ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

台中観光(後編) 宮原眼科・中友百貨 

 

遅くなりましたが台中観光後編。画像はクリックで拡大します。

第二市場から歩いて宮原眼科へ。宮原眼科は台鐡・台中駅から徒歩圏内にあります。

宮原眼科

店内はお客さんが一杯、オシャレなスイーツが沢山ありました。時節柄、月餅もありました。

宮原眼科内1 宮原眼科内2

宮原眼科では是非ともアイスクリームを食べたかったのですが、その前にトイレに行きたいと思い、店員さんに「トイレはどこですか?」と尋ねましたら「ここにはありません」とのこと。「姉妹店が近くにあって、そちらにはトイレはあります」とのことでした。
「アイスクリームが食べたいんですけど」と言ったら、「姉妹店の方でもアイスクリーム食べられますよ」とのことでした。
(えー!トイレないの?と思ったのですが、二階は「酔月楼」というレストラン。レストランにトイレがないのはあり得ないので、観光客にトイレを貸さないための方便かなと思いました。とにかく沢山の観光客がこのお店を訪れてますのでトイレに行列ができてしまうとレストランのお客さんが利用できなくなってしまうので)

宮原眼科の姉妹店の「台中市第四信用合作社」は宮原眼科から約300mくらいのところにあります。緑川という小さな川を渡って商店街の中を少し歩くとありました。↓地図です。

第四信用合作社の地図

実は、先ほど第二市場から宮原眼科まで歩いてきた道で、若い人が沢山いるなぁと思っていた建物でした。

第四信用合作社

こちらはアイスクリーム専門と言った感じです。宮原眼科のレトロな雰囲気の店内でアイスクリームを食べたかったのですが、こちらはこちらでまた素敵な雰囲気でした。

第四信用合作社内1

第四信用合作社内2

アイスクリームの名前が「明天會更好」(明日はきっと更によくなる)とか、「閃亮的日子」(きらめいていた日)など、哲学的なものもいくつかありました。どんな味なんだろう、ととても気になります。


アイスは一種類、二種類もしくは三種類の選択ができます。それに80台湾ドル?の追加料金を払うと更にアイスにトッピングをしてくれます。
私が選んで作ってもらったのは下の画像のアイスです。(蝶々はトッピングに必ず付いてきます)

アイスクリーム

こ、これはセンスを問われる・・・と(誰も見てないのに)考えすぎて禿げ上がりそうになりました(笑)。鮮やかな色を選んだ方がインスタ映えすると思います。アイスのカップになってるワッフルはお店で作っているので、めちゃ美味しかったです。私のアイスは淡い色だったからか、チョコレート味のこげ茶色のワッフルでしたが、小麦色のワッフルもありました。そちらは濃い色のアイス用かな?

第四信用合作社内3 第四信用合作社内4

第四信用合作社の方にも沢山お菓子がありました。CDケースのような箱にはクッキーなどの焼き菓子が入っています。
とても美しいので、バラマキ用じゃなくて大切な人に送りたくなりますね。
販売しているお菓子の種類は宮原眼科の方が多いと思います。

アイスクリームを堪能した後は、台中駅前でタクシーを拾って、最後に中友百貨に行きました。
中友百貨に入っている誠品書店がとても美しいのです(中友百貨の上層の階にあります)。

誠品書店@中友百貨1 誠品書店@中友百貨2

こんな素敵な空間で本を選びたいですよねぇ・・・。

中友百貨はトイレの内装も面白いのです。全てのトイレではないですが、凝った内装になっています。

子供のおもちゃを売っている階のトイレは「親子で入れるトイレ」と言うのでしょうか、子供が用を足しているところをお母さんが見守れるようになってるところもありました。

中友百貨のトイレ1 中友百貨のトイレ2 中友百貨のトイレ3

お昼に台中に着いて、ここまでで6~7時間の滞在でした。ここで台北に帰るのには、台鐡・台中駅→台鐡・新烏口→高鐡・台中駅→高鐡・台北駅と来た道を逆にたどっていけばいいのですが、ここ最後の最後で大失敗をしました。

台鐡・台中駅の台北方面行きのホームにいたのですが、最初に来たのが「三義行き」の列車、その次の予定が「台北行き」の列車でした。「三義」というのがどこかわからなかったのですが、「新烏口駅は通るだろう」と思って乗車したら、10分くらいで着くはずの新烏口駅に着かないばかりか、30分以上たって、列車は終点の三義駅に着いてしまったのです!

