ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

2016年GW台湾・食べたもの(後編) 

 

2016年GW台湾、食べたもの続き。(前編の記事は5月14日にUPしています。画像はクリックで少し拡大します)

朝食にモスバーガー。

朝食@モスバーガー

華山1914文創園區内にもある、ホウ・シャオシェン監督プロデュースのカフェ「珈琲時光」。
店内は高倉健さんの写真が一杯展示されていました。

珈琲時光@華山1914の1 珈琲時光@華山1914の2

珈琲時光にてサンドイッチとアイスコーヒー。店内で食べるつもりがちゃんと通じておらず(笑)、テイクアウトの様相で出てきてしまいましたが、このまま店内で食しました。紙ナプキンに店名が入っていて使うのもったいない感じです。

サンドイッチ@珈琲時光

華山1914文創園區の入り口にいるアイスクリーム屋さんより、アイスクリーム、と言うかシャーベット?

アイスクリーム@華山1914

中山北路二段の「無老鍋」にて鴛鴦鍋。
当夜は予約で満席だったのですが、「午後7時半までに食事を終えていただけるのなら」と入店できました。(その時午後6時すぎ)
台湾で火鍋は初めてだったのですが、美味しかったです。辛い方のスープも見た目ほどは辛くなくてマイルドでした。

無老鍋1 無老鍋2 無老鍋3

宿泊していた台北アンバサダーホテルの向かい側のカフェで夫と朝食。夫は昨日の朝食もここで取ったそうなのだけど、それほど美味しくない。珈琲付きの朝食が食べたいのなら、モスバーガーの方がいいよ、と夫に進言。

朝食@台北のカフェ

この日は午前11時台発の台鉄にて新竹へ。

新竹駅

新竹のグルメスポット、城隍廟。(新竹駅から徒歩15分くらい)新竹と言えばビーフン!
城隍廟内の「阿城號」 焼きビーフンと団子のスープ。

新竹のビーフン屋さん 焼きビーフンと団子のスープ

ビーフンは意外に普通の味・・・と言うか、日本で購入しているビーフンはたぶん新竹産と思うので普段の食べ慣れた味。
肉団子は「総合」という三種類の団子が入ったスープを選びましたが、それぞれの団子がプリプリでめっちゃ美味しかったです。

その後列車で焼き物の街、鶯歌へ。

鶯歌

焼き物の街と言っても、ベトナムのバッチャン村と違って「焼き物を売っている」街という感じ。実はここは以前一人で来たことがあるのです。
鶯歌老街は重慶街という通りと尖山埔路老街という通りがあります。重慶街が比較的安い焼き物のお店が集中していて、尖山埔路老街は高級な焼き物のお店が多いです。尖山埔路老街には青磁で有名な安達窯もあります。(安達窯は中山駅近くにもお店があります)

鶯歌駅からバスで三峡老街へ。(「三峡老街」という名前のバス停はないので、バスでは降りる場所が分かりづらかったです)
こんな感じで昔街並みが残っていてお土産物屋さんが並んでいます。

三峡老街

三峡老街で有名な食べ物と言えば、なぜかクロワッサン。あちこちにお店がありました。
ほとんどクロワッサンを食べに三峡老街に来たようなもの。

クロワッサン@三峡老街

私が選んだクロワッサンは生地がメロンパンのようにサクサクして美味しかったです。
中国語でクロワッサンは「牛角面包」(「面包」はパンのこと)と言うので、牛さんの可愛いオブジェが飾られているお店もありました。

クロワッサンのお店@三峡老街

三峡の辺りは「三角湧」と言う地名のようで、側溝にも地名が入っています。「三角湧」、「角」つながりでクロワッサン(牛角面包)を名物にしたのかもですね~。

三角湧1 三角湧2

-- 続きを読む --
スポンサーサイト

category: 旅行

tb: 0   cm: 0

△top

2016年GW台湾・食べたもの(前編) 

 

2016年GW、台湾で食べたもの。(画像はクリックで少し大きくなります)

世紀豆漿大王の豆奬、油條、大根餅、蛋餅など。

朝食@世紀豆漿大王

猴硐(ホウトン)の猫村カフェでミートソーススパゲティ。スパゲティと言っても、使われているのは台湾の意麺。
意麺とスパゲティの製法の違いは知らないですが、食感は似ています。あえて言うなら意麺の方が柔らかい感じ。

ホウトンの猫村カフェ ランチ@猫村カフェ

九份の阿妹茶酒館でお茶。GWで混み合っているところ、ラッキーなことに、外のテラスに案内してもらえた。(日光・雨除けのひさし付き) 抹茶味のホロホロ崩れるお菓子が友人らに人気。そういえば、大学時代の友人らにもこのお菓子が美味しいと好評で、お土産に買っていたなぁ。

