ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

意味不明の裏にあるもの 

 

5月30日(水)シネマート六本木で「インビジブル・ウェーブ」観てきました。

感想はと言うと、あんまし好きになれない映画だった。
リアリティが感じられないと言うか・・唯一リアリティがあったのは主人公の浅野忠信が船の中やホテルの中で「自分の部屋ってどこだっけ?」と通路で迷いウロウロしているところかな。わかりにくいんだよね、船やホテルの中って。しかしこんなシーンにこだわりがあるのは監督自身に何かトラウマがあるのかしらん。

で「インビジブルウェーブ」を何故観てきたかと言うと午後7時からの最終上映はウォン・カ-ウァイの未公開映像(浅野忠信とカレン・モク)が併映されるから。
時間は短いものの、面白かったです。

「インビジブルウェーブ」よりこっちが良かったな。
浅野忠信がとんがったスーツできめて部屋の中を機関銃を持って走り回ったり、カレ・モクが浅野が「大事にしている」と言うスーツに火をつけちゃったり、とにかくムチャクチャやってしまうと言うシーンの繰返しなのですが。
若い浅野忠信はなんか金城武に見えますね。痩せてて「インビジブルウェーブ」と比べて観るとガタイが変わってる(今の方がちょっと肉付きが良くなってる)なとか。

一見意味不明のアクションばかりしているのですが映像の中の二人に好感が持てるし二人が恋人同士と言うのも説明がなくても伝わる。

反面ストーリィがある映画でも、その裏側にあるものが伝わらないのはよくあることで。またはその裏側に「これを作った人は結局人間不信なのだなー」と言うようなことを感じ取ってしまい嫌気が差してしまったり。そういう滲み出てくるものって不思議ですね。まぁ好みもあるでしょうけど。

ところで映画の後、六本木の麻布警察署のそばの「モティ」と言うインド料理店に夕食に行ったら「傷だらけの男たち」のアドカードがお店の入り口に置いてありました。
「傷城」アドカード

既に他の所で探してくれた友人からもらっていたで、この分は会社の人に「観に行ってね♪」と渡そうかな。

以下、「傷だらけの男たち」の試写会情報です。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

category: 映画

tb: 0   cm: 0

△top

6月の予定 

 

自分用覚書メモ。そろそろトニーへのバースディカードの準備をしなきゃ。

6月1日(金)「ザ・シューター/極大射程」公開
http://www.shooter-movie.jp/

6月2日(土)「女帝エンペラー」公開
http://jotei.gyao.jp/

6月2日(土)亜細亜講座 シネマート六本木 講師:サミュエル・周さん(※整理券は完売のようです)

6月9日(土)「それでも生きる子供たちへ」公開
http://kodomo.gyao.jp/

      「300」公開
http://wwws.warnerbros.co.jp/300/

6月9日(土)午後9時~9時54分 テレビ東京放送 「出没!アド街ック天国」マカオ特集

6月16日(土)「ゾディアック」公開
http://www.zodiacmovie.com/

       「雲南の少女 ルオマの初恋」公開 東京都写真美術館ホール
http://www.ruoma.jp/

6月17日(日)ジャッキー・チュン・コンサート 東京国際フォーラムA

6月23日(土)「リサイクル/死界」公開
http://www.cinematopics.com/cinema/works/output2.php?oid=6952

6月27日(水)トニー・レオンの誕生日♪

6月30日(土)「ダイ・ハード4.0」公開
http://movies.foxjapan.com/diehard4/

6月8日情報を更新しました。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 2

△top

メイデイ五月天サイン会&ライブ 

 

5月27日(日)台場小香港にてメイデイ五月天のサイン会&握手会があるというので行ってきました。
整理券配布は午後2時開始ですが、午前11時の開店と同時に入店。(笑)
整理券番号は89番でした。(午後2時の時点でもうすでに「整理券残り40枚!」とお店の人が言ってましたのでかなり早い段階でファンが来店していたようです)

午後6時よりサイン&握手会開始。会場は思っていたよりずっと狭く、240人くらいのファンが立ち見してました。若い女子が多かったです。圧倒的に女性が多かったのですが意外に男性ファンも数人いましたね。

メイデイ登場!映画で観たよりも全員ずっと若いです。特にアシンは私的には可愛い「小僧」と言う感じ。(私的にはジェイも「小僧」なのだー)

最初は一人一人日本語で挨拶、その後司会より「ロックの方はギターが手元にないと緊張するんじゃないですか?」とのフリで、何故かミンが皆に前に押し出され二曲アカペラで歌ってました。

質問コーナーで予めファンが投稿していた質問に答えてましたが、何と答えていたのか覚えてません。(汗)
「日本(東京だっけ?)で彼女とデートするならどこ?」と言う質問に「食べ物は美味しいし、出かける場所も一杯あるけど、ホテルの一部屋がいい」と誰かが答えてました。

