ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

インファナル・アフェア こんなヤンは嫌だ! 

 

今日地元のぴあに朝6時半から並んで、東京国際映画祭のチケットを購入しました。
プレリザーブも合わせて予定していたチケットは手に入りました。良かった・・。本当はあと3作品くらい多く観たかったけど、自分の懐具合と体力をかんがみてこれくらいかなー、と。
帰宅して昼寝をして、トニー漫画を製作しました。

こんなヤンは嫌だ!絶対嫌だ!でもちょっと可愛いかも。

インファナル・アフェア こんなヤンは嫌だ!①
インファナル・アフェア こんなヤンは嫌だ!①


インファナル・アフェア こんなヤンは嫌だ!②・③

インファナル・アフェア こんなヤンは嫌だ!②・③

スポンサーサイト

category: トニー漫画

tb: 0   cm: 8

△top

東京国際映画祭 ゲスト情報が 

 

今日公式サイトに10月29日現在の映画祭のゲスト情報がUPされてました。

詳細はこちらを。
http://www.tiff-jp.net/enjoy/official_report/moviemap.php?itemid=32#wa

気になるのはこちらでしょうか。

■ドッグ・バイト・ドッグ(原題)
10/26(木)11:30 オーチャードホール ティーチイン
出演:エディソン・チャン

■四大天王
10/24(火)15:20 シアターコクーン ティーチイン
監督:ダニエル・ウー

この二日とも、仕事で観られない日なのよね。生エヂ、生ダニエル・ウー見たかったなぁ。
「シルク」も「イザベラ」も今のところ参加は監督のみなのね。

このゲスト情報によって明日のチケット競争倍率も変わってくるかも。

でも、『掲載のない作品のゲストも決まり次第随時お知らせしていきます。
ただし、一度発表された情報も、やむを得ない事情により、変更されることもありますので、ご了承ください。』
とのことなので、やっぱり来日できないということもあるかも。
最終的にはもっとゲストが増えてくれることを期待します。

今夜は早く寝なきゃ。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

10月の予定 

 

10月6日(金)発売 DVD「ラブ・イズ・マネー」
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000GPPLC6/sr=8-8/qid=1159459709/ref=sr_1_8/503-2595462-4966313?ie=UTF8&s=gateway

10月8日(日)午後9時~テレビ朝日 「香港国際警察」放映

10月10日(火)午後10時~WOWWOW 「20、30、40の恋」放映

10月13日(金)午後9時~ NHK BS2 「シネマの扉」「アジア・フィルム・フェスティバル」特集
11月1日からNHKふれあいホールでアジアの秀作映画を上映する「アジア・フィルム・フェスティバル」が開催される。開催に先立ち、その歴史と注目作品、今年の見どころを紹介する、とのこと。

10月13日(金)深2時25分~毎日放送(関西のみ) 「天上の剣」放映

10月14日(土)「フラワーズ・オブ・シャンハイ」上映プラストークショー シネマヴェーラ渋谷
http://www.cinemavera.com/timetable.html?no=12

10月14日(土)公開「ドラゴン・スクワッド」 シネマート六本木
http://www.cinemart.co.jp/d-squad/

10月14日(土)公開 「アタゴオルは猫の森」 新宿武蔵野館
http://www.atagoal.com/

10月17日(火)~22日(日) 「彩の国さいたま中国映画祭」
http://www.pref.saitama.lg.jp/A02/BP00/chinesemovie2006/index.htm

10月18日(水) 深0時55分~ NHK BS2 「山の郵便配達」放映

10月19日(木) 深1時10分~ NHK BS2 「リトル・チュン」放映

10月21日(土)~10月29日(日)第19回東京国際映画祭
http://www.tiff-jp.net/ja/

10月21日(土)公開 「百年恋歌」 
http://www.cinematopics.com/cinema/works/output2.php?oid=6491

10月21日(土) 深1時15分~ NHK BS2 「至福のとき」放映

10月24日(火)午後8時~ NHK BS2 「君といた永遠(とき)」放映

10月25日(水)午後8時~ NHK BS2 「最後の恋、初めての恋」放映

10月28日(土)公開 「上海の伯爵夫人」 Bunkamuraル・シネマ 新宿武蔵野館
http://www.wisepolicy.com/thewhitecountess/

また抜けているものや後から判明したものがあればこれまで通り、随時追加して行きます。

えーと、テレビで放映される映画は録画するとしても、全ての日程はこなせません。
10月は東京国際映画祭で時間を取られる上、その合間を縫って「アタゴオル」「ドラゴン・スクワッド」「百年恋歌」に行かないといけないわけで・・。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 2

△top

東京フィルメックスで「黒社会」「黒社会2」上映 

 

今日東京フィルメックスのHPを見たら上映作品がUPされていました。
http://www.filmex.net/index.htm

なんと!ジョニー・トー監督の「黒社会」・「黒社会2」が一挙上映です!
楽しみ~と言うか、怖いと言うか・・でも観たい!