お茶@阿妹茶酒館1

午後5時過ぎに入店して、お茶しながら夕暮れ(午後6時半)をそのまま眺めました。

お茶@阿妹茶酒館2 お茶@阿妹茶酒館3

お喋りに花が咲き、うっかり午後8時前まで九份にいました。それくらいの時間になると観光客の数もかなり少なくなり、夕食を出すようなお店以外はもう店じまいしています。
前回来た時は午後7時くらいに九份を出たので、瑞芳駅まで行ってくれたタクシーも(でもさんざん台北駅まで行こうとごねられた)、この時間になると「台北駅」一押しです。元々、今回は帰りは台北駅までタクシーで帰ろうと友人らと相談していたので、「三人で中山駅まで1500台湾ドル」(台北駅でも同じ金額)で、とタクシーの運ちゃんと商談成立しました。

タクシーは7人乗りの車だったので、九份を下っている途中に歩いていた日本人の若いカップル二人と相席になり、中山駅まで帰ってきました。道路はすいていて、40分~50分くらいで中山駅到着でした。
若いカップルにこっそりと、「いくらでと言われたの?」と聞いたら「二人で500台湾ドルでと言われた」とのことでした。
私たちの後に乗ったのでかなり安くなったようです。私たちは当初の交渉通りの1500台湾ドルを降車の際支払いました。
(台北市内はタクシーはメーター遵守ですが、郊外では値段交渉をしていいと認められています。だからか郊外のタクシー運ちゃんは営業上手な人が多いです)

夜の九フン

瑞芳駅に戻りたい場合は、折角のロマンチックな九份の想い出を台無しにしないよう早めの時間に発つことをお勧めします。暗くなればなるほどタクシーの運ちゃんも強気になってきますので、時には相手の交渉に折れてみるのも一つの選択です。九份を徒歩で山下りして、それから瑞芳駅に行ってくれるタクシーを探すのはかなり難しいと思いますので。(カップルなら破局の恐れも・・・)

中山駅近くの「高記」にて夕食。

高記

カスタードまん、野菜の炒め物、小籠包、あと名前忘れたけど上海風麺入りスープ。

カスタードまん@高記 野菜炒め@高記 小籠包@高記

また世紀豆漿大王にて朝食。真っ白なのは甘めの豆奬。

朝食@世紀豆漿大王

松山文創園區のリィウリー・カフェにてランチ。ちょっと値段高め。ランチの写真撮れてなかった!
リィウリー・カフェの店内。

リィウリー・カフェ コーヒー@リィウリー・カフェ

雙連駅近くの「冰讃」。三人で二つのかき氷を注文。マンゴーの季節にしかお店を開けないというこだわりのお店です。
値段も安かったです。タクシー待機させて食べに来ている人もいました。

冰讃 かき氷@冰讃

「冰讃」の道路挟んで向かい側の「双連○仔湯」にて、油餅と紅豆、白玉、タロ芋入りのぜんざいのような温かいスイーツ。
油餅 は二個セットと一個のみの注文できるので三人でも一人一個ずつ食べられました。ぜんざいは一杯を三人でシェア。

温かいスイーツ@「双連○仔湯」

取り分けられるよう、お店の人がすぐ取り皿を持ってきてくれました。

夜は近くの寧夏夜市にて夕食。魯肉飯、タイ風肉ご飯(ガパオご飯?丁度前の屋台がタイ料理の屋台だったのでメニューを持ってこられ注文せざるを得ない状況に)、タロ芋のコロッケ、野菜の炒め物。

寧夏夜市 夕食@寧夏夜市

ほんの二時間くらい前にかき氷と油餅、ぜんざい風なものを食べたので軽めの夕食でした(笑)。


2016年GW台湾・食べたもの(後編)に続きます。

category: 旅行

tb: 0   cm: 0

△top

2016年GW台湾・猴硐(ホウトン) 

 

4月30日(土)、猫村と呼ばれている猴硐(ホウトン)に行ってきました。
猴硐は宜蘭線の猴硐駅、台北から台鉄で40分~50分です。隣は瑞芳駅なので、猴硐で遊んでから瑞芳駅に移動して、タクシーで九份に行くこともできます。台北から猴硐への直通電車は一時間に一本くらいなのでご注意を。

ホウトン行き切符

猴硐駅。

ホウトン駅

駅構内から手作りの猫の絵や置物があり、まるでギャラリーのようです。

ホウトン駅2 ホウトン駅3 ホウトン駅4 ホウトン駅5

ホウトンの猫たち。

ホウトンの猫1 ホウトンの猫2 ホウトンの猫6

ホウトンの猫3 ホウトンの猫4 ホウトンの猫5

寝ている猫の画像が多いですが、もちろん起きている猫も沢山います。(単に寝ている方が撮りやすかったので・・・)
大きな橋を渡った向こう側ではトロッコに乗って、昔の炭鉱の雰囲気を味わう体験もできます。(面白いかどうかは微妙ですが)

ホウトンの橋 ホウトンのトロッコ

猫たちが皆に大事にされていて、見ているこちらもhappyな気持ちになりました。
写真を撮り損ねましたが、猫ちゃんの形のパイナップルケーキも売ってました。

ホウトンのお店

また行きたいです!


