ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

1月の予定 

 

1月の予定、自分用覚書メモ。

1月1日(祝)~2月28日(水) 11:00~22:00 「映画『墨攻』写真展」 台場小香港

1月3日(水)NHK 午後11時15分~0時15分 「英語でしゃべらナイト新春スペシャル上海でしゃべらナイト~めざせコスモポリタン!最新上海ガイド」

1月4日(木)テレビ東京 午後9時~10時54分 「ドランクモンキー酔拳」放映

1月5日(金) WOWOW 午後11時40分~深1時14分 「SPL 狼よ静かに眠れ」放映

1月6日(土)~1月19日(金)アジア映画の輝き 池袋新文芸坐
http://www.shin-bungeiza.com/schedule.html

1月7日(日)TBSテレビ 午後11時30分~深0時「世界遺産 四川のジャイアントパンダ保護区~中国」

1月8日(月)フジテレビ 午後9時~10時9分 「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」開始 
チェン・ボーリンが月9デビュー♪

1月10日(水)NHK BS2 深0時40分~2時40分 「君といた永遠(とき)」放映

1月12日(金) WOWOW 深0時30分~2時20分 「花都大戦ツインズエフェクトⅡ」放映

1月12日(金)「インファナル・アフェア」イッキミ at 六本木 TOHOシネマズ六本木 オールナイト 午後11時~
http://www.tohotheater.jp/newstopics/special/index.html

1月20日(土) 「エレクション」公開 テアトル新宿
http://www.eiga.com/official/election/

        「ディパーテッド」公開
http://wwws.warnerbros.co.jp/thedeparted/
        
        「僕は妹に恋をする」公開
http://www.bokuimo-themovie.com/ (音が出ます)

1月20日(土)WOWOW 午後8時~9時50分 「同じ月を見ている」放映

1月21日(日)WOWOW 午後8時~9時50分 「SPIRIT」放映

1月25日(木) 「上海美術電影作品集 Vol.1、Vol.2」DVD発売

1月20日(土)~26日(金)「インファナル・アフェア」レイトショー 渋谷Q-AXシネマ
http://www.q-ax.com/

1月27日(土)~2月2日(金)「インファナル・アフェア2 無間序曲」レイトショー 渋谷Q-AXシネマ


1月の初・映画はいつになるかな?1月12日の新文芸坐の「ブレイキングニュース」「柔道龍虎房」二本立てになるか、それより前に「鉄コン筋クリート」観に行けるかな。

来年もよろしく♪です。

※1月14日情報を更新しました。
スポンサーサイト

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 5

△top

反省・・・ 

 

やっとトニーファンの友人にも年賀状を出し終わり、本棚の本を整理してBOOKOFFに売りに出し、帰りに本屋さんで宮部みゆきの文庫本の新刊を発見して購入。
(宮部みゆきは文庫本になってから購入して永久保存、と勝手に決めている)
あかんべえ


それにしても最近本を読んでない・・。

今年買ったのにまだ読んでない本。
・「ハリーポッターと謎のプリンス」
・「遺伝子が解く!万世一系のひみつ」竹内久美子
・ドン・ウィンズロウ作の私立探偵ニール・ケアリー・シリーズの新作・・あれ?本どこへやったっけ?

先日本屋さんに行ったらいつの間にかS・J・ローザン作のリディア・チン&ビル・スミス・シリーズの新刊が知らないうちに二冊も出ているのを発見し、愕然とした。
「検死官」シリーズの最新刊も、まだ読み終わってない本があるため買っていない。
フロスト・シリーズの新刊も出てたらどうしよう。

これ以上未読の本を増やすのは精神衛生上良くない。

以前は早く新刊が出ないか首を長くして待ったものなのに、トニーに嵌って映画ばかり観ているうちに本を読まないようになってしまった。通勤電車では座席で寝てしまうし。
どう考えてもPCの前の無駄な時間を削らねば、時間が足りない。

漫画もしばらく描いていないし、来年は効率よく時間を作って読書時間を増やさねば。

とりあえずはお正月に、読み終わってない本に取り掛かるかな。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 4

△top

届きました~♪ 

 