オープニング作品はジャ・ジャンクー監督の「三峡好人」、クロージング作品はツァイ・ミンリャン監督の「黒眼圏」です。
これも観たい・・。

あと、10月の予定として纏めますが、テレビでは

10月8日(日)午後9時~テレビ朝日 「香港国際警察」放映
10月10日(火)午後10時~WOWWOW 「20、30、40の恋」放映
10月13日(金)深2時25分~毎日放送(関西のみ) 「天上の剣」放映
10月24日(火)午後8時~ NHK BS2 「君といた永遠(とき)」放映
10月25日(水)午後8時~ NHK BS2 「最後の恋、初めての恋」放映

「最後の恋、初めての恋」は「傷城」にトニーの奥さん役で出演のシュー・ジンレイ主演、「君といた永遠(とき)」はもちろん金城武主演。

もしかしてNHKさん、密かに「傷城」を応援していませんか?
(ついでに11月には是非トニー映画の放映を・・)

ところで今日シャンテシネで「キンキーブーツ」http://www.movies.co.jp/kinkyboots/を観てきました。
ほぼ満席で、公開一ヶ月近くなるもまだまだ人気です。
席が取れて良かった・・。ほぼ前方の右端でしたが。

「人が何を残せるかは、周りの人の心の中に何を残せたかじゃない?」と言う言葉が心に残りました・・。

超・お薦めです!

それにしてもドラッグ・クイーンのローラ役の男優さん、素晴らしかったなぁ。
優柔不断の工場主チャーリーもいい味出していました。
元気を出したい時向けの映画です。

category: 日々のつぶやき

△top

「HERO 食欲の秋編」 

 

歯痛が収まり、ケーキを買ってきてしまいました。歯痛ダイエットは成らず。

久々!のトニー漫画です。
「HERO 食欲の秋編」

category: トニー漫画

tb: 0   cm: 7

△top

消防ポスターにウソン 

 

東京消防庁が毎年実施している「秋の火災予防運動」のキャンペーンポスターのキャラクターとして、映画「サッド・ムービー」の主演であるチョン・ウソンが起用されたそうです。
http://www.cinematopics.com/cinema/news/output.php?news_seq=5518
粋ですね♪(映画でも消防士の役)
チョン・ウソン消防ポスター


このポスターは10月上旬から掲示されるそうです。
チョン・ウソンを知らない人は日本人のモデルかと思うかも・・。

韓流スターはあんまり知りませんが「デイジー」観てから自分の中ではウソンさんはいい感じです。あとイ・ソンジェ、チャン・ドンゴンも。
女性ではイ・ヨンエがいいですね。

ウソンさん、もしかしてア○の子?・・と思うくらい眼が透き通ってるんですが・・。(汗)心が綺麗なんでしょうね。早く「中天」も公開してほしいなぁ。(「中天」公開が決まればそれに関連してワダエミ衣装世界展を関西で開催してくれるのでは・・と密かに期待しています)

ところで、9月の予定を追加しました。
ナイト・シャマラン監督の「レディ・イン・ザ・ウォーター」が9月30日(土)公開だというのを知りませんでした!(汗)

シャマラン監督がまたどんな風に観客を驚かせてくれるか(もしくはどんな風にずっこけさせてくれるか)楽しみです。
この映画、撮影がクリストファー・ドイルだというのも期待大です。

もう一つは当然、9月30日(土)東京国際映画祭のチケット発売日ということ。
(一応、観たい映画を6作品に厳選しました)

話は違うけど歯がまだ痛いです・・。昨日二回目の歯医者診察日で「歯痛がなくならない」と言ったら、前回のひびを治した所は問題ないらしいので、一番奥の虫歯が原因でしょうとのこと。結局昨日一番奥の歯の神経を切ったのでした。
神経って切ってからどれくらいの間痛みが残るものなのか・・。
まぁ虫歯に関しては因果応報、自分のせいですね。(悲)
ついでに食欲不振でちょっと痩せないものでしょうか。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

決戦は30日 

 

東京国際映画祭、アジアの風部門のスペシャルパスは9月23日(土)発売、と構えていたら、『アジアの風部門全作品のうち劇場窓口にて当日券発売が行われている作品に限り、最大5枚まで1枚500円の割引料金で購入できるチケット』(当日割引パス)とあるではありませんか。

