフォルツァの巨大騎馬像計画が一番印象に残りました。完成していたらどれだけの国宝となっていたことかを思うと本当に惜しいです。
(フランス軍の侵攻により計画は中止)

続×16試写会情報
「傷だらけの男たち」試写会情報です。

<その1>

日時:6月26日(火)18:30~
場所:なかのZEROホール
招待者数:20組40名
応募〆切:6月21日(木)必着
応募方法:WEB
http://www.mtvjapan.com/cinema/campaign/

※会員登録(無料)必要

<その2>

日時:6月29日(金)18:30~
場所:一ツ橋ホール
招待者数:200組400名
応募〆切:6月21日(木)AM10時必着
応募方法:WEB
http://www.pia.co.jp/wpia/

※Weeklyぴあ(首都圏版)に掲載されているキーワード必要

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 2

△top

そろそろ雑誌に 

 

「傷だらけの男たち」、そろそろ雑誌に取り上げられる時期ですね。

まだ現物は見てないのですが、月刊「聴く中国語」7月号(6月9日発売)に「傷だらけの男たち」が載っているそうです。
内容としては

★表紙
金城武 映画『傷だらけの男たち』より

★巻頭カラー
映画『傷だらけの男たち』 見どころを徹底解剖

★中国勢大活躍!
第60回カンヌ国際映画祭リポート
王家衛、開幕作品『My Blueberry Night』を語る

★聴いて楽しむ中国名作小説
傑作ラブストーリー 張愛玲「色・戒」第2回 (※第1回がすでにあったのか・・)

★映画で学ぶ中国語
「傷だらけの男たち」 (アレ?広東語じゃないの?)


だそうですよ。これは買うべき?

月刊「聴く中国語」日中通信社ホームページ
http://www.long-net.com/

あと6月19日発売の「CUT」にも「傷だらけの男たち」の記事が載るようです。

「CUT」
http://www.rock-net.jp/cut/

続×15試写会情報

「傷だらけの男たち」試写会情報

<その1>

日時:6月29日(金)18:30~
場所:サイエンスホール
招待者数:200組400人
応募〆切:6月20日(水)必着
応募方法:WEB
http://www.tbs.co.jp/radio/event/cinema/C10146/C10146.html#02

<その2>

日時:6月27日(水)18:30~
場所:なかのZEROホール
招待者数:200組400人
応募〆切:6月18日(月)消印有効
応募方法:官製ハガキ
宛先:〒101-8001 東京都千代田区一ツ橋2-3-1 小学館 週刊ポスト『傷だらけの男たち』係
記入事項 1.郵便番号、2.住所、3.氏名、4.年齢、5.職業

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 2

△top

るるぶにトニー 

 

YUKIさんのブログからの情報で、「るるぶ香港・マカオ」にトニーのインタビューが載っているとの事で、早速買ってきました。
るるぶ香港・マカオ

雑誌では飲茶が沢山紹介されてて「今すぐ香港に飲茶食べにいきてぇぇー!!」と思いましたが、次に行けるのはいつのことやら・・。

「トニー流香港の過ごし方」としては、「香港ではあまり外出せず、家で過ごすことが多いかな。でも、僕は海が好きだから、香港の離島への旅をお薦めしたい。例えば、フェリーで20分くらいの南Y(ラマ)島。香港島南西に位置するのどかな島で、おいしい海鮮レストランがある。あと、ヴィクトリア・ハーバーで運航している真っ赤な中国風フェリーに乗るのはどう?中華料理を食べながら、夜景を楽しむクルーズ・ツアーがあるらしいんだ。とても香港らしくて、楽しい思い出が作れるんじゃないかな」とのことです。

南Y島はNHK「語楽紀行」の香港編でも見ましたよ。店先のガラスケースの中で泳いでいる海老やシャコをその場で調理して出してもらえるんですよね。
確か調理方法もどうするかお店の人にお願いできてたと思います。美味しそうだった・・。(結局私の記憶は食べ物の事ばかりなのだな)

ところでナンクルナルタイさんのブログによると「傷だらけの男たち」のテレビスポットもそろそろ始まるようです。15秒くらいらしいですが。
て、どの番組でCMあるんだろう?やっぱエイベックスが提供している番組と言うと「うたばん」「ミュージックステーション」のような音楽番組かなあ。
目撃情報求む、なんちて。

続×14試写会情報
「傷だらけの男たち」の試写会情報です。

日時:6月22日(金)18:30~
場所:よみうりホール(有楽町)
招待者数:2会場1050組2100名
応募〆切:6月18日(月)21:00必着
応募方法:WEB
http://dg.kds.jp/a/ym/ ←「黒BUTA農場/シネマファーム」