冷たい雨の中帰宅したら、「傷城」写真集が届いていました。
一日遅れの自分へのクリスマスプレゼントとなりました。
傷城電影写真集1


雨に濡れた足をファンヒータで暖めながら早速見ました。
(映画公開までページを開けないようにしようかなと届く前に思っていたのはどこへやら)

傷城電影写真集2


やっぱり役柄的にトニーは憂鬱そうな表情が多いですね。でも微笑んでシュー・ジンレイの手に自分の手を重ねているところは、「この瞬間だけシュー・ジンレイと代わりたい・・」と思ったのでした。

あと、卓球をしているシーンの写真もありました。金城クンと写真は半々と言ったところでしょうか。
もちろんスー・チー、シュー・ジンレイの写真もあります。
あれ?チャップマン・トーの写真はありませんでした。

映画早く観たい・・。

ところで、
六本木で「インファナル・アフェア」のオールナイト上映があるそうです。

来年 1月12日(金)23:00~ TOHOシネマズ六本木ヒルズ

http://www.tohotheater.jp/newstopics/special/index.html

「インファナル・アフェア」「インファナル・アフェアⅡ 無間序曲」「インファナル・アフェアⅢ 終極無間」上映

(以前六本木ヒルズで同じオールナイト上映がありましたよね。私は先日川崎で観たばかりなので今回は行けないかな)

※このオールナイト情報、なんしーさんのとこのBBSに書き込もうとしたのですがNGワードが入っていたようで書き込めませんでした。
(もしご覧になってましたらNGワードコッソリ教えてください、なんしーさん)

もう一つ、ぐりさんのブログで拝見したのですが、上海アニメのDVDが発売されるそうです。

上海美術電影作品集 Vol.1 
『おたまじゃくしがお母さんを探す』『牧笛』『ナーザの大暴れ』『三人の和尚』『猿と満月』の全5話を収録。
http://www.amazon.co.jp/%E4%B8%8A%E6%B5%B7%E7%BE%8E%E8%A1%93%E9%9B%BB%E5%BD%B1%E4%BD%9C%E5%93%81%E9%9B%86-Vol-1-%E3%82%AA%E3%83%A0%E3%83%8B%E3%83%90%E3%82%B9%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1/dp/B000JYVX30/sr=1-2/qid=1167137637/ref=sr_1_2/249-7137731-0295565?ie=UTF8&s=dvd

上海美術電影作品集 Vol.2
http://www.amazon.co.jp/%E4%B8%8A%E6%B5%B7%E7%BE%8E%E8%A1%93%E9%9B%BB%E5%BD%B1%E4%BD%9C%E5%93%81%E9%9B%86-Vol-2-%E3%82%AA%E3%83%A0%E3%83%8B%E3%83%90%E3%82%B9%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1/dp/B000JYVX3A/sr=1-1/qid=1167137637/ref=sr_1_1/249-7137731-0295565?ie=UTF8&s=dvd
上海広島アニメーション映画祭グランプリに輝いた『鹿鈴』をはじめ、上海アニメーション映画祭大賞ほか多数の賞を受賞した『しぎと鳥貝が相争う』『胡蝶の泉』『火童』ほか、全6作品を収録。

両方とも2007年1月25日発売です。2002年に発売されていたものが低価格になっての再発売のようです。
欲しい・・。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 6

△top

AERAに華流ガイド 

 

今日発売のAERAに「進化する華流時代の超ガイド」が載ってました。

AERA記事1


チェン・ボーリンの写真の他にエディ・ポン、ディラン・クオ、マイク・ハー、ジョセフ・チェン、ジェイ・チョウ、ケン・チュウ、ヴァネス・ウー、ヴィック・チョウの写真も。
AERA記事2


華流人気のポイントとしては

・美しいルックス・・若くて細身、長身に長い手足
・台湾ドラマは陽気であっけらかん
・イベントでの親近感

などだそう。
私も韓流のドロドロした愛憎ドラマは苦手。そういうのが観たい時もあるだろうけど、「王の男」も想像していたイメージと予告編が違ったので観に行くのやめようかなぁと思ってる。
やっぱり基本的に香港映画の明るさが好きなので、韓国映画は苦手だ。