それしてもメイデイのメンバーが中国語で話しているうちに(通訳の人が訳す前に)ファンの笑い声などの反応が。中国人のファンも数人来ていたけど、他の人達も中国語が理解できている様子。どえぇぇーーやぱし中国語習ってるのかなぁ。もの凄く焦る。

あとは整理券番号順に全員のサインをいただき握手も。予想よりも多くファンが来た為か「時間の都合でサインにお客さんのお名前を入れることはできません」「プレゼントやカードは本人に渡さずに係の人に渡してください」とのことでした。

握手は皆男性の手という感じでがっしりしてました。最後にアシンと握手した時、手をキュッと握り締められ思わずドキッとしてしまいました。上手いなぁ・・。イベントの間はアシンはほとんど喋らず他のメンバーが喋ってましたがやはり熱い男なのだなと思いました。(私、単純?)皆握手の際「アリガトウ、謝謝」など笑顔で言葉をかけてくれましたよ。

いただいたサインです。
メイデイ・サイン


尚、メイデイは5月28日のライブの後は10月7日(日)にもZEPP TOKYOでライブがありますと告知がありました。こちらの方は渋谷よりも大きな会場だそうです。
先行受付開始中こちらまで。(規定枚数になり次第終了とのこと)
http://www.diskgarage.com/info/mayday/

そして、翌日28日(月)の渋谷O-WESTでのライブ。
-- 続きを読む --

category: イベント

tb: 0   cm: 2

△top

続×8試写会情報 

 

メイデイのライブ報告がまだですが、とりあえず「傷だらけの男たち」試写会情報続編です。

<その1>

日時:6月19日(火)18:30~
場所:ヤクルトホール(新橋)
招待者数:400組800人
応募〆切:6月11日(月)
応募方法:WEB
http://www.nifty.com/movie/otokotati.html

※会員登録(無料)必要

<その2>

日時:6月19日(火)18:30~
場所:中野サンプラザ
招待者数:25組50人
応募〆切:6月11日(月)
応募方法:WEB
http://cinematoday.jp/present#G0001721

あと、もうご存知の方も多いと思いますが、「傷だらけの男たち」アンドリュー・ラウ監督のインタビュー記事です。
http://cinematoday.jp/page/N0010624

category: 日々のつぶやき

tb: 1   cm: 2

△top

もう眠い・・・ 

 

今日は長い一日でした。朝11時の開店前から台場小香港に行って・・。

メイデイ五月天に握手してもらってサインもいただきました!

明日の夜は渋谷でのライブに行ってきます。夕方仕事後、そのまま会場に向かうのでTシャツとジーンズを持参してトイレで着替えなきゃ。←中坊か!!

もう眠いので握手会&サイン会の感想は後日。

とりあえずアシンの肌はツルツルでした。そしてストーンの顔は思ったより小さかったです。(わ~~ごめんなさいっ!)

ではでは。(立ちっぱなしで足が痛いです)

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

続×7試写会情報 

 

「傷だらけの男たち」試写会情報です。

<その1>

日時:6月19日(火)18:30~
場所:中野サンプラザ
招待者数:10組20名
応募〆切:6月12日(火)午後2:00必着
応募方法:WEB
http://www.spodom.jp/pc/kizudarake.php

<その2>

日時:6月19日(火)18:30~
場所:中野サンプラザ
招待者数:10組20名
応募〆切:6月10日(日)必着
応募方法:WEB
http://blog.television.co.jp/present/special/


<その3>

日時:6月18日(月)18:30~
場所:スペースFS汐留
招待者数:125組250名
応募〆切:6月11日(月)必着
応募方法:WEB
http://blog.cinemacafe.net/preview/archives/006255.html

<その3>の6月18日試写会と言うのは初登場ですね!

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

久々にインタビュー記事 

 

「ワッツイン ピクトリアル A」Vol.3(ソニーマガジンズ)にトニーのインタビュー記事が掲載されてました。
ワッツイン ビクトリアルA Vol.3

香港エンターティメント大使としてのトニーにインタビューした、とのことなので今年の3月か4月の頃かな?
「色、戒」の撮影の時は役作りの為どんどん体重を落としていったが、さすがに途中で監督から「これ以上は痩せちゃいけないよ」と注意されたとのこと。

下記以外に三枚のカラーグラビアあり。

ワッツイン トニーインタビュー


F4以外にはニコラス・ツェー、チャン・チェン、カレン・モクのインタビューも載ってます。

あと今日の朝日の夕刊にカンヌで上映されたウォン・カーウァイ監督の「マイ・ブルーベリー・ナイツ」とジョニー・トー監督、リンゴ・ラム監督、ツイ・ハーク監督3人の巨匠が一つの物語を交代で演出したという「トライアングル」の記事が載ってました。

