ぐうの日常

香港映画俳優トニー・レオン梁朝偉を地味に応援する管理人ぐうの、日常のつぶやきです。  画像の無断転載は禁止です。

「イップ・マン 継承」「シチリアの恋」観ました 

 

4月23日(日)、新宿武蔵野館にて「イップ・マン 継承」を観ました。
新宿武蔵野館のエレベータ3基とも「イップ・マン 継承」のラッピングでした♪(クリックで少し拡大されます)

「イップ・マン 継承」1 「イップ・マン 継承」2 「イップ・マン 継承」3

は~溜息…良かった・・・。アクションに酔い、音楽に酔い、イップ・マン(ドニーさん)の男らしさに酔いました。
映画に酔うって久しぶりな気がします。
そして家庭では昼行燈で、気の強い奥さんに押され気味というギャップ萌え!!

特にエレベータにタイ人が乗り込んできた時、奥さんを置いてエレベータを降りて敵と対峙した時のイップ・マンの顔と言ったら・・・。

昼は車夫、夜は格闘技でお金を稼ぐマックス・チャンのギラギラ感も切なかったな~。

今回は前作「序章」「葉問」に比べて夫婦の愛というか絆がしっとりと描かれていて、今までで一番好きかも。前作を未見の方でも楽しめると思います。何より、命のやり取りがなかったのも安心して観られたポイントでした。
これまでどこか冷たい印象もあった奥さん役のリン・ホン(たぶん観ていてイップ・マンにもっと優しくしてあげて~!と思ってしまっていたから。「擺渡人」ではイーソンの婚約者を演じていていました)、今回はすごく女らしく温かみを感じました。

映画上映後のトークショー、飯星景子さんと作曲家の川井憲次さん

飯星景子さんと川井憲次さん

ドニーさんからのメッセージも読み上げられ、ずっと応援してくれてる日本のファンへの感謝が述べられました。
ドニーさんはいずれ日本でファンミーティング(!!)をやりたいと思っているそうです。来年早々「イップ・マン4」のクランクイン予定、「イップ・マン4」の映画音楽は引き続き川井さんにお願いしたいとのことでした。


「シチリアの恋」、シネマート新宿にて鑑賞。

「シチリアの恋」

韓国人俳優イ・ジュンギが出演していなかったら日本では公開されなかったんだろうなぁ・・・。私はチョウ・ドンユイしか観てませんでしたが。
危なっかしいキャラクターは「七月と安生」を思い出しました。泣き顔がすごーく可愛いのよねぇ。
こういう役は観ていて楽しいけどあんまり続くと、チョウ・ドンユイ、また同じような役か、と言われそうで心配・・・なんて大きなお世話かな。

<今日の情報>
・「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど」(日本・台湾合作)監督:谷内田彰久
 5月27日(土)より、シネマカリテ新宿、ユナイテッドシネマ アクアシティお台場にて公開
 公式サイト  
 http://mama-dame.com/

・「台湾萬歳」 監督:酒井充子 ポレポレ東中野にて2017年夏公開
 公式サイト
 http://taiwan-banzai.com/
 
スポンサーサイト

category: 香港映画

tb: 0   cm: 0

△top

朝日夕刊に「グレート・ウォール」記事 

 

4月21日(金)朝日夕刊に「グレート・ウォール」の紹介記事が出ていました。

朝日「グレート・ウォール」記事

4月29日(土)公開のチベット映画「草原の河」も。

「草原の河」


トニーさん、カリーナ、カリーナママが先日上海で食事をしていたという中華NEWS。トニーさんは人目につくのを避けるため、先に出たようで画像には写っていません。記事のURLのみ貼っておきます。
http://sznews.com/ent/content/2017-04/21/content_16059439.htm

トニーさんと言えば、今月21日発売の「映画秘宝」6月号の谷垣健治さんのコラム「アクションバカ街道」で、「モンスター・ハント2」撮影時のトニーさんの様子に触れられていますのでご覧になってみてください。