※「ヤングマガジン28号」掲載のパスワード必要

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 2

△top

嬉しいNEWSと悲しいNEWS 

 

昨日もにかるさんのブログを参考にさせていただき、無事トニー・レオン公式サイトの会員登録ができました。(たぶん)

サイトは中国語で(英語併記の部分もあり)何を書いているかわからず異国のファンは少し疎外感もありますが(笑)、今後の展開を期待しています。ほとんど更新されないなんて事がありませんよう。あと、仮にイベントのお知らせとかあっても香港や中国ならなかなか行けませんし、ギリギリまで予定のわからないトニーの事、どこまで情報が載るのか(お知らせがあるのか)疑問ではありますが。
いずれにしても久々にわくわくするNEWSでありました。

公式サイトでもトニーのお誕生日のメッセージを受け付けてますが、一応私は今年も手書カードにします。明日郵送する予定。
トニーBDカード

サイトでのメッセージの方が、撮影で北京にいるトニーにすぐ読んでもらえるというメリットがありますが、メッセージを残す場合名前を入れないといけない訳で、本名を入れるのもナンだし何て入れればいいの~と迷ってしまうのです。

昨夜の「アド街ック」のマカオ特集は結構面白かったです。いろいろ食べ物のお店も紹介されていたので行ってみたいなぁ。
トニーが以前広告に出ていたマカオのホテルが紹介され、トニーをゲストにした記念パーティの様子もテレビに映し出され吃驚すると同時に得をした気分でした。


ところで今日夕方たまたまテレビをつけたらTBSの報道特集でパンダが出ていたのですが、昨年野生に帰されたパンダのシャンシャンは今年2月に崖から落ちて死んでいたのだそうです・・。(悲)
たぶん野生のパンダと縄張り争いして逃げているうちに落ちたのではないかとのNEWS。昨年12月にも一旦怪我をして臥龍パンダ研究所にて治療を受けてたのだけど、今年2月臥龍を訪れた時は「怪我は大した事がなかったのでまた野生に帰しました」との飼育員の話だったのに・・・。

パンダの繁殖は順調に行ってるものの、研究所で育ったパンダを野生に帰すと言う試みはまだまだ難しそうです。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 4

△top

情報いろいろ 

 

本日はいろんな情報寄せ集め。

もにかるさんのブログよりの情報。

6月9日(土)午後9時~9時54分 テレビ東京放送 「出没!アド街ック天国」マカオ特集

だそうです。いずれ行きたいマカオ。番組観て、行きたい所メモしておこうっと♪

nancixさんのBBSよりの情報。

なんとトニー・レオンの公式サイトが出来たそうです♪
http://www.tony-leung-chiuwai.com/
トップの美しい映像。(美しすぎかも・・ちょっと笑っちゃうよ←それでもファンか?)これだけでも行く甲斐があるね。
でも文が読めないよぉ。訳は他力本願で、これから「こんな事書いてあったよ」と皆様教えてくださいませ。

あと立ち読み情報。

・今発売中の「CREA」7月号
金城武のインタビュー記事にちょこっと小さい写真ですが金城君とトニーのツーショット記者会見の写真が載ってます。
「傷だらけの男たち」試写会情報もあり。

・Junior SCREEN vol.14
“チャン・ツィイー『女帝/エンペラー』”特集号
http://www.kindaieigasha.co.jp/
「傷だらけの男たち」「色、戒」の映画紹介記事あり。

続×13試写会情報
「傷だらけの男たち」試写会情報です。

<その1>
日時:6月29日(金)18:30~
場所:一ツ橋ホール
招待者数:100組200名
応募〆切:6月21日(木)消印有効
応募方法:官製ハガキ
宛先:〒101-8001 東京都千代田区一ツ橋2-3-1 小学館 マーケティング局 宣伝グループ『傷だらけの男たち』B.C.スペリオール係
1.住所、2.氏名、3.年齢、4.職業(学生の方は学年)、5.電話番号

<その2>
日時:6月29日(金)18:30~
場所:一ツ橋ホール
招待者数:50組100名
応募〆切:6月20日(水)必着
応募方法:官製ハガキ
宛先:〒106-0032 港区六本木2-2-6 福吉町ビル501 リベロ「傷だらけの男たち」CREA係
住所、氏名、年齢、職業、電話番号、なぜその映画を観たいのかを明記

クレア7月号
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000R9YIZM?ie=UTF8&tag=shisyakaikura-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B000R9YIZM

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 2

△top

「女帝」は何故ツィイーなのか 

 

咳が止まらずここニ晩寝られず。昨日仕事を早退して病院で咳止めと痰をきる薬を処方してもらったら昨夜は良く寝られました。
ビバ!現代医学!