ということは、チケットが完売されている映画ではパスは使えないってことですよね?
(パスって例えばA作品+B作品+C作品・・のように組み合わせの決まったチケットなのかと思ってました・・)

時間が一杯あって、観られる映画が沢山あればこれもお得なチケットなのでしょうが、時間が限られててあらかじめ観たい映画を絞って行く場合はやっぱり9月30日(土)の一般発売で並ぶしかない・・。

9月23日(土)が発売、と紛らわしいことを言ってしまい、すみませんでした。皆さんを混乱させてしまったかも。(謝罪)

観たい映画のチケットプラス割引パスで空いているスクリーンに飛び入り、なんて併用できれば一番いいのですけどね、いかんせん行ける日にち・時間が限られているから。

やはり決戦は9月30日(土)。並ぶぞ~!(でもチケットによってはプレリザーブも申し込むかもね)

ところで今日、注文していた「地下鉄の恋」が届きました♪
明日ゆっくり観ます。香港版は観てるのですけどね。

「地下鉄の恋」

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 2

△top

チケットぴあにプレリザーブ情報が 

 

チケットぴあで、東京国際映画祭の「先行受付対象作品ラインナップが発表」となってます。

http://info.pia.co.jp/et/promo/cinema/tiff.jsp

「詳細は部門ごとのページをご覧ください。」

アジアの風部門では「プレリザーブ」のマークがついているものは
9月22日(金) 6:00PM ~ 9月28日(木) 9:00AM(先行販売「プレリザーブ」受付期間)にチケット購入できるそうです。

・・・でも「先行販売プレリザーブ」の説明を読んでみると、必ずしもチケットが手に入るというものではなさそうだ。
9月23日(土)の発売日を待つかな・・。←スペシャルパスは23日、一般発売は30日(土)。
http://t.pia.co.jp/guide/buy_ticket.html#pre

少なくとも今の時点ではこの上映スケジュール表の情報は助かります。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 2

△top

何本観られるかな? 

 

歯痛で目が覚めました。午前4時25分です。歯医者さんからもらった最後のとんぷくを飲みました。

東京国際映画祭のサイトはまだUPされてないようです。

幸い、もにかるさんのサイトの情報によると「雕刻時光」さんのサイトに東京国際映画祭で発表されたアジアの風部門の作品名が載っていたので見ることができました。
http://blog.goo.ne.jp/takanyan_october

私が観てみたいのは
「おばさんのポストモダン生活」
「イザベラ」
「四大天王」
「シルク」
「不完全恋人」

わーいわーい!「イザベラ」、今年の香港電影奨の入り待ちのときもこの映画のヒロインだと思うけど、「イザベラ!イザベラ!」とファンの熱狂は凄かったです。

あと、「父子」「Crazy Stone(瘋狂的石頭)」 「I'll call you(得飲茶)」も気になるなぁ。
今後の情報で、他にも観たい作品が増えるかも。
「王の男」は公開まで待つつもり。
「「ドッグ・バイト・ドッグ (狗咬狗)」は観られないと思う、怖くて。

それにしても「「四大天王」上映なのね。ダニエル・ウー来日かな?監督だったら来日するよね?ティーチ・インあるかしら。

どれを観られるかは全てスケジュール次第。仕事で行けない日は決まっているから、行かれる日でどれだけ観られるか、だな。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

アジアの風・スペシャルパス 

 

友人から教えてもらったのですが、東京国際映画祭のアジアの風部門のチケットはスペシャル・パス9月23日(土)に発売になるそうです。
http://www.tiff-jp.net/ja/

チケットは9月30日発売だと思ってたから、危なかった~!
9月23日(土)、ぴあに並ぶのに早起きしないといけないのかな?(※スペシャルパスは劇場窓口にて当日券発売が行われている作品に限り、最大5枚まで1枚500円の割引料金で購入できるチケットだそうです。チケット完売していたら観られない・・やっぱり30日に並ぶしかない・・)

先行発売で、少なくとも「武士の一分」や「木更津キャッツアイ」のファンと一緒に並ばなくて済むのは助かったよ。
でも映画の詳細はまだ発表されてないようです・・。
映画祭のサイトに動きを発見したら、またブログで報告します。

追記・・午後11時すぎ、まだ変化なし・・軟弱者なのでもう寝ます。(爆)
明日朝にはUPされてるよね?

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 2

△top

歯が痛いです 

 

それは今日のお昼のことでございました。

家で遅めの朝食兼昼食を食べていた時、急に歯が浮くような感触があり、痛くなって食べ物を噛めなくなってしまいました。
痛いのは右上の奥の方の歯。昔治療してかぶせものをしている。もしかして中が腐食しているとか・・?