こちらは香港でのイベント。
香港電影資料館1階ホール(日本で言うところの2階?)にて、4月21日(金)~8月13日(日)まで「穿・越‧・時代:古裝篇」展覧を開催しています。

「穿・超・時代」展

中国語の「穿」は日本語と同様「ズボンを穿く」のような「(衣服を)着る」という動詞の他に「通す」という意味もあります(「穿刺」など)。「穿越」は「通り抜ける」という意味です。中国では最近タイムスリップをテーマとしたテレビドラマや映画が人気で、「穿越時空」と言う言葉が流行っていているそうです。
古装篇、「HERO 英雄」のジェット・リーとトニーさんが着た衣装も展示されているとのことです。期間中香港に行かれる方は電影資料館にも足をはこんでみてはいかがでしょう。
ちなみに私は一度行ったことがありますが地図が読めなくて、道に迷いながらなんとかたどり着きました。

香港電影資料館 「穿・越・時代:古裝篇」展覧
http://www.lcsd.gov.hk/ce/CulturalService/HKFA/zh_TW/web/hkfa/programmesandexhibitions/highlights/highlights46.html

香港電影資料館(香港フィルムアーカイブ) 香港ナビ
http://www.hongkongnavi.com/miru/55/
↑こちらに電影資料館の案内記事があります。ページの最後に駅からの歩き方も載っているので、ご参考に。
私も行く前にこれを見てたら迷わず行けたかも。


<テレビ番組情報>
・4月25日(火) TBS 午後7:00~8:54 「世界の日本人妻は見た!SP」 【野生の王国ケニア&スペイン火祭り&台湾の迷宮】
 (台湾の迷宮・・・と言っても九フンのことみたいですが)

・4月29日(土) NHKBSプレミアム 午前6:00~6:30 「 桃源紀行」 中国・プーアル(雲南省)
 雲南省・プーアルは標高1300メートルにある気候穏やかな高原の町。プーアル茶の原産地として知られる。3月から一番茶の摘み取りが始まり、一年で最も美しく、忙しい季節を迎えている。郊外には1800年以上お茶作りの文化を守ってきたブラン族が暮らす。樹齢500年の古木の茶葉で作ったプーアル茶を味わう。広葉樹林の森には、世界的に貴重な野生動物が生息している。レッサーパンダやスローロリスなどの動物も紹介する。

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 0

△top

「愛の台南」 

 

「愛の台南」 川島小鳥 著 (講談社)

「愛の台南」

今日買いました。帯に「世界一詳しい台南案内本」と書いてあり、尚且つ川島小鳥さんの本とあらば買わずにはいられませんでした。
台南と言えば、のヤマサキハナコさんの「ハナコの指さし食いだおれの案内」とコラム、台南出身のシンガーソングライター、クラウド・ルーとの対談も載っています。
クラウド・ルーは5月18日と19日に東京でワンマンライブを行いますね。

盧廣仲(クラウド・ルー)5月18日と19日に東京でワンマンライブ決定!(アジアンパラダイス)
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2017/04/51819-82cd.html


「フィガロ ジャポン」 6月号

「フィガロ ジャポン」6月号

チャン・チェンのインタビュー記事が載ってるそうです!明日立ち読みせねば・・・。


<テレビ番組情報>
・4月23日(日) テレビ東京 深夜2:05~2:35 「博多華丸のもらい酒みなと旅2」【台湾】
 博多華丸がウマイ飯とウマイ酒を求めて酒飲み旅。今回は台湾へ!