てな感じでまだダルいのですが、本日レデーィスディ「女帝」(夜宴)観てきました。

いやーー予想通り美しい映像で目の保養になりました。冒頭の芝居の様子から幻想的で惹きつけられました。
以前から思うけど「HERO 英雄」は映画界に様々な影響を与えましたね。舞台芸術、衣装も映画の一部(もしくは主役)であること。時代劇でも非日常的な衣装表現が観客に受け入れられるということ。
何より音楽担当がタン・ドゥンなのでついつい「HERO 英雄」を想起してしまいます。
映画のラストも含みを持たせた形で気に入りました。

この映画の素晴らしいところの一つはキャステイング。

グォ・ヨウはいかにも王位と王妃を狙って実の兄を暗殺しそうだし、
ダニエル・ウーはいかにも自分の愛した女性を父に娶られ、失意のため歌と踊りに逃避しそうだし、
ジョウ・シュンは皇太子の心が自分にないのを知りつつ片思いにふけっていそうだし。

ただ他の人でもいいのでは、と思ったのがイン宰相の息子でジョウ・シュンの兄であるホァン・シャオミン。
とっても妹思いで「自分には妹しかいないんだ!」と言ってるのだけど逞しくて美形なので「恋人の一人もいないの?」と説得力に欠ける。思い切ってブサイク(失礼)な男性のキャスティングでも良かったのでは・・てそうしたらジョウ・シュンの兄に見えないかな。

あと肝腎な「女帝」は果たしてツィイーで良かったのか。
もちろんツィイーは美しいし、彼女の気の強そうな表情の裏にある孤独の影は好きだ。
でも「女帝」と言うと私は成熟した女性を思い浮かべる。
王を亡くした後のツィイーは頼りなげでとても一人で政ができそうに見えないし、分厚く煌びやかな衣装も、見ようによっては幼子が母親の服を着てすましているように見える。
ツィイーは地味な衣装か粗末な衣装の方が却って美しさがひきたつし、「HERO 英雄」では大人の女性マギーに対して、か弱い付き人の少女というツィイーの存在感が際立った。
「女帝」ではツィイーはジョウ・シュンとさほど変わらない少女っぽさが見えて存在感が際立たないのだ。

フォン・シャオガンは果たして少女趣味なのだろうか、と言う穿った見方さえしてしまう。
それとも中国映画の女優の層の薄さが一番のネックなのだろうか・・。


<続×12試写会情報>
「傷だらけの男たち」試写会情報です。

<その1>

「TVstation」試写会プレゼント(13号p129)
日時:6月29日(金)18:30~
場所:一ツ橋ホール
招待者数:25組50名
応募〆切:6月20日(水)必着
応募方法:官製ハガキ
宛先:〒150-8409 ダイヤモンド社テレビ・ステーション編集部「映画『傷だらけの男たち』試写会プレゼント」係 
住所・氏名・年齢・職業・電話番号・このページの感想や取り上げてほしい作品、人などを記入。

<その2>

6月6日朝日新聞夕刊試写会ご招待
日時:6月27日(水)18:30~
場所:なかのZEROホール
招待者数:25組50名
応募〆切:6月13日(水)必着
応募方法:ハガキ
宛先:106-0032 港区六本木2の2の6の501 リベロ「傷だらけの男たち」朝日係
〒住所・氏名・電話番号を明記。

※あと、未確認ですが女性自身にも試写会応募の掲載あり、とのこと。
(6月28日の一ツ橋ホール試写会だそうです)

category: 映画

tb: 0   cm: 2

△top

三国志 英雄占い 

 

友人のブログで紹介されていたのですが面白いのでこちらでもご紹介します。

「三国志 英雄占い」

質問に二択で答えていくと貴方はどの英雄タイプか、諸葛孔明が教えてくれます。(二択がどちらを選ぶか結構難しい・・)

http://doron.allabout.co.jp/s/070530/?FM=dgs

ちなみに私は貂蝉でした。(誰?)て、そんなに私は献身的じゃないぞ!
できるならそんな美貌(すぐれた才能も)が欲しいものだけど。

「傷だらけの男たち」試写会情報です。
<続×11試写会情報>

日時:6月28日(木)18:30~
場所:一ツ橋ホール
招待者数:200組400名
応募〆切:6月11日(月)消印有効
応募方法:官製ハガキ

宛先:〒101-8050 東京都千代田区一ツ橋2-5-10 集英社宣伝部「PBCニュース」25号係

1.「傷だらけの男たち」、2.住所、3.氏名、4.年齢、5.職業(学生の方は学校名・学年)