右側を避けて左側で噛もうとしても、響くのか痛くて噛めないのです。
食事を中断して日曜日でも空いているかかりつけの歯医者さんへ予約の電話を。

「しばらく来られてませんがどうなさいました?」
「今日ご飯を食べていたら歯が痛くなって・・できれば早く診ていただきたいのですが」
「そうですね、一番早くて22日(金)です」

えええ~~。今、歯が痛いのに金曜日まで待てと?それまで私はご飯が食べられない(痩せていいね!)・・というか、歯痛で眠れないかも。
ショックを感じつつもとりあえず金曜の夕方に予約を入れました。
-- 続きを読む --

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 6

△top

「シュガー&スパイス」観ました 

 

9月16日(土)「迷子」モーニングショーと「シュガー&スパイス 風味絶佳」を観ました。

「迷子」は二回目鑑賞。以前もう感想を書いたので詳しくは述べませんが、「北京ダック」を、少年とお祖母さんが買うシーンについて一言。

初回観た時は「へぇ、北京ダックって高級店で食べるだけじゃなくてお惣菜みたいにお店で焼いているのをお持ち帰りするような庶民的なのもあるのね」と思っただけだった。
(日本で例えると鰻の蒲焼みたいなものだろうか。高級店もあればお店で焼いたのを気軽にお持ち帰りもできる)

今回ふと思った。この映画は丁度SARSが流行している時期、2003年に撮られた。発生は香港だったが台湾でもいろいろ影響があったのだろう。映画の中の普通の通行人がマスクをしていたり、テレビではSARS患者のいる部屋に入る時の注意が流れていたり。

SARS、と言えば「鳥インフルエンザ」。映画に出てきた料理が他の料理でなくて「北京ダック」だったのは特別な意味があったのかも、と。
「鳥インフルエンザ」を恐れながらも、普段通り北京ダックのお店はお客さんで賑わっている。

SARS禍の中での台湾の非日常と日常。そんなことを表現してるのかもしれない。

と、「迷子」の追加の印象はこれぐらいにして、ユーロスペースと同じビルのシネマヴェーラ渋谷(4階です)に寄って来ました。
9月30日(土)~10月20日(金)に開催されるホウ・シャオシエン映画祭のチラシが置いてないかと。

ありました♪
こちらです。
(残念ながら受付のおねいさんの前に積んであったので自分の分しか取れませんでした・・チラシの欲しい方は早めに取りにいかれた方がいいかと思います。映画祭開催時期にはもうないかも)
ホウ・シャオシエン映画祭チラシ表

裏にはスケジュールも載ってます。

ホウ・シャオシエン映画祭チラシ裏1


ホウ・シャオシエン映画祭チラシ裏2


読みづらいので(意味ないじゃん!)、詳しくはシネマヴェーラさんのサイトのタイムスケジュールをご覧下さい。
(これ以上画像が大きいとアップロードできないので・・。)
http://www.cinemavera.com/timetable.html?no=12

尚、以前「シネマヴェーラさんはギリギリにならないとスケジュールがUPされない」と書きましたが、今回のUPは早かったです・・。勝手な想像ですが「タイムスケジュールはどうなってるの?」との問い合わせが多かったのでは。

そして新宿に移動して「シュガー&スパイス 風味絶佳」を観ました。
映画館前では「まだまだお座席あります!」とお兄さんが呼び込みをしていました。(指先まで気合が入ってますね)

「シュガー&スパイス」ポスター

この劇場では舞台挨拶はなかったのですが、座席は7割がた埋まってました。
ほとんど10代・20代の女性もしくはカップルでした。
チェン・ボーリンファンの華流おばさんはたぶん自分だけだったかと。

そして映画後の洗面所はものすごく白粉臭かったです!映画鑑賞後、こんなに白粉臭いのは初めての体験かも・・。

映画はと言うと、チェン・ボリ-ンの登場シーンは少なく、「柳楽優弥の初恋映画」「恋愛初心者・恋愛未体験者向け(主に男性)の恋愛指南」と言う印象だったので二回目を観ることはないと思います。

柳楽優弥クンは素のまま、と言った感じの無口な青年役でした。いずれ彼はドロドロした恋愛映画や犯罪映画の犯人役をやることもあるのだろうか・・。
今はどこまで演技かわからない分、そういうのも観てみたいです。

以下、ネタばれあり。
-- 続きを読む --

category: 映画

tb: 0   cm: 0

△top

鳩は元気です 

 