はたして2007年は華流の反撃となるかな。

category: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

△top

「上海倫巴/上海ルンバ」「長恨歌」 

 

12月20日(水)、中国☆上海映画祭上映の「上海ルンバ」と「長恨歌」を観てきました。
上海ルンバ・ポスター

このポスター、男優の顔がわかりづらいですがシャー・ユー夏雨です。

裕福な一族の夫と結婚した婉玉(ユアン・チュアン)は、自由のない家庭生活に息が詰まる思いをしていた。ある日夫と観に行った映画「風と共に去りぬ」を見た彼女は女優となるべく映画会社でオーデションを受ける。そこにいたのは映画に情熱を傾ける男優シャー・ユー夏雨だった。

私がこれまで観た映画ではシャー・ユー夏雨は、脇役だったり主役でもどこかとぼけた役が多かったので、最初彼を画面で観た時、てっきり狂言回しの役かと勘違いしてしまった。

なんとヒロインがだんだん心惹かれていく映画スター、二枚目の役だとは!!
役作りのためヤミ商売を実際にやってしまったりする行動的でどこか影のある男性シャー・ユーが途中からどこか「裏街の聖者」のマック先生ことトニー・レオンとかぶって見えてきて困ってしまった。
実は(実はでもないが)彼は名優だったのだ!

この映画はヒロイン、ユアン・チュアンの映画ではなくシャー・ユーの映画だった。
少し受け口の顔が三枚目に見えてしまう彼だがなかなかどうしてこうして見ると「男前」だ。ごめん、シャー・ユー、これまで見間違っていたよ。
(しかもこの美女ユアン・チュアンとシャー・ユーは現実でも恋人同士だと言うではないか!ますます見間違っていたよ、シャー・ユー)

上海で白黒映画を撮影する様子や当時の世情も垣間見えてとても楽しめた。

もう一つ、「長恨歌」。
長恨歌ポスター


前回昨年の東京国際映画祭で観たものの、途中うとうとしてしまったので今回リベンジ。
なのに、今回も途中うとうとしそうになってしまった。恐るべし!「長恨歌」。まぁなんとか踏みとどまりましたが。

前回観たときも好きになれなかったこの映画。やはり今回も違和感が残った。
-- 続きを読む --

category: 映画

tb: 0   cm: 3

△top

「傷城」の日本公開日を予想してみる 

 

果たして「傷城」は来年春に本当に日本公開されるのか?

2007年春公開を前提として、公開日を勝手に予想してみました。(せっかちファン姉貴分なもんで)

公開日予想・・・当たっても何も出ませんが。

3月10日(土)

3月24日(土)

4月14日(土)

4月21日(土)

※エイベックス関連の映画が3月3日(土)公開「蒼き狼 地果て海尽きるまで」、3月17日(土)「ステップ・アップ」公開(他、「叫」2007年陽春公開)とあるので、その日をはずしてみました。
エイベックス映像インフォメーション
http://avexmovie.jp/index.html

※香港映画祭が3月下旬から4月上旬にあるそうなので、その時期はやはり金城君、トニーは香港にいるかな?と思いまして、はずしてみました。(ただし、ジャパンプレミアのみゲスト出席で、公開日舞台挨拶がなければ関係ないですが)

※5月5日(土)には「スパイダーマン3」公開。その時期の公開は避けると思うのでタイムリミットとしてはそれ以前かな。それまでに公開できない場合は初夏、もしくは秋公開となるかも。

※「バンケット(夜宴)」の公開は6月だそうです。(「キネマ旬報」情報)

個人的希望としては
2月下旬ジャパンプレミア、3月10日(土)公開 かな。単に早く観たいから。(笑)
それにこの日程が3月からの「赤壁」のクランイクンに間に合うのでベストだと思うのですが、いかがでしょうね?エイベックスの社長によると「夏頃公開」なのだそうです。しくしく。(金城君は、現在香港や大陸などで行われているプレミアには「刺馬」の撮影を抜けて参加しているのですよね。ジャパンプレミアでも再度撮影を抜けてくることになるのかな)