・4月26日(水) BS日テレ 深夜0:00~0:30 「 旅してHappy」  台湾編・台南(3)
 台南編第三章。旗津半島へ移動し海鮮料理と巨大かき氷を堪能。高雄85ビルでは高雄の街を一望できる景色を楽しみ六合夜市では屋台グルメを満喫しハッピーを見つけます。

category: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

△top

「アジアン・アクション映画 大進撃」 

 

「映画秘宝EX激闘!アジアン・アクション映画 大進撃」(洋泉社)

「アジアン・アクション映画 大進撃」

独占インタビュー6連発!!
カラ・ワイ(ベティ・ウェイ)、マックス・チャン、ウィルソン・イップ、ダンテ・ラム、リンゴ・ラム、ソイ・チェン

今日本屋さんで買いました!!


<今日の情報>
『牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』大ヒット記念 エドワード・ヤン監督スペシャル・オールナイトの開催が決定!
日時:5月6日(土)開演23:00(開場22:50) 終映予定 翌5:36
会場:シネマート新宿・スクリーン1
トークゲスト:後日発表
上映作品: 1.「恐怖分子」35㎜版(デジタルリマスター版ではありません)
        2.「牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件」4Kレストア・デジタルリマスター版
チケット料金:¥2,800均一
※シネマート新宿窓口に限り、『牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』全国共通鑑賞券+¥1,000にてご鑑賞いただけます。
チケット販売:シネマート新宿窓口及びオンラインチケット予約ページにて販売。
販売開始日:4月22日(土)9:00~

シネマート新宿のページより
http://www.cinemart.co.jp/theater/shinjuku/topics/20171219_14249.html

category: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

△top

ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2017、ラインナップ発表 

 

6月1日(木)~6月25日(日)に開催されるショートショートフィルムフェスティバル&アジア2017のラインナップ発表が発表になりました。
中華圏作品を下記にピックアップしています。
<アジアインターナショナル&ジャパンプログラム>
「ほかの誰か」(2016 中国) 監督 : Laurent King
「コイン少年」(2016 台湾) 監督 :Chuan-Yang Li
「RM10」(2016 マレーシア) 監督 :Emir Ezwan
「水たまりの魚たち」(2015 香港) 監督 :Suk Nga Wong
「バス停」(2016 マレーシア) 監督 :Tusilya Muthukumar
「おじいちゃんのラジオ」(SSFF & ASIA 2016 マレーシア 優秀賞) 監督 :Victor Chen Yee Fei ※特別上映
「種子」(2016 中国) 監督 :Alvin Lee
「勇気」(2016 マレーシア) 監督 :Abhilash Chandra
「ハン」(2015 シンガポール、韓国) 監督 :Jonathan Choo
「銅の森」(2016 シンガポール) 監督 :Russell Morton

<ミュージックプログラム>
「Dust My Shoulders Off」(2016 中国、台湾)監督 :Jen Shuai Liao

<台湾・高雄国際映画祭プログラム>
「アーニー」(2016 台湾) 監督 :Rina B. Tsou
「ユア・マイ・サンシャイン」(2016 台湾) 監督 :J Huang
「100歳の誕生日の願いごと」(2016 台湾) 監督 :Lien Chien Hung
「ずっと乗ってりゃ」(2016 台湾) 監督 :Lin Ya-Yu


ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2017 公式サイト
http://www.shortshorts.org/2017/


<その他の情報>
ウォン・カーウァイ監督の新作「繁花」にクリス・ウー呉亦凡が出演するそうです。また、クリス・ウーはTVドラマ「扶揺」の出演については否定したとのこと。
映画「繁花」は、上海作家金宇澄の同名長編小説を改編したもの。ウォン・カーウァイ監督は原作を高く評価し、この作品を「上海の”清明上河图”である」と称しています。映画の台詞は全て上海語になるだろうとのことです。
記事では「繁花」がいつクランクインするかは未知数だと締めくくっています。
クリス・ウーが演じるのが主役なのか脇役なのか、他の出演者についても明らかになっていないようです。


吴亦凡接演王家卫新片《繁花》 否认出演《扶摇》
http://yule.sohu.com/20170418/n489170594.shtml

category: 日々のつぶやき

tb: 0   cm: 6

△top