以前、うちのマンションの北側・南側のベランダに出没していた鳩夫婦ですが、元気です。

北側のベランダに設置した「鳩よけグッズ」が功を奏したのか、あれ以来うちの北側ベランダには来てません。
時々、鳴き声は聞こえていたのですが、うちの隣の隣のベランダに最近いる模様。
南側ベランダより。
隣の隣のベランダの鳩1

見えづらいのでアップ。

隣の隣のベランダの鳩2


隣の隣はお父さんと息子さんが暮らしているようですが日中はお仕事で不在が多いようなので鳩はやりたい放題。
心なしか隣の隣のベランダは鳩の糞で荒れ気味です。気の毒に・・。

二羽で気持ちよく秋風にふかれている風情です。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 2

△top

暖かい手 

 

関東では今日は一日しとしと雨が降って寒かったです。

帰ってきてマンションの玄関を開けると暖かい空気にほっとしました。
心地よい暖かさ、久しぶり~。

もう秋なんだなぁ。

トニーファンの方々はご存知だと思いますが、カリーナ・パパがお亡くなりになりましたね。(て、私も現地のNEWSは追っかけてないのでファンサイトで教えてもらったのですが)

突然のことでカリーナはショックでしょうね・・。
まだまだいろいろしてあげたい事や話したい事もいっぱいあったと思う。

でもトニーが幸い今は傍につきそっていると思うので、どうぞいつかは悲しみを乗り越えられますよう。
トニーの暖かい手に支えられますよう。
ご冥福をお祈りします。

そして66歳よりはずっと年上の、私の父母と夫の母。
普段まだまだ若い、と思って考えないようにしているけど、いつそういう事が起こってもおかしくない年齢なんだよね。

先日実家に帰省したとき、母が話してくれたのだが(母は週末書道教室を自宅で行い、近所の子供たちを何十年も教えている。私も小学生の時は『生徒』だった)

小さな女の子が母に、
「先生、何歳?」と聞いた。
母は
「70歳」と答えた。
小さな女の子は驚いて
「70歳って、もう死ぬ年じゃない!」と言ったそうだ。
母は
「うん、でもまだやりたいことがあるから、もう少し生きてるよ」と言った。
小さな女の子は
「あと半年くらい?」と言ったのだそうだ。

きっと小さな女の子のおじいちゃんかおばあちゃんが70歳で亡くなったのだろう。
その話を聞いたときは笑ったが、自分の親がそういう領域に入ったことを再認識すると今はもう笑えない。

もしもの時、私の傍に暖かい手がありますよう。
私が相手の暖かい手になれますよう。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 4

△top

現代中国映画上映会で「アバウト・ラブ」上映 

 

「アバウト・ラブ」が現代中国映画上映会で上映されるそうです。
東京都写真美術館で昨年観て以来、どこかで再上映されないかな、とずっと待ってた作品です。

日程は今のところ下記の通り。「アバウト・ラブ」は10月7日に上映です。

9月16日(土) 18:55~ 《上海家族》(監督:彭小蓮,主演:呂麗萍)
10月 7日(土) 18:55~ 《アバウト・ラブ》(主演:李小lu、陳柏霖)
11月 3日(金) 10:10~ 《大いなる路》(原題:大路)
         12:15~ 《女神》(原題:神女)
         13:50~ 《八百屋の恋》(原題:労工之愛情)
               《孤島の二人》(原題:浪淘沙)
         15:45~ 《大いなる路》(原題:大路)
         17:50~ 《女神》(原題:神女)
         19:25~ 《八百屋の恋》(原題:労工之愛情)
               《孤島の二人》(原題:浪淘沙)
 2月26日(月) 18:55~ 上映作品未定(1作品上映)

現代中国映画上映会
113-0033 東京都文京区本郷1-5-17 三洋ビル63
http://www1.parkcity.ne.jp/gentyuei/

「アバウト・ラブ」は三話オムニバス。チェン・ボーリンのお話(舞台:東京)は最初で爽やかな感じ。
2話目(舞台:台北)はちょっと癖のある感じ。
3話目(舞台:上海)はじーんとせつなくなる感じです。
日本人と中国人の、言葉がうまく通じない、コミュニケーションがうまく行くような行かないような恋をテーマにした3話です。

わー観に行くぞ、と思ったら10月7日はヤボ用でした・・。とほほ。
ご都合のつく方は是非ご覧ください。

尚、昨年観たときの感想は下記です。(ネタばれあり、なので鑑賞後ご覧になることをお薦めします)

「アバウト・ラブ/関於愛」に物思う
http://guunonichijyou.blog22.fc2.com/blog-entry-15.html#more

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

蔡明亮in中国語会話 

 