<テレビ番組情報>
・5月15日(日) NHKBSプレミアム 午前 6:00~6:30 「桃源紀行 君住む街で」 上海・旧フランス租界

・5月15日(日) BS朝日 午前8:00~8:55 「熱中世代 大人のランキング」 
 世界的衣装デザイナー・ワダエミ 黒澤監督との秘話
 映画「乱」「HERO」「LOVERS」などの衣装を手掛けてきたワダさん。大島渚、美輪明宏、野田秀樹、三谷幸喜ら名だたる演出家・映画監督と仕事をしてきたワダさんの印象に残る仕事とは?  ワダさんの生家は2000坪の京都の邸宅。一流の調度品に囲まれ、服はオーダーメイドがほとんどだった。衣装のアイデアが養われたのは幼少期? 大学在学中にNHKディレクターの和田勉さんと結婚。夫婦のオリジナリティーあふれる関係をひも解く。今回、ワダさんの仕事術を探るため自宅兼仕事場にお邪魔する。世界的なデザインが生まれた貴重な“現場"を紹介する。

・5月15日(日) BSフジ 午後0:00~2:25 「LOVERS」

category: 旅行

tb: 0   cm: 0

△top

無事帰国しました 

 

5月5日(木)夜9時ごろ、台北より無事帰国しました。

今回の旅は前半は友人らとの観光、後半は夫との観光(と言っても夫と日中一緒だったのは一日だけでした。別に仲が悪い訳じゃないですよ)、という二段構えでした。
友人らとの観光では九份を再訪できたし、また全体を通して新しく訪問できたところが沢山あり、実りの多い旅でした。

台北は暑くて、日中ではTシャツ一枚でも汗ばむくらい、クーラーが効いているデパートや地下鉄では上に羽織るものがあった方がいいかな、というくらいの気候でした。日焼け止めクリームや帽子を持って行った方がいいです!
レートは1台湾ドルが3,5円くらいでした。2年前は1台湾ドルが4円くらいだったことを考えると少しお財布の紐が緩みました。

台北MRT南港駅では台湾の絵本作家ジミー幾米さんのまさしく「地下鐵」の絵がホームで見られました。
(画像はクリックで少し拡大します)

「地下鉄」@台北南港駅1 「地下鉄」@台北南港駅2

ホームの階段を上がった、改札の手前にも絵があります。

「地下鉄」@台北南港駅3

トニーさんの映画「地下鉄の恋/地下鐵」の原作の世界が広がっています。ジミー幾米さんファンの方、必見です!


あと、MRT忠正新生駅にある華山1914文化創意產業園區にもジミーさんのグッズを売ってるお店とカフェが新しくできていました。
台北滞在中、ホテルで台北の観光雑誌を読んでいたら発見しました。もう少し早く気付いていたら友人らと行けたのに!

黄色い帽子の男の子の人形が目印です。2年前に華山1914文化創意產業園區に来た時にはこのお店はありませんでした。

ジミーさんのお店@華山1914

店内はこんなディスプレイになっていて、ジミーさんのグッズが買えます。

ジミーさんのお店@華山1914の2

奥はカフェになっています。

ジミーさんのお店@華山1914の3

その他にも台北からバスで一時間半くらいのところにある宜蘭駅周辺にはジミーさんの作品のオブジェが展示されています。今回はここには行けませんでしたが、ご参考まで。

幾米の世界にどっぷりはまれる場所♪(台北ナビ)
http://www.taipeinavi.com/special/5050617

行きたーい!!

その他の旅のご報告はおいおいUPしたいと思います。
6日(金)より、仕事です。頑張ってまた旅行に行きたいです。

category: 旅行

tb: 0   cm: 0

△top

2015・1月台湾 食べた物 

 

今年1月に台湾に行った時に食べた物メモ。今頃ですが・・・。
今回初めて行ったお店で食べた物のみピックアップ。(画像はクリックで大きくなります)

台北のMRT市政府駅、新光三越の野菜中心のレストラン。お茶はフルーツティーだったかな、忘れました。
「一代宗師3D」を観る前に慌てて食事。新光三越の地下には香港の「添好運」もオープンしてましたよ。
行列ができていたので入れませんでしたが・・・。