トニー情報を載せてみました。
「キティちゃんとベッドで寝た金城武」
http://www.hualiu.net/news.html?g=1&i=2236
「トニー・レオンがアン・リー監督を脅迫?!」
http://www.hualiu.net/news.html?g=1&i=2235

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 4

△top

「自娯自楽」「大暴れ孫悟空」「水墨画アニメ」 

 

12月16日(土)の初日は行けなかったものの、水墨画アニメがやっぱり観たかったので17日(日)に中国☆上海映画祭に行ってきました。
中国☆上海映画祭


「自娯自楽」上映前にはリー・シン李欣監督が挨拶をされました。

リー・シン監督

「この映画のために4年間脚本を準備しました。上司に途中何度も駄目と言われた。映画は常に遺憾を残す技術です。現在で最高の技術で作った。ジョン・ローン、ココ・リーは国際的な俳優。特にジョン・ローンにとってはチャレンジの役だったと思う。チャン・イーモウのような中国の農村ではなく、どこか童話の世界」とのこと。

映画は、中国の景徳鎮で実際にあった話を元に作られているそうです。

静かな山村に住む男性(ジョン・ローン)は村長の娘(ココ・リー)を密かに想っている。ココ・リーは映画女優に憧れ、街にオーディションを受けに行くが、演技が全くできなかったため合格することはなかった。
落胆する彼女を励ましたくて、男性はホームビデオカメラを購入し、「これで映画を撮ろう」と提案する。
村全体を巻き込んで武侠映画を製作することになるが、撮影など初めてのためトラブル続き。

やはり中国と言えば「武侠映画」なのか、村人が喜んで映画に参加している姿がほほえましい。ジョン・ローンと言えばラスト・エンペラーの悲劇の皇帝のイメージなのだが、この映画ではきさくな、どこか頼りないおじさん役。でも顔立ちがくっきりはっきりしているので、村人の中では完全に目立つ。
丁度、TV番組「噂の東京マガジン」の志垣太郎が下町で取材する「一丁目一番地」を観ているような感じだ。

武侠映画用の衣装なんか滅茶苦茶なんだけど、撮影を重ねるうちに「武侠映画」ぽくなっていく様子が素晴らしい。村人が農作業そっちのけで映画に嵌っている様子が楽しく、心暖まる映画だ。でもジョン・ローンの顔が気になってしょうがなかった。(笑)
-- 続きを読む --

category: 映画

tb: 1   cm: 4

△top

悶々と 

 

果たして「傷城」日本公開が2007年3月(もしくは春)と言うのは本当なのかな?

「傷城」ポスター前のトニー


検索しても確証は得られず。
まぁ今日は親戚・友人用の年賀状を作成していたのでそんなに調べる時間もなかったのですが・・。
(トニーファン友人用の年賀状の原稿はこれからです)

改めて、「早くトニーの映画を観たかった自分」を発見してビックリしたり。

今のところわかったことは12月17、18日に大陸のプレミアに浜崎あゆみが行くらしい、とのこと。
その時にエイベックス、トニー、金城クン、アンドリュー・ラウ監督、アラン・マック監督とで「日本公開時期」についてのスケジュールの擦り合わせとかないのかなー。

香港まで映画を観に行けない私としては日本公開時期について悶々としてますが、何かまた判明したらブログでお知らせすることにします。

最近のミニ情報としては

・来年1/6(土)~19(金)に池袋新文芸坐で「アジア映画の輝き」として香港映画や中国映画の上映があります。
http://www.shin-bungeiza.com/schedule.html

「柔道龍虎房」「ブレイキングニュース」のニ本立てが楽しみです。ジャ・ジャンクー監督の「世界」も。
「僕の恋、彼の秘密」「靴に恋する人魚」二本立ての日は仕事で行けません。

・来年1月26日に「デイジーアナザバージョン」のDVD発売。
(やりますな・・アンドリュー・ラウ監督)

・昨日トニーが表紙の「チャイニーズスター」届きました♪
「チャイニーズスター11号」

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

嘘かまことか 

 

来年公開予定の映画タイトルを眺めていたら、こんな情報が・・。

http://www.cinematopics.com/cinema/koukaibi/koukaibi.php?year=2007&month=03

「傷城」
2007/03/予定
 だそうですよ。

えっ嘘!?ホント?