NHK教育テレビ「中国語会話」、ただ今公開中の台湾映画「楽日」「西瓜」(「西瓜」は9月23日より公開)の監督、蔡明亮のお話。

まさに自分も普段感じていたことを言って下さった、と思いました。
お話の間に挿入される「楽日」のシーンの美しいこと・・。映画のシーンの中にレスリーの写真も隅っこにちゃんと映ってました。(見逃した方は水曜日の再放送を是非)

蔡明亮:私の映画には明確なテーマがない。観客は映画を観るとき完成したストーリィを求める。映画を見終えて映画館を後にし出会った友だちにストーリィやテーマについて伝えるのだが、私の映画にはそれがなく生活の断片とでも言った方が近い。
つまりある感覚を伝えるわけだ。私は映画のメッセージを観客自らに感じてもらいたい。
例えば「楽日」はとても簡単だ。ある映画館が時代遅れになりやがて観客に見捨てられたという話。
-- 続きを読む --

category: 映画

tb: 0   cm: 0

△top

「靴恋」舞台挨拶と「夢遊ハワイ」 

 

9月9日(土)12:15から上映の「靴に恋する人魚」のダンカン・チョウ舞台挨拶に行ってきました。
「靴に恋する人魚」

会場は満席で立ち見もいるほど。
映画上映後、舞台挨拶がありました。ダンカンは白いシャツ(ノーネクタイ)に紺のジャケット姿。髪は短く、ヤムヤムくらいの長さ。

質問と答えはメモをとってなかったので、うろ覚えですが、以下のような感じ。

質問:どうしてこの映画に出るようになったのですか?

ダンカン:主演のビビアンが、相手役には私がいいのではと監督に紹介してくれて監督に会い、出演が決まった

質問:映画での男性(スマイリー)と自分が似ていると思うところはありますか?

ダンカン:自分はスマイリーのように人間が出来てません。でも、将来結婚することになれば、相手の女性を愛しつづけると思いますので、そこが似ていると思います。
-- 続きを読む --

category: 映画

tb: 0   cm: 6

△top

日刊スポーツにビビアン・スー 

 

9月9日(土)日刊スポーツにビビアン・スー主演の「靴に恋する人魚」の紹介が載ってました。
日刊スポーツ・ビビアン


ビビアンの映画の中での王子様、ダンカン・チョウの記事も出ています。

記事によると、ダンカンは文武両道の家に生まれたそうです。
いとこはアトランタ五輪女子ウィンドサーフィン金メダリスト、父親がそのコーチ、ダンカン自身も同種目の香港代表でアジア一位になったこともあるとのこと。

そのためか、今日の映画の舞台挨拶でも「子供の頃、父が海にサーフボードを投げ込んで、ただそれだけ。絵本を読んでもらったことはない」と、「子供の頃読んでもらった絵本で好きなお話は?」という質問に答えてましたね。

今日舞台挨拶・映画のレポート(「夢遊ハワイ」)はまた明日に・・。猛烈な睡魔が。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

「蒼い描点」観ました 

 

観ましたよ、今夜フジテレビで放送された「蒼い描点」。

いや~~インファの曲使いまくりでしたね。「無間序曲」だけじゃなく「インファ1」の曲も。
と言うか「インファ1」の曲が多く使われてたような。
あのウォン警視殉職の時の曲も何度も挿入されていて、テレビのストーリィと関係なく うるっときそうになったり。

そして気のせいかヤンが出てました。(笑)
あの赤沢という男。
思わず穴があくくらい見つめてましたが、残念、○○な人でしたね。

それにしてもビルに入る前に上の方を見上げたり、
携帯で話しているところを後ろから撮ったり、
菊川玲と赤沢ヤンが話しているところは下の方からあおるように撮ったり、
駐車場や、
ビルの屋上や、

いろんなところでインファに見えたんですけど、きっと曲のせいですね。(笑)

「蒼い描点」、松本清張の原作は読んでませんが、やはり時代が違うから今やると設定に無理がありますね。

「箱根で原稿書く」って・・。そんな時間のロスが多い。移動中に書いてしまいそう。
(昔の作家さんはよくあったことなのかな。今観ると作家の我儘としか見えないのが悲しい。まぁどこで書こうと今ならメールで送れるだろうけど。)

箱根の花の名前がつく同人誌の名前ってネットで検索すればすぐわかりそうだし、寄稿していた関係者にしか盗作がわからないってどんなマニアな同人誌なんだ。
賞を受賞したりすれば誰か「読んだことがある」と読者から指摘されそうなものだ。