朝日・カンヌ記事


「トライアングル」観たい!どうしたら観られるんでしょうね?
「マイ・ブルーベリー・ナイツ」はノラ・ジョーンズとジュード・ロウ主演のカーウァイ監督初の英語作品。ノラ・ジョーンズはブルーベリーパイを何枚も食べさせられたのでしょうか?
闇を走る列車、巨大な時計というおなじみのアイテムも登場するそうです。


「傷だらけの男たち」試写会情報として、雑誌アフタヌーンに掲載があるそうですが、未確認です。(例の東京・大阪会場にての試写会です)

category: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

△top

続×6試写会情報 

 

「傷だらけの男たち」の試写会情報です。

<その1>

日時:6月19日(火)18:30~
場所:中野サンプラザ
招待数:100組200名
応募〆切:6月10日(日)必着
応募方法:WEB
http://www.walkerplus.com/movie/shishakai/kizudarake/

※会員登録(無料)必要

<その2>

日時:6月19日(火)18:30~
場所:中野サンプラザ
招待数:10組20名
応募〆切:6月12日(火)正午必着
応募方法:WEB
http://www.cine-pause.com/shisyapre/shisya2.htm

WEBでの応募はもうどれに応募してどれにしてないのかわからなくなってます。
とりあえず会員登録しなくていいのには全て応募して、会員登録が必要なのにもいくつかは応募したんだけど。


ところで全然関係ないのですがユニクロが手塚治虫先生の作品をアレンジしたTシャツを発売してたのね。全然知らなかった。先日たまたまテレビで観て「欲しい!」と思ったんだけど、買いに行けるかな。てか、近所のユニクロに欲しいデザインのがあるのかな。ネットで買った方が早いのだろうか。

この暑さ、「TシャツLOVE」な私にとってはいい季節なんだけど気に入ったのがなくてしばらく新しいのを買ってなかったのだ。

http://store.uniqlo.com/ut/tezuka.asp

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 2

△top

続×5試写会情報 

 

「傷だらけの男たち」試写会情報です。と言っても既出の試写会で、募集母体が違うだけなんですけど一応載せときます。
WEBでの募集は会員登録(無料)が必要なものがほとんどです。自己責任でご応募下さい。

<その1>

日時:6月19日(火)18:30~
場所:中野サンプラザ
招待数:10組20名
応募方法:WEB
応募〆切:6月12日(火)必着
http://www.cinematopics.com/cinema/present/premora.php?number=853

<その2>

日時:6月19日(火)18:30~
場所:中野サンプラザ
招待数:25組50名
応募方法:WEB
応募〆切:6月12日(火)必着
http://www.cybercrea.net/present/

<その3>

日時:6月19日(火)18:30~
場所:中野サンプラザ
招待数:10組20名
応募方法:WEB
応募〆切:6月11日(月)必着
http://www.cine-tre.com/present/?pcid=1&prid=10000307#10000307

<その4>

日時:6月19日(火)18:30~
場所:中野サンプラザ
招待数:100組200名
応募方法:WEB
応募〆切:6月11日(月)必着
https://secure.eiga.com/preview/kizudarake/send.shtml

<その5>

日時:6月19日(火)18:30~
場所:中野サンプラザ
招待数:100組200名
応募方法:WEB
応募〆切:6月10日(日)必着

http://www.excite.co.jp/cinema/preview/form?enq_id=8383

<その6>

日時:6月19日(火)18:30~
場所:中野サンプラザ
招待数:100組200名
応募方法:WEB
応募〆切:6月10日(日)必着
http://www.so-net.ne.jp/movie/

<その7>

日時:6月19日(火)18:30~
場所:中野サンプラザ
招待数:10組20名
応募方法:WEB
応募〆切:6月6日(水)正午必着
http://www.webstyle.ne.jp/pfan/item/070606_p_kizudarake.htm

<その8>

日時:6月22日(金)18:30~(大阪会場は6月27日(水))
場所:よみうりホール(有楽町)(大阪会場はメルパルクホール)
招待数:2会場1050組2100名
応募方法:WEB
応募〆切:6月4日(月)必着
http://www.web1week.com/tokyo/present/movie/index.html

※あと、内容確認していませんが、雑誌イブニングでも試写会募集の記事があるようです。

夫の風邪がうつったのか今日は喉が痛くてダルかったので掃除機をかけるのも断念して寝てましたが、一応5月25日〆切分のハガキ応募分は何枚か意地で書きました。一箇所くらい当たるといいなぁ。

応募ハガキ

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 2

△top

周さんのお話 

 

次回シネマート六本木で開催される亜細亜講座は通訳の周さん(周先生とお呼びしないといけないのでしょうが、陰ながら勝手に親しみを込めて周さんと呼ばせていただいております)です。

6月2日(土)14:00~16:00(15分休憩挟む) シネマート六本木
看字読画ー通訳者から見る映画の楽しみ方 講師:サミュエル・周

※申込開始は5月22日(火)より

下記よりお申込ください。
http://www.cinemart.co.jp/theater/roppongi/cinemartasia/20070602.html

