ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

「心の故郷 ある湾生の歩んできた道」5/19公開 

 

林雅行監督の「心の故郷 ある湾生の歩んできた道」が5月19日(土)ユーロスペースにて公開になります。

「心の故郷 ある湾生の歩んできた道」

「心の故郷 ある湾生の歩んできた道」

「老兵挽歌 異郷に生きる」「風を聴く 台湾・九ふん物語」に続く林雅行監督のドキュメンタリー映画です。

「心の故郷 ある湾生の歩んできた道」 公式サイト
http://creative21inc.wixsite.com/cr21/blank


<テレビ番組情報>
4月28日(土) NHKBSプレミアム 午後9:00~10:30 「中国秘境 四川美人谷」
 チベット高原の奥へ進む峠を越えると「美人谷」と称す石の塔が林立する不思議な集落がある。唐の歴史書が「女王が治めた国」と記す谷!俳優・満島真之介が美女の謎に挑む。

スポンサーサイト

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

インスタにて 

 

インスタにUPされた画像、トニーさんとカリーナ。

トニーさん&カリーナ


和食のお店?日本なのかな?

そろそろ「欧州攻略」の情報が欲しいなぁ~。

category: トニー・レオン

tb: 0   cm: 0

△top

「乱世備忘 僕らの雨傘運動」7/14公開 

 

山形ドキュメンタリー映画祭2017で上映され、東京では日本・香港インディペンデント映画祭2017でも上映された「乱世備忘 僕らの雨傘運動」が7月14日(土)ポレポレ東中野ほか全国順次公開されることが決定しました。

「乱世備忘 僕らの雨傘運動」

「乱世備忘 僕らの雨傘運動」

山形国際ドキュメンタリー映画祭で受賞 香港の雨傘運動を記録した「乱世備忘」7月公開(映画com.)
http://eiga.com/news/20180419/8/

「乱世備忘 僕らの雨傘運動」 公式サイト
https://amagasa2018.com/

今日、台湾巨匠傑作選2018のチケットを買いに行った新宿K's cinemaには「乱世備忘 僕らの雨傘運動」のチラシがありました。

「乱世備忘 僕らの雨傘運動」

劇場窓口で特別前売り券を購入すると香港のイラストでお馴染みの小野寺光子さん特製オリジナルポストカードがプレゼントされるそうですよ~!(一部劇場では取り扱いがございません、とあります)


<その他の情報>
日比谷にて「ダンガル きっと、つよくなる」応援上映開催決定!!
★応援上映会“応援すればもっと、つよくなる” アンコール緊急決定!★
実施日:4月27日(金)
実施時間:19:30~の回

詳しくは下記のページをご覧ください。
https://www.tohotheater.jp/event/dangal-hibiya0427.html

本日私も「ダンガル きっと、つよくなる」を観てきましたが、とても面白かったです。エンタティメントとして優れているだけでなく、今日本で問題になってるセクハラ問題に通じるような台詞もあり、人生の糧となる素晴らしい作品でした。
アーミル・カーンの眼力も凄いけど、二人の主人公の姉妹はもちろん、ストーリーの緊張を和らげる、のほほんとした従兄弟の青年も良い味出していました。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

チャン・チェンがカンヌ映画祭の評議員に 

 

チャン・チェンが今年のカンヌ映画祭の評議員の一人を務めることが発表になりました。今回の評議員の中で華人はチャン・チェン一人です。

チャン・チェン カンヌ映画祭の審査員に

華人がカンヌ映画祭の評議員を務めるのは2003年のチアン・ウエンに続いて二人目とのことです。
チャン・チェンは今回の任務に「初めての特別な体験」と期待を高めています。

第71回カンヌ映画祭は5月8日(金)~19日(土)に開催されます。

張震落實任康城評審 成史上華人男星第二人
http://hk.on.cc/hk/bkn/cnt/entertainment/20180418/bkn-20180418145548049-0418_00862_001.html

尚、カンヌ映画祭では監督週間で中国の意明監督作品「冥王星時刻」が上映されることも決定したようです。
「冥王星時刻」

「冥王星時刻」

監督:意明
出演:王学兵、刘丹、易平、曾美惠孜、李心然

揚威!中國導演新片入圍康城「導演雙周」
http://hk.on.cc/hk/bkn/cnt/entertainment/20180419/bkn-20180419034502351-0419_00862_001.html


<その他の情報>
6月1日(金)~8日(金)に開催されるにいがた国際映画祭2018のラインナップが発表されました。
中華圏作品では
「十年」
「星空」
が上映されます。
「十年」」では倉田徹氏をゲストに招いてのトークイベントも開催されます。

にいがた国際映画祭2018 公式サイト
https://28th.niffec.com/

category: 中華NEWS

tb: 0   cm: 0

△top

ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2018、ラインナップ発表 

 

6月4日(月)~6月24日(日)に開催されるショートショートフィルムフェスティバル&アジア2018のラインナップが発表になりました。
下記に中華圏作品をピックアップしています。

<アジアインターナショナル&ジャパンプログラム>
「鉄の腕」(2017 中国) Johnson Cheng
「ラスト・エントリ-」(2017 シンガポール) Jeanette Aw
「アンドロイドとの恋」(2017 マレーシア) Tan Ce Ding
「ブラジャーの悲劇」(2017 シンガポール) Li Lin Wee
「カトンプールでの最後の日」(2017 シンガポール) Yee Wei Chai
「母の日おめでとう」(2017 台湾) Li-Ling Hsieh

<地球を救え!プログラム >
「スモッグ・ジャーニー」(2015 中国) Jia Zhangkeジャ・ジャンクー

<CGアニメーションプログラム>
「霧の町に隠された真実」(2017 中国) Mao Qichao
「彷徨った先に」(2017 台湾) Chiang Yao
「サイケデリック・ロープ」(2016 中国) Liu Gaoxiang

<Cinematic Tokyoプログラム>
「僕の秘密の東京」(2017 日本) 王奔

<カンヌプログラム>
「静かな夜」(2017 中国) Qiu Yang

<アニバーサリープログラム >
「泥棒}(2011 台湾) Jay Chern

<台湾・高雄映画祭プログラム>
「独奏」(2017 台湾) Bang-yao
「臨時工」(2017 台湾) Hsu Hui-Ju
「バート」(2016 台湾) Huang Yun-Sian
「男とサルとマネキンと」(2017 台湾) Dan Chi Huang

ショートショートフィルムフェスティバル&アジア 公式サイト
http://www.shortshorts.org/2018/

VR360°プログラムの内容がまだ発表になってませんが・・・まさかツアイ・ミンリャン監督の作品が来るということはないですよね?
ジャ・ジャンクー監督のショートフィルムが上映されるというのは珍しいので、時間が合えば観てみたいです。


<テレビ番組情報>
4月23日(月)テレビ朝日 午後11:15~0:15 「激レアさんを連れてきた。」
 廃業したボロボロの映画館に自宅として住み始めた結果、映画館の営業までする羽目になった人とその妻。 ひょんなことからボロボロの映画館に住むことを決めた激レアさん。そして勘違いの連鎖で映画館を復活させざるを得ない事態に…。秋田県で実際に起こった日本版ニュー・シネマ・パラダイスに感動!

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top