中居正弘主演のドラマ「砂の器」の時も、現代だと設定に無理があるなぁ、と思ったし。

曲のこと、最後のクレジットに何かあるかと思って見たけど何も記述はなかったですね。著作権料だけ払えば特に記述することはないのかな。
そう言えば他のドラマでもそういうの見た事ないし。

使った服のブランドやホテルの名前は出るのにね。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 3

△top

ホウ・シャオシエン侯孝賢映画祭トークイベント 

 

9月30日(土)から10月20日(金)までシネマヴェーラにてホウ・シャオシエン侯孝賢映画が開催されますが、それに伴い、トークイベントも開催されるそうです。

9月30日(土)17:25~ 蓮實重彦(映画評論家)
10月7日(土)17:55~ 中原昌也(作家)上野昴志(コウシ)(映画評論家)
10月14日(土)17:20~ 羽田美智子(女優)市山尚三(プロデューサー)
宇田川幸洋(映画評論家)

当日の映画のチケットを持っていれば入場できるそうです。
http://www.cinematopics.com/cinema/news/output.php?news_seq=5479

羽田美智子さんは「フラワーズ・オブ・シャンハイ」に出演していた女優さんですね。
トニーの話、出ないかな・・?

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 2

△top

「蒼い描点」のCM 

 

今日、テレビで二度ほど9月8日(金)午後9時からフジテレビに放送されるという「蒼い描点」(松本清張・原作)のドラマCMを観た。

思わずバッとテレビの方を振り返ったのはそのCMのBGMが「インファナル・アフェア 無間序曲」のBGMだったから。

無意識に反応しちゃうから音楽って凄い。
・・てことじゃなくて、これってドラマの中にも使われてるの?
観て確認した方がいいのかな。

というか、ある映画のBGMを、(シリアスな)ドラマのBGMに使うってアリなのだろうか・・・?(まだドラマの内容観てないから使用しているとは限らない、CMだけかもしれないけど)

誰もが知っている映画の曲を使うのならアリかもしれない、例えば「E・T」や「タイタニック」や「ジョーズ」の音楽など。
普通はクラッシックとか歌謡曲だよね。

でも「無間序曲」ってあまり知られてないからいいか、て感覚で使ったのならヤダ!

うーー悶々とする。

このドラマの主演は菊川玲、田辺誠一。大杉漣も出ているようです。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 7

△top

モーニングショーもあるらしい 

 

ユーロスペースにてレイトショーの「迷子」ですが、なんとモーニングショーもあるそうです。

9月9日(土)、9月10日(日)
9月16日(土)、9月17日(日)の4日間限定 9:40

のモーニングショーとのこと。
http://www.tml-movie.jp/kokai/index.html

もう一回観てみたいかな・・。

あと9月11日(月)のNHK中国語会話ではツァイ・ミンリャン蔡明亮監督のインタビューが放送されるそうです。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 2

△top

9月の予定追記2 

 

9月の予定を追加しました。

9月30日から「デイジー・アナザ・バージョン」をシネマート六本木で上映することは以前書きましたが、それだけではシネマート六本木は飽き足らなかったのか(笑)、「チョン・ウソン スペシャル特集」と銘打って、「MUSA-武士ー」と「私の頭の中の消しゴム」も上映するそうです。
http://www.cinemart.co.jp/theater/roppongi/topics.html#jung

そう言えばチョン・ウソン主演映画「中天」公開もこの秋でしたっけ??時期的にこの特集はタイムリーなのかな。

個人的には「MUSA」の上映と「アナザ・バージョン」の上映が同時だったら併せて観に行ってみたいな。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 2

△top

「幻遊伝」と「迷子」 

 

8月30日(水)仕事帰りに渋谷まで出て、18時45分からの「幻遊伝」を観て来ました。(今ごろのレポートなり)
「幻遊伝」ポスター

レディースディの割りには座席はガラガラ。時間が中途半端だったのか・・?

ストーリィは台湾に住むシャオディエ(田中麗奈)が夜こっそり友人たちと忍び込んだ映画の舞台セットで、過去にタイムスリップしてしまうという台湾映画。
田中麗奈の中国語の台詞は吹き替えだそうです。かなり中国語勉強していると思っていたので少々残念。(スタッフとのコミュニケーションは中国語だったそうですが、映画ともなると難しいのかな。かなり早口でまくし立てる場面もあるし)
田中麗奈が不良少女というか、パンクロック風というか、へそ出しの奇抜な服装をしているのが、過去の時代に紛れ込んでしまった時妙に違和感なく溶け込んでいるのが可笑しい。(山賊風?)
しかも田中麗奈は、過去にタイムスリップしているのに最初気づいていないから、古装束の人達で通りが賑わっていてもしばらく映画の撮影と思い込んでいるのだ。