ご無理を言って講師になっていただいたとのことなので、今回きりのお話かもしれません。香港映画の観方が変わるかもしれないようなお話をしてくださるそうです。
なによりトニーの来日の際などは横で通訳をしてくださっている周さんのお姿は後光が差しております。


続×4試写会情報「傷だらけの男たち」

<その1>


日時:6月19日(火)18:30~ 
場所:サンプラザ中野
招待数:100組200名
応募〆切:6月11日(月)15:00必着
応募方法:WEB
http://cinesc.cplaza.ne.jp/present/index.html#drywhisky

※会員登録(無料)必要

<その2>

日時:6月19日(火)18:30~ 
場所:サンプラザ中野
招待数:20組40名
応募〆切:6月3日(日)必着
応募方法:WEB
http://www.cs-tv.net/t/P010000/&present_id=00000705

※会員登録(無料)必要

ところで「ASIAN CROSSING」の中の「アジコのつぶやき」と言うコラム?でアンドリュー・ラウ監督が5月に日本に短期滞在していた時の話で「7月の公開直前にキャスト(トニー・レオン、金城武)の来日もありそうなので、お楽しみに」とのこと。
http://www.asiancrossing.jp/info/break.html
公開直前、と言うことは前回の「2046」の時みたいにマスコミ向けの記者会見だけと言うことでしょうか・・。「ありそう」と言うところが微妙ですが。(泣)ジャパンプレミアはないのかなーー。TOHOシネマズは2週間のみの公開だし、大々的なイベントはなさそうだよね。
「赤壁」撮影中だし、その進行状況もあるだろうし。まだまだ不透明そうだ。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 2

△top

割の合わない試み「天下無賊」 

 

5月19日(土)Q-AXシネマにて「天下無賊」を観てきました。

「天下無賊」ポスター


ある青年が結婚資金として5年間に貯めた6万元を持って田舎へ帰ろうとする。同じ列車には泥棒集団と泥棒カップルが乗り合わせ、青年の鞄の中の6万元を狙う。
泥棒カップルの片割れレネ・リウはある思いから泥棒から足を洗おうと、青年のお金が盗まれないように守ろうとする。カップルの男性アンディ・ラウはそんな恋人の心変わりが解せない。
途中から恋人の言う通り、青年のお金を守ることを決意するアンディだが、グォ・ヨウ、リー・ビンビンなどの手ごわい泥棒グループからお金を守ることは至難の技だった。
チベットの美しい自然を背景にした列車の中の密室劇。

そもそもお金を送金せずに現金のまま持って帰ろうとする青年が間違っている。そんな奴はお金を無くしてやって世の中は悪人だらけだと教えてやった方がいい、と言う泥棒アンディの主張はある意味もっともだ。

ただ自分がいざ「おのぼりさん」となって中国を旅行している段となると、ついつい周りの賑やかさに目を奪われ鞄がお留守になり、同行の夫に「鞄は体の前へ!(鞄を)切られるよ」と何度注意されたことか。「うるさいな」と思いつつも、自分はその時まさしく6万元を持った青年と同じだっただろう。幸いお金をすられる事はなかったが、リスクを回避する努力をしないと言うことはその事自体が罪であるという事は理解している。
-- 続きを読む --

category: 映画

tb: 0   cm: 0

△top

片田舎映画「ボンボン」 

 

5月18日(金)「本日最終」という事で滑り込みでシネカノン有楽町に行ってきました。
「ボンボン」ポスター


私はどっちかと言うと「地球(人類)を救う」とか「星と星の戦争」とか「遠くを旅をして指輪をうんぬん」とか言うスケールの大きい映画より、「どこかの国の片田舎での出来事」と言う映画の方に心惹かれるし、好きなのです。
イタリアの小さな映画館の話・・「ニュー・シネマ・パラダイス」
イタリアの片田舎の村の話・・・「ぼくは怖くない」
イギリスのある港町の話・・・・「ディア フランキー」 とか。

一見ローカルだと思われるお話こそが人間の普遍的な部分を描いていると実感できるから。

「ボンボン」はまさしく「アルゼンチンのある片田舎のお話」なのです。

主人公の真面目なおじさんは20年働いたガソリンスタンドが閉鎖されるというのでクビになり、新しい仕事も見つからなため娘夫婦の家に居候している。
娘は何人も小さな子供を抱え、亭主は無気力で使い物にならないので生活は苦しく、おじさんは居場所がない。
職安に行き「52歳ですが何か問題はありますか?」と職員に尋ねると
「この国ではあらゆる事が問題だよ」と答えが返って来る。
アルゼンチンで職探しは厳しい事のようだ。今の日本もそうだけど・・。

ある日車が動かなくなって困っている女性を助けたところ、亡くなった父親のものだと言う血統書付きの大型犬を譲り受ける。
自分の食べ物も困るありさまなのに、どうしようと思っていたところ、犬を見た人から仕事が舞い込み、その代金の小切手を換金しに銀行に行ったところ銀行のマネージャーから「いい犬だからドッグレースに出た方がいい」とトレーナーを紹介される。