ホームは暗く、人影は少なく、リーリーと秋の虫の音しかしません。明らかに乗る列車を間違えてしまいました。
手元の簡単な地図で見ると、海岸沿いの新烏口駅を通る路線ではなく、内陸の方の路線でした。ただ、幸いなことに、全く別方向ではなく、並行して北上しているので、高鐡・台中駅ではなくて、次の高鉄・苗栗駅で高鐡(新幹線)に乗れそうです。

三義駅の若い男性駅員さんに乗り間違えたことと、苗栗駅で新幹線に乗って台北駅に行きたいことを伝えました。「高鐡に乗るためには苗栗駅で降りればいいですか?」と尋ねると、「それはタクシー代が高い」とのこと。どうやら高鐡・苗栗駅で新幹線に乗るには台鐡・苗栗駅ではなくて、「フォンフー」と言う駅で降りるのだそうです。不安になって「フォンフーってどんな字ですか?書いて下さい」とメモ帳を渡すと、「豐富」という名前でした。この駅が新幹線の苗栗駅に接続しているとのこと。台鐡でも高鐡でも同名の名前でややこしい~。日本みたいに「新大阪」と「大阪」とか名前を分けてほしいです。

次の列車は30分後のことで、三義駅のホームで一人じっと待ちました。列車が来ない間はホームの照明も落とされて、虫の音しかしないので心細かったです(泣)。

三義駅はこんな感じでした。

三義駅

その後豐富駅で無事高鐡・苗栗駅に接続し、新幹線の切符を買うも、指定席は売り切れで、自由席のデッキで、高鐡・苗栗駅のスタバで買ったサンドイッチとアイスティーで夕食をとりながら台北に帰ってきました。随分遠回りの帰宅でした。
新幹線の指定席、帰りが売り切れだったので、台中に行かれる方は帰りの切符も予め購入しておいた方がいいかもしれません。
とは言え、私のように乗り間違いしたら指定席が無駄になってしまいますが・・・。

皆さんもお気をつけ下さい、って間違えるのは私くらいでしょうけど、帰りの列車を間違えない対策としては

1、駅のホームで「この列車は新烏口に停まるか?」と他のお客さん(駅員さん)に聞く。
2、列車の行き先が「台北行き」であることを確かめる。
3、タクシーで最初から高鐡・台中駅に行ってもらう。

くらいかなと思います。(3が一番確実?)


最後の中友百貨からタクシーに乗る時、台鐡・台中駅じゃなくていっそ高鐡・台中駅に直接行ってもらおうかな~とちょっと思ったのですよね~。タクシー代にしてたぶん200台湾ドルくらいの差かな?と思うのですが、そのお金をけちった為に、ものすごい時間のロスで帰宅が遅くなってしまいました・・・。一人旅なので友人を巻き込まずに済んだのがまだ良かったかな。

これで台中観光の記事は終わりです。お付き合いありがとうございました。

スポンサーサイト

category: 旅行

tb: 0   cm: 0

△top

台中観光(前編) 彩虹眷村・第二市場 

 

8月の台湾旅行の際、8月20日(日)は台中に行ってきました。
台中は台北車駅から新幹線(高鐡)で一時間くらいです(台鐡で行く場合は2時間くらいかかります)。

新幹線の切符売り場と新幹線の切符。(画像はクリックで拡大します)