うーーん「赤壁」は2007年3月クランクインだし、「色、戒」を撮り終って旧正月を終えて2月かそこらにプロモーションすれば、公開間に合う!
(「赤壁」の撮影が終わるのを待って公開予定が立たないより、その前にトニーに来日してもらって公開しちゃえ!って聞こえないはずの映画会社の人の声が聞こえたりして)

(・・・妄想が止まりません)

どーか、ガセじゃありませんように・・(祈)

トニーファンの方々、「何?3月に日本公開?じゃ香港まで観に行くのは止めたっ!」とご自身のスケジュール変更して後で公開予定時期が後ろに延びても、当方は一切責任は負いませんので。

(2月の連休、ちょっと旅行に行くんだよね・・。香港の2007年の旧正月は2月18日らしいから、それまではプロモーションないよね?←誰に聞いてる)

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 6

△top

「めぐみー引き裂かれた家族の30年」 

 

地元のシネコンでの上映が今週金曜まで、とのことなので今日観てきました。
「めぐみ」ポスター


公式サイトはこちら。
http://megumi.gyao.jp/

この映画については映画評というものは必要ないだろうと思う。
ただ観るまで知らなかったのは、この映画は日本人によって作られたものではないと言う事。
この映画は クリス・シェリダン、パティ・キムという二人の監督によるもの。

日本人なら逆にここまで淡々と描けなかっただろうし、映像の中の政治的な発言部分はカットされただろう。
(この映画は是非全国の学校などでも上映してほしいと思ったが、この政治的発言のため難しいかもしれない)

何よりショックだったシーンはまだ拉致問題に国内が関心がない頃、街頭で横田さんのお父さんがビラを通行人に差し出し、「読んで下さい」と言った時、それを「いらないっ」と冷たくはねつける人がいたところ。
横田さんはただ静かに唇を噛み締めていた。(私なら殴りかかっていたかもしれない)

私もその無関心の一人だったし何もして差し上げられないのだけど、まだこの映画を観てない方がいらしたら、是非観てくださいとお薦めします。

そしてこの映画の続きを、是非幸福な結末という形で付け足すことができますよう。

映画は基本的にはフィクションで人々の心を楽しませるものだけど、それとは違う、「映画という形にして世界中の人々に訴えかけるもの」として厳然として価値を持つものがある。

「めぐみ」が後者の映画の一つであることは言うまでもない。

category: 映画

tb: 0   cm: 0

△top

表紙買い 

 

「聴く中国語」の1月号の表紙がトニーだとメールを頂き、即買いです。
聴く中国語1月号


普段は雑誌買うとき、記事がこの程度だったら買わなくてもいいか、とか写真が一枚きりだし、とか止めるものなのですが、「表紙」と言うのは抗い難いパワーがありますな。

ちなみに同じ出版社から出ている「チャイニーズスター」の最新号もトニーが表紙とのこと。定期購読の雑誌だから一年契約しないと購入できないのかと日中通信社に問いあわせてみたら「最新号のみ」買うこともできるのだそうです♪
これも表紙買い予定。

チャイニーズスター
http://www.fujisan.co.jp/Product/1281681137

日中通信社問い合わせ先
TEL:03-5984-3216

ちなみに中国語、全然できません。広東語も。

来年の春から中国語習ってみようかなぁ・・と思ったりもしてるのだけど受講料が毎月かかると、次回の香港旅行のための貯金が出来ない・・。
かと言ってこのままでいいのかな、何も勉強しないで・・。

来年は香港旅行(夫と行く場合は除く)は諦めて取り合えず始めてみるか、と思ったり。(←鬼が笑いますね)

※何故広東語学習じゃなくて中国語なのかと言うと
・広東語の方が難しそう(笑)
・広東語は教室が少ない
・中国語がわかるようになれば中文が読めるようになる?
・トニーへのファンレターが中国語で書けるようになるかな?