主人公のおじさんの表情がなんとも「とてもいい人」「頼まれると断れない」と言う感じで愛らしい。
困っている人を見るとほっとけずに世話をしてしまうし、羊毛の倉庫の番をしている時も、クビになった前任者(たぶん何かいけない事をしたのだろう)が泣きながら荷物を纏めていると、雇い主に「彼と話してください」と言って自分は去ってしまう。(そのまま前任者を帰せば自分は倉庫番の仕事に就けたのに・・)
-- 続きを読む --

category: 映画

tb: 0   cm: 2

△top

続×3試写会情報 

 

ここんとこ「傷だらけの男たち」の試写会情報の記事ばかりです。
これだけあればどれかは当選するかな。

<その1>

日時:6月14日(木)18:00開場、18:30開映 
場所:新宿明治安田生命ホール(新宿)
招待者数:350名
応募締め切り:6月6日(水)
応募方法:WEB
http://www.ozmall.co.jp/entertainment/people/vol11/

※会員登録(無料)必要

<その2>

本日5月17日(木)発売の雑誌モーニングに掲載

A:東京会場 6月22日(金)18:00開場/18:30開映
 よみうりホール

B:大阪会場 6月27日(水)18:00開場/18:30開映
 大阪メルパルクホール

招待者数:1050組2100名
応募〆切:5月25日(金)当日消印有効
応募方法:ハガキ
宛先:〒163-8650 新宿郵便局私書箱6号モーンング24号「エクストラプレゼント」係
記載事項:希望の記号(A・B)、映画のタイトル、郵便番号、住所、氏名、年齢、性別、職業、電話番号



ところで今日テレビドラマ「わたしたちの教科書」を観てたら弁護士の菅野美穂が情報提供者とガラガラの映画館の座席で待ち合わせしていたのだけど(「インファ」かっ?)その時上映していた映画が「龍虎門」しかも字幕版でしたよ・・・。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 3

△top

続・続試写会情報 

 

<その1>
FRAuに掲載されていた試写会情報、念のためUPしておきます。
(nancixさん、ありがとう)

・東京/よみうりホール 6月22日午後6時開場
・大阪/メルパルクホール(新大阪)6月27日午後6時開場。

 宛先:〒112-8001 東京都文京区音羽2-12-21 講談社フラウ編集部「傷だらけの男たち試写会プレゼント」係。

・〆切:6月11日(月)必着

※ええとハガキへの記載事項はなんだっけ。確認してこなくちゃ。
(住所・氏名・年齢・職業・電話番号でした)

<その2>

日時:2007年6月19日(火)
開場18:00/開映18:30 上映時間:1時間51分
場所:中野サンプラザ【東京】
応募方法:WEB
応募締切:2007年5月31日(木)
招待数:10組20名

詳しくはこちら
http://www.anemo.co.jp/art/movie/index.html#drywhisky

(※メンバー登録が必要です)

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 2

△top

続・試写会情報 

 

5月12日に続き「傷だらけの男たち」試写会情報です。
(仁仔さん、ありがとう)

<その1>日時:6月28日(木)18:30~ 
場所:一ツ橋ホール
招待者数:250組500名
応募〆切:6月4日(月)消印有効
応募方法:官製ハガキ
申込先 : 〒106-0032 港区六本木2-2-6 「傷だらけの男たち」GN係
記入事項 : 住所、氏名、年齢、職業、電話番号

GINZA(ギンザ)6月号
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000PUB6FS?ie=UTF8&tag=shisyakaikura-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B000PUB6FS

<その2>日時:6月15日(金)18:30~ 
場所:ヤクルトホール(新橋)
招待者数:287組574名
応募〆切:6月3日(日)必着
応募方法:WEB
http://woman.excite.co.jp/cinema/preview/form?enq_id=3560

ところで今日メイデイ五月天のライブチケットが着きました!
五月天チケット


楽しみです。(ところでメイデイ・ライブと同じ5月28日(月)同じ時間帯、日比谷スカラ座では「女帝」チャン・ツィイーの舞台挨拶があるそうな。翌日の情報番組はツィイー一色かな?こちらの方に興味のある方は下記から5月17日(木)までに申し込んでください)
http://www.wakuwaku21.com/
http://www.tbs.co.jp/radio/event/cinema/C10141/C10141.html#02

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

夏休みは映画を観よう! 