チェン・ボーリンの古装束姿が可愛かった!ボーリンファンには堪らない。
フツーのTシャツでぬーっと立ってる姿も結構可愛いのですが。
ボーリンの友人(男性)がキョンシーに噛まれてしまい、「毒が廻って死んでしまう!童貞のオシッコをかけないと助からない」と言われ、友人を助けるためしぶしぶ事を行うところや「(童貞なのは)今まで機会がなかっただけで・・」と言い訳する姿が可笑しかった。

田中麗奈がボーリンのことを好きになり、「このままここで暮らしてもいい」と言うんだけど現代の自分のお家やお父さんの所へ帰りたいし、複雑な心境。
ドタバタアクションと、いじらしい二人の恋愛のお話でした。
-- 続きを読む --

category: 映画

tb: 0   cm: 0

△top

もうすぐさらば・・ 

 

9月2日(土)はただ今三百人劇場で開催中の「中国映画の全貌2006」より、「阿片戦争」と「再見のあとで」を観て来ました。
三百人劇場


三百人劇場ももうすぐ閉館。9月10日(日)までにもう一回くらい行けるといいな。

本当はチャン・イーモウ監督・チェン・カイコー監督の未見の映画やリウ・イエ主演の映画が観たいのだけどなかなか日程が合わない。

あまり期待せずに観たからか、「阿片戦争」も「再見のあとで」も面白かったです。

「阿片戦争」(1997年の映画にしては映像が綺麗でした)は学校の歴史でも習った事件。香港がイギリスの植民地となることになったいきさつがわかる歴史映画でもあります。
二人の歴史上の人物が描かれ、一方は清朝から阿片を追放した英雄として後世に名を残し(ただし島送り)、一方はイギリスにおもねる方針を取ってしまったことで最終的には死罪に。
-- 続きを読む --

category: 映画

tb: 0   cm: 0

△top

一周年です 

 

拙ブログを書き始めて一周年となりました。

こんなに続くと思わなかったなーというのが自分の正直な感想です。

反省点としては漫画が少ない!!もっと描きたいけど時間がね。でも頑張ります。(努力目標)

そして水曜の夜、仕事帰りに渋谷まで出て「幻遊伝」と「迷子」(「迷子」はレイトショーのみ)を観てきたのに、まだ感想がUPできない!

とりあえず一言
皆さん、「迷子」を見逃すな!!レイトだけども!

この映画を観終わった後の感覚を表現するのは難しい・・。友人は「楽日」より良かった、と言ってましたが私はどちらにも良さがあって決め難いです。
でも映画のスクリーンに眼が釘付け、と言う点では「迷子」が勝ってるかな。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 9

△top

9月の予定追記 

 

9月の予定を追加しました。

9月30日(土)公開 「愛さずにいられない」 シアター・イメージフォーラム
(ン様が出演している映画ですね♪)

ところで、今日本屋さんで「ASIANシネマテレビLIFE 6号」を発見。

映画「傷城」記者会見in香港の記事が載ってます。待ってました!ネットでニュースを見てもやはり保存用に雑誌の記事が欲しいので嬉しい。トニーの写真もちゃんと載ってます。
DVD「サウンド・オブ・カラー地下鉄の恋」の紹介記事も。

「アジアンシネマテレビライフ6号」


<個人的お薦め記事>
・アンディ・ラウのインタビュー・・アンディのみろり色のシャツがセクシー。
・チェン・ボーリンのインタビュー・・「シュガー&スパイス 風味絶佳」では全編日本語の台詞、そしてスーツを着た紳士役らしい。
・メイデイ五月天の記事・・今年1月に大阪でライブをやったらしい・・その時は映画「五月の恋」をまだ観てなかったからノーマークでしたよ!GLAYと九州で競演したこともあるのね。次回ミスチルを競演したいって・・。チケット取りづらいからメイデイ単独で是非日本ライブを。(笑)

<気になる情報>
・「ウインターソング」は11月上旬公開らしい。
・2007年には「バンケット」(夜宴)・「エレクション」「ドラゴン・タイガー・ゲート」(龍虎門)公開らしい・・マジですかっ!?
・12月には「シネマート新宿」がOPENらしい。新宿の方がこちらは助かるのだけど武蔵野館や歌舞伎町の映画館とかぶらないのかな?共倒れになりませんよう・・。
・そして一番「うそっ!?」と思ったのが「DOG BITE DOG」が2007年公開予定とのこと・・。エディソン人気効果か?

category: 本・雑誌

tb: 0   cm: 6

△top