どっちの語学学習にしようかと悩んでいるうちに二年くらい経ってしまいましたよ。(←早く始めろ!)

category: 本・雑誌

tb: 1   cm: 7

△top

ヤンと過ごした夜 in 川崎 

 

12月9日(土)の夜、インファナル・アフェアのイッキミ・オールナイトに行って来ました。

何がなんだかわかんない写真、すみません。・・本当はトニーとアンディのポスター写真だったのだけどポスター自体も、プリンターで出したようなカラーコピーのような画質の悪いものだったのとフラッシュたいたので真っ黒に写ってしまい、下部分はカットしました。(たぶんもう映画のポスターなんて残ってないのでしょうね)

インファナル・アフェア イッキミ


オールナイト劇場はこじんまりした部屋だったし客席はガラガラだったので、ゆるゆるムードで自宅で観るような感じでリラックスして観ていました。
座席指定なんだけど途中から空いている席に移動して観てみたり。

思ったより男性客が多かったです。

最後まで寝ることなく完徹で観終りました。

私の中では以前から「1」と「3(終極無間)」のヤンがつながらない!と不満?(やっぱクルストファー・ドイルじゃないと、髭がないと、なんてね)だったのですが今夜いっきに観てるとちゃんと繋がってるヤン!と思ったのが嬉しかったです。
(単に「終極無間」では意識がぼーーっとしていたのかもしれませんが)

久々にヤンに会えて嬉しかったです。そして「終極無間」のキスシーンでは胸が痛かったです。

これまでは キスシーン→どきどき。だったのですが、
今回は キスシーン→どきどきプラス胸イタタタタ・・・。でしたよ。

この胸イタタタタ現象は「傷城」の時にも起こるのか、楽しみです。

そして今日気がついたのですが、「1」ではラウは水色のシャツをよく着ているのですが、「終極無間」では白いシャツをよく着ています。
(白色→自分の身の潔白を示したいと言う心の表れ?)

ちなみにオールナイト上映前は「ディパーテッド」のみ予告CMが入りました。まぁ、これにお客さん動員したくて今回のオールナイトやっているのでしょうけどね。

「インファナル・アフェア」(特に1)のざらざら感、ひりひり感、光と影のコントラストは断じて出ていないと思われ。たぶん行かないだろうなぁ・・。
それに「ディパーテッド」主演の二人が雰囲気似すぎていて(たぶんアメリカ人にははっきり見分けがつくのでしょうが)どっちがヤン役かラウ役か、観たら混乱しそうです。

category: 香港映画

tb: 0   cm: 0

△top

12月の予定追記2 

 

以前放映されなかった「バレットモンク」、12月22日に変更になったようです。

12月22日(金)テレビ朝日放映 「バレットモンク」深3時~4時50分

12月30日(土)フジテレビ放映「THE 有頂天ホテル」 午後9時~11時54分

あと、予定表には入れてませんがジャッキー映画が放映されます。

12月15日(金)日本テレビ放映 「ラッシュアワー」午後9時33分~11時24分

12月18日(月)TBSテレビ放映「シャンハイ・ヌーン」午後9時~10時54分

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

ほっと一息 

 

甘いもの食べたいなと仕事帰りショートケーキを買ったら、夫の日帰り出張のお土産「萩の月」とかぶってしまいました。
ショートケーキ


萩の月、美味しいんだよね~。カスタードクリーム好きには堪えられません。
明日までお預け。

今日ちょっと(いやかなり)嬉しいニュースが。今年の年末帰省しなくていいことになりました♪

はーーー、一気に気が楽に。なんて現金なんだ。

報告が遅くなりましたが、立ち読み情報として
今発売中の「POP ASIA」66号に「古装の男たち」として「HERO」のトニーが取り上げられてました。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 2

△top

ブルー・クリスマス 

 

テレビでクリスマス、クリスマスと騒いでいるとなんとなく気が重くなる。

「クリスマス楽しく過ごさなければ人間じゃない」と言われてるようで。
いやいや、クリスマスというイベントでケーキやら玩具やらフライドチキンやら宝石やら買わせようとしている広告会社の思惑だとはわかってるのだけど。