 

もにかるさんのブログからの情報です。

今年7月21日(土)~9月7日(金)K’s cinemaにて 「中国映画の全貌」が開催されるとのこと。
三百人劇場がなくなって、もう「中国映画の全貌」の器がなくなったと思ってたので嬉しいです。
これまで観たかったけど都合がつかず観られなかった映画が何本かあるので今度こそ。

トニーが出演している映画では「楽園の瑕」(まだ版権切れてなかったのね)「ブエノスアイレス」「HERO/英雄」三本一本が上映されます♪

「クレイジー・ストーン」の上映もあるとのこと、楽しみだ。

夏休みの頃なので、遠くの方も、お仕事のお休みをとって新宿で映画三昧と言うのはいかがでしょう。(皆様の上京をお待ちしております)
まだ「傷だらけの男たち」を公開中(TOHOシネマズでは終了してるでしょうけど)の時期は映画館の梯子と言うのもアリかも。

もにかるさんの記事
http://hkaddict.blog26.fc2.com/blog-entry-1462.html

K’s cinemaさんのサイト
http://www.ks-cinema.com/schedule.html

おまけの写真:シャクナゲ
シャクナゲ

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 4

△top

「傷だらけの男たち」試写会 

 

今日検索にて「傷だらけの男たち」試写会情報一個発見しました。
(なんと試写会の日はトニーの誕生日です)

日時:6月27日(水) 18:00開場 18:30開映
会場:なかのZEROホール
ご招待人数:50組100名様
応募〆切:2007年6月19日(火)

応募はこちらから。レッツ・チャレンジ!
http://book.mycom.co.jp/user/present/0705kizudarake/index.shtml

他にも発見しましたら随時ブログでお知らせしていきます。

ところで今日「五月の恋」DVD届きました♪
明日ゆっくり観ようっと。
「五月の恋」DVD


おまけの写真:おだまき
おだまき

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 3

△top

私達の前に横たわるもの「バベル」 

 

5月11日(金)、地元のシネコンのポイントが溜まったので「バベル」を観てきました。
やはり「傷だらけの男たち」の予告編は流れず・・・。がっくし。
「女帝(夜宴)」の立て看板はあったのですが。

ところで「バベル」ですが久々に骨太の映画を観たなぁと言う感じです。
どっちかと言うとシネコンよりミニシアター向けの映画でした。

人々はお互いに永遠に理解し合えないものなのか?

障壁となるものの一部としては
言語の違い
貧困と富裕
世代の違い
人種の偏見

しかし、一緒に住んでいるはずの親子や夫婦でも必ずしも理解し合える訳ではない。

地平線まで広がる砂漠の世界は貧困の象徴でもあり、孤独な人々の心の表れかもしれない。
映画の中の女子高生が孤独を埋めるため一気に性へと走ろうとする姿が痛々しい。
(凄いぞ!菊地凛子!と度肝を抜かれましたよ)
それにしても「ロスト・イン・トランスレーション」と言い「バベル」と言い外国人監督の方が「東京」という街をリアルに写し取りますね。
きっと日本人だと「隠したいもの」「見せたくないもの」を意図的に削除してしまうからだろうな。

ブラピ夫婦を置いて逃げていった他のツアー観光客はひどいね。危険な地域とわかって旅行に来てるんだからリスクがあって当然でしょう。所詮他人事なんだよね、自分が同じ目に会ったかもしてないのに。
最近よく旅行に行くからひしひしと感じてしまったけど自分がもしそのツアーにいたのならバスを残してあげる、もしくは代替の車が調達できるまで待つよう説得すると思う。

ところでGW中に観た「スパイダーマン3」が「ちょっとね・・」の展開だったので、こういう観る人に結論を委ねる映画を観れて良かったです。
(「スパイダーマン3」は9・11の影響を受けてかどうか私はメッセージが押し付けがましく感じてしまった。イラク派兵に対する批判のガズ抜きのような。純粋にワクワクできる1、2と違って何度も観たい気にならない。それにしても執事、全部見てたんなら早く言いなさい:笑)

「スパイダーマン3」を観た人は是非「バベル」を観て欲しいです。

category: 映画

tb: 0   cm: 4

△top

5月の予定追記 

 

友人より情報いただきました。
5月28日(月)は五月天のコンサートですが、その前日5月27日(日)五月天のサイン会があるそうです。行かなきゃ♪

日時:5月27日(日)pm.18:00~20:30 
会場:台場小香港・華流情報館
当日、日本盤CD『BORN TO LOVE』をお買い上げの方にはその場でサインを致します。
既に日本盤をお持ちの方は、当日お持ち頂いても結構です。
また、恐れ入りますが、台湾盤など日本盤以外のバージョンにはサインを差し上げることができません。
予め了承下さい。 とのこと。

詳しくはこちら
http://www.rockrecords.co.jp/asia/mayday/mayday_2007.event.html

あと、いつ公開になるかと思ってた「ドッグ・バイト・ドッグ」ですが、8月に新宿武蔵野館で公開。(サム・リー来日が決定だそうです。エヂは・・?)
http://www.artport.co.jp/line_up/index.html
http://www.artport.co.jp/whats_new/index.html

5月19日(土)の水田さん亜細亜講座(シネマート六本木)は時間が繰り上がって12:20受付、1:00開始です。参加の皆さんお間違いなく。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 2

△top

「モンゴリアン・ピンポン」、再び 

 