台北・新幹線切符売場 新幹線の切符

高鐡の台中駅に着くまで、座席で双連の朝市で買った豆花を食べました。

豆花

高鐡の台中駅に着いたら、駅に隣接している台鐡の新烏口駅から、台鐡の台中駅に行くために切符を買いました。(新烏口駅→台中駅 日本で言うと新幹線の新大阪駅で降りて、大阪駅に向かうようなものです)

台鐡乗り場へ 新烏口駅→台中

新烏口駅から台中駅までは10分くらいの乗車です。

※実は、後でわかったのですが、最初に行くつもりだった彩虹眷村は、この高鐡の台中駅からの方が近かったので、台鐡の台中駅まで行く必要はなかったのです。むしろ遠回りでタクシー代が余分にかかりました。

台中駅でタクシーを拾って、彩虹眷村まで向かいますが、帰りのタクシーがつかまりにくいとネットの情報であったので、タクシーの運転手さんに、写真を撮ってからまた戻りたいので30分くらい車で待っててほしいとお願いしました。
運転手さんは、「彩虹眷村まで350台湾ドル、帰り350台湾ドルでどう?」とのことで(待ち時間の過金はなし)、筆談を交え商談成立と言うことで彩虹眷村へ。
途中高鐡の台中駅を通り過ぎ、あれっ高鐡の台中駅でタクシーを拾えば良かったんだ!と軽くショックを受けました。

眷村は、第二次世界大戦後、大陸で共産党との戦いに敗れた国民党が台湾に逃れてきたときに、軍人とその家族が住む為にできた集合住宅です。現在はその多くが老朽化などの為取り壊されています。この眷村も取り壊しが決まっていましたが、一人のお爺さん(黄おじさん)が建物の壁を鮮やかな色のペンキで絵を描いたことが評判になって沢山の人々が訪れるようになり、観光名所となったため取り壊しは中止になりました。

彩虹眷村1 彩虹眷村2

彩虹眷村3 彩虹眷村4

彩虹眷村5

実際に訪れてみるとわかるのですが、建物の天井が低くて、一部屋一部屋も狭いのです。当時の人たちのつましい生活が伺えるようです。片隅にはお土産物屋さんがありました。そのお土産屋さんの一角になんと黄おじさんがいらっしゃいました!これだけ沢山の絵を一人で描いたとは思えないような小柄の方でした。

他のお客さんに応対していたらお邪魔してはいけないと思ったのですが、その時はお一人で椅子に座ってらっしゃったので、勇気を出して「ご一緒に写真を撮ってもいいですか?」と話しかけたら、にこにこと笑顔になって、隣のお土産物屋さんのスタッフを指さされたので、たぶんこの人に撮ってもらうといいよ、という意味だろうと思い、スタッフの一人にお願いしました。

スタッフが「もう一枚」と言うと、二枚目の写真の時はポーズを変えてくださって、お茶目な方でした。最後に「身体保重。」と私が言うと、スタッフが「この方がお身体大切に、と仰ってるよ」と耳打ちしてくださったようで、日本語で「ありがとう」と仰ってくださいました。

駐車場のタクシーの運転手さんには「30分で戻る」と伝えてあったのですが、あまりの暑さに20分でタクシーに戻り、帰りに台中の第二市場で降ろしてもらいました。

台中 第二市場1 台中 第二市場2

「山河魯肉飯」の三層魯肉飯

「山河魯肉飯」の「三層魯肉飯」です。こんな豚バラ肉がごろっと入った魯肉飯は初めてです。
「湯(スープ)は?」と聞かれたのでそれももらうことにして、魯肉飯とスープで確か90台湾ドルでした。
スープはモロヘイヤのようなネバネバした菜(黄麻だそう)を刻んだものとかぼちゃが入っていました。お椀に注いだ後、シラスを散らしてくれました。