個人的にはどちらかというとこの時期になると
「年賀状準備しないと」とか
「帰省しないとなー」(気が重い)とか
「ちょっとは部屋掃除しないとまずいんじゃないの、自分」とか
そんな事で気がそぞろになってるんだけどね。

そんなこんなで昨夜は無気力状態に。
(たぶん、ウチには家族揃って楽しいクリスマスを盛り上げてくれるガキ・・もとい子供がいないよな、と深層心理で認識していると思われ。)
普段はお互い個人行動が多い夫婦なのだけど、見るに見かねたか?夫が「保留」になっていた予定「007、×日に行こうよ」と声をかけてくれた。

気持ちは嬉しいのだけど、こういう時すぐにぱっと形状記憶合金みたいに心が元に戻せないのだよね。

贅沢なのかな、贅沢なんだろうなぁ。クリスマス一緒に過ごせる人がいるだけでありがたいと思わないと。

ツリーを見ても心が浮き立ったりはしないのだけど、綺麗だから撮ってみました。近所の駅のクリスマスツリー。
クリスマスツリー1

クリスマスツリー2

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

「パプリカ」は男性の理想の女性? 

 

12月2日(土)、訳あって川崎に行きました。

ついでに初めてチネチッタ川崎に行って「パプリカ」観て来ました。
チネチッタ川崎


筒井康隆氏の原作は読んでないのですが、「夢に侵入する怖さ」が伝わってきましたよ。特にあの市松人形は怖い!

一度「アニメ」という形で具象化を図ってみれば、意外と実写でもできるんじゃないのと思えるから不思議です。もちろんCGを多用しないとなりませんが。

アニメ化されたのに何故実写などと野暮なことを、と思われるかもしれませんが、私あのアニメの絵はあまり好きじゃないのです。デッサンも狂ってるし。(←暴言、お許しください、好みの問題です。好きな絵だとデッサンは気にならないのですが)

あと女性の描き方(内面ではなく外見)が類型的なのですよね。男性の視点だからそうなのでしょうが。原作も男性だし、アニメ監督も男性ですよね。

女性研究員は長髪ひっつめ髪で白衣を着ていて男性を寄せ付けないクールな雰囲気の女性。

パプリカは茶髪ショートカット、Tシャツにジーパン、軽快で素直な男性に優しい女性。

どちらも男性が好みそうなステレオタイプの女性。相反する二人の女性をイメージしたのかもしてないけどどうも古いんだよなぁ・・。
それを言えば他の登場人物、所長、副所長、刑事さん、物凄く肥満の研究員も全て類型的なんだけど。
オタク男性が愛を掴むのも男性の理想の世界だし。
あと、パプリカが裸体になって立っている全身シーンがあるのだけど大事な部分は描かれておらず、当たり前なんだけどその瞬間はしらけるのだよね・・「あーアニメだよね」と素に戻ってしまう。
裸だけど大事な部分はビルなどに隠れて見えないって演出にしようと言う意見は出なかったのかな?
(関係ないけど女優さんの胸を見せないよう、映画のラブシーンで男女がくるくる回転しているシーンにもしらける時がある。そんな回転しないよ普通・・。ぶっちゃけ過ぎか?>自分)

話は戻って(汗)実写だと演じる俳優本人のイメージもプラスできるから、もっと映像の世界が広がると思うので実写でリメイク希望、と言うことにしておこう。
-- 続きを読む --

category: 映画

tb: 0   cm: 2

△top

12月の予定追記 

 

美仔さんより情報いただきました。

12月15日(金)に「傷城 電影写真集」発売だそうです♪

http://global.yesasia.com/jp/PrdDept.aspx/code-c/section-books/pid-1004580387/

「96ページにわたって映画「傷城」の名場面を掲載しているこの写真集。ファンにとってはたまらない一冊! 」とのこと。

名場面を映画より先に見ちゃっていいのかな?でも買っちゃうだろうな。

日本語字幕でじっくり観たいから映画の方は日本公開まで封印して、香港版のDVDが出ても買わないつもりなんだけど特典なんか付いた日にゃそれも買ってしまうかも・・。

商売上手なアンドリュー・ラウとアラン・マックにやられてしまいそうだ。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 2

△top