昨年のNHKアジア・フィルムフェステイバルで観た「モンゴリアンピンポン」が公開されたので渋谷に観に行ってきました。
「モンゴリアン・ピンポン」ポスター

シアター・イメージフォーラム、初めて行ったのですが場所がわかりにくかったです。スタバを目印にして行ったのでなんとか見つけました。

でもここ水曜レディースディじゃなかった!!がーーん。よく調べてなかった自分が悪いんだけど。シネマライズ以来のショックだ・・。1000円と思ってて1800円だった時の800円の重みと言ったら。(笑)

映画の感想は以前書きましたので今回は割愛。
http://guunonichijyou.blog22.fc2.com/blog-entry-267.html

ただ前回観た時、私はラストの主人公の顔が笑顔だと間違えて記憶していたようです。今回観て、無表情だったことに気がつきました。きっと自分の心の中で笑顔に変換していたのだなぁ。
観る人によって「吃驚した顔」「失望した顔」「呆れた顔」等と解釈してください、と言う監督の配慮かもしれないですね。

私は「未知の世界に触れる喜び」と解釈して笑顔を想像していたようです。

ところで今日発売の「TVstation」の129ページに「傷だらけの男たち」の紹介が載ってました。マスコミ向けの試写会始まってますものね。
TVstation傷城


『・・対するキャリア刑事役のトニー・レオンは、そのインテリメガネの奥の、氷のような瞳で危うい魅力を爆発。・・・トニーの哀愁漂う演技は大人の男のフェロモン出まくりです!』とのことです。

・・しかし「インファ3」時に佃煮にできるくらい聞き飽きた「ハリウッド・リメイク」の言葉を今回も聞かされるのか・・。
もしトニーと金城君が来日したらまた「ハリウッドでリメイクされることをどう思いますか?」とか「誰に演じて欲しいですか?(ディカプリオだっちゅーねん)」とか一万回くらい記者に聞かれるんだろうなぁ。
来日・・あるのかなぁ・・。

ところで皆さんもうご存知だと思いますが、以下遅ればせながら、5月の予定に追記しました。
浅野忠信の「インビジブル・ウェーブ」観るかどうか、自分的には「びみょー」なのだが行った方がいいのかしらん。

5月26日(土)~6月8日(金)幻のショートムービー『wkw/tk/1996@7’55”hk.net』上映 シネマート六本木
『インビジブル・ウェーブ』最終回のみに併映 ※本編上映後となります(DVD上映)
http://www.cinemart.co.jp/theater/roppongi/topics.html

category: 映画

tb: 0   cm: 3

△top

上海・杭州の旅4~おまけ 

 

4月30日、帰国の日ですが集合10時半まで時間があるので、近くのデパート(杭州百貨大楼)に行ってみることにしました。

今朝も雨が降っていたので自転車の人は色とりどりの合羽を着ていました。
(自転車の前籠まですっぽりと覆える優れものです)
自転車の合羽


デパート(杭州百貨大楼)です。
杭州デパート


もしやトニーがCMに出ている才子集団があるかも?とかすかな期待をしていたのですが、ありませんでした。上海のデパートでないとないのでしょうか・・。
でもアンディのポスター、レオン・ライがCMに出ているらしいブランド服はありました。

デパートの中の携帯・PC売り場に行ってみるとアンディやジェイ・チョウ、カレン・モクの写真が!
アンディとジェイ・チョウの携帯チラシをもらってきました。
ついでにジャッキー・チュンのCDも購入。(ここで買っておいて正解でした。杭州空港の国際線にはCD・DVD売り場がなかったので)
チラシ

山水のCMにはルイス・クーが出ているようです。

来た時はわかりませんでしたが、杭州の空港はこんな外観でした。
杭州空港

さらば、中国、また来ます。(夫は次は「三峡ダムに行きたい」と言ってます。まだまだディープな旅は続きそうです・・)
-- 続きを読む --

category: 旅行

tb: 0   cm: 7

△top

上海・杭州の旅3~西湖遊覧・六和塔など 

 

4月29日、朝から雨で肌寒い天気でした。昨日は晴れて汗ばむ陽気だったのですが、この季節、天候の変動が大きいのは日本も中国も同じようです。

朝、バスでまず六和塔に行きました。
六和塔

折角だから上ってみることにしました。結構階段の段差がきついです。
写真は上ってきたところを振り返って写した物です。
六和塔の階段

まぁ川の氾濫を鎮めることを祈念して立てられた当時(970年呉越王建立・南宋時代再建)は観光客が上る事など想定してないでしょうが。

窓からの眺め。新緑が雨に濡れて美しいです。
六和塔・窓からの景色1

下に見えている川は銭塘江(せんとうこう)です。旧暦の8月18日前後には逆流現象が見られるそうです。その時期滞在してリアルタイムで眺めてみたいです。
六和塔・窓からの景色2