食事が終わってタクシーで移動したかったのですが、第二市場の前はタクシーは通るものの、お客さんを乗せているタクシーが多くてあまり空車が通らないのでした。台中は台湾の第三の都市ですが、地下鉄はまだないので、台北に比べてタクシーが捕まりにくい感じでした(台中では2020年を目標に地下鉄を開通させる予定だそうです)。
しかも、メーターを倒さずに走っているタクシーが多くて、「空車」のランプを見つけて小走りにかけよってもお客さんが乗ってる、という繰り返し。その上、第二市場の前は交通が混雑するせいか、数分おきにパトカーが巡回していて、車を駐車させにくい状況もあるようでした。

30分くらいそのような状態だったのですが、地図をよく見ると、台中駅前にある宮原眼科は第二市場から歩いても行けそうな距離でした。結局、歩いて宮原眼科に向かいました。

※台中観光(後編)に続きます。

category: 旅行

tb: 0   cm: 2

△top

2016年GW台湾・食べたもの(後編) 

 

2016年GW台湾、食べたもの続き。(前編の記事は5月14日にUPしています。画像はクリックで少し拡大します)

朝食にモスバーガー。

朝食@モスバーガー

華山1914文創園區内にもある、ホウ・シャオシェン監督プロデュースのカフェ「珈琲時光」。
店内は高倉健さんの写真が一杯展示されていました。

珈琲時光@華山1914の1 珈琲時光@華山1914の2

珈琲時光にてサンドイッチとアイスコーヒー。店内で食べるつもりがちゃんと通じておらず(笑)、テイクアウトの様相で出てきてしまいましたが、このまま店内で食しました。紙ナプキンに店名が入っていて使うのもったいない感じです。

サンドイッチ@珈琲時光

華山1914文創園區の入り口にいるアイスクリーム屋さんより、アイスクリーム、と言うかシャーベット?

アイスクリーム@華山1914

中山北路二段の「無老鍋」にて鴛鴦鍋。
当夜は予約で満席だったのですが、「午後7時半までに食事を終えていただけるのなら」と入店できました。(その時午後6時すぎ)
台湾で火鍋は初めてだったのですが、美味しかったです。辛い方のスープも見た目ほどは辛くなくてマイルドでした。

無老鍋1 無老鍋2 無老鍋3

宿泊していた台北アンバサダーホテルの向かい側のカフェで夫と朝食。夫は昨日の朝食もここで取ったそうなのだけど、それほど美味しくない。珈琲付きの朝食が食べたいのなら、モスバーガーの方がいいよ、と夫に進言。

朝食@台北のカフェ

この日は午前11時台発の台鉄にて新竹へ。

新竹駅

新竹のグルメスポット、城隍廟。(新竹駅から徒歩15分くらい)新竹と言えばビーフン!
城隍廟内の「阿城號」 焼きビーフンと団子のスープ。

新竹のビーフン屋さん 焼きビーフンと団子のスープ

ビーフンは意外に普通の味・・・と言うか、日本で購入しているビーフンはたぶん新竹産と思うので普段の食べ慣れた味。
肉団子は「総合」という三種類の団子が入ったスープを選びましたが、それぞれの団子がプリプリでめっちゃ美味しかったです。

その後列車で焼き物の街、鶯歌へ。

鶯歌

焼き物の街と言っても、ベトナムのバッチャン村と違って「焼き物を売っている」街という感じ。実はここは以前一人で来たことがあるのです。
鶯歌老街は重慶街という通りと尖山埔路老街という通りがあります。重慶街が比較的安い焼き物のお店が集中していて、尖山埔路老街は高級な焼き物のお店が多いです。尖山埔路老街には青磁で有名な安達窯もあります。(安達窯は中山駅近くにもお店があります)

鶯歌駅からバスで三峡老街へ。(「三峡老街」という名前のバス停はないので、バスでは降りる場所が分かりづらかったです)
こんな感じで昔街並みが残っていてお土産物屋さんが並んでいます。

三峡老街

三峡老街で有名な食べ物と言えば、なぜかクロワッサン。あちこちにお店がありました。
ほとんどクロワッサンを食べに三峡老街に来たようなもの。

クロワッサン@三峡老街

私が選んだクロワッサンは生地がメロンパンのようにサクサクして美味しかったです。
中国語でクロワッサンは「牛角面包」(「面包」はパンのこと)と言うので、牛さんの可愛いオブジェが飾られているお店もありました。