レストランのランチ@新光三越 レストランのランチ、ティー@新光三越

永康街の台湾料理店「大來小館」。 魯肉飯でグランプリを獲ったお店とのことで火スぺで紹介されていました。
お店の入口にはその時のふなっしーやDAIGOらの写真が貼ってありました。

大來小館 大來小館2

魯肉飯~! グランプリと言われれば確かに美味しいのですが、他のお店も結構美味しいので正直違いはわからんです・・・。魯肉飯はどこでも大体はずれないよ。 右は卵とトマトの炒め物。

魯肉飯@大來小館 卵とトマトの炒め物

エビとナントカの炒め物(何かは忘れました・・・)。エビは桜エビでした。

エビとナントカの炒め物@大來小館

このお店は庶民的な感じで値段も安かったです。まさに家庭料理のお店という感じ。


行天宮近くの映画館で再度「一代宗師3D」を観ようとチケットを買い、映画の前にちょっと腹ごしらえ。
どこかないかなー、と近くのホテルの一階のカフェで、ブラウニーとコーヒー。

ブラウニーとコーヒー

温かいブラウニーの上にバニラアイスが載っていて美味しかったです・・・でも高かった・・・。
ちなみにその行天宮の近くの映画館での「一代宗師3D」は観客は5人で、そのうち二人はお婆ちゃんでした。(3D眼鏡のお婆ちゃんは可愛かったです・・・)


これまで迪化街に行く時はタクシーで行っていましたが、今回は地下鉄でMRT大橋頭駅で降りてから地図を見ながら歩いてみました。
迪化街、佳興魚丸店。

佳興魚丸店

お店の中では数人のおばちゃん店員さんがせっせと練り物を詰めたお団子を作っていて、1斤いくら、と量り売りしている様子。
中で食べられるんだよね・・・と場違いな自分を感じつつも恐る恐る魚の団子スープを注文し、おばちゃんたちの邪魔にならないよう、そっと端っこのテーブルの傍に腰かけました。

魚団子スープ

さっぱりしたスープに魚のお団子、と思っていたら団子の中からしょっぱい豚肉の味が口に広がって、な、なんとベストマッチ!
オ、オラ、また美味しいものを見つけてしまった・・・・!
これで確か一椀30ドルか40ドルだったから120円~160円くらい??
おばちゃんたちが私のことを「日本人・・・」と言っているのが聞こえてきたなと思っていたら、お店を出るとき「アリガト!サヨナラ~」と手を振ってくれました。

迪化街、夏樹甜品にてデザート。

夏樹甜品1 夏樹甜品2

最近迪化街を訪れる度に新しい可愛い雑貨屋さんが出現していて、雑貨屋巡りでは私的にははずせない街になってきています。
特に若い女の子向けのお店が多くなっていて、以前の「乾物屋さんの街」というイメージからはかなり変わってきています。もちろん乾物屋さんはちゃんとあるのですが、それ以外のスペースがリニューアルしてきている感じです。

迪化街の雑貨屋さん1 迪化街の雑貨屋さん3 迪化街の雑貨屋さん2

MRT中山駅、林森路と長春路が交差する辺り(京鼎楼の近く)、高家荘。
米苔目と、油で揚げて外側がトンカツの衣のようにパリパリになったチャーシュー。揚げたチャーシューは初めての食感。
アカン、さっぱりした米苔目との組み合わせで、病みつきになる~。
オ、オラ、また美味しいものを見つけてしまった・・・!パート2

高家荘 米苔目と揚げチャーシュー

米苔目はお米とサツマイモの粉で練り上げた麺。モチモチとした食感が堪りません。
男性のお客さんが米苔目を大盛りで注文していて、「あっ大盛りがあるんだったらオラもそうすれば良かった!」と思ったのでした・・・。(実際あっさりめなので、これだけだとお腹いっぱいという感じではないのです)

帰国の日の朝、なんとなくモスバーガーへ。
台湾のモスバーガーは朝食セットがあり、サンドイッチもあります。(日本はどうだったっけ?)テイクアウトしている人も多し。職場で食べるのかな?

台湾のモスバーガー1

ハムと卵のバーガーを注文してみたら、中にピーナッツクリームみたいなのが塗ってあってビックリ。
これはこれで合っていました。

台湾のモスバーガー2


ちなみに今回泊まったのはMRT雙連駅近くの微風商務飯店、ビジネスホテルです。

微風商務飯店1 微風商務飯店2

外出の際にいちいち部屋の鍵をフロントに預けないといけないのが面倒でした(セキュリティを考えれば安心かも)が、それ以外は快適でした。

宿泊したプランは朝食付きで、ほとんど外で食べましたが、一回だけホテルで朝食を食べてみました。
洋食か和食か選べたと思いますが、洋食だとこんな感じです。

微風商務飯店の朝食

これで今年1月の台湾のレポートは終わりとします。

category: 旅行

tb: 0   cm: 0

△top