その次は黄龍洞へ。
「縁」。素晴らしい言葉ですが、何故こんなに赤で派手派手に見せるのでしょう。わかりやすさが命、控えめな表現とは無縁な感じです。日本だったら苔むして消えかかっているような文字に風情を感じるものですが。

黄龍洞1

見ての通り黄色い龍です。
黄龍洞2

-- 続きを読む --

category: 旅行

tb: 0   cm: 0

△top

ありゃま。 

 

またナンクルナルタイさんのブログ(5月3日分)からの情報で恐縮ですが、

「傷だらけの男たち」の公式サイトhttp://drywhisky.com/で、『ENTER THE SITEを押して、Special Ver.ボタンを押した後、「生きる事が、痛みだった。」か「この痛みに、生きて来た」の所を押してみましょう。』

なんと映像が2バージョン現れるんですよ。皆さんご存知でした?
トニーと金城君のバーでの会話の映像なんですけど、トニー中心バージョンと金城君中心バージョンがあります。
(残念ながら字幕はないので、何言ってるかはわからないんですけどね)

これって意図的に見つけにくくしてるのかな?

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 2

△top

上海・杭州の旅2~上海外灘・豫園・新天地 

 

4月28日旅行二日目。
朝から上海外灘に行きました。

上海外灘

外国人観光客・中国人観光客が多くて「上海!」て感じ。
海が見えるし高いビル群もあるし、香港の星光道のような雰囲気でした。

その後外灘近くの豫園へ。
その昔個人の邸宅だったところです。
豫園


豫園の龍

豫園の岩

この穴ぼこだらけの岩がとっても大事な物らしいです。日本人にはよくわかりませんが・・。(水を注ぐと全ての穴から水が流れ出すのだそうです)

その後新天地へ。欧米人向けの高級そうなレストランやお店が並んでいました。有名な「上海灘」もありました。
映画館もあるらしく「明明」のポスターが。日本公開はあるのかな?
新天地の映画ポスター


昼食後、お店を出たところで天秤棒での苺売りのお兄さんがいました。
苺一袋(コンビニの一番小さい袋くらい)で5元(75円くらい)とのこと。

苺売り

苺は小さめで、本日の暖かい天気で少々痛み気味・・。その日中に全部売れたら良いのだけど売れ残ったらもう次の日には売り物にならないですね。
実は豫園の近くでは「マンゴスチン売り」のお兄さんが同じく天秤棒を担いでいたのです。マンゴスチン3個で10元(150円くらい)。

マンゴスチン売りのお兄さんも苺売りのお兄さんもシャイな方ばかり。黙って立っているのでこちらから話し掛けて値段を聞きました。
本当は他に仕事を探していて、見つからないからとりあえず天秤棒を担いでいるのかな?
-- 続きを読む --

category: 旅行

tb: 0   cm: 0

△top

上海・杭州の旅1~西塘 

 

今回「液体物の客室持込制限」になってからの初めての海外旅行でした。

ツアーのスケジュール表に同封されていたビニール袋(縦横40cm以内)に化粧水や化粧下地を小分けにして持参。
「100ml以下の個々の容器で・・」と言う説明文を「トータルで100ml以下になるように」と解釈していた私。
もしスーツケースが行方不明になっても、最悪ホテルの備え付けで間に合わせられるシャンプー、リンスなどはスーツケースに入れ、化粧水などを容器に少量ずつ入れて通過したのですが、ビニール袋は係員が一瞥しただけで中身について質問されることもなくちょっと拍子抜けでした。
(ただし、警戒態勢のレベルが上がったりすると対応が違ってくるかもしれませんが・・)

4月27日(金)お昼過ぎに杭州空港に到着。(上海空港より小さめの空港と言う感じです)

早速ツアーバスに乗り最初の観光地、西塘へ。

バスの中からの杭州の風景。
杭州街中

何だか簡体字を見るとほっとするんですよね。読めないんだけど。

西塘は昔からの風景が残る水辺の街で今では観光地としてお土産物屋さんやお茶屋さんが建ち並び、今回の旅行で一番印象に残った場所でした。
ドラマ「北京バイオリン」、トム・クルーズの「MI:3」でもロケが行われた場所だそうです。(「北京バイオリン」はまだ第二回までしか見ておらず、「MI:3」も未見の為、「ここか!」と言う実感はなかったのですが絵になる風景であることは確かです)

狭い路地を入っていくと水辺の家並みにたどり着きます。

西塘1

お土産物屋さん。海外と言うより中国人向けのお土産屋さんという感じです。
西塘2

水辺の風景。水はあまり綺麗ではありません。お土産物屋さんの二階に住んでいる人達がモップを洗ったり、生活用水として使用しているようです。
西塘3

西塘4

お茶屋さんの主人らしき人が頬杖をついて景色を眺めているのを見ると、時間が止まったような感覚に襲われます。
西塘5

西塘6

-- 続きを読む --

category: 旅行

tb: 0   cm: 2

△top