※あと未確認ですが月刊少年ジャンプ7月号にも試写会情報あるそうです。
(6月27日なかのZEROホールにての試写会です)

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 6

△top

周さんの貴重なお話 

 

6月2日(土)シネマート六本木にて、通訳をされているサミュエル・周さんのお話を聞いてきました。

実は水曜の夜「インビジブルウェーブ」を観に行った時、足元を雨に濡らしたのがよくなかったか帰宅してから喉と頭が痛くなってしまいました。木曜病院で薬をもらったものの、この調子だと周さんの講座もキャンセルすべきかと覚悟していたのですが、なんとか参加できました。悪化しても日曜に寝てればいいしと思い。(笑)
(こういう時は「そんな体で外出は止めときなさい」などとは一切干渉しない夫の存在が有り難いです)

シネマートさんのお話では今回の講座は今までで最多の136名(と言ってたと思う)の参加、立ち見の方もいらっしゃるとのことでした。

周さんのお話、以下おおまかな内容です。

1.「通訳」雑学
 通訳の種類としては
  「同時通訳」・・国際会議などで多い、先日の「パイレーツ・オブ・カリビアン3」のようにゲストが多い時。話している内容の60%を訳せたらパーフェクトと言われている。
  「逐次通訳」・・少し喋ってから通訳。100%訳すことができる。
  「ウィスパーリング」・・囁き。同時通訳に近い。他の人が喋っている時、相手の人の耳元で囁く。通訳は誰もやりたがらない方法。雑音が多くなったり、早口で喋ると唾が飛んだりするので。○○の通訳でこれをやっていたら、傍の監督に「うるさい!」と言われて、ウィスパーリングを止めたこともある。(日本語が多少わかる俳優さんだったので「訳さなくてもいいですよ」と、そこから訳すのを止めた、とのこと)

 通訳でよく言われること
  「他人依存型」・・自分の存在を消す。彼らがいないと自分も必要ではない。
  「ブドウ糖信仰」・・いつもノート、ペン(3本くらい。インクが出ないと困るので)を携帯しているが、15分くらい喋ると脳が疲れてくるのでブドウ糖の補給が必要。一時間くらい経つと頭がぼーっとする。その為通訳は鞄の中にチョコレートなどの甘いものを入れておく。今は便利な5gくらいのブドウ糖の粉がある。麻薬みたいに見えますが、これをなめてブドウ糖を補給する。
  「口八丁手八丁」・・食事中の通訳は大変。食べる暇がないから。食べてないと監督や俳優が気を遣って自分が食べるまで喋らなかったりするので、食べながら相手の話を聞き(数字などが出たらメモする)、話し終わったら通訳。早食いになってしまう。
  「隠遁術」・・舞台挨拶で俳優と一緒に上がると写真撮影で写ってしまうのでいかにその時隠れるかが難しい。(カメラマンは通訳を撮りたい訳ではないので)トイレに行くと進行が中断してしまうので職業病として膀胱炎になる人が多い。
  「ジューサー」・・通訳はオレンジをジュースにして飲ませるような仕事。自分は機械になっているような感覚。時間や言葉の制限で全てを伝える事はできない。
-- 続きを読む --

category: イベント

tb: 0   cm: 9

△top

小さき愛しいもの 

 

今日本屋さんで大島弓子さんの新刊発見。
「グーグーだって猫である」の3巻です。
グーグーだって猫である3

キョンキョン主演で映画化、2008年公開予定だそうですね。

ホームレスの男性から譲り受けた目の見えない猫、その後も元気そうで良かった。そしてまた懲りずに捨て猫を拾ってしまう大島さん。

小さな命を愛する彼女のいさぎよさの素晴らしいこと。そしてたくましくけなげな猫たち。
「いとおしい」と言う言葉を思い起こさせてくれる漫画です。


<続×10試写会情報>
「傷だらけの男たち」試写会情報です。

日時:6月27日(水)18:30~
場所:なかのZEROホール
招待者数:25組50名
応募〆切:6月15日(金)必着
応募方法:WEB
http://www.famitsu.com/present/preview/2007/05/31/632,1180599511,72630,0,0.html

あと未確認ですが、雑誌「BE LOVE」に試写会応募が掲載あり、とのこと。(6月22日よみうりホールでの試写会です)

category: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

△top