クロワッサンのお店@三峡老街

三峡の辺りは「三角湧」と言う地名のようで、側溝にも地名が入っています。「三角湧」、「角」つながりでクロワッサン(牛角面包)を名物にしたのかもですね~。

三角湧1 三角湧2

-- 続きを読む --

category: 旅行

tb: 0   cm: 0

△top

2016年GW台湾・食べたもの(前編) 

 

2016年GW、台湾で食べたもの。(画像はクリックで少し大きくなります)

世紀豆漿大王の豆奬、油條、大根餅、蛋餅など。

朝食@世紀豆漿大王

猴硐(ホウトン)の猫村カフェでミートソーススパゲティ。スパゲティと言っても、使われているのは台湾の意麺。
意麺とスパゲティの製法の違いは知らないですが、食感は似ています。あえて言うなら意麺の方が柔らかい感じ。

ホウトンの猫村カフェ ランチ@猫村カフェ

九份の阿妹茶酒館でお茶。GWで混み合っているところ、ラッキーなことに、外のテラスに案内してもらえた。(日光・雨除けのひさし付き) 抹茶味のホロホロ崩れるお菓子が友人らに人気。そういえば、大学時代の友人らにもこのお菓子が美味しいと好評で、お土産に買っていたなぁ。

お茶@阿妹茶酒館1

午後5時過ぎに入店して、お茶しながら夕暮れ(午後6時半)をそのまま眺めました。

お茶@阿妹茶酒館2 お茶@阿妹茶酒館3

お喋りに花が咲き、うっかり午後8時前まで九份にいました。それくらいの時間になると観光客の数もかなり少なくなり、夕食を出すようなお店以外はもう店じまいしています。
前回来た時は午後7時くらいに九份を出たので、瑞芳駅まで行ってくれたタクシーも(でもさんざん台北駅まで行こうとごねられた)、この時間になると「台北駅」一押しです。元々、今回は帰りは台北駅までタクシーで帰ろうと友人らと相談していたので、「三人で中山駅まで1500台湾ドル」(台北駅でも同じ金額)で、とタクシーの運ちゃんと商談成立しました。

タクシーは7人乗りの車だったので、九份を下っている途中に歩いていた日本人の若いカップル二人と相席になり、中山駅まで帰ってきました。道路はすいていて、40分~50分くらいで中山駅到着でした。
若いカップルにこっそりと、「いくらでと言われたの?」と聞いたら「二人で500台湾ドルでと言われた」とのことでした。
私たちの後に乗ったのでかなり安くなったようです。私たちは当初の交渉通りの1500台湾ドルを降車の際支払いました。
(台北市内はタクシーはメーター遵守ですが、郊外では値段交渉をしていいと認められています。だからか郊外のタクシー運ちゃんは営業上手な人が多いです)

夜の九フン

瑞芳駅に戻りたい場合は、折角のロマンチックな九份の想い出を台無しにしないよう早めの時間に発つことをお勧めします。暗くなればなるほどタクシーの運ちゃんも強気になってきますので、時には相手の交渉に折れてみるのも一つの選択です。九份を徒歩で山下りして、それから瑞芳駅に行ってくれるタクシーを探すのはかなり難しいと思いますので。(カップルなら破局の恐れも・・・)

中山駅近くの「高記」にて夕食。

高記

カスタードまん、野菜の炒め物、小籠包、あと名前忘れたけど上海風麺入りスープ。

カスタードまん@高記 野菜炒め@高記 小籠包@高記

また世紀豆漿大王にて朝食。真っ白なのは甘めの豆奬。

朝食@世紀豆漿大王

松山文創園區のリィウリー・カフェにてランチ。ちょっと値段高め。ランチの写真撮れてなかった!
リィウリー・カフェの店内。

リィウリー・カフェ コーヒー@リィウリー・カフェ

雙連駅近くの「冰讃」。三人で二つのかき氷を注文。マンゴーの季節にしかお店を開けないというこだわりのお店です。
値段も安かったです。タクシー待機させて食べに来ている人もいました。

冰讃 かき氷@冰讃

「冰讃」の道路挟んで向かい側の「双連○仔湯」にて、油餅と紅豆、白玉、タロ芋入りのぜんざいのような温かいスイーツ。
油餅 は二個セットと一個のみの注文できるので三人でも一人一個ずつ食べられました。ぜんざいは一杯を三人でシェア。

温かいスイーツ@「双連○仔湯」

取り分けられるよう、お店の人がすぐ取り皿を持ってきてくれました。

夜は近くの寧夏夜市にて夕食。魯肉飯、タイ風肉ご飯(ガパオご飯?丁度前の屋台がタイ料理の屋台だったのでメニューを持ってこられ注文せざるを得ない状況に)、タロ芋のコロッケ、野菜の炒め物。

寧夏夜市 夕食@寧夏夜市

ほんの二時間くらい前にかき氷と油餅、ぜんざい風なものを食べたので軽めの夕食でした(笑)。


2016年GW台湾・食べたもの(後編)に続きます。

category: 旅行

tb: 0   cm: 0

△top

2016年GW台湾・猴硐(ホウトン) 

 

4月30日(土)、猫村と呼ばれている猴硐(ホウトン)に行ってきました。
猴硐は宜蘭線の猴硐駅、台北から台鉄で40分~50分です。隣は瑞芳駅なので、猴硐で遊んでから瑞芳駅に移動して、タクシーで九份に行くこともできます。台北から猴硐への直通電車は一時間に一本くらいなのでご注意を。

ホウトン行き切符

猴硐駅。

ホウトン駅

駅構内から手作りの猫の絵や置物があり、まるでギャラリーのようです。

ホウトン駅2 ホウトン駅3 ホウトン駅4 ホウトン駅5

ホウトンの猫たち。

ホウトンの猫1 ホウトンの猫2 ホウトンの猫6

ホウトンの猫3 ホウトンの猫4 ホウトンの猫5

寝ている猫の画像が多いですが、もちろん起きている猫も沢山います。(単に寝ている方が撮りやすかったので・・・)
大きな橋を渡った向こう側ではトロッコに乗って、昔の炭鉱の雰囲気を味わう体験もできます。(面白いかどうかは微妙ですが)

ホウトンの橋 ホウトンのトロッコ

猫たちが皆に大事にされていて、見ているこちらもhappyな気持ちになりました。
写真を撮り損ねましたが、猫ちゃんの形のパイナップルケーキも売ってました。

ホウトンのお店

また行きたいです!


<テレビ番組情報>
・5月15日(日) NHKBSプレミアム 午前 6:00~6:30 「桃源紀行 君住む街で」 上海・旧フランス租界

・5月15日(日) BS朝日 午前8:00~8:55 「熱中世代 大人のランキング」 
 世界的衣装デザイナー・ワダエミ 黒澤監督との秘話
 映画「乱」「HERO」「LOVERS」などの衣装を手掛けてきたワダさん。大島渚、美輪明宏、野田秀樹、三谷幸喜ら名だたる演出家・映画監督と仕事をしてきたワダさんの印象に残る仕事とは?  ワダさんの生家は2000坪の京都の邸宅。一流の調度品に囲まれ、服はオーダーメイドがほとんどだった。衣装のアイデアが養われたのは幼少期? 大学在学中にNHKディレクターの和田勉さんと結婚。夫婦のオリジナリティーあふれる関係をひも解く。今回、ワダさんの仕事術を探るため自宅兼仕事場にお邪魔する。世界的なデザインが生まれた貴重な“現場"を紹介する。

・5月15日(日) BSフジ 午後0:00~2:25 「LOVERS」

category: 旅行

tb: 0   cm: 0

△top